これまでの加入実績に応じた年金額とは。 【将来の年金支給額を確認】年金機構の明細を元に試算してみたよ!

年金いくらもらえる?「ねんきん定期便」の正しい見方

これまでの加入実績に応じた年金額とは

記事の目次• 番号 こちらが、ねんきん定期便のサンプルです。 平成27年12月以降送付分。 50歳未満の方 35歳、45歳の方を除く 照会番号は、ねんきん定期便を発行している日本年金機構が管理する番号で、年金の内容について問い合わせをする際に、必要な番号です。 公務員共済の 加入者番号、私学共済の 加入者番号は、公務員や学校にお勤めの方などで、共済組合に加入している方についている番号です。 平成27年10月から、「被用者年金一元化法」によって、それまで厚生年金と3つの共済年金に分かれていた被用者の年金制度が厚生年金に統一されました。 これにともなって、共済年金に加入していた人も、厚生年金と同じ「ねんきん定期便」が届きます。 ただし、年金額の計算には、共済年金の加入期間についてはその加入実績に応じた年金額が計算されます。 これまでの年金加入期間 「ねんきん定期便」が作成された時点までの、年金の加入期間です。 国民年金 a 第1号被保険者 20歳以上の学生、自営業など「第1号被保険者」として、国民年金の保険料を支払っていた月数。 もし、国民年金の保険料を前納している場合には、既に支払った前納期間の月数も含まれます。 保険料の一部が免除をされた期間がある場合は、免除後の残りの保険料を納めていれば、納付月数に含まれます。 第3号被保険者 専業主婦などで、会社員・公務員など第2号被保険者の被扶養者であった月数。 この月数は、将来受け取る年金額には反映されませんが、受給資格期間(年金を受け取るために必要な月数。 最低300月)には含まれます。 300月に満たないと、老齢年金を受け取ることはできません。 老齢年金を受給する時期が近づいている方は、この数字が300を超えているかどうかを必ず確認しましょう。 これまでの加入実績に応じた年金額 加入実績に応じた年金額(年額) 1.で記載されている、現時点までの加入期間に基づいて、将来受け取れる老齢年金額を試算した見込金額です。 つまり、受給資格期間が300月を超えていれば、少なくともここに記載されている金額は、将来受け取れる見込み額、といえます。 ここで記載されている金額は、年額です。 保険料納付額(累計額) これまでに納めた保険料の累計額です。 国民年金 下記の加入期間をもとに、国民年金部分からの「老齢基礎年金額」を計算した金額です。 国民年金の第1号被保険者期間(未納期間を除く)• 国民年金の第3号被保険者期間• 厚生年金保険・船員保険の被保険者期間 2. 厚生年金保険 下記の加入実績にもとづいて、厚生年金部分からの「老齢厚生年金額」を計算した金額です。 ・一般厚生年金の加入期間 会社員などとして厚生年金に加入していた期間。 厚生年金基金から支給される額も含む。 ・国家公務員共済組合、地方公務員共済組合の加入期間 国家公務員、地方公務員として厚生年金に加入していた月数。 共済年金の計算方法は、平成27年10月以降は厚生年金と統一されました。 ただし、平成27年9月までの加入実績がある方は、その実績に基づいて、改正前の共済年金の制度に基づいて計算されます。 ) ・私学共済厚生年金の加入期間 私立学校の教職員として厚生年金に加入していた月数 共済年金の計算方法は、平成27年10月以降は厚生年金と統一されました。 ただし、平成27年9月までの加入実績がある方は、その実績に基づいて、改正前の共済年金の制度に基づいて計算されます。 最近の月別状況 直近の年金の加入履歴が記載されています。 厚生年金保険に加入の方は、保険料の算定基準となる「標準報酬月額」(月収をもとに決まる金額)が月ごとに記載されています。 執筆者プロフィール.

