ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン クラシエ。 ツムラの漢方薬|漢方薬番号一覧(ツムラ・カネボウ・小太郎の一覧付き)

添付文書(TOP)

ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン クラシエ

漢方薬について。 月経前緊張症とパニック障害で、心療内科から2種類の漢方薬を処方してもらってます。 5g中) サイコ 6. 0g オウゴン 3. 0g カロコン 3. 0g ケイヒ 3. 0g ボレイ 3. 0g カンキョウ 2. 0g カンゾウ 2. 5g中) シャクヤク 4. 0g ソウジュツ 4. 0g タクシャ 4. 0g ブクリョウ 4. 0g センキュウ 3. 0g トウキ 3. 0g もしかしたら、ツムラ24と成分が同じのものが多いので、冷えや不安感に24の1種類でも効くのでは?と疑問です。 0g シャクヤク 3. 0g ソウジュツ 3. 0g トウキ 3. 0g ブクリョウ 3. 0g サンシシ 2. 0g ボタンピ 2. 0g カンゾウ 1. 5g ショウキョウ 1. 0g ハッカ 1. 0g どうでしょうか?!.

次の

初心者のための漢方講座

ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン クラシエ

生理痛、生理不順、対策に の桂枝茯苓丸は、 やから市販薬が発売されています。 そこで、両者にはどんな違いがあるのかを調べてみました。 『漢方桂枝茯苓丸科エキス顆粒』 (第2類医薬品) 【成分量(1日の服用量3包中)】 ケイヒ 2g ブクリョウ 2g ボタンピ 2g トウニン 2g シャクヤク 2g 『漢方桂枝茯苓丸科エキス顆粒』 (第2類医薬品) 【成分量(1日の服用量2包中)】 ケイヒ 1. 5g ブクリョウ 1. 5g ボタンピ 1. 5g トウニン 1. 5g シャクヤク 1. 5g 15歳以上の成人の場合、 は1日3回の服用に対し、 は1日2回の服用になります。 の方が、1日の成分量は多いことになります。 初めて飲む場合は、成分量の少ない で試した方が、 副作用のリスクは少ないかもしれませんね。 いずれの場合も、効果が期待できる一方で 副作用の可能性はあるので 注意していきましょう。 生理不順やに悩みを抱えている場合は、 で、自然な成分での ケア方法も紹介しています。 よかったら、参考にしてみてくださいね。 keishibukuryou.

次の

漢方薬について。月経前緊張症とパニック障害で、心療内科から2種類の...

