今日 の 地震。 過去の地震情報 (日付の新しい順)

気象庁|地震の活動状況

今日 の 地震

1件~100件 全28751件 震源地 三陸沖 M4. 6 宮城県沖 M4. 2 宮城県沖 M3. 6 千葉県東方沖 M2. 7 奄美大島近海 M4. 2 日向灘 M2. 9 日向灘 M4. 2 長野県中部 M3. 5 根室半島南東沖 M4. 0 富山県東部 M2. 9 岩手県沖 M3. 4 長野県中部 M3. 0 鳥取県中部 M2. 7 宮古島近海 M3. 5 土佐湾 M4. 6 沖縄本島近海 M3. 2 釧路沖 M3. 8 静岡県中部 M2. 5 鳥取県中部 M3. 4 日向灘 M2. 5 薩摩半島西方沖 M2. 8 茨城県南部 M3. 4 茨城県沖 M3. 8 茨城県南部 M2. 9 千葉県東方沖 M3. 5 東京都23区 M3. 7 岐阜県美濃東部 M2. 7 空知地方南部 M3. 8 千葉県北東部 M3. 3 日向灘 M3. 1 岐阜県飛騨地方 M3. 0 茨城県南部 M2. 9 トカラ列島近海 M2. 5 父島近海 M5. 0 茨城県沖 M4. 7 国後島付近 M3. 5 沖縄本島北西沖 M4. 6 岩手県沖 M4. 0 長野県中部 M2. 8 熊本県熊本地方 M2. 7 宮崎県北部山沿い M3. 6 岩手県沖 M4. 1 沖縄本島北西沖 M4. 6 福島県沖 M4. 9 奄美大島近海 M3. 1 千葉県北西部 M3. 7 宮城県沖 M3. 7 大隅半島東方沖 M3. 5 日向灘 M4. 0 茨城県北部 M2. 4 薩摩半島西方沖 M2. 5 薩摩半島西方沖 M2. 3 薩摩半島西方沖 M2. 9 薩摩半島西方沖 M4. 3 茨城県北部 M5. 3 長野県中部 M3. 3 岐阜県飛騨地方 M3. 1 奈良県 M3. 6 岐阜県飛騨地方 M3. 1 十勝沖 M5. 8 静岡県西部 M2. 8 岐阜県飛騨地方 M2. 6 岐阜県飛騨地方 M3. 1 長野県中部 M2. 6 奄美大島近海 M3. 1 瀬戸内海中部 M2. 8 岐阜県飛騨地方 M2. 8 長野県中部 M2. 9 長野県中部 M2. 5 岐阜県飛騨地方 M2. 8 長野県中部 M3. 1 長野県中部 M3. 8 岐阜県飛騨地方 M2. 6 長野県中部 M2. 4 岐阜県飛騨地方 M2. 3 岐阜県飛騨地方 M2. 9 岐阜県飛騨地方 M5. 2 千葉県東方沖 M3. 8 十勝地方中部 M4. 4 兵庫県南東部 M3. 0 三重県南部 M3. 4 宮城県沖 M3. 9 京都府南部 M1. 9 宮古島近海 M3. 3 茨城県沖 M4. 0 薩摩半島西方沖 M3. 0 薩摩半島西方沖 M2. 8 釧路沖 M3. 5 神奈川県西部 M4. 0 天草灘 M3. 4 宮古島近海 M5. 2 茨城県北部 M3. 0 岩手県沖 M3. 2 岐阜県美濃中西部 M2. 9 和歌山県北部 M2. 9 長野県中部 M2. 7 岐阜県飛騨地方 M2. 7 岐阜県飛騨地方 M2. 6 種子島近海 M4. 1 岐阜県飛騨地方 M3.

