荷物不在 sms クリックしてしまった。 ショートメールで宅配便の不在通知が来た?!

【電話09060029477】配達不在通知のSMSショートメールに注意して!リンクを開いては絶対ダメ!

荷物不在 sms クリックしてしまった

KNNポール神田です。 ウェブサイトに誘導する「フィッシング詐欺」から、スマートフォンのSMS詐欺 SMS phishing の「スミッシング詐欺 Smishing 」が増えている。 2018年 1月11日ごろから、携帯電話、スマートフォンなどで使用されるテキストメッセージ ショートメッセージサービス、SMS による不審な「通知」の拡散が確認されています。 同内容の SMS の拡散は昨年のクリスマスを控えた12月24日前後にも確認されており、繰り返しの攻撃であると言えます。 受信者の注意を引くために「配送物」の不在通知を偽装しているようです。 SMS で配送物の不在通知を送ることは一般的ではないかもしれません、しかし、配送物のお届け先の電話番号を記入することは一般的であるため、そこで携帯電話番号を確認した配送業者が SMS を送ってきたのかも、という受信者の誤解を狙った手口と言えます。 出典: ますます巧妙化する『スマッシング SMS 詐欺』 出典:トレンドマイクロ ウェブサイト 宅配ドライバーさんは、こちらの電話番号がわかっているから不在時に、荷物の到着をSMSで知らせてくれるんだ…と関心してURLをクリックした人は完全にアウト! もう、何を信じていいのやらの時代へ突入している。 文面の日本語が多少おかしくても、SMSでのタイプミスなんてよくあるハナシだ。 さらに、知らない電話番号からのSMSであったとしても宅配業者さんからは、電話がかかってくることがよくある…。 とにかく、SMSで届くURLは、押す前に考えるという 「SMS時代の新・習慣」が必要だ。 フィッシング詐欺やスミッシング詐欺という言葉よりも、 「URLはできるだけクリックしない」。 企業名の入っていない、 「短縮URLを見たら、騙されると思え」…くらいの新習慣が必要だ。 特に、ITに詳しくない、スマートフォンに不慣れな人ほど、特に用心深くいただきたい。 URLをクリックするとどうなるのか? 偽装アプリをダウンロードさせようとする 出典:トレンドマイクロウェブサイト 実際にはクリックをすると即アウトではなく、偽装アプリをダウンロードさせようとする。 そこで賢いスマートフォンは、いくつか警告を出してくれる。 しかしだ…、その警告の意味が、よくわからないというケースがよくある。 そう、言葉がホントむずかしいのだ。 こっちは、いち早く不在時の荷物を受取りたい気持ちで一杯だからついつい押してしまう…。 冗長なスマホの警告文 出典:トレンドマイクロ 押してしまうと…なんだか長い文章が登場した…。 「 提供元不明のアプリ」とあるが…、それが何を意味しているのか? シニアの人にはわかりにくい。 「正体不明のアプリ」ということだ。 くどくど書かれていても、視線は、 「今回のみインストールを許可」と 「OK」しか目に入らない…。 そう、長ったらしい文章は、まさか「警告」とは思えないのだ。 ウェブサービスによくある「利用規約」と同じで、押さないと次へ進めないので次へ押すという経験だけを頼りにしてしまう。 もっと、『大きな黒いドクロのマーク』を出すとか、『赤い大きなXマーク』を大げさに出すとかできないものか? 気づかれない警告文なんてちっとも意味がないのだ。 アプリをインストールすると…これだけ情報が盗まれる そして、宅配の偽装アプリをダウンロードしてしまうと、これだけの情報が盗まれ、最終的にはスマートフォンごと、乗っ取られるのだ…。 宅配便屋さんはまったく関係ないからよけいに腹立たしい。 携帯電話番号 端末 ID 使用 SDK バージョン 製造者情報 ブルートゥース上の表示名 自身の感染日時 自身の端末管理者権限の有無 画面ロックの有無 国内の主要キャリア ソフトバンク、ドコモ、AU 製アプリのインストール有無 画面をロックし、パスワードを「778877」にリセットする 端末の管理者権限を得る 「連絡先」の情報を収集し、外部にアップロードする SMS や MMS の内容を取得し、外部にアップロードする 他の不正アプリをダウンロードする 既にインストールされている正規アプリをアンインストールし、他の不正アプリと置き換える 音量とミュートの操作 ファイルの削除 出典: これだけ便利になったスマートフォンだけど、新たなアクションを起こす時は、必ず「急がばまわれ」でないと、余計なトラブルでもっともっと時間を消耗してしまう。 そして、自分のアカウントが乗っ取られると、知人にまで「SMS詐欺」であなたの連絡先を利用して、あなたのふりをして悪行三昧となる。 そうなった時の後始末は本当に大変だ。 とにかく、「SMSのURLはクリックしない」を「新・習慣」にしておいてほしい。 わからないシニアの人ほど特にだ。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の

佐川の不在通知の詐欺のURLをクリックした後の画面は?個人情報の流出後の対応は?

