梅雨明け予想 2020 東京。 真夏の前から 厳しい暑さ 「梅雨明け」が早まる所も 1か月予報(日直予報士 2020年07月02日)

関東甲信の梅雨明け時期!2020年はいつ?

梅雨明け予想 2020 東京

食を楽しむと言えば、東北地方。 全国的に知名度のある農産物や畜産物があります。 青森と言えば、「りんご」、秋田と言えば「きりたんぽ、 比内地鶏」、山形は、「さくらんぼ、米沢牛」など、 6県で構成されている東北地方には、各県それぞれの名産があります。 畜産物は、ともかく、農産物は、収穫量が天候にされやすいので、 生産者の方は、天気を気にします。 これから、梅雨時期に入っていきますが、 2020年の東北地方の梅雨入り、梅雨明け時期はいつなのでしょう? 気象庁のデータ69年分を遡って予想していきたいと思います。 ちなみに気象庁が公表しているデータでは <東北北部> 青森県、秋田県、岩手県 <東北南部> 山形県、宮城県、福島県 となっていますので、 今回は東北北部・南部それぞれの 2020年梅雨入り・梅雨明け時期を予想していきます! 2020年 令和2年 東北南部の梅雨入り、梅雨明け予想 それではまずは、東北南部 山形県、宮城県、福島県 の 2020年の梅雨入り、梅雨明け予想をしていきます! 東北南部の梅雨入り時期はいつ? まず、東北南部の過去の梅雨入り時期をみていきたいと思います。 1951年から2019年まで、過去69年間のデータを見てみると 最も早い梅雨入りは1959年と2015年の6月1日頃で、 最も遅い梅雨入りは2017年の6月30日頃でした。 1951年から2019年までの梅雨入りの平年時期は6月12日頃。 平均値を表す黒線が若干右肩上がりのため 東北南部の梅雨入り時期は遅くなっている傾向が見て取れます。 最近の梅雨入り時期は 昨年 2019年 は6月7日 一昨年 2018年 は6月10日を記録しています。 以上の情報を参考にしてみますと 2020年東北南部の梅雨入り時期は 6月5日頃から6月19日頃の間くらいになりそうですね。 東北南部の梅雨明け時期はいつ? 続いて東北南部の梅雨明け時期を予想していきたいと思います。 先程と同様に気象庁のデータを見てみると 最も早い梅雨明けは1978年の7月5日頃で、 最も遅い梅雨明けは1987年の8月9日頃でした。 なんと一ヶ月以上の差があるのです! 1951年から2019年までの69年間のデータでは 梅雨明けの平年時期は7月25日頃。 更に、グラフを見てみると 平均値が右肩上がりになってることから 梅雨明け時期が遅くなっていることがわかります。 梅雨入り時期も遅くなっている傾向があることから 東北南部は梅雨が長期化している傾向があると言えそうですね。 最近の梅雨明けの時期は 昨年 2019年 は7月25日頃 一昨年 2018年 は7月14日頃、 となっています。 以上のことを考慮してみると 2020年の東北南部の梅雨明け時期は 7月14日頃から7月28日頃となりそうです。 2020年 令和2年 東北北部の梅雨入り、梅雨明け予想! 続いて、ここからは 東北北部 青森県、秋田県、岩手県 の 2020年の梅雨入り・梅雨明け時期を予想していきます! 東北北部の梅雨入り時期はいつ? まず、東北北部の過去69年分の梅雨入り時期をみていきます。 最も早い梅雨入りは1997年の6月2日頃で、 最も遅い梅雨入りは1967年の7月3日頃でした。 梅雨入り時期の平均値のグラフ見ると 若干右肩上がりになっていることから 徐々に梅雨入りが遅くなっている傾向が見て取れます。 1951年から2019年までの69年間のデータでは 梅雨入り平年時期は6月14日頃。 直近2年間については 昨年 2019年 は6月15日 一昨年 2018年 は6月11日が梅雨入りとなっています。 以上のデータから判断すると 2020年東北北部の梅雨入り時期は 6月8日頃から6月22日くらいになりそうです。 東北北部の梅雨明け時期はいつ? 最後に、東北北部の梅雨明け時期を予想していきます。 先程と同様に気象庁のデータを見てみると 最も早い梅雨明けは2002年の7月5日頃で、 最も遅い梅雨明けは1991年の8月14日頃でした。 1951年から2019年までの69年間のデータでは 梅雨明けの平年時期は7月28日頃。 平均時期を表す黒線が右肩上がりなので 梅雨明けが遅くなっている傾向がみてとれます。 さらに直近2年間の梅雨明けは 昨年 2019年 は7月31日頃 一昨年 2018年 は7月19日頃 でした。 これらのデータから判断すると 2020年東北北部の梅雨明け時期は 7月21日頃から8月5日くらいになりそうですね。 東北の梅雨の特徴 東北の梅雨は、 関東と同様にジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 ただ、 気象庁でも梅雨明けの明確な判断ができない年も多く、 真夏への切り替わりが難しいようです。 しかし、梅雨時期は、朝から雨だとその日一日は、 雨であることが多いので、降ったり止んだりと言うようなことはあまりないようです。

