秋 とい えば 食べ物。 秋の食材

『夏といえば!』売り場や販促企画につながるネタ集めました。

秋 とい えば 食べ物

11月の上旬、季節としてはまだまだ紅葉シーズン真っ只中で秋の印象が強い時期ですが、少しずつ冬の気配を感じ始める頃です。 この時期にも季節の節目があります。 「立冬」です。 四季の冬の節目の立冬ですが、立冬とはどういったものなのでしょうか。 また、この時期に食べておきたい食べ物はあるのでしょうか。 調べてみたいと思います。 2020年は 11月7日(土)が立冬となります。 立冬の「立」には季節の始まりの意味があり、文字通り冬の始まりの日です。 秋分と冬至の中間で、暦の上では立冬から立春の前日までの間が冬となります。 関連: 立冬の頃は季節の変わり目で、昼夜の寒暖差が大きくなる時期でもあり、一年の中で最も体調を崩しやすい時期とされています。 そのため、立冬は十分な休息と栄養を取り冬を乗り越える為の準備をする期間とも言われています。 立冬に食べる食べ物とは? よく冬至にはかぼちゃを食べるなど、季節の行事には行事食がつきものですが立冬には明確にこれと 決まった食べ物の指定はありません。 一部地域では 冬瓜 とうがん を食べるところや、中国では立冬には 餃子を食べる風習があるようです。 冬瓜は冬の瓜と書きますが、夏が旬の野菜です。 名前の由来は諸説ありますが「まるごと保存すれば冬まで持つ」ことからその名前がついたとも言われています。 昔は夏に収穫して冬までの保存食として重宝されていたようです。 季節の変わり目でもあり、風邪をひきやすい季節でもありますのでビタミンCが豊富な冬瓜はこの季節にぴったりな野菜かもしれません。 ただ、注意したいのは夏野菜ですので体を冷やす効果もありますので適度に食べるようにしたいですね。 中国で餃子を食べる理由としては、寒さのあまり耳が落ちるという説があり、形が似ている餃子を食べてお祈りをする習慣があったようです。 また「立冬補冬、補嘴空」 立冬には、栄養補給を ということわざもあるようです。 この季節に取れた旬の食べ物を温かくして食べる事により、健康な体を保ち病気を防ごうという意味合いです。 しょうが・とうがらし・かぶ・かぼちゃ・ねぎ・にんにく・牛肉・ごぼう・くるみなど体を温める効果がある食材が多くありますが、うまく取り入れつつバランスのいい食事を心がけたいですね。 飲み物を温かいものに変えたり、冷たい生野菜のサラダも温野菜に変えたりするのも効果的です。 立冬は季節の変わり目で体調を崩しやすい時期ですので、体を温める食材をうまく取り入れつつ冬に備えてしっかりと体の準備を、そしてまだまだ暖かい日もありますが、暦の上ではもう冬の始まりですので本格的に冬が到来する前に冬支度を始める目安としてみてもいいかもしれませんね。 - ,.

次の

立冬とは?2020年はいつ?食べものは何を食べたらいいの?

秋 とい えば 食べ物

こんにちは。 グラフィック事業部です。 暑い夏も終わり、暑さや寒さをあまり気にしなくてもいいような、 一年で最も過ごしやすい季節『秋』がやってきました! 今回は春夏に続き、色で『秋のイメージ』を伝えることができる 簡単な方法をご紹介します。 秋をイメージする『言葉』を『色』で表現してみよう! 秋といえば、一般的に「食欲の秋」・「スポーツの秋」・「読書の秋」など 秋を連想させる言葉がたくさんありますよね。 秋になると枯葉や紅葉、木の実などをイメージさせるような 明度も彩度も低くした色合い が ピッタリの四季の中でも最も 落ち着いた色の配色が多く見られます。 枯葉のような茶系、アクセントに濃い赤、 中~低彩度の緑やオレンジを組み合わせると秋らしい雰囲気になります。 グレイッシュトーンとダークトーンの組み合わせにこだわりすぎると かなり暗い配色 になってしますので、ちょっと違う見方で どんな色の組み合わせにすれば『秋』っぽいイメージになるのか紹介したいと思います。 色の組み合わせで『秋』をイメージしてみよう! 【コスモスのイメージ】 夏が終わってすぐの秋のはじまりはちょっと明るめの配色。 花びらのピンクの濃淡、自然を連想させるようなグリーン、秋空を連想させるようなブルーの 組み合わせで『コスモス』表現できます。 【かぼちゃ・柿・栗・さつまいものイメージ】 秋を連想させる食べ物の代表ですが、色も見た目通り秋を連想させてくれます。 もしかしたら、『秋』の色で一番わかりやすいのかもしれませんね! 【もみじのイメージ】 秋も深まる時期は、赤・黄・橙系の濃淡配色。 やはり『もみじ』の表現は赤が一番ですね! 10月以降になれば、キャンペーンやイベントの広告などにはこの配色が結構使われています。 【POPなお菓子のイメージ】 最近では、なんといってもハロウィンが一番主流となってきましたね。 かぼちゃを連想させる「オレンジ」に夜を連想させる「紫」や「黒」の配色が多く見られます。 さらにビビットカラーの黄色やピンクをプラスするとPOPなお菓子のイメージもプラスされますよ。 「ハロウィン」全体のイメージはこんな感じでしょうか。 秋の配色は、春と夏の配色と違って、 ちょっと暗めを意識すると簡単に秋の雰囲気を出すことが できます! 注意したいところは、 暗すぎるからといってあまり鮮やかな色をプラスしすぎないこと! せっかくの落ち着いた『秋』の雰囲気が崩れるので注意してくださいね。 いかがでしたか? 秋は、なんとなく寂しいイメージもありますが、この秋の色の組み合わせは、 季節の色だけではなく『落ち着いた色』として使うこともできますよ! ご参考ください!.

