あさり 開かない。 あさりの砂抜きをしても口が開かないけど食べられる?どのくらい漬けておくの?正しいやり方が知りたい!

あさりの砂抜きで貝があかない時の裏技と抜け具合の確認方法は?

あさり 開かない

潮干狩りで採ったあさりが死んでる?! 潮干狩りで採ってきたアサリ、ちゃんと持って帰ってきたつもりだったけど。。 動いている様子がないし、もしかしてコレって死んでる?と思う場合、食べられるのか食べられないのかわかりませんよね。 実はあさりは海水や塩水でも長時間水につけっぱなしにしていると、 酸欠状態になり水に溺れてしまいます。 スーパーで売られているあさりは浅く平たい容器に入っているのを見たことがありませんか? あれは、あさりが呼吸出来るように、溺れないための浅い容器なんです。 ですので、潮干狩り場から持ち帰るときや砂抜きの際に長時間、水につけた状態であればちょっと危険かもしれません。 水につけた状態が続けばその分あさりは呼吸できていなかったことになりますので、死んでいる可能性があります。 あさりが死なないためには、あさりをつける海水や塩水はあさりの貝が半分ほど水から出ているのがベストなんです。 他にも、水温が高くなり過ぎたり、砂抜き中の塩分濃度が低すぎたり高すぎたりしてもあさりが口を閉じた状態が続き、窒息死してしまうこともあります。 では、どうやって生きているか死んでいるか見分ければいいのでしょうか? 早速、見分け方をみていきましょう。 あさりが死んでるかどうかの見分け方 あさりが死んでいるかどうかの見分け方を知っておきましょう。 確認方法はたくさんありますので、色々試して判断してみてくださいね。 見た目、臭い、音、貝殻の外し方など色々な見分け方を紹介していきます。 ここでは分かりやすいようにあさりが口が開きっぱなしの状態と、逆に口が開かない状態にわけて書いていきます。 あさりの口が開きっぱなしの場合 あさりが口を開きっぱなしでだらんとしている状態であれば、まずはつついてみましょう。 つついてみて、反応がなく引っ込む様子もなければ死んでいる可能性が高いと思って下さい。 もしくは、あさりをつけている水を捨てて、ガシャガシャと手でかきまぜてみたり、容器ごと軽く左右に振ってみて下さい。 生きていれば、口が開いていたあさりも口を閉じます^^ あさりのような二枚貝は、二枚の貝殻を蝶番の仕組みで開けたり閉じたりします。 この二枚の貝殻同士が開こうとしているのを、貝柱でくっつけることで開閉のコントロールをしていますが、 調理するときに加熱することにより、熱で貝柱のタンパク質が変質して貝殻からはがれることでパカッときれいに口をあけるのです。 また、開きっぱなしといっても貝殻に少し隙間がある程度の開き方なら、呼吸しているということになりますので生きています^^ 次は臭いでの判断方法ですが、もしあさりが死んでいたら腐敗臭がします。 あさりから異臭がする場合は完全に死んでいるので早めに破棄してください。 (気温や条件によってはすごい臭いがしてきます><) また、あさりを入れている水が白く濁っていたり、あさりがネバついていたら、それは死んだ上に腐っていますので絶対に食べないようにしましょう。 スポンサーリンク あさりの口が開かない場合 閉じている状態であれば生きている可能性がありますのであきらめずに判断していきましょう。 まず、あさりは気温が低すぎると休眠状態になりますので、口を開くことができません。 冷蔵庫などで保管している場合は、冷蔵庫の外に出しておきましょう。 このとき、25度を越えないように注意が必要です。 また、海水などの塩水にいれるとあさりは呼吸をするために舌足を出しますので、砂抜き前であれば3%の塩水を作ってひたしてみましょう。 それでも閉じたままの状態から、開かなければ貝同士をたたいたり振ってみましょう。 その時、実が詰まったものであればカラカラ、キンキンと高い金属音のような音がします。 これは生きています。 逆に低く、鈍い感じの音がするものは死んでいる可能性が高く、濁った音になります。 このような音がする場合は、中に砂やヘドロが詰まっている可能性もあります。 せっかく持って帰ってきて食べようとしているのに、貝殻の中身がアサリではなく、砂などに入れ替わってしまっているなんてショックですよね^^; 次に、音では見分けがつきにくいときには、あさりの貝殻を軽く横にひねってみましょう。 死んでいると貝が簡単に開き、二枚の貝が外れてしまうこともあります。 あさりの上に濡れたタオルを置き、一個ずつ押し付ける感じで拭いてみてください。 多少の力を入れてあさりを拭いてみると、死んでいるあさりは貝殻がずれてしまいます。 生きているあさりは、こすっても外れたりしないので、簡単に判断が出来ますね。 また、濡れタオルで拭くことで潮干狩りで採ってきたあさりの泥臭さをとることもできるので、オススメの確認方法です。 これでも生きているか怪しいあさりは、最終的には加熱してみて判断するという手もあります。 加熱して口が開かないものは食べれませんので、加熱の際にパカッと口を開いたものだけを食べるようにしましょう! 関連記事 潮干狩りのあさりが死んでるかどうかの簡単な見分け方!まとめ 潮干狩りで楽しく採ってきたあさりで食中毒になってしまっては元も子もありませんよね>< 是非、ちゃんと見分けて美味しく食べて下さいね! お役に立てれば幸いです^^.

