バリア フリー と ユニバーサル デザイン の 違い。 バリアフリーとユニバーサルデザインの違いって何?

ユニバーサルデザインとは?バリアフリーとの違いも解説!

バリア フリー と ユニバーサル デザイン の 違い

自動ドア:何か特殊な動きや道具を必要とせず、車椅子に乗っている人や両手に荷物を抱えている人でも簡単に利用できるデザインとなっている• シャンプーの容器:リンスの容器と間違われないように容器の側面に突起が付いているため、目の不自由な人やシャンプー中で目が開けられない人でも簡単に区別が付くデザインとなっている ユニバーサルデザインが指す「デザイン」という言葉には、見た目に関する意味合いだけではなく、その内部の構造も含めた全てが表現されているのです。 ユニバーサルデザイン導入の背景 「ユニバーサルデザイン」という考え方を初めて提唱したのは、アメリカの建築家であり急性灰白髄炎という障害を持っていたロナルド・メイス。 彼が提唱するきっかけを作ったのが、1990年に施行された「障害を持つアメリカ人法(ADA)」という法律です。 この法律は、 障害を持つ人が利用しにくい施設や設備を「差別」であると位置付け、誰もが利用できるように製品やサービスの適切な対応・調整を保証させるというもので、• 障害の影響による勤務時間の短縮や勤務スケジュールの変更を容認する• 障害を持つ人にも持たない人にも同等の雇用機会を設ける• 建物内には必ず車椅子利用者用のスロープを設ける などが細かく定義されています。 しかし、この法律は全ての製品やサービスを対象にはしておらず、また、基準を満たしているからといって障害を持つ人が何不自由なく生活できるというわけでもありません。 法律の限界を肌に感じ取ったロナルド・メイスは、「全ての人が快適に暮らせるようなデザインを」とユニバーサルデザインを提唱したのです。 バリアフリー・ノーマライゼーションとの違い 3つの理念 ユニバーサルデザインに似た考え方として「バリアフリー」があります。 また、この二つの考え方の基盤となっている理念として「ノーマライゼーション」もあります。 バリアフリー バリアフリーは、障害のある人にとっての「障壁(バリア)」を「除去(フリー)」するという意味を持っています。 始まりは建築用語でしたが、次第に広く使われるようになりました。 ノーマライゼーション ノーマライゼーションは、「全ての人が同じように普通の生活ができるよう均一化された社会を目指す」という考え方です。 これをさらに具体的に推進していこうという考え方にバリアフリー・ユニバーサルデザインがあります。 ユニバーサルデザイン ユニバーサルデザインは、障壁を除去するバリアフリーに対して、初めから障壁(バリア)のないデザインを作っていこうという考え方です。 また、障害のある人に対してだけではなく、外国人やお年寄り・妊婦の人などさまざまな人が利用しやすいように、と定義されています。 バリアフリーとユニバーサルデザインの比較 例えば、公共施設にもよくある車椅子用のトイレ。 通常のトイレを使えない車椅子利用者にとってこのトイレは、障壁を除去するためのバリアフリー設備であると言えるでしょう。 しかし、車椅子用のトイレは車椅子利用者のみを対象にしているため、そのほかの問題を抱えている人には効果がありません。 ユニバーサルデザインは、トイレ内に赤ちゃん台が欲しい人や体が不自由で介助が必要な人など、トイレを利用する全ての人が快適に利用できるようにする、という考えが起点となっています。 ユニバーサルデザインの基本的な考え方 ユニバーサルデザインにおいて「完璧なユニバーサルデザイン」というものは存在しません。 壁に取り付けられている電気スイッチを例に挙げてみましょう。 電気スイッチの進化に見るユニバーサルデザイン スイッチが壁になかった時代には、天井につり下げられた電球に付いているひもを引っ張って付けたり消したりしていました。 そのため、身長の小さな子どもや指先の複雑な動作が苦手な人には大変不便なものでした。 技術の進歩によって電気スイッチが開発されると、小さい子どもでも簡単に電気を付けられるようになります。 さらに、ボタン部分を大きくしたスイッチも登場し、指先の複雑な動作が苦手な人でも簡単に操作できるようになりました。 しかしそれでも、完璧なユニバーサルデザインとは言えないのです。 ひもを引っ張ることでしか電気を付けられなかったころからすれば確かに大きな進歩であり、よりユニバーサルデザインとして機能していると言えますが、 スイッチに手が届かない人や体に麻痺のある人は電気を付けることができません。 