読めない名前 一覧。 難しい漢字二文字の女の子の名前176選!難読で珍しい名前一覧!

昔のひらがなの読み方。昔の字・旧字が読めない方へ。

読めない名前 一覧

難読漢字の読み方と意味一覧 まずは漢字だけを見て考えてみましょう! その後、少しスペースを空けて読み方を書いています。 「扁桃(へんとう)」は和名で、「平たい桃」という意味があり、アーモンドと桃の実の形が似ているからだといわれています。 蔓の部分は利尿作用があり漢方薬に用いられ、「小水が通じる蔓の木」ということで「木通」の漢字が当てられたそうです。 「蜊」の一文字だけで「あさり」と読むこともあります。 アシカは海洋生物で、姿がロバに似ていたことから「海驢」の漢字が当てられたといわれています。 一見、花には見えないので、花を咲かせずに実をつける果物ということで「無花果」の漢字が当てられたそうです。 「鵜飼」は、鵜という鳥に水中で魚を飲み込ませた後、水上に引き上げて魚を吐き出させます。 「享」という字には「ずんぐりしている」という意味があり、鳥へんを付けて「鶉」という漢字になったそうです。 風もないのに動いているように見えることから「独(ひとりで)活(活動する)」という漢字が当てられたそうです。 熱く煮て食べることから「温飩(うんどん)」となり、さらに転じて「饂飩」になったといわれています。 okraの発音から「おーかれ(んこん)」となったという説があり、オクラではなく陸蓮根と呼ばれていた時期もあったそうですよ。 「鬼蜻蜓」とも書きます。 食事の汁もののことを「つけ」と言いましたが、室町時代の女房言葉(宮中に仕える女性が使う言葉)では「御(お)」を加えて丁寧に「御つけ」と呼びました。 更に丁寧に「御御(おみ)」を付け加えて「御御御付」になったという説があります。 嬶(かかあ)は、妻や女性の親しみを込めた呼び方ですが、ぞんざいに呼ぶ場合に用いることもあります。 かかしの語源は「嗅がし(かがし)」といわれており、獣肉や魚を焼き、串に刺して田畑に立て、そのにおいで鳥や獣を追い払ったことがかかしの由来といわれています。 漢字の案山子はもともと中国の僧侶が用いた言葉で「案山」は山の中でも平らな場所を表し、「子」は人形を表しており、中国の宋の時代の禅書である景得伝灯録の「僧曰、不会、師曰、面前案山子、也不会」から案山子という字が当てられたといわれています。 ちなみに現代の中国語でかかしは「稻草人」と書くそうですよ。 女は一人なら静かだが、三人集まっておしゃべりに夢中になるととても騒がしいということで「女」が3人集まって「姦しい」という言葉が作られたという説があります。 「希」という字には「細かい」という意味があり、ニシンの小さな卵が集まっていることから、魚へんを付けて「鯑」になったという説があります。 ちなみにかたつむりの「かた」は螺旋状の殻が笠に似ににていることから「笠」が語源といわれており、つむりは、「つぶり」や「つぶろ」同様、貝のことを指しているそうです。 また、かたつむりのことを「でんでんむし」といいますがこれは出出虫(ででむし)が変化した言葉だと言われおり、「角よ出よ出よ」と子どもたちがはやし立てたからことから来ているという説があります。 中国語が由来していて、美しい金色の羽を表しているそうです。 「花椰菜(はなやさい)」とも読み、キャベツ類の花を表しているそうです。 ちなみにブロッコリーは「芽花椰菜(めはなやさい)」「緑花椰菜(みどりはなやさい)」と書くそうです。 他に「袋鼠(袋を持つねずみという意味)」や「長尾驢(長いしっぽという意味)」と書くこともあります。 ちなみに、石川啄木(いしかわたくぼく)が、啄木という名前をペンネームにしたのは故郷の盛岡には、きつつきが多く、少年の頃に療養していた際、外から聞こえてくるきつつきが木を叩く音に慰められたからだといわれています。 キリギリスはほかに「螽蟖」「蟋蟀」と書くこともあります。 一般的に「かんぱん」と読みますが、造船や船乗りなど、船に関する人たちは「こうはん」と読むそうです。 果物の「柿」は「市=なべぶた+巾」で分かれていますが、杮(こけら)は分かれず突き抜けています。 杮とは木材を切ったり、削ったりしたときに残る木片や木屑のことです。 建築工事の最後に屋根などに残った杮を払い落すことから「杮落し(こけらおとし)」という言葉が生まれたそうです。 杮落しとは新築、または改築した劇場や映画館などで行われる、初めての興行のことをいいます。 