秘書 年収。 秘書【外資系・正社員・派遣】の給料手取りや年収、年収1000万円を稼ぐ方法を解説

大使館職員の給料年収や求人募集・税金の扱いを解説!

秘書 年収

回答者 2. 5 年収 基本給(月) 残業代(月) 賞与(年) その他(年) 400万円 25万円 -- 100万円 -- 給与制度: 入所から何年経ったかがベースです。 秘書は余程のことがない限り10年で昇給が止まります。 弁護士国保なので、負担額が民間企業(健保)より高いです。 半額補助を給与として支給するので課税所得が上がり(税金負担が増えるので)損です。 評価による上下動はほぼなし。 住宅手当、食事手当等は一切なし。 定期代のみ。 福利厚生を気にするならお勧めしません。 評価制度: 年2回半期の振り返りをイントラ上のフォームに書き込み、担当弁護士が評価をつけます。

次の

議員秘書(公設秘書、私設秘書)の給与・年収は?初任給や平均月収などの収入統計|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

秘書 年収

秘書とは 事務職のひとつでもある、秘書。 一般的に女性が活躍するイメージがある職種でもあります。 専門性の高い仕事のため、さまざまなスキルアップができる仕事だと言えます。 そんな秘書の仕事について、業務内容や平均年収を見ていきましょう。 秘書の業務内容 秘書の業務は、社長や役員といったその企業のトップなどの補佐役としてスケジュール管理やサポート事務を行うのが主な内容です。 また、外部からの来客対応なども行います 秘書の業務はとても仕事の範囲が広く、誰の秘書になるかによっても内容が異なります。 秘書には主に、「グループ秘書」と「個人秘書」があります。 「グループ秘書」は一般企業に多く見られ、秘書室などに配属されて、複数人のチームとして動きます。 「個人秘書」は、1対1で直接上司につく形で、法律事務所・大学教授の秘書の仕事で多く見られます。 秘書に求められる能力について• 記憶力• 判断力・行動力• 情報収集力• 豊かな人間性 秘書に必要なスキルは、記憶力、判断力・行動力、情報収集力、豊かな人間性などです。 秘書の仕事では、スケジュールを正確に把握しておかなければならないため、記憶力は業務上とても役立ちます。 上司の急な質問などに正確・早急に応えるためにも、記憶力は必須だと言えるでしょう。 素早い判断力も大切です。 秘書の仕事は、予想外のことが起こることもあるため、いつでも臨機応変な対応をしなければなりません。 その時に、どう対応するのがベストなのかを常に考えて行動しなければなりません。 上司に代わって、業務上の色々な情報を集めることも仕事のひとつです。 上司に指示をされる前に、どんな情報が必要か判断して前もって調べておくとよりスムーズに仕事を進める事ができるでしょう。 豊かな人間性も求められるのが秘書の仕事。 上司や周囲の人から信頼される人間であり続けることが重要です。 また、マナーや言葉遣い、身だしなみも大切になってきます。 秘書の平均年収と他職種との比較 秘書の平均年収について によると、秘書の平均年収は302万円です。 一般的な水準と比べると、決して高いわけではありません。 他の職種・平均との比較• 日本の平均年収:422万円• 販売職:326万円• 管理職:520万円• 営業職:443万円 上記の通り秘書の平均年収は302万円となっており、日本の平均年収422万円と比較すると、約120万円少ない金額です。 他の関連する職種を見てみると、管理職は520万円、販売職は326万円、営業職は443万円です。 