レバノン 日本 国交。 外交政策ニュース

レバノン基礎データ|外務省

レバノン 日本 国交

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2013年6月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2013年6月) 日本が承認していない国一覧(にほんがしょうにんしていないくにいちらん)は、1か国以上のからを受けているが、からは国家の承認を受けていないまたは「」()の一覧である。 本項目では「独立国」として、に掲載された以外の205か国のうち、以下に該当する202か国を対象とする。 に加盟したである192か国• 国連加盟国ではないが、国連加盟国からを得て、を有する国である2か国• 国連加盟国ではなく、国家の承認を得られる国が少ないが、の要件に当てはまり、となっている7か国• である1か国• 各節では、国家承認する国が多い順に独立国を掲載している。 承認国数が同じ場合は五十音順に並べている。 に掲載されているものの、一切の国連加盟国から国家承認を受けられていない3か国については、、またはを参照のこと。 特定の政治的が地域の実効支配を行うには至ってはいないものの、国家としてのを行っている地域については、を参照のこと。 記事「」(、1958年)。 強制送還に関する日本政府と韓国政府とのあいだの合意は違反であるとの旨の抗議が行われた PDF。 1948年に として独立。 の時点で国連加盟192か国のうち164か国が国家承認しているものの、日本が承認していない唯一のとなっている。 日本政府は第3条の規定に基づき、以南をする韓国政府を「にある唯一の合法的な政府」と認めている。 しかしその一方で、韓国政府による軍事境界線以北の朝鮮地域の領有も承認しておらず 、歴代政権は 1 に基づき、「住民の自由な意思の表明によって選挙を行なって、それに基づいてできた政府」が成立したと判断した時 ()、または 2 「を遵守する意思と能力を有し」たと判断した時 ()に、朝鮮民主主義人民共和国を国家承認する可能性を否定していない。 そのため、北朝鮮政府の実効支配地域は「韓国の管轄外にある朝鮮地域」(例:)として扱い、北朝鮮政府との間でから間接的・直接的なを有し、今までに(1950年代~)や「正常化交渉」(1991年1月~)、及び(2002年、2004年)が行われている 後述する台湾(中華民国)の場合とは異なり、北朝鮮には事実上の日本大使館・日本総領事館に相当する民間機関は設置されておらず、民間交流は低調である。 日本政府は北朝鮮拉致問題の解決後に予定される国家承認・を目的として、2002年には臨時の連絡事務所 2011年 には政府の臨時事務所をそれぞれに開設していたが、常設化には至っていない。 北朝鮮側は中央本部を「利益代表部」と扱うよう主張している。 関係機関• 双方の在大使館 - 双方の連絡窓口であり、担当官が配置されるなど事実上の兼轄代表部。 東アジア貿易研究会 - 日本側民間企業による貿易窓口組織。 在日本朝鮮人総聯合会 - 北朝鮮を支持するが設立した民間団体であるが、北朝鮮の・(用・商用査証を除く)を取り扱い、親善交流の窓口にもなる。 「に基づく「に準ずる」として、事務所のなどが免税されていた例()が多かったが、(27年)に減免措置が消失した。 朝日輸出入商社 - 北朝鮮側の駐日貿易代表部機能を暫定的に委任されている。 友好協会:、日朝友好協会、、朝鮮女性と連帯する日本婦人連絡会、日朝学術教育交流協会、朝鮮の自主的平和統一支持日本委員会(以上日本側)、朝日友好親善協会(北朝鮮側) パレスチナ [ ] 1988年にが として独立宣言するが、に基づいて1995年にを統治する が発足。 ではないが、、及びに正式加盟国である。 の時点で、国連加盟193か国のうち136か国が国家承認しており、他34か国と外交関係を結んでいる。 現在、日本政府は将来の承認を予定したとして扱っている。 誤解されがちであるが、「イスラエル国の一自治区」として扱っているわけではない。 の開設以降、パレスチナに対し経済支援や、イスラエルとの二国間における紛争解決の協議、議員外交等を行っている。 から、日本政府はパレスチナ日本代表事務所長を「大使」という名称を用いて外交活動を展開している。 日本が国家承認していない地域において、外交官に「大使」の呼称を用いるのは異例であり、国家として正式に承認はしていないものの、それに準じた扱いとなっている。 また、2012年(日本時間では)に開催されたパレスチナに国連オブザーバーの地位を与えるかの決議で日本は賛成票を投じた。 2015年9月10日、国連総会にて国連の建造物の前にパレスチナの国旗を掲揚することを支持する決議案を賛成多数で採択。 日本を含む119か国が賛成し、アメリカやイスラエルを含む8か国が反対した。 ただし、イギリスなど欧州連合加盟国を含む45か国が棄権している。 台湾 [ ] 台北駐日経済文化代表処() 日本はに締結したにより、 との国交を樹立。 同条約は中華民国()が実効支配するのみを適用範囲としていたので、実質的には日台間の国交であった。 、により政府を「中国の唯一の合法政府」と承認して国交を樹立したことに伴い、中華民国政府との国交を断絶した。 これによって双方の大使館等が閉鎖された。 