森 進一 三男。 森進一の息子次男は?長男はワンオク三男はマイファスだけど‥次男だけは違う道へ!|ちょっと5分だけ休憩♡

起底!森田成了億萬CEO 當年竟是男團偶像

森 進一 三男

そんな、 日本を代表する演歌歌手同士の結婚だったこともあり、、、 二人の結婚披露宴はテレビ中継され、、、なんと、、、視聴率 『45,3%』を記録したのだとか。。。 このようなエピソードから、、、 いかに当時の二人の結婚が話題を呼んだのかがわかりますよね。。。 そんな二人の馴れ初めに関してはわかりませんが、、、 おそらく番組で出会って交際に発展したのでしょう。。。 二人は、 1年半の交際期間を経て結婚しており、、、 この時、 森昌子さんは28歳で、森進一さんが39歳であったため、、、 11歳の年の差のある結婚となりました。。。 また、 森進一さんは女優の 大原麗子さんと離婚して、、、 森昌子さんと結婚しているため2度目の結婚となりましたね。。。 さらに、 森進一さんと結婚したことをキッカケに、 森昌子さんは1度芸能界を引退しています。。。 芸能界を引退し、、、 専業主婦になっていますね。。。 その後、 2005年に『ONE OK ROCK』を結成し、、、 今では日本を代表するロックバンドへと成長しています!! また、 日本のみならず、、、 海外でも絶大な人気を誇っていますね!!! 次男 次男は、 テレビ東京に勤務されているそうです!! 基本的に、 テレビ業界へ入社するのは、 それなりに優秀ではないと入れないと思いますので、、、 やはり、、、次男も優秀なのでしょう。。。 森昌子と森進一の離婚理由とは!? 森進一さんと結婚し、 3人の息子たちにも恵まれた森昌子さんでしたが、、、 2005年4月19日に 離婚しています。。。 結婚したのが、、、 1986年10月1日であるため、、、 結婚生活は 19年にも及びますね。。。 これだけ長い期間、 結婚生活送っていたにも関わらず、、、 なぜ二人は離婚してしまったのでしょうか?? そんな、 二人の離婚理由は 『すれ違い』が原因です。。。 この『すれ違い』は、 森昌子さんが夫である森進一さんと共に 『ジョイントコンサート』を行なったことがキッカケのようです。。。 森昌子さんは結婚して以降、、、 芸能活動を一度引退しているため、、、 19年ほどのブランクがありました。。。 そんな中、、、 2001年に 『紅白歌合戦』に出場して以降、、、 少しずつ芸能界の仕事も始めていた頃でしたね。。。 しかし、 この頃、子育てはまだ続いており、、、 仕事と子育ての両立が難しかったそうなのです。。。 そして、 この『ジョイントコンサート』は森進一さんの要請からスタートしていたことから、、、 夫婦間で『すれ違い』が発生してしまっていたのでしょう。。。 もしかしたら、 森昌子さんはもっとゆっくり芸能活動に復帰したかったのかもしれませんね。。。 更に言えば、、、 森進一さんは森昌子さんの負担に気づくことができなかったのかもしれません。。。 そんな、 森昌子さんと森進一さんの離婚の真相については、、、 森昌子さんが2006年に発表した著書 『明日へ』に綴ってあるそうです。。。 ・森昌子さんの元旦那は森進一さんで19年の結婚生活を経て離婚している。 ・森昌子さんと森進一さんの離婚理由は『すれ違い』である ・森昌子さんの息子は3人いて全員が活躍している 森昌子さんは、 1986年10月1日森進一さんと結婚されましたが、、、 2005年4月19日に離婚しています!!! 19年間も寄り添い続けましたが、、、 それでも夫婦の価値観はズレてしまい、、、 離婚してしまいましたね。。。 ただ、 森昌子さんは離婚して以降も、、、 母親の役目を全うしており、息子たちは素晴らしい大人へと成長しています!!! 特に、 長男のTakaさんは、 世界的に有名なアーティストへと成長しましたからね!!! 息子たちの活躍は、 森昌子さんが一番喜んでいるでしょう!!! 【関連記事】.