次の

老後はいくらもらえるの?「ねんきん定期便」はこう使おう| 2019年11月号 | バックナンバー | 四国電力広報誌 ライト&ライフ

これまでの加入実績に応じた年金額とは

「老齢年金の見込額」は50歳以上の方に送付される年金定期便に記載されます 50歳以上の方に郵送される年金定期便には、老齢年金の見込額が記載されています。 50歳以上になると、国民年金と厚生年金の加入期間を合わせると300ヶ月を超え、年金を受給する資格を有する方も多くなってきます。 よって、50歳以上の方に送付される年金定期便には、50歳未満の方に対して送付される年金定期便に記載されている「これまでの加入実績に応じた年金額」よりも、より詳細な年金の見積もりである「老齢年金の見込額」が記載されています。 年金の支給開始年齢について ところで、老齢基礎年金は65歳から支給が始まります。 また、厚生年金の被保険者期間が12か月以上あり、老齢基礎年金の受給資格期間を満たした方には、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)が支給されます。 この特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢は、現在のところ、男性が61歳、女性が60歳です。 また、男性の方で昭和16年4月2日から昭和24年4月1日までに生まれた方、女性の方で昭和21年4月2日から昭和29年4月1日までに生まれた方の場合、老齢基礎年金の受給資格要件を満たしており、かつ、厚生年金の加入期間が12か月以上あれば、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)に加え、同(定額部分)も支給されます。 この特別支給の老齢厚生年金(定額部分)は、生年月日に応じて、支給開始年齢が61歳から65歳までそれぞれに定められております。 ちなみに、最近、60歳又は61歳になられて特別支給の老齢厚生年金の支給開始年齢を迎えられる方は、定額部分の支給はありません。 なお、まぎらわしいですが、老齢厚生年金の支給開始年齢は65歳です。 特別支給の老齢厚生年金と間違わないように、65歳から支給される老齢厚生年金を本来の老齢厚生年金などと呼んだりします。 複雑な年金の構造 老齢基礎年金及び老齢厚生年金の支給開始年齢が65歳、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢は、現在のところ、男性61歳女性60歳、特別支給の老齢厚生年金(定額部分)の支給開始年齢が、61歳~64歳となっております。 このように、複数の制度の年金が生年月日に応じてそれぞれ異なる支給開始年齢で、1人の方に重層的に支給されます。 これを分かりやすく表示したのが、老齢年金の見込額となります。 老齢年金の見込額の説明 老齢年金の見込額は、縦に3列あり、それぞれ年金を受けられる年齢を3段階表示できるようになっています。 また、横に大きく分けて3行設けられていて、第1行が、年金を受けられる年齢、第2行が、年金の種類と年金額(1年間の受取見込額)、第3行が年金額(1年間の受取見込額)の総額となっています。 年金の種類と年金額は、老齢基礎年金と特別支給の老齢厚生年金の報酬比例部分及び定額部分、あと、特別支給の老齢厚生年金の定額部分と本来の老齢厚生年金の差額を補てんする経過的加算の各項目に分けられています。 老齢年金の見込額の記載例 例えば、第1行第1列に60歳と記載されており、第2行第1列の年金の種類と年金額に特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)500,000円、第3行第1列に年金額が500,000円と記載されていたとします。 また、第1行列第2列に64歳に記載されており、第2行第2列の年金の種類と年金額に特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)500,000円、特別支給の老齢厚生年金(定額部分)500,000円、第2行第2列の年金の種類と年金額で1,000,000円と記載されていたとします。 最後に、第1行列第3列に65歳に記載されており、第2行第2列の年金の種類と年金額に老齢基礎年金480,000円、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)500,000円、特別支給の老齢厚生年金(経過的加算部分)20,000円、第2行第2列の年金の種類と年金額で1,000,000円と記載されていたとします。 老齢年金の見込額の例の説明 老齢年金の見込額の表示が以上でありましたら、これは、次のように読みます。 この方は、60歳から、特別支給の老齢厚生年金のみ年額で500,000円支給されます。 そして、64歳に達するまでは、毎年500,000円の年金を受け取ることができます。 この方が64歳になられたときに年金額が改定(増額)されます。 この方が64歳になると、特別支給の老齢厚生年金(報酬比例部分)の500,000円に加え、定額部分の500,000円が支給されます。 ですから、この方は、64歳以降65歳に達するまで合計1,000,000円の年金を受け取ることができます。 最後に、この方が65歳に達した場合も年金額の改定があります。 この方が65歳に達すると、老齢基礎年金480,000円と本来の老齢厚生年金(報酬比例部分)500,000円と本来の老齢厚生年金(経過的加算部分)20,000円が支給されます。 この方が65歳から受け取ることができる年金額は、合計1,000,000円となります。 年金は終身ですから、65歳以降は、受給権者の方がお亡くなりになられるまで、毎年、1,000,000円の年金が支給されることになります。 老齢年金の見込額は、このように、受給権者の方の年齢に応じた年金の受取金額を分かり易く表示しています。 【あわせて読みたい】.