また、国交断絶時に、民間の実務関係を維持するために、日台相互に非政府組織としての連絡機関(日本側は、台湾側は)を設置し、現在に至っている。 民間交流は極めて活発で(2007年の相互訪問者数は合計約250万人、2019年は同約700万人 )、相互の連絡機関は実質的に大使館・領事館に準じる役割を担っている。 日本国政府は「」を堅持する中国への配慮から、台湾を「国家」とする対外的言明や政府間の公式接触を極力控えているが、関係官庁間の交流・実務協議を定例化させるなど、台湾に未承認の「国家」が存在するとの前提で各種の実務を処理している。 日本側には親台派議員が少なくはなく、を中心とした議員外交や地方の提携も活発である。 台湾側も近年、対日関係を「」と位置づけ、特別な国家間関係への格上げを模索している。 には、同年夏頃に「国際法上、台湾は帰属未定地である(中華民国は台湾の主権を持っていない)」という趣旨の発言をした財団法人交流協会・事務所長が任期途中で辞任に追い込まれている。 現在政権を担っているでは、2019年度まで台湾を「我が国にとって、基本的価値観を共有する重要な友人」と位置づけていたが 、2020年のでは「極めて重要なパートナー」と位置づけが格上げされている。 関係機関• 公益財団法人 - 日本側の経済・民間交流の窓口機関。 日本旅券・査証を取り扱う。 - 台湾当局の事実上の代表部。 台湾旅券・査証を取り扱う。 友好協会:日華親善協会・日台親善協会、日台スポーツ・文化推進協会、大阪日台交流協会(以上日本側)、台日文化経済協会(台湾側) 日本政府が外交関係を一切有さない未承認国・主権実体 [ ] 日本政府()は、外交関係の無い国家未承認国を付きの政府名で呼称している。 (例:「サハラ・アラブ民主共和国」 、「北キプロス・トルコ共和国」。 ) 前述の北朝鮮、パレスチナ、台湾を除く国家未承認国は、外務省ホームページの「国・地域」リストにおける「その他の地域」にはカウントされない。 この節では未承認国を、国旗・独立国名・内に外務省が認識する状況の順で表記している。 未承認国 [ ] ( 監視下の地域) 1976年に独立宣言。 国連加盟193か国のうち、を受けている。 西サハラ全域のを主張するが、現状の実効支配地域は西サハラの約3割に留まり、残りの約7割はモロッコの実効支配下にある。 日本政府はサハラ・アラブ民主共和国政府をしておらず 、両政府間の窓口となる関係機関も設置していない。 同時にが主張する西サハラの領有権も認めておらず 、西サハラの帰属は「MINURSOによるが解決する問題」としている。 が発表する「」は、西サハラ全域を「西サハラ地域」という中立的地域として扱っており 、サハラ・アラブ民主共和国の実効支配区域については「支配地域」と表記している。 ( ・アブハジア地域 ) 1992年に独立宣言。 国連加盟193か国のうち、を受けている。 「」も参照 日本政府は、「領土の一体性を尊重する」 との立場から、アブハジア地域をジョージアの一部と認識している。 その為、アブハジア共和国を国家承認せず、政府間の窓口となる関係機関も設置していない。 ( ・南オセチア地域 ) 1991年に独立宣言。 国連加盟193か国のうち、を受けている。 日本政府は、「領土の一体性を尊重する」 との立場から、南オセチア地域をジョージアの一部と認識している。 その為、南オセチア共和国を国家承認せず、政府間の窓口となる関係機関も設置していない。 ( 北部のトルコ系実効支配地域 ) 1983年に独立宣言。 国連加盟193か国のうち、のみから国家承認を受けている。 日本政府は、北キプロスが「トルコ軍のでされ、一方的に独立宣言した地域」 であり、の一部としている。 その為、北キプロス・トルコ共和国を国家承認せず、政府間の窓口となる関係機関も設置していない。 主権実体 [ ] 1522年からマルタ島を領土としていたが、1798年の領土喪失後はが定める「国家」の資格(、、)を満たさない組織となった。 しかし、かつて領土を有していた経緯から「」としてと何らかの関係を有しており、国連でも「」の一つとして扱われている。 日本政府は や 等の一部の国連総会オブザーバー組織・団体と外交関係を有しているが、マルタ騎士団とは関係を有していない。 承認後も特定の主張が承認されていない国 [ ]• 日本国政府はエルサレムがであるとするイスラエルの主張を承認しておらず、はに置かれている。 の領有。 同地は領だったが、でイスラエルが占領して併合を宣言。 現在も実効支配を続けているが日本国政府はこの併合を認めていない。 の領有。 では台湾が自国領土の不可分の一部であると主張する中華人民共和国政府の立場について 「十分理解し尊重する understand and respect 」と表現されており、中国の主張を承知しつつも認めているわけではないという態度を取っている。 いわゆると呼ばれる・・・の4島の領有。 では、択捉島のみに、他の3島はサハリン州に帰属するが、日本国政府はこの地域は日本の主権に属するとしておりロシアの主張を認めていない。 の領有。 ロシアはが、日本国政府はこの地域は併合前の領としておりロシアの主張を認めていない。 の領有。 モロッコはの宗主権放棄後西サハラの多くを占領し、自国領と宣言しているが日本国政府はこれを認めていない。 