よく ある ファンタジー 小説 で 崖っぷち 妃 として 生き残る 原作。 「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」19話のネタバレ

「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」42話のネタバレ(最新話)

よく ある ファンタジー 小説 で 崖っぷち 妃 として 生き残る 原作

【閲覧注意】捨てられた皇妃の結末完全ネタバレ アリスティアはだれと結ばれるの? 皆さん、ここが一番気になる所ですよね。 アリスティアをめぐって男の子たちの壮絶な争いがありました。 (実際はそこまで壮絶ではなかったような) 最終的に誰とくっつくのか。 もういっちゃいますよ? 選ばれたのは皇太子・ルブリスでした。 ・・・綾鷹みたいに言うなよ あれだけルブリスから逃げようと剣術も頑張ってきたのに、結局運命には逆らえないんかい!と思った皆さん。 どうぞご安心ください。 ルブリスは逆行前とは打って変わって、アリスティアにベタぼれです。 結婚した後に子供ができるのですが、息子であるエイドリアンが記した日記という設定の外伝では、もうラブラブすぎてみていて恥ずかしいといった内容がかかれています。 エイドリアンの日記、読みたい・・・!韓国では小説として公開されていますが、ぜひとも漫画も読みたいです!お願いします! 【関連記事】エイドリアンの日記が気になる方はこちら スポンサーリンク 美優は現れるのか 一回目の時と同様、美優は現れます。 しかし、どうやら美優も2回目の人生を歩んでいるようです。 というのも、現れた際に「ティア、久しぶり」といいます。 初めて会ったはずなのに久しぶりっていうのは変ですよね。 美優はルブリスとくっつくことはなく、帝国側とは対立する貴族側につくみたいです。 アリスティアとルブリスの関係を邪魔することはなさそうです。 ちなみに、アリスティアが1回目の人生で処刑された後のことが書かれた小説があるようですが、そこでは、美優が皇后の仕事が一切できずにルブリスが苦労するといった描写があります。 ルブリスは処刑した後に、アリスティアは自身のことを想っていてくれていたんだと感じ、どんな人だったのかなと気になっているようです。 自分で酷いことをしておいてなんて奴だ! でも逆行後のルブリスは違うようで安心しました。 アレンディスとカルセインはどうなるの? この二人、アリスティアのことが気になっていましたよね。 アレンディスに関しては求婚までしてましたし。 詳しいことは書かれていませんでしたが、二人との関係(恋愛感情ね)は最終的に終わりを告げるそうです。 まあ、皇太子と結ばれるのですから邪魔できませんよね。 そんなことしたら首をはねられかねません。 ただ、アレンディスエンドを楽しみにしていた私にとっては少し残念です。 でもアリスティアが幸せならそれでOKです(なんかどっかで聞いたことあるセリフやな) 【最新話】各話ネタバレはこちら これからもアリスティアをよろしく! ネタバレを読んでしまったとはいえ、これからも「捨てられた皇妃」を応援しますよ!あのきれいな絵柄でアリスティアとルブリスが並んで、笑顔で手を取り合っているところがみたいです! 皆さんも「捨てられた皇妃」読んでいってくださいね。 【ネタバレまとめ】1話ごとのネタバレはこちらから.