次の

森昌子、森進一、息子・長男でワンオクのtaka、次男三男について語る

森 進一 三男

歌手の森昌子(60)は、1986年に同じ歌手の森進一(71)と結婚し、芸能界を引退。 その後は、主婦業に専念して、長男・貴寛、次男・智寛、三男・寛樹の3人の息子をもうけました。 また、夫婦生活も世間から「おしどり夫婦」と言われるほど良好なものだったのですが、2005年に離婚。 離婚の原因となったのは、2001年に森昌子が大晦日のNHK『紅白歌合戦』に出演したことが原因だったとされています。 そして、森昌子は、紅白出演後もジョイントコンサートなど、少しずつ仕事をするようになると、家庭では子どもたちと向き合う時間が減少。 このことが結果的に、夫婦生活を破綻させる形になってしまったのだといいます。 なお、離婚後、息子に対する親権は、次男と三男を夫の森進一が持ち、長男を妻の森昌子が持ったとのこと。 したがって、現在ではこれまでの森内姓を次男と三男が名乗り、長男である貴寛が、森昌子の旧姓である森田を名乗っています。 そんな息子たちは両親が離婚した当時はまだ子供でしたが、今では立派な大人に成長。 中でも、長男・貴寛は現在、ロックバンド「ワンオク」のtakaとして活躍中です。 また、三男の寛樹も長男の貴寛と同じく元ジャニーズ出身。 現在はロックバンド「MY FIRSTSTORY」のボーカリスト・ヒロとして活動しています。 そして、テレビ東京に勤務する次男・森内智寛(29)は、2016年の10月に一般人女性と結婚。 (画像あり) ところが、母親の森昌子は、次男の結婚式には参加しなかったという逸話を残しています。 そこで今回は、森昌子の息子たちについてまとめてみました。 森昌子の息子 ワンオクのtakaだけが森田の姓を名乗る 息子3人の内、森昌子が親権を持っているのは長男の森田貴寛(30)です。 長男の貴寛は、慶応幼稚舎から慶応高校まで進み、ジャニーズのアイドルグループ「NEWS」の元メンバーとして活動していましたが、3ヶ月でグループを脱退。 脱退は、「学業に専念するため」という表向きの理由が発表されていますが、実際は不祥事、スキャンダルが報じられたのが原因。 父親の森進一が怒って、ジャニーズをやめさせたという話もあるようです。 その後、長男は、母親・森昌子の旧姓である森田の姓を名乗るとともに「Taka」の芸名で、ロックバンド「ONE OK ROCK(ワンオク)」のボーカリストとして活動。 (長男のワンオク・taka) Takaの所属するワンオクは、若者を中心に人気を博し、活躍の場を海外にも広げ、注目を浴びています。 一方、母親の森昌子は、離婚するまでの約20年間、表舞台に姿を見せることなく、主婦として夫や3人の息子を支えていました。 離婚したとき、長男のtakaはまだ高校生だったのですが、事情を説明すると「母さんが好きなように生きたらいいよ。 もうちょっと大きくなったら、必ずぼくが支えるから」と、思わぬ言葉を返してきたといいます。 このころ森昌子は、長年のブランクから歌えるか不安で、歌手復帰に二の足を踏んでいたとか。 また、次男と三男からも「母さんの歌が聴きたい」と言われたことが、悩んでいた歌手復帰の決め手にもなったそうです。 