秘書のボーナス・昇給事情 ボーナスについて によれば、秘書の平均ボーナス額は2015年冬が46. 2万円、2016年夏が45. 7万円です。 秘書のボーナスは、正社員であれば毎月の給料に加えて年に1回〜2回支給されるケースが多いです。 ただし年俸制が取られている企業の場合は支給されません。 昇給について 秘書の昇給体制は、企業により異なりますが、保有資格・労働時間などで待遇が変わるという企業が多いようです。 そのため、一概に昇給の有無や額を断言することはできません。 自分は秘書に向いているタイプか、適性を診断してみよう 自分の適性や性格が、秘書の仕事に向いているのかどうか、気になりませんか? そんな時は、を活用して、自分と志望業界との相性を診断してみましょう。 My analyticsで、あなたの強み・弱みを理解し、自分が秘書に向いているタイプか、診断してみましょう。 秘書の年齢別平均年収推移シミュレーション 事務職の年齢別の平均年収を5歳刻みで算出をしました。 年齢別の月給と年収の推定値はどのようになっているでしょうか。 6万円 12. 9万円 33. 7万円 16. 9万円 43. 0万円 19. 4万円 50. 2万円 21. 3万円 54. 3万円 22. 9万円 59. 4万円 24. 2万円 62. 2万円 25. 3万円 65. 8万円 24. 9万円 64. 0万円 18. 7万円 48. 1万円 年齢別の平均年収を5歳刻みで算出すると、30~34歳での平均年収は283万円、うちボーナスは50万円になると予測されます。 40~44歳では平均年収が334万円、うちボーナスは59万円になると予測されます。 6万円 263. 7万円 343. 0万円 395. 2万円 433. 3万円 467. 4万円 493. 2万円 514. 8万円 507. 0万円 380. 1万円 秘書の平均年収は、日本の企業全体の平均年収と比較すると低いと言えるでしょう。 30~34歳の平均年収は283万円で、日本の平均と比較すると112万円ほど低くなると推測されます。 40~44歳では334万円の予測です。 秘書の生涯賃金シミュレーション 秘書の平均年収 日本の平均年収 生涯賃金 1. 36億円 1. 90億円 日本の平均的な生涯賃金と事務職の生涯賃金を比較してみましょう。 秘書の平均年収は302万円であることがわかりました。 一方、日本の平均年収は422万円です。 20~65歳まで勤めたと仮定した場合、生涯で得られる賃金はどれくらいになるのでしょうか。 その結果が、上記の表です。 秘書の生涯賃金は、1. 36億円と予想されます。 日本の平均生涯賃金と比較すると5400万円ほど低いと推測されます。 まとめ 秘書の平均年収は約302万円で、日本の平均年収と比較するとやや少ない水準にあります。 秘書の仕事には、上司のスケジュールに合わせ業務を進めていく能力が必要になります。 上司や取引先からの信頼がなにより大切な仕事だといえるでしょう。 読者の皆様に企業選択の一助になればという趣旨で情報を作成しておりますため、なるべく実態に近い状態のシミュレーションとなる様に最善を尽くしているものの、実際の報酬額とは異なります。 あくまでも参考情報の一つとしてご活用くださいませ。 【平均は58点】あなたの就活力を診断してみよう コロナの影響で、先が読めない今年の就活。 自分が内定を取れるのか不安ではありませんか? そんな時は、「」をやってみましょう。 24の質問に答えるだけで、あなたの就活力を診断。 得意・苦手な分野をグラフで見える化します。 就活力診断で、自分の苦手な分野を発見&対策し、万全の状態で面接にのぞみましょう。 監修者プロフィール.

