こんな 事 も あろ うかと。 ずっと働き続けるのに疑問を感じてしまいました。今僕はこんな事...

C−BOARD

こんな 事 も あろ うかと

第一回 本郷西片町の何番地とやらむ。 同じやうなる生垣建続きたる中に、別ても眼立つ一搆え。 深井澄と掲げたる表札の文字こそ、さして世に公ならね。 庭の木石、書斎の好み、借家でない事は、一眼で分る、立派なお住居。 旦那様は、稚きより、御養子の、お里方は疾くに没落。 なにかにつけて、奥様の親御には、一方ならぬ、御恩受けさせたまひしとて。 お家では一目も二目も置きたまへど。 敷居一ツ外では、裸体にしても、百円がものはある学士様。 さる御役所へお勤めも、それはほんのお気晴らしとやら。 否と仰せられても、這入つてくる、公債の利子、株券の配当。 先代よりお譲受けの、それだけにても、このせち辛き世を、寝て暮さるるといふ、結搆な御身分、あるにしてからが、頓と邪魔にならぬものながら、何とあそばす事であろと。 隣家の財宝羨むものの、余計な苦労も、なるほどと合点のゆく、奥様の御贅沢。 そんな事は、さらさらこのお邸のお障りとはなるまじきも。 先づ盆正月のお晴れ衣裳。 それはいふも愚かな事や。 ちよつとしたお外出にも、同じもの、二度と召されたる例はなし。 そんなのを、どこやらで、見たといふものあるにも。 お肝の虫きりりと騒ぎて、 截立 ( きりたて )のお衣裳を、お 倉庫 ( くら )の隅へ、押遣らるるといふお心意気。 流行の先を制せむとては、新柳二橋と、三井呉服店へ、特派通信員を、お差立てにも、なりかねまじき、惨怛の御工夫。 代はり目毎のお 演劇 ( しばい )行きも、舞台よりは、見物の衣裳に、お眼を注がせらるる為とやら。 そんな事、こんな事に、日を暮らしたまふには似ぬ、お 顔色 ( いろ )の黒さ。 お鼻はあるか、ないがしろに、したまふ旦那に対しては、お隆いといふ事も出来れど。 大丸髷の甲斐もなき、お 髪 ( ぐし )の癖のあれだけでも、直して進ぜましたやと。 いつもお外出のそのつどつど、 四辺 ( あたり )も輝くお衣裳の立派さを、誉むるにつけての譏り草。 根生ひ葉生ひて、むつかしや。 朝は年中旦那様、御出勤のその後にて、きよろりとお眼醒めあそばせど。 宵は師走霜月の、いかに日短なこの頃とても。 点燈頃まで、旦那様、お 帰宅 ( かへり )なからふものならば、三方四方へお 使者 ( つかひ )の、立つても居ても居られぬは、傍で見る眼の 侍女 ( こしもと )まで。 うつかりお傍へ寄付かば、どんなお叱り受けるも知れぬに。 御寵愛の玉なんにも知らず。 のそのそお膝へ這い上り、とつて投げられしといふ事まで、誰がいひ触れての噂ばなし。 御近所には、誰知らぬものもないこの沙汰に、この身の事も入れられやう。 はあ悲しやとばかりにて、お台所の片隅に、裁縫の手を止め、恍惚と考へ込むは、お園といふ 標致 ( きりよう )よし。 年齢は廿歳を二ツ三ツ、超した、超さぬが、出入衆の、気を揉む種子といふほどありて。 人好きのする好い女子。 顰める顔のこれ程ならば、笑ふて家をも傾くるは、何でもない事、お園さん。 ちつとしつかりしないかと、水口より、のつしり、のしり、這入つて来るは、吉蔵といふお抱え車夫。 酒と女と博奕との、三ツを入れて、三十には、まだも間のある身体。 七八置いてもくにせぬといふを、自慢の男なり。 無遠慮に、傍近く、 安坐 ( あぐら )かくを、お園は眼立たぬやうに避けて『おや吉蔵さん、お前さんもう、気分は好いの』『気分が好くてお気の毒。 のそのそ出掛けて来た訳なれど。 今に旦那がお 退庁 ( ひけ )になりやあ、部屋へ下つて、小さうなり、決してお邪魔はしないから、さあ安心をしてるが好い。 今日は奥様も、せつかくのお 外出 ( でまし )なりや、随分共に、お留守事。 大事がつたりがられたり、旦那へ忠義頼んだぜ。 えお園さん、お園の方』と、妙に顔を眺められ。 お園は少し 憤然 ( むつ )として『お前までが、そんな事。 たいがい知れてゐる事に、朋輩甲斐のない人や。 この中からの、奥様の御不機嫌。 微塵覚えのない事に、あんなお詞戴いても、奥様なりやこそ 沈黙 ( だま )つてをれ。 よしんば古参の、お前でも、朋輩衆に嬲られて、泣く程までの涙はない。 退屈ざましの慰みなら、外を尋ねて下さんせ』と。 つんと背くるその顔を、吉蔵ば見て 冷笑 ( あざ )ひ『これはこれは厳しいお詞恐れ入る。 さすがは旦那の乳兄妹、お部屋様の御威光は、格別なものと見えまする。 その格別のお前の口から、朋輩といふて貰へば、それで千倍。 この吉蔵、腹は立たぬ礼いはふ。 礼のついでに、も一ツ、いはふが。 まことお前が朋輩なら、なぜいつか中、奥様が、吉蔵をといつた時、お前は、かぶりを振つたんだよ。 それから聞かして貰ひたい』『ほほ改めて、何ぞいの。 そんな事も、あつたか知らぬが。 私の身上も知つての筈。 もう嫁入りは懲りたゆゑ、一生どこへも行かぬつもり。 お前に限つた事ではない』『そこでお妾と、河岸を替へたであるまいか』『おほかたさうでござんせう。 さういふ腹でいはれる事に、いひ訳をする私じやない。 窘 ( いぢ )めて腹が癒る事なら、なんぼなりとも、窘めなさんせ。 どふせ濡衣着た身体。 乾さうと思へば、気も揉める。 湯なと水なと掛けたがよい』と。 思ひの外の手強さに、吉蔵たちまち気を替えて『ハハハ、さう怒られては、 談話 ( はなし )が出来ぬ。 今のは、ほんの 戯談 ( じやうだん )さ。 邸に居てさへ眼に立つ標致を、 人力車夫 ( くるまひき )の嬶あになんて、誰が勿体ない、思ふもんかといつたらば、また御機嫌に障るか知らぬ。 それはそれとしたところで。 お前の 旧 ( もと )の亭主といふ、助三さんといふ人にも。 この春以来、さる所で、ちよくちよく顔を合はす己れ。 未練たらたら聞いても居る。 まさかに、そんな、寝醒めの悪い事は出来ぬ。 あれは、ほんの、奥様の、一了簡でいつたといふ、証拠はこれまで、いくらもあらあな。 六十になる、八百屋の、よたよた 爺 ( おやじ )から、廿歳にしきやならない、髪結の息子まで、およそ出入りと名の付く者で、独身者とある限りは。 奥様の 悋気 ( りんき )から出る、世話焼きの、網に罹つて、誰一人。 先方 ( さき )じや知らない縁談を、お前の方へ、どしどしと、持込まれない者はないので、知れてもゐやう。 己れもやはりその数に、漏れなかつたは、有難迷惑。 とんだ道具に遣はれて、気耻しいとこそ思へ、それを根に持つ、男じやない。 その証拠には、お園さん、今日はお前の力にならふ、すつかり、苦労を打明けな。 隠すたあ、怨みだぜ』と、手の裏返す口上に、気は許さねど、張詰めし、胸には、 胼 ( ひび )の入り易く。 じつとうつむく思案顔。 沈黙つてゐるは、しめたものと、吉蔵膝を 前 ( すす )ませて『そりやあ、己れも知つてるよ。 いくら奥様が、どんな真似して騒がうとも。 真実お前が旦那を寝取る。 そんな女子でない事は、それは、己れが知つてゐる。 だが 此邸 ( ここ )の奥様の嫉妬ときては、それはそれは、烈しい例もあるんだから、今日は、よほど大事な場合。 またここで 失策 ( しくじ )つては、どんな騒ぎが、出やうも知れぬ。 その代はりにはまたこの瀬戸を、 甘 ( うま )く平らに超えさへすれば、この間からの波風も、ちつと静かにならふといふもの。 悪い事はいはないから、今日はよほど気を注けな』と。 善か悪か、底意は知らず。 ともかく同情ありげなる、詞にお園も釣出され『それはさうでござんする』『が詮方がないから、沈黙つてゐるといふんかい。 それでは己れが、註を入れて見やうか』と。 いよいよ前へ乗出して『一体全体奥様の、今日の外出が、奇体じやないか。 いつもは旦那と御一所か、さなくば朝を早く出て、退庁前には帰るのが、尻に敷くには似合はない、お定まりの寸法だに。 今日に限つて、出時も昼后、供は 一婢 ( ひとり )を、 二婢 ( ふたり )にして、この間の今日の日に、お前ばかしを残すのは、よほど凄い思わくが、なくては、出来ぬ仕事じやないか。 