次の

実際、老後の年金っていくらもらえるの?

これまでの加入実績に応じた年金額とは

ねんきん定期便が届いたのですがどういう風に見たら良いのでしょうか 年に1回、誕生月に届く ねんきん定期便は、将来もらえる年金額やきちんと納付しているかを確認することができる書類です。 ねんきん定期便は、自分の老後のプランを考えるために大切なものです。 しかし「ねんきん定期便をどのように見たら良いのか」があまりよくわからない方もいるのではないでしょうか。 この記事では「ねんきん定期便の見方がよくわからない」という方に向けて、ねんきん定期便の見方を解説することで、年金のことや老後のことに関する不安・疑問を少しだけ解消します。 なおこの記事は、35歳、45歳の方を除く50歳未満の方に届くねんきん定期便について解説しています。 もくじ• 1.これまでの納付額(累計額) 赤枠で囲った部分をご覧ください。 この欄には これまでに納付した金額の累計が記載されています。 この欄は「一般厚生年金期間」「公務員厚生年金期間」「私学共済厚生年金期間」に分かれています。 2.これまでの年金加入期間 老齢年金を受け取るためには、保険料納付済期間と国民年金の保険料免除期間を合算した資格期間が原則として 10年以上なければいけません。 赤枠で囲った部分をご覧ください。 この欄には これまでの年金加入期間が記載されています。 特に 受給資格期間の欄に注目してください。 老齢年金を受け取るためにはこの受給資格期間の欄が120月以上(つまり10年以上)になっている必要があります。 次では受給資格期間を求めるのに合算される各種保険加入期間の欄について簡単に解説しています。 第1号被保険者の欄には、第1号被保険者として保険料を納めた期間および保険料が免除された期間の月数が記載されています。 また、保険料を納入期間期限よりも前に納めている場合は、送付されている「ねんきん定期便」の作成された日にち以降でも納付済月数に含まれています。 第3号被保険者の欄には、第3号被保険者の期間として登録されている月数が記載されています。 それぞれ、一般の厚生年金保険の被保険者であった期間の月数、公務員共済組合の被保険者であった期間の月数、私立学校教職員共済組合の被保険者出会った期間の月数が記載されています。 4.ねんきん定期便を見て老後のプランを考える 35歳、45歳の方を除く50歳未満の方に届くねんきん定期便について解説しました。 よく「年金はあてにならない」と言われます。 実際、年金は世代間扶養と言われていて、少子化の進む日本において将来的に十分な年金がもらえるかどうか確実なことは言えません。 年金に依存しない人生設計を考えるのは良いことだと思います。 しかし、あてにならないからといって完全に無視するのではなく、年に1回ねんきん定期便が届いた時くらいは、年金に向き合ってみるのも必要なことだと考えています。 せっかく保険料を納めているのであれば、 自分がこれまでどれほど保険料を納めていて、将来どれほど年金が貰える見込みなのかということは把握しておいた方が良いと思います。 そしてそれを把握するためにねんきん定期便があります。 この記事を読んだことで、ねんきん定期便を見るのに役に立ったのであれば幸いです。

次の