次の

梅雨入りと梅雨明け 2020(速報値)

梅雨明け予想 2020 東京

今年は、何故か週末になると雨模様といった感じで、 お出かけが雨だとうんざりしますね。 さっさとジメジメした季節を乗り越えて、楽しい夏を迎えたいです。 さて、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、 梅雨明け時期はどうなっているのでしょう? 今回は気象庁が公開している過去69年分のデータを紐解きながら、 今年、2020年の関東・甲信地方の梅雨入り、梅雨明け時期の 予想を紹介していきたいと思います。 ちなみに関東地方・甲信地方とは、一般的には 関東地方:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県 甲信地方:山梨県、長野県 を指します。 昨年、2019年の梅雨時期の雨量は、平年の7割ほどでした。 今年の梅雨はいかに…!? 梅雨入り、梅雨明けをどのように決めているの? 実は気象庁が公開している過去のデータにも「頃」と書かれている通り、 梅雨入り・梅雨明けの日付は確定日ではありません。 比較的天気の良い日が続いてから、比較的雨が多く、 日照時間が少ない時期に突入するまで 移り変わりの時期が5日間程度あります。 5日間のうちのその真ん中の日を、梅雨入り日としているようです。 梅雨入りも梅雨明けも、各地方にある気象台が観測している結果と、 1週間後までの中期予報を組み合わせて決めています。 晴れが続いている日(初夏)から、 今後数日間は天気が悪く雨模様だろうと予想 中期予報 を出し、 実際に雨が降りだした日を梅雨入りとします。 雨の日が続いている状態で、中期予報で晴れが続くと予報をし、 最初に晴れ始めた日を梅雨明けというわけです。 確定値は9月に結果を再検討し、修正された後に決まります。 2020年 令和2年 の関東の梅雨入り時期を予想! それはで、過去69年分のデータを紐解いて 関東地方の梅雨入り時期を予想していきたいと思います。 気象庁の1951年から2019年までの 関東地方の梅雨入り時期のデータを見ると 最も早い梅雨入りは、1963年の5月6日頃で、 最も遅い梅雨入りは、1967年と2007年の6月22日頃でした。 何と一ヶ月半のもの開きがあります! 1951年から2019年までの69年間の梅雨入りの平均値が、6月8日頃。 平均値を表す黒い線が右下がりになっていることから 若干ですが関東の梅雨入り時期は 早くなっている傾向が見て取れますね。 そして、そして、直近2年間のデータを見てみると 一昨年 2018年 は6月6日、 昨年 2019年 は6月7日が梅雨入りということでした。 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨入り時期は 6月1日頃から6月16日頃の間くらいになりそうですね。 2020年 令和2年 の関東の梅雨明け時期を予想! 一方、関東の梅雨明け時期ですが、 梅雨入りと同様に過去のデータをみてみますと、 最も早い梅雨明けは昨年2018年の6月29日頃で、 最も遅い梅雨明けは、1982年の8月4日頃でした。 1951年から2019年までの69年間の 関東の梅雨明け時期の平均値を見てみると おおよそ7月18日頃となっています。 また、平均値を表す黒い線が右下がりになっているため 関東の梅雨明け時期は早くなっている傾向が見て取れますね。 梅雨入り、梅雨明けともに早まっているので 関東の梅雨は早くはじまり、早く終る傾向があるといえるでしょう。 さらに、 一昨年 2018年 は6月29日、 昨年 2019年 は7月24日が梅雨明けということなので、 これらのデータから予想すると 2020年の関東の梅雨明け時期は 7月10日頃から7月24日頃の間位になりそうですね。 関東の梅雨の特徴は? 関東の梅雨の特徴といえば ジメジメと降り続く一般的な雨模様です。 過去の例を見ても、 関東では九州の梅雨のように大きな洪水などは起こっておらず、 天気は比較的安定的で、降水量も全国平均であることが多いです。 しかし、梅雨時期は、 朝から雨だとその日一日はずっと雨であることが多く、 降ったり止んだりと言うよりはあまりないようです。 カラッと晴れた暑い夏が待ち遠しいですね!.

