中学生 タブレット おすすめ。 小学生タブレット学習おすすめ

中学生が使うスマホのおすすめ機種はどれがいいですか。

中学生 タブレット おすすめ

小学生のタブレット学習を比較し、おすすめをご紹介しています。 「小学生のうちから塾に通わせるのはまだ早いかな・・・でも自宅でも何か学習させないと。 学校の宿題だけでは少ないし・・・」 「通信教育、紙も良いけれどタブレット学習ってどうなの?良いのかな?」 「遊んでばかりで家で全然勉強しない・・・」 子供が成長すればそれと共に悩みも増えますが、特に 勉強の悩みは各ご家庭にもあると思います。 2020年には小学校でもタブレット学習がスタートします。 そうしたこともあり、自宅での子供たちの勉強にタブレット学習を検討されているご家庭も多いのでは、と思います。 我が家でも自宅での子供たち(小学生)の学習に紙+タブレット学習を取り入れています。 タブレット学習は各社で飽きさせない工夫もされていますし、今のところ子供たちも成績上位をキープ出来ていますので学習の効果はあると感じています。 小学生の学習におすすめタブレット学習をご紹介しています。 小学生のタブレット学習 おすすめはこの2つ! 小学生のタブレット学習で人気、 おすすめはこの2つとなります。 スマイルゼミ(ジャストシステム)• 進研ゼミ(チャレンジタッチ) いずれも専用のタブレット端末を使用しますので、子供達が勝手にYouTubeを見ていたり、ネットサーフィンをしていたり、といった心配がないのもポイントです。 小学生おすすめタブレット学習 スマイルゼミ スマイルゼミ 特徴 「スマイルゼミ」はソフトウェアメーカー、ジャストシステムが提供しているタブレット学習。 いち早く新学習指導要領に完全対応。 小学生タブレット学習において顧客満足度No. 1! 学習習慣定着 89% 学力向上実感度 93% と評価の高い注目のタブレット学習です。 スマイルゼミは、イード・アワード2018「通信教育」小学生タブレット顧客満足度最優秀賞を受賞しています。 イード・アワード「小学生向け英語教材」でも満足No. 1!を2年連続で受賞しています(2018年、2019年)。 スマイルゼミでは小学1年生から英語、プログラミング講座あり スマイルゼミでは小学1年生から、• プログラミング講座 にも対応しているのも嬉しいですね。 ジャストシステムは、小学校へのデジタル学習の導入に10年以上の実績があります。 小学校の先生にも実際にスマイルゼミを用いて授業を体験してもらい、それを機能追加・改善にも役立てているからこそ、効果の高いタブレット学習につながっています。 スマイルゼミ 口コミ・評判 口コミでも、 「スマイルゼミを始めてから一人で勉強してくれるようになった」 「小学1年から英語に触れることが出来るのは良いと思います」 「親の添削の負担が減って楽になりました。 その分、家事が出来ます」 といったようなものが多く見られます。 「しまじろう」からチャレンジの赤ペン先生、そして小学生になってチャレンジタッチへ進むお子さんも多いのではないでしょうか。 ベネッセのチャレンジタッチは、小学生のタブレット学習で利用者数No. 1!です。 チャレンジタッチ 特徴 チャレンジタッチの大きな特徴は、 「学校のテスト形式に合わせた紙教材、年に数回の筆記式の実力テスト、添削問題などもある」 ということです。 実際に紙に書く学習も併用できるのはチャレンジタッチの特徴です。 親としては文字を書いた方が記憶にも定着するし、文字も上手くなるのでは?といったことを思うこともありますので、こうした併用のタブレット学習もオススメのポイントです。 「Wとき直しシステム」でしっかり間違えた問題に取り組むことが出来ます。 「まなびライブラリー」には名作・伝記・図鑑・子供に人気のシリーズなど電子書籍が約1,000冊!入っていて、いつでも読むことが出来ます。 また、課題提出などで貯まるポイントに応じて、プレゼントがもらえるのも子供たちのやる気を引き出してくれます。 チャレンジタッチは教科書準拠、英語・プログラミングも小学1年生から学ぶことが出来ますよ。 チャレンジタッチは子供を飽きさせない工夫が随所に! ベネッセのチャレンジタッチは小学生のタブレット学習利用者数No. 1!です。 またベネッセは昔から子供の通信教育でも業界トップということで、チャレンジタッチにも随所に子供たちを飽きさせない工夫がなされています。 動きのあるキャラクター、動画、イラスト、写真などが豊富ですし、勉強の合間にミニゲームで楽しむことも出来ます。 まなびライブラリーで本を読むことも出来ますよ。 上手く使えば、月額料金以上の価値を感じられるのではないでしょうか。 チャレンジタッチ 口コミ・評判 チャレンジタッチの口コミ・評判としては、 「子どもが勉強を一人で進められるので助かる」 「ポイントがあるからかもしれないが、思った以上に勉強をしてくれるようになった」 「間違えたところだけを復習できるので、しっかり学習できる」 などがあります。 スマイルゼミもそうですが、タブレット学習は子供が一人で学習を進められますが、勉強をしていると思ったら本を読んでばかりいたり、ミニゲームをやっていたりする可能性はあります。 時々は、どんな学習をしているのか画面を見てあげるなどは必要かなと思います。 