振る べき か 振ら ざる。 【牛丼がドリアに】「すき家」公式の牛丼アレンジレシピがマジで簡単だった / ド素人でも “料理できますけど” 的な空気出せるぞ!

【社会】46歳独身男性、恋した″19歳コンビニ店員″にアタックすべき? 女性の9割が反対「恋愛感情なんてミジンコほどもない」

振る べき か 振ら ざる

の続き。 たとえば「贈り物」というテキストの、「おく」と「もの」にルビがあるという例を考える。 形態素解析では「贈り物」とするものもあるだろうし、「贈り」「物」とするものもあるかもしれない(というか事実いろいろのようだ)。 この場合にどちらの例でも「おくりもの」とは読むのだけれど、振られているルビとは違うという判断から「おくりもの、(おく)り(もの)」のように読んでしまう例もある様子。 といってこれを「おくりもの」とルビを振っておいても、先の例であれば問題ないかもしれないけれど、後者の例ではやはり解析結果とルビが異なるので二重に読み上げてしまったりする状況が発生しうると。 どうするのが望ましいのか。 形態素解析の数だけ、あるいは学習の習熟の程度だけ状況が異なるということを思えば、諦めてあくまでもルビとして原本通りに振っておくだけというのが望ましいのか、とも。 仮にそれによってうまく再生されないケースがあったとしても。 こうなってくるといっそ青空文庫の傍点のように、画像で表示しているだけでテキストにはまったく影響を与えないようなルビの実現のほうが望ましい、なんてことも考え方としてはあるのかもしれないとも思ったり。 すべては読み上げエンジン側にまかせるという。 どっちつかずになっていることが問題を生じさせているのかもしれないなあと。 追記: ことによるとルビがはいっているために正しく解析できないという弊害があったりするのではなかろうかとも。 「贈(おく)り物(もの)」といった感じに XHTML で表現されているとして、ルビがあるので決して「贈り物」としては解析されないのでは? いや、ruby タグに対応しているとそうはでないから大丈夫? しかし、それもまた表示の上でのことでしかないのではないかとか。 EPUB3 ではこのあたりどう考えているのだろう?.