美空ひばりから唯一、自分の後継者に指名された森昌子は、やはり歌を歌う事が天職だったのです。 森昌子の次男の職業 13歳で日本テレビ『スター誕生!』に出場した森昌子は、初代グランドチャンピオンとなり、翌年『せんせい』で歌手デビュー。 その後、山口百恵、桜田淳子とともに「花の中三トリオ」と呼ばれ、人気を博しました。 1986年10月1日に森進一と結婚。 同時に歌手を一度引退しています。 ちなみに、テレビ中継された結婚式の当日、自宅が空き巣(泥棒)被害に遭っています。 森昌子は結婚式を終えた後、ウエディングドレスを着たまま帰ったらしいのですが、家に着くとセコムと警察がいたのだとか。 貴金属一式が泥棒に盗まれ、ウエディングドレス姿のままソファに座って警察官の聴取を受けたそうです。 そんな騒動もありながら、息子を3人授かり、おしどり夫婦として知られていましたが、2005年3月に別居が報じられます。 このとき森昌子は、長男と三男を連れて自宅を出ているのですが、なぜか次男だけ連れて行かなかったとか。 次男は、慶応幼稚舎から大学まで慶応に通い、テレビ東京に入社。 (森昌子の息子 次男の画像) 次男の職業がサラリーマンなのは、3人の息子の中で次男だけ、会社員に向いていたからだとか。 しかも、テレビ東京に入社したのは、父親・森進一のコネとも言われています。 次男を優良企業に入れたかった森進一は、歌謡番組で関係の深いテレビ東京に働きかけ、次男を入社させたのだそうです。 森昌子の息子 三男 ヒロもジャニーズ出身 森昌子と森進一は、2005年4月19日に離婚を発表。 長男・takaの親権を森昌子が、次男と三男を森進一側で持つことになり、3人の養育権が森昌子側となったのです。 そして、現在、長男の森田貴寛はワンオクのtaka、二男はテレビ東京の社員として働き、2016年に結婚しました。 二男の結婚相手は、一般人のため公開されていませんが、所帯を持っているのは兄弟の中で次男だけです。 ただ、長男・ワンオクのtakaは、彼女の浅田舞と結婚間近とも言われているのです。 ワンオクのtakaと浅田舞の交際は、「週刊文春」によって発覚したわけですが、その後も破局することなく順調に愛をはぐくんでいるとか。 しかも、現在、浅田舞はワンオクの北米ツアーに同行中。 2人が結婚するのでは?と言われているのは、浅田舞が妹・浅田真央の手掛けるアイスショーを年内で卒業したこと。 さらに、長年、レギュラーを務めていた東海テレビの報道番組『ニュースOne』を降板したことから、結婚しか考えられないとされています。 一方、三男の森内寛樹(25)はというと、長男のtakaと同じくジャニーズ出身。 三男は小学3年生から3年間、ジャニーズJr. として活動後、ロックバンド「MY FIRSTSTORY」のボーカリスト・ヒロとして、若者から人気を博しています。 (森昌子の三男・MY FIRSTSTORYのヒロ画像) また、三男のヒロは、兄2人と違って高校は、多摩大学目黒高校出身。 大学へは進学せず、ロックのバンドマンになったのを父親の森進一は、かなり残念がっていたそうです。

次の

【森昌子引退】長男はワンオクTaka、三男はMY FIRST STORYのHiro、家族が凄すぎ!