そこで、人が触れることなく操作ができるセンサー式のスイッチの開発がされています。 今後もさまざまな技術開発によって便利性はどんどん高まっていくことでしょう。 ユニバーサルデザインは、「このデザインの方がより多くの人が使いやすいだろう」という比較を続けてより完璧なものを目指していく、という考え方なのです。 ユニバーサルデザインの7原則 ユニバーサルデザインを考えるうえで欠かせないのが、2005年にロン・メイス博士を中心に提案された「ユニバーサルデザインの7原則」です。 この7つの原則を役立てることで、障害を持つ持たないは関係なく、より多くの人に利用しやすい製品や設備・環境が作り出されることが期待されています。 しかしながら、• 7原則自体がユニバーサルデザインとしての評価となるわけではない• 7原則全てを守る必要はない ということは留意しておきたいポイントです。 では、7つの原則について見ていきましょう。 誰にでも公平に利用できる 製品やサービスは、誰でも公平に利用できるように作られていることが大切です。 例えば、自動ドアは人が接近するだけで自動で開きます。 これは、車椅子利用者でも目の不自由な人でも買い物袋などで両手のふさがっている人でも不自由なく簡単に使うことができます。 使ううえで自由度が高い さまざまな使い方や状況に合わせて使用できる自由度の高さが定義されています。 例えば、エレベーターには上向きと下向きのボタンがそれぞれ2セット取り付けられている場合があります。 これは、車椅子利用者でも手が届くように低い位置に配置されており、このボタンを押してエレベーターを呼んだ場合は、車椅子利用者でも慌てずに乗れるようドアが開いている時間が少し長くなるように設定されています。 このように、使う人によって使い方を選べるようになっていることが重要です。 使い方が簡単ですぐ分かる 使ったことのない人でも見ただけで分かるよう、単純明快なデザインにすることが求められています。 例えば、私たちが生活するうえで何度も押すであろうさまざまなスイッチ。 これらは特別な説明を受けていなくても「ここを押せば良いのかな?」と判断し、操作することができます。 日本に旅行に来た外国人でもそれは同じで、何となくここを押せば良いだろうと直感的に感じ取り、使うことができるでしょう。 必要な情報がすぐに理解できる どのような状況下においても、必要な情報がしっかりと伝わるように作られているかどうかが求められています。 例えば、電車内に取り付けられている画面では、次の駅を漢字・ひらがな・英語・中国語のようにさまざまな表記で表すことで多くの利用者へ情報を伝えられるようになりました。 また、歩行者用の信号機を音が出るように改良したり、公共施設の案内図に点字を追加することも行われています。 うっかりミスや危険につながらないデザインである 失敗やミスをできる限り起こしにくくするように設計したり、万が一操作を間違えても安全なまま使えるようにすることが大切です。 例えば、最近よく目にするようになった電車のホームにある二重ドア。 これは、ドアを電車が到着するまで閉じておくことで、乗客がホームへ転落する危険性を限りなく低くします。 また、電子レンジには誤って完了前に扉を開けてしまっても自動的に停止する機能が付いています。 体への負担の少なさ 体に無理な負担をかけることなく、同じ動作の繰り返しを少なくしたり自然な姿勢で快適に使えるようになっているかどうかが大切です。 例えば、多くの人が利用している交通系ICカード。 タッチをするだけで改札を通れて毎回切符を買う手間も省けるため、とても便利です。 アクセスしやすいスペースと大きさを確保する 使う人の体型や姿勢・使用する状況にかかわらず、使いやすいスペースと大きさを確保できていることが大切になります。 例えば、公共施設でよく見かける多目的トイレ。 ユニバーサルデザインを意識して作られた広々とした空間は、車椅子利用者はもちろん、赤ちゃん連れの人や多くの荷物を持った人などさまざまな人が利用できます。 ユニバーサルデザインは、障害を持つ人が快適な生活を送れるようにしようという考え方ではなく、より多くの人が同じような暮らしを送れるようにしようという考え方が根本にあります。 世の中のさまざまな商品やサービスをユニバーサルデザインの視点で見つめ直すことで、今まで気付かなかった新たな発見や課題と向き合えるかもしれません。

