ディズニー チケット。 ディズニーランド・シーのコロナ休園延長でチケットの払い戻し期間・方法を調査!

ディズニーチケットを値上げ前に購入する方法!早めに購入して4月以降もお得に入園しよう!

ディズニー チケット

便利なことに、ディズニーチケットは現在、4つのコンビニで購入できるようになりました。 コンビニでチケットが買えるとなると、わざわざ当日チケットブースに並ぶ必要がなくなりますよね。 さらに、ディズニーストアまで行かなくても自宅近くのコンビニで購入できることに。 では、コンビニでディズニーのチケットが買える大きなメリットを5つ見ていきましょう。 窓口の引き換えが不要に! 以前は、コンビニで買えるディズニーチケットは、当日チケットブースの窓口で「入園パスポート」へ引き換えなくてはいけませんでした。 しかし、2015年よりコンビニのディズニーチケットにも2次元コードが付いたため、ディズニーランド、ディズニーシー共に直接入園できるようになりました。 これはかなり手間が省けますし、何より時間短縮になるので最大のメリットです! 2. 24時間営業のコンビニでいつでも購入できる コンビニでディズニーチケットを購入する場合、端末機のメンテナンス時間以外は好きな自分のタイミングで購入することができます。 さらに、JTBレジャーチケットの場合、発行手数料が無料なのは嬉しい特典ですよね。 日付指定のチケットが購入できる コンビニで買えるチケットの種類と名称 JTBのパークチケットは、ディズニーの日付指定チケットをコンビニでも購入することができます。 逆に、コンビニチケットはオープン券(日付指定なし、パーク指定なし)の販売はありません。 そのため、もし当日入場制限がかかってしまっても必ず入園できますよ! ・ 4. ファストパスの発券も可能 コンビニで購入したディズニーチケットは、もちろんファストパスにも利用可能です。 お目当てのアトラクションに乗りたい方に嬉しいですよね。 チケットは3ヶ月前から購入できる 土日などの連休、春休み、夏休みは特にディズニーでは大混雑が予想されます。 そのため、お目当ての日のチケットが売り切れてしまうことも。 コンビニで買えるディズニーチケットは3ヶ月前から購入することができるので、もし遊びに行く日が決まっているのなら早めに購入することができるので安心です。 ディズニーチケットが買える4つのコンビニ ディズニーチケットが楽々手に入っちゃう! 現在、ディズニーチケットが購入できるコンビニは下記の4つです。 各コンビニの端末機によって、多少操作は違うところもありますが、システムはほぼ同じ。 後で詳しくディズニーチケットの購入方法をご説明しますが、端末のトップページのレジャーチケットをタッチして画面に沿ってチケットを選んでいきます。 チケットの選択後、出てきた申込券をレジに持って行き、お会計するという流れになります。 このように、コンビニチケットの購入はとても簡単に行えちゃうんです! かなり時間の節約になりますし、お手軽にディズニーのチケットを購入することができるのでディズニーファンにとってはありがたいシステムではないでしょうか。 ディズニーチケットをコンビニで買う方法 コンビニのファミポート 先ほどご紹介した4つのコンビニで、実際にディズニーチケットをどのように購入するのか見ていきましょう。 マルチコピー機の「チケット」を選択して「JTBレジャー」を選択する 2. 画面内容に沿って、購入したいチケットの種類を選択 3. 希望のチケット内容をチェックして、「OK」ボタンを押す 4. 「払込票」が印刷されるので、「払込票」が出てきたら30分以内にレジに持って行く 5. トップページメニューの「チケット」ボタンを押す 2. 「東京ディズニーリゾート(R)」を押す 3. 画面の指示に沿って申し込みをする 4. 申し込みが終わると「Famiポート申込券」が出てくるので、これを持って30分以内にレジに持って行く 5. Loppi画面トップで「各種サービス」を選択する 2. 画面の指示に従って申し込みする 4. 支払方法を選択する 5. 出てきた申込券を持ってレジに行き、精算してチケットを受け取る もしチケットの発行が分からない場合は、コンビニの店員さんの手が空いているタイミングで一緒に見てもらうのもアリでしょう。 希望するチケットが間違っていないかどうかは、最終的にレジの精算時に確認できるので安心してください。 なお、この情報はちょっと前のものなので、実際に購入する際は各コンビニで確認してみてくださいね! 日付指定券はコンビニで買える? ディズニーのチケットの購入は、1年以内であれば好きな日を選んで利用できるオープン券と、利用したい日付を指定して購入できる日付指定券の2種類があります。 