チャレンジタッチ 金額・料金 例として、新小学1年生の場合、 月額3,680円(毎月払い) 月額2,980円(12ヶ月一括払い) チャレンジパッド(タブレット端末)に関しては、キャンペーンにより無料となる時期もあります。 キャンペーン以外の時期であっても、6か月以上継続受講いただいた場合は無料となります。 やはり親として気になるのは、勝手にネットサーフィンしてしまわないか?ではないでしょうか。 もちろん、一人で学習に取り組んでくれやすい仕組みがあることも重要ですね。 料金・費用の比較 タブレット学習は塾に通うよりは料金・費用は安いとはいえ、毎月の出費にはなりますからね。 少しでも料金が安く抑えられる方が助かります。 学習内容も比較しつつ、毎月の料金・価格も比較しつつといったことになりますね。 料金・費用に関しては学年でによって異なるタブレット学習が多いです。 学習内容 タブレット学習を比較される際に、最も重要視されるのが学習内容ではないでしょうか。 タブレット学習を提供している各社で、特徴が出る部分でもあります。 学校の学習内容を総合的に勉強できるもの、教科を絞っているものとに分かれます。 小学校低学年であれば、学校の教科を総合的に学習できるタブレット学習、高学年になればやはり苦手な科目などが出てくるお子さんが増えるでしょうから選んで学習したい、といったニーズもあるかもしれませんね。 学習したい内容によって、選ぶことも重要になってくるといえます。 小学校低学年は勉強以外のコンテンツも重要! 学習の習慣がまだ身に付いていない小学校低学年は特に当てはまるのでは、と思うのですが勉強以外のコンテンツも重要です。 勉強に関連したミニゲームであったり、ポイントが貯まって欲しいものと交換出来たり。 そうした勉強以外のコンテンツがあるからこそ、勉強に取り組むというのはやはりあると思います。 ついこの前まで幼稚園だった小学1年生に、 「家庭学習しっかりやらないと、そのうち成績が悪くなるよ」 なんていっても意味がありません。 小学校低学年は学習習慣を身に付けることもとても大切です。 そのために効果的なのは、勉強以外のコンテンツではと思います。 学習の進捗状況などが親も把握しやすいこと 子供が学習に取り組む度に、• 学習した時間• 正答率 などが分かるお知らせサービスなどがあるタブレット学習もあります。 共働きでお子さんがしっかり勉強しているかどうか、あまり関わって見てあげられない場合にはこうしたサービスがあるとご両親も安心ではと思います。 小学生がタブレット学習をするメリット タブレット学習をするメリットには、どういったものがあるでしょうか。 子供のやる気を引き出す工夫が随所にある• 動画、アニメーションで解説があるので、子供も理解しやすい• 自動採点&解説機能があるので1人で勉強を進められる• 紙の通信教育のように、教材や付録がどんどん溜まってしまい困る必要が無い• 学習の進捗を親も把握しやすい• 子供の苦手な部分を解析し、苦手分野を含めたカリキュラムを立ててくれる• 英語、プログラミングも学べるタブレット教材もある• 親が付きっきりで教えなくて良い• 塾だと送迎があって大変だが、タブレット学習は時間的負担が無い といったメリットなどが挙げられます。 学習の状況を親も共有できるシステムのタブレット学習も多いので、サボっていたら分かります。 小学生がタブレット学習をするデメリット 反対に、小学生がタブレット学習をするデメリットとしては、どういったことが考えられるでしょうか。 iPadを使うタブレット学習の場合、気付かぬ間に勉強以外に使っている可能性(YouTube、SNS、ネットサーフィン)• 学習以外の遊び、本のコンテンツも充実している場合、そっちに熱中してしまう• 視力が悪くなる可能性• 字が上手くならない• タブレット学習によっては専用端末の購入が別途必要(お金がかかる)• 答えをすぐ見てしまうので、本当に理解できない可能性• Wi-Fi環境が無いと使えないタブレット学習もあり などが挙げられるでしょうか。 視力が悪くなるのでは?といったことは、タブレット学習に限らず姿勢が悪い状態で勉強したり、本を読むと視力は悪くなります。 タブレット学習だからといった訳ではないので、こうした杞憂に終わるものも多いです。 しかし、初期費用が上がるなどは確かにあるかもしれませんね。 答えも簡単に見れてしまうので、本当に理解できているか親のチェックは定期的に必要かもしれません。 タブレット学習は小学生にも効果はあるの? まず最初に書きたいのですが、タブレット学習への効果に過度な期待を持つのは避けた方が良いかな、といったことです。 小学生のお子さんの学習方法として、タブレット学習を始めようとお考えになった理由・目的がきっとあると思います。 例えば、• 家庭での学習習慣を身に付けて欲しいから• 学校の成績向上のため• 苦手科目の克服のため(授業の補完)• 紙の通信教育よりもタブレットの方が楽しく勉強してくれそうだから• 子供自身がタブレット学習をやってみたい!と言ったので など、ご家庭によってはもっと様々な目的があると思います。 タブレット学習を始めたきっかけを調べてみたところ、意外と子供自身がタブレット学習を希望するケースもあるんですね。 小学校3年、4年といった年齢のお子さんで、勉強するにしても塾は行きたくないな・・・といった気持ちもあるのかもしれません。 小学生1年生、2年生、3年生など学年によっても、学習効果への期待も異なってくるのではないでしょうか。 