あっちゃんファミリー アンチ。 「待ってろよ、アンチども」ってミニマリストすずひさんにはアンチはいませんよ

アンチの壮絶なヤジに耐えた…あっちゃん涙「私はこんなに嫌われてたんだ」/芸能/デイリースポーツ online

あっちゃんファミリー アンチ

ラジオでも少し話題に上っていた、「風間ファミリーとその閉鎖性」について。 風間ファミリーへの加入条件というか、そこにおける選民性・選択性が強いかというと、それは普通(普通の程度)ではないかなと、個人的には思うのです。 これは現実における僕らも同じですね、よくつるむ・仲の良い集団に、誰もが加われるワケではない。 趣味が合うとか気が合うとか遊んでて楽しいとか、その場のノリとか雰囲気とか、あるいは学生だったら教室での席が近いとか部活やバイトが同じとか、そういうファジーな基準から、つるむ・遊ぶ・仲が良くなる相手というのが纏まっていって、集団になっていく。 風間ファミリーは男女混合年齢も多少上下あるという風に色々な人間がいるけれど、その殆どが「超人」あるいは「おさななじみ」なので、そこを見ると非常に選民性・選択性が高いように見えるけれど、それは結果的にであって、何もそういう人間を集めようという目的があった訳ではない。 その上で何故このメンツかというと、それは楽しかったり居心地良かったりしたからでしょう。 もちろん、スクールカーストというとアレですけど、大体の住み分けみたいなのはあるでしょう。 たとえば(服装が)オシャレな奴らの集団にダサい奴が滅多に入れないのは、オシャレな奴というのは、たいてい人の目ないし自分の目を気にするからオシャレなのであって(もちろんノリや周囲に流されてオシャレな奴もいる)、その集団にダサい奴がいたら、人の目ないし自分の目に、自分もダサい奴と同類と思われてしまうからこそ、そこに選択性と閉鎖性が生じる。 そういった選択性や閉鎖性(といっても、学生時分においては、むしろ「ノリ」に近いものかと思うのですが)と同じ様に、風間ファミリーにもある種の選択性と閉鎖性があるのは確かでしょう。 宇宙船地球号の乗組員になるのにだって、選択性や閉鎖性は存在する。 俺達は、積極的に仲間を増やそうとしなかった。 今のままでも充分楽しいから。 【ユキを仲間に入れるの断ったとこの回想】 風間ファミリーの加入基準というのは……といっても、作中で示されている限りでは、一番の理由は「ノリ」じゃないかと思われるので、それでも敢えていうと、基本的には「楽しく遊べるための仲間」というのが集団加入の条件じゃないでしょうか。 まあこの時の大和は京回想でも語られるように、おそらく「ニヒル」時代の大和でしょうから、こうも無下に断った面もあるのでしょうが、友達集団に外部から「いれてー」と誰かが加入を求めてきたところで、普通は無条件に承認しませんよね。 一緒に遊ぶと楽しい奴だから仲間に加える(加わる)というもの。 クリス・まゆっち加入時に、「軽い気持ちでおためし・気が合わなかったらやめよう」みたいなことが(キャップから)述べられていたのが、まさにそういうところの付き合い方でしょう。 たとえば大和とサブルートのヒロインとか、モロとスグルとか、キャップとクマちゃんとか、そうやって一対一で遊んでる場面も当然あるし、その延長線上で複数人同士で遊ぶというのがあってもおかしくない(ちょっと変則的なものなら作中に十分ありますが)。 現実の僕らだって同じですね。 だからといって、ソイツがその集団に入るかどうかは別の話。 まゆっち・クリスのところで言ってた「おためし期間」のように、気が合ったり、遊んでて面白かったりすれば入るかもしれません。 そして最終的にそこで入ったのが、ゲンさんである。 つまり彼らにおける選民性・選択性を敢えて言うなら、「楽しいかどうか」「居心地いいかどうか」(無論両者にとって)。 でいいのではないだろうか……(あいまい)。 何故かつてユキを仲間に加えなかったかといえば、大和が言うように、 「今のままでも充分楽しいから」。 