エクセル 印刷 余白 なし。 Word,Excel2016/2019で余白なしで全面フチなし印刷する方法は?

ふちなし印刷をしても余白が出てしまいます。隅まで印刷したいのですが

エクセル 印刷 余白 なし

複合機(コピー機)をプリンターとして利用するオフィスがほとんど。 有線・無線LANで接続すれば、自席のパソコンから自由に印刷できます。 その際、 「ふちなし」で印刷した経験がある方はおられるでしょうか? 一般的に複合機(コピー機)で印刷するときは、用紙の上下左右に余白があります。 でも、会社のパンフレットや資料を作成するとき、余白が邪魔なケースがありますよね。 しかし、 「ふちなし印刷」は基本どのメーカー・機種でもできないのです。 そこで今回は、現在流通している複合機(コピー機)で「ふちなし印刷」ができない理由と、それに代わる機能をご説明いたします。 1.複合機(コピー機)で「ふちなし印刷」ができない理由! 会社で、イベントのポスターやパンフレットなどを作ることがあり、上下左右にふちなしで印刷したいですよね。 一般的にWordやExcelなどで作成した資料を作るとき書式設定を行いますが、余白0mmでは設定できません。 パソコンの「通常使うプリンター」はお使いの複合機(コピー機)で設定してあると思いますが、 すべてのメーカーの複合機(コピー機)は「ふちなし印刷」はできないのです。 ただし、ふちなし印刷ができないのは「レーザー」タイプの複合機(コピー機)で、 インクジョットタイプの機種ではふちなし印刷はできます。 レーザー複合機(コピー機)で「ふちなし印刷」はできない理由 レーザータイプの機器で「ふちなし印刷」ができない理由は、印刷する仕組みにあります。 レーザータイプの複合機(コピー機)やプリンターでは、以下の流れで印刷が行われています。 レーザー光の照射部分は静電気がなくなります。 このような理由から、どのメーカーの複合機(コピー機)でも基本的に「ふちなし印刷」はできないのです。 インクジェットタイプの機器で「ふちなし印刷」ができる仕組み ちなみに、インクジェットタイプの複合機やプリンターは「ふちなし印刷」はできます。 その印刷の仕組みは、 インクが落ちていく部分に少し段差をつけて凹ませ、インクを吸収するスポンジがセットしてあるので、そこにはみ出したインクが吸い取られていきます。 この仕組みによって、イングジェットタイプの機器ではふちなし印刷が可能になっているのです。 2.ふちなし印刷に代わる機能紹介 レーザー複合機(コピー機)では 「ふちなし印刷」はできませんが、それに代わる機能として「印字領域を広げる」ことはできます。 余白を完全になくすことは不可能ですが、用紙のギリギリまで印刷領域を広げることはできます。 ここでは、参考に Canon(キャノン)複合機のプリンタードライバーの設定方法をご紹介いたします。 その他のメーカーでも設定する名称は異なりますが、用紙ギリギリまで印刷できる機能が使えます。 一般的にプリンタードライバーのプロパティで設定できるので、一度確認して実行してはいかがでしょうか。 3.まとめ 会社の仕事の中には、「ふちなし印刷」したいケースは意外に多いですよね。 しかし、一般的なオフィスで利用される レーザー方式の複合機(コピー機)やプリンターで「ふちなし印刷」は基本的にできません。 仮にふちなし印刷した場合、印刷する過程で用紙に付着せずにはみ出したトナーが、ローラーや感光ドラムに定着してしまい、次にコピー・印刷するときに問題が発生するからです。 ふちなし印刷に代わる機能として、 用紙のギリギリまで印刷領域を広げる設定はできるので、一度試してみてはいかがでしょうか。 投稿ナビゲーション.