森 進一 三男

森進一(日语: 森 進一,1947年11月18日 -),是著名的歌手,出生於,本名 森內一寬。 有「演歌天王」之稱,在亦十分受歡迎。 持續挑戰新的音樂的領域,獨特的沙啞的嗓音作為其特徵。 目前与保持着的連續出場記錄(連續48次出場)。 森進一 男歌手 本名 森內一寬 原文名 森 進一 国籍 出生 1947-11-18 1947年11月18日 ( 72歲) 职业 音乐类型 、歌謠曲 活跃年代 1966年-至今 唱片公司 JVC唱片公司(日本勝利唱片公司) 网站 森進一 ホームページ 日語寫法 日語原文 森進一 もり しんいち Mori Shinichi 曾與、有過婚姻,已離婚,現處於單身狀態。 與森昌子生有三子,其長子之前是日本旗下男子組合的前成員,現在是搖滾樂團「」的主唱;么子則是搖滾樂團「」的主唱。 而次子與其兄弟不同,在工作,未進入演藝圈。 履歷 1947年(昭和22年)11月18日出生於山梨縣甲府市。 母子家庭中成長,輾轉、、各地。 初中畢業的同時由於 ( 日语 : )移住,為了往家裡匯寄生活補貼也尋求稍微好點的工資,把工作換了17次。 1966年,以『女人的嘆息』(女のためいき)出道。 在美聲歌手是當時歌謠界主流的情形下,以嘶啞嗓音詠唱女人心的森進一的初次亮相頗具有衝擊性。 1968年,初次在NHK紅白歌合戰登場,演唱曲目是『花與蝶』(花と蝶),並且於壓軸前演唱。 1969年,發表『 港町布魯斯』(港町ブルース),獲得當年的最優秀歌唱獎,並以此曲擔任當年的第20回紅白歌合戰的白組壓軸。 1971年,發表『 母親』(おふくろさん),並再次獲得日本唱片大獎最優秀歌唱獎。 1974年,發表名曲『 襟裳岬』,獲得當年的日本唱片大獎和日本歌謠大獎,並在年末的第25回紅白歌合戰中,首次擔任全場壓軸(總壓軸)。 此曲後來被翻唱成中文版,並在華語圈廣為傳唱。 1980年,與演員大原麗子結婚。 接下來那些年的活動,一般認為公私兼顧似乎一帆風順,但是實際的夫妻生活已經產生著交錯。 1984年,與大原麗子離婚。 離婚後,作為新的挑戰設立了社會福利組織「馬鈴薯的會」。 作為歌手以外的社會積極分子的「森內一寬」,並擔任1998年的的委員會理事、柬埔寨地雷消除活動的發起人、在日外國人的社會福利法人「sapou和21」的理事等,參與計劃著以後許多的社會福利活動。 據說這個活動有對由於當初的騷動添了麻煩的人們的感謝和贖罪的意義。 1986年9月與森昌子結婚,結婚後,森昌子隱退。 1988年,為『京都難以離去』(京都去りがたし)首度親自作曲。 結婚19年後的2005年,由於與森昌子不合而分居,而後由於惡化而住院。 4月19日與森昌子離婚,隨後又患上抑鬱障礙,直至2006年3月才恢復出院。 2007年,由於森進一於2006年底的演唱名曲『母親』(おふくろさん)時,未獲得詞作者川內康範許可,擅自演唱由保富康午進行補作詞的版本,導致其師川內康範認為著作權被侵害,並提起訴訟。 隨後兩人關係惡化,併發生騷動,通稱「『母親』騷動」(おふくろさん騒動)。 隨後森進一被禁止演唱此曲。 2008年4月6日,其師川內康範去世,直至此時,兩人尚未和解。 11月,森進一與川內的家人和解後,『母親』演唱解禁,並於2008年底的上再次演唱『母親』。 音乐 是代表演歌界的紅歌星,不過,森進一把不拘束於固定觀念、嘗試各種各樣風格的作品作為信條。 在一般說來重視表現形式、不喜歡急劇變化的演歌界中,像森進一這樣的風格是很少見的。 樂曲的提供者包括了岡本おさみ、吉田拓郎、大瀧詠一、松本隆、、、まこと、はたけ、須藤晃、、、、BORO、、等等豐富多彩的名字。 公開說厭惡演歌沒有忌憚的淡谷法子也稱讚了那個音樂性。 關於自己的豐富多彩的活動,森進一是這樣說明的「我唱的不是演歌而是流行歌」。 得到日本的國民作曲家的知遇、接受了他的熏陶的事,也應該特書一筆。 作為專業歌手第3年的1968年,匯集了古賀旋律(古賀メロディー)的專輯『思慕的形影』(影を慕いて)發行了。 