飯塚 幸三 起訴。 飯塚幸三が被告に!在宅起訴の理由は?遅れたのはなぜ?|ゆみログ

飯塚幸三はまだ起訴されないの?

飯塚 幸三 起訴

裁判のポイントは、執行猶予がつくかどうかだ。 交通問題に詳しい高山俊吉弁護士は「禁錮2~4年の判決になると思われますが、年齢を考慮して、執行猶予がつく可能性もあります」と話している。 夫は被害者参加制度を用いて、裁判に参加するつもりだ。 「なぜ2人は命を奪われなければならなかったのか。 私は真実を知りたいです。 2人の無念を晴らしたい。 『できることをやるから見守っててね』と伝えたいと思います」という。 玉川徹(テレビ朝日コメンテーター)「在宅起訴はそれほど珍しいことではないが、年齢を理由に執行猶予になるとしたら問題です。 高齢でも免許は与えられるのに、事故を起こしたら執行猶予になるなんてことは許されないと思います」 長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「遺族の方に気持ちが伝わっていないんじゃないかという気がします。 残された方たちは釈然としないところがあるのだろうなと思います」.

次の

飯塚幸三が被告に!在宅起訴の理由は?遅れたのはなぜ?|ゆみログ

飯塚 幸三 起訴

10 ID:Qonjh8XUM. imgur. imgur. jpg 東京・池袋で高齢者が運転する車が暴走した事故から、19日で3か月になるのを前に、犠牲になった女の子と母親の遺族が会見を開き、車を運転していた高齢者に厳罰を求めようと署名活動を行うことを明らかにしました。 ことし4月、東京・豊島区の池袋で、旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(88)が運転する乗用車が暴走して歩行者などを次々にはね、自転車に乗っていた松永真菜さん(31)と長女の莉子ちゃん(3)が死亡しました。 事故から19日で3か月となるのを前に18日、32歳の夫が会見を開き、車を運転していた元職員に厳罰を求めようと署名活動を行うことを明らかにしました。 夫は「交通事故はほかの誰かの命を奪い、日常を壊してしまう。 今後、2人のような被害者と私たちのようなつらい思いをする遺族がいなくなるよう加害者に対し、重い罪での起訴と厳罰を求めたい」と訴えました。 そのうえで「ハンドルを握るときは配偶者やお子さん、お孫さんなど身近な人に向ける愛を車の外側にも向けて優しい運転を心がけてほしい」と呼びかけました。 署名活動は、来月3日、池袋駅近くの公園で行われるほか、インターネット上でも署名用紙をダウンロードできるようにするということです。 遺族が署名活動を行うことについて、元職員の弁護士は「取材は対応しかねる」としています。 元職員は足を治療中 つえを使用 今回の事故で車を運転していた旧通産省の幹部だった飯塚幸三元職員(88)はおととし、運転免許を更新していました。 捜査関係者によりますと、更新の際の検査で、認知機能に問題はないとされていました。 一方で、事故の前から右足を治療中で、ふだんはつえを使って歩いていたということで、警視庁は事故との関係がないか調べています。 これまでの調べに対し、「最初に接触事故を起こし、パニック状態になってアクセルとブレーキを踏み間違えた可能性もある」などと供述しているということです。 父の日に似顔絵贈った莉子ちゃん 遺族が報道各社に提供した動画には、去年の父の日の2日前に、亡くなった莉子ちゃんがお父さんに感謝の気持ちを伝えるなど、家族の幸せなひとときが残されています。 莉子ちゃんはお父さんが帰ってくるのを玄関で待ち、「父の日ありがとう」と言って、クレヨンで画用紙に描いたお父さんの似顔絵を手渡していました。 莉子ちゃんは「お父さんの笑った顔と困った顔」と言いながら絵の説明をしていました。 このあと手作りのケーキも手渡し、真菜さんが「莉子が作ったんだよね」と言うと、莉子ちゃんは「まぜまぜしたの」と言ってケーキ作りを手伝ったことをはにかみながら話していました。 お父さんに抱き締められた莉子ちゃんはうれしそうな表情を浮かべています。 nhk. html• 23 ID:xzj4KbfNd. 続けてやってきたのは、シルバーのワンボックスカー。 こちらにも2人の捜査員が乗っている。 「まさか、ついに逮捕」かと声をかけると、捜査員は、「そんなんじゃないよ」とだけ答えた。 ・だが、「数日前までは見かけなかったねえ」(近隣住民)というワンボックスは、翌日も翌々日も、マンション前に待機している。 なぜ、捜査員を乗せた車が連日、張りついているのか。 ・警視庁に取材を申し込んだが、「個別の案件については回答を控えます」との対応だった。 元警察官僚の澤井康生弁護士が言う。 ・「原則として、警察が加害者の警護をすることは、まずありません。 ただ、飯塚容疑者は、日本中からバッシングされています。

次の

【その後】池袋暴走事故から1年…飯塚幸三、松永さんの現在 │ 黒白ニュース

飯塚 幸三 起訴

在宅起訴から飯塚幸三が実刑判決になる可能性はあるのか 【池袋暴走】 旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を在宅起訴 東京・池袋で昨年4月に暴走した乗用車に母子がはねられ死亡した事故で、東京地検は自動車運転処罰法違反(過失致死傷)罪で、車を運転していた旧通産省工業技術院の飯塚幸三元院長を在宅起訴した。 ただ、在宅起訴というのは比較的軽い事件であることが多いため 実刑の可能性は低いというのが一般的だといえます。 ただ、池袋暴走事故は母子二人を死亡させているうえ、他にも重傷者が出るほど大きな事故であったため実刑になる可能性は十分にあるといえます。 なぜ飯塚幸三は在宅起訴なのか 飯塚幸三はなぜ在宅起訴なのでしょうか。 一般的に事件を起こすと、逮捕されて身柄が拘束されますよね? そこから起訴されて、裁判を待ちます。 しかし、在宅起訴の場合、 身柄拘束を伴わずに取調べを受け、起訴後も身柄を拘束されないまま裁判を受けることになります。 飯塚幸三の場合、事件を起こしたのが本人であることに変わりはなく実況見分も済んでいて、証拠隠滅の恐れがないこと。 さらには、高齢であることが今回在宅起訴となった理由といえます 在宅起訴の流れは? 在宅起訴の場合、逮捕され身柄が拘束されることはないため日常生活に支障を来すことはありません。 そのため日常生活を送りながら、裁判へ通うことになります。 飯塚幸三はなぜ捕まらないのか 飯塚幸三が逮捕されない理由に『上級国民』であることが挙げられています。 似たような自動車の死亡事故で、地方ニュースや全国ニュースで容疑者が現行犯逮捕されるようなことは、よくありますよね。 これは、明らかな忖度が働いてるのでは?と言われても仕方がありませんよね。 逮捕されないのには以下の理由があるとされています。 逮捕が刑罰の一環ではないこと• 飯塚幸三が事故直後、ケガをしていたこと• 事故を起こしたのが飯塚幸三であることは明らかであること でも、納得はいきませんよね? 確かに事故当時ケガをして、治療のために入院していましたが、退院後は実況見分も行われていました。

次の