砂 の 惑星 歌詞。 砂の惑星の歌詞について:SOLAnimation

『砂の惑星 feat. 初音ミク』は 初音ミクによるあなたへの呼びかけである。|cafe.jenkster.com|note

砂 の 惑星 歌詞

背景 [ ] 米津はメジャーデビュー以前の頃より ハチ名義でを用いた楽曲を制作し、を中心に活動してきた。 メジャーデビュー後は「」を最後にハチとしての活動は沈黙しており、「砂の惑星」はハチとして約4年ぶりのリリースとなった。 米津は初音ミク10周年のアニバーサリーイヤーに開催される「マジカルミライ 2017」のテーマソング楽曲制作のオファーを受け、受注するか否かを考えている最中にニコニコ動画に投稿された音楽動画を視聴し、自身が楽曲投稿していた時代とは明らかに違う気色(楽曲を発表する人間、視聴する人間の減少など)を覚え、サイト内が当時から現在まで過疎化していく様を「砂漠」と捉え、それを楽曲として具現化するイメージを発想したと語っている。 楽曲名はによるから取られた。 楽曲構成 [ ] 「砂の惑星」は95BPMのテンポで終始構成されている。 これは米津がハチとして旺盛に楽曲を制作していた時代の平均的なBPMと比較するとローテンポで、かつてと違う手法を意識した故の構成である。 同じ切り口から、の界隈ではあまり見かけられない以降ののニュアンスが取り入れられ、早口に韻を踏むボーカルが特徴的である。 歌詞では、ニコニコ動画界隈でのユーザー減少などの変遷を「砂漠、砂の惑星」と捉えたイメージが終始書かれ、また、次世代のクリエイターへバトンを渡す意味合いの込められたようなメッセージ的なフレーズも取り入れられている。 途中には過去にボーカロイドを用いてリリースされた複数の楽曲をオマージュしたフレーズが登場する。 評価 [ ] チャート成績 [ ] 「砂の惑星」はより、それぞれにミュージックビデオが公開され、ニコニコ動画において動画公開より「所要日数 6日5時間19分」でミリオン再生を突破し、ボーカロイドオリジナル楽曲の「歴代の最速ミリオン達成記録」を大幅に更新する快挙を達成した。 また同年7月31日付けのチャートにて、販売が開始していないにも関わらず8位に初登場した。 なお、ボーカロイドソングとしては史上唯一のトップ10入り楽曲である。 その後もトップ100位以内を上下し、マジカルミライ公式アルバムのリリース、配信シングルとしてのリリースの都度上位へ浮上した。 米津自身がボーカルを務めたセルフカバーバージョン「砂の惑星(+初音ミク)」は2017年11月1日にリリースされたオリジナルアルバム「」に収録され、11月13日付けのBillboard Japan Hot 100チャートへ25位に初登場した。 ミュージックビデオ [ ] 映像外部リンク 「砂の惑星」のミュージックビデオは、2017年7月21日にYouTube、ニコニコ動画にて発表された。 映像は米津がこれまでにも幾回とコラボレーションしてきた南方研究所が制作した全編アニメーションである。 荒廃した砂漠を歩く初音ミクと、仮面をつけた18人の謎の人物が歩く様が描かれている。 このビデオには、視聴者から様々な考察が立てられた。 仮面の人物の数と、米津が本作以前にハチ名義で投稿したオリジナル楽曲のミュージックビデオの数が符合すること、途中で集団から離別した2人はセルフカバーした楽曲ではないか 、などがあるが、それに関する制作者側からの詳細なコメントは控えられている。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 米津は「ドーナツホール」「沙上の夢喰い少女」を本人名義でセルフカバーしている 出典 [ ] []• 音楽ナタリー natasha. 2017年8月10日. 2019年7月7日閲覧。 音楽ナタリー. Natasha Inc. 2017年7月21日. 2019年8月3日閲覧。 Real Sound realsound. 2017年10月30日. 2019年7月7日閲覧。 Billboard JAPAN Billboard. 2019年7月31日. 2019年7月7日閲覧。 Billboard JAPAN Billboard. 2019年7月31日. 2019年7月7日閲覧。 Billboard JAPAN Billboard. 2019年11月13日. 2019年7月7日閲覧。

次の

ボカロ有名曲の歌詞がたくさん登場!「砂の惑星」の歌詞の意味!

