チェンジ アップ 投げ 方。 【ソフトボール】ウインドミル講座

【ソフトボール】ウインドミル講座

チェンジ アップ 投げ 方

概要 [ ] チェンジアップはボールを鷲掴みにするなど敢えてに力が伝わらないように握りを工夫することによってと同じ腕の振りから投じられる遅いボールである。 主に打者のタイミングをずらすために投じられる。 アメリカでは最初に覚えるべき球ともいわれる。 握り方に統一性はなく、様々な握りやの違いにより変化・・球速も変わる。 と同じくフォーシームとツーシームの握りがあり、フォーシームは比較的曲がりが小さく制球しやすい、ツーシームは利き手方向に曲がる軌道を描くが制球が難しいというのが一般的だが、フォーシームでも曲がりの大きいチェンジアップを投げる投手もいる。 また、握りによっては固有の名称が付けられているものもある(を参照)。 等に比べ肘や肩に負担が軽いと言われるため、「投手の肩は消耗品」との考えが支配的なでは非常に多用されている。 起源は1800年代後半にプレーしただと言われている。 当時は下手投げのみのルールから上手投げが可能となる移行期で、やと違いタイミングを外す球種という意味でスローボール(英: slow-ball)とも呼ばれた(とは別の意味)。 変化 [ ] 速球より回転が少なく球速も遅いため、減速しつつ沈むになり、回転の向きがバックスピンから傾いて横回転が加わっていれば右か左に曲がりながら沈む。 変化よりもに速球と誤認させることが重視され、速球との速度差が大きいと打者からはボールが失速しているように感じられる場合もある。 日米の違い [ ] では「」と「チェンジアップ」は、どちらも「タイミングを外す遅いボール」を指す言葉であったが、に入ってからチェンジアップは変化球として分けて認識するようになった [ ]。 アメリカでは球速に緩急をつけることをチェンジ・オブ・ペースと呼んでいたが、 直球と同じ腕の振りから投じられる球速の遅いボールのことを全般にチェンジアップと言うようになり、また、緩急をつけるのは当然となったのでチェンジ・オブ・ペースが球種のように使われることはない。 の在籍時は投げる変化球全てがMLBの標準球速より数段遅いため、アメリカの解説者は高津のやを全てチェンジアップと実況していた。 は誌上で「メジャーでは自分なりに考えた分類不可能な変化球も全て大雑把に『チェンジアップ』と呼んでいるみたいです」と述べている。 種類 [ ] チェンジアップは主に握りの違いによって分類される。 サークルチェンジ [ ] チェンジアップ(サークルチェンジ)の握りの例 サークルチェンジ(: Circle Change)とは、現状最もポピュラーなチェンジアップの球種。 人差し指と親指で輪(サークル)を作り、中指から小指でボールを保持する握りで投げる球種。 握りがに似ている点から、「 OKボール」とも呼ばれる。 人差し指と親指で作る輪の形は、人差し指と親指の先端をつけて大きな輪を作る形や、人差し指を親指の根元につけて小さな輪を作る形など投手によって違い、個人差はあるが握りの構造上がかかりやすく、シンカーのように利き手の方向へ微妙に曲がりながら落ちる場合が多く、に近い変化をすることから シンカーチェンジ(英: sinker change)や チェンジアップシンカー(英: change up sinker)とも呼ばれることもある。 