ハッピーメール スタンプ。 ハッピーメールのマナー返信は特にこの3つの場面で有効!

【ハッピーメール攻略】超分かりやすい業者の見分け方

ハッピーメール スタンプ

下記の表はハッピーメールの公式サイトに掲載されている 「各アクションで発生する消費ポイント」の表です。 ポイントの購入 ポイント購入額 購入ポイント数 1000円 100P 2000円 210P(10Pお得) 3000円 320P(20Pお得) 4000円 430P(30Pお得) 5000円 550P(50Pお得) 10000円 1150P(150Pお得) 1500円 1700P(200Pお得) 20000円 2300P(300Pお得) 上記はハッピーメールのポイント購入で発生する料金です(2019年12月時点) ポイント購入額が増えれば増えるほど、 ポイントがお得になる仕組みになっています。 最初のうちは1000円~3000円程度で購入して、慣れてきたらポイント購入が増やす方法が良いと思います。 ・業者がいる ・キャッシュバッカーがいる ・婚活には向かない 1つ1つ見ていきましょう。 業者がいる ハッピーメールにはサクラはいませんが、業者は存在します。 業者とは外部サイトに誘導したり、援助交際を支援するような会社のことです。 ハッピーメールの運営も24時間監視しているので、ユーザーから「こいつは業者だよ!」と報告があれば、アカウント停止などの対応をしています。 しかし、消しても消しても新しい業者のアカウントが作られてしまい、いたちごっこみたいな感じになっていますね。 キャッシュバッカーがいる キャッシュバッカーとは、出会い系サイトのキャッシュバックシステムを利用した、 小遣い稼ぎ目的の女性ユーザーのことです。 キャッシュバッカーの存在は業者よりも面倒かもしれません。 業者は会社であることが多いので、メッセージのやり取りがコピペで貼り付けたような定型文が多いんですよね。 しかし、キャッシュバッカーは素人女性なので、メッセージだけで見極めるのは困難となります。 ただ、ハッピーメールのキャッシュバックでは、ほとんど稼げません。 メールを1通返信すると1円入るので、500円稼ごうと思ったら、500回返信しなければなりません。 「送信」ではなく「返信」なので、男性ユーザーからのメール送信ありきの条件なので、キャッシュバックシステムでお金を稼ぐのは相当ハードですね。 時給換算しても100円にもならないと思うので、あってないようなシステムなので、それほど心配する必要はありません。 婚活には向かない ハッピーメールの最大のデメリットなのですが、 婚活には向きません。 これは断言できます。 ハッピーメールは最近流行りのマッチングアプリが普及する前から、出会い系サイトの老舗として君臨しています。 ペアーズなどのマッチングアプリが真剣な婚活、恋活をウリにしている反面、ハッピーメールは 友達作り、セフレ作れ、ライトな恋活をウリにしています。 結婚相手を探したい方には、完全に不向きですね。 ・日本最大の会員数 ・サクラなし ・プロフィール閲覧が無料 ・24時間365日サポート体制 詳しく見ていきましょう。 日本最大の会員数(若い女の子が多い) ハッピーメールの会員数は2000万人を超えており、日本最大級の出会い系サイトです。 東京や大阪の都心部はもちろんのこと、地方でも出会えるほどの会員数を誇ります。 全国ニーズに対応できる 万能出会い系サイトですね。 さらに、ハッピーメールは 若い女の子が多い出会い系サイトとなります。 もちろん、30代や40代も3割強いるので、あらゆる世代に対応できる出会い系サイトですね。 サクラなし ハッピーメールは数少ないサクラがいない出会い系サイトです。 なぜいないと断言できるかというと、 いたら19年も運営できないからですね。 プロフィール閲覧が無料 ハッピーメールは、プロフィールの閲覧が無料です。 プロフィール閲覧時のポイント消費量 ハッピーメール 0P(無料) PCMAX 1P(10円) ワクワクメール 0P(無料) イクヨクルヨ 1P(10円) Jメール 1P(10円) YYC 10P(10円) 上記の表は大手出会い系サイトのプロフィール閲覧時のポイント消費量ですが、ハッピーメールとワクワクメールのみ 0Pです。 他サイトは1回閲覧すると10円分のポイントが消費されますが、無料は大きなメリットですね。 24時間365日サポート体制 24時間365日サポート体制となっています。 しかも、メールだけでなく電話も24時間365日サポートしてくれます。 登録の方法が分からない方は、本記事を参考にしながら登録してみて下さい。 スマホ版とPC版に分けて説明します。 WEB版(スマホ) スマホでに飛ぶと以下のような画面になります。 まずは 「無料ではじめる」を押しましょう。 「男性 18歳以上」を選びましょう。 