ナチュラル ハイジーン と は。 【みんなが作ってる】 ナチュラルハイジーンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ナチュラルハイジーンのススメ

ナチュラル ハイジーン と は

ナチュラルハイジーンのススメ 人間の身体に本来備わっている自然治癒力を最大限に生かす健康法 「ナチュラルハイジーン」についての情報と体験談をお届けします。 お金をかけずに、長く続けられる健康法 ストレスの多い現代社会。 巷には、いろいろな健康法があふれています。 でも、やり方が面倒だったり、高額な健康食品などは長く続けられません。 お金をかけずに、長く続けられる健康法はないか、 いろいろ試行錯誤した末にわたしが見つけたのが、 「ナチュラルハイジーン」でした。 ナチュラルハイジーンについて ナチュラルハイジーンは民間療法ではなく、 19世紀のアメリカの医師達が薬を使わずに体に備わっている自然治癒力を 最大限に生かすために考案した科学的な健康法です。 ナチュラルハイジーンについてのハーヴィー・ダイアモンド氏の著書 「FIT FOR LIFE」は、1985年の刊行以来、40週連続でニューヨーク・タイムズ紙の 第一位にランクされるという脅威の大記録を樹立しました。 日本ではまだ聞きなれない言葉ですが、 お金もかからず、手軽に誰でもできる健康法、 それが、「ナチュラルハイジーン」です。 ナチュラルハイジーンを実践するにあたって 実践するメリットや気をつけなくてはいけないこと、 食材の選び方や食べてはいけないものなど 「ナチュラルハイジーン」についてのいろいろな情報を 体験談をまじえてお伝えしていきたいと思います。 参考文献について このサイトは、下記の書籍を参考にさせていただいております。 ナチュラルハイジーンについて詳しくは、 グスコー出版から出版されている以下の書籍などを参考にしていただき、正しい知識を身につけていただければ幸いです。

次の

ナチュラルハイジーン実践の方、朝、昼、夜の食事具体的にど...

