マスク 論文。 CiNii Articles

マスクの常着で免疫低下!効果的なマスク着用術とは?

マスク 論文

マスクは本当に意味ないのか? 実際に今まで行われてきた研究で、 マスク着用のみの対策では予防効果は認められないといった報告がみられます。 まず 風邪もしくはインフルエンザに対するマスクの有効性について記載している論文を三つご紹介します。 日本の医療機関のスタッフを対象に、 マスク着用の有無により風邪症状に対する感染予防効果があるのかといったことを調べた論文です。 マスクを着用しているグループ、 着用していないグループに分け、のどの痛み、鼻水、咳などの風邪症状を77日間かけて記録する調査が行われました。 結果、 マスク着用の有無によって風邪症状の発症日数や風邪症状の重症度に差はなかったと報告されています。 参考文献 Use of surgical face masks to reduce the incidence of the common cold among health care workers in Japan: A randomized controlled trial Jacobs J. , Ohde S. , Takahashi O. , Tokuda Y. , Omata F. , Fukui T. 2009 American Journal of Infection Control, 37 5 , pp. 417-419. インフルエンザ発症者がマスクを着用することで家庭内感染を防ぐことが可能であるか検討した調査です。 インフルエンザ陽性患者のいる家族を対象として、 マスク着用しているグループと 着用していないグループに分け、5日間調査を実施しました。 結果、調査期間中に家族がインフルエンザ様症状を示した割合は、 マスク着用しているグループは16. 2%、 着用していないグループは15. 8%で有意差はなく、 マスク着用による感染予防効果は認められませんでした。 Surgical mask to prevent influenza transmission in households: a cluster randomized trial. PLoS One. 2010;5 11 :e13998. Published 2010 Nov 17. doi:10. pone. 医療機関を対象に、 サージカルマスクの着用状況とアウトブレイクについてアンケートによる調査を行ったうえで、 サージカルマスクによるインフルエンザ予防効果を検討した論文です。 参考文献 岡﨑悦子,森山由紀,小林寬伊. サージカルマスクのインフルエンザ予防効果. 医療関連感染. 2017年,10巻,1号,p. 9-17. , 参照2020-02-14. マスクの有効性を追求するためにも、さらなる研究が必要といった現状です。 マスク着用のみの対策で有効性が肯定できるような論文が発見でき次第、随時更新していきます。 マスクは意味ないと言い切れない理由 筆者的にはマスクは意味がないとは言い切れません。 何故言い切れないかという理由を解説していきます。 人は無意識に顔を1時間に〇〇回触ってる 人は無意識に顔を触ることがあり、 顔(目・鼻・口など)を触ることで感染するリスクは当然高まります。 実際に どれくらい無意識に顔を触っているかを調べた研究があります。 結果、 1時間に平均23回、無意識に顔を触っているといった報告されれいます。 感染経路となる顔の粘膜部位(口や鼻、目など)接触では、 口が最も多く、次いで鼻、目といった順番でした。 このことから、マスクをすることで 口、鼻への直接的な接触を避けられるため、マスクをする意味が少なからずあるのではないかと考えられます。 マスクだけではなく手洗いも大事 上記で 人は無意識に顔を触る習慣があると述べました。 無意識に顔を直接的に触らないためにもマスクするのには意味があるといった考察をしましたが、 目は覆えないのでマスクしてようがしてまいが関係ありません。 汚れた手で目をこすってしまうことで感染が起こることもあります。 そこで、次はなにが大事になってくるかというと、 手指衛生です。 流水と石けんを用いた手洗いと アルコール消毒を 用いた手指消毒が大切です。 手洗い・うがいなど基本的なことでも、正しくできるかがポイントです。 正しい手洗い方法は消毒剤や洗浄剤、医薬品、食品を製造する化学・日用品メーカーであるサラヤ株式会社の「」をご参照ください。 マスクは意味ない?まとめ マスク着用のみの対策が有効という報告は、今のところ見つかりませんでした。 かといって、意味がないとも言い切れるための条件がそろっているわけでもなさそうなので、ないよりはある方が良いと考えて使用して頂いて良いかと思います。 万が一、今回のコロナウイルスのような飛沫感染が考えられる病気にかかっていた場合に、周囲の人になるべくうつさないためにも、マスクをすることは大事です。 咳等の症状のある人が、マスクを着用をすることで、 咳やくしゃみをした時の飛沫(しぶき)を防ぎ、感染拡大を抑えることがマスクの着用の目的です。 加えて、基本的な 手洗い・ 消毒・ うがいも大事です。 自分でできる最低限の予防はこなし、健康な生活を送りましょう。 以上が マスクは意味がない?についての記事でした。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 他になにか気になることがありましたらお気軽にお問い合わせください。