次の

今日地震専門家たちが

今日 の 地震

最新の地震活動データ(速報) 「本日・昨日の地震活動」(注:表示の震源には、 地震以外(発破等)のものが表示されることがあります。 (10分毎更新) (地域別拡大: ) 前日から本日(約30分前まで)の、地震活動状況を掲載しています。• (地震情報ページへ) 震度1以上を観測した地震について、地震の発生場所(震源)やその規模(マグニチュード)、各地の震度について発表した情報を掲載しています。 最近5日間に発生した日本および世界の主な地震について、 地震を起こした断層がどのように動いたかを解析した資料を掲載しています。 (10分毎更新) 伊豆東部における最近一週間の震央分布や地震波形、東伊豆奈良本の体積ひずみ計のデータを掲載しています。 (毎週金曜日午後掲載) (各地方版: 各地方の週間地震概況が掲載されているサイトへ移動します。 ) 金曜から木曜の1週間に発生した地震の概要をとりまとめて掲載しています。 1919年から2日前までの期間で、過去に震度1以上を観測した地震を県別・観測点別に検索できます。 2日前までの約3ヶ月間の地震の震源リストや震央分布図を日別に掲載しています。 各月の地震活動のまとめ• (翌月15日頃掲載) 毎月の日本の地震活動・火山活動及び世界の主な地震や火山活動をとりまとめて掲載しています。 毎年1月に発行される12月の月報には各年の地震活動・火山活動のまとめも掲載しています。 でも 各月の地域の地震活動をとりまとめて公表しています。 (約3ヶ月後に掲載) 震源、検測値、発震機構、震度、津波、ひずみのデータを掲載しています。• 毎月開催している南海トラフ沿いの地震に関する評価検討会・判定会(定例)で評価した南海トラフ地域の地震活動や地殻変動の状況の調査結果等を掲載しています。 これまでに発表した緊急地震速報を掲載しています。 震度5弱以上を観測した地震について、各地の震度データをもとに震度を推計し、震度4以上を観測した地域の震度を面的に表現した図を掲載しています。 長周期地震動による高層ビル内での被害の発生可能性等についてお知らせする長周期地震動に関する観測情報を掲載しています。 平成19年以降に発表した津波警報・注意報の検証結果を掲載しています。 地震の概要や防災上の留意事項について報道発表した資料などをまとめています。 過去の被害地震• (平成8年~) 平成8年(1996年)以降に、日本付近で発生した人的被害を伴った地震について掲載しています。• (明治~平成7年) 明治以降平成7年(1995年)までに日本で100人以上の死者・行方不明者を出した地震・津波について掲載しています。• 顕著な地震の観測・解析データ 各地震についての詳細な観測・解析データを掲載しています。 津波の観測値 津波の観測値は、観測した時点で観測情報として発表した後、データの精査を行い、順次、速報値、確定値として 以下のページに掲載しているほか、 にも一部掲載しています。 観測情報:• 速報値 : (翌月20日頃発行)• 確定値 : 地震の観測データ・解析結果など• 1919年から2日前までの期間で、過去に震度1以上を観測した地震を県別・観測点別に検索できます。 主な地震について地震を起こした断層がどのように動いたかを解析した資料を掲載しています。 震源過程などの解析結果 / モーメントマグニチュードが概ね6. 5以上(海外の地震は7. 0以上)の地震について、 地下の断層の破壊伝播の様子などを解析した資料を掲載しています。 震度6弱以上を観測し被害を伴った地震について、地震波形などの強震観測データを掲載しています。 (1999年以前については一部の地震についてのみ掲載しています。 2日前までの約3ヶ月間の地震の震源リストや震央分布図を日別に掲載しています。 これより以前の震源については、をご覧下さい。 1 気象庁では地震の震源、マグニチュード等を算出するにあたり、国立大学法人や国立研究開発法人防災科学技術研究所などの関係機関から地震観測データの提供を受け、文部科学省と協力して処理を行っています。 震度の情報は、地方公共団体及び国立研究開発法人防災科学技術研究所から提供された観測データを含めて発表しています。 2 平成15年 2003年 9月25日より、気象庁マグニチュードが改訂されました。 このため、平成15年9月25日以降に掲載された資料は、過去の地震も含めて全て新マグニチュードです。 ただし、各種解説資料などのうち平成15年9月24日以前に作成された資料については、特に断り書きのあるものを除き、旧マグニチュードのままですので、ご注意願います。 3 平成18年 2006年 10月2日に震央地名を一部見直しました。 このためでは過去にさかのぼって震源の緯度・経度から現在の震央地名に対応させています。 なお、の震央地名については、当時の地震情報等で発表した震央地名と対応させるため、現在の震央地名も併記しました。 また、定期刊行物などのうち、平成18年10月1日以前に作成された資料については、特に断り書きのあるものを除き、当時の震央地名のままですので、ご注意願います。 地震発生時には、国民の皆様に速やかに情報をお伝えする必要があるため、「速報値」の計算には限られた地震観測点のデータを使用しています。 「暫定値」とは、「速報値」よりも数多くの地震観測点のデータを使用して計算された値です。 データの数が増えるため、「速報値」よりも震源の位置やマグニチュードの精度は上がりますが、 処理に時間がかかり、通常は地震が発生した日の翌日に更新されます。 ただし、規模の大きな地震が発生した場合は、地震情報などで「速報値」を発表した後、速やかに「暫定値」の計算を行い、報道発表資料などで「暫定値」を発表することとしています。 後日、「暫定値」についてさらに精査を行い、値を最終確定します。 その結果は「気象庁地震・火山月報(カタログ編)」に収録されます。 6 本webサイトに掲載されている一部の画像の作成には GMT(Generic Mapping Tool; Wessel, P. and W. Smith, New, improved version of Generic Mapping Tools released, EOS Trans. Amer. Geophys. , Vol. 79 47 , pp. 579, 1998)を使用しています。