「充分」というように現時点で満ちていて、それでいてユキと面識がほぼないのに、そんな彼女を仲間に加えたら十中八九楽しくなるなんて保証はどこにもなくて(その点はラストに仲間入りしたゲンさんとは逆で、ゲンさんは既に「お試し期間」を通過していて、楽しさ・居心地の良さが保証されていたわけですね)、じゃあその何処の誰とも知らない者を、楽しいかどうか・居心地いいかどうかイチかバチかで仲間に入れるかというと、「普通」は、しないんじゃないか、と。 リスクとリターンのおはなし。 つまり。 そういう閉鎖性というのは「普通」のことである。 どこの友達集団だってそうで、誰でも仲間に入れてくれるわけではない。 たとえば僕がマシュマロ持って「仲間に入れてー。 友達にしてー」と、キミが友達と遊んでいるところに押しかけたとしたら、仲間に入れてくれるだろうか? たとえばキミが見知らぬ誰かのところにマシュマロ持って「仲間に入れてー。 友達にしてー」と押しかけて、その見知らぬ誰かはキミを友達にしてくれると思えるだろうか? 上で「普通」と書いてきましたが、言い換えると「現実的」と言えるのではないでしょうか。 そりゃ世の中には来る者拒まず誰でも受け入れる集団や、誰だろうが何だろうが絶対拒絶する集団もいるかもしれないけれど、「普通は」、ケースバイケースで決めるでしょう。 そいつは気が合うのか、楽しいか、ウザくないか、趣味は合うか、家は近いか、金は持ってるか、話してて楽しいか、一緒にいたいと思うか、何かよく分からんけど気に入った・気に入らない、その日のノリ、勘、断ると色々厄介だから・仲間にすると色々厄介そうだから、面倒だから適当に断る・受け入れる、などなど。 ……外の人間が排除される、外の人間が加われない。 そんなの、世界のありとあらゆる場所で、人の集団のありとあらゆる場合で、当たり前のように起こっていることでしょう。 それは現実において、そして「まじこい」という物語においても同じ。 「お話の中にだって救いはなーい」とユキが云うように、「まじこい」はそんなポンポンと救いが落ちてるお話じゃなくて。 奇跡が起きるお話じゃなくて。 僕はタカヒロ作品を、『つよきす』『君が主で執事が俺で』そして『真剣で私に恋しなさい』とプレイしましたが(プレイの順番は逆でしたが)、そこで抱いたのが「意外とリアルだ」という感想でした。 もちろん、つよきすの乙女さんとか館長やオウムの存在とか、きみあるのナトセさんとかデニーロとか、まじこいにおいては武道家たちはじめ登場人物の半分以上が、とてもではないけど「現実にありえない」ような存在であるのは確かですけど、そういうぶっ飛んだキャラクターや世界を含めた舞台や背景・設定を抜かすと、意外なほど現実的に思えたのです。 舞台・背景・設定という前提は非現実的でも、その中で生きる人間は、その前提を背負った上で現実的であると。 端的に言うと「奇跡がない」「都合が良すぎない」。 其処に至るに努力や才能・性能や偶然はあっても、奇跡は無いわけです(無論、そのこと自体を奇跡と捉えれば別ですが)。 奇跡で一気に獲得できてやったー大団円!……というものはなく、一歩一歩進んでいくもの。 そんな状況でも、一歩一歩歩いた先にしか、救いのようなものはない。 つまり「奇跡も無く標も無く、ただ夜が広がるのみ」「揺るぎない意思を糧として、闇の旅を進んでいく」というヤツですね。 「まじこい」の、「問題解決」や「救い」とか、そういうものの全ては、その川神魂的なものが根幹にあると思うのです。 だから僕としては、彼らが何か奇跡のようなものに恵まれたり、天啓のように才能を閃いたり、運命のように何かに目覚めたりみたいなところが(過去はともかく、作中で語られる時間内では)無いことをとても評価しています。 それは寧ろ「現実的」なことを示している。 舞台も設定も背景も、キャラの能力も性能も非現実的だけれど、そういう前提の上で流れるお話は、奇跡や運命に頼らず、現実的なしがらみや厄介なところ・都合の悪さも消しきらず。 