これは、てつきり、お前と旦那を、さし向ひにしたところへ、ぬつと帰つて、ものいひを付けるつもりと睨んだから、ここは一番男になつてと。 頼まれもせぬ、心中立て。 無理さへすりやあ、行かれる身体を。 まだ 歩行 ( ある )かれぬと断つて、今日一日を、当病の、数に入れたは、誰の為。 みすみす災難着せられる、お前の為を思へばこそ。 しかし大きに、大世話か知らぬ。 さういふ事なら、頼んでまでも、証拠に立たせて、くれとはいはぬ。 お前の心任せさ』と。 妙にもたせ掛けられては、お園もさすが沈黙つて居られず。 気味悪けれど、当座の凌ぎ、頼んでみむと、心を定め『さういふ事でござんしたか。 さうとは知らず、ついうつかり 前刻 ( さつき )のやうなこと言ふたは、みんな私が悪かつた。 堪忍して下せんせ。 知つての通りの私の身体、身寄りといふては、外になし。 やうやくこの邸の旦那様が、乳兄妹といふ御縁にて。 この春母さんが亡くなる時、 頼 ( ねが )ふて置いて下さんした。 そればつかりで、この様に、御厄介になつてをりまするなれば。 さうでなうても術ない訳を、この中からの私が術なさ。 一季半季の奉公なら、お 暇 ( いとま )を願ふ法もあれ。 そんな事から、お邸を出されうものなら、それこそは、草葉の影の母さんに、何といひ訳立つものぞ、死んでも済まぬ、この身体と思案に、あぐんだ、その果ては、つい気が立つて、あんな 言 ( こと )。 憎い女子と怒りもせず、よういふて下さんした。 そんなら吉さん、今日のところは、証拠に立つて、おくれかえ』と。 頼むは、もとより思ふ坪と、吉蔵、ほくほくうなづきて『それはいふだけ野暮の事。 お前がさういふ了簡なら、己れもしつかり腰を据え、一番肩を入れてもみやう。 それには、何の造作もない事、己れが腹にある事なれど。 いよいよさうと極めるには、ちつと掛合ふ事がある』と。 わざわざ立つて、水口の、障子をぴつしやり、しめ来り、極めての小声には『実お前だから、いふんだが。 己れはこれまで、奥様の、 探偵 ( いぬ )といふ訳で、三年以来、別段の、手当を貰ふてゐるのだから、今日とてもその通り。 己れから証拠を、名乗つて出ずとも、直ぐ、どうだつたと、聞かれるに違ひはない。 そこでもつて、ある事にせよ、ないにせよ。 あの奥様の、探つてゐる腹へ、はまるやうにいひさへすれば。 それはよく知らしたと、まあ、どつさり、御褒美に、有付けやうといふもんだ。 それにどうだ。 いや、さういふ容子は少しもござりませぬ。 それは全くあなた様の、思し召し違ひでと、いつた日には、どうだらふ。 安心しさうなものだが、さうはゆかぬ。 直ぐ己れが、抱き込まれたであるまいかと、気が廻るのはお定まり。 どこのだつても 嫉妬家 ( やきもちや )といふものは、たいがいさうしたものだわな。 焚付けて、焼かせる奴を、とかく有難がるものよ。 お前とてもその通り、今に好いた亭主を持ちやあ、やつぱりその組になりさうだ。 あハハハ』と高笑ひ、気軽く笑へど、軽からず、持込む調子は、重々しく『さういふ都合もある訳なれば、これはよほど、余徳がなくては、埋まらない役廻り。 そのところは万々承知だらふか。 えお園さん、お園坊。 礼はどうするつもりだい』と。 味に搦んだ詞のはしばし、いはぬ心を眼にいはす、黄色い声の柄になき、素振りはさうと勘付けど。 たやすく解きて、ともかくも、この場を事なく済まさむと、お園は一向気の注かぬ振り『ほほほほ、お前さんにも似合はない。 野暮に御念がいりまする。 たくわが私の事なれば、碌な事も出来まいなれど。 少しばかりは、奥様に、お預け申したものもあり。 その内どうとも都合して、出来るだけのお礼は』と。 ぬからぬ答に、吉蔵も、こ奴なかなか喰らえぬと。 たちまち地鉄を出して見せ『とぼけちやいけない、お園さん。 己れも男だ、銭金づくで、お前の、おさきにや遣はれない。 注込めといふ事なら、 金銭 ( かね )はおひおひ注ぎ込むが。 先づ今日のところでは、働きだけを持参にして、礼はかうして貰ひたい』と。 無体の所為に、憤然とはせしが。 ここぞ大事と、笑ひで受け、振離す手も軽やかに『ほんにお前も人の悪い。 私の馬鹿をよい慰み。 さんざん人を上げ下げした、挙句の果ての、悪ふざけ。 この上私を、かついでおいて、笑ふつもりと見えました。 もしこれからはお前のいふ事、私や真面目に聞かぬぞえ』『真面目でも、戯談でも、己ればかりは、真剣』と、取る手を、つつと引込めて『それ見た事か、私が勝つた。 もう瞞されはせぬほどに、止しにして下さんせ。 人が見たら笑はふに』と。 わざと空々しく外す、重ね重ねの拍子抜けに。 吉蔵いよいよ急き込みて『これお園さん、どうしたものだ。 ここまで人を乗込ませて、今更笑ふて済まさうとは、太いにも程がある。 その了簡なら、この己れも、逆に出る分の事と、さあ野暮はいはないから、まあ 温和 ( おとな )しくしてるが好い。 随分共にこの后は、力になつてやらふぜ』と。 あはや手込に、なしかねまじき血相に。 お園も今は絶体絶命。 怒らば怒れと突離し、あれと一声逃げ惑ふを。 玄関口まで追詰めて、遣らじと、前に立塞がる。 隙を見付けて、突退くる、女の念力、吉蔵は、たぢたぢたぢと、式台に、尻餅搗いて、づでんどう。 これはと驚くお園を眼掛けて、己れ男を仆したなと、飛びかからむづその刹那。 がらがらがらと挽き込だる、 人力車 ( くるま )は旦那か、南無三と、恠我の振りして 畏 ( かしこま )る。 吉蔵よりもお園が当惑。 ちやうどよいとこ、悪いとこ、奥様ならば、よいものを、旦那様とは、情けなや。 悲しやこれがどうなると。 胸は前后の板狭み。 破 ( わ )れて死んだら助かろにと、ただ束の間の寿命を怨みぬ。 第二回 旦那といふは、三十一二の男盛り。 洋行もせしといふだけありて、しつくりと洋服の似合ふ風采。 身丈高く、肩幅広く、 見栄 ( みば )えある身体に、薄鼠色の、モーニングコート。 逼 ( せま )らず、開かぬ、胸饒かに、雪を欺く、白下衣、同じ色地模様の襟飾り。 どこに一点汚れのないが、つんと隆い鼻の下の、八字の瑠璃と、照り合ひての 美麗 ( うつく )しさ。 これだけにても一廉の殿振りを、眉よ眼と、吟味せむは。 年若 ( わか )き女子に出来まじき事ながら。 お園は、この春以来、幾度かに偸み見て。 女子の我のさまでにはあるまじきが、卑しき身ながら晴れがましく。 憶へば十年のその昔、旦那様まだ角帽召しませし頃。 御養家のお気詰りなればとて、をりふし我が方へ入らせらるるを。 母様の有難がりたまひ。 おすしよ、団子と、坊ちやま 待遇 ( あしらひ )。 我はそのお給仕に立ちて、お土産の人形様戴くが、嬉しかりし外、お耻しとは知らざりし身の、今更ながら浅ましく。 今はさながら御別人の旦那様なれや。 お立派なと思ふにつけ、お優しやと思ふにつけ、これでは奥様のお嫉妬あそばすものもと、この春以来、よそ事の御 縺 ( もつ )れでは、まんざら奥様にお道理つけぬではなかりし身も。 我が事となつては、さう悠長な量見も出ず。 覚えなき身を疑ひたまふ奥様は、 真 ( まこと )に真にお怨めしけれど。 旦那様は、お気の毒とも、勿体なしとも。 たとへば、 潦水 ( にわたずみ )に影やどす、お月様踏んだればとて、こんな心地はせまいものと、歎く我が身の不運さは、これに限りて、あやかりものとも思はれる、妙な心地もそれは昨日までの事。 今は証拠と頼むべき吉蔵を、思ひの外に怒らせたれば、どんな告げ口しやうも知れず。 さらでは、我を試さむとての、奥様のお外出、それといひ、これといひ、心にかかる事のみなるに。 あやにくなる旦那のお 帰宅 ( かへり )。 一時の難は遁れても、遁れ難きはこの難儀。 ああ何となる事やらと。 思案に余る仲の間を、幾度かさし覗き。 おおそれそれお召し替えは揃えてあれど、まだお帰宅はと油断して、お煙草の火は入れてない。 これはどうしたものやらと。 し慣れた御用も、今日こそは、迂濶にお居間へ、伺ひ難き身の遠慮。 苦しい時の神頼み、悪魔でも大事ない。 吉蔵さん吉蔵さんと呼んではみたれど。 お長屋へ引下り、返事もせぬ意地悪さ。 それもその筈、ああもどかしや、早う奥様帰らせたまへ、お客様でも来てほしや。 