バーチャルコネクト。 当社製Wi

IPv6(IPoE)のまとめ、乱立する「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」を比較する

バーチャルコネクト

今だからのスペックとは? 何はともあれルーター 先日「」という記事を書いた時に、ひかり電話を契約していた場合、下り1Gbpsの速度がでるのか? という疑問を提起した。 実際NTTに確認したわけではないのだが、最近のひかり電話対応ルーターやホームゲートウェイでは、どうも下り1Gbpsを達成できそうだという情報をキャッチした。 なので無理矢理ひかり電話を解約しなくても何とかなりそうな事はわかったのだが、間に中継機器としてひかり電話対応ルーターを入れなければならない事は間違いがないようで、結果として通信回線速度に影響が出てしまう可能性が否定できない事も判明した。 なので、使っていないのならこの際ひかり電話はやりは解約した方がいい、という結論になりそうである。 ま、月々500円とは言え、ムダになっている事は間違いないので、解約する事でその分も安くできそうな感じではある。 で、問題はひかり電話を解約しようがしまいが、やはりルーターは買替えた方が良い、もしくはレンタルするルーターを変えた方がよい事は間違いのない話になるわけで、その後、乗り換えるルーターは何が良いかをずっと考えている。 私は今までNECのAtermシリーズを使ってきているのだが、ここ最近はどうもAtermの評判が宜しくない。 無線LANがすぐに途切れるという報告が随所で聞かれるのである。 私は無線LANは補助的なものとしてしか使っていないので、あまり重要なものとして捉えていないのだが、最近無線LANで接続する機器が多い事は間違いがなく、ここに問題があるというのは、よろしくない、という結論に至らざるを得ない。 無線LANが途切れるが何なのかはまだ詳しくは調べていないが、最近の動向などを見て回ると、そろそろAtermから離れてみても良いかも知れない、と思い始めた。 そして、今までの通信環境設備の流れを見てみると、一度セットした機器を数年にわたって交換もせず、使いづける傾向がある事から、今後回線がいろいろと進化した時にもある程度対応できるルーターの方が良いのではないか? という思いが出てきた。 実際、今のルーターを使い続けて、そろそろ10年近くになる。 それだけの長期に渡って見直さないのだから、今回の見直し後も長期にわたってルーターを使い続ける事は間違いない。 そこで、今の環境で必要なスペックに合せて、今後数年間を先取りしたスペックが必要と判断した。 先取りスペック では先取りしたスペックとはどういったものか? 具体的には、有線では10Gbpsを視野に入れ、無線ではWi-Fi6を視野に入れるような感じである。 NURO光は、最大10Gbpsの光回線プランだが、10Gbpsで通信できるエリアは相当に限られる。 しかし2. 5GHzの通信エリアは結構広く、拡大傾向にある。 私の地域はそもそもNURO光の提供範囲ですらないが、今後通信速度がいかなる形であっても上昇する可能性は考えらられるワケで、それならば今のウチから10Gbpsは視野に入れておいた方がよい、というのは間違いのない製品選びの方針になりそうである。 無線LANは、具体的には受ける側の機器が複数のチャンネルで通信する機能を内包しない事には速度が上昇する事はないので、有線よりはその進化は緩やかになる可能性はある。 しかし、スマホは3年に一度くらいの頻度で買替える可能性がある事を考えると、それらはカンタンに対応していく可能性がある。 なので最近規格が確定したWi-Fi6は検討しなければならないだろうし、とりあえずそこさえ押さえておけば困る事はないと考えた。 で、これらの条件を満たす事のできる製品があるのか? といろいろ調べて見たら、やはり有線10GbpsのWAN対応機器というのはほぼ見かけない。 正確に言うと一つ見つけたのだが、これを選択すべきかどうか、実に悩ましい。 その見つけたルーターというのが、先日も「」として紹介した、Buffaloの「」という機器。 正直、これしか選択肢が見当たらなかったのである。 しかもこの「」は、Wi-Fi6にも対応した最新ルーターでもある。 現時点で考えられる最強の無線LANルーターと言えるかもしれない。 