愛子さま 天皇。 愛子様 次期天皇になる可能性と待望論!偏差値72は本当か?嘘か?

「愛子さまと呼ばないで」——彼女が天皇になる日(週刊現代)

愛子さま 天皇

「愛子天皇」議論闇に葬った安部内閣(週刊新潮内容)• 2月21日の記者会見で、天皇陛下は 「皇位継承制度に関わる事項については私から言及することは避けたい」とご発言された。 この発言に秘められた天皇陛下の思いを、宮内庁担当者は次のように推察している。 「天皇陛下は、愛子さまの将来に関して『自分のやりたいことを見つけ、成年皇族としての公務とのバランスを見出しながら将来への希望を描いていってもらえれば 』 という期待をよせられている」(宮内庁担当記者)• 先日、学習院大学への進学が内定したばかりの愛子さまだが、その将来に関しては、「 国民の期待 」 や「 安部内閣の思惑 」 などが複雑に絡み合って今だに明確な方向性を見いだせていない。 主な「 国民の期待」は、愛子さま将来結婚した後も皇族に残り「 次期天皇」となることだ。 一方で「 安部内閣の思惑」は、皇室伝統の「 男系男子」の維持であり、この路線を覆す可能性がある「 女性宮家」創設に反対の立場だ。 (「 男系男子」の維持が困難となった時は「 旧宮家の皇籍復帰」を主張している)• また安部内閣の支持層は、「保守」が多いため「 男系男子」の伝統を守るべきという声が圧倒的多数を占めている。 この支持層を裏切る決断をするのは事実上不可能だ。 しかし、世論は秋篠宮家をバッシングする声が強く、その反動として「 愛子天皇」を望む声が圧倒的多数となっている。 「世論」と「支持層」で明確に意見が分かれている現状で、早急に皇位継承路線を定めることは、支持率低下に陥る可能性があると睨んだ安部内閣は、「 議論の先送り」を選択することに。 ただ、安倍内閣は、「 議論の先送り」を公式に発表することができない。 なぜならば、上皇さまのご退位を実現する「 特例法」(2017年6月成立)の付帯決議に「皇位継承」を安定的に実現するために「女性宮家創設」の検討を含めた議論の推進が明記されていたからだ。 安部内閣は、この付帯決議を無視する訳にもいかないため、「皇位継承」議論を推進させなくてはいけないという苦しい立場にある。 そこで、「 水面下」で学識者との面談を行い、意見を集めた上で「皇位継承」議論の「 論点整理」のみ行う方向性を見出した。 このことに対して、週刊新潮は「 水面下」での面談ではなく、「 正々堂々」と議論を交えることが重要だと主張。 ただ、「 コロナウィルス」が蔓延している現状で、「皇位継承」議論をヒートアップさせることは「 適切ではない」とする考えもあることを示した。 「愛子天皇」待望論の背後にある眞子さま結婚トラブル「私を早く自由にして」 「愛子天皇」を望む国民が増えている大きな理由として、愛子さまの「皇族にふさわしい」お人柄があるのではないでしょうか。 愛子さまは、勉強やスポーツはもちろん「動物愛護」のご活動にも精を出されており、日本国の「象徴」にふさわしい立派な人物として成長されていらっしゃいます。 一方で、秋篠宮家はどうでしょうか? 大学卒業した佳子さまは就職せずに、中途半端に「公務」しているそぶりみせながら「ダンス」に夢中になっています。 そして眞子さまに関しては、借金問題抱えた「小室圭さん」との恋愛に夢中になり、「国民の反対」を無視して結婚へと突き進んでいます。 佳子さまと眞子さまは、天皇陛下の「直系直子」ではありませんので、国民の「象徴」となるような人格を目指す必要性もありません。 しかし、そうはいっても「 皇族としての品位」は最低限守ってもらいたいものです。 現在の秋篠宮家をみていると「品位」を全く感じることがありません。 一般的な国民として、企業や公官庁に勤務し「税金」を納めている立場であれば「個性を重視した教育」する秋篠宮家のスタイルは否定されるべきものではありません。 しかし、秋篠宮家は皇族ですし、その生活は、一般国民の税金によって成り立っています。 皇室関係者は、最近の眞子さまご様子について、次のように説明しています。 「眞子さまは、相変わらず結婚反対していたお父様やお母さまと会話しようとしていません。 時間を見つけると、すぐにスマホをいじり小室圭さんとのチャットを楽しんでいるご様子です。 多くの国民から『 小室圭さんとの結婚を反対 』されている事実も全く気にしていません。 きっと、『私を早く自由にして』とお考えになっているのではないでしょうか・・・」(皇室関係者) 一般国民の意見を「完全無視」している 眞子さまと「ヘソ出しダンス」に夢中になっている佳子さまの「自由気ままな生活」を見ていると、日本古来の伝統である「 和の精神」がズタズタに破壊されているようで心が痛みます。

