初恋の先生がダチ共に3。 第53話 初恋の人からのプレゼント

初恋の先生がダチ共に寝取られるまで 2巻

初恋の先生がダチ共に3

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 『 初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』止めたいのに止められない。 不良達のリーダーである久保将也は学校の女教師・西野由莉佳に淡い恋心を抱いていました。 しかしある出来事をきっかけに、由莉佳が他の生徒達にエッチな目にあわされるのを、将也は見せられてしまうのでした…。 止めたいのに止められない、もどかしい気持ちで一杯になる、とってもエッチな寝取られ作品です。 それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。 紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく… 初恋の相手は学校の女教師 主人公の久保将也はケンカが強く、不良達のリーダー的存在です。 将也率いる不良グループは授業中にもかかわらず騒いでいました。 「こら、そこ!!静かにしなさい!!」不良達にひるまずに注意したのは、先生の西野由莉佳でした。 他の先生達は怖くて何も言わない中、由莉佳だけは将也達を叱ることができます。 将也はそんな由莉佳に惹かれていました。 盗撮犯を見つけた不良達は 由莉佳がかがんだ際にパンツが見えそうになり、将也は「無防備すぎんだろ…」と思います。 そのとき、将也はスマホで由莉佳の下着を盗撮していた男子生徒に気がつきました。 授業が終わった後、将也達は盗撮していた男子生徒・青田を屋上につれていき、懲らしめようとします。 「な、何やってるの!!」そこに現れたのは由莉佳でした。 将也は青田が由莉佳のパンツを盗撮していたから、注意していると話します。 由莉佳は戸惑いますが、「だ、だからって暴力はダメよ」と将也をたしなめます。 由莉佳は間違いを犯した生徒を正しい方向に導くのが、教師の役目だと語るのでした。 先生が生徒の性欲解消!? 「だったらさ、由莉佳センセがそいつの性欲を解消してやれよ」と不良の1人が提案します。 由莉佳はそんなことできるわけないと断りますが、不良達は由莉佳が無理なら、自分達が青田に犯罪に走らないように教え込むと話します。 将也は乗り気ではありませんでしたが、不良達の前では反対することはできません。 そして、由莉佳は「私が青田くんの性欲解消…手伝うから…、彼には何もしないって約束して」と受け入れるのでした。 生徒を守るために先生は… 不良達は由莉佳に手コキをするよう命じます。 由莉佳は生徒にこんなことをしてしまって良いのかと思いますが、生徒を守る為、青田の大事な部分を手で触り始めます。 しかし青田は緊張しているのか全然勃ちません。 将也は青田の為に由莉佳がそこまでする必要があるのかと心の中では思います。 「おっぱいでも見せてやったほうがいいんじゃね」不良達は由莉佳の服を脱がし、胸を露わにしました。 由莉佳は不良達に胸を揉みくちゃにされてしまいます。 将也はそれを黙って見ていることしかできませんでした。 先生は処女!? 「由莉佳センセぇ…、なんか垂れてきてね?」不良達の行動はエスカレートしていき、ついに由莉佳の大事な部分を触り始めました。 「やめてっ」と口では否定する由莉佳でしたが、体は感じ始めてしまいます。 「このまま最後までさせちまおうぜ」不良達は由莉佳と青田にセックスをさせようとしました。 「そんなコト軽々しくできるわけないでしょ!!」と由莉佳は強く拒否します。 その反応を見た不良達は、由莉佳は処女ではないかと聞きます。 それに対して由莉佳は「そ、そうよ悪い!?」と答え、処女であることを認めるのでした。 止めたいのに止められない 「おい」将也は不良達に声をかけます。 不良達から「やりすぎ…とか言わないッスよね…?」と聞かれ、将也はここで止めたら不良達は納得しないと思います。 そこで将也は由莉佳に痛がられたら萎えると言って、青田に由莉佳の大事な部分を指でほぐすように命じます。 由莉佳は「こんなの気持ちよくなっちゃだめなのにっ…」と思いつつも感じてしまいます。 その姿を将也は見ていることしかできないのでした…。 今回ご紹介するのはここまでです。 青田と不良達に由莉佳が犯されるのを、本当は止めたいと思いつつも止められない将也。 生徒と淫らな行為をして感じてはいけないと思いつつも、気持ち良くなってしまう由莉佳。 2人の考えと行動の不一致がもどかしくもあるのですが、同時に背徳感が増されて、とてもエッチな状況になっています。 由莉佳はこのまま処女を奪われてしまうのか?将也は初恋の人が犯されているところを、このままただ見ているだけなのか?続きが気になります。 作品に興味を持たれた方は、コミックフェスタで配信中の『初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』を是非ご覧ください。 紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく….

