きん の すけ ログイン。 きんさんダイレクト

きんさんダイレクト

きん の すけ ログイン

スマートフォン用アプリ「しんくみアプリ with CRECO」の取扱開始 本アプリは、きんさんダイレクトをご契約いただいている個人のお客様が無料でご利用いただけるスマートフォン用アプリです。 「しんくみアプリ with CRECO」とインターネットバンキング機能を連携することで、普通預金等通帳の残高情報、入出金明細情報をカレンダー形式で手軽に便利にご利用いただけます。 また、クレジットカードのご利用状況についてもまとめて管理することができ、一つのスマートフォンアプリで当組合の通帳管理とクレジットカード管理が可能となります。 サービス内容は以下の通りです。 ・定期預金取引は、総合口座定期預金と通帳式定期預金とします。 ・預入する定期預金の適用金利は、受付時点ではなく、預入指定日の金利を適用します。 ・解約、書替、満期解約予約が可能な定期預金は、定期預金明細照会で選択できる 範囲に限ります。 ・関連口座登録にご登録いただいている定期預金口座の明細を照会できます。 証書式定期預金、期日指定定期預金は照会できません。 ・定期預金明細への反映は、各取引(営業店取引含む)成立後の翌営業日以降となります。 ご利用されない場合は、 解除しますのでインターネットバンキングヘルプデスクへご連絡ください。

