みぞおち の 痛み。 みぞおちを押すと痛い!吐き気や下痢、おならがある時の原因は?

みぞおちが痛い、痛みの原因と治療方法|京都市の大垣クリニック

みぞおち の 痛み

スポンサードリンク 「みぞおちが痛い!」 「食後になると、みぞおちが痛くなる!」 みぞおちの痛みに限りませんが、 体に痛みがあると何か病気だろうかと 不安になると思います。 痛みの原因を自己判断することは危険です。 まずは病院にかかった方が良いです。 ですが、 そのときに原因について自分で考えておくことも大切です。 医者にまかせっきりにするのではなく、いろいろな情報を医者に伝えることで、診察がスムーズに行いやすくなります。 例えば、ただ「みぞおちが痛いんです」と伝えるよりも、 「食事のあと、みぞおちが痛いんです」と伝えた方が、医者も原因を見極めやすいです。 また、痛むタイミングだけでなく、• 痛むのは、みぞおち以外にもあるか。 どのような痛みが、どのくらいの時間続くか。 痛みはどのくらい前からあるのか。 どんな痛みか。 痛み以外の症状はあるか。 といったことも伝えておくと、医師の診察の助けになります。 良い治療のためには、医師と患者の協力が大切なのです。 ところで、みぞおちには、 胃や膵臓などの内臓があり、これらの臓器の問題が疑われることが多いです。 しかし、 関連痛と言って、胃や膵臓以外の臓器が原因となって、みぞおちが痛むこともあるので注意が必要です。 今回は、みぞおちに痛みがでたときに原因として考えられる代表的な病気や、みぞおちに関連痛を引き起こす内臓について解説していきます。 もくじ• みぞおちの痛みの原因 みぞおちと言っても、みぞおちの正しい場所がどこかご存じない方もいるかもしれません。 まずは、 みぞおちの位置を解剖図で確認しておきましょう。 体表から見ると、このあたりのことを「みぞおち」と言います。 みぞおちは、左右の肋骨の下にできる空間です。 では、みぞおちに痛みを引き起こす代表的な病気について解説して行きます。 急性胃粘膜病変 急性胃粘膜病変とは、名前の通り胃粘膜を中心とした部位に、 ただれが多発したり、 深部までの組織欠損などが発生する病気です。 症状としては、• みぞおちの痛み• 吐き気・嘔吐• みぞおちのムカムカ感 などの症状が出現します。 急性胃粘膜病変が発生する原因は、 NSAIDs【エヌセイズ】という痛み止めや抗炎症に使われる薬によるものが最も多いです。 それ以外にも、• 身体的、精神的ストレス• アルコールの飲み過ぎ• ピロリ菌への感染 などが原因となります。 急性と名前が通いている通り、急に発症します。 治療としては、NSAIDsを使っている場合は使用を中止し、薬物治療がや出血がある場合には、内視鏡で止血が行われることもあります。 胃・十二指腸潰瘍 胃もしくは、十二指腸の組織が深く損傷した状態を言います。 症状としては、• みぞおちの痛み• お腹の張り• 吐き気・嘔吐• ムカムカ感• 吐血・下血 などがあります。 血液は胃酸と混ざると、黒っぽい色に変化します。 そのため、 吐血(口から血を吐くこと)すると、コーヒーのような色になっていたり、 下血(お尻から血が出ること)すると、タール状の便になったります。 黒っぽい色だからといって、血液じゃないと思ってはいけません。 症状の出るタイミングの特徴として、 胃潰瘍の場合は、食直後にみぞおちの痛みが出るのに対して、 十二指腸潰瘍では、空腹時や夜間に痛みが出るという特徴があります。 ただし、この特徴は必ずこうなるというものではありません。 繰り返しになりますが、痛みの原因を自己判断するのはやめておきましょう。 食事によってみぞおちの痛みが変化する場合は、病院を受診したときにも必ず伝えるようにしましょう。 原因は、ピロリ菌への感染やNSAIDs【エヌセイズ】の内服によるものが多いです。 治療は、出血がある場合は止血を行うとともに、NSAIDs【エヌセイズ】の中止やピロリ菌の除去などが行われます。 膵炎 膵炎には、急性膵炎と慢性膵炎があります。 膵炎は、消化酵素である膵酵素によって自分の臓器を消化してしまう病気です。 膵炎の症状としては、• みぞおちの痛み• 背中の痛み などがあります。 膵臓は背中側にある臓器なので、みぞおちだけでなく背中に痛みが出ることもあります。 膵炎になる原因というと、 アルコールのイメージが強いかもしれません。 男性の場合は、アルコールの飲み過ぎによるものが多いですが、 女性の場合は、胆石によるものが多いです。 急性虫垂炎(初期) 虫垂【ちゅうすい】は、大腸の一部です。 虫垂の位置を図で確認しておきましょう。 盲腸からシッポのように伸びているところが虫垂です。 この虫垂が、糞石、食物残渣、リンパ組織の腫れ、腫瘍などによってつまってしまい、そこに感染が加わることで発症します。 虫垂炎というと、右下腹部の痛みを連想される方も多いかもしれません。 しかし、 発症初期にはみぞおちの痛みから始まることもあります。 イレウス 腸内で通過障害がおこり、肛門側への流れが滞った状態がイレウスです。 イレウスの症状としては、• お腹の張り• 便やガスが出なくなる などがあります。 イレウスの場合は、みぞおちの痛みに限らない腹痛が発生します。 参考書籍) みぞおちの関連痛 関連痛とは、問題のある箇所とは別のところに痛みが出現することを言います。 関連痛が起こる原因は、内臓から痛みを伝えてきた神経が、脊髄で他の部位(皮膚など)から痛みを伝えてくる神経とまとめられて脳に投射されるため、脳がどこからきた痛みなのか正確に判別することができず、誤認を起こすのではないかと言われています。 引用書籍)よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみ みぞおちに出現する関連痛は、以下の図の通りです。 よくわかる痛み・鎮痛の基本としくみを基に作成。 このようにみぞおちの関連痛としては、胃と肝臓からくるものがあります。 胃の問題がみぞおちの痛みとして出現することは、すでにお伝えした通りです。 それに加えて、肝臓の問題もみぞおちの痛みとして出現することがあります。 まとめ みぞおちの痛みの原因について解説してきました。 痛みは体からの警告のサインです。 気になる症状がるときには、安易に自己判断することなく病院を受診するようにしましょう。 そのときに、本記事を参考にして、痛みの詳しい状況を医師に伝えられるようにしておきましょう。 医師がより正確な診断をくだす助けとなるでしょう。

