連勝デッキ。 【デュエプレ】【デッキ】ビーストフォークデッキでプラチナ帯10連勝!!楽しいwwwww

【マスター帯9連勝】連ドラバジュラ・バイラステンペスト デッキレシピ【デュエプレ】

連勝デッキ

機械ヴァンプ(20連勝デッキ、ローテーション) <> senamaru氏がローテーション20連勝を達成した機械ヴァンプのデッキレシピです。 アディショナルの新カードは「背徳の狂獣」が3枚採用されています。 (カードテキストはこのページの下の方にあります) 背徳の狂獣は、「ドローをするたびに盤面かリーダーにランダム1点を与える」という非常に強力なリーダー付与能力を持っており、デッキ全体もこの新カードを活かすように組まれていますね。 具体的には「」「」が3枚ずつで、ドローを強化したデッキ構築になっています。 「背徳の狂獣」の能力が働いていると「鋼鉄と大地の神」が非常に強力で、仮に9枚融合していて相手の盤面が空だったりすると、相手リーダーに9点ダメージが飛ぶという恐ろしい性能になります。 お互いに相性の良い 「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」をどちらもサーチできるので、「ワンダーコック」の重要度が上がり3枚採用になっている感じですね。 このデッキでは「」が不採用ですが、「背徳の狂獣」「」がどちらも3枚で機械以外のカードが多くなっているため、これ以上入れたくないのかもしれないです。 あるいは、6PPのタイミングで「背徳の狂獣」+「()」として、ドロー2枚で2点飛ばしつつ、次の「」を着地させるための動きがあるので、6コストのネレイアを抜いているということでしょうか。 アディショナル前の機械ヴァンプよりも、フィニッシュの部分で「」や「」への依存度が下がっているイメージです。 「背徳の狂獣」のリーダー付与能力を働かせておいて、「鋼鉄と大地の神」から「鋼鉄と大地の神」を引いて連鎖させ、ひたすらドローしまくって相手リーダーの体力を削るというプランが生まれています。 仮にデッキ枚数30枚の時に「背徳の狂獣」を進化させたとして、デッキ枚数が残り10枚になるまで戦ったとすると、ランダム1点のダメージが合計20回ばらまかれることになります。 これだけで相手リーダーの体力をかなり削れますし、盤面も処理しやすくなるので、進化時能力としては破格の性能ですね。 3コスト枠で「」が不採用なこともあり、全体的に機械カウントが進みづらくなるという問題はありますが、「」の採用で少しでも機械カウントを進みやすくしたり、 機械カウントがなかなか進まなくても「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」のコンボで戦えるという感じだと思います。 【進化時】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン中、カードを自分のデッキから手札に加えるたび、ランダムな相手のリーダーかランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 これをX回行う。 Xは「加えたカードの枚数」である」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。

次の

【シャドウバース】トッププレイヤーのデッキまとめ!連勝デッキや優勝デッキを紹介!【シャドバ】

連勝デッキ

機械ヴァンプ(20連勝デッキ、ローテーション) <> senamaru氏がローテーション20連勝を達成した機械ヴァンプのデッキレシピです。 アディショナルの新カードは「背徳の狂獣」が3枚採用されています。 (カードテキストはこのページの下の方にあります) 背徳の狂獣は、「ドローをするたびに盤面かリーダーにランダム1点を与える」という非常に強力なリーダー付与能力を持っており、デッキ全体もこの新カードを活かすように組まれていますね。 具体的には「」「」が3枚ずつで、ドローを強化したデッキ構築になっています。 「背徳の狂獣」の能力が働いていると「鋼鉄と大地の神」が非常に強力で、仮に9枚融合していて相手の盤面が空だったりすると、相手リーダーに9点ダメージが飛ぶという恐ろしい性能になります。 お互いに相性の良い 「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」をどちらもサーチできるので、「ワンダーコック」の重要度が上がり3枚採用になっている感じですね。 このデッキでは「」が不採用ですが、「背徳の狂獣」「」がどちらも3枚で機械以外のカードが多くなっているため、これ以上入れたくないのかもしれないです。 あるいは、6PPのタイミングで「背徳の狂獣」+「()」として、ドロー2枚で2点飛ばしつつ、次の「」を着地させるための動きがあるので、6コストのネレイアを抜いているということでしょうか。 アディショナル前の機械ヴァンプよりも、フィニッシュの部分で「」や「」への依存度が下がっているイメージです。 「背徳の狂獣」のリーダー付与能力を働かせておいて、「鋼鉄と大地の神」から「鋼鉄と大地の神」を引いて連鎖させ、ひたすらドローしまくって相手リーダーの体力を削るというプランが生まれています。 仮にデッキ枚数30枚の時に「背徳の狂獣」を進化させたとして、デッキ枚数が残り10枚になるまで戦ったとすると、ランダム1点のダメージが合計20回ばらまかれることになります。 これだけで相手リーダーの体力をかなり削れますし、盤面も処理しやすくなるので、進化時能力としては破格の性能ですね。 3コスト枠で「」が不採用なこともあり、全体的に機械カウントが進みづらくなるという問題はありますが、「」の採用で少しでも機械カウントを進みやすくしたり、 機械カウントがなかなか進まなくても「背徳の狂獣」と「鋼鉄と大地の神」のコンボで戦えるという感じだと思います。 【進化時】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターン中、カードを自分のデッキから手札に加えるたび、ランダムな相手のリーダーかランダムな相手のフォロワー1体に1ダメージ。 これをX回行う。 Xは「加えたカードの枚数」である」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。