タブレット学習、月額料金もかかりますし業者によってはタブレット購入費もかかります。 お金を払って学ぶ以上、やはり「成績向上」の効果を期待するのは親としては当然な心理ですよね・・・。 我が家もそうですがタブレット学習を取り入れることによって、以前よりも自発的に勉強するようになった、という効果はやはりあるでしょう。 それに伴って、勉強時間も増えるのですから成績向上の効果も我が家では得られました。 教室でも勉強が出来る子、という扱いになっているらしく、聞かれた時に答えられるようにと、さらに準備、見直しにも積極的になっている姿が見られるようになりました。 もちろん、タブレット学習で利用できるゲームや参加型のイベントなども楽しみのようです。 きちんと学習した後でしたら、そうしたゲームなどをするのは良いですよね。 お子さんによって向き・不向きがあるとは思いますが、タブレット学習が向いている子供にとっては、 「家庭で学習する習慣や、成績向上といった効果はある」 といえるでしょう。 どんな学習方法も、最も大切なのは「子供のやる気!」 タブレット学習もそうですが、どんな学習方法も最も大切なのは「子供のやる気」です。 タブレット学習がどんなお子さんにんも合っている訳ではありません。 紙の通信教育の方が合っていて、成績が伸びるお子さんもいます。 自分で書くことの方が記憶に定着しやすい、というのは確かにあるでしょうし、積み重ねたテキスト量を見て自信に繋がるお子さんもいると思います。 タブレット学習にもメリット・デメリットがそれぞれあります。 実際に体験してみて、お子さんがタブレット学習に合っているようであれば継続、すぐに飽きてしまったり理解が上手く出来ていないようであれば、他の学習方法を試した方が良い可能性はあります。 またタブレット学習の場合、自分専用の端末が手に入った、ということに嬉しさを覚えるお子さんも多いようです。 親がスマホやiPadなどを持っていると、「良いな、自分も欲しいな」と思うものですからね。 上手く活用することが出来れば、タブレット学習は自宅での子供たちの学習に大きな効果を発揮してくれます! 何より、親が付きっきりで勉強を教えないと全然進まない・・・といった悩みがある場合、タブレット学習によって一人で勉強してくれるようになる可能性があります。 小学校低学年の場合には、自宅での学習の習慣をつけることもとっても大切です。 タブレット学習は、塾に通うよりも費用的に負担が少ないといったメリットもありますね。 小学校の間はまだ塾に通わなくても、といったお考えのご家庭もあると思います。 そうした場合にも、タブレット学習は学習効果を発揮してくれると言えるでしょう。 タブレット学習の体験がイオンなどのショッピングモールであると実際に触れて良いのですけれどね。 そうした機会が無い場合、やはり申し込んで実際に触れて体験してみることが大切となります。 ネットで特徴や口コミ・評判をずっと調べていても、結局は「うちの子に合うかどうかは、やってみないと分からない」のですよね。 お得なキャンペーン期間もありますから、そうしたキャンペーンを利用してまずは始めてみられることをオススメしたいと思います。

次の

小学生タブレット学習おすすめランキング!良質で人気のベスト3をチェック!

中学生 タブレット おすすめ

中学生の勉強にタブレット学習は効果的? 解説が分かりやすいから理解に繋がる オンラインを使った学習の一番のメリットは、動画や音声で説明が聞けるという点です。 文字と図だけでは理解しにくい解説も分かりやすく伝わるため、 自分の知識として定着しやすくなります。 1つずつ理解しながら進められるため、苦手分野を取りこぼさず、全体的な学力向上につながります。 自分に合った問題だから無理がない タブレット学習の中には、レベルが選べる教材や自分のレベルに合った問題を出題してくれるサービスもあります。 「問題が易しすぎて向上しない」「難しすぎて解けずに終わる」ということがなく、 丁度良いレベルとペースで着実に成績を伸ばすことが可能です。 苦手な問題は何度でも繰り返し練習ができるため、確実に前進することができます。 効率的に勉強できて無駄がない タブレット学習は 1コマ約10~15分程度で勉強できる教材が多く、毎日効率良く勉強を進めることが出来ます。 時間が短いので集中力ややる気を損なう事なく、自宅での学習時間が苦になりません。 また、動画講義タイプならどこでも閲覧が可能なので、登下校の移動時間などの隙間時間も活用でき、無駄なく勉強が行えます。 部活・習い事との併用も 中学生になれば部活動や習い事が忙しくなり、勉強に時間が取れなかったり、勉強が忙しすぎてやりたい事ができないという葛藤も出てくるものです。 タブレット学習の様に短時間で理解にまで至る勉強法なら、 忙しいスケジュールの合間でも無理なく勉強できるので、好きな事を諦める必要もありません。 受験対策が行えるタブレット学習も 高校受験を考えている人には、受験対策用メニューやコースが用意されているタブレット学習がおすすめです。 勉強の基礎力や応用力、定期テストの対策だけでなく、 受験の傾向を踏まえた出題やより難解な問題もクリアできる解法も学べるなど、入試に役立つ内容が豊富に揃っています。 先を見据えた勉強にも効果的 オンライン学習の中には、中高一貫校に通う学生や、既に目指したい大学があるという中学生にも対応している教材もあります。 