ドコモ光 エリア 確認。 ドコモ光のエリア確認を一発解決!エリア外の条件や注意点も解説|ドコモ光乗り換えガイド

【ドコモ光のエリア確認】簡単エリア検索はこちら!提供エリアの範囲は?

ドコモ光 エリア 確認

ドコモ光の提供エリアはほぼ全国 ドコモ光は「 フレッツ光の回線」を利用して提供している光インターネットサービス。 フレッツ光は、NTTグループの東日本と西日本がそれぞれで展開しています。 NTT東日本とNTT西日本は別の会社として、それぞれで独立して運営しています。 ただ、提供しているサービス名称などは異なるものの、ほぼ同じサービスを行っていて、どちらもフレッツ光回線を提供しています。 フレッツ光と提供エリアは同じ NTTのフレッツ光のサービスエリア内であれば、ドコモ光を利用できると考えていて問題ないでしょう。 エリアカバー率は東96%、西93% NTTのフレッツ光のサービスエリアを具体的に示す数値として、NTTの2017年3月期第2四半期決算補足資料から、NTTのフレッツ光のカバー率を見ることができます。 カバー率とは、インターネットサービスの提供エリア内で、実際にサービス利用が可能なエリアがどれくらいあるかを示したものです。 このデータから、フレッツ光は現在住んでいる地域や引越し先などに関係なく、ほぼ日本全国で利用することができるようになっています。 エリアのど真ん中なのに対象外? 市街地であっても、実際には 部分的にエリア外となってしまうことはあり得るので注意が必要です。 地域的には対応するエリアに含まれているはずなのに、使用したい場所についてだけエリアの対象外となる可能性はあります。 対象外となってしまうケースでは、特定の建物だけが部分的にサービスエリアから外れていることが考えられます。 たとえば、サービスエリア内の建物であっても、建物が個別に別の光回線と契約しているとフレッツ光を利用することができなくなります。 また、建物の工事の関係で利用できずにいるケースもあります。 また、 エリアによっては速度制限が設けられている場合もあるので、エリア内であっても実際に利用できるサービスまで調べることを心がけましょう。 十分に対応エリアが網羅できていない理由は、回線を利用できるようにするためには 設備を導入するための工事が必要となるからです。 工事には人件費なども含めてさまざまなコストがかかり、利用者が少ない地域で光回線を引くことはコストに対して効率的なことではありません。 1世帯に対して1対を引く電話線とは違って、光回線は、回線1本を複数に分岐させて使います。 このため、1世帯が利用するためだけに、わざわざ光回線を引く工事をするケースは割に合わなく、実施されるのも少ないのが現状です。 統計上で見ると、東日本が96%、西日本が93%と不完全なカバー率です。 100%にならないのは、ほとんど人が住んでいないような地域の普及が低いからと予想されます。 エリア確認したい場合は、 フレッツ光の公式サイトから確認する必要があります。 下記表に該当する都道府県の検索ページで確認してください。 検索ページ 属する都道府県 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県 東日本のエリア確認方法 東日本のエリア確認を30秒で行う流れはこんな感じ。 「戸建て or マンション」を選択• 「郵便番号 or 都道府県 or 電話番号」で検索• 市区町村以下の住所を選択• エリア判定完了 東日本と同じく「戸建て・マンション」によって検索方法は多少違いますが、画面の案内に沿って進めていけば迷子になる人はまずいないでしょう。 実際に検索した時の流れを画像で説明するので、不安な方は参考にしてください。 西日本エリアの検索手順 【マル秘】代理店でもエリア検索はできる 上記に紹介した検索方法が最もメジャーな調べ方ですが、実は「 正規代理店」を経由してエリア検索することもできます。 大きく分けて2通りあるので、それぞれの方法を解説しておきます。 代理店サイトの検索機能を利用する 出典:nttdocomo-hikari. jp 代理店が運営しているサイトの中には、NTTの公式サイトと同じようなエリア検索ページを設けているところがあります。 但し、 ドコモ光を販売したい代理店が提供しているサービスなのをお忘れなく。 NTTとは違い、提供エリアを確認してもらうことが目的ではないので、以下の注意点だけは理解したうえで利用するようにしましょう。 代理店に電話するメリット• 電話一本で確認できる手軽さ• 料金・オプションの確認もできる• 代理店独自のキャンペーンを確認できる まず、 個人情報を入力する手間がないこと。 