申し訳ないですが、18歳未満の方は利用できません。 あなたの 「居住地」「年齢」「ニックネーム」を選択、設定して下さい。 上記3つの項目は無料登録後に変更可能なので、適当でもOKです。 すると、以下のようなメッセージが表示されています。 ハッピーメールの登録には電話番号により認証が必要です。 そして、 認証に必要な電話番号を記入して下さい。 記入が終われば、 「確認画面へ」を押しましょう。 まずは、を開きましょう。 画面真ん中らへんにある上記画像の赤枠 「男性 18歳以上」をクリックしてください。 すると、以下のような画面に切り替わります。 居住地、年齢、ニックネームの項目を入力または選択しましょう。 各項目はいつでも変更可能なので、適当に入れても問題ありません。 WEB版(スマホ)と同様、電話番号の入力が必要となります。 電話番号、暗証番号の入力が済んだら、赤枠の 「確認画面へ」をクリックします。 すると、下記の画像の画面に切り替わります。 電話番号認証画面ですね。 入力した携帯電話番号の端末から赤枠のフリーダイアルに電話してください。 自動音声が流れます。 音声は10秒くらいで終了します。 電話番号認証は、上記画像のように 複数アカウント利用禁止の為の施策です。 悪質ユーザーや悪質業者対策ですね。 もちろん、あなたのスマホに電話がかかってくることは一切ありませんのでご安心ください。 私は出会い系歴は7年ですが、一度もかかってきた事はありません。 今すぐ、ハッピーメールで出会い系ライフを開始しましょう。 安心が良い出会いを生むアプリ 20代男性 プロフィールの画像ややりとりの画像、メッセージも含めて全て運営側で監視してくれているのは安心できますね。 他のアプリで不快になるメッセージや画像を送られた経験があった為若干の不安はあったのですが、こちらではそういったことは一度も無かったので調べてみたところ、運営側で24時間365日体制で管理、監視を行ってくれているとのことでした。 こういったしっかりした管理体制の下でこそ、いい出会いが生まれるのだと思いますし、今までこちらで成功している方が多い理由なんだと思います。 男性は女性と違って費用も掛かりますけれど、合コンや婚活パーティに参加して成果がでないままお金を払うよりは安く済むのではないかなと個人的に思っています。 安心出来ます。 20代男性 さすが大手のアプリだけあって、安心して使えると思います。 芸能人がイメージキャラクターってのも安心できる一つの要因かもしれません。 よく言うサクラはゼロとは言いませんが他のアプリに比べたらよっぽど少ないのではないかと思います。 まずは無料でできる範囲で使用してみて、課金するかは人それぞれですね。 基本的に男性は、相手から急にくるメッセージは信じない方がいいかもしれません。 自分でアピールしてみて、まともな返事が返って来た人とメッセージを続けるのが一番いいと思います。 よくある質問 ハッピーメールについて、よくある質問と、それに対する回答を記載します。 登録の際、電話番号認証は必要ですか? 必要です。 業者による不正登録防止の施策として、電話番号認証が必要です。 悪質業者が簡単に登録出来るシステムだと、ハッピーメール内の秩序が乱れてしまう恐れがあります。 また、暴言を吐くような悪質ユーザーの再登録を防ぐ効果もあり、ユーザーが安心して使うための対応策ですね。 身分証明書の提出は必要ですか? 絶対に必要です。 出会い系サイト規制法により、出会い系サイトを運営する事業者には、 「利用者に対して、18歳以上の年齢確認をしなければならない」というルールが設けられています。 これは 児童売春を防ぐためですね。 もし、仮に18歳未満の女性と互いに合意の上で性行為をしたとしても、刑罰の対象になる場合があります。 性行為と代価として金銭のやり取りがあれば、一発アウトです。 このようにユーザー同士でトラブルが起きないように、出会い系サイトは18歳以上でしか利用できないようになっています。 必ず出会えますか? ハッピーメールにはサクラがいませんが、必ず出会える保証はできません。 仕事ができる人もいればできない人もいるように、出会える人もいれば出会えない人もいます。 出会い系サイトの正しい攻略法を知っていれば、 基本的に出会えないなんてことは起きません。 それでも出会えない場合は、メッセージのスキルが単に欠けている場合がほとんどです。 出会い系サイトの攻略法や出会うためのメッセージについては、当ブログの記事を参考にしてみてください。 1200円分の登録ボーナスポイントがもらえます 今、ハッピーメールに無料登録すると、最大1200円分の登録ボーナスポイントがもらえます。 キャンペーンはいつ終了するかわからないので、少しでも興味のある方は無料登録しておきましょう。 1~2分くらいで登録できると思います。