IPv6を視野に入れる 価格的には3万円を超えるルーターなので、普通の人からすれば正気の沙汰ではない、と思われるかもしれないが、YAMAHAのルーター「RTX830」とかは普通に4万円以上したりするので、性能で考えると「」は安い方とも言える。 結局のところ、有線で10Gbpsの対応を検討するかしないかで、選択肢が変わるのだが「」の良い所は、初期のファームウェアでOCNバーチャルコネクトに対応しているので、私の契約プロバイダDTIが提供しているIPv6サービスに完全対応しているという強みもある。 そうした総合面で考えると、購入機器は「 」が最適なのかもしれない。 特に、速度を出そうと考えると、IPv6、しかも方式としてIPoEによる接続は、ここのところのトレンドでもある。 プロバイダで提供スタイルが異なったりするので、製品的に何を選べば良いかは各自で調べて貰うしかないのだが、少なくともDTIは現時点でIPoE接続を頼むと、OCNバーチャルコネクトによる接続となるため、これに対応したルーターが必須となる。 なので私が今まで使っていたAtermシリーズの最上級機種「Aterm WG2600HP3」も対応しているだろう、と調べてみたら、不思議な事にまだOCNバーチャルコネクト対応になっていなかったのである。 何故かその下位機種になる「Aterm WG1200HS3」は対応しているようだが…何故上位機種は未対応なのかが今一つわからない。 というわけで、いろいろ調べて行くと、いよいよもって「」以外の選択肢が見当たらなくなってきて、これはもうコイツを選ぶしかないのかな? と思い始めている。 とりあえず、「」を購入するコトを前提としたとしても、まずは実機を見てみたい。 そう考え、12月30日に東京に出る予定があるので、その時に実機を見てきたいと思っている。 なんかもう、調べれば調べるほどわからない事が浮上し、また導入すべきハードウェアが見えなくなっている。 もう少し情報は収集しないといけないのかもしれない。 武上 18歳の時、人生の最大の選択ミスをしてしまい、いきついた場所として山梨県人となる。 その後、建設業に身を投じたが、結局自分の性格と合わない事を理由に上京。 上京後、世間で話題になりつつあったアニメ・ゲーム業界の人間となり、コンテンツ業界を含む数々の著名人と同じ土俵でマルチメディアなる仕事をする。 知られざる世界の、その氷山の全体像を十分すぎるほど見た後、家庭の事情で再び山梨へと帰還。 しかし、この帰還もやはり人生の選択ミスだったかもしれないなぁ…と最近思い始めた今日この頃。 今は地元の精密部品製造会社の営業管理という地味な職につき、いつか再びやってくるだろう夢を信じて隠者的生活を送っている…ハズだったのだが、またしても家庭の事情で運命は波乱の様相を見せ始めた。 連絡先:takegami@angel-halo. com @を小文字にしてください アーカイブ•

次の

OCNバーチャルコネクトサービス対応機能

バーチャルコネクト

\ 月額2,980円から使える!/ auスマホセット割対応 「IPv4」通信と「IPv6」通信の違い インターネットでは「通信方式」が決まっている インターネットを使って通信するためには、通信の規格がきまっています。 現在の規格は「IPv4」と「IPv6」があり、「IPv4」は古い 従来の 規格、「IPv6」は新しい これからの 規格です。 「IPv4」通信とは 「IPv4」規格によって通信する場合、「IPv4」規格に対応したサービス・サイトのみ利用できます。 現在では、インターネット上の ほとんどのサイト・サービスが「IPv4」にしか対応していません。 「IPv6」通信とは 「IPv6」規格によって通信する場合、「IPv6」規格に対応したサービス・サイトのみ利用できます。 Google関連やFacebook・Twitter・Instagramなどの特に大きなサイト・サービスは 「IPv4」と同時に「IPv6」にも対応しています。 時代はIPv6通信へ また、「IPv4」でも「IPv6」でも通信するためにはアドレス 住所 が必要です。 現在はインターネットの普及により、このアドレスが枯渇しかけている問題があります。 よって、世の中の流れとしては「IPv4からIPv6へ!」と流れていますが、ここまで普及してしまった「IPv4」のサイトやサービスはなかなか「IPv6」へ移行できていないのが現状です。 しかし、時間はかかっても確実に「IPv4からIPv6へ!」という流れは進んでいます。 