口頭で伝えるだけでいいので、郵便番号を調べたり住所などを入力しなくても確認できます。 また、エリアだけでなく、料金やオプションも一緒に確認できるメリットがあります。 その他にも、ドコモ光を利用するうえで不安に感じていることなど、ネットでは周知されていないことも教えてもらえます。 そして、最大のメリットは「 キャッシュバック情報」を確認できること。 ドコモ光に新規申込みするとキャッシュバックをもらえるのはご存知だと思いますが、代理店窓口によって金額は様々です。 電話一本でその条件も合わせて調査可能です! エリア検索前に知っておきたいこと ドコモ光の提供エリアを調べる前に、知っておくと役立つ知識を共有します。 マンションで検索したのに結果はファミリータイプ? フレッツ光の公式サイトでエリア検索をすると、検索の過程で集合住宅か戸建てかの選択があります。 また、集合住宅である場合は、マンションやアパートなどの建物名の選択も必要です。 その際、集合住宅を選択し、建物名もきちんと選んだのに、結果を見るとなぜだかファミリータイプとなっているケースがあります。 こういった結果が表示されると、どこかで入力間違えたかな?と思うかもしれません。 ただ、 このような結果が出ても、入力を間違えた訳ではないので安心してください。 検索している場所の形態はマンション(集合住宅)でも、ファミリータイプ(戸建て)で契約する建物になっていることを意味しているだけ。 エリア検索では、回線を分配する 回線終端装置の有無が判断基準となっています。 その為、回線終端装置があればマンションタイプ、ない場合はファミリータイプいう結果が出ます。 あくまで、契約するタイプが結果として表示されているだけで、集合住宅であっても契約するタイプは検索結果に出たタイプを利用することになります。 集合住宅向けに配線が通っていなくても、 低階層であればファミリータイプ用の開通工事が可能です。 ファミリータイプであってもサービス内容に違いはありませんが、料金は多少高くなっていまいます。 調査が必要とはどういう意味? エリア検索の結果に「 不明なため調査が必要です」という表示が出ることもあります。 不明であるという結果が出る理由は主に2つ。 回線が通っているエリア内ではあるものの、建物に回線が通っているかわからない場合に不明と判断されることがあります。 もう1つの理由は、マンションタイプかファミリータイプか、どちらに対応した回線が通っているかがわからないケースです。 そもそも、不明なため調査が必要という結果が出た場合は、マンションタイプ及びファミリータイプどちらにも可能性があります。 意図しないタイプで申込みしないためにも、事前確認だけは怠たらないように。 ドコモ光をお得に申込みする方法 インターネット回線を引きたい場所が提供可能だと分かったら、ドコモ光の申込みの手続きを進めましょう! ドコモ光の申込みができる場所は、ドコモショップやドコモの公式サイトだけではありません。 ドコモ光を取り扱っている代理店やプロバイダでも申込みすることができ、結論から言ってしまうと「 圧倒的に代理店の方がお得」です。 メリットのない窓口では申込みするな! ドコモショップに行った時、電気ショップへ買い物に行った時など、ドコモ光の勧誘をしている場所に出くわすこともあるでしょう。 中には、ゴリゴリの営業に負けて申込みをしてしまう人もいますが、 数万円ほど損することになるので丁重に断ってください。 特に注意してほしい窓口は…• ドコモ光の公式サイト• ドコモショップ• 家電量販店 上記窓口はNOメリットだと覚えておきましょう。 稀に、家電量販店では独自のキャンペーンを開催していますが、オプション加入が必須だったり、キャッシュバックの受取りが1年後だったりと、基本的に悪条件が多いです。 どの窓口でドコモ光を申込みしても、あなたが行う手続き内容に違いはないので、できるだけお得な窓口を利用するようにしてください。 申込み窓口は「代理店サイト一択」でOK ドコモ光の申込みで最も重要なポイントは「 キャッシュバックの量と条件」です。 その視点で選ぶとなると、公式サイトやドコモショップは論外。 家電量販店も同じく一定の基準に達していません。 残すは「代理店サイト」ですが、間違いなくその他の窓口より豊富なキャンペーンが用意されています。 NURO光のように公式窓口が一番お得なケースも稀にありますが、ドコモ光は例外なく「 代理店サイト一択」で損することはありません。 代理店を選ぶ6つのポイント ドコモ光を扱っている代理店は星の数ほどあります。 