次の

胃もたれ、みぞおち痛を慢性化させない

みぞおち の 痛み

みぞおちの痛みは「胃の痛み」と表現されることもあり、その原因にはさまざまなことが考えられます。 みぞおちのところがキリキリ差し込むように痛い• 胸焼けがしてみぞおちのあたりも痛む• 階段を上るとみぞおちのあたりが苦しい… このような症状が見られた時、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。 みぞおちの痛みを引き起こす病気 みぞおちの痛みは、なんらかの病気によって引き起こされている場合があります。 みぞおちの痛みを起こす胃腸の病気は? みぞおちの痛みの原因が胃腸にある場合、考えられる疾患には以下のようなものがあります。 逆流性食道炎 は、強い酸性である胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気のことです。 食後の胸焼け、げっぷ、喉に酸っぱいものがこみあげる感じ、胸のつかえ感などがよくある症状です。 腸閉塞 とは、なんらかの原因により腸の通過障害を起こしている状態です。 過去にお腹の手術を受けたことのある方は、他の人に比べてなりやすいといわれています。 症状として、腹痛や便秘・ガスが出ないことによるお腹のハリやなどの症状が現れます。 過去にお腹の手術をしたことのある方でこのような症状が現れた場合、早めに病院を受診するようにしましょう。 みぞおちの痛みを起こすその他の原因は? 必ず起こるものではありませんが、以下のような病気でもみぞおちの痛みを感じる場合があります。 尿路結石 結石はごく小さなものであれば症状が現れないこともありますが、尿の通り道がふさがれたり、尿に流されて結石が移動したりすると強い痛みが生じます。 痛みは結石のある下腹部や腰回りから始まることが一般的ですが、みぞおちの痛みから始まることもあります。 受診の目安とポイント 受診の目安には以下のようなものがあります。 痛みの程度が強い• いつまでも痛みが治らない• 痛み以外の症状がある このような場合には早期に受診しましょう。 痛みの原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。 受診の際のポイントとして、痛みの出る部位やタイミング、痛み以外の症状の有無などを医師へよく伝えるようにしましょう。 日常生活上の原因と対処法 食べ過ぎ・飲み過ぎ 暴飲暴食、アルコールの飲みすぎで胃腸に負担がかかり、みぞおちが痛むことがあります。 食べ過ぎ・飲み過ぎた時には 暴飲暴食を控えることは当然ですが、食事の時間も大事です。 夜遅くの食事や朝食を抜いて1日2食にしたりすると、胃腸に負担をかけてしまいます。 3食きちんと規則正しい食生活を送りましょう。 刺激物の摂りすぎ 唐辛子やニンニクなどの刺激物も胃の粘膜を刺激するため、摂りすぎはみぞおちが痛む原因になります。 刺激物を摂りすぎた時は 香辛料を多く使った料理やコーヒーなどの刺激物は適量にしましょう。 刺激物を摂りすぎたことでみぞおちが痛む時は、消化の良いものや胃に負担をかけないものを中心に食事を摂り、胃を休ませるようにしましょう。 よくならないときには 症状がよくならない時には一度病院を受診してみましょう。 思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。

次の

胃の左側が痛いのは怖い病気が潜んでいる?この症状は要注意!!