「人生的並木路」錄音的時候,因為自己的人生疊合了歌的內容,禁不住潸然淚下了。 據說對日後提出錄音修正的森進一,古賀稱「歌是有生命力的,這樣就可以了」據說就那樣出了OK。 作品 主要單曲作品• 1966年• 女人的嘆息(女のためいき) 1966年6月20日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 令人留戀的東京(東京みれん) 1966年10月30日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 1967年• 女人的碼頭(女の波止場) 1967年1月15日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 女人的酒場(女の酒場) 1967年4月15日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 女人的山崖(女の岬) 1967年7月15日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 生命也枯萎(命かれても) 1967年9月10日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 繁華街的布魯斯(盛り場ブルース) 1967年12月5日 作詞:藤三郎、補作詞:村上千秋/作曲:城美好/編曲:森岡賢一郎• 1968年• 溫泉町的女人(湯の町の女) 1968年2月5日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 花與蝶(花と蝶) 1968年5月5日 作詞:川内康範/作曲:彩木雅夫/編曲:森岡賢一郎• 一人酒場(ひとり酒場で) 1968年7月5日 作詞:吉川静夫/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 年長的女人(年上の女(ひと)) 1968年11月5日 作詞:中山貴美、補作詞:水澤弘/作曲:彩木雅夫/編曲:森岡賢一郎• 1969年• 港都藍調 (港町ブルース) 1969年4月15日 作詞:深津武志、補作詞:なかにし礼/作曲:猪俣公章/編曲:森岡賢一郎• 女人(おんな) 1969年7月25日 作詞:山口光/作曲:城美好/編曲:森岡賢一郎• 花與涙(花と涙) 1969年10月5日 作詞:川内康範/作曲:宮川泰/編曲:森岡賢一郎• 1970年• 戀一筋(恋ひとすじ) 1970年2月5日 作詞:藤田優人/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 碼頭女的布魯斯(波止場女のブルース) 1970年6月5日 作詞:なかにし礼/作曲:城美好/編曲:森岡賢一郎• 銀座的女人(銀座の女) 1970年9月15日 作詞:川内康範/作曲:曽根幸明/編曲:曽根幸明• 望鄉(望郷) 1970年12月25日 作詞:橋本淳/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 1971年• 慕情〜天草之女〜(慕情〜天草の女〜) 1971年4月5日 作詞:山口光/作曲:平尾昌晃/編曲:小谷充• 母親(おふくろさん) 1971年5月5日 作詞:川内康範/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 火之女(火の女) 1971年9月5日 作詞:川内康範/作曲:彩木雅夫/編曲:彩木雅夫• 流動的布魯斯(流れのブルース) 1971年12月5日 作詞:保富康午/作曲:城美好/編曲:小谷充• 1972年• 碼頭町(波止場町) 1972年4月5日 作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 旅路のはてに 1972年7月25日 作詞:林春生/作曲:馬飼野俊一/編曲:馬飼野俊一• 