南無天満宮、天神様も、俄なる信心の、胆に銘する柏手は、ここならぬ、奥の方。 ぱちぱちぱちと、鳴るはお召しか、はあ悲しや、救はせたまへを口の裡。 おづおづと伺へば。 茶を一杯と仰せらるるに、お煙草盆も取添えて、なるたけ手早くさしあげつ、もう御用はと下り際。 ちよつと待てとのお詞に、またもや胸はどきりとして、敷居際に畏りぬ。 澄は悠然として、紫檀の机に 憑 ( よ )りかかり、片手に 紙巻 ( シガー )を吹かしながら『奥はどこか行つたのか』『はい滝の川へと仰しやいまして』『吉蔵は居たやうだの』『はい、ただ今まで起きてをりましたが、やはり気分が、勝れませぬと見えまして、部屋へ下つて居りまする』『さうか、それはてうどよいところ、 汝 ( そなた )に話す事がある』と。 仰面 ( あをのい )て、例の美麗しき髭を撫で上げ、撫で下ろし、幾度か沈吟の末『誠にどうも、気の毒な訳ではあれど、近い内、邸を出てはくれまいか』と。 いひ放ちたる澄の顔には、みるみる憐れみの色動けど。 頭を下げたるお園には、声なき声の聞き取れず。 はつと思ふか、思はぬに、はや先立ちし、涙の幾行。 これでは済まぬも、飲込んで、はいとばかりは、潔く、いひしつもりも、唇の、顫かかるに咬みしめて、じつとうつむく、いぢらしさ。 澄は見るに堪えかねて、わざと 瞳光 ( ひとみ )を庭の面に、移せば折しも散る紅葉、吹くとしもなき夕風に、ものの憐れを告げ顔なり。 表門 ( おもて )の方には、奥方鹿子、忍びやかなる 御帰宅 ( おんかへり )。 三十二相は年齢の数、栄耀の数の品々を、身にはつけても、埓もない、眼鼻は隠れぬ、辛気さに、心の僻みもまたひとしほ。 色ある花の一もとを、籬に置くのは気がかりな。 床のながめとならぬ間に、どこぞへ移し植ゑたしの、心配りや、気配りも、 空 ( あだ )に過ぎるも小半歳。 思へば長い秋の夜の、苦労といふはこれ一ツと。 添寝の夢も、 団 ( まどか )には、結びかねたるこの頃に、深い 工 ( たく )みの紅葉狩。 かりに行て来て、帰るさの、道はさながら鬼女の相。 心の角を押隠す、繻珍の傘や、塗下駄に、しやなりしやなりとしなつくる。 途中からのお 歩行 ( ひろひ )は、いつにない図と、二人の女中。 訝りながら御門を這入る、まだ四五間の植込みを、二歩三歩と思ふ間に。 さしかかつたる仰せ言。 あれもこれも、急ぎの買もの、忘れて来たに、気の毒ながら、一走り、ついそのままで行て来てとは。 ほんにほんにお人遣ひ、あられもないとお互ひに、顔見合はしても、逆らえぬ、お主の威光に、余儀なくも、西と東へ出て行く。 様子を覗ふ吉蔵は、かねてその意や得たりけむ。 御門脇なる長屋を出て、木立の影に 蹲居 ( うづくま )るを。 鹿子は認めて機嫌よく『おおそこに居やつたか。 定めて旦那はもうお帰宅、どんな様子ぞ、見て来てたも。 機会 ( おり )が好ければ、直ぐにも行く』と、いふも 四辺 ( あたり )を憚る声。 吉蔵は頭を掻き『それは万々、心得てをりまする。 が奥様、今の先まで、それはそれは舌たるい。 私でさへ業が 沸 ( に )えて、じだんだ踏んだお迎ひが、これでてうど三度目でござりまする。 同じ事なら、あんなとこ、お眼に懸けたふござりましたに。 今はどうやらお幕切れ。 惜しい事を』と残念顔。 鹿子はきよろりと眼を光らせ『それを今更いふ事か、その為の 汝 ( そち )なれば、私が見たも同じ事。 それは跡でも聞かふから、それよりは、今の手筈を、早う早う』と 急立 ( せきた )つる『へいへい宜しうござりまする。 それでは奥様しばらくここに。 私はお先へ参つて御様子を』『ああさうして』と。 主従が、うなづき囁き、こつそりと、なほも木立の奥深く、奥庭までも忍び行く。 かかる 工 ( たく )みのありぞとも、知らぬ澄は、己が名の、澄も、すまぬ心から、自づと詞も優しげに『なあに、邸を出すといへばとて、それでもつて、どこへでも行けといふ意味ではない。 そこは少しも案じぬがよい。 媼にはいろいろ世話になつた訳でもあり、また頼まれても居る事なれば、どんな事があらふとも、 汝 ( そなた )の保護を忘れはせぬ。 だがこの頃のやうな都合では、このまま永く邸に居るは、汝の身の為にもならず、また 乃公 ( おれ )も、妙でないやうに、考へる処もあるなれば、いつそ 外家 ( ほか )へ行つてくれた方が、かへつて世話がしよからふと、思ひ付いたからの事。 もつともその外家といふ事もだ。 下女に行くといふやうな事では、前途の見込みの立たない訳。 さうかといつて、どこへでも縁付く。 その危険は既に知れても、をる事なれば。 追つて相応な処のあるまで、何か後来の為になる手芸でも、覚えてみる事にしては、どんなものか。 実は乃公も最初から、さういふ 考案 ( かんがえ )もあつたのなれど。 忙しい身体ゆゑ、つい打遣つておく内に、かういふ仕儀になつて、誠にどうも気の毒であつた。 しかしこれがてうどよい機会であるから、ここで一ツその辺の事も、考へておくが好からふ。 とはいふものの、さし当つて、何を習はふといふ、考へも付くまいし、乃公もまたさういふ事には、至つて疎い方であるから、その相談は 後日 ( のちのち )の事として、ともかくさしづめ、行くべき処を頼んで遣らふ。 それにはてうど、よい処、汝の顔は知らぬから、邸に居たといふには及ばぬ。 縁家の者としておくから、乃公が手紙を持つて行つて、万事を頼むといへばよい。 乃公もその内尋ねて行つて、この後の事はいつさい万事、その者の手をもつて世話をさす事にするから、少しもその辺は心配をせぬがよい。 それでよいといふ事なら、明日にも何とか都合よくいつて、汝の方から、邸を出る事にしてくれ。 これは、ほんの当分の手当だ』と。 いく 片 ( ひら )の紙幣、紙に包んで、投げ与へ、ついでに手紙も渡して置くぞと。 残る方なきお心添へ。 なに暗からぬ御身をば、はや、いつしかにほの暗き、障子の方に押向けて、墨磨りたまふ勿体なさ。 硯の海より、山よりも、深いお情け、おし載く、富士の額は火に燃えて。 有難しとも、冥加とも、いふべきお礼の数々は、口まで出ても、ついさうと、いひ尽くされぬ、主従の、隔ては、たつた、一ツの敷居が、千言万語の心の関。 恐れ多やの一言の、後は涙に暮れてゆく、畳の上に 平伏 ( ひれふ )して、ここのみ残す、夕陽影。 顔の茜も、まばゆげなる、 背後 ( うしろ )の方に、さらさらと、思ひ掛なき 衣 ( きぬ )の音『たいそう御しんみりでございますねえ』と、鹿子のつつと入来るに。 はつと 狼狽 ( うろた )え立上り『あ奥様でござりまするか』とどきどきとして出迎ふる。 お園をきつと睨み付け『園何も私が帰つたとて、さうあはてて、逃げるにも及ぶまい。 まあそこに居るがよい』と。 澄とは、膝突合はさぬばかりに、坐り『園お前は真実に忠義ものよ。 私の留守には、なにもかも、私の役まで勤めてくれる。 お前の居るのに安心して、今頃までも、うかうかと、久し振で遊んで来ました。 たんとお前に礼いはふ。 とてもの事に明日からは、私に隠居をさせてくれて、家の事はいつさい万端、お前が 指揮 ( さしづ )するやうに、旦那様へお前から、お願ひ申しておくれでないか。 ね旦那様さう致した方が、あなた様も、お宜しいではござりませぬか』と。 はやその手しほでも押さえしかの権幕なり。 例の事とて、澄は物慣れたる調子『ハハハハつまらない。 何がそれ程腹が立つか。 馬鹿馬鹿しい』『はい、どうせ私は、馬鹿に 相違 ( ちがい )はござりませぬ。 奉公人にまで、蹈付けられるのでござりますもの』『はあて困つた。 さうものが間違つては』『大きにさようでござりまする。 あなたは少しも、間違つた事をあそばさぬゆゑ』『ハハハハまあ落ち着いて考へるがよい。 園用事はない。 あちらへ行け』『いゑまだまだ私が申す事がござりまする』と。 いひ出してはいづれ小半 ( とき )と、澄も今はお園の手前『おお忘れてゐた、夕刻までに、行かねばならぬ処があつた』と。 早々の出支度を。 いつもは容易に許さぬ鹿子も。 今日の敵は本能寺、園さへ 擒 ( とりこ )にしたならばと。 