宅配食事 糖尿病 種類。 おいしくて安全な糖尿病食・宅配サービス会社の徹底比較サイト

糖尿病食にも対応した宅配を探す|カロリー・塩分調整が必要な方向けの食事

宅配食事 糖尿病 種類

糖尿病は食事に注意しないとヤバイことになる! 糖尿病と診断された方や血糖値が高く経過観察中の方は、食事の管理がとても重要になります。 食事に注意しないと 網膜症で失明したり、腎症で人工透析が必要になったり、神経障害で足を切断しなければならない!など糖尿病の合併症を引き起こす可能性があるからです。 糖尿病は、初期の段階ではほとんど自覚症状がありません。 これが糖尿病を悪化させる最大の原因です。 知らない内に血糖値が高くなる食生活を続けていると 気づいた時は手遅れというヤバイ病気なのです。 食事の直後に血糖値が急上昇する血糖値スパイクに要注意! 通常の健康診断では、前日の夕食を最後にして空腹時の血糖値を測定します。 この数値が110以下なら正常とされていました。 ところがNHKの番組で 血糖値スパイクという恐ろしい現象が紹介されました。 健康診断で正常と診断されたにもかかわらず、 食後の血糖値が140以上に急上昇する方が何人もいることが分かりました。 この症状は、糖尿病と同様のリスクがあり、知らない内に合併症になってしまう恐ろしい症状なのです。 いまや健康診断だけでは糖尿病を防げない時代になったのです。 糖尿病を予防したり改善するには徹底した食事の管理が必要! 糖尿病の食事は、カロリー制限と塩分制限に注意して1日3食バランスよく食べることが基本です。 カロリー制限は、1日の摂取カロリーを1200kcal~1800kcalの範囲で調整します。 塩分も1食当たり2. 0~2. 5グラム以内に制限する必要があります。 さらに食事の摂り方にも注意が必要で、食物繊維を先たべて炭水化物は最後に摂るようにします。 また一口30回は噛んで、食べるスピードをゆっくりとしなければなりません。 これは糖の吸収を抑え、血糖値の上昇を緩やかにするための方法です。 糖尿病の食事は宅配サービスが便利! 糖尿病の食事は、病院で管理栄養士から細かい指導を受けるので、しっかり続けることが大切です。 これには家族の協力が必要です。 自分で調理できる方は別としても、仕事をしていれば奥さんに頼らなければなりません。 ところが、奥さんの負担は想像を超えるほど大きくなります。 子供いる家庭なら、子供用の食事と糖尿病の食事の2つを作らなければなりません。 まして、奥さんが外出で不在の時など、食べられる食事がなくて困ってしまいます。 こんな時に冷蔵庫に保存しておくと便利なのが、 糖尿病の食事の宅配サービスです。 これが糖尿病の食事として管理栄養士が作った宅配弁当です。 カロリーや塩分制限を守りながら、 栄養バランスを考え、さらに美味しく食べられるようにしっかりと味付けされています。 おかずのみが容器に入り冷凍された状態で送られてきます。 つまり急に食事を用意しなければならい時でも 電子レンジでチンすれば、いつでも食べられるという凄い便利なサービスなのです。  カロリー230kcal/糖質5. 7g平均 日清医療食品が提供している食宅便『低糖質セレクト』は、1食あたりの糖質を平均5. 7gに抑えているのが特徴。 