成績を伸ばしつつ先を見据えた勉強を行い、問題を解くために必要な 思考力、判断力、表現力といった能力的な部分を養う事もできるため、来る大学受験への備えを無理なく行う事が可能です。 中学生のタブレット学習はどれがおすすめ? 自分に合ったオーダーメイドの内容 タブレット学習の良さを活用し、今やるべき問題や活用できていない内容を自動的に計測し、一人ひとりにピッタリの学習内容を選定します。 間違えた問題も、実施直後とテスト前の2回に渡ってフォローする「W解き直しシステム」で、 苦手を作ることなくしっかり対策することが可能です。 主要科目だけでなく、内申に関わる実技科目も含めた全9教科を学べるので、進学・推薦受験を控える方にもおすすめできます。 授業・テスト・入試と幅広くフォロー 授業対策となる予習・復習はもちろん、定期テスト対策用の問題集も発行され、重要ポイントを逃すことがありません。 しかも、高校受験をする方は 志望校別の対策も料金内で行ってくれるうえ、合格判定模試も実施しています。 また、これから特に必要性がたかまる英語の学習については4技能の自分専用問題が用意され、12段階の習熟度別に無学年式で学ぶことが可能です。 レベル別コースで無理なくステップアップ 中学1年生と2年生は、英語・数学の2科目が学力に応じた2種類のレベル別コースを用意しています。 さらに、中学3年生になると全科目において、志望校のレベル別に3種類のコースを選ぶことができます。 基礎から応用・難問まで幅広いレベルをサポートしているため、 どの学力から開始しても不安がありません。 しかも、受験に対しては志望校合格率97. 8%と高い実績を誇り、着実な学力向上につながることが分かります。 サポートが充実しているから安心 進研ゼミで有名な赤ペン先生の添削はそのままに、さらに担任コーチの学習アドバイスが中学生コースから加わります。 また、 教科アドバイザーに質問できるウェブ機能や、テスト前の電話学習相談も無料で利用でき、サポート面はタブレット学習教材の中でも随一です。 学生だけでなく、保護者のための専用サイトや進路相談電話窓口も設けられ、親子ともに安心できる環境です。 Z会 タブレットでも書く勉強が行える 選択問題に偏りがちなタブレット学習でも、「書く」勉強を大切にして作成されています。 動画・音声といったITならではの良い部分と、紙面の勉強の良い所をあわせ、 より効果的な勉強が行えます。 記述問題などにも対応しているので、文章的な解が必要な設問にも対応できます。 理解してから次のステップへ 自分の理解度に合わせた問題で進められるのは、オンライン学習だからこそできるサービスです。 1歩ずつ確実に実力を上げることが出来るため、効率の良い勉強が毎日続けられます。 流れで進んでしまうということがないので、苦手な問題の克服も着実に行えます。 受験に対応できる勉強力 元々、予備校や受験用参考書で有名なZ会は、多くの受験生を育ててきた経験があります。 勉強がタブレット化してもそのノウハウは活用されており、 志望校合格に向けた対策が自宅でも行えます。 難関高校・大学を目指している人でも、安心して導入できる家庭学習教材です。 担任指導者制で生徒をフォロー タブレットなどを使ったオンライン学習でありながら、担任の先生がサポートするというのが特徴です。 月に1度、メッセージのやり取りで定期面談が行われ、 学習状況に対する意欲や悩みなどをフォローしてくれます。 機械的な操作だけでなく、人の目を使ったケアも行えるのはZ会だけです。 すらら 分かる所まで戻れるから苦手を作らない 難しいと感じる時点でつまづきを残してしまうと、その後の勉強が進められなくなってしまいますが、すららなら何年も先まで遡って復習することが可能です。 分からない部分の基礎に立ち返り、丁寧に勉強できるため、 不安や苦手を作ることなく着実な成績アップにつながります。 苦手な問題は反復して何度も学べるので、しっかり理解して学力を定着させることが可能です。 難易度は理解に合わせて自動調整 コースを選んで勉強の難易度を設定するのではなく、自分の正誤にあわせて難易度が自動的に調整される仕組みです。 今の自分に最適な問題で学ぶことが出来るうえ、レベルアップも図る事ができるので、自然と学力が上がっていきます。 「分かる」「解ける」が蓄積できるため、勉強が苦になることなく、自信をもって取り組めるようになるのも魅力です。 ゲームの様に学べるから続けやすい すららの学習は、「見る」「聞く「話す」「書く」「読む」の手順が豊富に含まれ、ゲーム感覚で飽きることなく勉強できます。 また、脳への刺激が多い分、記憶の定着もしやすいため、 学んだことを忘れにくいのもポイントです。 さらに、ログイン状況や進捗はデータで可視化され、勉強するほど自分のレベルが上がっていく仕組みなので、楽しむ要素も感じながら継続する事ができます。 子供も保護者もコーチがサポート 利用登録をすると専任のすららコーチがつき、自分に最適な学習プランを設計してもらうことができます。 さらに、利用中は保護者の方に適宜メールで聞き取りを行い、勉強や声掛けなど様々なアドバイスを受ける事が可能です。 他の教材と違い、 コーチのフォローは特に保護者に対して重点的に実施するため、見守るだけでは不安なご家庭には特にオススメです。 スタディサプリ テスト平均点20点アップの実力 東京都渋谷区の中学校で行われた実証実験では、 スタディサプリを利用したことでテストの平均点が20点も向上しました。 