砂 の 惑星 歌詞

背景 [ ] 米津はメジャーデビュー以前の頃より ハチ名義でを用いた楽曲を制作し、を中心に活動してきた。 メジャーデビュー後は「」を最後にハチとしての活動は沈黙しており、「砂の惑星」はハチとして約4年ぶりのリリースとなった。 米津は初音ミク10周年のアニバーサリーイヤーに開催される「マジカルミライ 2017」のテーマソング楽曲制作のオファーを受け、受注するか否かを考えている最中にニコニコ動画に投稿された音楽動画を視聴し、自身が楽曲投稿していた時代とは明らかに違う気色(楽曲を発表する人間、視聴する人間の減少など)を覚え、サイト内が当時から現在まで過疎化していく様を「砂漠」と捉え、それを楽曲として具現化するイメージを発想したと語っている。 楽曲名はによるから取られた。 楽曲構成 [ ] 「砂の惑星」は95BPMのテンポで終始構成されている。 これは米津がハチとして旺盛に楽曲を制作していた時代の平均的なBPMと比較するとローテンポで、かつてと違う手法を意識した故の構成である。 同じ切り口から、の界隈ではあまり見かけられない以降ののニュアンスが取り入れられ、早口に韻を踏むボーカルが特徴的である。 歌詞では、ニコニコ動画界隈でのユーザー減少などの変遷を「砂漠、砂の惑星」と捉えたイメージが終始書かれ、また、次世代のクリエイターへバトンを渡す意味合いの込められたようなメッセージ的なフレーズも取り入れられている。 途中には過去にボーカロイドを用いてリリースされた複数の楽曲をオマージュしたフレーズが登場する。 評価 [ ] チャート成績 [ ] 「砂の惑星」はより、それぞれにミュージックビデオが公開され、ニコニコ動画において動画公開より「所要日数 6日5時間19分」でミリオン再生を突破し、ボーカロイドオリジナル楽曲の「歴代の最速ミリオン達成記録」を大幅に更新する快挙を達成した。 また同年7月31日付けのチャートにて、販売が開始していないにも関わらず8位に初登場した。 なお、ボーカロイドソングとしては史上唯一のトップ10入り楽曲である。 その後もトップ100位以内を上下し、マジカルミライ公式アルバムのリリース、配信シングルとしてのリリースの都度上位へ浮上した。 米津自身がボーカルを務めたセルフカバーバージョン「砂の惑星(+初音ミク)」は2017年11月1日にリリースされたオリジナルアルバム「」に収録され、11月13日付けのBillboard Japan Hot 100チャートへ25位に初登場した。 ミュージックビデオ [ ] 映像外部リンク 「砂の惑星」のミュージックビデオは、2017年7月21日にYouTube、ニコニコ動画にて発表された。 映像は米津がこれまでにも幾回とコラボレーションしてきた南方研究所が制作した全編アニメーションである。 荒廃した砂漠を歩く初音ミクと、仮面をつけた18人の謎の人物が歩く様が描かれている。 このビデオには、視聴者から様々な考察が立てられた。 仮面の人物の数と、米津が本作以前にハチ名義で投稿したオリジナル楽曲のミュージックビデオの数が符合すること、途中で集団から離別した2人はセルフカバーした楽曲ではないか 、などがあるが、それに関する制作者側からの詳細なコメントは控えられている。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 米津は「ドーナツホール」「沙上の夢喰い少女」を本人名義でセルフカバーしている 出典 [ ] []• 音楽ナタリー natasha. 2017年8月10日. 2019年7月7日閲覧。 音楽ナタリー. Natasha Inc. 2017年7月21日. 2019年8月3日閲覧。 Real Sound realsound. 2017年10月30日. 2019年7月7日閲覧。 Billboard JAPAN Billboard. 2019年7月31日. 2019年7月7日閲覧。 Billboard JAPAN Billboard. 2019年7月31日. 2019年7月7日閲覧。 Billboard JAPAN Billboard. 2019年11月13日. 2019年7月7日閲覧。