だけど「IPv6」通信の問題点 GoogleやFacebookなど、とても大きなサイト・サービスは「IPv4」規格にも「IPv6」規格にも対応しているので、あなたの環境が「IPv4」規格でも「IPv6」規格でも利用することができます。 ですが、世の中の多くのサイトやサービスは、まだまだ「IPv4」規格にしか対応していません。 あなたの環境が「IPv6」規格である場合、「IPv4」規格のサイトは見れない・利用できないことになってしまいます。 「PPPoE」認証と「IPoE」認証の違い インターネットに接続するには「認証」が必要 プロバイダーを経由してインターネットへ接続するためには「認証」が必要です。 「あなたがあなたであること」を確認するため、そして「インターネット上の誰かがあなたのフリをしてあなたのパソコンに入り込まない」ようにするために、プロバイダーを経由してインターネットへ接続するためには「認証」が必要です。 「認証」はプロバイダーとインターネットの接続地点で行われます。 あなたがネットを利用する最初だけ認証されるのではなく、あなたのインターネット通信のすべてで認証行為が行われています。 「PPPoE」認証とは 「PPPoE」認証は負荷が高い とても大変 「PPPoE」認証とは古い、だけど現在もっとも普及している認証方式です。 認証の仕組みは単純ですが認証する機器 認証サーバー には 大きな負担がかかる認証方式です。 なぜ「PPPoE認証」は負荷が高いのか? 「PPPoE認証」は「ユーザーID」と「パスワード」で認証を行います。 この認証行為はフレッツ光網とインターネットの接続点 回線終端 で行われます。 認証はすべての通信で行われますが、回線終端での認証のたびに通信の「ユーザーID」と「パスワード」を認証サーバーへ問い合わせなければなりません。 これは大変なんです。 なぜ「PPPoE認証」は混雑するか? 回線終端で行われる「PPPoE認証」では同時に認証 認証サーバーへの問い合わせ ができる「同時実行数」に限りがあります。 通信量が増えてきて「同時実行数」が限界を超えると、認証待ちの通信が待たされてしまいます。 これが、「PPPoE認証は混雑しやすい」「PPPoE認証は遅くなる」という原因です。 なお、これは「PPPoE認証」の特性であり、たとえIPv6による通信であっても「PPPoE認証」であれば、同様に「混雑しやすい」「遅くなりやすい」となります。 「IPoE」認証とは 「IPoE」認証は負荷が軽い とても楽 「IPoE」認証とは新しい、IPv6規格でのみ利用できる認証方式です。 「IPoE認証」では「PPPoE認証」のような「ユーザーiD」と「パスワード」による認証を行いません。 なぜ「IPoE認証」は負荷が軽いのか? 「IPoE認証」はIPv6規格でのみ利用できる認証方式です。 そして、フレッツ光でIPv6を利用するためには 「フレッツV6オプション」を申請しなければなりません。 この申請を行う事で、フレッツ光網へIPoE認証による接続をした利用者の ルーターは「認証済み」となります。 よって、IPoE認証では通信のたびに 「ユーザーID」と「パスワード」で認証する必要がありません。 なお、IPv6であっても「PPPoE認証」を行う「IPv6 PPPoE 」通信方式の場合は、従来通り回線終端での「ユーザーID」と「パスワード」で認証されることになります。 なぜ「IPoE認証」は混雑しないのか? このように、「IPoE認証」では利用者の「フレッツV6オプション申請」に基づき、 利用者のルーターを承認済みとすることで、 通信ごとの認証行為を行いません。 このように、「IPoE認証」では、 通信自体を事前認証することで、通信の混雑の原因となり速度低下の原因ともなっている 「回線終端での認証」を迂回するのです。 インターネットと通信・認証の仕組み「通信方式」 「通信規格」と「認証方式」 このように、インターネットを利用するためには 「通信の規格」と「認証」が必要です。 「通信の規格」には「IPv4規格」と「IPv6規格」があります。 「認証方式」には「PPPoE認証」と「IPoE認証があります。 この「通信規格」と「認証」の組み合わせを「通信方式」と言い、以下の3通りがあります。 IPv4 PPPoE• IPv6 PPPoE• IPv6 IPoE 通信規格と認証方式の組み合わせ 「PPPoE」認証方式は「IPv4」規格でも「IPv6」規格でも利用されている認証方式です。 「IPoE」認証方式は「IPv6」規格でのみ利用可能な認証方式です。 