次の

緊急~です!あさりの砂抜きしてるのですが、アサリが口を開いてくれ...

あさり 開かない

簡単あさりの正しい砂抜き方法 あさりは海水と同じ3%濃度の塩水に浸けておくことで砂を吐きやすくなります。 とは言っても3%の量を図るのは面倒ですよね。 そこで注目したい方法が、「ペットボトルを使った軽量」です。 500mlのペットボトル1本分の水に対して、キャップ2杯分の塩を溶かすことで3%になります。 秤などもいらず簡単でいいですよね。 貝の表面を擦って洗ってから浸けるようにしてくださいね。 水は常温のものを使用します。 これはあさりがもっとも活発に活動する温度が20度前後とされているためで、あまり冷たい水を使うと、動きが鈍くなり、砂も水も吐きにくくなります。 また、あさりを深く沈めてしまうと、呼吸ができなくなって死んでしまうので、一部が水面から出るくらいの水の量になるように調整しましょう。 ボールにザルを重ねた状態で浸すと、吐いた砂が下に落ち、再びあさりが砂を吸ってしまうことを防げるのでお勧めです。 バットなどでする場合も網などで二重にできると良いですね。 私もあさりの砂抜き中に様子を観察しているのですが、確かに一度吐いた砂を吸い込んでるときもあるので、これは大切だなと思いました。 また、砂の中と同じ環境を再現する必要もありますので、アルミホイルなどを軽くかけて暗く静かなところにおきましょう。 こうすると、あさりが勢いよく水を吐いたときに、周りに飛び散ることを防ぐこともできます。 初めてあさりを調理しようとしたとき、キッチンを水浸しにしたことがあるので、これだけは怠ってはいけませんよ。 スーパーなどで買ったあさりは、すでに砂を吐いている場合も多いですので、大体30分程度で大丈夫です。 水から上げたら、さらに少し放置し、余分な水を吐かせれば完了です。 潮干狩りなどで取った全く砂抜きができていないものの場合は、半日ほどは浸しておきましょう。 吐き出す量もスーパーで買ったものとは大違いですので、その違いもチェックしてみてくださいね。 砂抜きができているか見分ける方法 あさりの砂抜きができているかを確かめる方法は、実際に吐いた砂を確認することです。 当たり前すぎて驚いたかもしれませんが、底に砂が落ちていれば、確実にあさりが砂を吐いたことになります。 静かな状態の時にそっと覗いてみて、あさりが殻の中から水管を出しているようなら、それも砂を吐いている証拠です。 鮮度の良いあさりは、適度な環境で30分ほどおけば砂を吐きますが、1時間以上放置しても砂を吐かない場合は、鮮度が悪い場合も考えられます。 後にもお話しますが、何らかの理由であさりが開くことができない可能性もありますので、食べられるものが少ないかもしれません。 あさりが開かないときの対処法 加熱しても開かないあさりってありますよね。 その原因の多くは「あさりが死んでしまっている」場合です。 しかし、それ以外にもあることを私も初めて知りました。 それが「貝の蝶番が壊れてしまった」ことでした。 蝶番とは二枚貝の二つを繋いでいる部分を指します。 ドアなどにもありますよね。 あの部分が何らかの原因で壊れて、開きたくても開けない状態になっているというのです。 貝を洗う時に、強く擦り過ぎるなどの衝撃によっても引き起こされますので、注意するようにしましょう。 また、あさりは冷凍可能ですが、調理する際は解凍せずに凍ったまま一気に行う必要があります。 二枚貝は構造上、常に開く力が働いていますが、貝のたんぱく質によってくっつき、閉じている状態です。 それを加熱することでその接着力がなくなり、貝柱が縮むことで開くようになります。 しかし、解凍してしまうと開く力がなくなってしまうのだそうです。 ゆでる際は冷凍の有無を問わず、熱湯であることが重要で、水から茹で始めてしまう場合も、開かない可能性があるそうです。 私は常に水からだったので、開いたのは運が良かったのかもしれませんね。 あさりを調理する際は、沸騰したお湯に一気に投入するのが一番いいということが分かりました。 また、開かないあさりは原因は何であれ、加熱すれば食べることは可能だそうですが、おすすめはしません。 死んでいる貝か、中身自体がなくなり砂が詰まっている場合もあるようです。 蝶番が壊れて開けないものは、砂を吐くことができていませんので、食感は良くないでしょう。 まとめ あさりの砂抜き方法について解説しましたが、いかがだったでしょうか。 私もこの記事のために改めて調べて、意外なことを知った気分です。 もともお「何となく」という感じでやってきた作業ですので、正しい方法が知れてよかったです。 これからはもっと手軽にあさり料理を楽しめますね!.