次の

【レジスタンス】スペンサーで20連勝した共生バランス型デッキ【バイオハザードRE:3】

連勝デッキ

毎日毎日MAX挑戦し続けて、3日目にしてようやくAグループ進出を決めました。 (ついでに5連勝できました) そこで、環境所感や使用デッキについて書きたいと思います。 グランプリ環境所感 3日間挑戦し続けて感じたのは、ものすごく多様性があるということでした。 見かけた主なデッキは、• コントロールエルフ• ニュートラルエルフ• 無謀ドラゴン• ミッドレンジロイヤル• 援護射撃ロイヤル• ドロシーウィッチ• 秘術ウィッチ• ニュートラルウィッチ• ミッドレンジネクロ• AFネメシス• よくわからないビショップ です。 感覚的に援護射撃ロイヤル、無謀ドラゴン、ドロシーウィッチが多かったですかね。 これだけ多様で、しかもBO1だとメタ読みがほぼ通じないと感じました。 1回不利マッチで落として、一回事故か相手のぶんまわりあるとそれだけで2敗してしまいます。 勝ち進んでいって似たようなデッキだらけになるのならメタを読むのもありだと思いますが、どんな相手とあたるかわからない状態なら、ほとんどのデッキに不利がつかないような純粋にパワーがあって、かつ、自分が扱い慣れているデッキを持ち込むのが良さそうです。 使用デッキ:無謀ドラゴン そんなわけで、比較的環境に多いドロシーウィッチに対抗できて、その他にも不利がつきにくく、ブン回れば無理やり勝つことができる無謀ドラゴンに最終的に落ち着きました。 ここに行き着くまで本当にいろいろ試しました……白銀剣ウィッチ、アグロヴァンパイア、コントロールエルフ、白狼象入りアグロエルフ。 それでは、使用デッキの詳細を簡単に解説します。 デッキリストと採用理由 良くある無謀ドラゴンに、《嵐の翼》を採用しています。 かぶった《無謀なる戦》や終盤役に立たない《竜剣の少女・アイラ》なんかを《突風のドラゴン》に変えることができます。 《ドラゴサモナー》は1枚にすることで、《ドラゴサモナー》以外をちゃんと引いてこれます。 サーチ先はどれも便利なカードばかりです。 まあ、1枚にしているのはサーチ先を絞るということと単純に枠がないということもあります。 《竜剣の少女・アイラ》と違って、終盤に引いて使っても使いやすいです。 サーチ先が《竜剣の少女・アイラ》以外のカードは終盤引いても嬉しいカードばかりになっています。 そんな理由もあって、《竜剣の少女・アイラ》は3積みじゃなく2積みにしています。 《灼熱の嵐》はドロシーデッキに刺さる(5点AOEならもっとよいんですが……)だけでなく、いろんなデッキに対しても使える便利なAOEです。 《魔界の女王》は2枚にしたかったんですが、枠がきびしく、序盤被るのを嫌って1枚です。 使ってみるとわかりますが、《魔界の女王》が絡むとフィニッシュ力がぜんぜん違います。 さいごに ランクマッチだと5連勝とか普通にできていたのに、グランプリではなかなか勝てなくて、参加者の取り組み方がぜんぜん違うなと感じました。 なんとか次も勝って、決勝にすすみたいなと思います。

次の