ケイシ ブクリョウ ガンカ ヨクイニン クラシエ

皆様、漢方薬と聞いてどんな印象を持たれますか?昔は「苦い」「効き目が分かりづらそう」などマイナスイメージが多かった漢方ですが、近年は「体に優しそう」「体質から改善されそう」など、プラスのイメージに変化してきました。 そこでこちらのページでは、症状により比較的効果がはっきりしている漢方薬を集めてみました。 風邪 皆様も一度は聞いたことがある漢方薬で有名な「葛根湯(カッコントウ)」。 風邪薬の売り場でも良く見かけますね。 風邪といっても、症状は様々。 葛根湯は比較的に体力が充実しており、ゾクゾクと悪寒がする 風邪の初期 熱の出始め に服用する漢方薬です。 体力が落ちて元気が無い風邪には「桂枝湯(ケイシトウ)」、風邪をこじらせた時や胃腸の調子がおかしい時には「柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)」などがオススメです。 漢方について 漢方薬とは? 漢方とは、植物などから得た「生薬」を組み合わせた東洋医学のお薬です。 漢方に使われる生薬は200種類以上といわれており、煎じ薬とエキス剤があります。 植物由来のため、食事と相互作用しないためにも、飲み合わせ・食べ合わせの確認はしっかりしましょう。 また、漢方は効き目が穏やか、副作用がないと思われがちですが、実際は効き目が強いものや副作用に気をつけなければならない漢方も。 用法・容量を守り、適切な服用を心がけましょう。 漢方の選び方は? 漢方は体質や体力など、身体の反応を見て選ぶお薬です。 身体の状態に合わない漢方を選ぶとかえって不調を招くことも。 自分の身体と相談して選ぶのが大切です。 身体の状態は「証」であらわされ、同じ症状でも「証」によって異なる漢方を処方されます。 体力が低下している場合(虚)、体力があり血色のいい場合(実)や、「気・血・水(き・けつ・すい)」などで身体の状態を判断します。 気の不調・・・だるさや気分の低下などエネルギー不足 血の不調・・・貧血や血行不良、便秘など血液に由来する体調不良 水の不調・・・むくみ、下痢、頻尿など尿の異常など水分代謝による不調 おもな漢方 ここでは、代表的な漢方をご紹介いたします。 漢方は実に種類が多く、自分にあった漢方を選ぶのは難しいもの。 まずは、医師や薬剤師に相談してみましょう。 葛根湯(カッコントウ) 風邪のひき始めによく飲まれる漢方です。 体力がある方 実 に向いたお薬で、発汗を促して熱を下げる作用が期待できます。 配合:葛根、麻黄、桂皮、芍薬、生姜、大棗、甘草 麻黄湯(マオウトウ) 体力があり、高熱や筋肉痛などが見られる風邪の症状改善に用いられます。 効き目が効果的なため、併用や服用には注意が必要です。 配合: 麻黄、杏仁、桂枝、甘草 小青竜湯(ショウセイリュウトウ) 風邪をはじめ花粉やアレルギー性の鼻炎などで広く用いられます。 体力が中くらいの方に向います。 副作用や飲み合わせに注意が必要です。 配合:半夏、乾姜、甘草、桂皮、五味子、細辛、芍薬、麻黄 六君子湯(リックンシトウ) 体力の低下した虚弱な人の消化不良、食欲不振、嘔吐などに。 高齢者や妊婦、小児の使用は注意が必要とされています。 配合:白朮、茯苓、人参、半夏、陳皮、大棗、生姜、甘草 安中散(アンチュウサン) 体力が低下した方で冷えや冷たい飲み物などで生じた腹部の痛みや、ストレスによる胃の不快感などに効果が期待できる漢方です。 配合:桂枝(代用で桂皮)、延胡索、牡蛎、茴香、甘草、縮砂、良姜 半夏厚朴湯(ハンゲコウボクトウ) ストレスが原因の吐き気などを抑える漢方で、 のどに違和感がある場合や不眠症にも効果が期待できます。 配合: 半夏、茯苓、厚朴、蘇葉、生姜 大黄甘草湯 (ダイオウカンゾウトウ) 漢方の代表的な便秘薬です。 腸の動きを活発にすることで、お通じに効果をもたらします。 配合:大黄、甘草 加味逍遥散 カミショウヨウサン 婦人科系の症状改善に効果的といわれる漢方です。 体力の少ない方で、イライラや不安など心身の不調を抱える方に向いています。 配合:柴胡、芍薬、当帰、茯苓、蒼朮、山梔子、牡丹皮、甘草、生姜、薄荷 当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン) 婦人科系の症状改善に効果的といわれる漢方です。 体力の少ない痩せ型の方で、月経や貧血、更年期症などによく用いられます。 配合:当帰、川芎、芍薬、茯苓、蒼朮、沢瀉 桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン) 婦人科系の症状改善に効果的といわれる漢方です。 体力が中以上で、月経のトラブルや肩こりなど、血行を改善することで症状の緩和を目指します。 また、シミなどの肌トラブルにも用いられます。 配合:桂皮・芍薬・桃仁・茯苓・牡丹皮 猪苓湯(チョレイトウ) 利水効果が期待できる漢方で、多くの尿トラブルに用いられます。 頻尿や残尿感、排水困難をはじめ、むくみなどに効果的です。 配合:猪苓、茯苓、滑石、沢瀉、阿膠 五苓散(ゴレイサン) 体内の水分バランスを整えることを目的とした漢方です。 のどの渇きやむくみ、二日酔いや下痢などにも効果的とされています。 配合:沢瀉、猪苓、蒼朮、茯苓、桂皮 防風通聖散(ボウフウツウショウサン) テレビCMなどでもお馴染みの肥満の方に人気のある漢方です。 体力が充実していて、腹部に皮下脂肪が多く、便秘、むくみ、高血圧などが見られる方の肥満に効果的といわれています。 配合:防風、オウゴン、大黄、芒硝、麻黄、石膏、白朮、荊芥、連翹、桔梗、山梔子、芍薬、当帰、センキュウ、薄荷、滑石、生姜、甘草.

次の