新幹線 切符 suica。 新幹線改札通り方

新幹線切符をビューカードで購入する際は注意!駅にはJR東日本とJR東海のみどりの窓口があるので、窓口次第でポイント還元率は違います。

新幹線 切符 suica

Point 2 交通系ICカードでチケットレス乗車!• ・「えきねっと」であらかじめ登録したSuica等のICカードを新幹線自動改札機にタッチすることで、新幹線にチケットレス乗車することができます。 ・お持ちの全国相互利用対象の10種類の交通系ICカードがご利用いただけます。 ・こども用のICカードをご登録いただければ、小児のお客さまもチケットレス乗車していただくことができます。 ・モバイルSuicaもご登録いただけます。 Suica• Kitaca• ICOCA• PASMO• TOICA• manaca• PiTaPa• nimoca• SUGOCA• はやかけん• ・指定席:所定の運賃+料金から 200円引き• ・自由席:所定運賃+料金と同額 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 ・新幹線eチケット(基本)の 発売額(通常期)から割引 あり あり あり あり なし なし 6名 6名 6名 1ヶ月前10時から 出発時刻4分前かつ22時54分まで 1ヶ月前10時から 乗車日当日の1時40分まで 1ヶ月前10時から 乗車日13日前の1時40分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで 1ヶ月と7日前の5時30分 から1ヶ月前の9時54分まで ご予約成立時 ご予約成立時 ご予約成立時 クレジットカード決済 クレジットカード決済 クレジットカード決済• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• ・えきねっと特典適用の場合: 1名様につき手数料320円• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円)• ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典なし: 割引率に応じた手数料 (最低560円) スワイプすると内容の詳細がご覧いただけます。 はやて・やまびこ・なすの• <ご利用上の注意> ・チケットレス乗車には、人数分のICカードが必要です。 ・新幹線eチケットでは「東京都区内」などの特定都区市内制度は適用になりませんので、新幹線eチケットと在来線を乗り継いで利用される場合、全区間を無割引のきっぷで利用された場合の総額を上回る場合があります。 ・新幹線eチケットのご利用代金は、サイト内にて購入が完了した際に、「えきねっと」にご登録されているクレジットカードにて決済されます。

次の

新幹線の予約も乗車もスマートEXが楽ちん。使い方からモバイルSuicaとの連携法もご紹介

新幹線 切符 suica

2 Case 2:車掌にチケットの提示を求められたら…… 取材が終わった帰り、東京へ向かう新幹線車内でのこと。 座席に座っていると、車掌に「その席で合っていますか?」ときっぷの提示を求められた。 紙のきっぷなら見せるだけだが、なにしろ座席情報を取得するには、 のような操作が必要だ。 慌ててアプリを立ち上げて通信を始めるも、東北新幹線は山をくりぬいたトンネルをいくつも通り抜けるため、圏外になる区間が長くてなかなかサーバにアクセスできない。 焦る筆者に「あれ、携帯で買ったんですか。 ここから先はトンネルが続いてしばらく圏外なんで、後でまた来ますね。 がんばってください」と言って、車掌は隣の車両へ去っていった。 焦りながら携帯電話と格闘すること約10分。 ようやく座席番号を確認すると、本当は窓際E席なのに、間違って通路側のC席に座っていたことに気が付いた。 慌てて荷物を抱えて正しいE席へ移動すると、車掌が戻ってきた。 「ごめんなさい、C席とE席を間違っていたみたいです」と言うと、「携帯を貸してもらえますか?」と車掌。 おサイフケータイを渡すと、車掌はバッグから取り出した端末におサイフケータイをかざして「あ、こちらの席で合ってますね」と一言。 心の中で「その端末で確認できるなら、最初からそうしてくれればいいのに」と思ったのだった。 車掌におサイフケータイを渡して、きっぷの方法を確認してください ご指摘の通り、車掌が持っている端末におサイフケータイをかざせば、チップの中に書き込まれたきっぷの座席情報を確認することができます。 もし、車内で車掌にきっぷの提示を求められたら、携帯電話を車掌に渡して、座席情報を確認してもらってください。 (JR東日本広報部) Case 3:2人で隣の席に乗りたいときはどうするの? モバイルSuica特急券は1人で使うことを想定しており、2人分以上の座席を一緒に予約することはできない。 古川での取材が終わり、東京に戻ろうとした帰り道のことだ。 神尾寿氏と筆者は仙台まで一緒に行って打ち合わせをし、その後神尾氏は仙台に1泊、筆者は新幹線に乗って東京に帰ることにした。 モバイルSuica特急券できっぷを買う場合、シートマップで空きを確認しながら(左)、あるいは座席番号を指定して(右)買うと便利。 とくにほかの人と一緒に座りたい場合は、シートマップで空き状況を確認し、座席番号を伝えあって買うしかないようだ 筆者は古川から仙台までと、仙台から東京まで列車を分けて予約した。 モバイルSuicaのシートマップで見ると、古川から仙台までの東北新幹線・やまびこはがらがら。 神尾氏もモバイルSuica特急券を使い、筆者の隣の座席を指定して仙台までの新幹線を予約しようしたのだが、途中から先がなぜかうまくいかない。 仕方がないので、古川駅のみどりの窓口で新幹線のきっぷを買おうとしたところ、筆者の隣の席は埋まっていて買えないという。 結局、同じ車両の離れた席に座ることになった。 おそらく、神尾氏が隣の座席を押さえた状態でモバイルSuica特急券の予約操作をやめてしまったため、「席は空いていないがきっぷは取れていない」という形になったのだと思う。 しかし2人以上で一緒に乗りたい場合にどう座席を予約するかは課題だと思った。 全員で同じ時間にモバイルSuicaを使っているとすれば、空き座席を確認しながら相談する必要がある。 アプリを立ち上げながら電話をかけたりメールをしたりはできないので、これはかなり面倒だ。 モバイルSuicaを使っていない人がいる場合はもっと面倒だ。 みどりの窓口に並びながら、モバイルSuicaを立ち上げて、空き座席を確認しながらきっぷを買えばいいのだろうか? それはあまりに間抜けすぎる……。