良人の方には眼も掛けず、落ち着き煙草二三服、何をかきつと思案の末。 燈火 ( あかり )を点けてと、お園を立たせ。 つと我が部屋へ駈入りて、取出したる懐刀。 につと笑ふて、右手に持ち、こちへこちへとお園を呼びて、 尋常 ( よのつね )ならぬ涙声『私は折入つて、お前に頼みたい事がある。 何と聞いておくれかえ。 知つての通りの私の身体、 此邸 ( ここ )で生れた身のふしよう。 旦那に愛想尽かされては、行くべき処のない身の上。 生きてお邪魔をしやうより、我から死んで見せましたらば。 せめて一度や、半分の、回向位はして貰やふと、はかない事を、空頼み。 明日ともいはず、たつた今、私は死んで見せるぞや。 私が死んだその後では、誰に遠慮が何要らふ。 今宵からでも改めて、私の跡へ直つてたも。 さすれば先祖もお喜び、世間もお前を誉めるであろ。 もしも情けの道知らずが、お前と旦那を譏つたならば、私の頼みといへばよい。 その代はりには夢にでも、思ひ出した時あらば、無縁の仏と思ふてなり、香華だけは手向けてや』さらばとばかり立上る。 あまりの事に、威しぞと、知つても、さすが転動して。 まあ何事と 縋 ( すが )り付き『それは何を仰しやりまする。 それほどまでのお腹立ち、この期に及んで、私も、未熟な言ひ訳致しませぬ。 さあさあ私を、どうなりと、御存分にあそばしませ』『ほほほ、今更それは遅いぞえ。 何のお前は大事な身体。 私こそは要らぬもの。 旦那のお心変つたからは、 生存 ( いきなが )らえて、何楽しみ。 一時も早う、死んで 苦患 ( くげん )が助かりたい。 そこ離しや、ゑゑ離さぬか』と、半狂乱の、力任せに振切りて。 部屋に続きし、 奥倉庫 ( おくぐら )の、戸を引開けて、中から、ぴつしやり。 押せども突けども、開かばこそ。 泣くも詑ぶるも、一人芸。 ひそみ返りて音もせぬ、あまりの事の気遣はしさ。 お園も思案の帯引締め『それでは奥様私は、これでお暇致しまする。 私さへに居りませずば、御自害沙汰には及ばぬ事。 必ず必ず御短気な事、あそばして下さりまするな。 お詑はあの世で致しまする。 御機嫌さまで』といひ捨てて、裾もほらほら、気もはらはら、身を飜して走り行く。 様子を見済まし、倉庫の戸を、そつと引開け、立出る、鹿子の前へ吉蔵が、急ぎ足に入来り『存分甘く行きまして、お目出たう存じまする』『それはよけれど、もし死んだら、それこそ思はぬ一大事』『そこに、ぬかりはござりませぬ。 拝領ものを亡くしては、第一私損分』と。 鼻 蠢 ( うごめ )かせて、裾端折り、してこいまかせと追ふてゆく。 したり顔には引替えて。 鹿子はさすが女気の、空恐ろしき成行きに、なりもやせむかと気遣はしさ。 重ねて追手出したいにも、広い邸に我一人、払ふた邪魔が、今更に、待遠しくも思はれぬ。 第三回 昼はさしもの人通り、本郷神田小石川、三区の塵に埋まる橋も。 今は霜夜の月冴えて、河音寒き初更過ぎ。 水道橋の欄干に、身を寄せ掛けたる一人の婦人。 冷やかなる、月の光を脊に受けて、あくまで白い 頸 ( えり )もとの、これにも霜の置くかと見えて、ぞつとするほど美麗しきを、後れ毛に撫でさせて、もの思はしげに河面を覗き込む様子に『もしお前さん、まさか身投げじやありますまいね』『知れた事さ。 今時分、こんな所で、死ぬ奴があるものか』『でもお茶の水の一件から、何だかこの辺は不気味でね』『さうさ、女もお前のやうなのだと、どこであつても大丈夫だが。 美 ( い )い女は凄いものさ』『人をツ、覚えてるから好い』と、戯れながら行く男女のあるに。 じつと跡を見送りて。 ほんに思へば、世はさまざまや。 我は生きるか、死ぬる瀬に、立往生のこの橋を、おもしろをかしふ渡つて行く、人を羨む訳でなけれど。 私も一旦夫と定めた助三さんが、真人間であるならば。 たとひ始めは従妹の義理で、夫婦にされた中にもせよ。 一度縁を結んだからは、見ん事末まで添遂げて、女子の道を立てふもの。 あれほどまでの放埓を、私は因果とあきらめても。 可愛や親の 鑒識 ( めがね )違ひで、いかい苦労をさす事よと。 父様なければ、母さんが、お一人してのお気苦労、せめて私が息ある内にと、取つて渡して下されし、 三行半 ( みくだりはん )も、親の慈悲。 まだそれだけでは安心がと、世に頼もしい旦那様に、お願ひ申して下さんしたに。 やれ嬉しやとその後は、一生お仕え申す気で、お主大事と勤める内にも。 あんまりな、奥様のお我儘。 上を見習ふ下にまで、旦那様の御用といへば、跡へ廻してよいものと、疎畧にするのが面憎さ。 要らざるところへ張持つて、旦那の御用に気を注けたが、思へばこの身の誤りにて、思はぬ外のお疑ひ、忠義が不義の名に堕ちたも。 奥様ばかりが悪うはない。 どの道悲しい目に逢ふが、どふやらこの身の運さうな。 それを思へばこの後とも、よしんば、生きてみた処で、苦は色かゆる、いろいろの、涙を泣いて見るばかり。 泣きに生まれた身体と思へば、死ぬるに何の造作はない。 やはり死んで退けやうか。 いやいやいや、死ぬるといへば、奥様も、私がお邸出たからは、よも御自害はなさるまい。 それに私が死んだらば、今宵の仕儀を御存じなき、旦那様のお思召。 あれ程までにいひおいたに、分らぬ女子とおさげすみ。 不義の罰よと、奥様の、お笑ひよりは、まだつらい。 とはいふものの、もしひよつと奥様のお身に凶事があらば、さしづめ私は主殺し。 手は下さねど、片時も、生きてゐられる身体でないに。 どの顔下げて、おめおめと、旦那にお目に掛かれやう。 それを思へば、この期に及んで、迷ふはやはりこの身の愚痴。 どの道死ぬるが勝であろと。 覚悟は極めても、どこやらに、この世の名残、西へ行く。 月を眺めて、しよんぼりと。 どこで死なふの心の迷ひは、それもあんまり気短かの、心の乱れと 縺 ( もつ )れ合ひ。 縺れ縺るる生き死にの、途は二ツを、一筋に、定めかねたる、足もとの、運びに眼を注け、気を配り、様子を覗ふ一人の男子。 もうよい時分と物影を、歩み出でむとするところへ。 飯田河岸の方より、威勢よく、駈け来りたる車上の紳士。 何心なく女の顔、見るより車夫に声かけて、小戻りさするに、はあはツと、女は驚き透かし見て『あツ旦那様』といふままに。 はつと思ひし気のはづみ。 我を忘れて、河中へ、ざんぶとばかり飛び込みたり。 第四回 宮柱、太しく立てて、東洋を、鎮護の神と仰がるる、招魂社の片辺りに。 小綺麗な黒板塀。 主翁 ( あるじ )は太田彦平とて、程遠からぬ役所の勤め。 腰弁当の境涯ながら。 その実借家の四五軒ありて、夫婦が老を養ふに、事欠くべくはあらねども。 実子なき身は、なまじひの、養子に苦労買はむより。 金銭を孫とも子とも視て、気楽に暮そじやあるまいか、なう婆さんとの相談も、物 和 ( やわ )らかなる気性とて。 家賃の収入は、月々に、銀行預けと、定めても。 どこやら 饒 ( ゆた )かな、 生活 ( くらし )向き、一人二人の客人は、夜毎に絶えぬ、囲碁の友。 夜の更けるのも珍らしからねば。 慣れたものはこれでもよけれど。 お園様はさぞやさぞ、御迷惑であらうもの。 ちようど幸ひ、隣の貸家。 あれを当分、御用に立てて、お食はこつちから運ばせて、夜分は、三を泊りに上げれば、万事お気楽お気儘で、御保養にならふにと。 主翁が注意、行届いたる 待遇 ( もてなし )振り。 この日曜を幸ひに、拭き掃きもまあ一順、すむにはこれが第一肝要のお道具、三よお火鉢持つて行け、婆さまは茶道具揃えて上げましや、菓子器に、羊羹忘れまいと、己れは手づから花瓶を据えて。 秋の名残の、菊一りん。 ひちりんも御入用なら、何時なりと持たせましよ。 その外何なり、かなりなものは、たくさんにござりまする。 御遠慮なふ仰せられい。 お淋しければ、この切戸が、これこの通り開きまする。 そこがすぐに手前の前栽、縁側へは、一 跨 ( また )ぎでござりまする。 ここから自由にお出這入り、どちらなりとも、お好きな方にお住居なされ。 やれやれこれでお座敷も、ちよつと出来たと申すもの。 これからは、決して決して、お気遣ひなされますな。 ここがすなはち、あなたのお家、他人の家ではござりませぬ。 家いつぱいに、おみ足も、お気もお延ばし下されいと。 