スタディサプリは、多くの人が成績を上げられた理解につながる講義だと言えます。 講義動画とテキスト・問題集で身につく勉強 スタディサプリで教鞭をとるのは、豊富な指導経験を持つ一流講師です。 分かりやすい講義の動画だけでなく、 全科目にテキストが付属しているため、自分で書きながら理解する勉強も行えます。 また、演習問題集も無料で、理解したかどうかをきちんと確認しながら進められます。 定期テスト対策・受験対策講座が人気 全国の公立中学校で使用される教科書に対応した問題で授業が行われるため、普段の予習や復習が行いやすくなっています。 定期テスト対策では、 得点源になる問題を中心に分かりやすく解説することで、解ける力を養うことが出来ます。 さらに、47都道府県別の高校受験対策講座では、 入試の得点力をアップして合格力をつけるテクニックの解説があり、合格の可能性を高めます。 継続して勉強できるサポートも 今日やるべき勉強が一目でわかる「学習計画」があり、オンラインならではの飽きさせない内容で自然の続けて勉強する習慣が身につきます。 勉強することで得られるコインで、キャラクターの着せ替えや洋服のカスタマイズなどが行え、 ゲームの様に楽しめるのも自己学習が定着する秘訣です。 さらに、保護者様の管理画面では勉強時間や正答率などがいつでも簡単に確認でき、子どもが勉強を進められているのか、いつでもチェックできて安心です。 スマイルゼミ 記述も大切にした問題構成 スマイルゼミは、特に書く事にこだわって作られたタブレット学習で、選択問題だけでなく記述問題も豊富にこなすことができます。 しかも、 自由記述にも対応しているため、解答力を伸ばすことも可能で、より効果的な学習が叶います。 毎日やるべき勉強を提示してくれるオーダーメイド式なので、得意科目は伸ばしつつ、苦手科目もきちんとフォローすることが可能で効率的です。 必要に応じて映像授業も用意 タブレット学習の解説は文字・図・音を使ったものが多い中、スマイルゼミでは必要な部分は講師による映像授業を配信しています。 より一層わかりやすい解説で学ぶことができるため、つまづきにくく、スムーズに理解することが可能です。 また、映像授業では各問題の 解き方や理解方法だけでなく、活用の仕方まで教えてくれるので、プラスの知識が得られます。 ポイントシステムでご褒美機能も スマイルゼミの専用タブレットは、勉強するとポイントが付与され、普通のタブレットとして使用できるようになります。 インターネットの閲覧や動画の視聴、読書、ゲーム、など様々な事に使えるようになるため、 勉強するほど自由な時間も作れる仕組みです。 保護者用サイトから、各端末の時間設定やサービスの利用可否も設定できるため、子供の状況に合わせて管理することもできます。 使いやすい端末でスムーズな学習 専用タブレットの性能や機能が非常に優れており、ノート大の画面と1. 7mmのペンが負担の少ない勉強を実現しました。 しかも、画面に手が触れてもペンを認識する「パームリジェクション機能」が搭載されているため、 勉強中の煩わしさや操作性の不快を感じさせません。 また、端末の重量が約560gと軽めに作られていますので、持ち運びたいというお子さんも安心です。 学研ゼミ 授業・定期テストの対策は5教科に対応 学研のスマートドリルは、教科書に対応した問題によって中学生の基礎~応用まで勉強が可能です。 5教科の勉強ができるドリルは、 1学年あたり約7800問も問題が収録されており、隙間時間でもしっかりと身につきます。 学校の勉強に沿っているので、授業内容の補完だけでなく、定期テスト対策としても活用できます。 勉強が苦手な子にはゲーム感覚のサービスを 中学生になると勉強が難しくなり、苦手意識を持ってしまう子も少なくありません。 そんな子供でもゲームのような感覚で楽しく続けられるのが、学研の「ワンダードリル」です。 RPG仕立てのステージを問題を解きながらクリアしてくため、問題集が苦手という子でも学習習慣が身につき、次第に勉強の楽しさを覚えることができます。 動画を使った分かりやすい解説 解いた問題はその場で採点され、 理解できない問題にも映像と音で丁寧に解説が行われます。 子ども一人では不安な勉強時間も、この解説があれば一人で自主学習を進められます。 さらに、勉強した内容や時間、正答率などが保護者のスマートフォンで確認できる様になっており、継続して勉強できているかをすぐに見られて安心です。 時事問題対策になる新聞も提供 中間・期末テストや私立高校受験では、時事問題の出題が多くなっており、国内外の政治やニュースを理解しておく必要があります。 学研ゼミは朝日学生新聞とのコラボした「学研ジュニア新聞」により、ニュースを中学生にも分かりやすく伝えています。 ニュースに関連する学習内容も併せて勉強できるので、楽しみながら理解を深められる仕組みになっています。 タブレット学習が続かない!?中学生ならではの落とし穴と対策 家庭学習の習慣が継続のカギ! しかし、中学生ごろになると急に勉強が難しくなる事もあり、タブレット学習を導入しても途中でやめてしまう子供もいるのが現状です。 その際、これまでに どれだけ家庭学習の習慣が身についていたかどうかで、子供の継続力が変わります。 