NPBではや、、MLBではや、が代表的な使い手。 スプリットチェンジ [ ] スプリットチェンジ(: Split change、Split Finger Changeup)は、のように人差し指と中指の間にボールを挟んで投げるチェンジアップで、打者の手元で鋭く沈む。 によると、スプリットチェンジの利点は通常フォークボールなら折りたたむはずの薬指をボールに添えることで様々な変化をさせることができるという。 が代表的な使い手で、近年使い手が増え 、や、らが投げている。 バルカンチェンジ [ ] チェンジアップ(バルカンチェンジ)の握りの例 バルカンチェンジ(: Vulcan change、Vulcan changeup)は、中指と薬指でボールを挟んで縦に速く落ちるチェンジアップでに近い変化をする。 タイミングを外すよりもを取る事を目的とするが、球速を重視すると体への負担が大きい。 サークルチェンジの握りから中指と薬指でボールを挟み込んで投げ、ボールの縫い目に指をかけるかどうかでシュート回転などの横変化をつけることが可能。 「バルカン」の名称はアメリカのSFテレビドラマ『』シリーズに登場するが行う、人指し指と中指、薬指と小指をそれぞれくっつけ、中指と薬指の間と親指を開いて相手に掌を見せるバルカン式挨拶に似た握りであることが由来である。 が代表的な使い手で、やらも投げている。 日本球界ではや、が投げている。 また、はバルカンチェンジの握りでを投げていた。 パームボール・チェンジ [ ] トレバー・ホフマンのチェンジアップの握り パームボール・チェンジ(: Palm ball change)は、親指と人差し指、小指で深く握る スリーフィンガーと呼ばれるのような握りで投げるチェンジアップ。 が代表的な使い手で、から教わった。 ホフマンによると、本来のパームボールと違って速球に近いバックスピンがかかるという。 やらが投げている。 特にロドニーは、薬指を使って変化を調節して投げることもある。 高速チェンジアップ [ ] と球速差が少ない速いチェンジアップは 高速チェンジアップと呼ばれ、がから投げ始め日本で注目を集めた。 その他 [ ] カーブに似た握り方から投げるチェンジアップを リトルリーグチェンジアップ、指先でなく指の腹の部分でボールを持つようにして投げ縦に落ちるチェンジアップを ストレートチェンジと呼ぶ事がある。 のチェンジアップは速球との球速差が大きく、打者にはタイミングが合わせ難い事をが開いてブレーキがかかる様に例えて パラシュートチェンジ(英: Parachute change)と呼ばれる。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] []• 石橋秀幸・著者『レベルアップする!野球 化学・技術・練習』2013年、120頁。 Jack Curry, "," NYTimes. com, May 28, 2009. 2009年11月8日閲覧。 Josh Kalk, "," , January 13, 2009. 2009年11月8日閲覧。 2012-13 MLB投手白書 球種別解説&データファイル チェンジアップ『月刊スラッガー』2013年2月号、日本スポーツ企画出版社、雑誌15509-2、29頁。 外部リンク [ ]• (より)• (より).