次の

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る

よく ある ファンタジー 小説 で 崖っぷち 妃 として 生き残る 原作

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第43話】のあらすじ・ネタバレ・感想 ネット上の広告でも見かけるので気になった方はご覧になって見てください。 よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第43話】のあらすじ・ネタバレを紹介しますのでご注意ください! よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第43話】のあらすじ 前回でセザールから受けていた誤解を解決できたカナリアですが、あまりにも不可解なことが多すぎることに気づきます。 部下である騎士のジャックスがカナリアがノアと話していた時の冗談を誤解してしまったことは理解できても何故ノア宛てに送った手紙がセザールの執務室に届いてしまったことに対する疑念を振り払えないのです。 これまでの自分の行動を振り返った時に真っ先に出てきたのはノアの付き人を務めているオスカーの存在でした! 小説を読んだカナリアの記憶にもない人物であり大した人間でないと割り切りますが、そう考えている最中に、またしても奇妙なことに気づきます。 カナリア「あれ?小説の内容をまとめていたノートがない!?」 誰にも見つからないように、いつも本棚の奥に閉まっているはずのノートが見つかりません。 それによって原作とほ異なり、カナリアを疑っている者が存在していることを考え始めますが、自分で大したことない人物と決め付けているオスカーこそが犯人であることには、まだ気づいていないのです。 これまで、カナリアは原作のストーリーを大きく変えてしまわない範囲内で行動してきたにも関わらず、セザールが自分のことを好きになってしまったことにより、確実に変わってしまっているために原作には登場しない新しい敵の存在も考え始めます! カナリアは自分がセザールのことを男性として好きなのか、それとも友人として好きなのか・・・本当の気持ちがまだ分からない状態ですが、自分の気持ちも確かめないまま、脇役として皇宮を去る運命だけは断ち切りたい思いだけは確実です。 そんなカナリアに対して、メイドであるアニーに対して一つのお願いをします。 カナリア「髪を少し切りたいの!」 アニーもまた、すぐに準備して取りかかります。 そして・・・ アニー「終わりました」 少し短くした自分の髪型を鏡で見ながら、一つの大きな決心を固めます! カナリア「こうなった以上、セザールを皇太子に即位させてから自分の気持ちを確かめるようにしよう!」 そう、これまでは原作の流れに縛られてきましたが、今後も原作通りに進んでいく保障など全く持ってないのです! カナリア「皇帝や皇后に振り回されるのもウンザリ!これから私の未来は自分で決める!!」 アニーに頼んで短く切ってもらった髪は、これまでの自分との決別、そして今後への一大決心によるものでした! スポンサードリンク よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第43話】のネタバレ 前回までの誤解の発信源となってしまっていたジャックスはセザールから「皇族侮辱罪」と判断されて本来ならば死刑に処されるところでしたが、戦場での功績も考慮されて「罷免」で済まされたものの、事実上のクビであり途方にくれながら去っていきます。 しかし、そんな彼を呼び止めたのはカナリアでした! 驚いたジャックスは改めて謝罪しますが、カナリアの方も怒っており、まだ許していないもののセザールとはまるで正反対な処罰を下すのです。 カナリア「すぐに許すつもりはありません。 だから私が許すまで、私の宮殿で働いてもらいます!」 ジャックス「はい・・・ええっ!?それって・・・」 カナリア「これから思い切りこき使いますので、覚悟してくださいね!」 それはまさにセザールから見限られたジャックスを今度は自分の部下として雇うことであり、ジャックスに対して新たな職場を与えたのです。 ジャックス「精一杯、がんばります!」 驚きから感動に変わった彼は大声で決意表明をしますが、その一部始終をあのオスカーが隠れてる見ていたのです! オスカー「こんなに平和に納まるとは・・・」 カナリアから頼まれたノア宛の手紙をセザールの執務室にある書類に紛れ込ませることは彼にとっても大変なことでしたが、それ以上にカナリアが何者であるかの方に興味を抱き始めます。 オスカー「彼女は確かに私の知る皇室の人たちとは違う」 彼がそう思い始めている中でも、カナリアやセザールは新たな行動に入り始めます。 真夜中になるとグレイシーが宮殿に入りますが、彼女が通されたのは外にも通じている隠し部屋であり、その隠し部屋はセザールが用意していたものだったのです。 彼の準備の良さに感心するグレイシーの前に、そのセザールが現れます。 セザール「こんなところに呼び出して、すまない。 皇宮には人目が多くてな」 グレイシー「本当に驚きですわ!急に手紙で取引を提案されるなんて・・・」 それでも冷静に応えながら、さっそく本題に入るように促しますが・・・ セザール「分かった!だが、説明は・・・」 カナリア「私がします!私たちの取引について・・・」 外部には内密に行おうとする取引の席にカナリアも入ってきたのです! よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第43話】のみんなの感想 セザールから受けた誤解を解決できたものの、皇帝から命じられてしまった離婚問題も解決しないことには、カナリアには未来がないと言うことなんですよね! それ故に内密かつ迅速な行動が求められるのでしょうが、あのグレイシーを相手に取引しようと考えるとは・・・これもまた、カナリアらしい一大決心の表れなのでしょうね! まとめ 「よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る」のネタバレを紹介しました。 漫画は実際に絵も含めて読んだ方が間違いなく面白いです。 無料でインストールできるピッコマで1日1話を無料で読むことができますので、気になった方は是非ご覧になってみてください。

次の

よくあるファンタジー小説で崖っぷち妃として生き残る【第51話】のネタバレ・感想!