つまり、通信規格と認証方式の組み合わせとして、ネット上では以下のように表記される場合があります。 通信方式と認証方式の組み合わせは、ご利用のプロバイダーの仕組みよりかわります。 「IPv6 IPoE 」通信方式の問題点 これを見ると、より快適にネットを使うためには「IPv6 IPoE 」通信方式が良いように見えます。 「IPv6 IPoE 」通信方式は、通信規格は「IPv6」で認証方式は「IPoE」の組み合わせです。 たしかに「IPv6 IPoE 」通信方式は、3つある通信方式の中で もっとも速くインターネット通信を行うことができる通信方式です。 しかし、「IPv6 IPoE 」通信方式は通信規格が「IPv6」であるため、 IPv6対応のサイト・サービスしか利用できない通信です。 現在の多くのサイト・サービスはまだまだ「IPv4」規格なので、「IPv6 IPoE 」通信方式では利用できない、という問題があります。 「IPv4 over IPv6」通信技術 「IPv6 IPoE 」通信方式のメリットとデメリット 「IPv6 IPoE 」通信方式のメリット ネットを快適につかうためには「IPv6 IPoE 」通信方式が良いように見えます。 「IPoE」認証は認証のための仕組みがシンプル・確実であり、認証サーバーでの都度認証をおこないません。 このため、「IPoE」認証による通信は混雑しにくい、通信速度の速い通信が期待できます。 「IPv6 IPoE 」通信方式のデメリット ですが、 IPoE認証はIPv6規格での通信のみ利用可能な認証方式です。 現在はまだまだ多くのサイト・サービスがiPV4規格にしか対応できていません。 このため、IPv6規格でIPoE認証を使った「IPv6 IPoE 」通信方式では 「IPv4サイトが見れない・利用できない」というデメリットがあります。 IPv4 over IPv6の仕組み 「IPv6 IPoE 」通信方式の「IPv4サイトが見れない・利用できない」という デメリットを解決するための技術が「IPv4 over IPv6」という技術 考え方 です。 「IPv4 over IPv6」技術 考え方 は、「IPv4の通信をIPv6通信のフリをしてしまえ!」という考え方です。 IPv6対応サイト利用時は、IPv6規格のままサイト・サービスを利用します。 IPv4対応サイト利用時は、認証まではIPv6規格「IPv6 IPoE 」で行い、認証後の通信はIPv4規格に変換してしまうことで、 認証は「IPv6 IPoE 」通信は「IPv4規格」ということができてしまいます。 IPv4でIPv6のフリをする技術 「IPv4通信でIPv6通信のフリをする」を実現するための技術は大きく2つあります。 一つ目は「認証後」にIPv6からIPv4へ通信規格を変換する方法です。 二つ目はIPv4通信の場合 IPv4サイト利用の場合 はIPv4規格の通信パケットをIPv6規格で包んでしまい、「認証後」に包んでいるIPv6規格を取り除く方法です。 包んでいる 外側 のIPv6規格を取り外すことで認証後の通信規格はIPv4規格となり、IPv4サイトを利用できるようになります。 この記事では具体的な「IPv4通信でIPv6通信のフリをする技術」については詳しい説明は省きます。 技術的な詳しい情報はこちらの記事を参考にしてみてください。 IPv4 over IPv6通信技術のメリット IPv6通信でもIPv4サイトが見れる このように「IPv4 over IPv6」技術によって、「IPv4通信でも 認証までは IPv6通信のフリをする」ことで「IPv6環境でもIPv4サイトを見る・利用することができる」ようになります。 IPv6通信なら混雑の少ない「IPoE」認証が利用できる そして、あなたの環境 自宅 とプロバイダーの認証サーバーの間をIPv6通信できれば、認証の混雑が少なく高速・快適な通信が期待できる「IPoE認証」が利用できるようになります。 つまり「IPv4 over IPv6」技術を「IPv6 IPoE 」通信方式で使うことで、「IPv6サイトもIPv4サイトも混雑の少ない高速・快適な環境になる」となります。 「IPv4 over IPv6」と「IPv6 IPoE 」の組み合わせで快適ネット環境 このように、 「IPv4 over IPv6」の技術 考え方 を「IPv6 IPoE 」通信方式で利用することで、IPv6サイトもIPv4サイトも混雑の少ない高速通信ができる「IPoE認証」で通信できるようになります。 