次の

どう違う?バリアフリーとユニバーサルデザイン

バリア フリー と ユニバーサル デザイン の 違い

みなさんこんにちは。 神奈川県川崎市にある就労移行支援事業所「ルミノーゾ川崎登戸」のスタッフのまんじです。 共生社会の実現へ向けた文脈でよく耳にするようになった「バリアフリー」と「ユニバーサルデザイン」。 似たようなものに聞こえますが、何が違うのでしょうか?今回は、その違いと、ルミノーゾでの取り組みについてご紹介します。 バリアフリーとは 「バリアフリー」とは高齢者や障害者が社会参加する上で、障害となるものと取り除くこと。 建築上の物理的な障害を取り除くことから、近年は精神的、社会的な障害を取り除くことも指すようになりました。 具体的には• 道の段差をなくす• スロープをつける• 点字ブロックを設置する• ハローワークに手話協力者を配置する などが挙げられます。 バリアフリーは「今まであった障害を取り除く」ことに重きが置かれています。 ユニバーサルデザインとは バリアフリーと違い、ユニバーサルデザインには「対象者」が設定されていません。 障害の有無、年齢、性別、人種等に関わらず「できるだけ多くの人が利用しやすいようにあらかじめデザインすること」がユニバーサルデザインの基本コンセプト。 例えば、エスカレーターやエレベーターは、重い荷物を持っている人も、足の不自由な人も、妊婦さんも、誰にとっても使い勝手がいいですよね。 あなたもわたしも、社会にいる全員に対して投げかけられているのが、ユニバーサルデザインです。 広い視点に立つと、バリアフリーはユニバーサルデザインのいち分野といえます。 【参考】 ユニバーサルデザイン行動計画2020 内閣府は、共生社会の実現を目指してユニバーサルデザインを推進する計画を立てています。 この「ユニバーサルデザイン行動計画2020」は、東京パラリンピックを共生社会へ向けた大きな契機としていました。 東京パラリンピックは2021年に延期となりましたが、この行動計画は推進中です。 この計画は2つの柱で成り立っています。 「心のバリアフリー」と「ユニバーサルデザインの街づくり」です。 「心のバリアフリー」 「心のバリアフリー」とは「国民の意識やそれに基づくコミュニケーション等個人の行動に向けて働きかける取組」と定義されています。 特に自分と条件の違う人(言葉が違う、移動方法が違う、不安になるポイントが違うなど)とコミュニケーションをとったり、共感したりする力を養うことに重点が置かれています。 具体的な方法としては• 学校教育に取り入れる• 企業研修に取り入れる• 補助犬の役割を理解して、受け入れる• 当事者が自分で発信していけるよう、コミュニケーションスキルを身につけるのを助ける などの取り組みが行われています。 「ユニバーサルデザインの街づくり」 街なかの段差、狭い通路、わかりにくい案内表示等を見直し、障害の有無に関わらずすべての人が自由に移動でき、スポーツを楽しんだり出来る「生活しやすい街」づくりを目指すのが「ユニバーサルデザインの街づくり」です。 リフト付きのバスやUDタクシーの導入、誰でもトイレの設置もこの施策の一環です。 また、目的地やその交通手段の情報をわかりやすく提示することも進められています。 例えば、駅構内や電車内では停車駅の名前が、日本語、英語、中国語、韓国語で表示されたり、音声で案内されたりしていますね。 さまざまな言語や感覚を使う人に等しくわかりやすく伝えるための取り組みです。 バリアフリーもユニバーサルデザインも、意外と身近にあることが分かりますね。 【参考】 ルミノーゾ川崎登戸の取り組み ルミノーゾ川崎登戸では、さまざまな障害や状況に配慮した環境づくりをしています。 