仮に悪質な代理店を選んでしまった場合、約束した特典はもらえないと思ってください。 ひとつでも該当している代理店は近づかないように。 関連記事 ドコモ光のプロバイダ一覧 ドコモ光のプロバイダは「 タイプA・タイプB」に分けられいます。 タイプによる違いは後ほど説明するので、まずはどんなプロバイダがあるか紹介しておきます。 「タイプA」のプロバイダ タイプA ドコモnet ・NTTぷらら ・GMOとくとくBB ・ソネット ・DTI ・ nifty ・ic-net ・Tigers-net. com ・andline ・BIGLOBE ・エディオンネット ・スピーディアインターネットサービス ・シナプス・エキサイト・hi-ho ・楽天ブロードバンド ・TikiTikiインターネット ・ ネスク ・01光コアラ 今のところ、タイプAに属するプロバイダは19社。 ドコモが運営する「ドコモnet」をはじめ、利用者数トップクラスの「GMOとくとくBB・So-net」など豪華な顔ぶれとなっています。 よほど拘りがある人以外は「タイプB」をおすすめしません。 この後の説明を見れば分かりますが、利用するメリットはほぼないと思われます。 タイプAの方が利用料金が安い マンション 戸建て タイプA 4,000円 5,200円 タイプB 4,200円 5,400円 タイプBよりタイプAは200円安く設定されています。 「タイプBは200円高い分、サービス内容が充実してるの?」知識がないとこんな風に感じるかもしれません。 しかし、優れていることはこれっぽっちもなく、ただ単純に200円高いだけと認識しておいてくださいw Wi-Fiルーターレンタル・セキュリティは無料か? ドコモ光のプロバイダでは提供しているサービスにも違いがあり、特に注目したいのが 「Wi-Fiルータレンタル」と「セキュリティソフト」の無料サービスです。 通常、ドコモ光でWi-Fiルーターをレンタルすると数百円の費用が毎月掛かってしまいます。 また、セキュリティソフトもオプションサービスに申込みするか、家電量販店などで購入しなければいけません。 しかし、それらのサービスを無料で利用できるプロバイダがあるので、どちらも無料のプロバイダのみ紹介しておきます。 プロバイダ タイプA Wi-Fiルーター セキュリティ GMOとくとくBB 〇 〇 〇 plala 〇 〇 〇 nifty 〇 〇 〇 So-net 〇 〇 〇 DTI 〇 〇 〇 BIGLOBE 〇 〇 〇 BBエキサイト 〇 〇 〇 スピーディア 〇 〇 〇 ic-net 〇 〇 〇 楽天ブロードバンド 〇 〇 〇 アンドライン 〇 〇 〇 ハイホー 〇 〇 〇 シナプス 〇 〇 〇 OCN 〇 〇 自宅で無線環境を整えるつもりなら、無駄な出費を抑えられるプロバイダがおすすめです。 そしてもう一つ、ドコモ光のプロバイダで欠かせないのが「 v6プラス」に対応していること。 ただ、ドコモ光を契約すれば利用できる訳じゃなく、 v6プラスに対応しているプロバイダを選ぶ必要があります。 タイプAでv6プラスに対応しているプロバイダはこれだけあります。 その中でも申込みする手間のない「 GMOとくとくBB・plala・ nifty・So-net」がおすすめ!速度でイライラしたくない方は是非。 次の記事 2019. 07 関連する記事• 2019. 07 ドコモ光を利用するうえで欠かせないのが「Wi-Fi環境の構築」ですよね! 自宅でWi-Fiが使えるようになると、データ容量超過による通信制限を気にする[…]• 2019. 01 インターネットを始めるにあたり、気になることの一つは料金の支払い方法です。 柔軟な支払い方法が用意されている光回線であれば、払い漏れリスクが発生する心[…]• 2019. 16 国内No. 1の光回線サービスといっても過言ではない「ドコモ光」。 特に、ドコモのスマホを持っている方には最有力候補となるのは間違いありません。 ただ、条[…]• 2020. 01 自宅にインターネット回線を導入するときに、光回線を検討する人は少なくないでしょう。 さまざまな事業者が光回線のサービスを提供しており、「ドコモ光」もそ[…]• 2019. 10 ドコモ光は申込み方法によって得する人、損する人に二分化されます。 もし、あなたが得する側の人間になりたいなら、料金や割引サービス以外のことも比較する必要[…]• 2019. 05 現在利用中の「ドコモ光」で引越しが決まった場合、移転手続きしてそのまま継続利用するのか?それとも乗り換えするのか? 「只でさえ荷造りなどで忙しいのに光[…].