さらに7食セットで3種類あるので合計21種類のメニューが楽しめます。 わたしが最も活用している食事宅配サービス『ナッシュ』をご紹介します。 今まで色々なサービスを活用してきました。 どこも美味しい食事なので驚いてしまいました。 しかし『ナッシュ』と出会ってからは、ここの食事ばかり頼んでいます。 『ナッシュ』の食事は低糖質メニューが基本で塩分やカロリーも調整されています。 つまり糖尿病や高血圧など生活習慣病の方を対象にしたヘルシーな食事なのです。 栄養面は管理栄養士が担当し、味付けは専門のシェフが担当しています。 だから味付けがワンランクもツーランクも上なのです。 メチャ美味しくボリュームもバッチリ! そして注文する度に 好きなメニューだけを自由に選べるというメリットがあります。 実は『ナッシュ』のように好きなメニューだけを選べる食事宅配サービスって殆どありません。 魚料理が苦手だったり、食べられない食材があっても送られてきてしまうのです。 私がイチオシしている『ナッシュ』をお試しください。 複数の食事宅配サービスを活用すると長く続けられます! 糖尿病の食事宅配サービスは、色々な会社が提供していますが、私が一押しするは、ウェルネスダイニングが提供する 健康応援気配り宅配食です。 お勧めポイントは、多彩なメニューが用意されているので飽きない点です。 塩分控えめなので普通のお弁当と比べると美味しさは劣りますが、こだわりの味付けは薄味ながら美味しいと言える範囲です。 わたしは、糖尿病の食事宅配サービスを使って2年が過ぎようとしていますが、1週間のうち弁当を食べる日は、3日に一度のペースです。 多い時は毎日1食食べる時もありますが、自炊出来ない時だけ利用するようにしています。 最初の半年は、ウェルネスダイニングだけを使っていたのですが、他の食事宅配サービスは、どんな味がするのか知りたくて色々なサービスを併用して試してみました。 どのサービスも大きな違いはないのですが、どんなメニューが送られて来るのか楽しみになってくるのです。 飽きずに長く続けるためにも複数のサービスを並行して使ってみるのもお勧めです。 そこで私がお勧めする、もう一つの食事宅配サービスをご紹介します。 食宅便 TVコマーシャルでもおなじみの日清医療食品の『食宅便』です。 美味しくてヘルシーな食事をバランス良くご自宅でも手軽に食べていただきたいと始めたのが「食宅便」です。 食宅便の商品開発には多くの管理栄養士が参加しており、知識や経験や技術を生かしお客様のニーズに応えた栄養バランスに優れた豊富なバリエーションのメニューが揃っています。 低糖質セレクションは「A」「B」「Cの3種類。 どのセットも冷凍のおかず7食がセットになっており、1食分は、主菜を含め、約20種類の食材を使用した5つのおかずで構成されています。 1日3食の食事を糖質や栄養価を考えながらたくさんのおかずを作ろうと思ったら、本当にたいへんです。 それがレンジでチンすれば、いつでもお手軽に食べれるのは本当に助かります。 食宅便は冷凍で届けられるので必要のないときは食べなくても大丈夫です。 冷凍庫にストックしておいて忙しくて買い物に行けなかったときに食べればバランスの良い食事を摂る事ができます。 まずは、公式ホームページで豊富なメニューをチェックしてみてください。