放浪船(さすらいぶね) 1972年10月25日 作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 1973年• 夜之疾雨(夜の走り雨) 1973年2月25日 作詞:千家和也/作曲:鈴木邦彦/編曲:森岡賢一郎• 口紅怨歌(くちべに怨歌) 1973年6月15日 作詞:青山五平/作曲:猪俣公章/編曲:竹村次郎• 冬之旅(冬の旅) 1973年10月10日 作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章/編曲:森岡賢一郎• 襟裳岬 1973年12月1日 作詞:岡本おさみ/作曲:吉田拓郎/編曲:馬飼野康二• 1974年• 朋友喲再見吧(さらば友よ) 1974年4月15日 作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章/編曲:森岡賢一郎• 北方航路(北航路) 1974年9月15日 作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章/編曲:森岡賢一郎• 熱水霧的街市(湯けむりの町) 1974年12月25日 作詞:山下路夫/作曲:小室等/編曲:森岡賢一郎• 1975年• 女一人(女がひとり) 1975年4月10日 作詞:阿久悠/作曲:彩木雅夫/編曲:森岡賢一郎• 離別的吻(別れの接吻) 1975年6月25日 作詞:阿久悠/作曲:平尾昌晃/編曲:馬飼野俊一• 啊ゝ人們的戀愛(あゝ人恋し) 1975年10月10日 作詞:阿久悠/作曲:濱圭介/編曲:萩田光雄• 1976年• 故鄉(故郷) 1976年1月10日 作詞:阿久悠/作曲:/編曲:馬飼野俊一• 紙花(つくり花) 1976年5月25日 作詞:千家和也/作曲:大野克夫/編曲:馬飼野俊一• 茶梅(さざんか) 1976年8月25日 作詞:中山大三郎/作曲:猪俣公章/編曲:小杉仁三• 1977年• 雨中的桟橋(雨の桟橋) 1977年1月5日 作詞:中山大三郎/作曲:中山大三郎/編曲:若草恵• 夜行列車 1977年6月10日 作詞:喜多条忠/作曲:吉田拓郎/編曲:竜崎孝路• 東京物語 1977年10月5日 作詞:阿久悠/作曲:川口真/編曲:馬飼野康二• 1978年• 撒嬌(甘ったれ) 1978年2月5日 作詞:阿久悠/作曲:adamo/編曲:川口真• 林檎抄 1978年5月25日 作詞:阿久悠/作曲:川口真/編曲:船山基紀• 雪喲就是你呀(雪よおまえは) 1978年9月5日 作詞:喜多条忠/作曲:中山大三郎/編曲:若草恵• 君喲荒野(きみよ荒野へ) 1978年12月5日 作詞:岡本おさみ/作曲:鈴木kisaburo/編曲:馬飼野俊一• 1979年• 新宿・港町(新宿・みなと町) 1979年8月1日 作詞:麻生香太郎/作曲:西谷翔/龍崎孝路• 1980年• 酒場舟 1980年1月21日 作詞:麻生香太郎/作曲:蘭世(森進一的筆名)/編曲:龍崎孝路• 淚光閃(涙きらり) 1980年5月1日 作詞:阿久悠/作曲:猪俣公章/編曲:高田弘• 戀月夜(恋月夜) 1980年8月5日 作詞:麻生香太郎/作曲:西谷翔/編曲:小谷充• 名為夢的女人(夢という名の女) 1980年11月5日 作詞:阿久悠/作曲:濱口庫之助/編曲:薗廣昭• 1981年• 東京港(東京みなと) 1981年5月1日 作詞:原淳二/作曲:市川昭介/編曲:市川昭介• 給予生命(命あたえて) 1981年9月21日 作詞:川内康範/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 這戀愛(それは恋) 1981年11月5日 作詞:秋元松代/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 1982年• 哀愁行路 1982年3月21日 作詞:山口洋子/作曲:平尾昌晃/編曲:薗廣昭• 