己れも延びた髯撫でて、帰る翁主と入れ違え。 婆さまといふは気の毒な、五十二三の若年寄。 良人ある身はこの年でも、なほざりにせぬ、 身嗜 ( みだしな )み。 形ばかりの丸髷も、御祝儀までの心かや。 おめで鯛の焼もの膳『外には何もござりませねど。 皆々 ( みんな )あちらでお相伴、まづ召上がれ』とさし出す『あれまあ、それでは恐れいりまする。 いつまでも 其様 ( そんな )に、お客待遇して戴いては、気が痛んでなりませぬ。 それよりは御勝手で、お手伝ひなと致したが』と。 お園の辞退を引取りて『またしてもそんな事、おむづかしい御挨拶は、もうもう止しになされませ。 先夜の 今日日 ( けふび )、お身体も、まだすつきりとはなさるまい。 お気遣ひは何よりお毒、当分お任せなされませ。 深井様には、いろいろと、御恩に預かる私夫婦。 役に立たずの老人が、未だに御用勤まりまするも、やはりお 庇陰 ( かげ )と申すもの。 何御遠慮に及びましよ。 かうしてお世話致すからは、失礼ながら、私どもは、他人様とは思ひませぬ。 娘を一人設けたやうで、どんなに嬉しふござりませう。 それにあなたの 母御 ( おやご )様は、 継 ( まま )しい中のあなた様を、この上もないお憎しみ。 死なふとまでの御覚悟も、どふやらそんな御事からと、あの晩深井様からあらましは、承つてをりまする。 及ばずながらこの後は、私夫婦と、申すほどのお役には立ちませねど。 歴然 ( れつき )としたお従兄の、深井様もいらせられまする。 必ず必ず御苦労はあそばしますな。 ほほ私とした事が、ついお話に身が入りて、御飯のお邪魔をいたしました。 さあさあ早う召上がれ。 そして御飯が済みましたらば、お 髪 ( ぐし )をお上げなされませぬか。 お湯も 沸 ( わか )してござりまする。 あなたのお年齢で、お 装飾 ( つくり )を、大義とばかり仰しやるは、よくよく御苦労ありやこそと、お心汲んでをりますれど。 さうばかりでは、なほの事、お気が塞いでいけませぬ。 少しなりとも、御気分の引立つよう、無理にもお身体借りまして、お装飾申して見ましたい』と。 なにかにつけて、世話好きな、老人気質、あれこれと、進まぬお園を勧め立て、装飾り上げたる、 髪容 ( かみかたち )『嬉しやこれでお美しい、玉の光が見えました。 娘があらば、ああかうと、物珍しい心から、余計な世話まで焼きたがる、うるさい婆とお怒りなく。 私が申しまする事も、一ツ聞いて下されますか』と。 持ち運んだる紙包み、二ツか、三ツか、三ツ 襲 ( かさ )ね『これこのお召のお襲ねは、ちよつとしたお着替えに、この銘仙が御 平常 ( ふだん )着。 お帯も上下、二通り、お長繻絆や、なにやかと、さしづめ遁れぬ御用のものは、揃えてあげまするやうと。 あの 翌日 ( あくるひ )深井様御越しの節のおつしやり付け。 それではお柄を伺ひましてと。 申し上げてはみましたなれど。 お耳へ入れては、要る、要らぬと、御遠慮がめんどうな、それよりは、万事よきに計らふて、お着せ申してくれとのお詞。 それ故の押付けわざ。 御寸法は、あの濡れた、お召しに合はせてござりまする。 大急ぎの仕立と申し、老人の見立ゆゑ、柄が不粋か存じませど。 これでも吟味致したつもりと。 ほほ自慢ではござりませぬ。 何のこれが私どもから、差し上げるものではなし。 深井様のお思召、お心置きなふお召替え。 さうでなうては、私が、深井様へのお約束が立ちませぬ。 さあさあ早う』と、しつけ糸、とくとく着せて見ましたい。 お帯をお解き申しませう。 あちらへお向きなされませ。 私がお着せ申しますると。 勧め上手が勧めては、否といはれぬ、今の身は。 着てゐるものも、借りものを、これでよいとはいはれぬ義理。 とても御恩に着るからは、他人のものより、御主のものと、思ひ定めておし戴き。 着替えしところへ、計らずも、切戸口より主翁の案内『かやうな処でござりまする。 ともかく一応御覧を』と。 小腰を屈め、先に立ち、澄を伴ひ入来るに。 今更何と障子の影、消え入りたい心をも、夫婦の手前、着飾つた、身の術なさを、会釈に紛らし出迎ふるに。 さても美麗し、見違えたと見とれて、ふと心付き、たしか従兄の格なりしと、思ひ出しての答礼を。 どふやら 可恠 ( おかし )な御容子と、夫婦が粋な勘違ひ。 四方山話もそこそこに。 妻は母屋へ酒肴の準備、主翁も続いて中座せし、跡は主従さし向ひ。 この間とお園は両手を支へ『何からお礼を申さうやら。 取詰めました心から、後先見ずの先夜のしだら。 お叱りもないその上に、冥加に余る御恩の数々。 夫婦の衆まで私を、お従妹と、思ひましての手厚い待遇。 どうもこれでは済みませぬ。 やはり下女とお明かし下され、召使ひ同様に、致してくれられまするやう』と。 いひかかるをば打消して『済むも済まぬもありはせぬ。 従妹でも、何でもよい。 邸に居るものといへば、かへつて不審を受けるゆえ、継母の為家出とすれば、穏やかでよからうと、思ひ付いたからの事。 そこらは乃公に任しておけ。 済む済まぬといひ出せば、家内の気質を知りつつも、邸に置いたが、そもそも誤り。 それ故互ひに済む済まぬ、それはいつさいいはぬがよし。 この后共に、汝に対してする事は、媼に対してする事なれば、乃公に礼をいふには及ばぬ。 今日は幸ひの日曜なれば、この家の夫婦に、ゆつくりと、相談もしておくつもり。 手芸を習ふか、縁付くか、どちらにしても、 確 ( しか )とした 談話 ( はなし )の纒まるそれまでは、かうして気楽に暮すがよい。 たとへば二年三年でも、汝一人をかうして置くが、乃公の 痛痒 ( いたみ )になりはせぬ。 つまらぬ事に、気遣ひすな』と。 今に始めぬ優しさに。 はや涙ぐむお園の顔。 いつの憐れに替はらねど。 名もなき花の濡れ色と、さして心に止めざりし、その昨日には引替えて。 よその軒端に見やればか。 瞼に宿す露さへに、光り異なる心地して。 今日より後は憐れさの、種を替えしも理や。 富貴に誇る我が宿の、心も黒い、墨牡丹。 この幾日はとりわけて、悋気の色も深みてし、その花の香に飽きし身は。 ほのほの見えし夕顔の、宿こそ月を待つらめと、またいつの夜を来ても見む、心もここに兆せしなるべし。 第五回 今日は赤坂八百勘にて、その 昔 ( かみ )の同窓生が、忘年会の催しありとて、澄が方へも、かねてその案内あり。 午後五時よりとの触れ込なれど。 お園が家出のその後は、鹿子の、僻みいつそう強く、 夜歩行 ( よあるき )などは思ひも寄らねど。 これは毎年の例会にて、遁れ難き 集会 ( あつまり )なればと。 三日前より、ちくちくと、噛んで含めた言の葉に。 ふしようふしようの投げ詞。 それ程御出なされたか、御勝手になさるがよい。 したが五時といふのが、六時にも、七時にもなり易いは、大勢様のお集会に、珍らしからぬ事なれば。 人の揃はぬその内から、お義理立には及ぶまい。 ここといふのは、一時か、二時の間でござんせう。 それを 機会 ( しほ )に、横道へ、外れぬお心極まつたなら、六時過ぎから、御越と。 時計の針も、何分の右と左を争ふて。 もう行かねばと立上る、澄を止めて。 もしあなた。 ここが五分でござんすか。 今からお眼が狂ふもの、乃公が時計は 違 ( くる )ふたと、後のお詞聞かぬ為、私が合はしておきますると。 ただ一分のその隙も、 空 ( むだ )に過ごさぬ、竜頭巻。 竜頭といふも恐ろしや、日高の川にその昔、 蛇 ( おろち )となつたる清姫の、心もかうと。 金色の、鱗に紛ふ、金鎖。 くるくる帯に巻付けて。 私の念力これこの通り、きつと覚えて、ござりませと。 牙を包みし紅の唇噛んで、見送りし、その顔色の気味悪さ。 ぞつと身にしむ夜嵐に。 おお寒いぞと門を出し、その心地には引替えて。 飲めよ、歌への大陽気。 紳士揃ひも、学生の、昔に返る楽しさを。 飽くまで遣つて退けやうと。 星が丘とは洒落込まぬ、幹事の心、大盃で、汲めや人々、舞へ紅裙。 紳士だなどと気取つた奴は、誰彼なしに肴にすると。 洒落自慢の某が、浮かれ立つたるその所へ。 思ひの外に遅なはりし、失敬したと入来る、澄を見るより、よい茶番と。 思ひ付きの大声音。 