荷物不在 sms クリックしてしまった

日本の宅配業者のウェブサイトを装った偽サイトが見つかったことを、株式会社カスペルスキーが同社公式ブログで報告し、注意を呼び掛けている。 荷物の不在通知を装ったSMS(ショートメッセージサービス)で送られてくる短縮URLをクリックすることで偽サイトに誘導され、そこで偽アプリをインストールさせる手口だ。 カスペルスキーの調査によれば、この偽アプリはインストール時に台湾と通信し、端末のIMEIや電話番号などの情報を送っていたという。 偽サイトは佐川急便のウェブサイトを装ったもので、同社テレビCMに起用されている俳優・織田裕二さんのイメージ画像なども上部に表示される。 「gnway. cc」ドメインで開設されており、正規サイトの「co. jp」ドメインと異なるが、スマートフォンの小さな画面で見ると、一見しただけでは偽サイトと判別するのは難しいとカスペルスキーでは指摘している。 一方で、「貨物追跡サービス」の箇所には、正規サイトとは異なる「貨物追跡」ボタンがあり、画面をタップすることで偽アプリ「sagawa. apk」がダウンロードされる仕組みだ。 偽サイト下部も正規サイトとは異なり、Androidで「提供元不明のアプリ」のインストールを許可する際の手順を「インストール方法」として案内している。 また、インストール時には、連絡先の読み取りやSMSの受信・読み取りなどの権限を要求してくるという。 佐川急便の偽サイト。 「貨物追跡サービス」の箇所には、正規サイトであれば「お問い合せ送り状No. 」の入力ボックスがあるはずだが、偽サイトでは、そこだけ違和感のあるフォントの「貨物追跡」ボタンが設置されている カスペルスキーでは、この偽アプリはSMSや連絡先リストといった情報を外部へ送信するものだと説明。 カスペルスキー製品では「HEUR:Trojan. AndroidOS. Piom. qcd」「HEUR:Trojan-Spy. AndroidOS. Agent. qa」という名称で、マルウェアとして検知・ブロックするとしている。 カスペルスキーの公式ブログ記事は1月12日付のものだが、偽サイトへ誘導する短縮URL(Google URL Shortner)のデータによると、その短縮URLは同記事執筆から11日前に作成されていたものであり、日本からのアクセスが大多数を占めており、3万件を超えている。 このサイトは一時的にアクセスできなくなっていたが、同記事執筆時点で活動を再開しているという。 疑わしいURLにはアクセスしないこと、また、疑わしいアプリに十分注意するようカスペルスキーでは呼び掛けている。 Google URL Shortenerによる短縮URLの解析結果(カスペルスキー公式ブログの該当記事執筆時点のもの。 カスペルスキー公式ブログより画像転載) なお、佐川急便を装う迷惑メールは以前より出回っており、佐川急便株式会社でも、確認された具体的な文面をウェブサイトで公表。 「このような迷惑メールに記載されているアドレスにアクセスしたり、添付ファイルを開いたりされますとコンピューターウィルスに感染する恐れがございますのでご注意ください」と呼び掛けていた。 直近では2017年12月28日に、文面の最新事例を更新。 不在通知を装うSMSでGoogleの短縮URL(goo. gl)が届き、偽サイトに誘導される事例を新たに公表している。 そのSMSの文面は以下の通り。 【追記 18:10】 トレンドマイクロ株式会社でも、1月15日付の同社公式ブログ記事において、この偽サイト/偽アプリの調査結果について伝えている。 携帯電話番号• 端末ID• 使用SDKバージョン• 製造者情報• Bluetooth上の表示名• 自身の感染日時• 自身の端末管理者権限の有無• 画面ロックの有無• 国内の主要キャリア(ソフトバンク、ドコモ、AU)製アプリのインストール有無 また、アプリが受け取った指令によりさまざまな不正活動を行うとしており、以下のような不正活動を攻撃者が遠隔で実行可能だとしている。 画面をロックし、パスワードを「778877」にリセットする• 端末の管理者権限を得る• 「連絡先」の情報を収集し、外部にアップロードする• SMSやMMSの内容を取得し、外部にアップロードする• 他の不正アプリをダウンロードする• 既にインストールされている正規アプリをアンインストールし、他の不正アプリと置き換える• 音量とミュートの操作• ファイルの削除 なお、iPhoneで偽サイトにアクセスしても特にAPKファイルはダウンロードされなかったため、偽サイトへアクセスしてきた端末によって挙動を変えていると考えられるとしている。 ただし、利用可能な指令の内容からは大きく分けて、「画面ロックを行って端末を使用不可にする」「連絡先やSMSの情報を窃取する」「他の不正アプリをインストールする」といった活動が推定されると説明。 「攻撃者はこれらの活動を組み合わせることにより、端末内の情報を窃取したり、画面ロックを行って身代金を要求する、などの攻撃が実現可能」としている。 U」として検出する。 トレンドマイクロによると、同じ内容のSMSは、昨年の12月24日前後にも拡散が確認されていたが、今年に入って1月11日ごろから再び拡散されているという。 今後も同様の迷惑メールやSMSは継続して拡散するとしており、次のように述べて注意を促している。 「SMSでは送信元も電話番号の形式で表示されますが、配送業者からであれば心当たりのない番号でもおかしくはありません。 また、本文の日本語には『お荷物のお届きました』などの不自然な表現も含まれていますが、この程度のミスタイプは日常でもよくあることと言えます。 SMSでは文字数制限があるため、本文中に送信者情報が無い、本文中のURLが短縮URLになっているなどは、不審と判断できる条件とは言えないでしょう。 」 「このようなネット上の危険へ誘導しようとする手口に関しては、その手口を知り、だまされないようにすることが対策の1つとなります。 メールやSMS内のURLはリンク先をよく確認してからアクセスしてください。 また、短縮URLなどでアクセス前には情報が不明な場合、アクセス後にブラウザー上で表示されているURLが正規のものかどうか確認してください。