次の

2020年【ドコモ光提供エリア判定検索】東西日本確認+工事費相当特典!

ドコモ光 エリア 確認

目次はこちらから^^• ドコモ光の料金確認方法 ドコモ光の料金はMy docomoのWebサービスやアプリからスムーズに確認できます。 それぞれのやり方について解説します。 My docomoから確認する ドコモ光はMy docomoにアクセスすることで料金を確認できます。 My docomoはユーザー向けのサイトでスマホアプリでもあります。 アプリは、iOS 9. 0以上を搭載したiPhoneやAndroid OS(4. 3~4. 4、5. 0~5. 1、6. 0、7. 0~7. 1、8. 0~8. 1)を搭載したドコモスマートフォン、タブレットで利用可能です。 料金確認手順はこちらです。 どちらもMy docomoから簡単に確認することができます。 基本的な手順は「 dアカウントIDとパスワード」や「 ネットワーク暗証番号」が必要ですが30秒ほどですぐに各月の料金が見れるので簡単です。 dアカウントとは My docomoにログインするにはdアカウントが必須です。 これはドコモ光を利用していれば発行されていると思います。 もしもdアカウントが発行されていなかった場合はdアカウントポータルサイトから発行手続きをしましょう。 dアカウントはスマートフォンやパソコンからdポイントの残高や契約内容を確認するために必要となるお客様IDです。 dポイントやdマーケットを利用するにはdアカウントは必須です。 dアカウントはドコモのサービスを利用していなくても誰でも利用することができます。 電話で料金を確認する ドコモ光の料金は電話でも確認できます。 お客様サポートセンターに電話をし、本人確認のために契約者電話番号とネットワーク暗証番号を伝えることになりますので準備しておきましょう。 ・ Tcom ・OCN ・TNC ・アサヒネット ・ワクワク ・ ちゃんぷるネット ドコモ光はdocomoのスマホセットで安くなる ドコモ光はお使いのスマートフォンがドコモなら料金をセットにすることで「 セット割り」により料金が割引されます。 なので、明細には「-〇〇円」となっているでしょう。 割引の金額はdocomoのスマートフォンの料金プランによって異なります。 またドコモの携帯電話サービスを長年利用している方は、「 ずっとドコモ割」が適応されて料金がさらに安くなります。 「ずっとドコモ割」はdポイントクラブのステージによって、割引額とdポイントの付与が異なります。 dポイントクラブステージは次のようにして決まっています。 画像引用: 下から1st、2nd、3rd、4th、Pt(プラチナ)に分けられています。 ドコモ光の「セット割」と「ずっとドコモ割」による割引はこちらです。 家族向け(割引) 家族向け(dポイント) 個人向け(割引) 個人向け(dポイント) このように割引されているので、ドコモのスマートフォンを利用してる方は安く利用できています。 ドコモ以外は他の回線の方がいい? ドコモのスマートフォンを利用している方はこのように割引されるのでお得に利用できますね。 しかし、ドコモ以外のスマートフォンを利用している場合はそうはいきません。 ドコモ光はdocomoのスマートフォンを利用していなくても利用できるので、これを知らないという方も少なくありません。 なので、いっそのことお使いのスマートフォンとセットで割引になるインターネット光回線に乗り換えた方が料金はお得になるます。 SoftBankのスマホ:・ auのスマホ:・・・ 以上の組み合わせなら料金が割引されます。 ただし、ドコモ光はインターネット光回線の品質としては良いものなので好んで利用している分には問題ないです。 まとめ ドコモ光の料金の確認方法はインターネット上から行えます。 パソコンやスマートフォンのブラウザからMy docomoにログインすることで確認できます。 スマホアプリでも確認できますが、どちらにせよdアカウントが必須です。 dアカウントは発行されていると思いますが、もしもまだなら申請してみましょう。 また、ドコモ光の料金は電話でも確認できますが時間帯によっては混雑してしまいます。 郵送で送ってくれますがこれは料金が発生してしまうので注意してくださいね。