次の

愛子さまを天皇に!高まる待望論のなか雅子さま綴ったお言葉

愛子さま 天皇

雅子さまが愛子さまを極秘で天皇教育を施しているとの話が実しやかに囁かれるようになりました。 2019年は天皇陛下の即位に伴い様々な行事が大々的に行われ、特に10月の即位の礼の際にはまるでファンタジーかのように虹が皇居の辺りにかかるなどで大きく話題に。 そして2019年11月14日には天皇陛下の一斉に一度の大嘗祭も行われます。 そのように新時代の幕開けを大々的に祝ってもいますが一方で不安視されるのが後継者問題。 そのため雅子さまが極秘で愛子さまに万が一に備えて天皇教育を施しているとの情報が…。 もしも愛子さまが時代の天皇陛下となると近代以降初の女性天皇となります。 今回はそんな雅子さまが愛子さまを万が一の時に備え、女性天皇として祭り上げられても問題のないように天皇教育を施しているという話についてみてみましょう。 雅子さまが愛子さまを女性天皇に教育か 出典: 雅子さまが愛子さまに天皇教育を施していると言われたのは2019年10月22日の即位の礼での出来事が原因となっています。 愛子さまは即位礼正殿の儀には未成年であるため出席せず。 しかし愛子さまは両陛下が赤坂御所と宮殿を往復する姿のお見送り、お出迎えをなさっていました。 そして実際に愛子さまは即位礼正殿の儀は御所のテレビでしっかりとご覧になっていたとのこと。 天皇陛下は儀式にて即位の宣明をなさっていましたが将来、愛子さまがそれをなさる可能性もあります。 そのために雅子さまが事前に見ているようにお伝えになっていた可能性があるということで雅子さまは愛子さまに天皇教育を施しているとの見方が。 雅子さまが愛子さまになぜ天皇教育を施したか 雅子さまがなぜ愛子さまに天皇教育を施しているのか。 これはひとえに最近の世論が女性天皇・女系天皇を容認する見方が強くなってきているためです。 雅子さまはもともと民間出身でキャリアウーマン。 一時期は病気にてお体の調子が悪かったのは周知の事実。 そして当時は皇太子であった天皇陛下が「雅子のキャリアや人格を否定するような動きがあった」と仰って大きく問題になったこともあります。 そのように、宮内庁では保守的な考えが強く、今までは愛子さまが次代の天皇になる可能性は現実的ではありませんでした。 しかし昨今では頻繁に女性天皇・女系天皇を認めるべきではという議論が頻繁に話題になります。 そのために雅子さまは愛子さまの事を将来を考えて天皇教育を施しているのではと語る人物が…。 「雅子さまは民間から皇室に入られたため、様々な思惑が皇室を巡って渦巻いているということを身を持って理解をしています。 このままでは愛子さまが望もうと望むまいと女系天皇容認派に祭り上げられてしまうのではと危惧を抱いたのでしょう。 今後どうなるかは不明ですが備えることは出来るという意味で天皇教育を施しているのでは」 つまり雅子さまは愛子さまをどうしても女性天皇にしたいというわけではなく、自分の意志に反して女性天皇にと祭り上げられかねない自体であると危惧し、そのような状況になった時に対等に渡り合えるようにという親心の可能性があるというわけになります。 そもそも女性天皇と女系天皇とは そもそも女性天皇と女系天皇とは違いは何か。 女性天皇とはその名の通り肉体的な性別が女性の天皇。 女系天皇とは「母親が皇族で父親が民間人」である天皇ということになります。 まずここで明らかにしておきたいのが、そもそも 女性天皇は今までにも存在したということ。 