この「IPv4 over IPv6」と「IPv6 IPoE 」の組み合わせが、ネットの通信速度を高速化するサービスとして提供されています。 この サービスこそが「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」などのサービスというわけです。 ここまでのまとめ:通信規格・認証方式・通信技術 通信規格 インターネット通信の規格には「IPv4」と「IPv6」の2つがあります。 「IPv4」規格は古い 従来 の規格、「IPv6」規格は新しい これからの 規格です。 認証方式 プロバイダーとインターネットの接続地点ではすべての通信で「認証」が必要です。 認証方式には「PPPoE」認証方式と「IPoE」認証方式があります。 「PPPoE」認証方式は古い 従来 の認証方式で、プロバイダーの認証の仕組み 認証サーバー に大きな負荷・混雑がかかるため、 通信速度が低下します。 「IPoE」認証方式は新しい これからの 認証方式で、プロバイダーの認証の仕組み 認証サーバー を使わないため、 高速な通信が期待できます。 通信方式 「PPPoE」認証は「IPv4」規格でも「IPv6」規格でも利用できる認証方式です。 「IPoE」認証方式は「IPv6」規格でのみ利用できる認証方式です。 そのため、「通信規格」と「認証方式」の組み合わせとして、以下の3つの通信方式があります。 IPv4 PPPoE 通信方式• IPv6 PPPoE 通信方式• IPv6 IPoE 通信方式 「IPv6 IPoE 」通信方式はもっとも高速な通信が期待できますが、通信環境がIPv6規格であるため IPv4対応サイト・サービスを利用することができません。 IPv4 over IPv6通信技術 「IPv4 over IPv6」通信技術は「IPv4通信でも 認証までは IPv6通信のフリをする」ことを実現する仕組みです。 IPv6サイト・サービスの利用時にはIPv6で通信し、IPv4サイト・サービスを利用する時には 「認証まではIPv6、認証後はIPv4」という通信ができてしまいます。 この 「IPv4 over IPv6」通信技術を「IPv6 IPoE 」通信方式で利用することで、IPv4サイトを見る・利用する場合でも混雑の少ない高速な「IPoE認証」を利用することができるようになります。 「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」などのサービスがあります。 フレッツ光の高速通信方式 フレッツ光の問題点 フレッツ光では現在大きな速度低下の問題があります。 特に夜間になると、大きく通信速度が低下し「動画が見れない・止まる」などの現象が起こっています。 これは、スマホの普及と動画サービスや映像・音楽配信サービスの普及によってインターネットが非常に混雑してきている状況に加え、フレッツ光の多くのプロバイダーが認証方式に「PPPoE認証」を使っているためです。 問題点を回避する高速通信方式 このフレッツ光の夜間の速度低下の問題を解決できる技術が「IPv4 over IPv6」と「IPv6 IPoE 」を組み合わせた高速通信方式です。 高速通信方式は現在5つあります。 v6プラス 「v6プラス」は日本ネットワークイネイブラー社 JPNE が開発し、多くのフレッツ光コラボのプロバイダーへOEM提供されています。 現在もっとも普及している高速通信方式なので、情報も豊富だし対応ルーターも多いです。 IPv6オプション 「IPv6オプション」は大手プロバイダーBIGLOBEが独自開発した高速通信方式で、「v6プラス」互換です。 BIGLOBE光やBIGLOBEのドコモ光など、BIGLOBE内でのみ利用されています。 対応ルーターは「v6プラス」用のものがそのまま利用可能です。 Transix 「Transix」はIIJ系列の「インターネット・マルチフィールド社」が開発・提供している高速通信方式です。 自社サービスのIIJ光でサービス提供しているほか、他社フレッツ光コラボのプロバイダーへもOEM提供されています。 ネット上では「DS-Lite」と記載される場合もありますが、同じものです。 「Transix」はサービス名称、「DS-Lite」はサービスの基になっている技術規格の名称です。 ソフトバンク系列の「ソフトバンク光」や「Yahoo! BB光」で利用されている「IPv4 over IPv6」+「IPv6 IPoE 」のサービスです。 