過去の非承認状況 [ ] 過去の非承認国家 [ ] (1880 - 1971年) 1880年からイギリスの保護国であったが、1971年の独立宣言とともに国家承認。 (1907 - 1971年) 1910年のでイギリスがを取得して保護下に置き、インド以降はのであった。 1971年9月、日本はブータンの国連加盟の共同提案国となり、黙示の国家承認を行う。 に外交関係樹立。 (1862 - 1971年) 1862年の以降イギリスの保護下にあったが、1971年に保護関係を解消し 、同年に日本政府は国家承認を行った。 (1916 - 1971年) 1916年からイギリスの保護国であったが1971年の独立宣言とともに国家承認。 (1820 - 1971年) トルーシャル・オマーンは、、、、、、、の8からなるイギリスの(このうちカルバ首長国は後にシャールジャ首長国が併合)。 1971年12月に ラアス・アル=ハイマを除く6首長国が を結成し、同時に国家承認した。 (1993年) 1993年2月、新憲法がアンドラ国会で可決、同年3月に住民投票で承認され、国家として独立した。 フランス及びスペインは同年6月1日に,アンドラ公国を主権国家として明示的に承認した。 同年7月には,アンドラの国連加盟が加盟国の全会一致で認められた。 1993年12月7日に日本政府は国家承認した。 独立から日本が国家承認するまでの数か月間は非承認国家となる。 なお1993年3月前については、スペインのウルヘル司教とフランス大統領の共同統治という特異な形態のため、扱いは不明である。 (2001 - 2011年) 1965年にを獲得し、とのを形成した。 2001年の共同宣言において、クック諸島は主権独立国家であると宣言したが 、10年間の間は国家承認を行わなかった。 に日本政府は国家承認した。 (1974 - 2015年) 1974年にを制定してを獲得し、とのを形成した。 日本政府はとして承認してこなかったが、に国家承認することをした。 過去の非承認政府 [ ] (1991 - 2013年) の独立と同時に国家承認したが、にで政権が崩壊してからは日本政府がをが存在しない状態となり、になって周辺諸国の仲介で発足した もソマリア全土をできていない事から承認に至らなかった。 その後、にが暫定を終了させて正式なソマリア連邦共和国政府を発足させると、2013年2月に日本政府は新政府を正式に承認した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日韓基本条約第3条は「朝鮮にある唯一の合法的な政府」である根拠としてを挙げている。 この決議では韓国政府を「全朝鮮住民の大多数が居住し、臨時委員会()が観察・助言できた朝鮮の一部に対し事実上の統制された権限を有する合法政府」(原文:a lawful government the Government of te Republic of Korea having effective controland jurisdiction over that part of Korea where the Temporary Commission was able to observe and consult and in which the great majority of the people of all Korea reside. )としている。 以北の朝鮮(北朝鮮地域)は、の立ち入り拒否によってUNTCOKの活動と政府樹立のためのが実施できなかった為、この総会決議は北朝鮮地域に韓国政府の合法的な権限が及んでいると認める根拠にはなり得ない。 からにかけて存在したと、に発足した。 出典 [ ]• Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年3月9日閲覧。 Dag Hammarskjoeld Library, the United Nations. 2018年5月1日閲覧。 Dag Hammarskjoeld Library, the United Nations. 2018年5月1日閲覧。 - 外相の答弁• - のに対する答弁• 2002年9月13日配信記事。 2011年11月11日配信記事。 日本国にとってこれは、中国を代表する政府の承認の変更としており、中国という国家に対する承認は何ら変更はなく、中華民国に対する国家承認も取り消しという理解はしていない。 日本国外務省 2016年1月16日. 2016年11月27日閲覧。 産業経済新聞社 2020年5月20日. 2020年6月11日閲覧。 Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年3月9日閲覧。 外務省が地域別インデックスで公表しているアフリカの地図では、モロッコの範囲に西サハラが含まれていない• 外務省• 外務省• 外務省• 外務省• 外務省• (英語)• 外務省• 外務省• 石黒大岳• 外務省• 外務省• 外務省• 外務省• 外務省• 外務省 報道発表 2011年3月25日• 外務省• 外務省 報道発表 2015年5月15日(2015年5月18日閲覧)• 外務省 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - 外交関係のある国家承認国は『その他の地域』として表示されている。

