進撃の巨人 130話。 最新ネタバレ『進撃の巨人』130

最新ネタバレ『進撃の巨人』129

進撃の巨人 130話

マーレ海岸都市へ移動 飛行艇の整備にかかる時間 前回、奪った銃でダズとサムエルを撃ったコニーは、真っ青な顔でアルミンを見ています。 撃たれたダズは海に沈んでいき、サムエルは眉間に撃たれた痕があるので、二人とも死んだと思われます。 飛行艇を飛ばすのに十分な整備があっても、飛ばすためには半日はかかると言われ、マガトは数時間しかもたない巨人の力でこの港を制圧し続けるのは無理だと懸念します。 しかし、ハンジはそれとは別、半日もあれば「地鳴らし」の巨人が上陸した海岸からおよそ600kmは被害に、すべての大陸を踏み潰すまでには4日掛かるだろう、と予想します。 ここで、キヨミから南のマーレ海岸都市オディハという所にアズマビトが所有する格納庫があり、そこで飛行艇の整備を完了する手があると、提案があります。 ここで飛行艇を飛ばすことは出来ない、とマガトは決断し、ヒィズルの技術者に15分で船を出港できるようにするように指示し、ハンジはミカサに知らせに動きます。 大陸で整備をすると聞いたアニは、そんなことでエレンに勝てるの?レベリオの父の元までたどり着けるの?と不安になります。 ハンジ達や鎧の巨人、女型の巨人が無事に船までたどり着けるように、イェーガー派の攻撃からキヨミ達を守ります。 フロックはハンジ達が船で逃げて、大陸で飛行艇を整備するつもりだと気付き、ありったけの雷槍を持ってくるように言い、何としても船を破壊するようにイェーガー派の兵士に命令します。 それを見ていたファルコは自分も顎の巨人の力を使って戦わないと、と言いますが、ピークから初めての巨人化は上手くいかないと止められます。 しかし、ファルコはガリアードならこんなところでウダウダ悩むことも無かったのに!と叫んでライナー達の方に行ってしまいます。 その時、列車が突然爆発し、増援の車両が横転し、結果的に増援を食い止める形になります。 さらにとどめを刺そうとするイェーガー派の兵士ですが、アニとライナーは体が動かず、何も見えない状態です。 そこに、コニーが現れてブレードを振り回しイェーガー派の兵士を攻撃して、アニとライナーを守ります。 さらに車力の巨人も参戦し、イェーガー派を船に近寄らせません。 フロック達、イェーガー派も車力の巨人には雷槍を、ハンジ達には対人戦装備で一斉攻撃を行い、なんとしても船を破壊しようとします。 ファルコの顎の巨人は、動けない女型の巨人と鎧の巨人の前に現れて、イェーガー派の兵士を次々と倒していきます。 海に落とされるフロックを見て焦るイェーガー派ですが、そこにミカサが襲いかかります。 車力の巨人が出てくるように呼びかけますが、ファルコの暴走は止まりません。 顎の巨人を噛まれながらも拘束し、その間にマガトがブレードでうなじを削いで、ファルコを取り出すことに成功します。 しかし、マガトだけはしんがりを務めると言い、船には乗らず港に残ります。 港に残ったマガトに気付いたイェーガー派の兵士が攻撃しようとしますが、キースがイェーガー派の兵士が攻撃してマガトへの攻撃を阻止します。 キースは死に時を探していたと言い、シガンシナの砦から教え子たちがアニを連れて行くの見て、目的を察し教え子たちの成長に胸が震えたと言います。 そして、あの子達がただ普通に生きる事が出来たら俺は…、どんなに嬉しかったか、と戦士達が普通に生きて欲しかったことに気付いたとマガトは言います。 それを聞いたキースは、マガトを誇りに思うと言い銃を渡します。 マガトはお礼を言った後、お互い名前を名乗った直後、マガトが銃の引き金を引きます。 が、船を出港させる為に女型の巨人、鎧の巨人、ミカサ達が全員で死守しますが、一進一退の状況でした。 そこにファルコが顎の巨人になってイェーガー派の兵士をどんどん倒していくのですが、その後暴走してしまいます。 ピークが初めての巨人化は上手くいかない、と言っているので、初めて巨人化する時は皆、暴走してしまうみたいですね。 また、キースとマガトが最後に自爆しながらも、巡洋艦を爆発させて船を負わせないようにしています。 キースは教え子たちを、マガトはマーレの戦士達を、それぞれ助ける為ですが、お互いに思いが共通する部分があったようで最後は2人で名乗り合っていますね。 しかし、最終回が近いのでしょうが登場人物がどんどん死んでいっていて、次はどの人物が死ぬのかと心配になります。 次回、とうとうエレンの進撃の巨人と、壁の巨人が「地鳴らし」を開始します。 ゆくゆくはエレンが守りたかった人たちは全員死んでしまって、 いったい自分は何のために地鳴らしまでやったんだと、 エレンは後悔するのだと思います。 そして、手元には例の謎の赤ん坊だけが残り、「お前は自由だ」という、 あの最後のコマにつながるのではないでしょうか。 あと、今回思ったのは、アニは今後、別行動をとるのではないかという ことです。 飛行艇の準備が整うのを待ちきれず、父親に会いに行くのでは ないでしょうか。 そしてそれが彼女の死につながるという展開になりそう。 また、ファルコが鳥型巨人なのは、結局、エレンのところに向かう手段は 飛行艇ではなく、空飛ぶ巨人に進化したファルコになるからだと思います。