次の

宅配食事選びのコツ【10社比較ランキング】

宅配食事 糖尿病 種類

すべてのメニューが 糖質17g・塩分2. 2g・たんぱく質20gという平均値になっており、糖質30g以下、塩分2. 5g以下、たんぱく質15g以上という食事が特徴です。 メニューの数は50品以上と実に豊富で、このメニューの中からプランに合わせて 自由に料理やスイーツを組み合わせて注文できる自由度の高い注文形態も嬉しいポイントとなっていて、全てが低糖質・低塩分メニューなので好みの食事を選ぶだけで健康的な食生活を送れるという選ぶ楽しみもある宅配食事となっています。 また味や見た目にもこだわっており、自社管理栄養士が作ったレシピを一流のシェフが調理することでヘルシーさとおいしさの両方を実現しています。 2017年、2018年には臨床試験を実施し肥満や高血圧に有効な結果を証明するなど、糖尿病などカロリーや塩分の摂り方に調整が必要な方にも利用者が多い宅配食事です。 味気なく物足りないと感じてしまいがちな低糖質系の食事のイメージを変えてくれる注目の宅配食事です。 目次 OPEN• 糖尿病食を宅配食事サービスでまかなうメリット 豊かな食文化、言い換えると飽食の国でもある日本は糖尿病患者、及び予備軍が2050万人とも呼ばれる国民病と言われる病気です。 糖尿病は自覚症状が少ないのも特徴で、健康診断で発覚したというケースも少なくありません。 メタボ人口も増えてきた日本は糖尿病・動脈硬化・高血圧などの生活習慣病予備軍はとても多く、企業でもメタボ検診を実施しています。 生活習慣が原因となって糖尿病と診断された場合、薬による治療の他に生活習慣の見直しを含めた運動をする習慣と共に食事の面も栄養指導が行われ食事療法に取り組むのが糖尿病治療の基本とされています。 その中で医師からカロリー・塩分などの調整を含めた栄養バランスが取れた食事を勧められた方、もしくは食事制限を受けている方にとって日々の食事はストレスに感じてしまうことが多いです。 また、食事を作る方にとって、料理の中で一人分だけ味付けを変えたりおかずを変えたりなどの工夫が必要になるため、負担が大きいです。 そんな糖尿病や予備軍などの食事、かかりつけ医の指導のもと、食事療法を自宅で行う必要がある方には宅配食の利用が役立ちます。 カロリー・減塩の調整食メニューがある主な宅配食事会社• ウェルネスダイニング• nosh-ナッシュ• ニチレイフーズダイレクト• 健康宅配(武蔵野フーズ)• おまかせ健康三彩(トオカツフーズ)• ミールタイム(ファンデリー)• 食卓便(日清医療食品)• タイヘイ• ワタミの宅食 カロリー制限・減塩メニューを単品購入したい方におすすめ• nosh-ナッシュ• ニチレイフーズダイレクト• おまかせ健康三彩(トオカツフーズ) 北海道・沖縄対応のおすすめ調整食の宅配サービス• ウェルネスダイニング• nosh-ナッシュ• ニチレイフーズダイレクト• 健康宅配(武蔵野フーズ)• おまかせ健康三彩(トオカツフーズ)• ミールタイム(ファンデリー)• 食卓便(日清医療食品)• タイヘイ 糖尿病の方が取り組む食事療法の基本 糖尿病と診断を受けた場合、食事療法、運動療法、薬物療法の3つから治療をすすめつつ生活面・食習慣の改善を目指すのが基本です。 その中で食事習慣は糖尿病の方にとっては悩ましいテーマとなります。 糖尿病の食事療法は医師の指示に従って身体活動量を元に食事を改善することを勧められます。 自分の身体の状況によって1食、1日の摂取カロリーなどが定められつつ栄養素をバランスよく摂るのが基本です。 そして上記式の標準体重と身体活動量も目安となる計算式があります。 次に身体活動量は日々の生活の中でどれくらい身体を動かし、エネルギーが必要かを表す数字です。 例えば、例として• これらは病院などで実際に自身の身体の状態、生活などをヒアリングした上で医師が目安となる食事内容などをアドバイスしてくれますので、宅配食事サービスなどを活用する時にもこのエネルギー量に収まるサービスを選ぶのが基本です。 糖尿病の種類によって違う食事療法 糖尿病には分類があり食事療法の目的が少し違います。 1型糖尿病の場合の食事療法の目的:インスリンの体外補給の調節をしやすくするのを目的とする• 2型糖尿病の場合の食事療法の目的:食事から摂取するブドウ糖量を制限することで、弱った膵臓の負担を軽減する目的 食事などで取り込んだブドウ糖をエネルギーにしますが、その際に膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、体に必要な血糖を細胞内に取り込むという、血糖を一定の量に調節する働きを担っています。 この時にインスリンの働きが異常を起こすことでブドウ糖が血中に溜り、高血糖になるのが糖尿病と言われています。 そのため、糖尿病の種類によって食事内容を調整することで、負担を減らすことを図るのが食事療法の基本とされています。 糖質制限 糖質=ブドウ糖ということで、糖尿病の方にとって糖質を制限することも一つのテーマとなります。 