次の

誰よりも詳しくエクセル(Excel)の用紙サイズ設定と余白調整を説明します

エクセル 印刷 余白 なし

Excel for Microsoft 365 Excel 2019 Excel 2016 Excel 2013 Excel 2010 Excel 2007 Excel Starter 2010 印刷されたページに Excel ワークシートを適切に配置するために、余白を変更したり、ユーザー設定の余白を指定したり、ワークシートをページ上の水平方向または垂直方向に中央揃えにしたりすることができます。 [ページの余白] は、印刷ページのデータと端との間にある空白の領域です。 ヘッダー、フッター、ページ番号などの項目には、上と下のページ余白を使用できます。 ページ余白を設定するには、次の手順を実行します。 印刷するワークシートまたは複数のワークシートを選択します。 ワークシートを選択する方法• 1枚のシートを選択するには: 印刷するシートのタブをクリックします。 目的のシート見出しが表示されていない場合は、見出しスクロール ボタンをクリックしてシート見出しを表示し、見出しをクリックします。 隣接する2つ以上のシートを選択するには、次の操作を行います。 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Shift キーを押しながら、選択する最後のシートのタブをクリックします。 隣接していない2つ以上のシートを選択するには 最初のシートの見出しをクリックします。 次に、 Ctrl キーを押しながら、選択する他のシートのタブをクリックします。 ブック内のすべてのシートを選択するには、次の操作を行います。 シートタブを右クリックし、[ ショートカット メニューから [ すべてのシートを選択] をクリックします。 ヒント: 以前にカスタムの余白設定を使用していた場合は、その設定は [ 最後のカスタム設定] オプションとして使用できます。 ユーザー設定のページ余白を指定するには、[ ユーザー設定の余白] をクリックし、[ 上]、[ 下]、[ 左]、および [ 右] の各ボックスに、必要な余白のサイズを入力します。 ヘッダーまたはフッターの余白を設定するには、[ ユーザー設定の余白] をクリックし、[ ヘッダー] ボックスまたは [ フッター] ボックスに新しい余白のサイズを入力します。 ヘッダーまたはフッターの余白を設定すると、用紙の上端からヘッダーへ、または用紙の下端からフッターまでの間隔が変更されます。

次の

エクセル余白なしの全面印刷がこんなに簡単に出来る方法

エクセル 印刷 余白 なし

Excel 2016で はがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい:エクセルの使い方• Excel 2016ではがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい Excel 2016で はがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい スポンサードリンク はじめに• 年賀状などをどうしてもExcelで、しかも余白なしのフチなし印刷をしたいという無茶な要望があったりします。 ここでは、どうにかしてフチなし印刷を行った例を示して、手順を書いてみます。 完璧なフチなし印刷とは言えませんが、何とか印刷できたという感じです。 なお、通常はWordで作成すれば、変な力技など使う必要もなく簡単に作成できます。 に解説したページがありますのでご覧ください。 単位をmmで設定するために、画面表示をページレイアウトにします。 [表示]タブの[ページレイアウト]をクリックします。 A列とB列の境界線にマウスを合わせて、ドラッグすると列幅を調整することができます。 はがきの幅100mmにしたいのですが、100. 28mmが100mmを超えて100mmに一番近い値なので、この値でOKとしました。 つまり、A列の幅を100. 28mmとしました• 1行の高さをはがきの縦のサイズ148mmにしたいのですが、最大で144. 46mmまでしか設定できません。 2行目も使って148mmにするため、2行目は148-144. 54mm程度に調整します。 2行目は 3. 54mmに一番近い 3. 70mmに設定しました。 これで、はがきサイズで印刷するのは A1:A2のセル範囲になります。 16mmに設定しました。 ここに、画像を貼り付けました。 A1:A2に合わせるには[Alt]キーを押した状態で画像のハンドルをドラッグします。 するとセルに合わせて調整されます。 印刷する用紙のサイズや余白を設定します。 [ページレイアウト]タブのページ設定グループにあるダイアログボックス起動ツールをクリックします。 ページ設定ダイアログボックスが表示されます。 [ページ]タブで用紙サイズで「はがき」を選択します。 ここでは印刷の向きは「縦」としています。 [余白」タブで上下左右、ヘッダー、フッターをすべて 0 とします。 [オプション]ボタンをクリックします。 印刷に使用するプリンターと接続して、プリンターの電源を入れます。 プリンタードライバーの設定画面が表示されます。 「フチなし全面印刷」にチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックして画面を閉じます。 ページ設定のダイアログ画面も[OK]ボタンをクリックして閉じます。 [ファイル]タブをクリックして、バックステージを表示します。 [印刷]を選択します。 [印刷]ボタンをクリックして、印刷を実行します。 下図はプリンターのプレビュー画面です。 はがきにフチなし印刷ができているのがわかると思います。 ちなみに、プリンター ドライバーのフチなし印刷の設定をしないと下図のように、印刷されない部分ができてしまいます。 下図は印刷プレビューです。 ページ設定で余白は上下左右共に0 としています 下図はシートのページレイアウトにした状態です。 余白を0にしても、印刷時に余白ができるのがわかります スポンサードリンク |||Excel 2016ではがきにフチなし印刷 余白なし印刷 をしたい.

次の