ソフトバンク系列以外のフレッツ光コラボへはサービス提供されていません。 そのため、対応ルーターは市販されておらず、オプションサービスの「光BBユニット」が対応ルーターとなります。 OCNバーチャルコネクト 大手通信キャリア「OCN」を運用しているNTTコミュニケーションズが開発・提供している高速通信方式が「OCNバーチャルコネクト」です。 「IPv4 over IPv6」+「IPv6 IPoE 」の技術です。 「OCNバーチャルコネクト」は比較的新しいサービスで、OCN光以外にもNTT系列のぷららやDTI光などでサービス提供されています。 「OCNバーチャルコネクト」を利用する場合の注意点は対応ルーター選びです。 比較的新しいサービスなので、「OCNバーチャルコネクト」対応しているかどうかの確認が必要ですね。 OCN光 ぷらら光 「ぷららV6エクスプレス」として提供中 ドコモ光 OCN OCNが提供するドコモ光サービス ドコモ光 ぷらら光 ぷららが提供するドコモ光サービス DTI光 DTI ドリームトレインインターネット が提供 フレッツ光を快適につかうためのまとめ 高速通信方式はもはや必需品 フレッツ光は夜間になると急激に通信速度が遅くなり「動画が見れない・止まる」という現象が発生しています。 これはスマホの普及と動画サービスや映像・音楽配信サービスの普及によって、フレッツ光とプロバイダーの接続地点での認証が混雑しているからです。 この「認証の混雑」を解消し、かつIPv4サイトもIPv6サイトもどちらも見れる・使える、というサービスが「高速通信方式」です。 表記にだまされるな 「IPv6 IPoE 」だけでは速いけど使えない プロバイダーの広告で 「IPv6 IPoE 」だから速い!という広告も見られますが、 これには注意が必要です。 たしかに「IPv6 IPoE 」であれば、フレッツ光の混雑の原因である「PPPoE認証」ではなく「IPoE認証」が使えることで速度低下を回避することができます。 ただし、この「IPv6 IPoE 」だけでは 「IPv6対応サイトだけしか見れない・利用できない」というサービスになっています。 「IPv6 IPoE 」と「IPv4 PPPoE 」のプロバイダーも・・ フレッツ光は 標準で2セッション 2つの通信 が可能なので、 「IPv6サイトはIPv6 IPoE で通信」「IPv4サイトはIPv4 PPPoE で通信」ということができてしまうんです。 この場合「IPv6 IPoE 」だけは速くなりますが、肝心の「IPv4 PPPoE 」は遅いままです。 つまり、IPv4サイト・サービスの利用では遅いまま、となります。 通信方式だけではなくサービス対応状況を確認 「IPv4通信でもIPv6通信のフリをする」という「IPv4 over IPv6」と「IPv6 IPoE 」をセットにしたサービスを提供しているプロバイダーを選ばないといけません。 この「IPv4 over IPv6」と「IPv6 IPoE 」をセットにしたサービスが「v6プラス」「Transix」「OCNバーチャルコネクト」などです。 フレッツ光のプロバイダーを選ぶ場合には「IPv6 IPoE 対応!」だけでなく、さらに「IPv4 over IPv6」にも対応しているかを確認しましょう。 高速通信方式対応プロバイダーと対応ルーター これら高速通信方式に対応したプロバイダーや、必要となる対応ルーターに関する詳しい情報はこちらの記事をご覧ください。 v6プラス• Transix• IPv6オプション• OCNバーチャルコネクト これらの高速通信方式の中でどれが一番速いのか?どれが一番使い勝手が良いのか?を説明していきます。 では、これら5つの高速通信方式の中でどの通信方式が一番速いのか?というと、 答えは「どれも同じ速さ」となります。 速さの秘密はそれぞれの独自技術ではなく、5つの高速通信方式が共通で採用している 「IPv6 IPoE による通信」が速さの秘密なのです。 「IPv4 PPPoE 」や「IPv6 PPPoE 」では、接続 通信 のたびにIDとパスワードでの認証が必要であるため、認証サーバーが混雑してしまい遅くなります。 「IPv6 IPoE 」では、回線自体が認証されているので接続 通信 のたびに認証を行う必要がない、つまり混雑の原因である認証サーバーが不要なのです。 よって、5つの高速通信方式は理論上「すべて同じくらい速い」となります。 