武帝は不老不死を求め、その皿の上にたまった露に仙薬といわれた「玉の屑」を混ぜて飲んでいたそうです。 その像の空中に手をかざした形がうちわのようなサボテンに似ていることから「仙人掌」と書いてサボテンを意味するようになったと言われています。 中国では、ウチワサボテンを「仙人掌」、球のような丸いサボテンを「仙人球(せんにんきゅう)」と書くそうです。 また、サボテンという読み方の由来ですが、シャボン(石鹸)が由来と言われています。 江戸時代に油汚れを落とすためにサボテンが使われたそうなのですが、石鹸のように汚れがよく落ちることからシャボンと呼ばれ、それがサボテンに変化したと言われています。 貝原益軒の大和本草にも「誠に草中の異物なり。 油の汚れをよくとる」との記述があるそうです。 「鸚哥」は中国語が由来し、「イングー」と発音するものが訛って「インコ」となったといわれています。 そばかすという読み方は、そばかすの斑点がそばの実を粉にしたあとのそば殻に似ていることから来ているそうです。 日本人の苗字とされ、「だいと」や「おとど」と読むこともあります。 サンスクリット語「Bodhi-dharma」の音を漢字にしたものが「菩提達磨」です。 もともとの由来は中国語の「美人局」という言葉ですが、それに日本語の「筒持たせ」という読み方を当てたものです。 「筒持たせ」はサイコロ博打の際に使われていた言葉で、細工した筒を使ってイカサマすることいいましたが、それが転じて人を騙す意味にも使われるようになり、「美人局」という漢字に当てられたといわれています。 それ以前に中国から伝えられた「モロコシ」という植物と似ていたことから「唐(舶来という意味)のモロコシ」ということで「とうもろこし」になりました。 しかし「モロコシ」は「唐黍」という漢字が用いられており、「唐唐黍(とうもろこし)」となってしまいます。 そこで、モロコシの別の漢字「蜀黍」に「玉」の字をあてて「玉蜀黍」としたそうです。 「玉」は、「玉黍(たまきび・黄金色の実が美しく並んでいることが由来)」からきています。 ところてんの材料であるテングサは中国から伝わりましたが、その俗称が「心太(こころふと)」だったそうです。 葉っぱがぴったりとくっついているように見えることから、男女がくっついている様子に似ているので「合歓木」という漢字になったそうです。 但し、芭蕉の木とバナナの木は、両方ともバショウ科バショウ属に分類される大型多年草ですが、芭蕉の木に成る実はバナナと違い、食用に向きません。 「雛」は「小さい、かわいい」という意味があり、「小さくかわいい花を咲かせるケシ」ということで「雛罌粟」の漢字が当てられたそうです。 ぼうふらは短い棒状の生き物でくねくね体を振って浮いたり沈んだりするので、棒振虫(ぼうふりむし)と呼ばれていましたが、ぼうすりむしのむしが省略され、「ぼうふり」となり、転じて「ぼうふら」と呼ばれるようなったと言われています。 「孑孑」という漢字には孤立した、ちっぽけななどの意味があり、小さな蚊の幼虫が泳いでいる様子を表しているそうです。 中国ではペルシャのことを「菠薐(ほりん)」と呼んでいたので、ペルシャから伝わった野菜ということで「菠薐草」となり、日本にもそのまま伝わったそうです。 酸漿は漢方薬などに使われ、中国からそのまま伝わってきたそうです。 他に「鬼灯(ほおずき)」と書くこともあり、こちらは、鬼が持つ提灯を連想しているそうです。 ミルラとは北アフリカ原産の樹木からとったゴム樹脂のことで、ミイラ作りに使われていたそうです。 「雨」と「英」から成っていて、「英」には「花」という意味があり、みぞれは花のように降ることから「霙」という漢字になったそうです。 中国には「湯婆(たんぽ)」というものがあり、「婆」は妻や母のことで、妻や母のかわりに暖を取るものという意味があります。 日本に伝わった時「たんぽ」だけでは何のことかわからないので「湯(ゆ)」という字を加えて「湯湯婆」になったそうです。 読める漢字、読めない漢字はいくつありましたか? 普段、なにげなく使っている言葉も、漢字にすると「こんなの読めない!」と思うようなものがありますよね。 公魚や黒子のように漢字は簡単なのに読むのが難しい漢字もありますし、魑魅魍魎や雛罌粟のように書くのも読むのも難しい漢字もあります。 少しずつ覚えていって、読めない漢字が読めるようになると嬉しいですよね! 関連: 関連: 関連: - ,.