次の

進撃の巨人ネタバレ最新130話確定【ファルコの能力が判明?】

進撃の巨人 130話

個人的な感想を交えた考察や予想です。 今さらなものやよその考察とかぶったりとかそりゃねーわなのもあるでしょうが、あたたかく見守ってください。 考えるだけなら自由だろ? 2020年7月の130話時点の内容です。 ネタバレ配慮してないんでご注意を。 エレン巨人がマーレに上陸したのは地ならし発動3日目の明け方のようですね。 ハンジさん達が港に到着した段階で『壁巨人くんもうマーレに上陸しとる』ゆーてたし。 どうやって海渡んのと思ってたら まさかのバタ足。 いや、この辺は描かれないのかと思っとったわ…… ???「読者の期待に応えました」 つうことは、壁巨人くんの移動速度とかはハンジさんの計算通り。 外さないね団長…… 飛行艇が出来るのは恐らく次の日(4日目)になりそうなので、リヴァイ兵長が本気出すのは明日からかな。 つまりエレンの元にたどり着くのは世界滅亡まで残り3日のタイミング? 1日目 地鳴らし発動 2日目 壁巨人くん最後尾がシガンシナ出てく 3日目 壁巨人くんマーレふみふみ開始。 ヤベーなこれは…… さて、それでは今回はこんな感じでお送りします。 進撃の巨人130話[ 諫山創 ]このファルコ、どっから見たん??? どう見ても、23巻の初登場のトコですが(スラバ要塞)、エレンがファルコと会ったのはレベリオのはず……(その前は遠目から見かけただけ) しかもモロ真上から見てんじゃん! 目線の先にエレンがいたらファルコも気づくでしょ! それこそ 『ドローンで空撮してそのズーム映像をモニターで見た』とかじゃないとこの視点は無理だぞ! じゃーこれ、エレンの記憶じゃないってこと? いやでもこのファルコを見たのはコルト兄ちゃんくらいでしょ……なんでコルト兄ちゃんの記憶がここにぶっこまれんねん。 第一、他の面子はエレン視点に見えるし、ここだけエレンの記憶じゃないってのはヘンだよ。 どういうことなの…… ありえるとしたら、 記憶ツアーで傍らに立って上からガン見したとかでもないと無理だよこれ。 記憶ツアーなら向こうからは見えてないし。 いや、でも誰の記憶ツアーだよ……ファルコ本人しかおらんやん…… つまりこのファルコは未来の記憶からのご出演? でもエレンの元にたどり着くのは最終回間際でしょ。 (現在残り4%) そのタイミングでこの2人が接触する可能性あるの? あったとしてどういう意図で? それとも、今、『ファルコ、はじめてのきょじんか』直後で意識ないから、次回以降、• ファルコが過去のことを夢に見る(スラバ要塞戦)• その時と同じように鳥に向かって手ぇ伸ばす• コルト兄ちゃんが来てくれたと思ったら まさかのイェーガーさんガン見 なんてホラーな展開でも来んの???(夢を見ているファルコの意識が『道』でエレンと繋がる的な) んん? もし 『『道』を通じてエレンがファルコに会いに来た』ってなると、用件は『エレンの向かう先についての伝言』くらいしかないはずだけど、それだと イェレナちゃんがいらない子になっちゃう…… つまりマガトさんの読みははずれてて、イェレナに『エレンの行き先の心当たり』はマジでゼロ。 たしかに今回の回想では、ルートについて話してるようには見えないもんなぁ…… となると、イェレナ生存は別の理由? 別れの時!?~失われし眼鏡の怪~ ファルコもだけど、もうひとつ気になったのがハンジさん。 進撃の巨人130話[ 諫山創 ]これ、いつの記憶? 眼帯してるからここ4年間のどこかなのは間違いないんですが、本体の眼鏡がない。 地下牢で会った時はコート姿だからその時じゃない。 レベリオの時も黒戦闘服でマントはつけてない。 (兵長とミカサはレベリオ戦の時の記憶なのに) マント羽織る状況はだいたい遠征の時とかのはずですが、んー。 これ、シャツの上にジャケット着てる……かなぁ? 着てない? いや、着てるか……? いや、そもそもですよ。 『眼鏡なし』ってのが一番ヘン。 