次の

【パワプロアプリ】沖野海里(おきのかいり)の評価とイベントとコンボ【パワプロ】

振る べき か 振ら ざる

「ただいま。 」 すでにシャーロックは帰宅していて、お決まりのソファーに横になり目をつむって考え事をしていた。 「・・・・ただいま」 もう一度言うと、彼は大きく目を開け、こちらを見た。 「おかえり。 ジョン、コーヒーが飲みたい。 」 まさか彼はこのためにメールを送ってきたのか。 今に始まったことじゃないが、彼は基本的に自分で動こうとはしない。 「はいはい、今いれるよ。 」 こういうときは素直に従っておいた方が楽だということを、僕は今までから知っていた。 それに彼からの頼み事は嫌いでない自分もいた。 彼は信頼している人にしか頼まない。 彼のわがままは彼なりの友情表現なのだろうと理解していた。 入れたてのコーヒーを手にしてリビングに戻ると、シャーロックは起き上がり、じっと僕を見つめる。 「………なんだ?」 「いや、別になんでもない。 」彼は熱々のコーヒーを手にして、面白くもなさそうな本を読み始めた。 サラにあんなことを言われたものだから、妙に彼を意識してしまう。 僕が彼を好きなんて、そんなことありえないって思ってきたのに。 読書に没頭している彼の横顔は美しかった。 白い首すじ、骨ばった頬、澄んだブルーの瞳。 この胸の高鳴りを自身で感じ、僕は彼に対する感情を認めざるを得なくなってしまった。 彼は僕のことをどう思っているのだろう、と自問するが瞬く間に答えが浮かんだ。 おそらく、彼は僕に興味すら抱いていない。 友人としては僕のことを大事にしていてくれるのだろうとは思う、彼なりに。 考え出してもまとまらない思考に嫌気がさして、自室へ戻ろうと立ち上がったとき、突然シャーロックが口をひらいた。 「最近、うまくいってないのか」 「え・・・なんのことだ。 」 「サラのことだ。 」 振り向くと彼と視線が合った。 突然のシャーロックの発言に、僕は戸惑いを隠せなかった。 「言わなくても分かる。 」シャーロックはそう言うと椅子に深く座り直した。 「そうか……なんでもお見通しなんだ な。 」 シャーロックは目を細めて僕を見上げた。 「君は落ち込んでいると、下をうつむいている時間が極端に長くなる。 そしてコーヒーを口にする量が増える。 さらには今晩だけでため息が5回。 これは君が何かに落ち込んでいる証拠だ。 そして今晩はまだ21時だっていうのに君は帰ってきた。 いつもならディナーのあと飲みに行くだろう。 うまくいけば外泊してくる。 明日は休診日で君もサラも休みのはずだ。 それなのにこんなに早い時間に帰宅するということは、何か二人の間に何か理由があって一緒にはいれなくなったということじゃないのか。 そして最後に。 君は今、動揺している」 「……さすがだよ。 シャーロック。 本当に僕は君が怖くなるよ。 見透かされすぎてね。 そうだ。 今日僕は振られてしまったんだよ。 」 彼は目を見開いて僕を見つめた。 「…………大丈夫なのか。 」 「心配してくれるのか。 ありがとう。 だが、僕は大丈夫だ。 なんせ、振られ慣れてる」 僕は平気を装おうと笑って見せたが、彼は笑顔を返すこともなく、神妙な面持ちで前を見つめている。 「……何故だ。 」 「何が?」 「サラが君を振る理由だ。 君は今、振られたと言った。 君からの申し出ではないということだ。 彼女が君を振る理由が思い当たらない。 彼女は君に夢中だったはずじゃないか。 」 「そうだね。 それは間違いじゃない。 ただ……問題は僕にあるんだ。 」 「君に?」 「そう、僕に。 ……僕に好きな人ができてしまったんだ。 」彼は意外そうな顔で、視線を僕に向けた。 「ほう…。 そうか、君にサラの他に好きな人が。 」 「こんな話を君にするとは思わなかった よ。 よければ、話を聞いてくれるかい?」 「もちろんだ」 意外だった。 彼は僕の恋愛なんて興味がないと思っていた。 だが彼は、真剣に話を聞こうと僕の言葉を待っている。 彼が恋愛の助言をする姿なんて想像できなかった。 彼がどんな反応をするのか、少し興味があった。 コーヒーを入れ直し、彼の向かいの椅子に腰掛けた。 「……僕にはずっと気になっていた人がいた。 残念なことにサラではなくてね。 ただその人を好きになることを心のどこかで ずっと拒否していたんだ。 なんせ……そうだな、障害の多い恋でね。 どうやったって叶いっこない。 結ばれない恋愛ほど辛いものはないからね。 だから僕はずっと認めたくなかった。 認めていたつもりもなかった。 だが……やはり女性というのはすごいね。 自分では自覚していないことをあっさりと見抜く力を備えてるんだ。 僕に好きな人がいていることにサラは気づいてしまったということさ。 確かに僕も悩んではいた。 それが表情とか態度に出てしまっていたんだろうね。 