次の

【あなたは読める?】一回で読めない!赤ちゃんの名前ランキング2017【女の子編】(4~5位)|ランキングー!

読めない名前 一覧

愛敬 あいきょう かわいい! 四十物谷 あいものや 阿比留 あびる 長崎県対馬。 元は千葉県の地名。 平安時代に対馬に移住。 阿留多伎 あるたき 己己己己 いえしき ぜったい読めない! 五百旗頭 いおきべ 五百蔵 いおろい 高知県香美郡を中心に県内に分布。 地名から発祥 五十山田 いかいだ 一円 いちえん 滋賀県の地名が発祥で室町時代に高知県に移って広がった 九 いちじく 東京都。 一字で九 く だから 衣袋 いぶくろ 山形県。 衣装を入れた袋から発生した姓とは思われるが・・ 鴨脚 いちょう 京都市。 鴨の脚は銀杏の葉に似ているから。 朝廷の下級官僚にいた 入南風野 いりはえの 上野毛戸 うえのもと 浮気 うきぎ 静岡県。 苦労しそう 和歌ノ原 うたのはら 宇宙 うちゅう いつからの苗字なのでしょう? 鰻 うなぎ 鹿児島県。 明治の新姓で西郷隆盛が名付けたという説があります 烏帽子田 えぼしだ 王来王家 おうらいおうけ 大豆生田 おおまみゅうだ これも、読めない。 岡田蔭 おかだかげ 何 が 長崎県。 代々長崎で唐通詞をつとめた家柄 菓子 かし 元々お菓子屋さん? 鍛冶屋敷 かじやしき 勘解由小路 かでのこうじ これも、読めない。 甲把 かっぱ 高知県窪川町。 江戸時代から見られる。 金箱 かねばこ 長野県。 景気よさそうな名前です 一七夜月 かのう これも、読めない。 椛山 かばやま 一尺八寸 かまつか これも、読めない。 唐桶 からおけ 島根県。 中国風の桶を作っていた姓。 一昔前なら珍姓じゃなかった 神吉 かんき 官能 かんのう 岡山県 喜屋武 きやん 沖縄県。 行事 ぎょうじ 雲母 きらら これも、読めない。 当て字 久寿米木 くすめぎ 毛穴 けあな 結束 けっそく 茨城県南部。 以前、海上保安庁の幹部にいました。 源五郎丸 げんごろうまる 佐賀県南部。 昔、プロ野球阪神ドラフト投手に源五郎丸選手がいた 号刀 ごうとう 横浜市。 本来はいい意味だと思うのですが 小椎八重 こしばえ 小鳥 ことり 小間物谷 こまものや 五味之本 ごみのもと 昆 こん 大村 昆は知っているけど、苗字は知らない。 金万 こんま 香川県。 最初 さいしょ 佐賀県。 税を管理する「税所 さいしょ 」から字が変化か? 左衛門三郎 さえもんさぶろう 姓名の様な苗字 貴家 さすが 佐曽利 さそり 岐阜県。 恐そうな名前です 目 さっか これも、読めない。 眼目 さっか 富山県。 三分一所 さんぶいっしょ 色摩 しかま 山形県南部。 宮城県の色麻町発祥で、字が変化したもの 四十万谷 しじまや 實寶 じっぽう オイルライター屋さん? 七五三掛 しめい 七五三木 しめぎ 謝花 しゃばな 次郎垣内 じろうがいち 酢 す 瑞慶覧 ずけいらん 雪 すずき 角大鳥居 すみお 漢字が四文字なのに、平仮名三文字? 接待 せったい 青森県。 営業向きの名前です。 官僚だと困る!? 大王 だいおう 大工 だいく 板前の大工さんって居るのかな? 小鳥遊 たかなし 和歌山県。 鷹 タカ がいないと小鳥が安心して遊べるから 達家 たつき 煙草 たばこ 禁煙中の煙草さん!? 珍名 ちんな まさしくピッタリ! 忽那 つくな 愛媛県。 九十九 つくも 四月朔日 つぼみ これも、読めない。 十一月二十九日 つめづめ これも、絶対読めない。 百千万億 つもい これも、読めない。 栗花落 つゆり 兵庫県と小豆島。 栗の花が落ちるころ梅雨にはいるので 四十九院 つるしいん 百目鬼 どうめき 茨城県。 地名姓。 有名な文芸評論家もいました 突々 とつとつ ・・・・・・・・・! 百々米木 どどめき 刀母余羅 ともより 南蛇井 なんじゃい 群馬県。 「お名前は?」「なんじゃい」。 喧嘩になりそう 新妻 にいづま 東北地方の太平洋側一帯。 いつまでたっても新妻 鳰 にお 肉丸 にくまる 大分県。 二本やなぎ にほんやなぎ 「やなぎ」は平仮名! 根廻 ねまわし 宮城県。 これも営業・総務系にはぴったり 年代 ねんだい 八丁目 はっちょうめ 一丁目の八丁目さん? 鼻毛 はなげ 大阪府泉大津市。 「花家」と書く家もあります 針金 はりがね 髭 ひげ 滋賀県。 人首 ひとかべ 岩手県。 地名姓。 一言 ひとこと 静岡県中部。 以前、プロ野球に「一言多十」という選手がいました 春夏秋冬 ひととせ これも、読めない。 髭櫛 びんぐし 五六 ふのぼり 宮崎県。 海千山千 ふるて これも、読めない。 風呂 ふろ 平安名 へんな 法華津 ほけつ 愛媛県南予地方と大分県南部。 戦国時代からある古い姓。 八月一日 ほづみ 群馬県を中心に各地。 8月1日に稲の穂先をつむ行事から 保母 ほぼ 岐阜県。 男性は困る 本名 ほんな 「ほんみょうは?」 「ほんな」です。 松七五三 まつしめ 万歳 まんざい 劉 みづき 島根県 渡来系人 特別の技術を持ち、朝廷の庇護のもとにあった 薬袋 みない 山梨県。 「健康で薬袋を見ない」から、など諸説あり 蓑毛 みのも 六興 むくみ 無敵 むてき 山口県大島。 あまりの強さに主君から貰った姓 十 もげき 北海道旭川市。 正しくは縦棒の先をはねる 文珠四郎 もんじゅしろう 福井県。 これ全部で1つの姓 八百屋 やおや 肉屋の八百屋さんって居るのかな? 月見里 やまなし 静岡県。 山がないと月見がよくできるから 山家 やんべ 愛媛県宇和島市。 宇和島藩家老の姓です 四十八願 よいなら 要海 ようかい 奈良県。 養父 ようふ 福岡県。 右衛門佐 よもさ 東西南北 よもひろ これも、読めない。 六郎面 ろくろうめん 四月朔日 わたぬき 富山県を中心に日本海側。 4月1日に袷の着物から綿を抜くことから.