次の

過去の地震情報 (日付の新しい順)

今日 の 地震

回答ありがとう ございます。 やっと客観性のあるまともな回答が 来ました。 うちのエリアは 内陸なんで 津波は絶対にない んです。 揺れもおそらく 南海トラフなら 震度5弱クラス域 建物にも被害は ないでしょう。 しかし、 むしろ怖いのは その後に起こる 二次災害です。 食料が失くなる、 燃料失くなる、 ライフラインが 機能不全になる。 専門家がこれだけ 騒ぐには、 騒ぐなりの根拠と 理由があります。 気象庁は政府の犬 ですから、 上級庁からパニックになるから 絶対に言うなと 言われれば 例え来るとわかっていても絶対に言わないはずです。 だから専門家たちが騒ぎ出したんです。 質問者様は、誤解しています。 「29市町村で、5メートル以上の津波が26%以上の非常に高い確率で襲来すると予測」です。 地震発生確率ではなく、津波発生確率です。 『南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表 毎日新聞2020年1月24日 17時00分 最終更新 1月24日 19時06分 ・・・ 政府の地震調査委員会は24日、南海トラフ地震による津波が今後30年以内に起こる確率を推計した結果を発表した。 想定震源域に近い静岡、三重、和歌山、高知県などの29市町村で、5メートル以上の津波が26%以上の非常に高い確率で襲来すると予測。 3メートル以上は、静岡から宮崎までの71市区町村に及ぶ広範囲で26%以上の確率で起こるとした。 ・・』 ・毎年年初(1月〜2月)の「長期評価」公表では 「令和2年1月24日 地震調査研究推進本部 地震調査委員会 長期評価による地震発生確率値の更新について」 でした。 地震の確率は毎年1月に発表されることになっています。 地震が近いから警戒を呼び掛けるために発表するというものではありません。 日本の地震の確率は、時間依存型と呼ばれる計算法を使っています。 これはある断層や地震について、いつからいつまでの確率を計算するか、で結果の数字が変わってくる方法です。 ですから、毎年、その年から30年分の確率を計算しなおすことになります。 時間依存型の計算ができるのは、日本には歴史地震の記録がたくさん残っていて、長期間の地震活動のデータがあるからです。 断層の地質調査の情報も使っています。 もちろん、データは完全に揃っているわけではないので、結果の数字には注意が必要です。 南海トラフ地震はあなたが生きている間に必ず起きる地震です。 でもそれがいつなのかは誰も分かりません。 分かると言っている人はあなたをだまそうとしている人です。 南海トラフ地震は2つのプレートが接している面が断層になる海溝型地震(プレート間地震)です。 この地震は繰り返し起きていて、30年以内に起きる確率は70~80パーセントだとされています。 過去の南海トラフ地震を見るとどの範囲の断層面が動くのかは毎回異なります。 これまで最大規模の揺れや津波の計算結果を使って対策を考えてきましたが、今回、津波に関して、どの範囲の断層面が動く確率はどれくらいか、を考えて、それぞれのケースで津波の高さを計算しました。 それを使って、津波の高さの確率を出したというわけです。 南海トラフ地震で津波が来るとされている地域はたくさんあります。 実際に地震が起きたときにどのような津波が来るかは分かりません。 ですが、この計算で大きな確率な数字となったエリアではやや高めの津波が来ることを考えて、対策をしておくことが大事でしょう。

次の