次の

モバイルSuicaで在来線から新幹線(東海道・山陽)にチケットレスで乗り継ぐ方法まとめ|myfree

新幹線 切符 suica

新幹線は一般的な在来線と異なり、「乗車券」と「特急券」の2種類が必要です。 【乗車券】 乗車券とは、電車を利用する際絶対に購入しなければならない券のこと。 いつも在来線で購入している切符と同じものです。 自宅の最寄駅〜目的地の最寄駅が、乗車券の区間となります。 【特急券】 特急券とは、新幹線や特急列車に乗るために必要な券のこと。 普通列車よりも、速くて快適に移動できる利点に対するプラス料金と考えましょう。 特急券には、新幹線が停車する駅の区間が記載されていますので、購入後は買い間違えていないかチェックしてみてください。 通常、乗車券と特急券は各1枚ずつ発行されますが、場合によっては1枚で発券されることもあります。 また、複数の新幹線を乗り継ぐ場合は、特急列車に乗る回数分の特急券が必要です。 特急券にはさらに「自由席」と「指定席」の2種類があります。 新幹線の種類によってはグリーン・グランクラスといった上のクラスの券もありますので、希望する席を決めてから購入するといいでしょう。 【自由席特急券】 自由席特急券は、席を指定せず、乗る列車も指定されていません。 自分の好きな時間の新幹線に乗れること、最も安価というのがメリットですが、席が決まっていないため、混雑時には移動区間中ずっと立ちっぱなしということもありますのでご注意を。 【指定席特急券】 指定席特急券は乗る新幹線の時間を指定して、席を確保できます。 必ず席に座れるため、電車での移動に慣れていない方や荷物が多い方、小さなお子様を連れている方は指定席特急券を選択するのがおすすめ。 また、当日購入だと希望の時間帯が満席だったということもあるため、繁忙期は事前予約をしておくとよいでしょう。 新幹線の切符はJRの窓口、みどりの窓口、自動券売機、旅行代理店、インターネットなど様々な場所で購入できます。 慣れている方はいつでもどこでも購入できるインターネット、初心者の方は窓口購入がおすすめ! 窓口購入時は ・乗車区間 ・日時 ・人数 ・指定席か自由席か を伝えるだけでOKです。 禁煙が良いのか、窓側か通路側どちらが良いか、などの詳しい選択は販売員さんから聞いてくれます。 順番に答えていきましょう。 支払は現金以外にも、クレジットカードや金券が使用可能。 切符は当日でも購入可能ですが、満席で希望の時間を取れない場合や、グループで席が離れてしまう場合もあります。 前日までに購入しておくのがベターでしょう。 特にGWやお盆、年末年始などの繁忙期は事前購入が必須です!切符は乗車日1か月前の午前10:00から発売が開始されます。 また、トラブルを回避するために、切符購入後は日付や時間をきちんと確認するようにしましょう。 在来線と新幹線の改札口は異なります。 必ず「新幹線」と書かれた改札口を探してください。 新幹線の駅まで在来線で来た場合は、構内にある新幹線乗換口へ向かいます。 改札機では、乗車券と特急券の2枚を同時に通しましょう。 改札を通ったら2枚とも忘れずに回収します。 取り忘れると大変なことになりますので、切符は最後まで大切に保管しておいてください。 新幹線にあまり慣れていない方は、発車時刻より少し早めに駅についておくのがよいでしょう。 新幹線の駅は大きくて広い駅にあることが多いため、改札口を探すのに迷ってしまうかもしれません。 乗り遅れてしまうことのないように、時間に余裕をもって行動することを心がけましょう! 改札を通ったあとでも待合所やお土産屋があるので、乗車時間までゆっくりと過ごすことができますよ。 駅弁を買って、新幹線の中で食べるのも旅の醍醐味ですね! 【乗り方】 改札を通ったら、自分が乗る新幹線のホームを電光掲示板で確認しておきます。 また、自分の席がホームのどの位置に到着するのかまで確認しておくと、スムーズに乗り降りができます。 16両編成もある新幹線のホームは非常に長く、位置を間違えてしまうと端から端まで歩くことに。 【乗車中】 乗車後は、しばらくすると車掌が切符の確認に回ってくることがあります。 その際は持っている切符をすべて見せてくださいね。 【降り方】 新幹線の乗降時間はとても短いです。 到着のアナウンスが流れたら、荷物をまとめてすぐに降りられるよう準備しておきましょう。 無事に降りることができたら、出発同様、2枚の切符を通して改札口を出てください。

次の