次の

立冬とは?2020年はいつ?食べものは何を食べたらいいの?

秋 とい えば 食べ物

スポンサーリンク 秋といえば何を連想しますか。 暑い夏が過ぎ去り、気候もちょうどよい秋ですが、そんな過ごしやすい季節である秋にはイベントが目白押しです。 今回は、秋といえば〇〇といったような秋に連想する物やイベントなど、秋に関することを全てひっくるめてランキング形式にしてみました。 よろしければご覧ください。 10位 月見 秋といえば月見を思い浮かべる方も多いと思います。 秋の月見といえば 「十五夜の満月」ですが、 「十五夜お月さん」という童謡もありますよね。 十五夜は「 中秋の名月」とも言われており、 特に9~10月の秋になると空が清んでくるため、月がきれいに見えることからお月見がされるようになりました。 お月見がされていたのは、実に平安時代までさかのぼりますが、当時は「秋の収穫を感謝する」ための行事だったと言われています。 美しいお月さんをのんびり眺めながらお団子を食べる…それはまさに、幸せを感じる一時ではないでしょうか。 忙しい毎日を生きている私たちですが、秋にはのんびりとお月見をして、慌ただしい日常を少しの間でも忘れてみるのも一興だと思います。 9位 お彼岸 春と秋には「春分の日」と「秋分の日」がありますが、それぞれを中日として、前後の3日間(計7日間)を「お彼岸」と言います。 お彼岸には、先祖供養のためにお墓参りをしますが、どうしてお墓参りをするのかご存知でしょうか。 仏教では「お彼岸」とは「向こう岸」という意味があり、「向こう岸」とは、それはつまり「極楽浄土」のことです。 「彼岸」の反対は「此岸(しがん)」と言い、「此岸(しがん)」とは私たちがいる岸のことを言います。 極楽浄土は、昔から西の彼方にあると考えられているので、「春分の日」と「秋分の日」には、太陽が真西に沈むため極楽浄土の方角がはっきりと分かります。 これらのことから、お彼岸はこの世とあの世が最も近い日と言われており、お墓参りで先祖供養をしてお祈りをするという風習が今でも残っています。 8位 敬老の日 敬老の日は、毎年9月の第3月曜日で国民の祝日となっています。 敬老の日が制定されたのは、意外にもそれほど古くはなく、はじめは全国ではなく兵庫県内のみで老人を大切にしよう、というコンセプトのもと「としよりの日」と定めていたようです。 そして、「としよりの日」は徐々に全国的に広がりを見せ、 1964年には「敬老の日」と改称されました。 敬老の日はその名称の通り、老人を大切にして敬愛し、長寿を祝いましょうという日になります。 敬老の日には、おじいちゃん、おばあちゃんにお祝いの品を贈るという方も多くいるでしょう。 敬老の日のギフトといえば、やはり「お花」が定番ですが、その他には「名前入りの湯飲み」や「日本茶」「日本酒」なども定番のギフトですね。 7位 芸術の秋 秋といえば「芸術の秋」とよく言われます。 そもそも、どうして秋になると「芸術の秋」と言われるようになったのでしょうか。 一説には、とある雑誌が、たまたま「芸術の秋」という言葉を使ったことがきっかけといわれています。 それをきっかけとして、秋になると、芸術コンテストや芸術に関するイベントなども全国各地で開催されています。 秋は、暑い夏が終わりを遂げ、涼しめの過ごしやすい気温でもあることから、何か行動を起こすには最適ともいえる季節です。 何かを始めるには最適である秋には、芸術にチェレンジしてみてはいかがでしょうか。 6位 スポーツの秋 秋といえば「芸術の秋」の他に、「スポーツの秋」とも言われます。 秋には、体育の日という国民の祝日もあるように、日本全体で「スポーツをしましょう」と国が支援しているような感じも受けます。 学校の運動会も秋に行われる所が多いことから、秋といえばスポーツは定着していると言えます。 また秋にスポーツをすることで、これから来た る寒い冬に向けて体力を蓄えておく、という意味合いもありますよね。 