次の

レバノン大統領、日本大使に「全面協力を約束」…ゴーン被告身柄引き渡しで : 国際 : ニュース : 読売新聞オンライン

レバノン 日本 国交

レバノンでは国民的人気者 レバノンはゴーン被告の祖父の出身地で、国籍も有している(ほか出身地のブラジル、フランス国籍を持つ)。 幼少期にも一時居住経験があり、ビジネス界で成功したのちには地元への投資や寄付にも力を注いだ。 そのため、現地では郵便切手にも採用されるなど尊敬を集めており、逮捕後もさまざまな支援を受けてきた。 「大統領に」との声さえあると報じられているほどだ。 犯罪容疑者が国外に渡ってしまった場合、逃亡先の国との間に犯罪人引き渡し条約があれば、一部の例外などを除き、その引き渡しが相互に義務付けられることになる。 しかし、日本が条約を結んでいるのは米国と韓国の2か国のみだ。 条約がない場合は、外交ルートを通じて引き渡し請求を行い、相手国が判断することとなる。 とはいえ、法務省の「犯罪白書」(令和元年版)によれば、引き渡しが実現したケースは年に多くて数件程度で、過去30年では合計37件に留まる。 レバノンの場合では、過去にイスラエル・テルアビブ空港乱射事件を起こした日本赤軍メンバー・岡本公三受刑者の送還を日本側が求めたものの、国民の反イスラエル感情に配慮してこれを拒否。 現在まで岡本受刑者はレバノンに暮らす。 「保釈を出した東京地裁の歴史的大チョンボ」 前東京都知事で国際政治学者の舛添要一氏は31日、で、「レバノンと日本の間には、身柄引き渡し条約がないので、レバノン政府が拒否すれば、日本はゴーンを取り返せない」と指摘するとともに、「ゴーンは、フランス、ブラジル、レバノンと複数のパスポートを持っているが、三重国籍の利点をフルに活用。 日本の司法は、もっと国際化しなければ、こういう事態には対処できない」と、司法制度の改革を呼び掛けた。 元検事の落合洋司弁護士もで、 「カルロス・ゴーンはレバノン国籍もあるはずで、日本とレバノンの間には犯罪人引渡条約がない。 自国民は引き渡さないのが国際法上の原則。 レバノンを拠点にする限り、日本への連れ戻しは無理だろう」 とゴーン被告引き渡しの難しさを解説するとともに、「保釈を出した東京地裁の歴史的大チョンボ」と断じた。

次の

レバノンと日本の関係は?ゴーン被告逃亡で関係悪化か

レバノン 日本 国交

アウン氏は「本件についてレバノン政府は全く関与していない」と強調した。 「日本側の要請に全面的に協力していくことを約束する」とも述べたが、具体的な内容には言及はなかった。 日本政府高官がレバノン首脳と直接協議するのは、ゴーン被告の逃亡後初めてとなる。 日本政府は国際刑事警察機構(ICPO)を通じてゴーン被告を国際手配し、レバノンに身柄引き渡しを求めている。 しかし、レバノンと日本との間に犯罪人引き渡し条約はなく、執行するかどうかはレバノンの司法判断に委ねられる。 レバノンには自国民を外国に引き渡すことを禁じる国内法もある。 ただ、両国とも経済犯罪を防止するための国連腐敗防止条約に署名しており、日本政府は今後、身柄引き渡しの実現に向けて、レバノン側の方針と法的見解について意見交換していくとみられる。 一方、米テレビFOXビジネス(電子版)は6日、ゴーン被告が取材に応じ、日産がゴーン被告を失脚させるためにクーデターを行ったとする「実際の証拠」を持っていると主張したと伝えた。 ゴーン被告は8日に予定されている記者会見で、関係者の実名も明らかにするという。 ゴーン被告は自身の逮捕の裏には「日本政府に関係する人物もいた」としている。

次の