よく「IPv6は利用者がまだ少ないから混雑しないで速い」と解説しているサイトがありますが、これは間違いです。 利用者が少ないから混雑しないのではなく、混雑の原因となる「IDとパスワードによる認証」が不要だから混雑しないのです。 インターネットの急激な普及によってIPv4アドレスが急速に枯渇していることから、世界的にIPv6環境への早期の移行が必須となっています。 この「IPv4からIPv6への移行」で問題となっているのが、「IPv6だとIPv4サイトが見れない」という大問題です。 目的を達成しているのは「Transix」 この目的の達成に最も貢献している高速通信方式は「Tranxix」です。 Transix方式は利用者の個別のルーターにIPv4アドレスを付与しません。 Transixの「IPv4 over IPv6」方式は利用者個別のルーターではなく、Transixプロバイダー IMF とインターネットの接点にのみ付与されます。 一方、「v6プラス」をはじめとする他の高速通信は利用者個別のルーターにIPv4アドレスを付与します。 このため、プロバイダーは多くのIPv4アドレスをプールしておく必要があります。 使い勝手は「v6プラス」が優れている? ですが、皮肉にも使い勝手を見ると「利用者個別のルーターにIPv4アドレスが付与されている」方が使い勝手が良い場合が多いのです。 たとえば、ゲーム・ウェブサーバー公開・自宅とのVPN通信など、自宅のルーター設定で特定のポート開放が必要となる場面があります。 この場合、利用者個別のルーターにIPv4アドレスを付与しない「Transix」は個別にポート開放することができません。 さらに「v6プラス」は固定IPv4アドレスも利用可能 さらに「v6プラス」では利用者個別のルーターに「IPv4固定アドレスサービス」を提供しており、 「v6プラス」環境でありながらIPv4固定IPアドレスも使えるサービスを提供しています。 まさに「速さ」と「使い勝手」を両立させたサービスと言えます。 まだまだIPv4が主流のインターネットの世界では、使い勝手を考えるとまだIPv4アドレスは無視できない、ということがはっきりとわかります。 迷ったら「v6プラス」 このように、本来の目的達成のための技術としては「Transix」が最も優れていると言えますが、使い勝手は「v6プラス」が優れていると言えます。 「ウェブ閲覧する」「動画を見る・音楽を聴く」などの普通の使い方の場合は「Transix」も「v6プラス」も気にする必要はありませんが、「ゲームをする」「ウェブカメラを使っている」などの場合には 「v6プラス」他を使っているほうが便利な場面が多くあります。 「どの通信方式が良いかな?」と迷ったときは、とりあえず「v6プラス」を選んでおくと良いでしょう。 IPv4環境と比べて、使い勝手の面において「v6プラス」でダメなら 多分 ほかの方式もダメです。 従来のようにフレッツ光回線をNTT東西と契約、別途プロバイダーとも契約、という方向けの「プロバイダー単独サービス」でも高速通信方式を提供しているプロバイダーがあります。 プロバイダーのお試し フレッツ光回線 NTT契約 をご利用の方も、そしてフレッツ光コラボをご利用の方も、自宅ルーターの 設定によってプロバイダーだけを変更することができます。 インターリンク「ZOOTNATIVE ずっとネイティブ 」 老舗プロバイダーのインターリンクが「ZOOTNATIVE ずっとネイティブ 」というサービス名で、プロバイダー単独サービスを提供しています。 採用しているサービスは「Transix」です。 基本的な料金はプロバイダー月額料金1,000円ですが、 「最大2か月間無料体験」ができます。 加入月とその翌月が無料です。 また、無料体験期間が終了したとしても 「契約期間のしばり」はないので、いつでも解約できます。 エキサイト「MEC光接続プラン」 excite社では、「Transix」を採用したフレッツ光コラボ「エキサイトMEC光」を提供していますが、このサービスのプロバイダー機能だけをプロバイダー単独サービスとして提供しているのが「MEC光接続プラン」です。 「MEC光」はフレッツ光コラボ、「MEC光接続プラン」はプロバイダー単独サービス、となります。 「MEC光接続プラン」は「MEC光」同様「Transix」を提供しており、通常月額700円でのプロバイダー単独サービスの利用が可能、しかも 「最大2か月間無料体験」ができます。 