次の

[注意] 「お荷物のお届けにあがりましたが不在の為持ち帰りました。」不在配達を装った詐欺SMS

荷物不在 sms クリックしてしまった

KNNポール神田です。 ウェブサイトに誘導する「フィッシング詐欺」から、スマートフォンのSMS詐欺 SMS phishing の「スミッシング詐欺 Smishing 」が増えている。 2018年 1月11日ごろから、携帯電話、スマートフォンなどで使用されるテキストメッセージ ショートメッセージサービス、SMS による不審な「通知」の拡散が確認されています。 同内容の SMS の拡散は昨年のクリスマスを控えた12月24日前後にも確認されており、繰り返しの攻撃であると言えます。 受信者の注意を引くために「配送物」の不在通知を偽装しているようです。 SMS で配送物の不在通知を送ることは一般的ではないかもしれません、しかし、配送物のお届け先の電話番号を記入することは一般的であるため、そこで携帯電話番号を確認した配送業者が SMS を送ってきたのかも、という受信者の誤解を狙った手口と言えます。 出典: ますます巧妙化する『スマッシング SMS 詐欺』 出典:トレンドマイクロ ウェブサイト 宅配ドライバーさんは、こちらの電話番号がわかっているから不在時に、荷物の到着をSMSで知らせてくれるんだ…と関心してURLをクリックした人は完全にアウト! もう、何を信じていいのやらの時代へ突入している。 文面の日本語が多少おかしくても、SMSでのタイプミスなんてよくあるハナシだ。 さらに、知らない電話番号からのSMSであったとしても宅配業者さんからは、電話がかかってくることがよくある…。 とにかく、SMSで届くURLは、押す前に考えるという 「SMS時代の新・習慣」が必要だ。 フィッシング詐欺やスミッシング詐欺という言葉よりも、 「URLはできるだけクリックしない」。 企業名の入っていない、 「短縮URLを見たら、騙されると思え」…くらいの新習慣が必要だ。 特に、ITに詳しくない、スマートフォンに不慣れな人ほど、特に用心深くいただきたい。 URLをクリックするとどうなるのか? 偽装アプリをダウンロードさせようとする 出典:トレンドマイクロウェブサイト 実際にはクリックをすると即アウトではなく、偽装アプリをダウンロードさせようとする。 そこで賢いスマートフォンは、いくつか警告を出してくれる。 しかしだ…、その警告の意味が、よくわからないというケースがよくある。 そう、言葉がホントむずかしいのだ。 こっちは、いち早く不在時の荷物を受取りたい気持ちで一杯だからついつい押してしまう…。 冗長なスマホの警告文 出典:トレンドマイクロ 押してしまうと…なんだか長い文章が登場した…。 「 提供元不明のアプリ」とあるが…、それが何を意味しているのか? シニアの人にはわかりにくい。 「正体不明のアプリ」ということだ。 くどくど書かれていても、視線は、 「今回のみインストールを許可」と 「OK」しか目に入らない…。 そう、長ったらしい文章は、まさか「警告」とは思えないのだ。 ウェブサービスによくある「利用規約」と同じで、押さないと次へ進めないので次へ押すという経験だけを頼りにしてしまう。 もっと、『大きな黒いドクロのマーク』を出すとか、『赤い大きなXマーク』を大げさに出すとかできないものか? 気づかれない警告文なんてちっとも意味がないのだ。 アプリをインストールすると…これだけ情報が盗まれる そして、宅配の偽装アプリをダウンロードしてしまうと、これだけの情報が盗まれ、最終的にはスマートフォンごと、乗っ取られるのだ…。 