タブレット学習は紙媒体の教材に比べ、動画や音声を使って行えるため、膨大な情報量でありながらより理解しやすく継続しやすいという点が教材の特徴です。 少しでも机に向かい、勉強する習慣ができていれば、タブレット学習のメリットを大いに受けて、今まで以上に効率よく効果的な学習が叶います。 勉強の習慣がないなら、とにかく興味のある教材から導入を 学習教材を導入する際、保護者の視点ではどうしても成績や試験結果の向上を期待してしまいます。 結果を求めるのは当然ではありますが、家庭学習の習慣ができていない中学生の場合、 無理に難しい内容や楽しめない教材を導入しても、長続きせず逆効果です。 まずは子供が自主的に勉強することが第一目標になりますので、保護者にとって良さそうな教材よりも、子供自身が「やってみたい」「楽しそう」と思える教材を導入しましょう。 また、子供の興味関心は個々別々で、イラストやキャラクターに魅かれる場合もあれば、ご褒美などの得点に興味を示す場合もあります。 どのような入口であれ、学習習慣をつける事が一番ですので、 教材選びは親子で話し合って行い、できるだけ子供の意見を尊重するようにしましょう。 高難度の教材はタブレットでも続かない タブレット学習に限らず通信教育全般に対して言える事ですが、導入時には各教材の魅力や料金ばかりに目を向けがちで、学習の難易度やレベルについて意識するご家庭はあまり多くありません。 しかし、塾や予備校にレベル別のクラスがあるように、タブレット学習にも教材の難易度があります。 このレベルが子供自身の偏差値と合致していないと、 勉強していてもつまづきばかりが目立ってしまい、継続的な学習に結び付きません。 そのため、タブレット学習を選ぶ時は、どの教材なら子どものレベルに合っているのかも確認した上で、選ぶことが非常に重要です。 偏差値・レベルにあったおすすめタブレット学習 教材を選ぶ時は、 全体の中央値である「偏差値50」を目安にし、今のレベルにあわせて検討しましょう。 偏差値50以下の場合は、基礎から勉強を行う必要がありますので、ベースアップに強みを持っている「」「」「」のような基礎力向上に強い教材がおすすめです。 特に、受験など今以上の目標を持っている場合は高難度にも対応ができる「スマイルゼミ」、曖昧な部分が多く不安が大きいお子さんは無学年式の「すらら」が向いています。 偏差値が50を超えている場合は、ある程度の難易度にも対応できるようになることが大切ですので、「」のような思考力を鍛えながら学ぶ教材が良いでしょう。 教科によって偏差値に偏りがある場合や、得意・不得意に差がある場合は、幅広いレベルに対応できる「」や「」のような教材が最適です。 講師・友達がいないとモチベーションが下がりやすい 通信教育の大きなデメリットは、自宅で使用する教材なので、講師や共に学ぶ友だちがおらず、孤独になりやすいという点です。 小学生の頃まではさほど大きな難点にはなりませんが、思春期を迎える中学生の時期は 家族以外のサポートの有無も、勉強へのモチベーションの大きな要素になります。 また、講師がいないという事は勉強でつまづいたり、解説が分からなかった時に質問できず、苦手や理解不足をそのままにしてしまうリスクも伴います。 自分でどんどんと勉強を進められる学生なら良いですが、 周囲の影響を受けやすい子供の場合は、この穴を埋める体制が整っているかどうかが教材選びにも必要な視点です。 一人でも続けられる中学生向け教材は? このデメリットを解消でき、モチベーションを維持しながら勉強を続けられるのが「」です。 スタディサプリは映像授業型のタブレット学習なので、講師の顔が見えることで、一人で勉強している感覚が少なくなります。 また、中学講座の個別指導コースになると担当コーチがつき、 回数制限なくいつでも質問や相談ができるので、二人三脚でサポートしてもらう事が可能です。 しかも、相談は勉強の疑問点に関する内容だけでなく、勉強法や学校の宿題のやり方、進路・成績への不安など何でも聞けるので、まるで家庭教師がついているかのように感じられます。 また、サポート体制が手厚いことで有名な「」も、おすすめ教材の1つです。 進研ゼミは赤ペン先生の添削で有名ですが、中学講座では担任の赤ペンコーチがつき、学習のアドバイスを行ってくれます。 また、24時間質問できるウェブサービス・教科質問ひろばや、テストお助け電話といったサポートも備えているほか、保護者に向けた進路個別相談ダイヤルも設けており、 タブレット学習の中では特に万全の体制です。 「ながら学習」になりやすい いつでもどこでも勉強ができ、スキマ時間を活用できるのはタブレット学習の魅力ですが、一方で、ながら学習になりやすいという側面も併せ持っています。 テレビを見ながら、ゲームをしながら、リビングでくつろぎながら・・・と、集中しづらい環境でも取り組むことができてしまうのです。 集中力を欠く環境で勉強をしても、内容が頭に入ってこないため、 無駄な学習時間を過ごしてしまう恐れがあります。 生活の中に家庭学習の時間を確保して 誘惑の多い自宅の中だからこそ、家庭学習を行う時はしっかりと時間を確保して、集中できる環境を作る事が大切です。 「学校から帰ったら1時間」「夕食の前に30分」など 勉強をルーティンワークにして、タブレット学習を効果的に使うようにしましょう。 また、タブレット学習は1単元あたりにかかる時間が短く、就寝前や起床後などでも勉強しやすいため、生活スタイルの中で自分が続けやすい方法で取り入れることが大切です。 