男人的真情(男の真情) 1982年7月21日 作詞:白鳥園枝/作曲:木村好夫/編曲:馬場良• 冬之里維埃拉(冬のリヴィエラ) 1982年11月21日 作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一/編曲:前田憲男• 1983年• 紐約物語(紐育(にゅーよーく)物語) 1983年4月21日 作詞:松本隆/作曲:細野晴臣/編曲:細野晴臣, 坂本龍一• 摩洛哥(モロッコ) 1983年10月5日 作詞:松本隆/作曲:/編曲:井上鑑• 冬櫻(冬桜) 1983年10月5日 作詞:たかたかし/作曲:三木たかし/編曲:龍崎孝路• 1984年• 讓您久等了(待たせたね) 1984年2月5日 作詞:松山千春/作曲:松山千春/編曲:馬飼野俊一• 戀人的歌(人を恋うる唄) 1984年3月21日 作詞:たかたかし/作曲:岡千秋/龍崎孝路• 北之螢(北の螢) 1984年8月5日 作詞:阿久悠/作曲:三木たかし/編曲:川口真• 1985年• 昭和流動的歌(昭和流れうた) 1985年4月5日 作詞:いではく/作曲:遠藤實/編曲:齋藤恒夫• 女もよう 1985年9月25日 作詞:結城忍/作曲:猪俣公章/編曲:龍崎孝路• 夏季時間(サマータイム) 1985年10月21日 作詞:Dubose Heyward/作曲:George Gershwin• 1986年• 麝香萱之戀(ゆうすげの恋) 1986年7月5日 作詞:中山大三郎/作曲:中山大三郎/編曲:齋藤恒夫• 1987年• 十六夜舟(いざよいぶね) 1987年1月21日 作詞:白鳥園枝/作曲:中村清一/編曲:前田俊明• 男人的話(男ばなし) 1987年2月21日 作詞:星野哲郎/作曲:大野雄二/編曲:川口真• 悲哀,不過…(悲しいけれど) 1987年7月1日 作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし/編曲:川口真• 1988年• 輓歌的街(挽歌の街から) 1988年1月21日 作詞:賣野雅勇/作曲:濱圭介/編曲:若草恵• 京都難以離去(京都去りがたし) 1988年5月21日 作詞:賣野雅勇/作曲:森進一/編曲:竹村次郎• 1989年• 冬之桑港(冬の桑港(しすこ)) 1989年1月1日 作詞:/作曲:杉本真人/編曲:川村榮二• 戒指(指輪) 1989年7月21日 作詞:麻生香太郎/作曲:森進一/編曲:前田俊明• 兔子(うさぎ) 1989年8月21日 作詞:保富康午/作曲:猪俣公章/編曲:猪俣公章• 夢不斷(夢をつづけて) 作詞:荒木とよひさ, 梶賀千鶴子/作曲:三木たかし/編曲:青木望• 1990年• 動香(移り香) 1990年4月21日 作詞:やしろよう/作曲:西谷翔/編曲:龍崎孝路• 風的哀歌(風のエレジー) 1990年8月1日 作詞:/作曲:井上陽水/編曲:萩田光雄• 1991年• 酒無情 1991年1月1日 作詞:阿久悠/作曲:宮川彬良• 泣雨(泣かせ雨) 1991年6月21日 作詞:石本美由起/作曲:市川昭介/編曲:馬場良• 可愛的人喲(愛しい人よ) 1991年11月21日 作詞:魚住勉/作曲:馬飼野康二/編曲:Jimmie Haskell, 馬飼野康二• 1992年• 悲哀的歌流行(悲しい歌が流行ります) 作詞:阿久悠/作曲:三木たかし/編曲:川村榮二• 劇場之前(劇場の前) 1992年10月21日 作詞:野口雨情/作曲:濱圭介/編曲:川村榮二• 1993年• 坏人(わるいひと) 1993年5月21日 作詞:久仁京介/作曲:森進一/編曲:馬場良• 装點夢(夢をかざって) 1993年8月5日 作詞:里村龍一/作曲:猪俣公章/編曲:馬場良• 1994年• 兩人坡(ふたり坂) 作詞:中村修二/作曲:森進一/編曲:馬場良• 撒謊(うそつき) 1994年4月21日 作詞:たかたかし/作曲:森進一/編曲:馬場良• 土俵的鬼(土俵の鬼) 1994年5月21日• 1995年• 