宅配便屋さんはまったく関係ないからよけいに腹立たしい。 携帯電話番号 端末 ID 使用 SDK バージョン 製造者情報 ブルートゥース上の表示名 自身の感染日時 自身の端末管理者権限の有無 画面ロックの有無 国内の主要キャリア ソフトバンク、ドコモ、AU 製アプリのインストール有無 画面をロックし、パスワードを「778877」にリセットする 端末の管理者権限を得る 「連絡先」の情報を収集し、外部にアップロードする SMS や MMS の内容を取得し、外部にアップロードする 他の不正アプリをダウンロードする 既にインストールされている正規アプリをアンインストールし、他の不正アプリと置き換える 音量とミュートの操作 ファイルの削除 出典: これだけ便利になったスマートフォンだけど、新たなアクションを起こす時は、必ず「急がばまわれ」でないと、余計なトラブルでもっともっと時間を消耗してしまう。 そして、自分のアカウントが乗っ取られると、知人にまで「SMS詐欺」であなたの連絡先を利用して、あなたのふりをして悪行三昧となる。 そうなった時の後始末は本当に大変だ。 とにかく、「SMSのURLはクリックしない」を「新・習慣」にしておいてほしい。 わからないシニアの人ほど特にだ。 KNNポール神田です。 この度、2020年2月より、有料記事の定額サブスクリプションサービスを開始することとなりました。 シェアリングエコノミー時代、インターネットもソーシャルメディアを媒介として大きく変革してきました。 大手メディアとの接触時間よりもより尖った個人の時代へという流れは、もはやYouTuberにもこのYahoo! 個人ニュースの流れにもみえてきました。 現在のYouTubeのビジネスモデルは広告収益の7割をクリエイターに還元することにより、クリエイターへの報酬の『トリクルダウン型の分配』が上がり、プロとして自立し職業としてのYouTuberが育成されてきました。 現在は広告を掲載できるユーザーに制限を加えているほでです。 そう、Yahoo! 個人ニュースも同じ『トリクルダウン型の分配』モデルです。 そして、今度は『D2C(Direct to Consumer)』のような自社チャネル、いわば『個人チャネル』の時代へ向かう勢いがみえてきました。 note. muで販売する個人コンテンツで生計を立てられる人も、liveチャンネルで『LIVER』として生計を立てる人まで、また、『オンラインサロン』などのサブスクリプションも…。 今までであれば、ひきこもりや、オタク、低偏差値と差別や区別された人たちが、稼ぎはじめている。 この潮流はなかなか表層だけではつかみにくいものです。 かつてのエリートと言われた人たちが会社から、リストラを宣言されたり、副業を考えはじめた時に、まったく道の世界がすでに広がっていたりします。 しかし、その流れは確実に、インターネットの次なる潮流を照らしていると思います。 『ウェブ2. 0』の概念は、『SNS』のメディアを予見していました。 『IoT』やら、『AI』やら、『5G』やら、常にIT業界は売るためのバズワードで溢れています。 しかし、本質は常に、『ニッチ』から生まれていきます。 日々のニュースを深堀りしながら、新たな次世代の『ニッチ』な変化を一緒にさがしませんか? KNN総研リポートでは、日々のITニュースの潮流をリポートしながら、その裏で起きているビジネスのヒントやチャンスを具体的な事象のアイデアでのアプローチ手法を紹介していきます。

次の