夏は、基礎代謝が悪くなりダイエットも難しい季節と言えますが、秋になると涼しくなり、基礎代謝も上がってくるのため、ダイエットにも最適な季節と言えます。 基礎代謝とは、生きていくうえで必要なエネルギーのことなので、秋にスポーツをすることで「基礎代謝を上げて、寒い冬を乗り切ろう」という意味合いもあるんですね。 おすすめのスポーツランキングです。 こちらの記事を参考にしてみてください。 4位 ハロウィン 近年では若者を中心に、日本でも大盛りあがりを見せているハロウィンイベントですが、ハロウィンの由来は何かご存知でしょうか。 ハロウィンは、元々古代ケルト人が起源とされているお祭りのことで、本来は、邪気を追い出し秋の収穫を祝う、という意味合いがあったようです。 しかしハロウィンは、いつの頃からかアメリカ合衆国で「イベント」として行われるようになり、本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっているのが現状です。 そんなハロウィンでは、子供が大人の元へ行き 「トリック・オア・トリート」(いたずらされるか、お菓子をくれるか、どっちがいい?)はあまりにも有名です。 日本におけるハロウィンイベントの経済効果については、日本記念日協会によると 推定1240億円にのぼります。 それでも、2018年は2017年よりも5%減少していることから、いかにハロウィンの経済効果がものすごいかが分かります。 ちなみにですが、2011年の時で560億円なので、ハロウィンの経済効果はここ数年で3倍近く伸びていることになります。 年間の定例行事やイベントの経済効果については、 こちらの記事を参考にしてみてください。 3位 シルバーウィーク 今のところ、恒久的な休日ではありませんが、9月に上手く連休が重なれば最大5連休になります。 2009年のハッピーマンデー制度の導入により、9月15日だった敬老の日が9月の第3月曜日に変更されたことにより、「シルバーウィーク」が誕生しました。 秋分の日が水曜日になった時にだけ、月曜日と水曜日にはさまれている火曜日が祝日になるため5連休になります。 しかし、残念ながら次回の5連休は、2026年まで来ません(泣)。 2026年まで気長に待ちましょうね。 2位 読書の秋 秋といえば「読書の秋」です。 読書は、いつの季節においてもできますが、気温も涼しくてとても過ごしやすい秋に読書は最適です。 日本では、「 読書週間」というものがあるのをご存知でしょうか。 「読書週間」とは、10月27日から11月9日までの2週間のことを指しおり、この時期においては、小中学校でも読書推進期間として活動している所も多くあります。 少し前までは「読書週間」はたったの1週間しかありませんでしたが、1週間では短いということで今の2週間になりました。 私も読書が大好きなので、今まで読書をあまりしたことがないという方は、「読書の秋」に読書を始めてみてはいかがでしょうか。 本を読むことが好きな方は、 こちらの記事も参考にしてみてください。 1位 食欲の秋 秋は「味覚の秋」ともいわれるように、美味しい食べ物がたくさん実りを迎える時期です。 秋が旬の代表的な食べ物といえば、 かき、なし、ぶどう、りんご、うなぎ、いわし、鮭、秋刀魚、伊勢海老、しいたけ、しめじ、まつたけ、、、あげればキリがないほど豊富にあります。 秋には、多くの美味しい食べ物が実りを迎えることもあることから「食欲の秋」と言われます。 また、暑い夏の時期に夏バテで食欲がなくなってしまった人も、秋になれば体調が戻り、必然的に食欲が増してきます。 食欲が増してくるときに、一つ気をつけなければいけないことが「食べ過ぎ」です。 食欲の秋は、ある意味ダイエットの天敵ともいえる季節ですので、私を含めて「食べ過ぎ」には注意しましょうね。 関連記事です。

次の