遅し遅し判官殿。 何と心得てござる。 今日は正五時と、先達からの案内でないか。 それに今頃ぬけぬけと、どんな顔してござつたぞ。 なるほど貴殿の奥方は、金満家の娘御といひ、少しも貴殿を、お踏付けになさらぬといふ貞女。 あそこはあやかりもの、御来会も、遅なはる筈の事。 奥方にばかりお義理立をなされるによつて。 朋友 ( ともだち )の方は、お搆ひないじや。 まだも、この中へ鼻垂らしう、これは奥が財産目録でござると、持つてござらぬだけが取り得か。 総体貴殿の様な、内にばかり居る者を、 蝸牛 ( ででむし )といふは、どうござらふ。 あの蝸牛といふ虫は、どこへ行くにも、首だけちよつと出すばかり、家を背負つて歩行まするが、 彼奴 ( あいつ )なかなか、気の利いた奴ではござらぬか。 貴殿もこれからは、家の代はりに奥方をおぶつて、お歩行なされたら。 天晴れ朋友への交誼も立ち、奥方へ報恩の道も、欠けぬと申すもの。 一挙両全何とよい思案ではござらぬか。 うわははははは、この 師直 ( もろなほ )は、鮒侍などと、旧い 摸型 ( かた )は行き申さぬ。 当意即妙新案の、 蝸牛 ( くわぎう )紳士は、どでござる。 いざ改めて、今宵の肴に、紹介申すと。 戯れて、笑はすつもりも、御念が入つては。 苦笑さへ出来かぬる、この場の始末に、一坐の面々、顔見合はせて、笑止がる。 中にも上坐の某が。 これこれ君はどうしたものだ。 またまた例の悪酔か。 それも好けれど、その様に、人身攻撃に渉つては、一坐の治安、捨ててはおけぬ。 衆議に問ふて、予戒令。 退去さするといふ筈ながら。 酔ふた酒なら、醒めもせう。 醒めての上の宣告と、ここは我等が預かるから。 まあ深井君坐したまへ。 僕が代はつて謝罪いふ。 先づ罰杯をくれたまへ、これ女ども酌せぬか。 何をきよろきよろ馬鹿吉めが、山の手芸者と笑はれな。 腕の限りを見てやらふ。 小蝶は踊れ、駒はひけ。 追付け春の柳屋糸めも、年末の吉例に、五色の息を吐かしてやらふと。 さすがは老功老武者の、持ち直したる一座の興。 この図を外さず、全隊が総進撃と出掛けやう。 部署を極めるは、野暮の極。 思ひ思ひの方面へ、突貫せよと、異口同音。 散会ぞとは、いはれぬところへ、虚勢を張つて、途から、そつと、逃げて帰ぬ、粋の上ゆく粋あれど。 澄は日頃 金満 ( かねもち )の、細君故の、逃げ足を、知つたか、知つた、遁がすまい、よし来た合点、妙々と。 いひ合はさねど、四五人が、ぐるりと四方を、取巻いて。 一所に行かふと眼を離さず。 前から引くもの、 背後 ( うしろ )から、押しては 危険 ( あぶな )い。 帽子が脱げた、下駄が見えぬの、大悶着。 おほほまあ、お危険い、そんなにあなたなさらずとも、出口は一ツでござりまする。 と女中の挨拶口々に、へい有難う、お静かにと、見送る前へ、挽き出した、四ツ目の紋の提燈は、確かに深井が抱えの 腕車 ( くるま )と。 気早き一人が声掛けて。 おい君これは帰すがよい。 我等は、未だに揃ひも揃ふて、辻車に飛乗りの、見すぼらしい境涯を、君だけそれでは義が立つまい。 ぜひそこまでは、 交際 ( つきあひ )たまへ。 然り然り大賛成。 おい車夫、奥様にさういふてくれ。 今夜は旦那を一晩借りる、きつと迷子にささぬやう、明朝は、みんなで送つて行くと。 忘れずにいふんだよ。 ハハハハハ、さあ君これで、君が身体はこつちのもの。 謝罪は我等が引受けた。 よしか車夫、さういへと。 右左より引張るに、引かれて行くのも本意ならねど。 強ひて否まば、前刻の、恥辱を、実にする道理と。 酔ふた、頭脳に、ふらふらと、足はいづれへ向きしやら。 銀燭 眩 ( まばゆ )き小座敷へ、押据えられしと思ふ間に。 奇麗な首が五ツ六ツ。 しやんしやんしやんの三味の音も、いつしか遠くなる耳の、熱さに堪えず。 ばつたりと、身体を畳に横霞。 春の山辺の遊びかや、ほの暖かき 無何有 ( むがう )の郷。 囀る小鳥、咲く花の、床しき薫り身にしめて。 ふわりふわりと、風船に、乗つたは、いつぞ。 あれ山が、海も見えるは舞子に似た。 この松原の真中へ、降りたら水があるかしら。 咽喉が乾くと、眼を醒ませば。 身はいつしかに夜着の中、緑の絹に包まれたり。 南無三、これは 吾家 ( うち )じやない。 たしかこの宵、おおそれよ。 衆人 ( みな )はどうした、あちらにか。 てうどこの間と立つ袖を。 もうお遅いと引留むる、女子は誰じや、汝に頼む。 跡はよいやう、乃公だけは、是非に帰せと、振り切りて。 門を出れば、軒毎の、行燈は、ちらり、ほらり降る、雪か霰か、あら笑止。 何はいづこと、方角が分らぬながら行き行けば、赤坂見附、おおここか。 つまらぬ処で夜を更かした。 車夫頼むと。 寒さうに、かぢけた親爺がただ一人。 やつこらまかせの梶棒を、どちらへ向けます。 さうだなあ、ともかく九段へ遣つてくれ。 とても遠くは走れまい。 そこらから乗り替えやう。 はて困つたと腕車の上。 薄汚れし 毛布 ( けつと )に、寒さは寒し、降る雪に、積もつてみても知れてゐる。 これから 帰宅 ( かへ )れば三時過ぎ、寒い思ひをしたところで、ようこそお帰りなされしと、喜ぶ顔を見るではなし。 冷たい蒲団は、あなたの御勝手。 巨燵を入れて待つほどの、お心善しにはなれませぬ。 お茶なら勝手に召し上がれ、下女はとつくに寝かせました、今を何時と思し召すと。 それからちくちく時計の詮索、尖つた針で突かれても、一言いへば、二言目に。 お腹が立たば、お殺しなされ、私は家の娘でござんす。 去られる代はりに、死にませう。 さあどうなりとして下されと、手が付けられぬに、寝た振すれば。 引起こされて、窘められるは知れた事。 これ程寒い思ひをして、怒られに 帰 ( い )ぬ馬鹿もない。 同じ苦情を聞かふなら、これからどこぞで一寝入。 明日の事にしやうかしら。 いやそれも悪からふ。 薪に油を 濺 ( そそ )ぐは罪、 鹿子 ( あれ )は 鹿子 ( あれ )でも、その親に、受けた恩義は捨てられぬ。 はて困つた、三合の、小糠はなぜに持たなんだと、思はず漏らす溜め息に。 ヘヘヘヘヘ旦那御退屈でござりませう。 若い時分は、随分と、力のあつた男でも、年にはとんと叶ひませぬ。 しかしもうそこに招魂社が見えますると。 車夫の詞に、おおそれよ。 お園は何と、身の上を思ひ続けて、泣いてもゐやう。 乃公を力と頼んでも、滅多に訪ふてやられぬ身体。 かういふ時に廻つて行かば、宅へも知れず、都合であれど。 深夜に行かば、太田の手前。 それは脇から這入るとしても、お園のおもわく何とであろ。 いやいやかれに限つては、乃公を真底主人ぞと、 崇 ( あが )むればこそ、勝気のかれが、もの数さへにいひかねて、 扣 ( ひか )え目がちの、涙多。 ああいふ女子でない筈が、ああなるほどの憐れさを、知りつつ捨てては置かれまい。 やはりちよつと尋ねてやろか。 たしかこの辻、この曲り、この用水が目標と。 幌の中よりさし覗く、気勢に車夫が早合点。 こちら様でござりまするか、それではお灯を見せませうと、頼みもせぬに、提燈持ち。 案内顔の殊勝さを。 無益 ( むだ )にさすのも不憫とは、どこから出し算用ぞや、ふと決断の蟇口開けて、そをら遣らふと、大まかに、掴み出したる 銀 ( しろがね )は、なんぼ雪でも多過ぎまする。 お狐様じやござりませぬか。 人間様では合点がゆかぬ、夥しいこのおたから。 せめて孫めに見せるまで、消えてくれなと、水涕を、垂らして見ては、押し戴き、戴いてゐるその隙に。 澄が影は、横町へ、折れて、隠れて、ほとほとと、板戸を叩く音のみ聞こえぬ。 第六回 まあ旦那様、どうあそばしたのでござりますと。 訝るお園の不審顔。 さこそと澄はにこりとして『よいから跡を閉めておけ。 太田へ知れては妙でない』静かにせよと、手を振りて、勝手は見知つた庭口より、お園の居間と定めたる、一間へ通るに、お園の当惑『まあどう致さう、こんなところを御覧に入れては、誠に恐れいりまする』と。 外には坐敷といふものなき、空屋の悲しさ、せめてもと、急いで夜具を片付けかかるを『なに搆はぬ、それはさうしておくがよい。 今時分来るからは、失礼も何もない。 