次の

第53話 初恋の人からのプレゼント

初恋の先生がダチ共に3

JavaScriptが無効です。 JavaScriptを有効にしてください。 『 初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』止めたいのに止められない。 不良達のリーダーである久保将也は学校の女教師・西野由莉佳に淡い恋心を抱いていました。 しかしある出来事をきっかけに、由莉佳が他の生徒達にエッチな目にあわされるのを、将也は見せられてしまうのでした…。 止めたいのに止められない、もどかしい気持ちで一杯になる、とってもエッチな寝取られ作品です。 それでは、あらすじとともに作品をご紹介していきます。 紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく… 初恋の相手は学校の女教師 主人公の久保将也はケンカが強く、不良達のリーダー的存在です。 将也率いる不良グループは授業中にもかかわらず騒いでいました。 「こら、そこ!!静かにしなさい!!」不良達にひるまずに注意したのは、先生の西野由莉佳でした。 他の先生達は怖くて何も言わない中、由莉佳だけは将也達を叱ることができます。 将也はそんな由莉佳に惹かれていました。 盗撮犯を見つけた不良達は 由莉佳がかがんだ際にパンツが見えそうになり、将也は「無防備すぎんだろ…」と思います。 そのとき、将也はスマホで由莉佳の下着を盗撮していた男子生徒に気がつきました。 授業が終わった後、将也達は盗撮していた男子生徒・青田を屋上につれていき、懲らしめようとします。 「な、何やってるの!!」そこに現れたのは由莉佳でした。 将也は青田が由莉佳のパンツを盗撮していたから、注意していると話します。 由莉佳は戸惑いますが、「だ、だからって暴力はダメよ」と将也をたしなめます。 由莉佳は間違いを犯した生徒を正しい方向に導くのが、教師の役目だと語るのでした。 先生が生徒の性欲解消!? 「だったらさ、由莉佳センセがそいつの性欲を解消してやれよ」と不良の1人が提案します。 由莉佳はそんなことできるわけないと断りますが、不良達は由莉佳が無理なら、自分達が青田に犯罪に走らないように教え込むと話します。 将也は乗り気ではありませんでしたが、不良達の前では反対することはできません。 そして、由莉佳は「私が青田くんの性欲解消…手伝うから…、彼には何もしないって約束して」と受け入れるのでした。 生徒を守るために先生は… 不良達は由莉佳に手コキをするよう命じます。 由莉佳は生徒にこんなことをしてしまって良いのかと思いますが、生徒を守る為、青田の大事な部分を手で触り始めます。 しかし青田は緊張しているのか全然勃ちません。 将也は青田の為に由莉佳がそこまでする必要があるのかと心の中では思います。 「おっぱいでも見せてやったほうがいいんじゃね」不良達は由莉佳の服を脱がし、胸を露わにしました。 由莉佳は不良達に胸を揉みくちゃにされてしまいます。 将也はそれを黙って見ていることしかできませんでした。 先生は処女!? 「由莉佳センセぇ…、なんか垂れてきてね?」不良達の行動はエスカレートしていき、ついに由莉佳の大事な部分を触り始めました。 「やめてっ」と口では否定する由莉佳でしたが、体は感じ始めてしまいます。 「このまま最後までさせちまおうぜ」不良達は由莉佳と青田にセックスをさせようとしました。 「そんなコト軽々しくできるわけないでしょ!!」と由莉佳は強く拒否します。 その反応を見た不良達は、由莉佳は処女ではないかと聞きます。 それに対して由莉佳は「そ、そうよ悪い!?」と答え、処女であることを認めるのでした。 止めたいのに止められない 「おい」将也は不良達に声をかけます。 不良達から「やりすぎ…とか言わないッスよね…?」と聞かれ、将也はここで止めたら不良達は納得しないと思います。 そこで将也は由莉佳に痛がられたら萎えると言って、青田に由莉佳の大事な部分を指でほぐすように命じます。 由莉佳は「こんなの気持ちよくなっちゃだめなのにっ…」と思いつつも感じてしまいます。 その姿を将也は見ていることしかできないのでした…。 今回ご紹介するのはここまでです。 青田と不良達に由莉佳が犯されるのを、本当は止めたいと思いつつも止められない将也。 生徒と淫らな行為をして感じてはいけないと思いつつも、気持ち良くなってしまう由莉佳。 2人の考えと行動の不一致がもどかしくもあるのですが、同時に背徳感が増されて、とてもエッチな状況になっています。 由莉佳はこのまま処女を奪われてしまうのか?将也は初恋の人が犯されているところを、このままただ見ているだけなのか?続きが気になります。 作品に興味を持たれた方は、コミックフェスタで配信中の『初恋の先生がダチ共に寝取られるまで』を是非ご覧ください。 紹介作品 愛液溢れる秘所にぬるぬると吸い付く唇…乳首をこねられて漏れる喘ぎ…俺の目の前で…惚れたセンコーが堕とされていく….