ここにきて『さくしゃ・はじめてのかきわすれ。 の巻』なんて大ボケかますとは思えないし……こんな重要そうなコマ、校正の時気づくでしょ普通。 それに表情ですね。 これはただ事じゃないお顔。 このハンジさん、マント羽織ってて眼鏡なしでなおかつこんな必死の表情するようなことがこの4年間のどこにあったって言うの? 誰かに向かって話しかけてるようだけど、相手がエレンなら正面向いてるよな…… ハンジさんが眼鏡かけてなかったのは、シガンシナ戦で割れて紛失した時くらい。 でもあの時は失明直後で眼帯やのーて包帯巻いてるよ?(眼鏡を紛失しつつも104期の作戦を見抜き、ライナーの顎を雷槍でぶち抜いたミラクル分隊長……) ん? じゃーこれ、『今の』ハンジさんじゃねーの? なにが言いたいのかってーと、131話以降にあるであろう エレンの元に駆け付けたハンジさんの可能性はない?(未来の記憶) 『すべてはこの先にある』ってことは、最終目標は『仲間達が駆けつけたさらにその先』って意味だろうし。 130話現在から『この先(最終回間際)』までの間の記憶が含まれててもおかしくはないはず…… じゃーこのコマは、エレンが『リアタイで体験した記憶』じゃなくて、過去に『『未来の記憶』として見たもの大集合』のコマってことじゃないの? 進撃の巨人 (21)[ 諫山創 ] ここにいるピークちゃんもジークも、『リアタイの記憶』ではなく事前に見た『未来の記憶』ってこと? じゃあ半分以上は攻略済み。 で、ファルコとハンジさんはこれから攻略する記憶。 ということはこの先、 川に飛び込んでもハンジさんにしがみついて生き抜いてきた歴戦の眼鏡がついにリタイアするという衝撃展開が!? 眼鏡「へヘッ……どうやらオレはここまでのようだ……」 ハンジ「そんな! 川の濁流に飲まれても一緒に生き延びてきたじゃないか!」 眼鏡「苦労も多かったが楽しかったぜ……がんばれよ、ハンジ……! グハァッ! 」パリーン! ハンジ「眼鏡ーーーーーーー!」 リヴァイ「眼鏡とコントすんな」 どうすんだハンジさん! 眼鏡なしだと ジャンとライナーの見分けがつかないレベルの視力のはずだぞ!(ANSWERS情報) エレンだと思って必死に話しかけてる相手が髭面お兄ちゃんだったら笑うに笑えないよ!(困惑するお髭お兄ちゃんとどうツッコミを入れようか迷うリヴァイ) つまりこのコマは、ついに追いついたエレンと正面切って向かい合ってるつもりが 眼鏡がなくて微妙にズレた方角に必死に話しかけてるおちゃめ団長! 知らんけど。 眼鏡、大事! エレン「ハンジさん、オレこっちです……」 あー、でも、このハンジさんジャケット着てそうだなぁ…… 進撃の巨人130話[ 諫山創 ]ジャンはコート着てたけど、マガトさんに持ってかれたようだし、他の104期とハンジさんはマントの下は白シャツと黒ズボンのまんまだし。 (レストランで捕まった後、シャーディス教官ボコられた時は白ズボンとブーツ、兵長とこに向かう時は黒ズボンと普通の靴になってたから、どっかのタイミングで着替えたんだろうけど……) ジャケット持ってきてたんならすでに着てるだろうし……じゃあ『未来の記憶』とは違うのか……? 現在、ジャケット持ってそうなのリヴァイだけのはず。 もしこのコマが『未来のハンジさん』だとすると、 リヴァイのジャケットを着てることになる? ジャケットのサイズもリヴァイのコンパクトボディがここでも生きるのか? ハンジ「むしろ私には小さくない?」 リヴァイ「うるせぇな」 しかし129話のドタバタの間に、ジャケット含めて荷物持ってこれたのかね?(まあ、調査兵のジャケットとは限らんわけですが……) ピークちゃん、人しか乗せてなさそうに見えたけど、知らんところでデカい風呂敷包みもちゃっかり運び込んでたのかね? ガビがちゃんと銃持ってたし。 (立体機動のガスとかブレード大丈夫? 雷槍は?) それでは前編はこの辺で。 おもろかったらイイネボタン押してくれると喜びます。