目標や目的に届くために、(それに見合う)高い向上心を持った上で、それに届くように努力して、一歩一歩進んで、はじめて達成されうる。 勿論ワン子のように達成されえない場合もあるけれど、それでも、「だから無駄」ではなく、「己の血肉になっている」と肯定されている(それは『きみある』における上杉錬も近いでしょう、かつて体験してきた色々なことが今役に立っている、あんなことも無駄ではなかった、という描写が幾度もなされています)。 こういった考え方は、川神魂や学園の教育方針、また『つよきす』の館長の教育方針やそこで育ったことにより得てきた性質(=「竜鳴魂」という単語が作中で一度だけ出ていましたが)などに通じるのではないでしょうか。 向上心を持って、努力し、一歩づつ進んで、怖れず戦え。 その所作は、まっとうに現実的なものではないでしょうか。 都合が良くない中で進んでいく為の所作である。 それこそ、願いや想いや絆で奇跡が起きちゃうフィクションに比べれば。 で、話戻りまして、閉鎖性というのも、そう。 やはりここでも現実と同じで、(前提として)閉鎖的であるのは当たり前。 フィクションだからといって、安易に非閉鎖的であったりはしない。 そして、その閉鎖性は、もちろんマイナス面があって、それが形としてたまたま現われたのがユキであったということ。 たぶん、どこのコミュニティにも、当たり前のようにありえたかもしれない事。 真に閉鎖的ならば、ユキのようなことがまた繰り返されるかもしれない。 だからこそ、ある程度の柔軟性が必要である。 真に閉鎖的なコミュニティというのは、本作の場合だと板垣ファミリーがそれに当てはまるでしょう。 大和 「……姉妹同士、姉弟同士は仲良いのになぁ」 辰子 「家族で仲良いのは当たり前だよ〜」 大和 「赤の他人は?」 天使 「どーなろうとまったくまったくまったく関係ねー」 家族内は仲が良いし、危険があれば守るだろうけど、その外側の人間はどうなろうが関係ない。 危害だって(実際に作中で描かれているように)平気で加える。 外側と内側を恐ろしく区別していて、内側は大事だけど外側は心底どうでもよくて、そして内側に入る条件は「家族」のように、外側の人間はまず殆ど必ずといっていいほど、内側に入れない。 そこまで閉鎖性のある集団だとどうなるかというと。 風間ファミリーの閉鎖性はユキを救えませんでした(拾えませんでした)が、板垣ファミリーの閉鎖性はユキや京のような人間を作り出すでしょう。 京 「…これは作り話だけどある仲良し集団がいてね」 京 「その人達はもう、平然と人を害する悪党集団なんだけど仲間がやられると凄く怒るの」 京 「どうして、人を害せるの? って質問に自分達と関係ないから害せると返すの…」 京 「別に人を害したいとか、そんなんじゃなくて」 京 「極端な話、そういう集団に憧れるの」 京 「自分達以外、一切無関心みたいな、ね」 京シナリオの一幕ですが、(元ネタがあるとはいえ)この言葉はおそらく裏返しでしょう。 これは、まんま京がやられてきたことであるからこそ、これはつまり京が思う世界の(他人の)形でもある。 他者は彼らの更なる他者を理由もなく排斥する。 そういうふうにできている。 なぜなら、今まで生きてきて京が触れてきた他者が、そうだったから。 ずっとそういうことをされてきたから。 何せ今まで風間ファミリーという例外を抜かせば、そういうのしか見てこなかったのだから。 そして言うまでもないですが、京のその「作り話」というのは、板垣ファミリーと相似しています。 つまり、板垣ファミリーの閉鎖性はユキや京のような人間を作り出しておかしくない。 そして、風間ファミリーの閉鎖性は、ユキや京を救いきれなくても(拾いきれなくても)おかしくない。 たとえば現実において、板垣ファミリーほど指向性と閉鎖性の強い集団は、そうそう多くはないでしょうけど、恐らく居てもおかしくないでしょう。 てゆうか、自分自身を思い返せばいい。 その程度の閉鎖性は現実でも当たり前で、そして『まじこい』という物語でも当たり前である。