次の

きんさんダイレクト

きん の すけ ログイン

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 初代中村錦之助 2. 萬屋錦之介 出身地 職業 ・ ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台 活動期間 - 活動内容 俳優・映像制作会社経営 父 母 小川ひな 兄弟 (長兄) (次兄) (次々兄) (弟) 妻 1961年 - 1965年 1966年 - 1987年 1990年 - 1997年 子 (長男・淡路の連れ子) 男子 (次男・淡路の連れ子) (三男・淡路との実子) (四男・淡路との実子) 当たり役 映画 『』菊丸 『』源氏九郎 『』 『』 『』番場の忠太郎 『』飯倉七代 『』関の弥太郎 『』丹下左膳 『』 テレビドラマ 『』柳生宗矩 『』 『』叶刀舟 『』速水右近 『』新九郎 『』平松忠四郎 『』 『』 『』 受賞 主演男優賞 1963年『』 目次• 概要 [ ] 満4歳になる直前に、歌舞伎の初舞台を踏み、以降39歳までを名乗り、10月に小川家一門がをから「」に代えた1年後の11月、40歳を迎えた時に芸名を萬屋錦之介に改めた。 伯父に、叔父にがいる。 俳優のは弟で、、、、、はそれぞれ甥にあたる。 妻はいずれも女優の(初婚)、(再婚)、(再々婚)。 長男で俳優のと、芸能人ではない次男は淡路の連れ子である。 実子は淡路との間に三男の(元俳優、1990年にバイク事故死)と四男の小川哲史(の芸名で元俳優、2004年に窃盗罪・家宅侵入罪で実刑判決、2010年に自殺 )。 略歴 [ ] 暁星小学校卒、旧制暁星中学校を2年で中退。 初名は 中村 錦之助。 立女形を父に持つの御曹司で、1936年11月歌舞伎座で初舞台。 長兄・種太郎(のち)、次兄・梅枝(のち)、三兄・と同時で、満4歳であった。 女形・立役(男役)ともに務めて歌舞伎界にて役者修業を積んでいた。 特に女形として評価が高かったが、四男であり、歌舞伎界で主役級俳優を目指すのは困難な状況だったが、当時を抱え、ひばりの相手役として若手男優を探していたが着目し、錦之助を映画界にスカウトし、錦之助は転身を考えた。 しかし歌舞伎役者たちからは「映画転出は許さない」と抗議が殺到し、当時のでは「役者たちに歌舞伎・映画両方での活動を許せば、映画で人気を得た若造たちに梨園の秩序をかき乱される」という見方が大勢であり、父の時蔵は「中途半端はいけない。 映画界に行くなら歌舞伎を辞めて行きなさい。 もし映画で失敗しても歌舞伎に戻ることは許さない」と錦之助に決断を迫ったといわれる。 結局錦之助は歌舞伎を断念する道を選び、1953年11月15日歌舞伎座子供かぶき教室『菊畑』の虎蔵実ハ牛若丸を歌舞伎卒業公演として、1954年2月に映画界に転向する。 次々兄のは、錦之助と弟の賀津雄(嘉葎雄)が入りすると、自らも梨園を去って東映のプロデューサーとなり、弟たちを背後から支えた。 波紋を呼んだ錦之助の映画転身であったが、転身を勧めてきたのが、この当時にすでにスターだった美空ひばり側だったことも事態に負の要素となったといわれる。 その証左に、錦之助は映画で名を成してから父を数本の映画に出演させたが、その際に父は特に歌舞伎をやめる必要はなかったことがあげられる。 美空ひばりとの共演作(新芸術プロ作品『ひよどり草紙』)で映画デビューの後、を経て東映に移籍。 同社製作の映画『』に出演し、大ヒットにより一躍スターとなった。 以降はやらと共に映画の看板スターとなり、日本映画界の全盛期を支えた。 『』シリーズ、『』シリーズは当たり役となり、特に役はライフワークとなった。 その明るく気さくで豪快な性格から俳優仲間や裏方のスタッフなど、多くの人たちから「錦兄ィ」(きんにい)「錦ちゃん」と慕われ、親しまれた。 レコード歌手としてもデビューし、「やくざ若衆」「いろは小唄」などの曲をリリースしている。 昭和30年代後半から映画はテレビに人気を奪われ、映画産業が斜陽化の様相を呈するようになった頃から、錦之助はへの進出を図る。 東映俳優労働組合の委員長に就任したが、に内部のを収拾できなかったこともあり東映を退社。 に「中村プロダクション」を設立して独立し、本格的にテレビ時代劇の世界に進出した。 この頃の出演ドラマとして、『』や『』、『』、『』、『』等がある。 1956年の小川家による地方巡業『』『 八段目道行旅路の嫁入』で舞台に復帰。 毎年6月に東京・で定期興行を打っていた。 なお歌舞伎座での興行でありながら、錦之助の演目はほとんどが歌舞伎ではない新作時代劇であり、歌舞伎であっても全てが明治以降に作られたいわゆる「新歌舞伎」であった。 本人も古典・伝統歌舞伎をやるつもりはなく、「子別れ(演目の一つである"重の井子別れ"のこと)なんてできねぇよ」と言っていた。 映画界入り後に舞台をつとめた歌舞伎の演目は次のとおり。 『紅葉狩』(1971)• 『 御浜御殿綱豊卿』(1972)• 真山青果『頼朝の死』(1973、1982)• 真山青果『』(1976)• 『番町皿屋敷』(1974)• 『』(1980、1994)• 『』(1956年地方巡業)• 『 八段目道行旅路の嫁入』(1956年地方巡業、1994)。 復帰狂言『お祭』は、の「待ってました!」掛け声の後に役者が「待っていたとはありがてえ」という、復帰にからめたお馴染みのもの。 『道行旅路の嫁入』は本人は「ごちそう」(特別出演)として一瞬登場するだけである。 最晩年の1994年に演じた『極付幡随長兵衛』の長兵衛役は二代目吉右衛門のを忠実に演じたが、水野役のとは子役時代からの友人である関係から、錦之介は「孝夫ちゃんと一緒にできる」と久々の共演を楽しんでいた。 なお、歌手として「錦ちゃん祭り」というライブ・イベントを各地で開催している。 1971年10月、歌舞伎座の三代目中村時蔵十三回忌追善興行で「小川家」で一門をなすことを宣言し、屋号を萬屋に、定紋を桐蝶に改めた。 