葵 ウィメンズ クリニック。 誠ウィメンズクリニック 婦人科・産科 母体保護法指定医(文京区子宮がん検診指定医療機関)

女性のカラダとココロに寄り添う女性の総合病院

葵 ウィメンズ クリニック

そのため、当院への出入り制限を行っております。 診察される御本人以外の方 ご主人・お子様・パートナー等 は、当院への出入りを自粛していただくようお願いします。 ・スタッフ一同、マスク・手袋を着用させていただき、患者様に飛沫等、接着の防止を心がけております。 ・受付も、会計のやり取りなどで、手袋を着用させていただき、常に清潔なやり取りに注意しております。 御診察の方・付添いの方、全員が検温の対象となります。 すべての方が、該当するわけではありませんが、お困りの方は、ご連絡ください。 現在、多くの方が、風疹ワクチンをご希望されていますが、全国的なワクチン供給不足が発生したため、接種を希望されている全ての方に、速やかに接種を受けていただくことが難しい状況にあります。 そのため、平成25年9月30日までだった接種期間が平成26年3月31日まで延長になりました。 ただし、条件がありますので、以下の説明をお読みください。 )と、男性は母子手帳で父親であることを確認させていただきます。 (母子手帳内の父親の氏名欄にお名前をを記入してください。 ) 【実施期間】 平成26年3月31日まで 【対象ワクチン】 麻しん風しん混合ワクチン(MR)1回分(風しん単独ワクチンは助成対象外) 【費用】 自己負担 3000円(税込)以下の説明をお読みください。 平成25年度の横浜市無料子宮がん検診について 今年度も、6月末ころから、横浜市民の該当者の方に、子宮がん検診無料クーポンの郵送が始まりました。 当院では、今年も、無料クーポンによる子宮がん検診を行っております。 平成25年度の該当者は以下の如くです。 平成 4年(1992)4月2日~平成 5年(1993)4月1日生まれ 20-21歳 昭和62年(1987)4月2日~昭和63年(1988)4月1日生まれ 25-26歳 昭和57年(1982)4月2日~昭和58年(1983)4月1日生まれ 30-31歳 昭和52年(1977)4月2日~昭和53年(1978)4月1日生まれ 35-36歳 昭和47年(1972)4月2日~昭和48年(1973)4月1日生まれ 40-41歳 たくさんの方から、風しんワクチン接種について、お問い合わせがあり、当クリニックではできませんと、お話しておりましたが、 平成25年9月30日までの横浜市緊急風しん予防接種ができるようになりました。 ただし、条件がありますので、以下の説明をお読みください。 )と、男性は母子手帳で父親であることを確認させていただきます。 (母子手帳内の父親の氏名欄にお名前をを記入してください。 頸部細胞診検査:1360円• もっと、詳しく知りたい方に、オプションで超音波画像診断(4500円)を行っています。 視触診検査のみ:690円(当院では、視触診のみ行っています。 マンモグラフィ検査のみ:680円(マンモグラフィは連携病院にて行います。 女性医師による視触診をご希望の方は、一度KWCにご相談下さい。 詳細につきましては、よりご確認いただけます。