その代表的なものをご紹介します。 個別ブース フロア席と違い、3方が仕切られたお席です。 視線が気になる方• 不安感が強い方• 試験が近くて集中したい方 などにお使いいただいています。 ブギーボード (【出典】) ブギーボードはKING JIMの電子メモパッド。 聴覚に障害のある方とのコミュニケーションツールの1つで、筆談に使います。 書いたものがボタン1つで消せるので、次々と会話ができます。 とっても便利です。 0円でできるバリアフリー 資金を投入しなくでも、今日からできるバリアフリーがあります。 これはスタッフが毎日気をつけていることなのですが、大きく3つあります。 きちんとあいさつをすること• 笑顔で話しかけること• 同じ目線になるようにすること 簡単でしょう? こうしたシンプルなことから、隔てのない環境は生まれます。 また、聴覚に障害をお持ちの方に対しては、 しっかり身体を向けてお話することも気をつけています。 これはルミノーゾで初めてお会いした聴覚障害の方が教えてくださいました。 顔や身体が別の方向を向いていたりすると、「あいさつをしても無視されてしまったと感じてしまう、きちんと顔も身体も向けて欲しい」、と教えてくださったのです。 「無視されてるわけではないんだ」と頭でわかっていても、心は悲しくなってしまう、と。 大いなる学びで、大いなる反省でした。 この方には今もずっと感謝しています。 特別な設備がなくても、誰もが過ごしやすい環境を作っていくことはできます。 それは視点を変えてみたり、相手の話を聞いてみることなど、ちょっとしたきっかけで生まれるものです。 様々な人がいる豊かな社会を実現するために。 笑顔のあいさつから始めてはいかがでしょうか? ルミノーゾ川崎登戸に興味を持たれた方へ ルミノーゾ川崎登戸は、川崎市の方はもちろん川崎市以外の方も利用できます。 川崎市、横浜市、相模原市、厚木市、大和市、海老名市、座間市などの神奈川県の方 町田市、稲城市、狛江市、多摩市、立川市、調布市、八王子市、世田谷区などの23区の方も利用できます。 電話でのお問合せは044-299-9622 PC・スマホのお問い合わせフォームは 今後の予定 6月 2日(火) Zoom体験 6月 3日(水) ウォーキング 6月 4日(木) 軽作業 6月 5日(金) エクセサイズで体力づくり 6月 6日(土) Zoomウェビナー企画 6月 8日(月) タイピング 6月 9日(火) 軽作業 6月10日(水) ウォーキング 6月11日(木) 創作活動 6月12日(金) ビジネス系グループワーク 6月13日(土) Zoomウェビナー企画 6月15日(月) P検対策講座 6月16日(火) ウォーキング 6月17日(水) Zoom体験 6月18日(木) ビジネス系グループワーク 6月19日(金) 軽作業 6月22日(月) 七夕研究会 6月23日(火) ハローワークに行こう 6月24日(水) ウォーキング 6月25日(木) 創作活動 6月26日(金) P検 6月27日(土) Zoomウェビナー企画 6月29日(月) 七夕研究会 6月30日(火) エクセサイズで体力づくり 2020年6月から土曜日も開所いたします。 お電話での問い合わせ時間は9:00-16:00となります。 ご自宅からの個別相談を受け付けています。 詳細は、を御覧ください。 ルミノーゾ川崎登戸は、が運営しています。 ルミノーゾグループの就労・資格取得実績は以下のとおりです(2020年5月31日現在) 【就労実績(2019年6月1日から2020年5月31日)】22名 【職場定着率(2017年4月1日から2020年5月31日)】92.