加入月と翌月が無料です。 また、MEC光接続プランでも、無料体験期間が終了したとしても 「契約期間のしばり」はないので、いつでも解約できます。 お試しの注意点 対応ルーターが必要 プロバイダー単独サービスを利用して、フレッツ光高速通信を体験してみたい方は、当然ながら対応ルーターが必要です。 「ZOOTNATIVE」も「MEC光接続プラン」も採用しているサービスは「Transix」なので、対応ルーター状況はこちらで確認してください。 現在すでに「IPv6」をご利用の方は利用不可 高速通信サービスはNTTの「IPv6オプション」を利用したサービスです。 NTTの「IPv6オプション」は無料ですが申し込み必要です。 通常、「v6プラス」や「Transix」などのサービスをご利用の場合、プロバイダーが手続き代行してくれます。 現在ご利用のプロバイダーですでに「v6プラス」や「Transix」などをご利用の場合、すでに「IPv6オプション」が申請されており、 別のプロバイダー お試しできるプロバイダー での申請ができません。 よって「現在v6プラスを使っているけどTransixも使ってみたい」ということはできません。

次の

OCNバーチャルコネクトは遅い?実際に6ヶ月使ってみて分かった事

バーチャルコネクト

株式会社ドリーム・トレイン・インターネット(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:清水高、以下「DTI」)は、IPoE方式によるIPv6インターネット接続サービス が『OCNバーチャルコネクト IPoE接続 』に対応し、本日よりサービス提供を開始することをお知らせいたします。 IPv6 IPoE 接続サービスとは 『IPv6 IPoE 接続サービス』は、東日本電信電話株式会社及び西日本電信電話株式会社(以下、「NTT東西」)が提供するIPoE接続方式に対応した「フレッツ 光ネクスト」ならびに「DTI withドコモ光、DTI光(光コラボレーション回線)」で利用できるインターネット接続サービスです。 DTIは、『OCNバーチャルコネクト IPoE接続 』に対応することで、IPv6接続サービスのさらなる運用効率化およびパフォーマンスの向上に努めてまいります。 OCNバーチャルコネクト(IPoE接続)について 『OCNバーチャルコネクト IPoE接続 』は、NTTコミュニケーションズ株式会社が提供する国内最大級のOCNバックボーンを通信事業者向けに提供するインターネット接続の卸サービスです。 NTT東西のIPoE接続に対応し、IPv6ネットワーク上でIPv4インターネット接続も実現する、IPv4とIPv6のどちらでも通信が可能なインターネット接続サービスとなります。 DTIは、『OCNバーチャルコネクト IPoE接続 』サービスの卸提供を受けるフリービット株式会社から再卸提供を受け、ユーザーへ『IPv6 IPoE 接続サービス』を提供します。 お申込み完了後、『IPv6 IPoE 接続サービス』をご利用いただけます。 ひかり電話をご利用ではない場合 IPv6 IPoE 接続サービスをご利用いただくには、下記が必要になります。 詳細はこちら()よりご確認ください。 DTI のIPv6 IPoE 接続サービスをご利用中のお客様 DTIレンタルブロードバンドルーターでご利用中の方 2019年7月以降、OCNバーチャルコネクト回線へ順次切り替えるメンテナンスを実施いたします。 実施日時が決まり次第、メールでご案内いたします。 お客様ご自身で準備されたブロードバンドルーターでご利用中の方 『OCNバーチャルコネクト』に対応したルーターが必要となります。 2019年7月以降、ご利用中のブロードバンドルーターについてDTIからお客様へアンケートをお願いする予定です。 また、対応した機器一覧をホームページ上で公開する予定ですのでこちら()よりご確認ください。 ひかり電話をご利用中かつひかり電話ルーター(ホームゲートウェイ)でご利用中の方 2019年10月以降、OCNバーチャルコネクト回線へ順次切り替えるメンテナンスを予定しております。 詳細決まり次第、メールでご案内いたしますのでお待ちください。。 DTIのIPv6 IPoE 接続サービス 特設サイト 通信速度を公開中! DTIは今後もお客様のニーズに沿ったサービスや機能の拡充に努め、高品質かつ快適な通信サービスをご提供してまいります。

次の