こんな中学生にはタブレット学習が向いている! 習い事・部活を頑張っている 部活動や学校外での習い事に多くの時間を割いている人は、自宅に帰ってからなかなか勉強時間を確保するのが難しいものです。 タブレット学習は、 1回につき15~30分程度で勉強することができるため、効率良く家庭学習を進めることができます。 1日に多くの勉強時間を取れなくても、しっかりとステップアップすることができるので、習い事や部活を頑張っている中学生にもおすすめです。 また、タブレット学習はオフライン状態でも勉強できる教材が多く、移動時間や待ち時間がある時に 自宅外で勉強することもできるため、時間を無駄にすることがありません。 勉強があまり得意ではない すでに勉強に対して苦手意識を持っていたり、成績や偏差値が低くて悩んでいる人は、紙教材よりもタブレット学習の方が適している可能性があります。 中学生向けのタブレット学習でも、ゲームのように 楽しみながら学べる要素がふんだんに取り入れられているため、教科書や問題集よりも興味を持って勉強することが可能です。 また、学習時間や正答率などが瞬時にデータとして見える化される事で、 達成感や向上意欲を刺激します。 音声や動きを使った解説は文字だけの説明よりも理解しやすく、「できない」「分からない」という負のスパイラルが発生するのを防ぎ、着実な学力アップに結び付くのです。 机に向かってもなかなか集中できない 勉強しようと思ってもなかなか集中できない人は、「全教科の復習をしないとならない」「1時間は勉強しないといけない」など 目標を高く設定しすぎる傾向にあります。 もちろん勉強は量も大切ですが、集中できずに時間だけが過ぎてしまうのは、最も非効率的な時間の使い方です。 集中できない時は最初から高い目標に向かうのではなく、「数学を1単元だけやる」「15分だけ集中する」などスモールステップで進めてみましょう。 タブレット学習は、 1回あたりの勉強に時間がかからないので、集中力の低い人でも取り組みやすくなっています。 また、今日やっておきたい勉強やスケジュールが明確に提示されるので、目標を見失うこともなく勉強しやすいでしょう。 何の勉強から手を付けて良いか分からない いざ勉強をはじめようと思っても、「予習をすれば良いのか、復習の方が良いのか」「どのページからスタートすれば良いのか」など様々な悩みが出てしまい、結局勉強するのが面倒になってしまうというケースが少なくありません。 これまでに 家庭学習の習慣が身についていない中学生に多いパターンですが、そのままの状態を続けてしまうと勉強についていけなくなり、成績は下落する一方です。 この状況を打開するためには、計画立てて毎日勉強することが大切ですが、タブレット学習がとても役立ちます。 タブレット学習は、 毎日の勉強を自動的にスケジューリングしてくれるので、今日何を学んだら良いのかを自分で考える必要がありません。 教科書に準拠している教材なら、学校の勉強にあわせて計画を立ててくれるので、復習や予習に活用することも可能です。 さらに、体調不良や急な予定など様々な事情で勉強の計画に遅れが生じてしまった場合も、スケジュールを立て直してくれるので、迷わずに今日の勉強に取り組むことができます。 問題集の解説で理解できない事が多い 問題集や参考書などの紙媒体の教材を使っている場合、文字と図でしか説明できないので、問題の解説を読んでも理解できないという事がよくあります。 家庭学習の場合、中学生レベルになると保護者がフォローできない教科も増えてくるので、より丁寧な解説をする教材が必要です。 タブレット学習は、 文字と図だけでなく音声や動画を使った解説も行えるので、より分かりやすい説明が行えます。 特に、数学や理科のような教科の場合、動きを使った解説がないと分かりづらい単元も多いため、デジタルでの学習が効果的です。 しかも、解説を見ても分からない箇所は、 オンラインで講師に質問できる教材も多いので、つまづきを残すことがありません。

次の

タブレットで勉強できる中学生へおすすめの通信教育8選

中学生 タブレット おすすめ

中学生のタブレット通信教育メリット• 学習塾のように通わなくていいので「時間効率」が大幅にアップする。 映像授業があるので過去のつまずきが解消しやすく「勉強効率」がアップする。 経費が学習塾の半分以下で抑えられることが多く「費用対効果」が改善される。 タブレットは機動性に優れ場所を選ばず勉強できる。 時間の制約がないため週末など時間の概念がない。 「e-ラーニングシステム(相互学習)」によって子供の弱みなどが浮き彫りになる。 テスト結果がすぐにわかるので即その場で対策が打てる。 主にこのようなメリットがあることで、多くの家庭が利用を始めているのが現状です。 全ての面において効率アップする勉強方法のため、今後の高校受験対策の主流になるといわれています。 中学生におすすめのタブレット通信教育 すべて実際に体験してみて、詳しく知った上でのピックアップとなります。 私が体験してみてわかったことは、いかに子供が「つまずく」ことのないシステムか。 このような通信教育は、 子供がひとりで取り組みながら勉強することになります。 まずもって続けることのできる教材はどれか?に重点を置いてお伝えしていきます。 イチオシ!「次世代対話型授業すらら」 株式会社すららネット 「授業のシステム」講師と会話しているような感覚の、対話型の新しいスタイル。 