次の

2020年(令和2年) 梅雨入り・梅雨明けの状況 | お天気.com

梅雨明け予想 2020 東京

気象庁が2日に発表した「1か月予報」によりますと、全国的に暖かい空気に覆われやすいため、向こう1か月全体の平均気温は、平年より高いでしょう。 平年ですと、7月下旬~8月上旬は「一年で最も暑い」という所が多い時期です。 ただ、今年は、いつもより前倒しで、真夏の前から、厳しい暑さとなりそうです。 特に、北・東日本と、沖縄・奄美では、期間の前半に「気温がかなり高くなる」可能性があります。 北海道や東北、北陸、関東甲信、沖縄地方は7月8日頃から、7月下旬~8月上旬は、東海、奄美地方は7月10日頃から「かなりの高温」が予想され、「高温に関する早期天候情報」も発表されています。 農作物の管理や、体調管理に、ご注意ください。 【7月4日~10日】梅雨末期の「大雨」の恐れ 週ごとに詳しく見てみます。 7月4日~10日の平均気温は、北・東日本と、沖縄・奄美は、平年より高いでしょう。 西日本では平年並みの予想ですが、こちらも油断はできません。 この期間、日本付近は、高気圧の縁を回る「湿った空気」の影響を受けやすくなるでしょう。 「湿った空気」というのは、雨のもとになります。 このため、北・東・西日本では、前線や湿った空気の影響を受けやすく、平年に比べて、曇りや雨の日が多くなりそうです。 特に、西日本や東日本では、今週末と、5日~7日頃にかけては、大雨の恐れがあります。 過去にも、梅雨末期の大雨で、被害が発生した例がありますので、雨の降り方に十分お気をつけください。 【7月11日~17日】梅雨明けラッシュか? 7月18日~31日も、全国的に高温傾向でしょう。 22日は二十四節気の「大暑」で、暦の上では「一年で最も暑い時期」を迎えます。 実際にも「一年で最も暑い時期」に差し掛かりますが、今年は、いつもより暑さがレベルアップしそうです。 さらに、今年は新型コロナウイルス感染予防対策をしながら、熱中症にも予報対策が必要です。 無理をしないで、2メートル以上の距離が保てる所では、マスクを外して、涼しくしてください。 天気は、全国的に平年と同様で、北日本は曇りや雨の日が多いものの、東・西日本と沖縄・奄美は、晴れの日が多いでしょう。 広い範囲で、夏空の日が多くなりますので、万全な紫外線対策も心がけてください。 【北日本】北海道・東北地方 【東日本】関東甲信・北陸・東海地方 【西日本】近畿・中国・四国・九州北部地方・九州南部 【沖縄・奄美】鹿児島県奄美地方・沖縄地方.

次の