みぞおち の 痛み

胃(左・真ん中)• 肝臓(真ん中・右)• 膵臓(左・真ん中)• 食道(真ん中)• 十二指腸(真ん中下)• 胆のう(右)• 胆管(右) みぞおちの真ん中に位置する臓器だけをみても胃以外に膵臓や食道があるため、 「みぞおちが痛い!」と一言でいっても多種多様な原因が想像できるのは一目瞭然です。 最終的に病院で診てもらうのは前提として、異常が起きている臓器がどこなのか見極めるためには、みぞおちで痛む場所が一つの判断基準になります。 みぞおちの痛む場所を真ん中と左右に分け、考えられる病気を紹介していきます。 食べ過ぎ・飲み過ぎによる消化不良• ストレス・体調不良・生活習慣の乱れによる胃荒れ• 身体の冷え これらが原因で胃痛が発生している可能性が高く、胃薬の服用で効果を得ることができます。 逆流性食道炎 食後すぐに寝る習慣のある人に起こりやすい病気で、胃痛とともに吐き気や嘔吐などの症状が現れます。 胃の内容物が長時間消化されずに胃もたれを起こすことが原因で、胃酸が繰り返し逆流するため、食道やのどの炎症も症状の一つとして見られます。 冷凍や加熱に弱いため処理さえしていれば食べても問題はないのですが、生きたまま体内に入ると胃の壁を突き破ろうとするため猛烈な激痛が走ります。 10代~20代の若い世代に多い病気で、胃酸による潰瘍が十二指腸にできることで痛みが発生して空腹時に痛みが激しくなる特徴があります。 治療はピロリ菌の除去や投薬、食事療法が一般的です。 胆石症は日本人の10人に1人は持っている胆石が、胆道や胆のうで結石となった場合に発症します。 症状の一つとして腹部膨満感があり、脂肪分の多い食事をした時にみぞおちが痛むのも胆石症の特徴的です。 ただ 人によっては自覚症状がない場合もあり、検査で初めて病気が発見されることも多いです。 胆石症が悪化すると胆のうが炎症を起こし、胆のう炎になり吐き気や嘔吐、高熱など激しい不調に襲われる可能性があります。 みぞおち右側の痛みと併せて慢性的な違和感や満腹感がある場合、一度病院で診てもらうことをおすすめします。 膵炎 アルコールの過剰摂取により膵臓が炎症を起こして発症する病気で、患者は女性が多く、呼吸もままならないほどの猛烈な激痛が発生します。 治療は膵臓の炎症を抑える薬の投与の他、生活習慣の改善やストレスの減少、禁煙などがあります。 膵臓癌 みぞおちの痛みの他、食欲不振や体重減少など様々な症状が現れる膵臓癌ですが、 膵臓が多くの臓器に囲まれた場所に位置するため早期の発見が難しい癌といわれています。 しかし悪性度はかなり高く、小さい癌でもすぐに転移して症状を悪化させるため、定期的に検査をして癌の早期発見に努めることが大切です。 ただ肝臓の病気は早期発見が難しく気づいた時には、すでに末期の状態まで進行しているかもしれないので、みぞおち付近に違和感を感じていたり、• 疲れやすい、風邪に似た症状が続く• 肩こりがひどい• 黄疸が起こる、褐色の尿 など、体の異常が長期間続く場合、以下のような肝臓の病気の可能性も視野に入れておきましょう。 肝炎 肝炎は以下の3パターンに分かれます。 急性肝炎…ウイルスや薬物、アルコールにより肝臓が炎症する• 慢性肝炎…急性肝炎による状況が6か月以上改善されなかった場合• 肝硬変 倦怠感や吐き気、嘔吐などの症状があらわれる肝硬変は、慢性肝炎が原因で発症します。 細胞の修復と破壊を繰り返すことで、肝臓が岩のように固く小さくなってしまう病気です。 肝臓病の末期症状ともいえる肝硬変は1度悪化すると元の健康な肝臓へ戻すことが難しく、最悪の場合肝臓がんや肝不全へと発展します。 まとめ 一概に「みぞおちが痛い!」といっても、どの部位が痛いかにより原因の臓器は変わりますし、重大な病気を患っている可能性もあります。 もちろん、みぞおちが痛む度に「重大な病気かもしれない…」と過度に心配する必要はありませんが、楽観視するのも危険です。 痛みが続く場合や、みぞおちの痛み以外にも慢性的な不調が続く場合、一度病院で診てもらうようにしましょう。 病院に行った際は、少しでも早く痛みの原因を特定するため、みぞおちの真ん中や左右など、どの部分が痛むのか具体的に説明するようにしてくださいね。 スポンサーリンク.

次の