哭泣的東京(泣きむし東京) 1995年1月1日 作詞:賣野雅勇/作曲:森進一/編曲:龍崎孝路• 單行的白色道路(ひとすじの白い道) 1995年3月1日 作詞:中山大三郎/作曲:中山大三郎/編曲:中山大三郎• 女人戀港(女恋港) 1995年6月21日 作詞:森進一/作曲:森進一/編曲:前田俊明• 悲傷的容器(悲しみの器) 1995年9月22日 作詞:谷村新司/作曲:谷村新司/編曲:若草惠• 1996年• 薄雪草 1996年2月21日 作詞:吉岡治/作曲:森進一/編曲:前田俊明• 夜之無言(夜の無言(しじま)) 1996年8月21日 作詞:まこと/作曲:はたけ/編曲:十川知司• 1997年• 北方的故鄉(北のふるさと) 1997年2月1日 作詞:いではく/作曲:遠藤實/編曲:馬場良• LAI LA LAI(ライラ ライ) 1997年9月22日 作詞:須藤晃/作曲:橘いずみ/編曲:須藤晃• 1998年• 女人心(女心) 1998年3月10日 作詞:たかたかし/作曲:弦哲也/編曲:馬場良• 1999年• 女人的愛(女の愛) 1999年1月21日 作詞:土田有紀/作曲:弦哲也/編曲:池多孝春• 昭和最後的情事(昭和最後の秋のこと) 1999年7月1日 作詞:阿久悠/作曲:濱圭介/編曲:川村榮二• 如是說(語りかけ) 1999年8月2日 作詞:川内康範/作曲:川内康範/編曲:乃木五郎• 謀反(裏切り) 1999年8月2日 作詞:織田愛/作曲:弦哲也/編曲:池多孝春• 2000年• 威士忌色的大街(ウィスキー色の街で) 2000年5月24日 作詞:岡本おさみ/作曲:細野晴臣/編曲:三井誠• 最後一班火車(終列車) 2000年9月21日 作詞:木下龍太郎/作曲:西條キロク/編曲:馬場良• 2001年• 雨中的空港(雨の空港) 2001年5月23日 作詞:木下龍太郎/作曲:西條キロク/編曲:佐伯亮• 2002年• 深棕色的雨(セピアの雨) 2002年1月23日 作詞:BORO/作曲:BORO/編曲:BORO• 運河 2002年10月23日 作詞:たかたかし/作曲:森進一• 2003年• 幸福的歌(しあわせのうた) 作詞:やまさき十三/作曲:弦哲也、森昌子Duet• 悲哀的河(哀の河) 2003年6月20日 作詞:かず翼/作曲:四方章人/編曲:前田俊明• 狼之遠吠(狼たちの遠吠え) 2003年12月17日 作詞:作曲:長淵剛• 2004年• 青春的影子喲再見吧(さらば青春の影よ) 2004年11月21日 作詞:坂井泉水/作曲:大野愛果/編曲:徳永暁人• 2005年• 花(はな) 2005年6月1日 作詞:阿久悠/作曲:宮川彬良• 2006年• 造訪小樽(たずねて小樽) 2006年5月17日 作詞:土田有紀/作曲:大谷明裕• 2007年• 一心一意的人生(人生ひたすら) 2008年5月23日 作詞:田久保真見/作曲:弦哲也• 2008年• 女人的戀(女の恋) 2008年3月19日 作詞:麻こよみ/作曲:金田一郎• 碼頭(波止場) 2008年10月1日 作詞:麻こよみ/作曲:森進一• 2009年• 摇動(ゆらぎ) 2009年6月17日 作詞:木本慶子/作曲:金田一郎• 2010年• 2011年• 八甲田 2011年2月23日 作詞:坂口照幸/作曲: 大谷明裕 專輯• 演歌(1971年)• 旅路(1971年)• 森進一(1971年)• 輪廻(1972年)• こころの雫~平成和讃(2000年9月21日)• Love Music(2009年11月25日) NHK紅白歌合戰出場歷 森進一自從1968年(第19回)紅白歌合戰第一次出場到2015年(第66回)已連續出場48次,這是紅白歌會連續出場最多的記錄。 總計出場次數僅次於的50次排名第二。 同時,他22歲第一次擔任白組的壓軸,保持着白組最年輕壓軸的記錄(紅白歌會史上最年輕壓軸是紅組的,19歲時擔任紅組壓軸)。 2015年在公佈入選紅白後不久,便宣佈最後一次參與,將會從紅白「畢業」。

次の