ナチュラル ハイジーン と は

Hello from Mamiko Matsuda, Ph. in Houston June 2020 日本のみなさん、こんにちは。 世界が新型コロナウイルスと戦っている今、私たちにとって急務とされるのは、ウイルスと共存しながら健康に暮らすための知恵を身につけることでしょう。 19 世紀から 20 世紀の初め、コレラ、赤痢、疫痢、ジフテリア、スペイン風邪(H1N1インフルエンザウイルス)など、さまざまな感染症が多くの人に蔓延した際、ナチュラル・ハイジーンの医師たちが行なった指導から学べることがあると思います。 現在でも生理学を学ぶ人々のテキスト的存在となっている不朽の名著『The Science of Human Life』 人間の生命科学 の著者、シルヴェスター・グラハム博士 1794~1851 は神学博士かつ生理学の専門家で、19世紀半ばにニューヨーク、シカゴ、ロンドン、パリなどの大都市でコレラが大流行したとき多くの人命を救った、ナチュラル・ハイジーン指導者のパイオニアの一人です。 「コレラ流行の原因は、肉や乳製品を中心とした食習慣やライフスタイルの誤りにある」と指摘、動物性食品や刺激物の食事をやめ、「新鮮な生の果物や野菜、新鮮な空気、純粋な水、そして日光」をとり入れることが、この病気の最善の予防策であると指導、各地で積極的に啓蒙活動を行なっていました。 当時の人々にとって、その内容は常識破りとも言える革新的なアドバイスでした。 なぜなら当時の人は、栄養学や生理学、衛生学に関しては全く無知で、定期的に入浴して体を清潔に保つことも知らず、医学の専門家たちでさえ、生野菜や果物は体に毒で、特に果物は避けるべきであると主張していたからです。 医師たちは、野菜は必ず火を通し、肉や卵、牛乳、乳製品、白く精製されたパンやジャガイモを主食とするようにし、また病人には新鮮な空気や日光の光は毒だと指導していたのです。 新聞は「果物や生野菜はコレラの要因なので危険」と報じ、各都市の行政はこれらの食品を販売禁止にしたり、市内への搬入を禁止するなどの条例を出していました。 従来どおりの食事をしていた人の多くがコレラで亡くなっていきましたが、グラハム博士のアドバイスに従った人々の中に、コレラで亡くなる人は一人もいなかったため、博士の指導は評判を呼び、講演会には遠方から何千人もの人が押しかけた、といいます。 ナチュラル・ハイジーン理論を治療にとり入れていたラッセル・タッカー・トゥロール博士(1812~1877)もまた、インフルエンザや肺炎、チフスや腸チフス、ジフテリア、はしか、赤痢、コレラ、天然痘、しょう紅熱、おたふく風邪などの病気で亡くなる患者が続出していた時期、博士の患者からは犠牲者を一人も出しませんでした。 博士は、空気、水、光、未精製未加工のプラントベースの食べ物、休養と睡眠、運動、適切な温度、清潔さなどを重視、当時大流行していた病気の予防・改善のためには、新鮮な果物や野菜の摂取を増やし、肉や牛乳、卵、白いパンやワイン、ニコチン、アルコールなどはとらないよう指導していたのです。 クリミア戦争(1853~1856)のときに活躍したことで知られるフローレンス・ナイチンゲール(1820~1910)もまた、ナチュラル・ハイジーンの教えを学んでいました。 野戦病院の軍医たちに、「病人には清潔な環境 新鮮な空気や水、快適な衣類 や快適な温度、十分な休養、正しい排泄習慣などが必要」と説き、多くの兵士の命を救っています。 ナイチンゲールが最初に行なったことは、締め切った病室の窓を開け、新鮮な空気と 日光を取り入れたことでした。 入院中の兵士の多くは、戦争による負傷によるよりも、誤った生活習慣から来る病気のほうが多かったため、ナイチンゲールはハイジーン療法で多くの病人を回復させた、といいます。 彼女はまた、病気の原因は有害細菌ではなく、細菌の繁殖を許してしまう「誤った生活習慣」にあることを指摘、ナチュラル・ハイジーン理論の普及に努めました。 1918 年のスペイン風邪が世界的パンデミックを引き起こし、およそ 5000 万人が亡くなったとされたときも、ナチュラル・ハイジーンの医師の治療を受けた感染者は亡くならなかったという記録が残っています。 以下は、その抜粋です。 米国ミネソタ州ハッチンソンにあったキリスト教系セブンスデー・アドベンティスト派神学校の寄宿舎で、180 人中 120 人の学生や教師らがスペイン風邪に感染、そのうち90 人ほどに症状が現われましたが、肺炎に進行する人も亡くなる人も一人としていなかった、といいます。 治療に当たった医師と看護士たちはナチュラル・ハイジーンに基づく医療を施していたのです。 病気の症状が出た人はすぐさますべての活動を中止して床に就かせ、薬は与えず、水分補給と喉、胸、腹部への温湿布を施したところ、どの患者も1~2 日で熱は下がった、といいます。 再発を防ぐために、それから 2~5 日はベッドで休養、セブンスデー・アドベンティスト派では動物性食品の摂取はすすめていませんので、食事は完全にプラントベースでホールフードのヴィーガン食でした。 このことは『Northern Union Reaper』というセブンスデー・アドベンティスト派が発行している新聞(1918 年12 月17 日付け)に掲載され、同紙には「毎日何千人もの人がこの病気で亡くなっていくというのに、この神学校の寄宿生たちのおよそ90 人の患者に一人として深刻な状況に進展する人も死亡者も出なかったことは、注目すべき出来事だ。 これは通常行なわれているインフルエンザ治療が無意味であること示している」と記されています。 ナチュラル・ハイジーンでは、病気のときは、すぐさますべての活動を中止し、薬は使わず、「Complete Rest」、つまり「完全休養」を指導しています。 「完全に休養する」とは日常の仕事や運動などの活動停止とともに、「消化活動」の停止も含まれます。 つまり食事は一切とりません。 食事をとると消化のために体のエネルギーや酵素が奪われ、ヒーリング活動が十分に行なわれなくなるからです。 すべてのエネルギーや酵素の大半を、ヒーリングに差し向けることで、病気を早く治すことができるのです。 自然界の動物たちは、具合が悪いと食事はとらず、お水だけ飲んで、日当たりのよいところで静かに横になっています。 人に飼われているペットの犬や猫でさえ、調子が悪いとどんな好物を与えても、見向きもしません。 動物たちは何をすべきかを本能的に知 っているからでしょう。