次の

秘書の給料はどれくらい?

秘書 年収

秘書の求人というのは根強く存在しており、比較的年収の高い案件も珍しくありません。 はじめて知った人は驚くかもしれませんが、もちろん誰もが高収入を手にすることが出来るわけではありません。 外資系企業で秘書として働くことを検討している人が、知っておくべき年収事情についてまとめてみます。 1:上限は700万円ぐらい 秘書の年収は年々、下がっているのが実情ですが、それでも600〜700万円ぐらいの求人が多数存在します。 実際に秘書として働いている人に話を聴いても、40〜50代でたどり着く上限値が700〜800万円ぐらいということです。 2:年収が下がる傾向が強くなっている 全体的な傾向として、秘書の年収は下がっています。 外資は定期的に雇用条件の見直しをするのが一般的であり、賃下げを提示されることが少なくありません。 ただし、それでも長年勤めていれば(10年単位)、500〜600万円の収入は維持出来るようです。 3:金融業界、コンサルティングファーム、法律事務所などは給料が高いケースが多い 投資銀行や証券会社、コンサルティングファーム、法律・会計事務所など、外資企業には社員の給与水準がべらぼうに高い企業があります。 こういった企業だと、秘書が1000万以上の年収をもらっているケースが珍しくありません。 社員全体の給与が高いので、1000万円ぐらいでも問題ならないという羨ましい話です。 どこで働くかというのは重要ですね。 4:最終的には上司次第 外資は経営幹部の力が強いので、ボスに気に入られたら好条件で雇用され続けるのも難しくありません。 エグゼクティブクラスの秘書だと、個人通訳のような存在でもあり、日本語が出来ない外国人にとっては、ストレスなくスムーズに意思疎通が出来る人材は替えの効かない貴重な存在となります。 そのため、その人に対する評価も高くなり、秘書であったとしても相場以上の年収を提示してもらえます。 5:経験・能力重視 ボスに気に入られたらといったような話を書くと、甘い世界のように思えるかもしれませんが、現実は逆です。 彼らは生粋のビジネスマンですから、部下に対する要求は非常に厳しいものになります。 秘書の場合、語学力や実務処理能力は当たり前ですし、そのうえでスムーズに意思疎通が出来るコミュニケーション能力、上司の意図を的確に汲みとめる理解力・判断力も求められます。 また、お互いの距離感が近くなるため、性格の良さといった人格面も重要な要素となります。 簡単にいえば、仕事も出来て性格も良い人間でないと務まらないということですね。 当サイトの管理人が外資系企業で働いていた時、たまに秘書の方とやりとりすることがあったのですが、たしかに素晴らしい人達ばかりでした。 こういった傾向があるので、外資の場合、経験者でないと、まず採用してもらえません。 6:未経験者は秘書のアシスタントから では、未経験者はどうすればいいのかという話になりますが、秘書のアシスタントであれば、未経験者でも応募出来る求人案件があります。 ただし、ほぼ間違いなく派遣社員・契約社員となります。 給料も時給ベースで東京都内であれば、1500〜2000円といったところです。 決して悪い数字ではありませんが、年収600万、800万といった数字と比べると、差が大きいと思えるかもしれません。 これが現実ですが、紹介予定派遣の仕事もありますし、上司に気に入られたらトントン拍子という世界でもあるので、チャンスは幾らでもあります。 秘書は実力重視の社会 結論からいえば、秘書は(も)、実力がモノを言う世界です。 外資なので当たり前の話ではあるのですが、仕事が出来る人には幾らでもチャンスが転がっています。 派遣社員という形ではありますが、未経験者でも仕事に就くチャンスはあるので、そこで自分を磨いていけば、ステップアップの機会も出てくるはずです。 そういった意味では、未経験者の場合、まずはどんな条件でもいいので、まずは仕事を得るというのが重要です。 いずれにしても、自分自身を一番高く評価してくれる会社を見つけることが重要です。 未経験者はもちろんのこと、経験者であっても、これまでの職歴・経歴が得たスキルや経験というのは千差万別ですから、一言で『秘書』といっても、企業によって人物評価は違ってきます。 Aという会社では殆ど評価されなかったのに、Bという会社では高い評価を得たということは珍しくありません。 ですから、会社の見極めは重要ですが、なかなか一個人が判断するのは難しいので、転職エージェントの力を借りることをオススメです。 彼らは転職のプロなので、あなたに最もあった企業を膨大な求人情報の中から抽出して紹介してくれます。 エージェントは転職者の初任給(初年度の年収)に応じて、雇用した会社から手数料をもらうことになるので、少しでも好条件を引き出せるように対処してくれます。 何かと便利な存在なので、是非有効活用してください。 ただし、一エージェントが保有する求人情報には限りがあるので、複数のエージェントから話を聞いて、内容を比較検討することが重要です。 下記に、、 、、の3エージェントをリストアップしていますが、外資の秘書の求人ということでいえば、 、、あたりもオススメです。 【急募中!】現在、500万円以上の年収を得ている人であれば、年収が上がる可能性が十分にあります テレビのCMで見たことがあるという方が多いと思いますが、ビズリーチという転職会社が、中堅層のビジネスマンの転職支援を強化しています。 現在、転職を検討している人のなかで、500万円以上の年収を得ている人であれば、現職よりも好条件の職場を紹介してもらえる可能性が、かなり高いです。 (年収が上がることはもちろん、年収以外の待遇面・就労環境が良い、キャリアアップのチャンスが多いなど、魅力的な特徴を持つ転職先を紹介してもらえます。 ) 業種・職種については、ビズリーチは幅広くカバーしているので、どのような業種・職種であっても、まず対応してもらえます。 職歴や希望条件等を登録すれば、ビズリーチからコンタクトしてくれるので、興味がある人は、ぜひ登録してみてください。 なお、ビズリーチは、管理職・役員クラスの転職案件の取り扱い数が多く、このレベルでの転職支援を得意としている会社でもあるので、マネジメントレベルでの転職を検討している人も要チェックです。 年収1000万越えの案件が揃っています。

次の