次の

布マスクは有効? WHOは「どんな状況でも勧めない」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

マスク 論文

期間限定で論文を無料公開いたします 国民の皆さまにおかれましては、新型コロナウイルス感染拡大により、ご不安な日々を送っておられることと思います。 弊社発行の『日本胸部臨床』では、かつて「上気道感染症を科学する」と題した特集を組んだことがございます。 経験的かつ慣習的に行われている予防策について、現在までの科学的到達点をまとめ、その理論的背景を提示することを目的としたものです。 集まった論文は、どれもが多くの示唆に富み、医師だけでなく一般の方々にとっても非常に有益と感じられるものでした。 弊社は、この特集論文の中から下記の2論文について、期間限定で無料公開することを決定いたしました。 これらのご論文は、新型コロナウイルスを想定して書かれたものではございませんが、必ずや皆さまのお役に立つものと信じております。 なお、ご利用にあたっては、下記の注意事項を守っていただきますようお願い申し上げます。 特集「上気道感染症を科学する」(企画者:吉澤靖之) ・ ・ 著者からのコメント「コロナウイルスは感染の成立にプロテアーゼや酸性環境が関与することがわかっており、(証明はまだされていないものの)うがいの効果が期待されます」 注意事項 ・当ページに掲載されている内容は閲覧のみ可能です。 複製(コピー、プリントアウト等)や転載などをご希望の方は、に従い、利用申請してください。 ・無料公開は期間限定です。 予告なく公開を終了することがございます。 公開日:2020年5月15日.