第33代 推古天皇 592年 628年 第35代 皇極天皇 642年 645年 第37代 斉明天皇 皇極天皇が再び即位 655年 661年 第41代 持統天皇 690年 697年 第43代 元明天皇 707年 715年 第44代 元正天皇 715年 724年 第46代 孝謙天皇 749年 758年 第48代 称徳天皇 孝謙上皇が再び即位 764年 770年 第109代 明正天皇 1629年 1643年 第117代 後桜町天皇 1762年 1770年 女性天皇は10代で8方。 女性天皇はいずれも男系天皇。 寡婦、もしくは未婚です。 そもそも天皇陛下の皇位が「なぜ男系で継承されていたか」について明確な理由はありません。 しかし伝統というのは「長い間そうであった」という事それ自体が重要。 男系天皇というのはつまりは「父親をたどれば必ず神武天皇に行き着く」 神話も含めればイザナギ大神とスサノオまで という事です。 日本の皇室は現在も万世一系の最長記録を更新中。 また、実際に現在の皇室規範でも第一条で「 皇位継承資格は皇統に属する男系男子のみ」と明確に記されています。 女系天皇が危惧される理由 まず男系の女性天皇自体については現在の皇室規範とは相容れません。 しかし過去に実例があることからこちらの皇室規範の改正のハードルは低いと言えます。 実際に「男系男子」と記載された理由については、明治時代には女性の存在しない、陸海軍のトップに天皇陛下が就いていたので男性である必要があっただけ。 そのため現在は男系であるのならば男性でも女性でもあまり問題はありません。 もちろん保守派は反対をしていますが。 しかしこの反対の理由で一番大きいのが「女性天皇が誕生すれば女系天皇への道につながる」と言う考え。 つまりは一度改正のハードルを下げたのなら又すぐに改正されてしまうであろうという事を危惧。 女性天皇自体を頑なに反対するわけではありません。 なぜなら女性天皇を否定すると歴史を否定してしまうことになるからです。 そして女系天皇が許されてしまうと今までの 万世一系であることが崩れてしまい天皇と言えるのかという事を恐れているというわけです。 天皇教育は愛子さまの万が一への備えだが… 最近では女性天皇や女系天皇を認めるかというアンケートなどが度々行われています。 こちらはそもそも皇室の方の絶対数が少なくなっており、安定的に皇位が継承出来るのかという疑問が出てきたため。 天皇陛下が退位なされて皇位を継承したため、今後は皇位の継承のスパンが短くなると予想されます。 ただでさえ皇室の方が少ないため、いざ継承をする時期になっても皇位継承権を持つ皇室の方が幼かった場合などに問題が生じます。 実際に現時点で平成以降に誕生した男系男子は悠仁親王のみ。 そのため退位のスパンが今以上に短くなった場合など、何かがあった場合に愛子さまが即位をする可能性は十二分にあります。 そのようなことになった場合に対等に渡り合えるようにと雅子さまは愛子さまに天皇教育を施している可能性が濃厚。 しかしここで気になるのが、女性天皇や女系天皇を認めるという意見は6-7割などと多いものの「女系天皇の意味は知らない」という人が5割以上なこと。 女系天皇の意味をしっかりと理解すると女系天皇に賛成をするのか反対をするのか…。 中途半端に「男系であるなら女性天皇も認める」と皇室規範を改正すると、暫く後にまた 女性天皇の子供は何故駄目なのかなどという声が大きくなりそうです。

次の

愛子さま2019の真実裏と悠仁さまの目つき!女性天皇の選択肢ない?