ご飯の量などを減らさないといけないというのはこの点を指しているんですね。 摂りすぎた糖分はインスリンの分泌量も増えることになるため、調整が必要とされています。 となっています。 糖質の量を意識するというよりも、栄養バランスを意識する、ということが大切ですね。 ロカボという食・楽・健康協会では一食の糖質摂取量目安を定めて推奨するなど糖尿病ではない人に対しても糖質の摂りすぎを控えるように提唱しています。 日々の献立作りに役立つ食品交換表 糖尿病と診断された方の食事療法では献立作りをサポートするための食品交換表という資料があります。 病院でも貰えますし、本なども出ています。 各食品を、含まれる栄養素が近いもの同士で6つにグループ分けをして各食品を80kcal=1単位としてわかりやすく計算できるように記しています。 これによって献立を作る時に、同じ表(グループ)の食品を交換することで調整をすることができます。 食品交換表では• 炭水化物が主な穀類・イモ類・豆類(大豆製品を除く)など• ビタミン・果糖が主な果物類• たんぱく質が主な魚・肉・卵やチーズ・大豆製品・加工品など• カルシウム・たんぱく質が主な乳製品• 脂質が主な脂類や多脂性食品• ビタミン・ミネラルが主な野菜・海草類・キノコ類・コンニャク という6種類の表に加えて、調味料、お酒やデザートなども記載されています。 >> カロリー計算アプリの活用 お医者さんから一日のカロリーなどを指導されて、食品交換表を用いていざ食事を進めようと思っても、カロリー計算は慣れないと面倒です。 近年では、そんなカロリー計算をサポートしてくれるスマホアプリも多数登場していますので、活用していきましょう。 人気が高く知名度があるカロリー計算アプリは• FiNC• 3日坊主防止アプリ-みんチャレ• カラダかわるNavi• ごはんカメラfor糖尿病• 糖質カウンター• 栄養計算機• Welby血糖値ノート糖尿病の自己管理がかんたん• スマートe-SMBG -糖尿病• 糖質生活• 血糖値メモ などがあります。 無料で使えるものばかりです。 トクホ・機能性食品の活用 健やかな毎日のためのサポート食品として知られている消費者庁が認可したトクホや機能性食品といった食品は身体をいたわる食生活に役立つ存在です。 自分の目的に合ったトクホや機能性食品は医者への相談の上取り入れるのもポイントです。 糖尿病予備軍にならないために 糖尿病は一度なってしまうと食事療法などが必要になってしまいます。 だれしもがなりたくない病気ですが、メタボリックシンドロームなど現代人に多い生活習慣病を招く生活習慣を送っている方は多いです。 健康な方も糖尿病予備軍になる可能性は十分にあると言えます。 そうならないための習慣を意識することが重要だとされています。 食べ過ぎ・飲み過ぎな食生活 好きなものだけ食べる栄養バランスが偏った生活の中で食べ過ぎてしまうのは肥満を招きやすくなり、糖尿病の最大の原因と言われています。 誰もがなり得る状況ですので、若い時は良くても年齢を重ねるごとに注意が必要となります。 さらにお酒の中で米や麦を使用しているお酒は高カロリーです。 近年は糖質オフのビールなども登場していますが、徹底して意識した生活というのは難しいため、お酒好きな方は注意が必要です。 運動不足 年齢と共に運動不足になる、家で楽しめる遊びも沢山増えて昔と比べても運動に触れる機会は自分で作ろうとしなければできなくなってきています。 運動不足はエネルギー消費力を保つ筋力も衰えさせてしまい、結果的にエネルギー消費の効率が良くない身体となってしまうため、糖尿病予備軍に当てはまる方は運動不足に注意しなければいけません。 糖尿病の治療でも食事や薬での治療に加えて運動も勧められます。 ここまでの原因は結果として肥満(メタボ)へと繋がってしまいます。 肥満は糖尿病を含む生活習慣病を招く大きな原因ですので、肥満対策は年齢を重ねるごとに重要となるわけですね。 他にもストレスや睡眠不足も注意すべき点とされています。 まとめ 糖尿病の食生活はカロリー調整が重要だとされていますが、加えて栄養バランスを整えることが重要だとされています。 そのため、ただ食べるものを減らすのではなく、不足している栄養をバランス良く補うこともテーマとなります。 筆者の両親の実体験でもありますが、カロリー計算ばかり目が行き、食事内容が寂しくなる、味気ないといったことがあります。 しかも隠れて間食、ご飯を食べてしまうということも体験しました。 大人でもそんなことが当たり前であるのが糖尿病の食事療法の難しさです。 我慢だけでは難しいですし、食事を用意する方の負担も大きくなります。 その点を楽にしてくれるのが、トクホや低糖質食品・低GI食品、そして制限食・調整食の宅配食事です。 自身の制限範囲内で食べる楽しみを持ちながら、作る側の負担も減らすという点でこれらのサービスを無理なく上手に活用して食事療法を進めるのが周りで支える家族の負担も少なくなると実感しています。 参考: 参考:.