次の

Download file (成年コミック)_[こけし☆メン‏]_初恋の先生がダチ共に寝取られるまで_cafe.jenkster.com

初恋の先生がダチ共に3

俺は今、『つねちゃん』の実家のリビングで緊張しながらソファーに座っている。 そういえば『前の世界』で『つねちゃん』の自宅のリビングに入った事があるが、部屋の雰囲気がとても似ている。 ご両親とインテリアの趣味が一緒なんだろうなぁ…… とても良いセンスしているよなぁ…… っていうか俺は今、そんな事を感心している場合ではない。 俺の周りには『つねちゃん』は勿論のこと、ご両親、そして昇夫妻がいるのだ。 俺は『つねちゃん』の家族に囲まれた形になっている。 いくら『中身が大人』の俺でもこの状況はきつ過ぎる。 「隆君? そんなに緊張しなくても良いよぉぉ。 僕達とは去年の今頃に一度『遊園地』で会っているんだからさぁぁ」 『この世界』では相変わらず軽いノリの昇さんなので少しはホッとはするが、やはり目の前に『つねちゃん』のご両親がいるのは辛い…… でも俺の将来の『義理の両親』になるはずの人達だから今の内から良い印象を与えておかないといけないという気持ちも無くは無い。 『つねちゃん』のお父さんの年齢は五十歳後半くらいだろうか? 顔は青白く少しやつれた感じだが、東京で体調を崩したという事も影響しているのかもしれないな…… いずれにしてもさすがは『つねちゃん』や『昇さん』の父親だ。 昔は『イケメン』だったという面影は残っている。 そして『つねちゃん』のお母さんは『つねちゃん』にそっくりで美人だ。 それに品があってとても優しそうな人である。 おそらく年齢は『本当の俺の年齢』と同じくらいだろう。 もし『前の世界』で出会っていたら『一目惚れ』していたかもしれない…… って絶対に『つねちゃん』には言えないが…… その『美人のお母さん』はニコニコした顔で俺に話しかけてきた。 「隆君は何か『部活』はやっているの?」 「は…はい、『卓球部』に入っています……」 俺がそう答えると『つねちゃん』が反応してきた。 「えっ? 隆君、『バスケットボール部』には入らなかったの? 先生驚いたわ……」 「う…うん。 色々考えたんだけど、俺は『団体競技』よりも『個人競技』の方が向いている様な気がしたから……」 俺は少しうつむき加減でそう答えた。 華やかな『バスケットボール』をやらず、『この世界』では『陰気なスポーツ』と言われていた『卓球』を選んだ事が少し恥ずかしかったからだ。 すると『つねちゃん』は満面の笑顔で…… 「うわぁぁ、そうなんだぁぁ!? 実は先生も学生時代、『卓球』をやっていたのよ。 今度一緒にやりましょうよ!? 先生こう見えても上手なんだからぁ。 まだ中学一年生の隆君には絶対負けない自信があるわ!!」 「えっ? そ…そうなの……?」 俺は驚いたと共に『つねちゃん』も昔『卓球』をやっていた事が分かり、とても嬉しかった。 こんな事なら小学生の時も『卓球部』に入っていたら良かったと後悔したくらいだ。 「隆君が小学生の頃、会うたびに『バスケットボール』の話をしていたから、隆君には先生が昔『卓球』をやっていた事はあえて言わなかったの。 もし言ってしまったらきっと隆君は先生に気を遣って、一番やりたい『バスケットボール』をやらなくなるんじゃないかと思って……」 「お姉さんも『卓球』をされていたんですか!? 