次の

進撃の巨人ネタバレ最新130話確定【ファルコの能力が判明?】

進撃の巨人 130話

—-ここから本文—- どうも!ナガトです。 久しぶりの進撃最新話はどうなったのか? 前回128話「裏切り者」では、エレンを止めるためマガトたちと協力したハンジたちが港に攻めました。 アニとライナーは巨人化し雷槍を持つ兵士たちと戦います。 ハンジたちの目下の目的は何か? それは アズマビトの整備士を助け出し、飛行艇を動かせる状態にすることでした。 後半は ダズとサムエルが再登場したことが印象的でした! アルミンが銃で顔面を撃たれるというまさかの事態、ラストはコニーがダズとサムエルを殺すという展開。 かつての仲間を殺して終了しました。。。 コニーがダズとサムエルを殺したことによって、飛行艇はなんとか無事です。 一方、ハンジ、マガト、ジャン、キヨミ様、アズマビトの技師たちは話し合いをしています。 「…ですから通常は飛行艇を飛ばすための整備工程に一日を要します…」 「十分な設備さえあれば…半日で飛ばせてみすますが」 と怯えながら話しているのはアズマビトの技師の一人。 場が凍り付きます。 ハンジの予想によると、半日もあればマーレは大陸海岸から600kmは地鳴らしの被害を受けるだろうとのこと。 また、すべての大陸を踏みつぶすまでには4日掛かるとのこと。 状況は絶望的ですが、そこでキヨミ様が提案します。 キヨミ: 「ここより南のマーレ海岸都市オディハにアズマビトが所有する格納庫があります」 「そこでも飛行艇の整備は可能です」 オディハが地鳴らしで潰される可能性もあるが、どちらにしてもここに留まっていれば飛行艇には乗れないということで、オディハを目指すことになりました。 建物に隠れていたアズマビト技師たちは一斉に船に向かって動き出しますが、それに気づいたフロックは彼らを殺せと命令。 雷槍を持った兵士たちがアズマビト目掛けて攻撃。 しかし鎧の巨人、女型の巨人が庇います。 ジャンから出港の報を聞いた車力の巨人はイェーガー派の兵士たちに見つからないよう船に向かいます。 車力の巨人に乗っているのはファルコ、ガビ、リヴァイ兵長、オニャンコポン、イェレナの5人。 ライナーとアニが戦っているのを見たファルコは自分も巨人になり戦おうと考えます、、、ピークは止めますがファルコはそれを無視して車力の巨人から降り独断行動を始めました。 リヴァイたちを乗せた車力の巨人はなんとか兵士たちに見つからずに船まで辿り着くことができたようです。 その後、ファルコが巨人化したことでイェーガー派の連携は崩れ、その隙にジャンたちは一気に攻めていきます。 雷槍で船に穴を空け出港できないようにするつもりです。 フロック: 「エルディアを救うのは!!俺だ!!」 ドン 雷槍を持っていたフロックの右腕が爆発、船からガビが銃で撃ったのでした。 フロックはそのまま海に落水します。 オニャンコポン: 「出港できるぞ!!早く乗れ」 そんなこんなしていると船の出港の準備が整いました。 敵もおおかた片付けたところでしたが、ファルコ巨人が暴れています。 初めての巨人化で理性を失っているのか、車力の巨人の首筋に噛みつくファルコ巨人。 ただ車力の巨人がファルコ巨人を押さえている間にマガトがファルコをうなじから取り出します、、、ファルコもピークも無事でした。 がしかし、マガト元帥は船には乗っていませんでした。 追手が来ることを想定していたマガトは港に残っていた巡洋艦を破壊するために港に残ると言い出したのです。 マガトを狙うイェーガー派の兵士を殺すキース。 イェーガー派に反対するキースはマガトの計画に協力、二人は巡洋艦に入り込み爆破することを決意します。 しかしハンジたちの船を追うべく敵兵は二人が入っている船に乗り込みます。 キース: 「突入してきた」 マガト: 「構わん」「俺は弾薬庫に火をつけるまでだ」「海に飛び込むなら今だぞ」 キース: 「いや…いい」「死に時を探していたところだ」.

次の