「苦手対策」苦手な分野が一覧表示されて、一目でわかりやすい「つまずきシステム」。 月謝¥8,000~ ~「次世代対話型授業すらら」とは~ この「次世代対話型授業すらら」の特長は、アニメ授業とはいえ本当に講師が1対1で個別指導してくれているような感覚の授業が行われることです。 ときにはいきなり質問されて答えたり、やる気を起こさせる元気のいい声を掛けてくれます。 もうひとつの最大の特長としては、 「つまずき防止システム」が組み込まれていること。 授業後のまとめテストなどで間違ったところが全て蓄積されて、苦手が一覧になってわかる機能です。 中学校などにも実際に導入されているe-ラーニングシステムで、子供の弱みなど高校入試へ向けて知っておきたいことがデータとして把握することができます。 またスマートプロケッターという製図機能があり、道具を持ち運ぶ必要がないのも特徴のひとつ。 コンパス・三角定規・分度器がタブレット内で操作でき、こういった便利な授業がたくさん入っている通信教育です。 タブレットひとつあればどこでも勉強ができるので、すべての面において効率アップが図れます。 「苦手対策」間違ったところや学習進度がデータでわかる「管理システム」。 月謝¥4,000 ~「通信教育デキタス」とは~ 城南予備校やコベッツで有名な塾の通信教育で、あっさりとした授業が特長です。 ゆっくりとした説明とともに、ポイントを絞った内容で簡潔に勉強ができます。 子供がつまずかないように、様々なデータによる「管理システム」で立ち止まることがないです。 苦手だけのテストを作ることができたりと、子供ひとりの勉強にはかなり役立ちます。 「苦手対策」定期テスト対策モードで、集中して苦手を潰すことができる。 苦手対策には 「定期テスト対策モード」によって、苦手な分野を徹底的に勉強できます。 とくにテストでの偏差値アップを狙うには、かなり効果のある通信教育です。 「苦手対策」自由に質問できることと、ペンタブレットによる感覚でわかる授業。 月謝¥11,000~ ~「インターネット家庭教師ネッティ」とは~ 家庭教師ノーバスが運営しているネット部門です。 中学生のタブレットを使った通信教育でも数少ない、家庭教師でのマンツーマンスタイルです。 パソコンを使ったスカイプが標準なスタイルですが、タブレットでもスカイプはできます。 家庭教師なので苦手対策をするための塾で、自由な内容で勉強に取り組むことができます。 講師との対話があることで、子供ひとりでも勉強につまずくことはありません。 障害を持つ子供にも対応している家庭教師は、このインターネット家庭教師ネッティだけです。 「苦手対策」プロセスまで教えてくれる添削指導で、曖昧なところも身につく。 月謝¥2,560~ ~「Z会の通信教育」とは~ 昔から有名な学習塾Z会が運営するインターネット部門で、高いレベルの学習ができます。 授業の長さは単元によって違い、長くても30分以内にポイントがまとめられています。 Z会と言えば添削指導が定番ですが、この通信教育でも詳しく指導を受けることができます。 プロセスまで教わることで、 「なんとなくこの答え」という曖昧さを克服できます。 「苦手対策」蓄積されたデータや、定期テストコースなどで自由に問題が作れる。 月謝¥5,980 ~「スマイルゼミ」とは~ 日本語入力ソフトなどを提供している会社が運営しており、とくにシステムが優れています。 授業そのものはありませんが、ドリルの答えを直接タブレットに記入して答えることができます。 図形問題などの3次元的な問題などは、奥行きがわかって紙媒体よりも理解しやすくなっています。 子供が 本能で勉強ができることで、余計な頭を使わなくて済むシステムなのが特長です。 定期テスト対策に自由に問題を作成できたり、様々なデータから苦手をクリアにすることができます。 「苦手対策」チューターによるサポートで、簡易的な家庭教師として相談ができる。 月謝¥8,640~ ~「インターネット学習塾ショウイン」とは~ ショウイン塾が運営するインターネット部門で、チューターによるサポートが特長です。 授業そのものはありませんが、テンポのいいドリルをクリアしながら勉強を進めることができます。 勉強の計画や間違ったところなどが蓄積されて、わかりやすいデータから苦手を知ることができます。 それでも相談したいところについては、チューターの日にまとめて聞くことで理解ができます。 それぞれに特長がありますが、見るべきポイントとしては「苦手対策」がいちばん大切です。 いずれも「e-ラーニングシステム」が使われているため苦手の把握はできますが、それぞれに機能の活かし方というのは違っているものです。 このような通信教育の弱点は、「与えたから安心」という親の考え方にあります。 通信教育が続かなくなってしまう理由として、「子供のつまずき」がいちばん多いと言われます。 子供は「つまずいて」しまうと、勉強がイヤになって通信教育も続かなくなってしまいます。 せっかく与えたのに、これでは何の意味もなくなってしまうということをお考えになってください。 そうならないためにも、きちんとした「苦手対策」が講じられている通信教育を選ぶ必要があります。 子供がひとりで取り組む勉強方法ですので、いかに「つまずき」を回避できるかがポイントです。 つまずくことがなければ、子供は勉強を進めることができます。 人気記事.

次の