翌1972年に自身の芸名も中村錦之助から「 萬屋 錦之介」と改めた。 この際、名を()により「錦之 助」を「錦之 介」と変えている。 1978年公開の映画『』で主演したが、錦之介が12年ぶりに東映に復帰した作品となった。 錦之介演じるの「 夢でござる」という台詞は話題になり 、作品も大ヒットとなった。 1979年、テレビ朝日開局20周年記念番組『』で主演を務めた。 錦之介はに「45歳になったら必ずをやります。 その時は監督をして欲しい」と依頼していたという。 この作品で錦之介は、舞台・映画・テレビの全てで内蔵助を演じたことになった。 1982年、賞受賞。 1982年、中村プロダクションが倒産し、莫大な借金を抱えた。 さらに、歌舞伎公演の最中に倒れ、入院し、と診断され、さらに同年8月には摘出手術をし、同年11月退院。 翌1983年に重症筋無力症を克服した。 1990年、三男の晃廣が事故死。 右目剥離を発病。 1996年、長年の芸能活動を文化庁から表彰される。 同年を発症し、『』の役を降板した。 1997年3月10日午後2時41分、入院先のの東病院でのため死去。 64歳没。 に発表された『』の「・男優編」で日本男優の9位、同号の「読者が選んだ20世紀の映画スター男優」も同じく第9位になった。 人物 [ ] 1954年 生前の錦之介を知る人の話を総合すると、相当な凝り性だったようである。 『子連れ狼』でを演じたときには、胴太貫の使い手である一刀に影響されてか、一門の刀コレクションを始め、多い時にはその数が数百本に達したという。 また、占いにも凝っていたらしく、『』のモロボシ・ダン役で知られる森次浩司がに改名したのも、占い好きの彼の助言によるという。 また、自身も方位学に凝り、ひどい時には、方角が悪いといって、のために家に帰らず、ホテルに泊まることもしばしばであったという。 その結果、出身で退団後女優活動をしていたと不倫関係となり、当時の妻と離婚。 甲と再々婚することとなった。 歌舞伎界と別れた後も、いくつかの関わりを持っている。 甥のが襲名披露をする際は、自ら後見人を買って出て口上を述べ、歌舞伎界で後ろ盾のない獅童の力になろうとした。 また、の話によると、梨園の妻であった母親の存在が大きく、錦之介だけでなく、姑である母親の顔色もうかがわねばならなかったという。 また、屋号を萬屋にしたのは、母親の意向が強かったためとも言われている。 世界的スターであるが取締役のが製作する映画の常連であり、三船との共演も多かった。 テレビ時代劇では、錦之介は午後3時までしか撮影しないのが不文律となっており、オープン・セットやロケーションのナイト・シーンは、すべて〈ツブシ〉と呼ばれるで撮られた。 そのため、夜間撮影は錦之介以外のシーンに限られ、実際は殆ど無く、スタッフの間では「早く帰れる」と好評だった。 また、溺愛する息子達が子供だったころ『』の大ファンであり、「父ちゃんは偉い役者だって言うけど、仮面ライダーに出てないじゃないか! 」と言われ、『仮面ライダー』出演を本気でにオファーし、東映のスタッフ達を絶句させた。 当時はこういった大御所の俳優が特撮番組に出演することはあまり前例がなかったため、出演は叶わなかったが、息子達のために、地獄大使を演じていた友人の俳優・に頼んで、その衣装で潮に家に来てもらったことがあるという。 元のとは自宅が近所ということから、家族ぐるみの付き合いをしていた。 一方ではのファンでもあり、阪神の選手とも家族ぐるみの付き合いをしていた。 また、にも登録をしており、に優勝したヨロズハピネスなどを所有していたことでも知られる。 が後に語っていたところによると、錦之介が亡くなったことを知ったが「俺の兄弟の一人がいなくなってしまった」と語り、癌で闘病中だった自らの体調の悪化もあって錦之介の葬儀への参列を果たせずに残念がっていたという。 勝は錦之介が死去したわずか3か月後に他界している。 屋号「萬屋」 [ ] はに新しく制定した小川家の屋号である。 もともとは、小川かめ(嘉女)の生家「小川吉右衛門」家(屋号「萬屋」)にちなんだものである。 小川吉右衛門家は、「萬屋」という屋号で代々のをしていた。 つまり歌舞伎の関係者であった。 小川吉右衛門の娘であるかめは、三代目中村歌六の妻であり、初代中村吉右衛門(波野家を継ぐ)、三代目時蔵(小川家を継ぐ)の母であり、錦之介ら小川家5兄弟の祖母である。 次男三代目時蔵のみあえて母の実家の姓を名乗った。 三代目時蔵はそればかりでなく、小川家ごと「播磨屋」を脱して単独で屋号「萬屋」を名乗りたい意向を持っていたが、自身は果たせなかった。 錦之介ら遺児たちが1971年に「萬屋」を名乗ったのは、両家がもはや一門をなさないという主張であり、吉右衛門家への対抗意識による。 「萬屋」はそもそも中村吉右衛門家・小川家共通のルーツである。 このことは中村吉右衛門家も強く意識していた。 は初名を中村萬之助と名乗った。 また吉右衛門の弟子筋にも「萬(万)」の字をつけさせた(中村万之丞など)。 しかし、小川家が「萬屋」となった後は、中村吉右衛門家は「萬」の字を使わないようになったのである(例:中村万之丞は中村吉之丞と改めた)。 しかし9月、前年にが他界したため、本家ともいえる播磨屋が二代目吉右衛門とその門弟だけになるという状況となり、播磨屋の衰退を危惧したとの兄弟一門は、ふたたび屋号を播磨屋に戻している。 名跡「中村錦之助」 [ ] 錦之助は生前、母・小川ひなから、父や早世した兄の名跡である「中村時蔵」を襲名してその五代目となるように再三懇願されたが、本人は拒否を貫いた。 錦之助の名は本名の「錦一」に由来するもので、過去での歌舞伎に由来を持たない、まったく本人独自のものである。 もちろん初代である。 この名を歌舞伎・映画俳優時代を通じて名乗り続け、1972年に萬屋錦之介と改名した。 彼の息子は歌舞伎界には入らず、映画界に入ったものの大成せず、三男は交通事故死、四男が不祥事の末に自殺という結末だった。 