次の

小学生ピッチャーにチェンジアップを指導する場合・・

チェンジ アップ 投げ 方

チェンジアップの投げる目的・特徴は? 投げ方が簡単 チェンジアップの最大の特徴は ストレートと腕の振りで空振りや打ち損じが狙えます。 腕の振りは同じですがそこから少し握りを変えるだけで、遅い球へと変わるのがチェンジアップ。 習得するのもそこまで時間をかけずに行えます。 打者のタイミングをズラす ストレートとチェンジアップを上手く組み合わせれば、打者のタイムングをズラせます。 タイミングが合わなければ、バットに一生当たることはありません。 チェンジアップを投げて打者の打ち気をそらせばさらに ストレートの威力上がったような錯覚に陥ります。 緩急差でタイミングをズラしましょう。 チェンジアップの握り方は? チェンジアップの握りは3パターンあります。 その3パターンを写真付きで紹介します。 握りはストレートから派生させている握りとなっています。 私左利きなので左での握りになります。 中指と薬指で握る この握りはストレートの握りを変えた状態です。 プロ野球選手では金子投手の握りとなっています。 人差し指と薬指で握る 中指が立っているのは申し訳ないです。 こちらは挟むような感覚で握ります。 プロ野球では杉内投手がこの握りですね。 5本の指で握る 5本指で投げるチェンジアップは少し操るのが難しいです。 プロ野球選手も上2つがほとんどであり、この握りはなかなかいません。 他の変化球はある程度握りが決まっているのですが、チェンジアップは正解がないんですね。 チェンジアップの投げ方は? 握りを覚えたところで実践に移りましょう。 チェンジアップの投げ方のポイントは3つあります。 ストレートと同じ腕の振り• リリースは抜く(もしくは押す)感覚• 狙うコースは低めを意識 の3つを意識しましょう。 具体的に解説します。 ストレートと同じ腕の振り ストレートと思わせるのがチェンジアップを投げる時には大切です。 その際に腕の振りは同じでないと、ストレートと思われないので意識しましょう。 ストレートと同じ腕の振りをすることにより、打者がどちらかわからずに初めて打ち取ることができます。 球速が遅くするからといって、 腕の振りは緩めないでください。 リリースは抜く(もしくは押す)感覚 リリースの感覚は個人差があるので、どちらも試してみてください。 抜く感覚が合う人もいれば、押す感覚が合う人と様々です。 どちらにも共通しているのは、 回転を抑えることは頭にいれてください。 回転を抑えることにより、ストレートと同じ軌道で緩急がつけれるようになります。 これで回転が加わるとただのピンポン玉になるので 回転をさせないことを意識してください。 狙うコースは低めを意識 チェンジアップは他の変化球に比べて、高めに浮くと棒球になりやすいです。 とにかく打者の膝より下を意識してください。 ワンバウンドするのでも構いません。 高めに浮いてしまえば、力無い打者にスタンドまで持っていかれる可能性はゼロではないです。 チェンジアップに磨きをかけるためには? チェンジアップに限らず変化球は自分自身でコツを掴めば、さらなる進化が見込めます。 先ほども言いましたが、 チェンジアップは回転が生命線です。 ではその回転をどのように確かめるのか? テクニカルピッチという道具を使いましょう。 このテクニカルピッチはボール内部にセンサーを搭載しており 回転・球速・腕の振り を自身のスマホと連動して測ってくれる球です。 これを使うことにより、 1球1球どのような感覚で投げたのかをデータで見ることができます。 これを使えばどの感覚が良いのか、悪いのかがはっきりわかりますね。 値段は 30,000円と少し高めですが、これ1台でチェンジアップ以外の変化球も確かめることができます。 今まで自分自身では気づかなかったことも出でくるかもしれません。 こちらで購入可能です。 回転数を少なくする投げ方を感覚とデータで覚えましょう。 この時も必ずストレートと同じ腕の振りは忘れないでください! どちらを買っても送料は無料ですのでこの機会に買ってみてはいかがですか? プロのチェンジアップをみてみましょう チェンジアップに磨きをかければ、ウィニングショットとしても投げられます。 そんなチェンジアップを武器として戦う投手をピックアップしました。 金子投手のチェンジアップ 何年か前に甲子園で1試合で22奪三振、10者連続三振の記録を打ち立てました。 元々は先発でしたが、プロに入りクローザーに転向し、現在では139セーブをマークしています。 松井投手のイメージとしてはスライダーのイメージが強い方もいますがチェンジアップも負けてません。 プロに入りスライダーのみでは通用しないと思い、習得したのがこのチェンジアップです。 松井投手のチェンジアップは落ちるというより、ストレートの速度を少し落としたようなボールですね。 ダイナミックな投球フォームとの相性も良く打者はボールが手元に来るまで、判断できず空振りしてしまう印象です。 今シーズンからは先発に転向するみたいなので、楽しみですね! 大したことないから凄いチェンジアップ これは実際に元メジャーリーガーである桑田真澄投手が言っていました。 実際に球筋だけをみたら、他の変化球に比べて大したことないで す。 これこそが、チェンジアップの真骨頂です。 変化量はそこまでないですが、空振りが取れるんですよ。 打者からしたら、こんな球で空振りしてしまったと思い、さらに躍起になってくれるので、より簡単に抑えることが可能です。 打てそうで打てないのが、もしかしたら最大の脅威かもしれませんね、、 チェンジアップのポイントとしては.