それよりは、その巨燵には火があらふ。 寒い時には何より馳走。 まづ這入つて温らふ』と。 平素は四角なその人が、丸う砕けた炭団の火『掻き分けるには及ばぬ及ばぬ、これで充分暖かい。 ああ寒かつた』と足延ばす『それではせめてこの火鉢に、お火を起こして上げましたいにも。 火種子は、毎朝太田から、持つて参るを心当。 焚付けもござりませぬ、不都合だらけをどうしたもの』と。 ひいやり、冷たい、鉄瓶の、肌を撫でての歎息顔『茶などは要らぬ、止しにせい。 たしか太田の 婢 ( おんな )とやらが、毎晩泊りに来るとか聞いたが、それは今夜も来てゐるか』『はいそれは台所の方に伏せつてをりますれど。 眠い盛りの年頃とて、ついした事では眼が醒めませぬ。 ちよつと頼んで参りませう』と。 立つを止めて『いや待て待て。 知らずばてうどそれでよい。 李下の冠、瓜田の沓。 這入て見るも 可恠 ( おかし )なものと、思はぬではなかつたが。 ついこの外を通つたゆゑ。 尋ねてみたい気になつたも、一ツは家へ帰るがいや。 汝はなにかを知つてもをれば、少しも隠さぬ、察してくれ。 遅刻 ( おそ )いついでに、今夜はここで、一寝入して行かふ。 思ひ出してもうるさい』と。 天晴れ男一人前、二人とはない立派なお方が。 これほど御苦労あそばすが、おいとをしいとはかねてより、思ふた事も、いはれて見れば。 ほんにさようでござりますると、いふてよいやら、悪いやら。 ともかく勧めてお帰し申すが、お身の為ぞと、 怜悧 ( さか )しき思案『この身風情がとやかくと、申し上げるも恐れますれど。 それでは奥様、なほの事、お案じでもござりましよ。 少しおあたりあそばしましたら、お帰りがお宜しかろ。 奥様とても、さうさうは、おむつかりもあそばすまい。 お寒うないやうあそばして』と。 いふ顔、つくづく美麗しい、この心ゆゑ忘られぬ。 どふやら乃公は迷ふたさふなと。 巨燵の 櫓 ( やぐら )に額を当てて『ああさて困つた、乃公が身は、家で叱られ、外では酔はされ。 たまたまここで寝やうと思へば、たらぬと直ぐに突出される。 それならばよい、今から行く。 ただし家へは帰るまい、泊る処で、泊る分』と。 すつくり立つを真に受けて『何のまあ勿体ない。 外へお泊りあそばすに、ここを否とは申しませぬ。 御恩を受けたこの身体、何のここが私の住居と申すでござりましよ。 ただ何事もあなた様の、お心任せを、とやかくと、お詞返し上げますも、お家のお首尾がお大事さ』『ふふむ、それではこの乃公を、とても家内に勝れぬものと、見込を付けての意見かい。 汝の目にも、それほどの、意気地なしと見えるのも、思ふて見れば無理はない。 かうして苦労をさせるのも、やつぱり乃公が届かぬゆゑ。 さあ改めて 謝罪 ( あやま )らふ、許してくれ』との、むつかりは、胸に一物、半点も、足らぬものないこの 生活 ( くらし )。 結搆過ぎた、身の上に、させて貰ふた方様に、さういふお詞戴いては。 どうでも済まぬこの胸を、割つてはお眼に掛けられず。 はつあ 詮方 ( しかた )がない、どうなとなろ。 一夜をお泊め申すのが、さうした罪にもなるまいと。 顔を見上げて、涙ぐむ、気色をそれと見て取つて『ほう、また泣くか、はて困つた。 泣くほど嫌なら達ても行くと、いふてみたいの気もすれど。 正直な汝を 対手 ( あひて )に、この上 拗 ( すね )るも罪であろ。 乃公から折れて頼むとしやう。 さあさあ頼んだ、どこでもよい。 そこが否なら、この隅へ、ころりと丸寝をするとしやう。 蒲団を一枚貸してくれ、栄耀な事はいふまい』と。 はやとろとろと夢心地『それではお風邪召しまする。 私はたつた一夜の事、寝ませいでも大事ない』『失礼ながら』と小夜蒲団『さうさう掛けては、汝がなからふ。 なに外にまだあるといふか。 それならばよし、よい心地。 明朝は未明に起こしてくれ。 人眼に掛からば、つまらぬ事、疑はれまいものでもない。 これでとやかく思はれては、鴉に阿呆と笑はれる。 鴉が笑はぬその隙に、せめて、夢なと見やうか』と。 何やら足らぬ薄蒲団、身に引纒ひ、すやすやと、寝入らせたまふかおいとしや。 せめて来世は、主従の、隔てを取つて、一日でも、かうしてお傍に居てみたい。 どふやら、ひよんな胸騒ぎ。 また奥様のお肝癪。 変はつた事がなければよい。 明日の事が気にかかる。 どうなる事ぞと、吐く息も、身体も氷るこの夜半が、悲しい中にも嬉しいに。 どふぞ明けずにゐてほしい。 とてもよい事、ない筈の、この一生を、一夜さに、縮めてなりとも、継ぎ足して、明けささぬやうしてみたい。 これがせめての思ひ出とは、よくよく因果な生まれ定。 父様母様許して下され。 わしや身分が欲しかつたと。 蒲団の裾にしがみ付き、はつと飛退く耳もとに。 はやどこやらの汽笛の音。 ゑゑ 忙 ( せわ )しない、何ぞいの。 横に 仆 ( こ )けても居る事か。 よその共寝を起こすがよい。 こちや先刻にから坐つたままと。 起こしともない、明け鴉。 かあいかあいの方様を、かうして去なすが 後朝 ( きぬぎぬ )か。 あの汽笛めも、奥様に、似たらば、たんと鳴りおれい。 ゑゑ腹が立つ、気が狂ふ。 耳まで真似して鳴るからは、この身体にも愛想が尽きた。 どうなるものぞと、むしやくしや腹も。 さすがいとしい顔見ては、耻しさのみ先立ちて、今まで何も思はぬ振り。 そつと起こして見送りし、門辺で澄が捨詞。 また嫌はれに来やうぞと、顔を見られて、魂は、ふわり、もぬけの唐衣。 きつつ空しく行く人の、さこそは我をつれなしと、思ひたまはむ、お後影。 お寒さうなが勿体ない。 せめて私もこの 寒風 ( かぜ )にと、 恍惚 ( うつとり )そこに佇みぬ。 第七回 年の内に、春は来にける、御大家の、御台所の賑はしさ。 我等は、いつも来る年を、晦日の関に隔てられ。 五日十日と、延び延びの、払ひに年は越させても。 身の春知らぬが極まりじやに。 あの深井様のお邸は、二度正月が来るさうな。 二十日といふに、餅搗きも、やあぽんやあぽんの煤払ひ。 払ひたまへの神棚から、払ひをたまふ門口まで、飾り立てたる、注連飾り。 しめて何百何十の、到来の数御用の品。 お台所まで、ぎつしりと、詰まつた年の暮の内、眼の正月が出来るといふ。 宝の山を見がてらに、行くにもこちとは出入方、空手で帰らぬ、その代はり。 高いところへ土持ちの、歳暮の品は持つて行く。 どうでも我等は貧乏性、土方にならぬが、まだしも、ましかと。 出入の左官、大工まで、来る年々の羨み種が。 今年ばかりは御様子が、がらりと違ふた淋しさは、恐ろしいもの、諸式の 高直 ( こうじき )。 このお邸にも響いたさうなと。 外から見えぬ内幕を。 幕の内では婢ども、二人三人が、こそこそ話。 棚から卸す、針箱や、櫛の道具に鏡立。 かうして纒める雑物の、風呂敷包見るやうに、包んで置いては、行つた跡で、隔てがあると怒らんしよ。 親の病気といふたは嘘。 勤まり 悪 ( にく )いお邸で、年を越すでもなからふと、内証極めた 前刻 ( さつき )の使ひ。 忙 ( せは )しい時に暇取つて、お前方へは気の毒ながら、無理のない訳聞かしやんせ。 この四五日の奥様の、あの肝癪は正気の沙汰か。 お肝高いは、日頃から、知れてもをれど。 なんぼうでも、堪らえられぬは、この間、旦那が泊つてござつた朝。 いつもの時刻と、御寝所の、雨戸を私が明け掛けたら。 お前も旦那に一味して、寝さすまいの算段か。 昨宵 ( ゆうべ )一夜は、まんじりと、寝ぬのは知れたに、がたびしと、その開け方の訳聞かふ。 やつとの事で、とろとろと、今がた寝かけた眼が醒めた。 これでは今日も、一日頭痛。 まどしやまどしやの、難題も、それだけならば済ましもせう。 まだその後で、手水の湯が、 温 ( ぬる )いの熱いの、大小言。 かなぎり声で、金盥。 替えて来やれと、突出したが、私の着ものに、ざんぶりと。 濡れは、濡れでも、あんな濡れ。 こちや、神様に頼みはせぬ。 吉蔵さんとは、正直が、濡れて見たいの願ひ立に。 お 薩芋 ( さつ )を一生断ちますると、頼んでおいたが。 なんぼうでも、験が見えぬに、ほつとして。 あの前の晩、ほこほこを、喰べて退けたが、出雲へ知れた、罰かと思ふて、堪らえて居たりや。 