そんな顔して、愛してるなんて言わないでって言われたよ。 本当にその通りだった。 他に好きな人がいるのに彼女をつなぎとめておくのは、彼女に対しても失礼だった。 もちろん彼女のことは嫌いではない。 だが、新しい好きな人ができて気持ちが冷め始めてしまったのも事実 だ。 そのことに僕より彼女のほうが早く気づいてしまうなんて……本当に情けない話だ。 」 そこまで一気に話すと、僕はため息をついた。 彼は目配せしながら話を聞いていた。 きっと今まで恋愛の相談を受けたこともないだろうから、どう反応していいか困っているのだろう。 「………それでいて、平気なのか。 」 「平気って?」 「叶わない恋なんだろう。 その好きな人ってのは。 」 本人からそう口にされ、君のことだと言ってやってしまいたかった。 だがそれはいくらなんでも駄目だ、と警告が鳴る。 なんとかその言葉を奥の方へと追いやった。 「まぁ……仕方ないね。 こういう感情は、いくらダメだって思ったってどうしようもないものなんだ。 僕の中で熱が冷めるのを待つしかない。 ある程度は時間が解決してくれるんだ。 今までの経験でもそうだった。 大丈夫だ、僕は。 」 「……君が大丈夫なら、僕はそれでいい。 残念ながら僕には経験がないから、あまり力にはなれないが……それでもジョンの力になれることがあれば、なんでもする。 」 驚いた。 彼の口からこんなやさしい言葉が聞けるとは。 彼の好意を純粋に嬉しく感じた。 「いや、こうして話を聞いてもらえるだけでも 助かったよ。 何だか君らしくなくて調子が狂うけど。 ありがとう。 」 なんだって僕は本人にむかってこんな話をしているのだろう。 自身の顔が赤くなりつつありそうな気がして、意識をほかのことに向けようとする。 気恥かしさに立ち上がった僕の方に急に向きなおしてシャーロックは口を開いた。 「………本当に無理なのか?」 「……何が?」 「君の叶わないという恋。 本当に叶わないものなのか。 僕は経験がないからわからないが、ジョン。 君は違う。 本当に…あきらめるしかないのか。 」 彼の口から勇気付けられるという状況に息が詰まる。 「うーん………無理だろうな。 僕の経験上、これは無理だと思う。 詳しくは話せないんだが、なんせ気持ちを伝えることさえできない。 」 「………そうか。 辛い思いをしてるんだな。 」 彼はそう言うと、今までに見せたことのない切ない顔をする。 どうして…君がそんな顔をするんだ。 泣きたいのはこっちだというのに。 「……何度も言うが、僕は平気だ。 心配ありがとう。 でもあまり気を使わないでくれ。 普通にしていてくれた方が僕も気が楽だ。 ……君にこんな話をしたのは初めてかもな。 」 「まぁ……僕と恋愛は無縁だからな」 「……君は今までに本当に恋愛をしたことがないのか?」 シャーロックは少し驚いた表情をした。 「………僕が? ……あると思うか?」 「……ないか。 はは、聞いた僕がどうかしてたよ。 それじゃ今日はもう休むよ。 どうやら飲みすぎたらしい。 明日は?何か予定あるのか」 「いや、レストレードが面白い事件の相談に来てくれることを祈るだけだ。 」 「そうか、わかった。 じゃ、また明日。 」 僕は自室に続く階段に向かった。 「おやすみ、ジョン。 」そう言う彼の表情がとても優しくに見えて、胸が締め付けられる。 「…君も早く休めよ。 こんな平和な時間こそ、君は睡眠をとるべきだ。 おやすみ、シャーロック。 」 夜中に目が覚めた。 まだ外は暗く、夜は明けていないらしい。 枕元の目覚まし時計を手にすると、午前三時半を示していた。 ワインとコーヒーを飲みすぎたのか、少し胃がむかつく。 水分が欲しくなって, ガウンを羽織り、暗がりのなかキッチンへと向かった。 キッチンの机にはシャーロックの実験器具が散らかったままになっている。 どうやら今晩は夜更かしせず、彼も眠ったらしい。 水を一杯飲むと、今日のサラが思い出された。 彼女があんなに明るく振る舞ってたのは…以前から今日別れることを決心していたからだろう。 きっと話をどう切り出すかも事前に考えておいたに違いない。 僕を安心させるがために、あんなに気丈に振る舞っていたんだ。 最後に見せた涙…そして彼女の言葉が、本心だったのだろう。 彼女の作り笑いを思い浮かべると、心が痛んだ。 気がつくとシャーロックの部屋の前にいた。 そっと冷たいドアに触れてみる。 部屋の中では、僕の愛しい人が眠っている。 シャーロック。 君は僕のことをどう感じているんだろう。 もし仮に…君が僕の気持ちを知ることになってしまったら…君はどう思うだろうか。 一瞬、シャーロックの怪訝そうな顔が思い浮かんだ。 やはり伝えるわけにはいかない。 君のそばにいるためには、このままの関係でいることが必要なんだ。 君のためにも…僕のためにも、そうするしか道はなかった。