次の

高速チェンジアップの投げ方・握り方

チェンジ アップ 投げ 方

チェンジアップとは ストレートと同じフォームから豪快に投げ出されておきながら、速球に比べて格段に低速なのが特徴です。 相手の不意をつくことがなにより肝心の変化球です。 正直、チェンジアップと読まれてしまえば、低速ゆえの自然落下と言うおまけはつくものの、すっぽ抜けのストレートと同じ扱い。 恐らく気持ちよく打たれてしまうでしょう。 なお、 パームボールという変化球がありますが、これはほぼチェンジアップと変わりません。 自然落下するので、空気抵抗でゆれて見えるとも言われますが、正直なところ、目立った差はありません。 チェンジアップを「これはパームボールだ!」と言い張ってしまってもかまわないわけです。 とにかく速球との緩急がつけばつくほど威力を増すので、速球派投手には欠かせない変化球といえますね。 チェンジアップを投げる目的 チェンジアップを投げる目的はものすごくシンプル。 相手がストレート狙いで、打ち気マンマンのところに、フォームをそのまま、速度だけが遅い球がきたら、ついついのめってしまって上手く打てないでしょう。 つまりチェンジアップはストレートとの抱き合わせ商法と言えます。 ストレートのないチェンジアップは、ただの狙い球にしかなりません。 あくまで、というかなんとしても相手の裏を書く必要があります。 つまり配球の組立てですね。 これが単調だとバッターに狙い撃ちされます。 チェンジアップはほかの変化球と違い、「次に来る」と読まれたらほぼ負けと思ってもいいでしょう。 パームボールを投げる目的 正直いうとチェンジアップとの違いは名前だけという気がするパームボール。 ほぼボールをわしづかみにして投げます。 砲丸投げみたいですね。 そのおかげで徹底的にボールの回転を減らせるので、低速フォークと言ってもいいかもしれません。 いずれにせよ、バッターに見切られたらおしまいと言うのはチェンジアップと同様です。 チェンジアップの握り方 これはパームボールの握り・・・なのですが、このまま投げればチェンジアップにもなります。 パームでもチェンジアップでもどちらでも好きな名称でどうぞ。 要はボールの回転を抑えつつ、低速球が投げられればどんな投げ方でもいいので、チェンジアップの握りは人それぞれです。 ただ、指先がボールにかかると回転がついてしまいがちなので、 指の根元がかかるようにすること。 あとは自分の握りやすい握り方を考えてみましょう。 特に、ストレートと同じモーションで投げやすい握り方を意識するといいでしょう。 ただ、チェンジアップはストレートとの二択で攻めなくてはいけません。 ですから、投球モーションはあくまでストレートと同じで投げられないと意味がないです。 チェンジアップのときだけ足の上がりが低い、振りかぶりが少ないなど、次にチェンジアップが来ると読まれそうな投げ方は避けましょう。 つまり、 チェンジアップの投げ方=ストレートの投げ方であればあるほどチェンジアップは効力をまします。 チェンジアップをさらに強力な武器に! チェンジアップは、握り方以外はストレートと変わらない(というか変わったら打たれる)モーションから投げればいいので、誰でも投げることが出来ます。 誰でも投げられますが、使いこなすのは難しい変化球です。 とにかく配球を読まれないこと。 こちらがボールをリリースする瞬間まで、相手打者の頭の上に「次は何がくるんだろう?」とクエスチョンマークを点灯させる事ができれば、チェンジアップの威力は倍増です。 チェンジアップは習得が簡単な替わりに、頭を使う必要がある、ということですね。 練習方法の補足 何回もいいますが、ストレートとのモーションの差異が少なければ少ないほど、チェンジアップの効力は増します。 そのため、友人に協力を仰いで、モーションを見てもらうと良いでしょう。 実際にチェンジアップをストレートと投げ分けて、友人にどちらを投げるつもりか見切ってもらうのです。 見切られる回数が多いようなら、まだあなたのチェンジアップは実戦に投入するのは早いといえます。 チェンジアップのまとめ チェンジアップは面白い変化球です。 野球の醍醐味といえる、相手打者との読みあい、探り合いを楽しめるのが楽しいです。 チェンジアップの効果は配球によるところが大きいので、配球を考える人にとっては(キャッチャーかな?)頭が痛くなるところです。 そのかわり、まんまとチェンジアップが成功したときはすごい気分がいいので、頑張って考えてくださいね。

次の