次の

【あなたは読める?】一回で読めない!赤ちゃんの名前ランキング2017【女の子編】(4~5位)|ランキングー!

読めない名前 一覧

後者は、 「DQN(ドキュン)の親が付けた名前」 という意味です。 (詳しくお伝えすると、 昔『』というドキュメンタリ番組があったのですね。 この番組に、感覚のおかしな一般人が出ることが多かったので、 一部では徐々に、変な人、ちょっと頭の足りない人を 「ドキュン」と呼ぶようになりました。 ……ほんの一部の人たちですが。 ) ですから、報道機関などでは、 「キラキラネーム」のほうが使われることが多いですね。 とはいえ、やっぱりこっちも、変な言葉です。 Sponsored Link なぜ「読めない名前」をつけたがる? 子供に奇抜な名前をつけた親が語った言葉で、 このようなものがあります。 「長年、子宝に恵まれず、やっと授かった子でしたので、 つい、舞い上がっていました……」 この言葉こそ、 今の時代背景を、如実に映し出している感じがしますね。 まぁ、真面目に考えればこうとも言えますし、 もしくは、 豊かな時代に育った親たちが、 子供が一生背負う名前というものや、 子育てそのものを 軽く考え、 ペットの名前のように気軽に決めてしまう…… といった面もあるでしょう。 ですが、 ある機関の調べによると、 子供に奇抜な名前をつけた親の 約1割が、あとで 後悔しているそうです…。 (本当はもっといるんでしょうけど。 「後悔してる」とは言いにくいですよね、やっぱり…。 ) Sponsored Link 2015年のベストオブキラキラネーム ちなみに、 「2015ベストオブキラキラネーム」はこんな感じ。 1位「皇帝」…しいざあ 2位「星凛」…あかり 3位「愛翔」…らぶは 4位「煌人」…きらと 5位「永恋」…えれん 6位「空蒼」…くう 7位「愛莉」…らぶり 8位「海音」…まりぶ、まりん 9位「碧空」…あとむ、みらん 10位「七海」…なな、まりんなど なかなか衝撃的ですね。 ちなみに2014年の1位は、 「黄熊」で、「ぷぅ」です。 漫画やアニメからの影響も強いようですが、 これが、さらに猛者になると、 「もし世の中に デスノートがあったとしたら、 読めない名前だと助かるので、 絶対に人に読めない名前をつけます!」 と考え、 わざと役所に受理されるギリギリの名前をつけるみたいです。 漫画の影響どころか、 もう、漫画と現実の区別すらついていないという……。 あきれるしかないですね。 人には、なぜ名前があるのでしょう? それは、 世の人から、認識してもらうためです。 単に、 親が自分の自己顕示欲や、自意識が強いだけで、 他人のことを考えていないと言ってもいいでしょう。 (それに、苦労するのは親よりも、当の子供なわけで。 ) しかし現在、 少しずつですが、また 古風な名前が増えつつあるようです。 (いいことですね。 ) もちろん、人と被らない名前をつけることの価値自体を 否定しようとはまったく思いませんが、どうでしょう? どちらかというと、 人にやさしく、 子供自身が生きていきやすい名前が、 ……いいんじゃないでしょうか?.

次の