次の

横浜市鶴見区で産科をお探しなら、おおいウィメンズクリニックへ

葵 ウィメンズ クリニック

ごあいさつ 長年この地で産婦人科診療を行ってきた『前原ウィメンズクリニック』を継承し、平成28年10月3日より『おおいウィメンズクリニック』を開院しました。 診療の柱となっている「地域に密着した医療」「トータルな診療」「自然なお産」を引き継ぎ、長年いただいてきたご信頼に応える産婦人科診療を目指しています。 いつでも、なんでもご相談ください 出産はお母さまにとっても、生まれてくる赤ちゃんにとってもかけがえのない瞬間であり、やり直しができることではありません。 また、出産経験があっても、妊娠・出産はその時によって全く異なることがよくあります。 ですから、おなかに赤ちゃんがいる時には、さまざまなお悩みや気がかりがあると思います。 そこで当院では、医師だけでなく、助産師からスタッフまで、どんなお悩みにもお応えできるようにしています。 いつでも、なんでも、気軽にご相談ください。 和痛分娩も行っています。 医療の進歩により、出産に関してもさまざまな選択肢が増えています。 当院では、お母さまが笑顔で赤ちゃんを迎えてあげられるよう、体質や個性、お考えに合わせた出産をサポートしています。 きちんとリスクを知り、安全性を確保することで、赤ちゃんの誕生がお母さまやご家族にとっていつまでも素晴らしい記憶として残すことにつながると考えています。 当院では普通分娩の他に、「和痛分娩」も行っています。 これは、痛みを和らげながら、自然な分娩で赤ちゃんを迎えるための方法です。 和痛分娩では出産後、ほとんどのお母さまが「痛かったけれど、よかった!」と赤ちゃんを抱っこしながら笑顔を見せてくださいます。 麻酔のリスクを最小限に抑えることで、いきみや生まれてくる赤ちゃんに影響を与えず、痛みを和らげながらより自然な出産を実現します。 痛みの感じ方には個人差があります。 長年この地で産婦人科診療を行ってきた『前原ウィメンズクリニック』を継承し、平成28年10月3日より『おおいウィメンズクリニック』を開院しました。 診療の柱となっている「地域に密着した医療」「トータルな診療」「自然なお産」を引き継ぎ、長年いただいてきたご信頼に応える産婦人科診療を目指しています。 いつでも、なんでもご相談ください 出産はお母さまにとっても、生まれてくる赤ちゃんにとってもかけがえのない瞬間であり、やり直しができることではありません。 また、出産経験があっても、妊娠・出産はその時によって全く異なることがよくあります。 ですから、おなかに赤ちゃんがいる時には、さまざまなお悩みや気がかりがあると思います。 そこで当院では、医師だけでなく、助産師からスタッフまで、どんなお悩みにもお応えできるようにしています。 いつでも、なんでも、気軽にご相談ください。 和痛分娩も行っています。 医療の進歩により、出産に関してもさまざまな選択肢が増えています。 当院では、お母さまが笑顔で赤ちゃんを迎えてあげられるよう、体質や個性、お考えに合わせた出産をサポートしています。 きちんとリスクを知り、安全性を確保することで、赤ちゃんの誕生がお母さまやご家族にとっていつまでも素晴らしい記憶として残すことにつながると考えています。 当院では普通分娩の他に、「和痛分娩」も行っています。 これは、痛みを和らげながら、自然な分娩で赤ちゃんを迎えるための方法です。 和痛分娩では出産後、ほとんどのお母さまが「痛かったけれど、よかった!」と赤ちゃんを抱っこしながら笑顔を見せてくださいます。 麻酔のリスクを最小限に抑えることで、いきみや生まれてくる赤ちゃんに影響を与えず、痛みを和らげながらより自然な出産を実現します。 痛みの感じ方には個人差があります。 産婦人科医として目指すもの 実は医学部入学当時、産婦人科医は大変そうだと敬遠していました。 ところが尊敬できる先生にめぐり会い、たまたまその先生が産婦人科の医師で、気付いたら産婦人科の道を選んでいました。 今ではその出会いに感謝するほど、産婦人科が自分の天職だと思っています。 産婦人科は赤ちゃんの誕生に立ち合うとてもハッピーな診療科です。 出産されるお母さまや誕生する赤ちゃん、そしてご家族にとってかけがえのない瞬間を共にできることはとても幸せなことです。 だからこそ、私は産婦人科医として、お母さまと赤ちゃんの安全を最優先した上で、笑顔でその時を迎えられるようにしてさしあげたいと考えています。 笑顔になっていただくために 妊婦健診では、エコー写真をさしあげています。 リアルタイムで赤ちゃんの様子がよくわかる4Dエコーでは、スマートフォンで画面を動画撮影していただけます。 マタニティヨガなど、お母さま同士のコミュニティとなる場も設けています。 アロマオイルを使ったリフレクソロジーを、出産後のサービスとして行っています。 入院中のお食事は、専属の栄養士が家庭的で身体に優しいメニューをお作りしています。

次の

杉ウイメンズクリニック 新横浜:不育症、反復流産、死産、着床障害

葵 ウィメンズ クリニック

そのため、当院への出入り制限を行っております。 診察される御本人以外の方 ご主人・お子様・パートナー等 は、当院への出入りを自粛していただくようお願いします。 ・スタッフ一同、マスク・手袋を着用させていただき、患者様に飛沫等、接着の防止を心がけております。 ・受付も、会計のやり取りなどで、手袋を着用させていただき、常に清潔なやり取りに注意しております。 御診察の方・付添いの方、全員が検温の対象となります。 すべての方が、該当するわけではありませんが、お困りの方は、ご連絡ください。 現在、多くの方が、風疹ワクチンをご希望されていますが、全国的なワクチン供給不足が発生したため、接種を希望されている全ての方に、速やかに接種を受けていただくことが難しい状況にあります。 そのため、平成25年9月30日までだった接種期間が平成26年3月31日まで延長になりました。 ただし、条件がありますので、以下の説明をお読みください。 )と、男性は母子手帳で父親であることを確認させていただきます。 (母子手帳内の父親の氏名欄にお名前をを記入してください。 ) 【実施期間】 平成26年3月31日まで 【対象ワクチン】 麻しん風しん混合ワクチン(MR)1回分(風しん単独ワクチンは助成対象外) 【費用】 自己負担 3000円(税込)以下の説明をお読みください。 平成25年度の横浜市無料子宮がん検診について 今年度も、6月末ころから、横浜市民の該当者の方に、子宮がん検診無料クーポンの郵送が始まりました。 当院では、今年も、無料クーポンによる子宮がん検診を行っております。 平成25年度の該当者は以下の如くです。 平成 4年(1992)4月2日~平成 5年(1993)4月1日生まれ 20-21歳 昭和62年(1987)4月2日~昭和63年(1988)4月1日生まれ 25-26歳 昭和57年(1982)4月2日~昭和58年(1983)4月1日生まれ 30-31歳 昭和52年(1977)4月2日~昭和53年(1978)4月1日生まれ 35-36歳 昭和47年(1972)4月2日~昭和48年(1973)4月1日生まれ 40-41歳 たくさんの方から、風しんワクチン接種について、お問い合わせがあり、当クリニックではできませんと、お話しておりましたが、 平成25年9月30日までの横浜市緊急風しん予防接種ができるようになりました。 ただし、条件がありますので、以下の説明をお読みください。 )と、男性は母子手帳で父親であることを確認させていただきます。 (母子手帳内の父親の氏名欄にお名前をを記入してください。 頸部細胞診検査:1360円• もっと、詳しく知りたい方に、オプションで超音波画像診断(4500円)を行っています。 視触診検査のみ:690円(当院では、視触診のみ行っています。 マンモグラフィ検査のみ:680円(マンモグラフィは連携病院にて行います。 女性医師による視触診をご希望の方は、一度KWCにご相談下さい。 詳細につきましては、よりご確認いただけます。

次の