キャベツ 温 野菜 サラダ。 カラダの中から温めて痩せ体質に!温野菜ダイエットのおすすめレシピ・作り方

キャベツの温サラダ(副菜)のレシピ・作り方

キャベツ 温 野菜 サラダ

冷蔵5日 今日は、キャベツをアジアンテイストでいただくレシピをご紹介します。 ナンプラーを使い、シャキシャキの食感、あっさりノンオイルでいただきます。 食材は、作りやすいキャベツのみでご紹介しています。 お好みで、パクチーはもちろん、ナッツや乾燥えびなどを加えたりと、さまざまなアレンジでもお楽しみいただけます。 あっさり、さっぱりとした口当たりですので、こってりとしたおかずの付け合せにはもちろん、暑い日や、食欲の無い時にも食べやすい味付けです。 刻んだキャベツを塩もみし、熱湯にさらしてから作ります。 このひと手間で、余分な水分が抜けてカサが減るとともに、キャベツ独特の苦味や臭いが抜けますので、より味がしみ込みやすく、たっぷり食べやすく仕上がります。 また、殺菌もできますので、作り置きとしての日持ちも良くなります。 8人分• キャベツ 1個(1200~1800g目安 巻きのゆるい春キャベツなら2個)• 塩 大さじ2• ナンプラー 大さじ4(60ml)• レモン果汁 または ライム果汁 大さじ4(60ml)• 砂糖 大さじ2• 鶏がらスープの素 小さじ4• 作り方 step 1キャベツの芯は取り除きます。 キャベツの芯は、使用しません。 芯の形に沿って、包丁の先で深く切れ目を入れると、うまくくり抜くことが出来ます。 写真は小ぶりの春キャベツ1個を使っています。 step 2芯に近い固い部分は、そぎ切りにしていただきます。 包丁の刃を右側に寝かせるように当てて、手前に引くようにして切ります。 「そぎ切り」とは、厚みのある材料を、そぐように切って、厚みをそろえる切り方のことです。 今回のようなキャベツの芯に近い固い部分や、同様に白菜の芯に近い白い部分、また、鶏むね肉をカットする際は、ぜひ、この「そぎ切り」をおすすめします。 step 37mm幅程度(人差し指の半分の幅目安)の、粗めの千切りにします。 step 4キャベツを大きめのボウルか鍋に入れ、塩をふりかけ、もみ込むようにして、塩をキャベツ全体に行き渡らせます。 このまま10分ほど置きます。 ギュンギュンにもみ込む必要はありません。 塩が全体に行き渡ればよいです。 あとはほったらかしておきましょう。 その間にお湯を沸かし、洗い物でもしておきましょう。 芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。 固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。 step 5キャベツを浸ける熱湯(4人分1. 5リットル、8人分3リットル目安)を沸かします。 8人分を作る場合は、4リットル以上の大鍋を用意し、鍋にキャベツを浸す想定で進めましょう。 step 6手順4のキャベツを熱湯に放ち、底からざっとかき混ぜて、10数えます。 やけどをしないよう、熱湯の取扱には充分に注意しましょう。 8人分を作る際は、キャベツを鍋の熱湯に入れましょう。 写真では鍋が小さいためキャベツに熱湯をかけていますが、キャベツを熱湯に入れても構いません。 やけどをしない安全な方法を取りましょう。 step 7ざるに上げ、水にさらして冷やします。 暑い時期や、暖房がきいた場所であれば、水は2~3回替え、手早くしっかりと冷やしましょう。 氷水を使っても構いません。 栄養価が流れ出ないように、水にさらす時間は2分以内にしましょう。 step 8ボウルに、合わせ調味料の材料をよく混ぜ合わせます。 写真は赤唐辛子を種ごと使用しています。 step 9手順7のキャベツの水気をぎゅっと絞り、 かなりの水分が出ます。 写真は、撮影の都合から片手ですが、両手を使ってしっかりと絞りましょう。 step 10手順8のボウルにほぐしながら入れ、よく和えます。 ゴムベラでボウルの底からしっかりと混ぜ合わせましょう。 step 11保存します。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすと、より口当たり良く、さっぱり、あっさりといただけます。 保存する際は、充分に消毒した保存容器に入れて保存しましょう。 スポンサーリンク• キャベツに塩をする際は、ギュンギュンにもみ込む必要はありません。 全体に行き渡ればよいです。 あとはほったらかしておきましょう。 その間にお湯を沸かし、洗い物でもしておきましょう。 芯に近い部分は、よくほぐしておきましょう。 固まったままですと、味のしみ込んでいない塊が出来てしまい、キャベツ嫌いを生む要因のひとつになります。 やけどをしないよう、熱湯の取扱には充分に注意しましょう。 8人分を作る際は、キャベツを鍋の熱湯に入れましょう。 写真では鍋が小さいためキャベツに熱湯をかけていますが、キャベツを熱湯に入れても構いません。 やけどをしない安全な方法を取りましょう。 下ごしらえをしたキャベツからは、かなりの水分が出ますので、両手を使ってしっかりと絞りましょう。 保存の際は、充分に消毒した容器に入れて、冷蔵庫で保存しましょう。 できたてでもおいしいですが、冷蔵庫で2時間以上しっかりと冷やすと、より口当たり良く、さっぱり、あっさりといただけます。

次の

キャベツの温サラダ(副菜)のレシピ・作り方

キャベツ 温 野菜 サラダ

キャベツ,ブロッコリー,ささみの温サラダの準備 野菜と鶏ささみはフライパンで火を通しやすいよう、下準備をします。 それを2等分に切ります。 ブロッコリーは小房に切り分け、大きければ茎の部分に切り込みを入れて半分に割きます。 ため水で洗って水気を切っておきます。 鶏ささみはそのままフライパンで蒸してもOKですが、気になるようなら筋を除いておきましょう。 その時に、太い筋だけを切り落とすなどしてもいいと思います。 ブロッコリーを鶏ささみの上に広げ、にんにくを入れる場合も上にのせます。 具材が入ったら 酒と水を50mlずつそそぎ入れ、蓋をして中火にかけます。 中の汁が沸騰してきたら弱火にして、 蓋をしたまま12分ほど蒸し煮にします。 火にかけている間に、ドレッシングなどを準備します。 弱火で12分ほど蒸し煮にすれば、野菜にも鶏ささみにも火が通っているので、鶏ささみだけを取り出して食べやすく切ってから盛り付けます。 ごまをつぶすことでドレッシングの香りもよくなります。 器に温キャベツ、ブロッコリー、切った鶏ささみを盛り付け、好みでレモンを添えて完成です。

次の

カラダの中から温めて痩せ体質に!温野菜ダイエットのおすすめレシピ・作り方

キャベツ 温 野菜 サラダ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。

次の