次の

☆ナチュラルハイジーンな生活☆

ナチュラル ハイジーン と は

ナチュラル・ハイジーンってそもそも何なの? ナチュラル・ハイジーンは、『フィット・フォー・ライフ』というアメリカのベストセラー本で紹介された「健康栄養学」です。 この書籍は、ニューヨークタイムズ紙で40週連続1位になるなど、「欧米の食を変えた本」と言われています。 ナチュラル(natural)は、英語で自然を意味し、ハイジーン(hygiene)は健康及び健康維持の科学を意味します。 このナチュラル・ハイジーンを簡単に説明すると、 人間の体にとって適切な食物を、適切な組み合わせで食べる方法と言ってよいでしょう。 いくつか例を挙げると、 ・朝は果物を取る ・肉や魚は一日2回以上は取らない ・生野菜中心の食事 ・牛乳は取らない などです。 なぜこういったルールがあるのか? まずは、 人が太る理由について見ていきましょう。 人が太るのは「毒血症」のせい ナチュラル・ハイジーンの理論では、 人が太るのは、代謝のバランスが崩れているからであると説明しています。 本来人体は、有毒となった古い細胞が排せつされ、新しい細胞に入れ替わります。 これが代謝の作用です。 ところが、 過度に加工されたり、人体に不適切な食物を取り続けると、消化吸収が正しく行われず、体内に残留物が残されます。 これが毒血症であり、肥満の原因である、と言われています。 ナチュラルハイジーンは、この有毒な残留物をできるだけ体に溜め込まない様にしてくれます。 結果的に、脂肪組織や筋肉にしまい込まれた老廃物が排出されて、無駄のないスリムな体型を取り戻すことができ、またそれと共に、バランスの取れた健康な体が手に入る、というわけです。 さて、毒性のある老廃物を溜め込まないようにするには、具体的に何をすればいいのでしょうか? 老廃物を溜め込まないための3つの原則• 原則1:水分を多く含む食べ物を食べる• 原則2:食べ物は正しく組み合わせて食べる• 原則3:果物を正しく食べる それぞれについて、具体的に見ていきますね。 水分を多く含む食べ物を食べる 人間の体は、ほとんど水からできています。 お母さんの体内にいる胎児は約90%が水分であり、この世界で生活している人間の体の約70%が水分から構成されています。 ここから、 「身体をベストコンディションに保つためには、水分が少なくとも70%含まれる食事をするべきである」というナチュラル・ハイジーンの理論があります。 水分が70%含まれているもの・・・それは果物と野菜です。 実際に、ナチュラル・ハイジーンに従ったメニューでは、この果物と野菜をたくさん摂取します。 「1日1個のリンゴで医者いらず」ということわざは間違いではなかったということですね。 食べ物は正しく組み合わせて食べる ナチュラル・ハイジーンでは、 「どの食べ物を、どういった組み合わせで食べるのか」ということが重要になります。 果物、野菜以外の食品は、「凝縮食品」と呼ばれます。 パンやご飯、牛肉、鶏肉、マグロ、サバ、ヨーグルト、牛乳はすべてこの「凝縮食品」の範疇に含まれます。 「凝縮食品」というのは、果物や野菜のように水分を豊富に含んでいない、という意味らしいわね。 凝縮食品を食べてはいけない、というわけではないのですが、凝縮食品は消化器官に負担をかけることから、一度に2つ以上は摂取しない、というのがルールです。 つまり、肉を食べるのであれば、スパゲッティは食べないで、野菜と一緒に食べます。 ただ、ここでいう野菜は、加熱処理されていないものに限りますから、肉とフライドポテトは一緒には食べません。 では、仮にステーキとパスタを一緒に摂ると、どうなるのでしょうか? 炭水化物とタンパク質を一緒に摂ると、たんぱく質は完全に分解されずに一部が腐敗してしまうことになります。 分解されない腐敗したたんぱく質から尿素、アンモニア、プリン体といった有害な副産物が生まれます。 これらが、老化を進め、通風を引き起こしたり、心臓病や癌をもたらす、とされています。 ですから、加熱調理した肉や魚のようなタンパク質は、パンや米、パスタなどとは組み合わせず、それぞれ野菜サラダと取ることが勧められています。 果物を正しく食べる 人間の先祖は、何を主食にして生きてきたのでしょうか? ナチュラルハイジーンによれば、 それは果物です。 これを裏付けるものとして、ジョンズ・ホプキンズ大学の人類学者、アラン・ウォーカー博士は以下のように述べています。 「明らかに、1,200万年前の時代の原人からホモ・エレクトスまで、調査したすべての歯はひとつの例外もなく、果物を食べる種族のものである。 