そうとなれば、「中村錦之助」を名跡として復活させるには他人が名乗るしかない。 しかし、この名は歌舞伎・松竹から離れ映画界に転じてから、しかも映画・舞台の興行会社として松竹とは競合関係にある東映で大成した名である。 それゆえに、歌舞伎を仕切る松竹がタッチしたがらない名前、いわば的な存在である、と長らく言われ続けていた。 歌舞伎における軽い位置づけと裏腹に、映画界ではこの名の存在感があまりに重過ぎるため、このこともまた名跡復活にあたって壁になるかもしれないという懸念も長らく囁かれていた。 結局「中村錦之助」の名は、死後10年経った2007年4月2日、東京の大歌舞伎興行で、兄・の次男で、自身の甥である が、『鬼一法眼三略巻・菊畑』の虎蔵実は牛若丸と『双蝶々曲輪日記・角力場(すもうば)』の長吉、与五郎で二代目錦之助を襲名した。 「菊畑」の虎蔵実は牛若丸は初代が歌舞伎役者時代、最後に務めたゆかりある役どころである。 二代目錦之助はこの「錦之助」の名跡を「 歌舞伎では大したことのない名前」と語る。 「中村錦之助」という名は前述の通り映画界では威厳ある名前であるが、歌舞伎界においては全く軽いものである。 しかし二代目は「(映画界において大成した) 中村錦之助という名を歌舞伎に戻すのが私の役割」と語る。 まさに前例がない試みであり、二代目にとってみても生涯挑むべき目標とも言える。 萬屋は新興の一門であるにもかかわらず、男子に恵まれており、歌舞伎俳優となった者も多かったことから、「錦之助」以外のゆかりある名跡や名前は現在も全て使われている。 出演作品 [ ] 映画 [ ]• 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1954. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1955. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1956. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1957. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1958. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1959. 1960. 1960. 1960. 1960. 1960. 1960. 1960. 1960. 1960. 1961. 1961. 1961. 1961. 1961. 1961. 1961. 1962. 1962. 1962. 1962. 1962. 1962. 1962. 1962. 1963. 1963. 1963. 制作:東映京都• 1963. 1963. 1963. 1964. 1964. 1964. 1964. 1965. 1965. 1965. 1965. 1965. 1966. 1966. 1966. 1968. 1969. 制作:三船プロ 役名:• 1969. 1969. 1969. 1969. 1970. 1970. 1970. 1971. 1971. 1978. 1978. 1979. 1979. 1980. 1981. 制作:東映京都• 1981. 1982. 1985. 1989. 制作:西友 役名: テレビドラマ [ ]• (1966年、NET)• いのち (1966年、NET)• (1966年、TBS)• 真田幸村 (1966年、TBS)• (1968年、NTV)• (1969年、ABC)• (1971年) - 役• (1994年) - 役• (1971年、NET) - 役• ( ) - 速水竜之進 役• (1973年、NET)• 第15、16話 「」• 第26話 「直八子供旅」• (1973年、NET)• ( - ) - 役• ( - NET) - 叶刀舟 役• ( NTV) - 平松忠四郎 役• (1977年 ) - 速水右近 役• (1978年、KTV) - 役• ( - ANB) - 新九郎 役• ( ANB) - 大石内蔵助 役• ( - ANB) - 役• () - 役• () - 役• ( - CX) - 朝日奈河内守正清 役• (1981年、フジテレビ) - 小関十太夫 役• (1982年 TX) - 柳生宗矩 役• お春捕物日記〜危うし! 大岡越前 (1982年、フジテレビ) - 役• (1984年、フジテレビ) - 拝一刀 役• (1984年、フジテレビ)• ( ) - 役• ( NHK)• (1987年 NTV) - 役• ( NTV) - 笹野弥三郎 役• (1989年 TBS) - 新出去定 役• スペシャル「江戸は燃えているか! 加賀百万石の陰謀」(1990年 テレビ朝日) - 日向内記 役• (1991年 ANB)• (1991年 CX) - 雲霧仁左衛門 役• (1992 CX) - 煙の富蔵 役• 鬼麿斬人剣 (1995年 ANB・東映) - 源清麿 役• (1996年 TX) - 卯助 役• (1996年、) CM [ ]• - 脚注 [ ] 注釈 [ ] は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2017年8月)• 萬屋錦之介 『わが人生 みち 悔いなくおごりなく』 出版局、1995年• 『萬屋錦之介 芸道六十年回顧写真集』 東京新聞出版局、1997年-錦之介本人が企画したが、図らずも追悼出版となった• 錦之介映画研究会編 『中村錦之助 東映黄金時代』 、1997年-追悼出版• 錦之助映画ファンの会編 『一心錦之助 オマージュ中村錦之助・萬屋錦之介』 、2009年• 『萬屋錦之介』 、1978年-中村プロ監修の写真集• 島英津夫 『親父の涙 萬屋錦之介』 、 関連人物 [ ]• :映画、テレビドラマでを主演。 :脚本家・監督、師であった• 外部リンク [ ]• - (英語)•