愛子さま 天皇

Contents• 愛子さまが天皇になれない理由は? 2019年4月30日をもって、32年間続いた平成が終わり、新たな元号として新時代がスタートします。 歴史上初めて天皇陛下が生前退位をされ、新天皇として現在の皇太子さまが即位される事になっていますね。 この流れは、天皇陛下の直系の男性皇族である皇太子さまが天皇の地位を引き継ぐため、内外からも異論は全く出ませんでした。 ただ、「愛子さまが天皇に」と言う話になると、突如として内外から様々な声が噴出してきます。 その理由は、現憲法に定められている 皇室典範第1条に、 「皇位継承資格は天皇に属する男系男子のみ」と定められているからなんです。 「天皇に属する男系男子」とは、具体的にどういう人の事なのでしょうか? 簡単に言いますと、 「天皇の血を引いている男性」という事になります。 天皇家の構成図を見ながら考えてみましょう! 愛子さまは、天皇陛下の血を引いていますが、 女性のため現在の皇室典範の下では天皇になることはできません。 悠仁さまは、 天皇陛下の血を引いている秋篠宮さまのご子息ですから、「直系の男性皇族」になられるわけですね。 悠仁さまにはお二人の姉がいらっしゃいますが、どちらも女性の為、皇位継承権がありませんでした。 ですので、悠仁さまがご誕生された時は、関係者は胸を撫で下ろしたそうです。 このまま悠仁さまがご成長されますと、将来は天皇になられる可能性が高いですが、現在は「女性の時代」とも言われます。 もし、愛子さまが天皇になられる場合はどうなるのでしょうか? 皇室典範の改正が必要 皇室典範第4条には、「皇位を継承するのは天皇が崩じたとき。 」との条項がありますが、今回の天皇陛下は生前退位をされました。 つまり、今回は 特例として認めたわけです。 ですので、 現行の皇室典範ですと、 皇太子さまの後を継ぐのは秋篠宮悠仁さまという事になります。 ただ、女性天皇の容認を求める声もあるようで、実際に悠仁さまがご誕生される前まではこの議論も活発にされていました。 もし、愛子さまが天皇になられるのであれば、現行の皇室典範の改正が必要になってきます。 その場合は、具体的にどのようになるのかがSmart FRASHで語られていました。 「皇室典範から『男系』『男子』を削り、女系・女性天皇を認めればいい。 それと、女性宮家を作るために、結婚後も皇室に残れるようにして、その夫となる男性が皇籍を取得できるようにします。 そこで生まれたお子さんは、両親とも皇族だから当然、皇族です。 出典:Smart FLASH 女系・女性天皇を認める事により、女性宮家を作って、結婚した一般人の男性にも皇籍を取得できるようにする。 確かにこの内容が一番現実的かと思われますね。 ただ、政府もあまり皇室典範の改正には積極的ではなく、今回の天皇陛下の生前退位も「特例」としていますので、なかなか皇室典範に手を付けるのは容易い事ではないのかもしれません。 Sponsored Link やはり悠仁さまが最有力? 女性天皇を容認するには、結婚相手の存在も大切になって来るようです。 現在の天皇陛下、皇太子さま、秋篠宮さまは全員が皇族で、一般人の女性が嫁がれています。 逆に、女性天皇の誕生となると、一般家庭の男性が天皇家の養子になる必要があります。 まして、皇室典範にも手をつけなければならなくなるわけですから、女性天皇の誕生はかなりハードルが高いと言えるのではないでしょうか。 まだまだ時間はありますので、今後どのような動きがあるかはわかりませんが、現状は悠仁さまが将来の天皇に一番近い存在と言えそうです。

次の