次の

アンチの壮絶なヤジに耐えた…あっちゃん涙「私はこんなに嫌われてたんだ」/芸能/デイリースポーツ online

あっちゃんファミリー アンチ

あっちゃんファミリーTVに出演しているあっちゃんとママはご自身たちが発達障害だという事を告白しています。 同年代のキッズユーチューバーを見て、あっちゃん本人もYouTubeをしたいと言っていたそうですが、動画をYouTubeにアップするのはパパもママも1年以上悩んで決めたそうです。 子どもの顔出し、障害の事を世間にさらすのは相当悩んだと思います。 発達障害と聞くと少し身構えてしまう人もいるのかもしれません。 発達障害は、人として劣っているなんてことでは決してないんです。 まずそこは知っていていただきたいので、少し説明させてくださいね! 発達障害とは そもそも発達障害(ADHD とはどういった事なんでしょうか? 生まれつき脳の発達が通常と違っているために、幼児のうちから症状があらわれ、通常の育児ではうまくいかないことがある。 引用: 発達障害と一言で言ってもいくつかのタイプに分けられます。 この例えだからと言って発達障害だと決めるものではありません。 発達障害と言う診断をなぜするのかと言うと 本人や周りが困っている「困り事」で生活が困難な事が起こるのであれば、診断がついていた方が必要なサポートを受ける事が出来ます。 みんなが普通にできる事が自分は出来ない、自尊心が低くなってしまう。 自尊心が低くなることで、うつ病などの二次障害に発展してしまう事もあります。 YouTubeをする事で「 自尊感情を高めていきたい」「 たくさんの成功体験をYouTubeで経験していきたい」「それがあっちゃんのためにもなるはず」ということで発達障害(ADHD を告白したYouTubeを公表する事にしたそうです。 あっちゃんは不注意優勢型のADHDだそうで、多動性・衝動性という事は今のところないそうです。 まだ正式な診断はされていないそうですが病院に通っています。 ママは心療内科に通い40歳の時にADHDと診断されたそうです。 ADHDは分かりにくいこともあり、社会に出て就職した時に、社会に適応できないことに気が付き、初めて診断される人も少なくありません。 現在ママは「ストラテスと言う薬を服用しながら生活している」のだそうです。 これを飲むと生活がしやすくなるそうですが、副作用もあるので他の人に薬の服用をおすすめする、という事は出来ないと言われています。 あくまで自分が使ってよかったという事ですね。 あっちゃんは、幼稚園の頃はマイペースな子どもとして集団の中で生活していたそうです。 小学校に上がってから、集団でのトラブルが目立ち始め、授業に集中できないので先生に叱られることが多くなったり、友だちとのやり取りがうまくいかなかったりで学校から電話が来ることが増えてきたんだそうです。 発達障害をYouTubeで告白する事は色々な意見が出てくると思いますが、私はこちらの「あっちゃんファミリーTV」が有名になるのはいいことだと考えてます。 なぜなら、まだまだ発達障害に柔軟な世の中ではないなと感じているから、こちらの動画からたくさんの人が発達障害に理解を示してくれるようになったらいいなと思っているからです。 あっちゃんファミリーTVのwikiプロフィール!年齢や家族は? プロフィール あっちゃん 本名:あすな 年齢:9歳(2020年2月時点) 学年:小学校3年生 性格:優しくて不思議ちゃん 好きな事:絵を描く事・こっちゃん(ねこ)にキスをする事 すっちゃん 本名:すず 年齢:6歳 (2020年2月時点) 学年:幼稚園年長 性格:元気なムードメーカー 好きな事:こっちゃん(ねこ)を抱っこする事・ダンス ママ 性格:おっちょこちょい 職業:webデザイナー パパ 性格:優しくて頼れる 好きな事:ゲーム・辛いものが好き YouTube: 別チャンネル: インスタ: 出身地やパパやママの本名は不明ですみません。 また家族の動画で聞こえてくる方言が博多弁?福岡弁?方言にあまり詳しくありませんがそちらの方の方言だと思うので、きっと福岡が出身地なのではないかと思います。 A post shared by fuwafuwacotton5 on Jan 8, 2020 at 2:32am PST 学校はどこ? さて、あっちゃんの学校ですが残念ながらどこの小学校に通っているのかは分かりませんでした。 YouTubeで顔出しや発達障害の事を出すか出さないかを1年間も悩んだだけあって、動画の身元が分かりそうな部分は音を消したり、カットしたりしているのだと思います。 それだけ子どもの事を考えて、個人情報があまり流れないようにしているのかなと思います。 まとめ 今回は、あっちゃんファミリーTVについて調べていきました。 発達障害(ADHD と告白していますが、障害のこと以上にあっちゃんファミリーTVはとても癒されるチャンネルとなっています。 みんなのしゃべり方や行動がおっとりとして癒されます。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