次の

糖尿病の弁当宅配!新潟県への糖尿病食を紹介!

宅配食事 糖尿病 種類

日本語での解説: もちろんどれだけで飲んでもいいという訳ではありません。 適量を守らなくてはいけませんよ。 適量については後ほどご説明します ですが、アルコールが糖尿病のリスクを下げるというのはちょっとビックリですよね。 では、すでに糖尿病になってしまった人にとってはどうなのでしょうか。 病気になってしまったら飲んではいけないというイメージがあるかもしれませんね。 ですが、 ただし、血糖値コントロールが上手くできていない、合併症があるなどの理由で 医師から止められている人は当然飲むことが出来ません。 血糖コントロールが上手くできている人は適度な飲酒をしてもOKです。 糖尿病の人がお酒を飲む時の注意点 糖尿病の方が飲む場合は健康な人よりももっと気をつける必要があります。 糖尿病の方にお酒が良くないといわれるのは• カロリーが高い• 糖質を含む という理由からです。 アルコールには1gあたり7kcalというカロリーが含まれています。 といっても適量飲む分にはそれほど気にする量ではありません。 お酒というのは ついつい飲み過ぎてしまうもの。 飲み過ぎるとその分摂取カロリーや糖質量も増えていきます。 また、アルコールには食欲を増進させる働きもあり、 ついついおつまみを食べ過ぎてしまうという危険性もあります。 おつまみの食べ過ぎは良くないとはいえ、食事をしっかり摂らずに飲酒をするのもNGです。 血糖降下剤やインスリン注射をしている人は食事を摂らずにアルコールだけを摂取していると低血糖になりやすいです。 飲酒をする場合でも食事はしっかり摂る必要があります。 つまり、糖尿病の人が飲酒をする時は• お酒の量に気をつける(具体的には後半説明します)• 食事をしっかり摂ってから飲酒する という2点を守ってください。 酒の種類によっても違いがある! 先ほどお酒には糖質が含まれるとご説明しました。 お酒の種類によって糖質の量は異なります。 お酒100gの糖質量とカロリーを一覧にしてみました。 お酒100gは約100mlです。 6 赤ワイン 1杯 73 1. 5 白ワイン 1杯 73 2. 9 参照元:(酒で検索) 糖質量はお酒の種類によってかなり違いがありますね。 商品によっても多少の違いはあります。 カロリーと糖質の両方とも低めなのはワインです。 ウイスキー、ブランデー、ウォッカなどの蒸留酒はアルコール度数が高いため、カロリーが高いです。 水割りやソーダ割にすれば量が増えてカロリーは下げられます。 そして、 蒸留酒は糖質が0です。 ただし、当たり前ですが甘いジュースなどで割るとカロリーも糖質も増えますのでやめましょう。 発泡酒や第三のビールなどにも 「糖質0」という種類があります。 「0」という表記ですが、100mlあたり0. 5g未満の糖質であれば「糖質0」という記載が可能です。 実際に全く入っていないという訳ではないので注意しましょう。 梅酒やリキュール類などは果実や糖分を追加して作られているため糖質が高いです。 糖尿病の方は避けたほうがいいでしょう。 糖尿病の人が飲むなら何をどのくらい? それでは実際に糖尿病の人がお酒を飲む場合、どのくらいまでなら飲んでも良いのでしょうか? 糖尿病の方が飲んでもOKなお酒の量 厚生労働省の指針によると、1日のアルコール摂取量の目安は純アルコール量で約20gとしています。 糖尿病の方の場合も、基本的には同じです。 純アルコール量で約20gを目安にしてください。 純アルコール量約20gというのは具体的にどの位になるか?ですが、アルコール量は 補足: お酒を飲むとすぐに赤くなる人はさらに注意が必要です。 古河栄養健康研究にはこんな研究結果があります。 その結果、お酒で赤くなる人は、赤くならない人に比べて、少量から適量の飲酒で、このHOMA-IR値とヘモグロビンA1c値が低くなる一方で、1. 5合を超えると特にヘモグロビンA1c値が高くなることが今回の調査でわかりました。 引用: この研究で使用されたのは 日本酒で、1. 5合飲んだ場合です。 日本酒1. 5合 約270ml の純アルコール量は 30gです。 適量は20gなので、それ以上に飲んだ場合の結果ではありますが、お酒が弱い人は特に気をつけたほうが良さそうですね。 それとお酒の弱い人の適量は純アルコール量約20gよりももっと少ないという場合もあります。 自分の適量を見極めるのは難しいと思いますが、弱い人は特に気をつけて飲むようにしてください。 酒の種類によって飲める量も異なる! 純アルコール量20gを基準にしたお酒の種類と適量は以下の通りです。 お酒の種類 量 ビール 500ml ワイン 240ml(約2杯) 日本酒 180ml(1合) 焼酎 90ml(0. 5合) ウイスキー 60ml(ダブル1杯) 思っていたよりも少ないかもしれませんね。 飲み会などに行く時はあらかじめ、あまり飲めないことを伝えておいたほうがよいでしょう。 また、水も一緒に頼んでゆっくり飲むというのもおすすめです。 まとめ 糖尿病の方でも、血糖コントロールがしっかりできていて合併症などがなければ適量のお酒を飲むことができます。 適量は純アルコール量で約20g。 酒の種類によって飲める量は変わってきます。 アルコール度数が高いものほど量は少なくなります。 ゆっくり飲むためにはアルコール度数の低いものを選ぶといいかもしれません。 適量では物足りないという人もいるかもしれませんが、長くお酒を楽しめるように量をしっかり守りましょう。 また、しっかり食事を摂ってから飲酒をするというのもポイントです。

次の