次の

ハッピーメールは出会えない?特徴やメリットなどを解説!

ハッピーメール スタンプ

ポイント消費一覧 ポイント消費は男性のみとなり、 女性は基本無料となります。 メール 受信したメールを読む 無料 メールを送る 5ポイント 初心者へメールを送る 7ポイント スタンプを送る 5ポイント 初心者へスタンプを送る 7ポイント 添付画像を見る 2ポイント 添付動画を見る 5ポイント 画像を添付する 3ポイント 動画を添付する 3ポイント 音声を送る 3ポイント 音声を再生する 3ポイント マナー返信をする 無料 ハッピーメールは、 1通5ポイントでメッセージを送ることが出来ますが、初心者マークのついた女性会員へは、初回メッセージに限り 1通7ポイントとポイントが多く必要になります。 この初心者会員の期間は登録から1週間で、再登録のユーザーには初心者マークはつきません。 どの出会い系でも言えることですが、女性は複数の男性からアプローチがありますので、やり取りする相手が見つかりやすい傾向にあります。 そのため、ほかに絡んでいるユーザーが少ない 初心者会員は狙い目となります。 ですので、ポイント消費は大きいですが僕は積極的にアプローチするようにしています。 初心者マークの仕様について詳しくはこちらの記事をご覧ください。 プロフィール プロフィールを見る 無料 プロフィール画像の1枚目を見る 無料 プロフィール画像の2枚目を見る 2ポイント 似顔絵画像を見る 2ポイント プロフィール動画を見る 5ポイント プロフィール画像を添付する 無料 プロフィール動画を添付する 無料 プロフボイスを聞く 3ポイント プロフボイスを録音する 無料 以前は、顔写真を載せることに抵抗がある方のための似顔絵サービス ハッピーフェイス がありますしたが、現在はサービス終了しています。 70ポイント、初回は無料でおこなっていました。 転送電話 転送電話を設定する 無料 転送電話を受ける 15秒3ポイント 転送電話をかける 15秒3ポイント ボイスチャット フリートークで会話する 15秒3ポイント セクシートークで会話する 15秒3ポイント 日記 日記を読む 無料 日記を書く 無料 コメントを書く 無料 その他 タイプする 2ポイント いいねする 1ポイント ハッピーメールは、 1ポイント7~10円で購入することができます。 メッセージは1通あたり 35~70円 基本50円 の間ということになります。 PCMAXは1通50円、ワクワクメールも1通50円ですので、同じくらいの値段ですね。 また、ハッピーメールはPCMAXのように 時間制のメッセージ送り放題プランはありません。 ちょっと膨大なので、よく使われる機能のみまとめると以下の表になります。 ハッピーメールにログインした瞬間に沢山来るメッセージはサクラ?業者? ハッピーメールの掲示板のコツ!業者を避けポイント消費を抑えよう! 僕は、プロフィール検索からくる女性は業者ばかりですので、 プロフィール検索に表示されないように設定をしています。 プロフィールの非表示設定については、で解説しています。 ポイント還元もある ハッピーメールは、ポイント購入 100円毎に1マイルポイントが加算されます。 また、アダルト投稿画像を評価したり、投稿した画像が評価されることでも 1~3ポイントのマイルが加算されます。 このマイルは、10マイルポイント貯めると、1マイルポイント=1ポイントに交換することができます。 つまり 購入額の10%分のポイントがプラスして貰えるということですね。 ただ、アダルト投稿画像や動画の評価は無料でできますが、画像をみるのに 3ポイント、動画をみるのに 5ポイント消費しますので、1マイルの還元の為に閲覧してもうまみはありません。 あくまで、ポイントを集めようとせず 気づいたら貯まっていたというスタンスいた方がよいですね。 料金や支払い方法に関しましては、こちらの記事をご覧下さい。 詳しくは公式HPをご覧ください。