次の

ドコモ光の提供エリアを確認する方法

ドコモ光 エリア 確認

簡単に言うと、NTT東日本と西日本から光回線の設備をレンタルして、自社ブランドの光回線(ドコモ光)として提供しているサービス。 光コラボレーションサービスには、他にソフトバンク光やビッグローブ光などがありますが、どの光コラボレーションサービスもNTT東日本と西日本の光回線の設備を使っているという点は変わりません。 NTT東日本や西日本が提供している有名な光回線と言えばフレッツ光ですが、 ドコモ光をはじめとした光コラボレーションサービスの提供エリアはフレッツ光と全く同じです。 もともとNTT東日本と西日本が全国にフレッツ光の設備を構築していることから、光コラボレーションサービスも47都道府県のあらゆる地域で使うことが出来ます。 また、集合住宅の場合には建物に光回線の設備が導入されていないと、マンションタイプを使うことが出来ませんが、一部の建物を除きほとんどの建物がこの光コラボレーションサービスに対応しています。 光コラボレーションサービスに対応していない集合住宅に関して 集合住宅でもし「NTTの光の設備が入っていない」と言われた場合、他社の設備が入っている場合があります。 他社で光回線の設備を構築しているのは、KDDI(auひかり)や各電力会社の光回線、またはソネット(NURO光)といった会社です。 NTTの設備が入っていない場合、これらの会社の光回線の設備が入っている可能性が非常に高いです。 ドコモ光で提供エリアを確認する2つの方法 ドコモ光で提供エリアを確認する方法は2つあります。 1つ目は、NTT東日本・西日本のフレッツ光の提供エリア判定のページで確認すること。 ドコモ光はフレッツ光と全く同じサービスエリアでの提供のため、NTT東日本・西日本のフレッツ光公式サイトにて確認できます。 【ドコモ光】 サービスエリアを教えてください。 以下のとおりです。 詳細なエリアは以下よりご確認ください。 詳細なエリアは、提携CATVのホームページをご確認ください。 (参照:) 下記のNTT東日本・西日本の公式サイトにて提供エリア確認を行うことが出来ます。 注意 ドコモインフォメーションセンターに電話して提供エリア判定を行う場合、そのまま申込みをすることを誘導されると思いますが、 申込みはしないでください。 ドコモインフォメーションセンターから申込んでしまうと、ドコモ光公式キャンペーンのみが適用されて、 代理店やプロバイダーが独自で行っているキャッシュバックなどが適用されません。 (代理店やプロバイダーから申込むと、ドコモ光公式キャンペーンにプラスでそれらの独自キャンペーンが適用されます) ドコモ光テレビオプションを使う場合には、提供エリアが異なるので注意 ドコモ光では、自宅にテレビのアンテナを立てることなく地デジ・BS・CSを視聴できる『光テレビオプション(月額750円)』というサービスを提供しています。 ドコモ光自体は47都道府県全てに提供していますが、ドコモ光テレビオプションを利用できる都道府県は、下記の27の都道府県に限定されています。 提供エリア・建物による利用可否まとめ ドコモ光テレビオプション 東日本エリア 西日本エリア 利用可能な都道府県 東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部 大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部 戸建てタイプの利用可否 可能 (TV何台でも可) 可能 (TV何台でも可) マンションタイプの利用可否 光配線方式のみ可能 (TV接続1台のみ) 不可 ドコモ光自体(インターネットや電話サービス)は提供可能でも、この『光テレビオプション』は使えないという場合がありますので、その点はご注意ください。 