次の

【要注意!】手作り布マスクはウイルス感染リスクが高まる可能性あり。|五本木クリニック院長ブログ

マスク 論文

2020年04月02日 12時30分 WHOは布マスクを非推奨、結局マスクは着用すべきなのか否かを研究論文や研究者の意見を基に解説 まだまだ日本国内で猛威を振るう新型コロナウイルスは、2020年4月1日時点で1日当たりの感染者数が過去最多となる し、これまでの合計感染者数 クルーズ船の症例を除く は2495人となりました。 日本政府は新型コロナウイルス対策に することを検討していますが、「本当にマスクを着用すべきなのか」について、海外メディアの が科学的根拠や研究者の意見を基に解説しています。 SHOULD WE WEAR MASKS? THE SCIENCE SHAPING A PIVOTAL DEBATE, EXPLAINED 新型コロナウイルス対策として多くの人々が使用している「マスク」について、 CDC は「ウイルスの感染を減らすために布マスクの導入を検討しており、アメリカ国民が布マスクを着用して外出することを推奨する可能性がある」と説明しています。 ただし、記事作成時点ではCDCが公開している「 」というページには、「病気の場合はマスクを着用し、病気でない場合は病気の人を看病していない限りマスクを着用する必要はない」と記されています。 また、 WHO が新型コロナウイルス対策に公開した には、「どんな状況であってもガーゼやコットンなどの布製マスクの使用は推奨されません」と記されています。 また、布マスクは医療用不織布マスクよりもインフルエンザ症状などが起きやすいという もあるため、「病院では絶対に使わない」という意見もあります。 布マスクは医療用不織布マスクよりもインフルエンザ症状などが起きやすいというランダム化比較試験。 我々は病院では絶対に使いません、布マスク。 — 岩田健太郎 Kentaro Iwata georgebest1969 CDCが新型コロナウイルス対策としてのマスクに関する推奨事項を更新しようとしているように、多くの公衆衛生機関が同様にマスクに関する推奨事項を更新しようとしています。 CDCでディレクターを務めるロバート・レッドフィールド氏は に対して「マスクが新型コロナウイルス感染症のまん延を防ぐかどうかに関するデータは積極的に見直されています」と語り、アメリカ国立アレルギー・感染症研究所のアンソニー・フォーチ氏は、 の中で「政府のトップレベルとマスクに関する推奨事項を変更することを検討している」と語っています。 一方で、一般の人々がマスクを着用すべきか否かについては多くの議論があります。 マサチューセッツ総合病院などの主要な医療機関では、新型コロナウイルス対策として臨床医などの医療レベルで利用されている を着用する人以外でも、病院内のすべての人がマスクの着用を義務づけられているとのこと。 カリフォルニア大学のサンフランシスコ校で働く感染症専門医のPeter Chin-Hong氏は、「マスクに関する議論は 医療用個人防護具 不足に影響を与える可能性がある」としながら、一般人であっても特定の場所・人・時間ではマスクを着用して新型コロナウイルスに備えるべきと主張しています。 Hong氏は「疾患の罹患率が低い場合、マスクを着用しているか否かは問題になりません。 しかし、罹患率が増加し、多くの人が不規則にあなたの側を通り過ぎるような場所では、マスクを着用することが重要な意味を持つようになります」と述べています。 新型コロナウイルスは感染者のせきやくしゃみを経由して他者に伝染していきます。 加えて、 に掲載された調査報告によると、無症状の新型コロナウイルス患者は、症状のある患者と同等のウイルス量を体内に保有していることが明らかになっています。 そのため、無症状の感染者がウイルスを他人に伝染させないためにもマスクの着用は重要とHong氏は語っています。 しかし、マスクの有用性に関する研究報告は「これまであまり一貫していない」とInverseは指摘しています。 2012年に行われた17件の臨床試験を分析した最新の では、マスクの使用とインフルエンザ予防に決定的な関連性を見出すことはできなかったそうです。 しかし、論文では「マスクを他の衛生週間と組み合わせることで、役立つ可能性がある」と記しています。 ただし、2011年に公開された呼吸器系ウイルスに関する67件の試験を分析した では、マスクの着用はウイルスの拡散を遅らせるための効果的な方法であるとされています。 Hong氏は人と人との距離を6フィート 約1. 8メートル 以上取ることができる農村部などでは、マスクを着用する必要がないくらいに社会的距離を置くことができると指摘。 ただし、多くの人が行き交うため人と人との間隔を6フィート以上開けることができない都心部では、マスクの着用が有効としています。 Hong氏は「誰もがマスクを着用する必要があるわけではないものの、コミュニティの人々が身を守ることこそが重要です。 そのために必要なのは派手なマスクではなく、自家製マスクやバンダナでも十分です」と語っています。 オックスフォード大学で働く疫学者のElaine Shuo Feng氏は、さらに具体的にマスクを着用すべき人として以下の3つの条件を挙げています。 1:高齢者や基礎疾患を持つ人などの発症リスクが高いグループ 2:新型コロナウイルス感染症に罹患した人 3:新型コロナウイルス感染症にさらされた可能性のある人 また、Feng氏はマスク需要が高まることでN95マスクが不足する可能性を危惧しており、一般向けのマスクに関するガイドラインの必要性を叫んでいます。 加えて、Hong氏はマスクを着用したからといって社会的距離を縮めるべきというわけではないと指摘し、推奨される新型コロナウイルス対策を取りながら、必要に応じてマスクを着用すべきとしています。 香港医師会の伝染病に関する諮問委員会で委員長を務めるChi-chiu Leung氏は、「科学的根拠からすると、マスクの着用に大きな効果はありません。 しかし、マスクは病気の伝染を減らすために少なからず有効であり、他の手段と比べると非常に安価に導入できる対処法であることから、多くの感染症患者を救うことにつながります」と語り、マスクは新型コロナウイルスに対する万能薬ではないものの、コミュニティ全体での流行を緩やかなものにするためには十分役立つとしています。 過去の研究論文ではマスク着用の科学的根拠は一貫性がなく、マスクを信じる人を不安にさせるものかもしれません。 しかし、多くの研究者がマスク着用を推奨しており、それにより新型コロナウイルスの感染拡大を緩やかなものにできると主張していることから、パンデミックが継続している間は「屋外でマスクを着用することは、検討に値する」とInverseは記しています。 ・2020年04月08日 11時20分 更新 WHOは2020年4月6日に「マスク利用に関するガイドライン」を更新し、「非医療用マスクとして知られる布マスクなどを地域社会で使用することは、十分に評価されていません。 現状ではマスクの使用を推奨あるいは否定するに足る証拠はありません」と記し、非医療用マスクが感染を予防できるという根拠はないとしています。 一方で、すでに感染している人が他人にウイルスを感染させないために着用するには一定の効果があるという見解も示しています。 また、医療用マスクは新型コロナウイルス感染症の予防に一定の効果が見込めるものの、適切なレベルで人体を守るには「マスクだけの使用では不十分であり、他の対策 手洗いなど を採用する必要がある」とWHOは主張しています。 なお、WHOは関係機関と協力して非医療用マスクの効果を測定しており、新しい調査結果などが公表され次第、ガイドラインを更新するとしています。

次の