次の

バリアフリーとユニバーサルデザインの違いって何?

バリア フリー と ユニバーサル デザイン の 違い

バリアフリー[barrier free] バリアフリーとは、高齢者や障がい者など「ハンディキャップ」を抱える人々が使用できない原因を、極力取り除いていくこと。 バリアフリーでは、すでに出来上がっているものに対して、特に高齢者や障がい者などが「使える状態」や「使いやすい状態」へと改善してゆくことを目指します。 ユニバーサルデザイン:計画の初期段階から多くの人々が使えるように配慮する。 バリアフリー:運用・メンテナンスの段階で使えない原因を取り除く。 ユニバーサルデザインの「最初から使えない原因をつくらない」という考えに対して、バリアフリーは「使えない原因を取り除く」という考え方ですね。 建築の世界では、のアクセシビリティやユーザビリティよりも、ユニバーサルデザインやバリアフリーのほうが、言葉としてもよく使われているようです。 平成6年に施行された「ハートビル法(通称)」では、高齢者や障がい者が円滑に建築物を利用できるように、その障害を除去するための建築基準を定めています。 これに基づき都道府県知事が認定した建築物は、補助・低利融資・税制面などの優遇措置が適用されるのだそうです。 建築の世界では、法律の面からも、バリアフリーやユニバーサルデザインを推進しているのですね。 しかし、そのワリには、この私に対する「心の壁」を、みなさまの態度からヒシヒシと感じます。 特にアクセシビリティの観点から、ハンディキャップを抱える人々にも使えるWebサイトを目指す場合、様々な対応策を施す必要があります。 見やすさ:デザイン性への配慮(例:特にテキストのサイズ・カラーに注意する・縦横に長すぎるページは避ける・色覚シミュレーションソフトで配色をチェックする)など。 htmlの正しい文章構造など。 動画には字幕を。 音声案内の導入など。 分かりやすい操作性:定番的かつシンプルなメニュー・リンク・デザイン・操作方法など。 迷いにくいナビゲーション(例:操作フロー・パンくずリスト)の導入。 快適性:素早い反応(例:データの軽さ・少ないレンダリング負荷・質の高いWebサーバを使用)。 検索・アクセス性:SEO(サーチエンジン最適化)。 有効な外部被リンクなど。 各利用環境への対応:各OS・ブラウザ・機器など あらゆる環境への対応。 各種入力デバイスにおける操作性(例:キーボードオンリーでの操作性)など。 こんな感じでしょうか。 まぁ、この表自体が見にくいのですが(笑)。 しかし、すべてのWebサイトが、これらの対応策をすべて駆使したWebデザインをするのは、可能なのでしょうか? やはり、万人に完璧なサイトの構築というのは、現実的ではないと思われます。 場合によっては、想定するユーザー層にあわせて、ある程度の妥協も必要になってくるのです。 例えば、「一目見ただけで誰もがすぐに使えるサイト」だけを追及するのではなく、「はじめは若干の学習が必要であっても慣れてくるほど便利に使えるサイト」を追及するという方向性も、ありなのではないかと思います。 そして、それらの対策を追及してゆくことが、最終的には、高レベルのユーザビリティの獲得につながることになるのです。 しかし、ことユニバーサルデザインなどの先進国においては、「空気質」「熱環境」「精神」などといった、目に見えない範囲を追及するステージへと進んでいるのだそうです。 突き進めると、ハンディキャップがある人もない人も、「元気にポジティブな気持ちで過ごせる」建築物の創造が、真のユニバーサルデザイン・バリアフリー化だということですね。 それでも、「見えない条件を改善する」というのは、たいへん難しいことです。 特にWebの世界では、具体的なWebデザインの研究の前に、まずはユーザーの「心のバリアフリー」から考え直す必要があるかもしれません。 軽くネットサーフィンをしているだけでも簡単に目に入る、「差別」「偏見」「誹謗中傷」などの、目にあまるような情報の数々……。 加えて、マルウェアや迷惑メール・悪徳商法など、ネットを経由した犯罪的行為がこれほどまでに溢れていては、多くの人々が安心してインターネットに興じることもできません。 こんな、悪意渦巻くWebの世界の現状を変えてゆくのが、真のユニバーサルデザインやバリアフリーなのではないかと思います。 最終的には、コンテンツそのものが、最も大切なのですから……。 先生、ちょっと真剣になっちゃった(笑)。 ちなみに私、学生時代にはロクに勉強もせず、授業中は給食のことばかり考えているような生徒でした。 そもそも、これらの言葉は、一般的にはそれほど区別して使われているわけではありません。 特にユーザビリティの概念などは、人によって、ずいぶんと解釈が違っているようなので……。 「今回のアクセシビリティ・ユーザビリティ・ユニバーサルデザイン・バリアフリーの記事」• 「参考文献」•

次の