次の

【ニコニコ動画の今】米津玄師「砂の惑星」が及ぼした影響を振り返る

砂 の 惑星 歌詞

カテゴリ• Back to the history and remember when I was born Back to the history and remember when I was born 何もない砂場飛び交う雷鳴 しょうもない音で掠れた生命 今後千年草も生えない 砂の惑星さ こんな具合でまだ磨り減る運命 どこへも行けなくて墜落衛星 立ち入り禁止の札で満ちた 砂の惑星さ のらりくらり歩き回り たどり着いた祈り 君が今も生きてるなら 応えてくれ僕に イェイ今日の日はサンゴーズダウン つまり元どおりまでバイバイバイ 思いついたら歩いていけ 心残り残さないように イェイ空を切るサンダーストーム 鳴動響かせてはバイバイバイ もう少しだけ友達でいようぜ今回は そういや今日は僕らのハッピーバースデイ 思い思いの飾り付けしようぜ 甘ったるいだけのケーキ囲んで 歌を歌おうぜ 有象無象の墓の前で敬礼 そうメルトショックにて生まれた生命 この井戸が枯れる前に早く ここを出て行こうぜ ねえねえねえあなたと私でランデブー? すでに廃れた砂漠で何思う 今だパッパパッと飛び出せマイヒーロー どうか迷える我らを救いたまえ ぶっ飛んで行こうぜもっと エイエイオーでよーいどんと あのダンスホール モザイクの奥 太古代のオーパーツ 光線銃でバンババンバン 少年少女謳う希望論 驚天動地そんで古今未曾有の思い出は電子音 戸惑い憂い怒り狂い たどり着いた祈り 君の心死なずいるなら 応答せよ早急に イェイきっとまだボーイズドントクライ つまり仲直りまでバイバイバイ 思い出したら教えてくれ あの混沌の夢みたいな歌 イェイ宙を舞うレイザービーム 遠方指し示せばバイバイバイ 天空の城まで僕らを導いてくれ 歌って踊ろうハッピーバースデイ 砂漠に林檎の木を植えよう でんぐり返りそんじゃバイバイ あとは誰かが勝手にどうぞ 歌って踊ろうハッピーバースデイ 砂漠に林檎の木を植えよう でんぐり返りそんじゃバイバイ あとは誰かが勝手にどうぞ Back to the history and remember when I was born Back to the history and remember when I was born イェイ今日の日はサンゴーズダウン つまり元どおりまでバイバイバイ 思いついたら歩いていけ 心残り残さないように イェイ空を切るサンダーストーム 鳴動響かせてはバイバイバイ もう少しだけ友達でいようぜ今回は 風が吹き曝しなお進む砂の惑星さ みなさんこんにちは、 今回は、ハチさんの作品『砂の惑星』です!! 『砂の惑星』に関してニコニコでもSNSでもいろんな議論がとびかっていますよね? この曲は今までのハチさんの集大成とも言える曲ですが、これまた解釈が難しい、、 私、砂糖塩味が動画と歌詞を参考に 自己解釈的考察を解説してみようかと思います! 目次• ハチさんの言葉 みなさんは「」という音楽全般を扱う情報サイトをご存知でしょうか? そこにはもちろんボーカロイドに関する記事も多くあり、 wowakaさん、40m、ピノキオーPなどなど 多くのボカロPが対談という形で記事に載っているんですね。 今回はなんと、ハチさんが『砂の惑星』を完成させたばかりの頃に収録された ryoさんとの対談があがっています。 (記事登校日は作品投稿の数週間後) ご覧ください。 記事内容を要約すると、 「ニコニコ動画=砂漠」 ハチさんは、 「俺はもう知らない。 