次の

あさりの砂抜き、開かない?失敗したらどうする?塩抜きのコツ、下処理を解説

あさり 開かない

1、あさりの表面を流水で洗い流します 水が溜まらないように、必ずざるを使用して流水で洗います。 ボウルにためた水で洗うと、海水ではないためあさりが 弱ってしまうためです。 2.中身が空のものや砂ぎっしりの貝を選別する。 見た目は普通のアサリでも、中が空だったり、砂がぎっしり 詰まった通称「爆弾」と呼ばれるアサリを取り除きます。 アサリが割れない高さ(20㎝ぐらい)から容器の上に落とす と、泥水がばっとと出てきたりするのですぐにわかりますよ。 中が空っぽのあさりは、さわると軽いです。 また、最初から口が開いて、さわ手も閉じないものは 死んでいますので、これも取り除きます。 3.あさりをバットなどの平たい容器に、できるだけ重ならない ように置きます あさりが重なってしまうと下になっているあさりが 上のあさりがはいた砂を酢てしまうからです。 水切りバットを置くと、吐いた砂が下に落ちていき、再び砂を 吸い込むことが無くなるのでおすすめです。 4.海水もしくは円錐を頭が少し隠れる位まで入れる 海水が多すぎると貝は窒息死してしまうので、少し隠れる くらいにするのがコツです 塩水を作る場合は、塩30gを水1リットルに溶かします 5.新聞紙をかけて3~6時間暗いところに置く。 冷蔵庫に入れると、温度が低すぎて砂を吐きません。 夏の暑い時は、室温が熱すぎてあさりが死んでしまいます。 エアコンの風が当たる涼しいところに、新聞紙をかけて おいておきます。 新聞紙をかけるのは、あさりが暗いところが好きだから、 ということと、あさりがはいた水が飛び散らないように するためです。 6.砂抜きしたらざるに入れて流水で砂を洗い流します 7.もう1度中身が空のものや砂ぎっしりの貝が入って いないか選別する 8.確認ができたら完了です あさりの砂出しは時間をかけてじっくりと あさりの砂出しは、6時間くらいかけてじっくりと行うのが しっかりと砂を出させるコツです。 砂出しの時間は3時間くらいという意見が多いですが すっかり砂を出し切るのには、ちょっと足りない場合が 多いです。 特に気温が低い時には、砂出しも、ゆっくりになります。 美味しく食べるためには、じっくりと時間をかけて 砂出しをして下さいね。 1日かけてじっくり砂出しをする場合は、一度水を取り替える のがコツです。 長時間あさりを放置したままにすると、あさりが腐って 死んでしまいますよ。 あさりの砂出しをしたのに開かない時に考えられること 砂抜きをしているのに貝が開かないときがあります。 そんな時は、いkのことg考えられます。 1.塩水の温度が低い 円錐の温度が低いと杯の動きが鈍くなり、口を開かない 場合があります。 2.水道のカルキが多すぎる 地域によって水道のカルキの量が違います。 カルキの量が多い場合、口を開けてくれないことがあります。 その場合は、六導水を1日外においてカルキを飛ばしてから 塩水を作ります。 3.あさりが死んでいる スーパーで活あさりのパックを見ていると、口を開いたまま のものが混じっていることがあります。 この場合、あさりが死んでしまっているか、弱っているか のどちらかの場合が多いです。 パックの上から、あさりに触ると、口を閉じるものは 元気な証拠です。 もし、開いたままであれば、死んでいるか、弱っている ので、買わない方がいいですね。

次の