日付指定券の最大のメリットは、入園保証があるので、例えば休日やイベントシーズンでパークに入園規制がかかっても入園することができること。 指定した日以外に利用することはできませんが、別途手数料を支払えば日付を変更することもできます。 そして、この便利なディズニーの日付指定券も、コンビニで購入することができます。 そもそもコンビニで購入できるディズニーチケットは日付指定のチケットしか買えません。 もしオープン券が必要な方は、コンビニではなく、ディズニーeチケット(オンライン)やディズニーストア、チケットブースで購入しましょう。 【eチケット】 ・ 【当日券】 ・ 【スマホ対応】 ・ コンビニのディズニーチケットはデメリットもある コンビニチケットのデメリットとは 便利に活用できるコンビニのディズニーチケットですが、デメリットもあります。 実は、コンビニで購入するチケットはコンサートチケットのようなかなりシンプルなデザインになっているのです。 ディズニーストアやチケットブースで買えるディズニーチケットは、ミッキーやミニー、ドナルドなどディズニーキャラクターの絵柄がかわいいことで有名ですよね。 でも、コンビニで買うチケットは通常のディズニーの絵柄チケットではないので、味気のない地味なチケットになっているのです。 でも大丈夫! せっかくのディズニーチケットなので、「かわいい絵柄のチケットに交換したい!」という場合は、手数料200円を支払えば、かわいい絵柄の正規チケットに交換することができます。 ディズニーランドでは「ゲストリレーションウィンドウ」、ディズニーシーでは「ゲストリレーション」で、通常のチケットに交換してもらえますよ。 もしディズニーの絵柄チケットを集めている方は別途手数料がかかってしまいますが、この方法もアリかと思います。 また、コンビニのチケットの場合、正規チケットよりも若干大きい作りになっています。 そのため、ファストパスの取得時や、ショーの抽選時の取り出しが不便なのもデメリットかもしれません。 どこのコンビニが一番お得にディズニーチケットを買える? ポイントが貯まるお得なコンビニとは? ここまでディズニーチケットが購入できる4つのコンビニをご紹介してきました。 実際、どのコンビニでディズニーチケットを購入するのが一番良いのか知りたい方も多いと思います。 例えば、機械に弱い方は割と端末の操作が簡単なセブンイレブンが良いと言われています。 筆者個人としては、ファミリーマートがおすすめです。 その理由は、カードにポイントが貯まるシステムが導入されているからです。 まずはファミリーマート(以下、ファミマ)ですが、「ファミマTカード」と呼ばれるクレジット機能付きのポイントカードやキャッシュ機能付きのカードがあります。 このカードを持っている方はぜひ、現金よりもカードで支払うことをおすすめします。 よくファミマを使う方ならご存知かと思いますが、ファミマではファミマの商品やその他の提携店で買い物をするとファミマTカードにポイントが貯まっていきます。 このファミマTカードは200円ごとに1ポイント貯まるシステムなので、ディズニーの1デーパスポートを買えば41ポイントも貯まるのです。 そして、貯まったポイントは1ポイント1円計算となるので、商品を買う時にポイントで支払うこともできますよ。 残念なことに、ファミマのTカードのポイントでディズニーチケットの購入はできません。 でも、カードでチケットを購入することで同時にポイントも貯められるなんて、まさに一石二鳥ですよね。 貯まったポイントで美味しいお菓子や食料を買うことだってできちゃいますから。 ・ コンビニで買った1デーパスは2デーパスに変更できる? 1デーパスを2デーパスにアップグレードする方法 コンビニで1デーパスポートを購入したけれど、後々2デーパスポートに変更したくなる場合もありますよね。 これを「アップグレード」と呼びますが、その場合変更することは可能なのでしょうか? 現在、グレードアップはオンラインで購入したディズニーeチケット「スマートフォンで入園」「自宅でプリントアウト」タイプのみとなっています。 そのため、コンビニで購入した1デーパスは2デーパスに変更できません。 近くにディズニーストアがない方、家にパソコンや印刷機がない方は、コンビニでディズニーチケットを購入してみてはいかがでしょうか? せっかくのディズニーランド、ディズニーシーなので現地に到着したらなるべくムダな時間は使いたくないもの。 葉書を送れば、新しいチケットをが来るので有効期限問題も安心です。 一度、チェックしてみてくださいね。