次の

きんしん Big Advance(金沢信用金庫)

きん の すけ ログイン

ログインパスワードの入力について 初めてインターネットバンキングをご利用になるお客様、パスワード再登録・契約者カード再発行のお手続きをされたお客様は、「ログインパスワード」欄に「仮ログインパスワード」を入力してください。 仮ログインパスワードは、お手続き時にお客様が指定した数字4桁の頭にRIB(ローマ字)を付けた7桁のパスワードです。 初回のログイン時(サービス開始登録時)には、次のものをご用意ください。 (1) ろうきんダイレクト ご契約者カード <ろうきん>よりお客様に郵送したカードです。 ご契約番号、第2暗証番号は、こちらをご確認ください。 (2) ろうきんダイレクト ご契約者カードの台紙 「ろうきんダイレクトご契約者カード」が貼付されていた台紙です。 仮確認用パスワード(英数字10桁)は、こちらをご確認ください。 (3) 仮ログインパスワード お手続き時に、お客様が指定した4桁の数字の頭にRIB ローマ字 を付けたパスワードです。 初回ログイン時には、ログインパスワードに仮ログインパスワードをご入力ください。 (4) メールアドレス インターネット・モバイルバンキングをご利用になるには、メールアドレスが必要です。 迷惑メール対策等でドメイン指定等の受信制限をされている場合は、<ろうきん>からのメールのドメイン( webcenter. anser. jp)が受信できるよう、設定を変更してください。

次の