よく ある ファンタジー 小説 で 崖っぷち 妃 として 生き残る 原作

「よくあるで崖っぷち妃として生き残る」42話のネタバレ(最新話) 「よくあるで崖っぷち妃として生き残る」は、にて大人気独占配信中の韓国の恋愛ファンタ漫画です。 原作Nokki 作画AhBin 原題「양판소 주인공의 아내로 살아남기 」 毎週金曜日12時にで最新話が更新されています。 私、その小説の妃になってしまいました。 正しくは、主人公の手で殺される悪の脇役で、しかも金遣いの荒い悪妻! でも、子供の頃から尽くす妃を演じたら、首が跳ね飛ばされるのは避けられるかも? よし。 今から、私の目標は無事に離婚すること! だったはずなのに…ちょっとした誤解が大きな波紋を呼び、計画は大迷走。 は、 「私達は話し合いに来たんだから、ノア落ち着いて。 」「ノアの反応見たでしょ?」「本当に何もなかったわ。 」と言う。 「・・・。 」 セザールは無言で目をそらす。 「このクソ兄貴が・・・。 」とボソッと呟くノア。 「僕が姉さんと共寝しようって言っただと?それを本当に信じたの、ちょっと考えればありえないってわかるだろ!!」怒りに任せて叫ぶ。 その様子を眺めるセザールの側近たち。 ジャックスは、おろおろ震えている。 「嘘です、俺は確かに聞きました!」会話に混ざるジャックス。 「ペルセネ令嬢をお尋ねになった日。 偶然にも庭で会われたお二人が楽しそうな会話をしているのを聞いてしまいました。 ハビーという男のことも話していらしたじゃないですか!」と指摘する。 「ハビー?」 セザール達3人はキョトンとする。 「はいそうです。 妃が微笑みながら、私と房事しようって言ったの覚えてる?」「ハビーも一緒に・・・と話が続きましたが次の言葉は聞き取れませんでした。 」 堂々た話すジャックス。 「・・・。 」シーンと静まり返った。 はセザールに、 「12歳のとき二回目の房事をした日の覚えている?」 と聞くと、「そんな昔のこと覚えているわけが・・・。 」というセザール。 「私達が12歳でノアは10歳だった、ここまはオッケー?」 「ああ。 」 「あの時ノアがハビーと自分も一緒に房事しちゃだめなのかって聞いたじゃない!」 セザールの記憶が蘇り思い出した。 ノアは、「なーんだ。 そのことか。 」と言って呆れる。 「つまり、ジャックスが子供の頃の話を聞いて誤解を・・・だったらなぜあの手紙エお書いた?」と問う。 「手紙?」って何とノアが聞くので、 「あなたの兄がこの手紙を読んで誤解したのよ。 」と言い、はさっきセザールが落としたのを拾った手紙を見せる。 読んでみたノア。 「・・・別に大した内容でもないのにひどいな。 兄さん。 」と、ジロッとセザールを見る。 セザールは後ずさりしながら、 「今までのことは俺の誤解だったのか?」と驚く。 「・・・プッ。 」 ノアが思わずたので、セザールは赤面する。 「だから違うって言ったでしょ。 」 は呆れてため息をつく。 がセザールの背中をポンポンと叩くと、セザールは彼女の方を振り返って抱きしめた。 「ねぇセザール、話をまとめましょう?」 「・・・。 」 彼は全く離れる気配がない。 「・・・で一体、ハビーという男は誰なんだ?」 空気が読めないジャックス。 イーサンが、「それは殿下が飼ってらっしゃる犬の名前だよ、宮殿で一度は見かけただろ?」「白い大きな犬。 」だと教える。 「ところでこれ一体何の騒ぎ?」と言うイーサン。 ミラーはため息をつき、「だから要するに、バカ野郎のジャックスが間違った話を伝えたしたせいでこんなことになったわけか。 」と言う。 ジャックスは慌てて、 「大変申し訳ございません。 」と、床に手をつき謝罪する。 ミラー達も、「私たちも妃を疑ったこと心よりお詫び申し上げます。 」といい、頭を下げる。 セザールに抱きつかれたまま謝罪された。 が、「とりあえず、この後二人で話したいから、騎士の皆さんは少し席を外してもらえますか?」と言ったので、 「はい、妃。 」と返答し、ジャックスはミラーに引きずられて退場した。 「アハハ!」 部屋のドアが閉まると、ノアは大爆笑した。 「セザール。 私も笑っていい?」と聞く。 「・・・。 」 「これは歴に記録して子孫代々に伝えよう!」と大笑いしながら出ていくノア。 二人きりになると、 「勝手に誤解して済まなかった、待つとは言ったが・・・お前のこととなるといつも焦ってしまって・・・それで・・・」セザールは顔を赤くして話す。 「今度悪かったのはあなたよ。 」 「・・・ああ。 」「それじゃあ、これからは私の話を聞いてくれるわね?」といいながら、は彼の髪に触れる。 「 よくあるで崖っぷち妃として生き残る」43話に続く・・・ hukusinoko.

次の