次の

チケット情報|“ブラバン・ディズニー!” コンサート|ディズニー公式

ディズニー チケット

1日に両方のパークをご利用いただくことはできません。 1日に両方のパークをご利用いただくことはできません。 1日目、2日目は、両パークを行き来することはできません。 券種3デーマジック パスポート 価格|大人18才以上19,800円 価格|中人 中学・高校生12~17才 16,800円 価格|小人 幼児・小学生4~11才11,800円 ・3日間それぞれ連続して、どちらかのパークを お楽しみいただけます。 3日目以降は2つのパークを自由に行き来しながらお楽しみいただけます。 1日目、2日目は、両パークを行き来することはできません。 券種4デーマジック パスポート 価格|大人18才以上24,800円 価格|中人 中学・高校生12~17才 21,000円 価格|小人 幼児・小学生4~11才14,800円 ・4日間それぞれ連続して、どちらかのパークをお楽しみいただけます。 3日目以降は2つのパークを自由に行き来しながらお楽しみいただけます。 1日目、2日目は、両パークを行き来することはできません。 1日に両方のパークをご利用いただくことはできません。 取扱日の設定がありますので、オフィシャルウェブサイトにて事前にご確認ください。 1日に両方のパークをご利用いただくことはできません。 取扱日の設定がありますので 、オフィシャルウェブサイト にて事前にご確認ください。 有効期間を過ぎた場合は無効となります。 パークのチケット販売窓口でパークチケットの変更をされる場合は、有効期限内の未使用チケットに限り、指定入園日および入園パークのみの変更が可能となります。 旅行代理店の窓口では、有効期限内であれば、上記変更に加え、券種、年齢区分を含めた予約の変更が可能です。 予約内容の変更が発生した場合は、事前に予約券をお買い求めの店舗にてご確認ください。 【旅行特集ページ】• 【海外旅行】•

次の

【2020】ディズニーチケットはコンビニで!購入方法とメリット・買えるコンビニまとめ

ディズニー チケット

通常のパークチケットはいくら? まずは、ディズニーランドで遊ぶための、1デーパスポート(1日券)の値段を確認しておきましょう。 1デーパスポートとは、ディズニーランドの開園時間から閉園時間まで1日中遊べるパスポートです。 1日フルで遊ぶのではなく、午後から遊びに行きたいという方におすすめのパスポート。 2日目まではどちらか片方のパークしか入園できませんが、3日目以降は2つのパークを行き来することができますよ。 大人1人あたり1,000円も割引されるので、かなりお得に利用することができますよ。 その年で割引率が変動したり、登場しない年もあるのでこまめにチェックしておきましょう! 首都圏ウィークデーパスポート料金(2019年) 大人:6,400円 (通常料金より1,000円割引) 中人:5,500円 (通常料金より900円割引) 小人:4,100円 (通常料金より700円割引) 利用期間:2019年4月8日(月)~7月12日(金)の平日 対象地域:東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・茨城県・群馬県・栃木県・山梨県・静岡県(2019年より対象に) ・ (3)夏5ウィークデーパスポート ファンダフル・ディズニーのお得な会員サービスとは? ファンダフル・ディズニーというディズニーの公式ファンクラブにも割引チケットがあります。 入会すると自身の名前が入ったメンバーズカードや、会員限定の会員報が貰えたり、ファンクラブイベントに参加することもできます。 ファンダフル・ディズニーの会員は、メンバーズカードを提示することでお安くチケットを購入することができます。 こちらは割引ではなく無料でパスポートを貰える方法ですが、オリエンタルランドの株を100株以上持っている方に限るので資金に余裕のある方が対象となります。 また、オリエンタルランドの株を長く保有し続けると、1デーパスポートが年に2枚もらうこともできますよ。 ・ まとめ いかがだったでしょうか? ディズニーランドの入園パスポートを、お得に購入できる方法をご紹介しました。 ディズニーランドでは時間帯によってお得に入園できるパスポートもあるので、遊びに行く時間を調整することで通常よりも安く利用することができますよ。 また、地域や年齢、会員限定のお得なパスポートも販売されることがあるので、公式HPを頻繁にチェックしておくことをおすすめします。 葉書を送れば、新しいチケットをが来るので有効期限問題も安心です。 一度、チェックしてみてくださいね。

次の