」 通常、「デザート」としか考えられていない果物・・・ しかし果物には、生命を維持していく上で必要なビタミン、ミネラル、炭水化物、脂肪酸が含まれており、なおかつ消化器官に負担をかけないという利点があります。 さて、そんな人間にとって価値の高い果物ですが、ナチュラルハイジーンでは一定のルールに従って食べることになっています。 1.他の食べ物と一緒に食べない 2.他の食べ物を食べた直後に食べない 3.胃の中が空っぽの時に食べる 衝撃のデータ:人体は肉食にはできていない?! 多くの人にとって衝撃的なことは、人間は肉食ではない、というナチュラルハイジーンの主張でしょう。 それにも理由があります。 まず、人間には、肉食動物にあるような長く鋭くとがった歯がありません。 また、肉食動物の唾液は酸性であり、動物たんぱくを消化するのに向いているが、一方人間の唾液はアルカリ性で、でんぷんを消化する酵素が含まれています。 そして、動物性たんぱく質を摂取した場合、消化のプロセスに多大なエネルギーが必要となります。 さらに、有毒な副産物が、老廃物として体内に蓄積され、結果、肥満やその他のさまざまな病気をもたらす、と言われています。 じゃあ、肉は絶対にNG?! たまにはステーキたべたいなぁ。 そもちろん、「肉なしは絶対に無理!」という人は多いはずです。 完全にベジタリアンになれない人へナチュラルハイジーンからの3つのアドバイス: ・抗生物質や放射能などの有害物質にさらされていない上等な肉を探すこと ・肉や魚は一日2回以上食べないようにする ・前述のように、正しい組み合わせで食べること さて、ここまで読まれて、「なんだか制限が多いなぁ」、「食生活が180度変わってしまいそう・・・続けられるかな?」と思われたかもしれません。 では、このナチュラルハイジーンを実践したらどんなメニューになるのか、いくつか例を見てみましょう。 ナチュラルハイジーンのメニューの例 朝食 搾りたてのフルーツジュース 昼食 ニンジンジュース 梅干し入りおにぎり、アボガドと生野菜のスティック添え 夕食 野菜ジュース 野菜が入った味噌汁 胚芽米のご飯 いんげんの胡麻和え 朝食 みずみずしい果物 昼食 ニンジンジュース 手巻きずし 夕食 グレープフルーツ 豆腐サラダ 果物や野菜のチカラ:ナチュラルハイジーン体験談 では、ナチュラルハイジーンの実践から、どのような成果が生まれ得るのか? 2つの体験談をご紹介しましょう。 しかし、その酵素は熱に対して非常に敏感で、摂氏54.4度以上になると死滅してしまうため、 加熱調理された食べ物は死んだ食べ物以外の何物でもない、と述べています。 このウォーカー博士は、「水分を多く含むものを食べることが重要である」と断言し、自ら野菜を育てて自立した暮らしをしていました。 その結果、晩年まで健康で109歳という長寿を全うしたそうです。 もうひとつの例は、日本で7年間フルーツだけを食べて生活していたというフルーツ研究家・中野瑞樹(みずき・40)氏です。 中野さんは、2003年に『フィット・フォー・ライフ』を読み、 「フルーツは完全食である」という言葉に衝撃を受けたそうです。 そして、食事をフルーツに変えた結果・・・ まず痩せてきました。 フルーツを食べると、太るとか、中性脂肪が上昇するとか言われますが、全く逆です。 どんどん痩せていきました。 東大教員として勤務していた2003年頃は身長172㎝、体重が70kgありました。 その後、朝食だけフルーツに変え、完全果実食を始めた09年9月28日には体重62.1kgだったので、6年間で8kgほど痩せました。 現在は季節による変化はありますが、体重は50弱から54kg、ウエストは60から67cmの間です。 ちなみに、血糖値も至って正常です。 いかがでしょうか。 「ナチュラル・ハイジーン」に興味はあるけれど、『フィット・フォー・ライフ』に完全に従った食生活は難しいという方も、理論の一部だけ取り入れてみてはどうでしょうか。 私自身も、まずは果物を朝食代わりに取ることにしました。 まとめ ナチュラル・ハイジーンってそもそも何なの? ナチュラル・ハイジーンは、「健康栄養学」です。 『フィット・フォー・ライフ』というアメリカのベストセラー本で紹介されました。 人が太るのは「毒血症」のせい 人が太るのは、代謝のバランスが崩れ、毒性のある老廃物が体内に蓄積するからだとされています。 これが毒血症です。 老廃物を溜め込まないための3つの原則 原則1:水分を多く含む食べ物を食べる 原則2:食べ物は正しく組み合わせて食べる 原則3:果物を正しく食べる 衝撃のデータ:人体は肉食にはできていない?! 生物学的に見ても、人間はもともと肉食動物ではないようです。

次の