次の

【牛丼がドリアに】「すき家」公式の牛丼アレンジレシピがマジで簡単だった / ド素人でも “料理できますけど” 的な空気出せるぞ!

振る べき か 振ら ざる

02 ID:Bw44CnvX9. net 2019年11月12日 7時1分 先日、「彼女いない歴20年、46歳独身男性の『19歳のコンビニ店員を本気で好きになってしまいそうで怖い』という悩み」という記事をキャリコネニュースに掲載した。 男性は、コンビニ店員の女性と仲良くなり、食事に行けそうなのだという。 女性から「ホッとする、安心感がある」と言われており、「多分その子に恋愛感情はない」というが、「僕が本気で好きになりそうで馬鹿になりそうでとても怖いです」と悩んでいる。 この相談に回答者は「年の差があっても好きになることは自由」と肯定しながら、「"安心感がある"という相手の信用を損なわないでほしい」と答えている。 キャリコネニュースは読者に「男性はアタックすべきか否か」を聞くと、200件以上の回答が集まった。 その内容を紹介する。 40代男性「年なんて気にしないで遊べばいい。 ガンガン行こうぜ」 キャリコネニュース読者(238人)に相談者の男性は19歳のコンビニ店員にアタックすべきかを聞くと、「やめておくべき」(69. 7%)が「アタックすべき」(30. 3%)を大きく上回る結果となった。 また男女別に見ると「アタックすべき」という回答は男性では45%と約半数だったが、女性では12. 1%しかいなかった。 具体的なコメントとして、男性からは、 「相手の女性は、大人の男性だからと安心してしかもお客様として接していると思います」(40代) 「『相手には恋愛感情はない』 を前提にすべき。 96 ID:au1NNIRE0. net 十億円持ってる人がコンビニバイトを好きになることは逆にない。 02 ID:T99l1UAJ0. 80 ID:ZaRCCWvd0. net この手の事をオンナに聞く時点で間違い。 若い女に嫉妬する生き物。 それを男側への罵倒に転嫁する事で憂さを晴らすものだよ。 ただ一つ俺から言えることは、警察に通報されなければラッキーぐらいの話しだと思うけどな。 80 ID:Fqke9e9d0. 54 ID:w6xME79G0. 31 ID:eT6dewEO0. 37 ID:VD6q4W9O0. 76 ID:ozFWrbui0. 28 ID:nClLZ6rF0. 65 ID:hINNbiOW0. 81 ID:7lER2xXw0. net >ただ一つ俺から言えることは、警察に通報されなければラッキーぐらいの話しだと思うけどな。 81 ID:jFElZA8x0. 95 ID:Hxezlb5T0. 92 ID:v6fCK4Kc0. 06 ID:a37rdv2b0. 31 ID:OSbjV44V0. net 30代のワイでも躊躇するのに、チャレンジャーやな。 97 ID:4KanWpuy0. 72 ID:VD6q4W9O0. 28 ID:8OmKSjD70. 54 ID:FAE6w9KG0. net 私の娘19歳の友達が42歳の彼氏いるらしくて驚愕。 43 ID:uCD5m6450. 32 ID:h3B4sy2N0. 57 ID:jEgyJQVh0. 12 ID:fDcTgqlQ0. net 空白の20年は何なんだよ。 85 ID:Fqke9e9d0. 15 ID:TwKS8VgH0. 06 ID:stIVKmeM0. 30 ID:g9C2BUGN0. net ストーカー:男が交際を求め手紙 容疑で逮捕?? 市川 /千葉 毎日新聞 2012年11月25日 地方版 交際を求める手紙をしつこく手渡そうとしたとして、市川署は24日、市川市新田1、 無職、長田雄容疑者(41)をストーカー規制法違反(つきまとい)容疑で逮捕した。 容疑は、先月26日? 今月22日、県内のコンビニ店を数回訪れ、20代のアルバ イト店員の女性に交際を求める手紙を渡してつきまとったとしている。 同署によると、常連客でもある長田容疑者は先月中旬ごろ、「一緒に遊んでほし い」などと交際を求める手紙を2回渡した。 同月26日に再び店を訪れ、手紙を渡そ うとしたが、女性は受け取りを拒否。 しかしその後も2回、他の店員に手紙を託すな どしたため、困った女性が今月22日に同署に相談していた。 11 ID:X1sCH6jj0. 76 ID:siHZFgMm0. 42 ID:vTRgKYnu0. 09 ID:p50Cxbrd0. 55 ID:14Yn1EpN0. 80 ID:KoSNJLWb0. 03 ID:Jx745o140. net 柵ぎわに両手をついて女子高生が逃げられないようにし、 無理やり胸をおしつけたとして、和歌山県警田辺署は31日、 暴行容疑で東京都豊島区、自称営業代行業、森悠基容疑者(35)を逮捕した。 「ナンパしようと思っていた」と容疑を認めているという。 58 ID:zaImk28O0. 38 ID:h4siEXEQ0. 20 ID:UoR856sQ0. 70 ID:PN4Tf0ks0. 59 ID:bi34fFYJ0. 66 ID:rIOfYyTW0. 92 ID:VD6q4W9O0. 24 ID:g9C2BUGN0. 83 ID:AlAHpIj40. 23 ID:HWU0bxtc0. net 絶対フラレるけど、フラレる事を前提て告白するのも人生の思い出よ。 58 ID:83xBBCYL0. 71 ID:dD9yEJOL0. 37 ID:5rlheQNY0. net そりゃ四十代独身女は反対するだろうよ。 でも振られても一瞬の恥。 成功したら一生の得。 00 ID:g9C2BUGN0. 77 ID:h4siEXEQ0. net ていうか「お客様」と食事に行くなよ。 キャバクラのアフターかよ。 04 ID:BjmyRGuE0. 03 ID:SG7WXUbn0. 18 ID:yo1w5Xvv0. 72 ID:eRnrmw1c0. 00 ID:g9C2BUGN0. 93 ID:UqRBdecc0. 23 ID:3wPXtVYk0. net ある程度会話が成立しているのならばともかく、客と店員の関係以上の接触が 無い状態では、単なる「アホのオッサン」でしかないよな。 80 ID:HGvKV7QL0. net え? 男性はやはり若い女に方が好きなのかスレで散々年齢差別とのたまいて何言ってるの?

次の