次の

ハッピーメールで返信がこない人必見!その理由と返信をもらう秘訣を教えます!

ハッピーメール スタンプ

見出し• ハッピーメールのスタンプ機能とは ハッピーメールにおけるスタンプ機能とは、会員同士がサイト内の メッセージ機能を使う際に送る図柄のことです。 LINEでよく使われるスタンプと同じで、送り手の 感情を表したり、簡単な挨拶をする時などに使われます。 送り手はこの中から好きなものを選んで、送信ボタンを押せばOKです。 送れるスタンプの種類 デフォルトで用意されているスタンプの種類は、 大きく分けると二つです。 一つはサルをモチーフにしたキャラクター。 もう一つは青色の人型キャラクターです。 「こんにちは」や「イイネ」などの吹き出しがついているものもあるので、 ごく短い内容を伝える分には、相手にその意図を理解してもらえることでしょう。 ただし、その数はあまり多くはありません。 2019年9月時点では、送れるスタンプの数は全部で64図柄です。 普段LINEでよくスタンプを使う人であればお分かりだと思いますが、64図柄では、 表現したいことにピッタリと合致するものがなかなか見つかりません。 図柄の数がどんどん増えているというようなこともなく、現状では 使いにくい機能といえるのではないでしょうか。 スタンプ送信の料金 ハッピーメールのスタンプ機能が使いにくいのには、他にも理由があります。 それは「 料金が高いこと」です。 スタンプを一つ送るのに要するポイントは 5ポイントです。 ハッピーメールのポイントは1ポイント=約10円ですから、スタンプの送信1回で約50円を消費することになります。 ちなみに、文章の送信をしても5ポイントですから、やり取りの細かさや正確さを考えれば、 スタンプよりも文章を送った方が良いのではないでしょうか。 スタンプ送信はまったく効果がない? ハッピーメールのスタンプについて基本的なことはおわかりいただけたと思いますが、そもそもスタンプを送ることにどれほどの効果があるのでしょうか? まず、ハッピーメールを利用する人の 大半は援助交際目的です。 これは男女ともにいえることで、「メル友」や「恋人探し」を目的としている人もいるものの、その数は極めて少ないのが現状です。 (恋人探しであれば、やといったの方が向いています) では、援助交際目的で利用するにあたって、スタンプ機能が出会いにどれほどの効果をもつのかというと・・・ 実は ほとんど効果はありません。 なぜならば、援助交際相手を探す側は、 スタンプの良し悪しで相手を決めている訳ではないからです。 女性が援助交際相手を決めるポイントとは? 援助交際は女性側が掲示板に募集投稿をのせ、それをみた男性がメールを送るのが一般的です。 そして、女性側はお金さえきちんと払ってくれれば、相手は誰でも良い訳です。 なので、 一番早く交渉がまとまった男性と会う女性がほとんどなのです。 また、援助交際における条件の交渉は、極めてシンプルかつ少ないやり取りで行われます。 そこに褒め言葉や雑談は必要ありません。 こうした状況を考えると、せっかくのスタンプ機能ではありますが、「 使う必要性が感じられない」というのが正直なところでしょう。 スタンプそのものが時代遅れ? どのスタンプをどのタイミングで送るかで、送り手のセンスが分かるスタンプ機能。 かつては、「スタンプのチョイス次第でモテる」などと言われたこともありました。 しかし、現在では、少々状況が違うようです。 というのも、編集部が知る限り、 「スタンプを送る」という文化そのものがかなり廃れてきているのです。 そもそも、スタンプを流行らせたのは女子中高生達でした。 