未来につないでください。 この曲が起爆剤になって、砂漠を潤す新しいボカロPの登場を願う」 こう言っています。 しかし、勘違いしないでください。 決してボカロ界から離れると言っている訳ではないのです。 現に「故郷」と称しているように、ハチさんにとってニコニコは「帰る場所」として存在し続けています。 あくまで、 今のボカロ界を救うのは僕じゃない。 そう訴えたいのです。 なぜ砂漠?? ハチさんは今のニコニコを砂漠と比喩しました。 それはなぜか? 砂漠のイメージとは 何も無い、広い、あたり一色、 と言ったとこでしょう。 これをニコニコに当てはめると、• ヒットする曲が少ない。 投稿数が少ない。 視聴する人の減少。 多くの曲が埋もれるだけ• 似通った曲が多い。 こうした、現状をみて「砂漠」と形容したのでしょう、、、 ミクと18人の面相とケーキの関係 これは、ハチさんが今まで手がけてきた楽曲(18作品)とハチさん自身(1人) ということでしょう。 18人それぞれがギターケースなどを抱えていることからも明白ですね。 最後に映し出せれる、ケーキのろうそくとイチゴの個数を数えてみてください。 18個 ですね。 これ、実はとても意味深な表現 だと思っています。 『砂の惑星』の最後に、ハチさんは霧の向こうに、つまり砂漠の外へ向かって去っていきます。 18個のろうそくとイチゴ=ハチさんの18作品 置き換えれます。 しかし、そこにハチさん自身の数は含まれていません、、、、 つまりこれは、 <自分はいなくなるが、ここに自分の18作品は残り続ける> そんなメッセージなのではないでしょうか?? 次に、ケーキを「有象無象の墓」と称しています 加えて、ミクさんがろうそくの火を消すという「誕生日を模した行為」をしています このことから <自分の作品を含め、過去のボカロ曲は一旦墓に埋葬し、新しい時代を築くべき> こんなメッセージとも、読み取れます。 と言っています。 2017はミク生誕10周年の年です ここではミクさんの「私の誕生を思い出して!!」という叫びに聞こえます この声調はこの後と相当ずれるているので、ハチさんのメッセージではなくミクさんからのメッセージの意味合いが強いのでしょう。 結局のところ、この曲では、ハチさんの言いたいことを ひたすら繰り返しているだけなんですね。 それが、 ・今のニコニコ界を振興させるべき ・自分はここ(ニコニコ)を去る この2点です 自分は去ってしまうが故郷であるニコニコを暖め続けて欲しい そんなハチさんの願いの曲なのでしょう ハチさんのツイート ハチさんがTwitterで呟いた 「 みんなどんどん歌ってくれよな」 本来ボーカロイドに歌わせるはずのカテゴリーじゃないの? と疑問に思う声もありました。 特に最近は、ボカロカテゴリーが歌い手に歌わせるための曲ばかりに なっているなんて声もよく聞きます 私もそんな、 歌ってもらわれなくては人気になれないボカロ界に寂しさを覚えていました しかし、ハチさんはそんな今のボカロ曲のあり方を 肯定したんだと思います 肯定し、これが今のボカロ界が復興する道だと考えたのでしょう。 終わりに ニコニコ動画自体を題材にした曲なんか初めて聞きました そこら辺のボカロPが作曲してもすぐ埋もれてしまうんでしょうが、 ハチさんがやるからこそ、この影響力ですよ まぁ「すぐ埋もれてしまう」という状況こそ「砂の惑星」と言われてしまう所以なんでしょうけど、、、 といことで、砂の惑星はなんとも 皮肉チックな曲という訳でした。。。 最後までありがとうございました!.

次の