アンチの壮絶なヤジに耐えた…あっちゃん涙「私はこんなに嫌われてたんだ」/芸能/デイリースポーツ online

あっちゃんファミリー アンチ

Contents• 野々山ひなた Hinata の学校や家の住所が特定? まずは、ひなたちゃんの 学校や 自宅の住所が特定されたという結構衝撃的な噂からみていきましょう。 このご時世、自宅はおろか通っている学校はどこかなんて公表されることはあまりないですし、他の人から情報が流出することも少ないんですよね。 それなのにひなたちゃんの 学校が特定されたの!?と驚きました。 結論からいうと、やはりひなたちゃんの学校や自宅の住所についての情報は出ていませんでした。 いまや有名人となったひなたちゃんの学校がわかれば、ひなたちゃんに会いたいファンたちが出待ちをする可能性もありますし、そうなれば近所の方や他の生徒にも迷惑がかかりますもんね。 ただし、ひなたちゃんが出演している番組やイベントに少しヒントがありました。 ひなたちゃんのオフィシャルブログ「Hinataぼっこ」にはひなたちゃんの出演情報がアップされているのですが、全国放送のテレビ番組の他は、ほとんど東海、特に愛知県で放送・開催されるイベントの情報でした。 また、確証はないですがひなたちゃんの学校を 愛知県名古屋市、または 愛知県みよし市の学校としている情報もありました。 これらのことから、ひなたちゃんの学校と自宅は愛知県の尾張地方付近だと思って間違いはなさそうです。 本名:野々山ひなた TikTok名:hinata TikTokID:51957635 生年月日:2006年 5月12日生(12歳) その他:フォロワー数日本一のTikToker ここまでが基本情報です。 ひなたちゃんは今年度から中学生。 ブログの方では 制服姿の写真も掲載されていましたが、とてもかわいかったですよ。 ご紹介したように、ひなたちゃんが有名になったきっかけは動画配信アプリのTikTok。 おもしろそう!と思って投稿したのを皮切りに、どんどんフォロワー数が増えていったそうです。 また、約1年前になりますがYouTubeに自己紹介動画が投稿されていました。 TikTokのひなたちゃんしか知らないファンのためにこの動画を作成したそうです。 この内容をまとめてみました。 好きな食べ物:アイスのパピコ 嫌いな食べ物:梅干し(すっぱくてにゅるにゅるするから) 好きな教科:図工、体育 嫌いな教科:国語(文字が多いと目が回るんですよね~とのこと) 部活:バスケ部(小学校でも部活があるなんて驚きです) 好きなこと:ものをつくること(お菓子や紙粘土。 お父さんと一緒に作っているそう) 家族:父、母、7歳差の姉の4人家族+猫 小学生(当時)らしい、なんともかわいい自己紹介でした。 この動画をはじめとして、現在ひなたちゃんのYouTube 動画数は44本。 チャンネル登録数は 42万人と、TikTokには劣るもののこちらもすごい人気です。 ただ、個人的にはTikTokだけで良いかなあと思ってしまいました。 動画の内容はさておき、動画編集は絶対ひとりでやってないでしょ…というクオリティ。 だんだん職業YouTuberっぽくなってきてしまいました。 私はTikTokだけで純粋にひなたちゃんのかわいさだけを楽しみたい派です。 笑 両親や姉など家族についても 自己紹介動画にもあったとおり、 ひなたちゃんはお父さん、お母さん、お姉さんの4人家族です。 ご両親は、娘がこんなに有名になるなんて信じられない気持ちだったそうですが、ひなたちゃんが好きなことならと応援しているそう。 ひなたちゃんの自宅を訪問したテレビ番組にご両親も出演されていましたが、いたって普通の方々でした。 私の印象で言えば、 「衣装代はかなりかかるけど娘が好きでやっていることなので…」というお母さんは陰で支える派、逆にお父さんは「信じられない」と言いつつも結構ノリノリでサポートしているんじゃないかと思います。 ひなたちゃんの部屋にはTikTokの動画を撮影する時に背景にしている壁があり、お父さんと壁紙を張り替えたり、造花で装飾したりしたのだそう。 自己紹介動画でも、小さいころから今までお父さんとたくさんのものを作ってきましたと言っていましたもんね。 手先が器用なお父さんなのだと思います。 番組には出演されていませんでしたが、ひなたちゃんのお姉さんは大学生。 TikTokを始めたり、メイクをしたりするのもお姉さんの影響かなと思うので、きっと仲の良い姉妹なんでしょうね。

次の