そこから多くの年齢層に受け入れられていった訳ですが、現在ではその 女子中高生達がスタンプを使わなくなってきています。 それに伴って若い男性達もスタンプを使わなくなってきており、一部の人からは「今更さらスタンプなんてダサい」と言われることもあります。 そういった若い世代がハッピーメールを利用していることを考えると、令和になった今、あえてスタンプを送る必要はないのかもしれません。 男性会員からの評判 編集部では、現在ハッピーメールを利用している男性会員に、スタンプ機能に対する感想を聞いてみました。 料金が高い 「学生の頃はよくスタンプを使ってましたが、 最近ではほとんど使いません。 もともとスタンプは遊び感覚で送るものですから、サイトで見ず知らずの女性と出会おうとする際に使う意味が分かりません。 普通に文章を書いておくるのがマナーだと思います」(25歳 男性) 社会人になったのをきっかけに、スタンプを送らなくなったという人は多いようです。 そういう人にとっては、文章を書かずに スタンプを使用することが、失礼に思えているのではないでしょうか。 スタンプが送られてくるとイラっとする 「ハッピーメールで女性からスタンプが送られてくると、 少しイラっとします。 女性は無料だから1通あたりの内容が薄くても問題ないのでしょうが、男性は1通あたり5ポイントも使いますから、できるだけ内容の濃いやり取りをしたいところです。 そういう男性の気持ちも考えてほしいですね」(30歳 男性) 1通あたり5ポイントも消費するのであれば、できるだけ多くの情報を詰め込んでコスパを良くしたいというのが男性の本音だと思います。 にもかかわらず、女性側から情報量の少ないスタンプが届くと、 5ポイントが無駄になったような感覚になるのでしょう。 スタンプが有料なのに対してマナー返信は無料 ハッピーメールでは、スタンプ送信に通常と同じく5ポイント消費してしまうものの、送れる情報量は少なく、かなり不評であることがわかりました。 それに対してマナー返信は定型文を無料で送れる機能です。 うまく使えばポイント節約が可能とも言えます。 マナー返信で送れる文章は以下の通りです。 後でメールします!• ポイントがないので・・・待ってて• 電波状態が良くない• 携帯の電源を切ります• 携帯の充電が切れそう• 運転中です• 仲良くなってから• 簡単にスグできるよ• 個人情報はいらないよ• 公的証明書ならOK• 一通り教えるね• タイミングが合いません• 都合がつかなくて• 急用ができました• 好みのタイプではありません• ごめんなさい• 募集の内容と違っています• お断りします• もう決まってしまいました• 今は募集していません• 困ります• やっぱり合わないみたい• 興味ありません• 場所が遠い かなりの数の定型文が用意されていますが、実際に示せる意思は大きく分けて3つです。 今すぐ返信ができません、年齢認証をして下さい、断りのメールです。 基本的には女性が男性に使う場合の方が都合が良いことが多いです。 それでも使うとしたら今すぐ返信できないので待って欲しいといった内容のものでしょうか。 そういったメールを送ることに意味があるかは微妙なところですが、使えるということを覚えておけば役に立つ場面もあるかもしれません。 まとめ この記事では、ハッピーメールのスタンプ機能についてご紹介しました。 使い方はLINEと同じなので、特に難しいことはないでしょう。 ただし、メッセージの送信と同じ金額がかかることや、情報量が少ないことから、やり取りにおいて効果的とはいえないようです。 スタンプ一つで簡単に終わらせてしまうよりは、 きちんと文章にして送った方が良いのではないでしょうか。

次の