私も昔やっていたんですよ!! 無事にお腹の子が生まれて落ち着いたら一度、お手合わせお願いします!!」 昇さんの妻の『佳子』さんも少し大きくなったお腹をさすりながら少し興奮した顔で身体を前のめりにしながら言っている。 ちなみに出産予定は今年の十一月だそうだ。 「オイオイ、佳子ぉぉ!! そんなに興奮して身体を前のめりにするんじゃないよ。 お腹の子がビックリするじゃないかぁぁ」 「あら? 『昇パパさん』もう今から『デレデレパパさん』になってるの? ハハ、面白いわ。 なんだか昇じゃないみたいね」 「ほんとよねぇ……。 『あの昇』がねぇ……」 『つねちゃん』とお母さんに茶化された昇さんは 「なっ…何だよ、二人してぇ? 僕をおちょくらないでくれるかなぁ!?」 「 「 「ハッハッハッハ!!」 」 」 リビングの中が笑い声でいっぱいになった。 『つねちゃん』のお父さんも声は出していないが目を細くして笑みをこぼしている。 何だか良い気分だ…… あれだけ緊張していた俺だったが、この家族の優しさに包まれていつの間にか、自分も同じ家族になった様な気がしてしまう。 いや、俺は数年後にこの人達の事を『家族』と呼べるようになるように頑張るんだ。 そう、心に誓う俺であった。 しばらくしてから俺は『つねちゃん』の部屋に案内される。 先ほどとはまた違った感じの緊張感が湧いてくる。 そして『つねちゃん』は机の引き出しから包装された箱を三つ取り出し、俺にそっと差し出して来た。 「えっ? こ…これは何??」 「うーん、えっとねぇ……。 これは先生から隆君へのプレゼントなんだけど……。 ずっと渡しそびれていたから……」 「えっ? で…でも三つもあるよ!? 俺そんなにたくさんもらえないよ……」 俺が少し戸惑った顔でそう言うと『つねちゃん』は少し頬を赤くさせながら 「一つはね、去年の隆君の『誕生日プレゼント』そしてもう一つは『小学卒業プレゼント』それでもう一つは『中学入学プレゼント』なの……。 こんな形で三つまとめて渡す事になって申し訳無いんだけど……。 でもやっと今日、隆君に直接渡せることが出来て先生、本当に良かったわ……」 「あ…有難う……。 俺、とても嬉しいよ。 まさかつねちゃんにプレゼントを貰えるなんて思ってもいなかったから……。 あっ!! でも今月はつねちゃんも誕生日だよね!? お…俺慌てて来ちゃったから何も持って来てなくて……ゴメンね……」 俺は今月が『つねちゃん』の誕生月だというのを忘れていた事を悔やんだ。 しかし『つねちゃん』は…… 「ううん、先生は隆君からちゃんと『誕生日プレゼント』を貰ったわよ……」 ギュっ…… 「えっ?」 今度は『つねちゃん』から俺を抱きしめ、そして俺の耳元でこうささやいた。 「私の誕生月にこうして隆君に会えた事が私にとって最高の『誕生日プレゼント』よ……。 隆君、本当に有難う……』 俺は『つねちゃん』から漂うとても良い香りに身を包まれ、優しい温もりを感じながら目を閉じる。 そしてここ最近の事が『走馬灯』の様に頭の中を駆け巡るのであった。 もうこれで俺の『空白の一年』を無理に埋める必要は無い。 今日から『普通の中学一年生』として頑張っていこう。 これで『空白の一年編』は終わりとなります。 次回から『新章』開始。

次の