夏目三久の家族。 真相報道バンキシャ!で夏目三久が着用していた衣装!ブランドやアイテムは?【9月分まとめ】

アナウンサー・夏目三久の誕生日占いと人生

夏目三久の家族

タレント兼キャスターのが、ヒットドラマ『』 系 絡みでなにかと話題を提供している。 これには視聴者も不思議に思い、夏目がどこに出ていたのか必死で思い出すのだが、実際の出演カットは見当たらない。 「このエンドロールには、テレビ関係者も首を傾げた。 夏目がを退社したのは11年1月だが、以降、女優としての実績はゼロだからです」 芸能界事情通 実は、夏目が出ているのは、舞台となる東京中央銀行のポスターである。 ショートカットの夏目が真っ赤なノースリーブのワンピースを着用し、笑顔で収まっている。 キャッチフレーズには お客さまと未来をみつめる そんな存在でありたい とある。 それにしても、なぜ夏目がポスター出演となったのか。 「夏目は主役のと同じ田辺エージェンシー所属。 同社には永作博美や道端ジェシカらも所属しているが、永作はやや年齢がいっているし、道端は派手過ぎる。 そこで、若くて品性が感じられる夏目が指名されたのです」 前出・芸能界事情通 TBS関係者は、起用理由についてこう分析する。 「夏目の半生と、主人公・半沢直樹のそれとがダブる部分があるからでしょう。 大手広告代理店の恋人とコンドームを持ってにこりと笑っている写真が流出したのです。 だが、退社後はレギュラーを3番組も持ち、どれも好をとっている。 足を引っ張ろうとした連中に復讐し、のし上がろうとする半沢直樹の生き方と似ています」 夏目も、噂されるパート2には女優として出演したいようだが、実現するかどうか。 外部サイト.

次の

夏目三久

夏目三久の家族

人物・来歴 [ ] 夏目石油株式会社入社、に夏目運送基幹システムをと開発、による配車システムを導入。 11月、大阪府大阪市西区にて「 ホットポット」を創業し、制作及びマルチメディアコンテンツとして、無料レンタル掲示板事業、レンタル事業を開始。 5月、西本町二丁目4番10号に「 株式会社ホットポット」を設立。 制作及びマルチメディアコンテンツとして業務開始。 創業(12月6050)。 会長就任後、4月ぺぱれす株式会社起業。 著書 [ ]• 娘: - 、元アナウンサー。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ].

次の

【夏目三久アナの家族がスゴイ!】父親、母親は箕面市で姉は超美人?有吉弘行と熱愛に言及は?

夏目三久の家族

1953年9月29日生まれなので、今年で63歳になります。 父・三法さんは、1973年に実家の「夏目石油株式会社」に入社。 1983年には、夏目運送基幹システムをハドソンと開発し、マイコンによる配車システムを導入しています。 この頃から、IT分野を得意としていることが分かりますね。 1997年11月、三法さんは、大阪府大阪市西区にて「ホットポット」を創業。 ホットポットは、ホームページ制作や、マルチメディアコンテンツプロバイダーを手掛ける事業で、後に法人化。 「イー・ガーディアン株式会社」に名前を変え、2010年12月には、何と東証マザーズ上場を果たしています。 三法さんは、現在は同社の経営から退いており、2012年4月、「ぺぱれす株式会社」を起業。 現在は、大阪市の中心部にある50階建てのタワーマンションの48階に住んでいるそうです。 三久さんが大学受験の時、お母さんが作ってくれたカツサンドには、こう書かれていました。 渇!勝!!カツサンド お母さんのおかげで(?)東京外国語大学に合格し、上京する時は、娘にこう諭します。 一人暮らしでいろんな事があると思うけど、困ったら掃除をしなさい。 そしたら掃除に集中して嫌なことも忘れる。 現在は東京で、三久さんと暮らしているそうです。 年齢は三久さんより2歳年上で、現在は結婚しているそうです。 夏目家待望の男の子であるが故に、三久さんから見ると、このような一面もあったようです。 母親は弟を明らかにひいきしていて、ご飯の量が全く違いました それではここで、三姉弟の画像をご紹介します。 この会社は、石油を運送する会社だったみたいですね。 ここに入社したお父さんが、運送機関システムを開発し、IT化を促進した事は、先ほどご紹介した通りです。 ちなみに、お祖父さんの名前にも「三」の字がつくそうで、三久さんは夏目家の正当な跡取りなのかもしれません。 熱愛彼氏との2ショット画像などが、フライデーにスクープされてしまったのです。 お相手は、大手アパレルメーカー「山陽商会」の社長の御曹司で、広告代理店最大手の電通に勤務する慶応ボーイ。 騒動後も交際は続いたため、「結婚するのでは?」と思われていましたが、2010年ごろに破局してしまいました。 その後は、交際や結婚に関する報道はないようですね。 《こちらの記事も読まれています》•

次の