仮に『光テレビオプション』が提供不可だった場合、テレビのアンテナを立てずに地デジ・BSを視聴できるサービスとして、他に『ひかりTV』というサービスがあります。 NTTぷららが提供しているサービスです。 ドコモ光が提供可だった場合のお勧めの申込み先 実際に提供エリア判定をしてみて、ドコモ光が提供可だった場合、ドコモショップやドコモ光公式サイト・ドコモインフォメーションセンターから申込みをするのはお勧めできません。 というのも、 これらの申込み先からドコモ光を申込んでしまうと、ドコモ光公式キャンペーンしか適用されないからです。 特定のプロバイダーや代理店のホームぺージから申込みをすると、下記のキャンペーンがどちらも適用されます。 ドコモ光公式キャンペーン• プロバイダーor代理店独自のキャッシュバックなどのキャンペーン どこから申込んでも、ドコモ光自体の契約内容は変わりません。 それであれば、 プロバイダーや代理店から申込んでお得なキャッシュバックを受け取ることをお勧めします。 下記のページに、キャッシュバックを行っているプロバイダーや代理店の情報をまとめてありますので、詳細を確認される方はそちらでご確認ください。 独自の光回線の設備を使っているサービス 提供エリア お得な代理店サイト URL auひかり (KDDIの設備) 【戸建て】東海・関西エリアを除いて提供 【マンション】全国提供 NURO光 (ソネットの設備) 北海道・関東・東海・関西エリア+九州エリア(九州は福岡と佐賀県のみ)に提供 コミュファ光 (中部電力系の設備) 東海エリアで提供 eo光 (関西電力系の設備) 関西エリアで提供 メガ・エッグ (中国電力系の設備) 中国エリアで提供 ピカラ光 (四国電力系の設備) 四国エリアで提供 BBIQ (九州電力系の設備) 九州エリアで提供 戸建てタイプの場合には、NTT東日本・西日本の光回線が一番広提供エリアが広いため、上記の光回線でも利用できないことが多いと思います。 でも、マンションタイプ(集合住宅)の場合には、上記の光回線の設備が建物に入っていて、NTT東日本・西日本の設備が入っていないという建物が多くあります。 マンションの共用部分のスペースの関係で、先にどこかの事業者が設備を導入していると、後から来た事業者が設備を導入できないことがあるからです。 マンションタイプでドコモ光が提供不可だった場合には、上記の光回線ならマンションタイプが使えるのかどうか、一度チェックしてみて下さい。 ドコモ光も他の光回線も全て提供不可なら、モバイル系サービスを利用するしかない ドコモ光も先ほど記載した光回線も全て提供不可だった場合、あと考えられるのは モバイル系サービスを利用するということです。 自宅メインで使うモバイル系サービスだと、ソフトバンクエアーが一番有名です。 ソフトバンクエアーは速度こそ光回線より遅いものの、それでも約300Mbpsとそれなりに高速のインターネットを利用できます。 また、料金も光回線とほとんど同じで、データ通信量の制限もありません。 モバイル系サービスには、他にWiMAX(ワイマックス)もありますが、WiMAXは3日間で10GBの通信量を使ってしまうと、そのたびに速度制限が入ります。 それも含めると、WiMAX(ワイマックス)はあまり光回線のような使い方は出来ません。 ソフトバンクエアーも光回線同様に、代理店でお得なキャッシュバックを行っています。 もし、全ての光回線が提供不可だった場合には、下記の代理店のページでキャンペーン内容を確認してみて下さい。

次の