よい事にして大眼玉。 着物が大事か、主人が大事か、何まごまごと叱られては、もう神様が対手じやない。 堪忍ならぬも私が無理か。 まだその上にこの頃は、吉蔵さんが、こそこそと、お部屋へ忍んで行く様子。 どうでもこれは、奥様と、 事情 ( わけ )が出来たであるまいの。 標致 ( きりやう )は、どうでも、金づくなら、私が負けるに、極まつた。 とても叶はぬ恋故に、辛抱するでもあるまいと、思ひ切つての拵らえ事。 親を遣ふて、あれほどの、奥様、うむと、いはた今日、始めて親の有難さが、身にしみじみと分つて来た。 お前方も親御があらば、たんと遣ふて暇とりやと。 年甲斐もない、頬赤の詞に。 白い反歯がさし出口。 ほほほほ何の事かと思ふたら、またあの時の 復習 ( おさらひ )かえ。 お前のやうに、足引のと、長たらしういひ出しては、私等もいふ事、山ほどあれど。 いはぬに極めて、近々に、暇を取らふと思ふたに、 魁 ( さきがけ )られた上からは、親の病気の古手も出せまい。 いつその腐れ、逃げやうか。 それもなるまい、荷物がある。 あのお園さん見るやうに、抑えられては、こちや困る。 なふお松さん、そでないか。 さうともさうとも三人が、三人までも出て行けまい。 替はりを拵え、 公然 ( おもてむき )、暇とるまでは、奥様の肝癪玉を、正月の、餅花位に思ふてゐよう。 それにしても、吉蔵だけは、よい事をしやるじやないか。 この四五日は、あの人の、工面も、ずんと、よい様子。 財布も、ちやらちやらいふてゐる。 何でもあの晩、奥様の、癪は、男に限つたさうな。 女子は、叱られ、遠ざけられ、吉蔵ばかりがお傍に居たが、可恠なものじやないかいな。 按摩ばかりの駄賃じやあるまい。 お梅の怒つて、暇とりやるも、これには無理のないだけが、笑止でならぬと。 思はずも、笑ひさざめく女部屋。 ゑゑ、またしても騒々しい。 何がをかしふて笑やるぞ。 お梅は親の病気といふたに、まだぐずぐずとして居やるか。 松はいつもの仕立屋へ、仕立を急きにといふたのを、もう忘れての冗談か。 竹は私が頭痛の薬、今も 頭 ( つむり )が破れさうなに、お医師者様で貰ふて来や。 どれもこれも、一人として、私の身になるものはない。 旦那のお留守は、女子の主と、侮る顔が見えてゐる、忙しい時には、忙しいやうに、ちつとは、いふ事聞いたがよいと。 何やら分らぬ腹立声を、銘々の頭に冠せて、出したる、後は巨燵にあたるより、あたりやうなき、部屋の内。 じたいあの、時計めが気に入らぬ。 旦那の留守には、それ見た事かと、いはぬばかりに、きちきちと、私の胸を刻みおる。 誰が買ふたと思ふてゐる。 旦那の力で買ふたにしても、みんな私が親のもの。 恩知らずの時計めが、六時を廻つて平気な顔。 あのぴかぴかと白いのが、お園の顔に似てゐるやうな。 お園も今は、お妾と、誰憚らず、 装飾 ( めか )してゐやろ。 今夜も旦那は、またそこにか。 いよいよお 帰宅 ( かえり )ないならば、私も腹を極めてゐる。 男がようても、器量があつても、深切のない人が、どうなるものぞと思ふても、また気にかかる門の戸が、開いたは確かに 腕車 ( くるま )の音。 今夜はさうでもなかつたか。 それはそれでも、よい顔を、見せては、たんと、つけ込まれる。 知らぬ顔して寝てゐたら、先方から何とかいはんしよと。 少しは横に 仆 ( こ )けかけた、腹の中での算段も。 がらりと違ふた、吉蔵が、へいただ今と畏る、顔つくづくと、突上げる、 痞 ( つかえ )を抑えて起き直り『旦那はお帰宅ないのかえ』『へい今日も私に、 前 ( さき )へ帰れと仰しやつたは、確かにさうと勘付きまして。 やはり例の富士見町、恠しい家でござりまする。 何でも近処の噂では、婢も二人居りまして、贅沢な生活向き。 今日は帯の祝とやらで、隣近処へ、麗々と、赤飯配つて廻したとは、何と奥様、驚きますではござりませぬか。 先月 彼女 ( あれ )が出ました晩、旦那が途中でお待受け、私が口を開かされましたが、恠しいどころじやござりませぬ。 お腹に 赤児 ( やや )が居ますもの。 とうからちやんとお支度が、出来てゐたのもごもつと。 これから何とあそばすお心。 うかうかなさるところじやない』と、底に一物、吉蔵が、敷居を超えて、じりじりと、焚き付けかけた胸の 火 ( ほ )に。 くわつと 逆上 ( のぼ )せて、顫ひ声『うかうかとは、誰の事。 お前こそは、二度までも、旦那を途中で遁したは、恠しい了簡、それ聞かふ。 おおかたこの間赤坂の、お帰り道が、かうかうと、忠義顔して、いやつたも、何が何やら分りはせぬ。 お前一人は、味方ぞと、頼んでゐたが私の誤り。 もうもう誰も頼みはせぬ。 寄つて掛かつて、この私を、あくまで、馬鹿にするがよい。 私は、私の了簡が』と。 すつくと立つて、どこへやら、駈出すつもりが、ぐらぐらと、持病の頭痛に悩められ、ばつたり、そこに仆れたる、後はすやすや鼾の声。 まさか寝たのじやあるまいな。 これが気絶か、馬鹿馬鹿しい、脆いものだが、捨ててもおけまい。 どうしてやらふと、水さしの、水を汲んで、奥様と、二声三声じや埓明かぬ。 歯を喰ひしばつてゐるからは、詮方がないと、口うつし。 ついでに足も温めてやらふと。 己れの肌に暖めて、そろそろ撫でし、鳩尾へ、水が通ふて、うつとりと、眼を開いたる鹿子が驚き。 これはどうぞと、吉蔵を、振除けたいにも、力なき、片手を、やうやう挙げかけし、ところへお松がうつかりと。 はいただ今と顔出して、 喫驚仰天 ( びつくりぎようてん )逃げて行く『あの顔付ではいひ訳しても、とてもさうとは思ふまい。 困つた事をしてくりやつた。 真実過ぎた介抱が、わしや怨めしい』の当惑顔を。 心ありげに吉蔵が『奥様それでは、私も、お怨み申さにやなりませぬ。 口から、口へ、口うつし。 演劇 ( しばい )で見ました、その 摸型 ( かた )を、一生懸命、やつとの事で、繋ぎ止めたるお生命を。 心の駒が狂ふての、 所為 ( しわざ )と御覧なされたか。 下司の悲しさ、吉蔵が、これまで尽くした、御奉公。 お気に済まぬと仰しやれば、どうも詮方はござりませぬ。 直ぐにもお暇戴いて、お身の明りを立てさせませう』と。 すごすご立つを、まあ待ちやと、鹿子は留めて。 両頬に、ふりかかりたる後れ毛を、じつと噛みしめ口惜し泣き『かうなるからは詮方がない。 お前に暇を出したとて、お松の口が塞がぬ上は、やつぱり嘘が 真実 ( まこと )になる。 さうでなうても、この間から、 衆婢 ( みんな )が 可恠 ( あやし )う思ふてゐる、素振りが見えるに、なほの事、腹が立つてたまらなんだも。 かうした訳に落ちてゆく、因果の前兆であつたやら。 これもやはり旦那のお蔭。 お前は怨まぬ、了簡据えた。 いふものならば、いはせておき、行くところまでは、行てみるつもり。 お前もこれからその気 [#「その気」は底本では「そ気の」]になつて。 まさかの時の力になりや』と。 思ひの外の道行が、お園の方へこれ程に、はかどつた事ならば、とうに成仏しやうもの。 やはりこれでは、どこまでも、慾を道連れ、赤鬼の、役目を勤めざなるまいと。 肚 ( はら )に思案の吉蔵が、 表面 ( うはべ )ばかりの喜び顔『それ程までに吉蔵を、思召して下さるからは、滅多に置かぬ、狂言ながら、かうも致してみましうか』と。 鹿子の耳へ吹込みし、『 工 ( たく )みは何よりそれがよい。 それでは、お園の 旧夫 ( おつと )とやらを、お前が 巧手 ( たくみ )に取込んで。 お園を殺すと 威赫 ( おど )させたら、お園が退かふといふのかえ』『もし奥様、お声が高うござりまする。 お竹もどふやら帰つた様子。 ここ四五日に埓明けずば、こちらが先に破れませう』と。 悪の上塗、塗骨の、障子を開けて、こつそりと。 庭から長屋へ、下がつて行く。 悪事は千里、似た事は、まこと、ありしの噂となりて。 明日は婢が口の端を。 御門の外へ走りしなるべし。 第八回 はいお頼み申しやす。 この家に、お園さんと仰しやる [#「仰しやる」は底本では「しや仰る」]がお出での筈。 私は深井の旦那から頼まれて、内証の御用に参つたもの。 御取次下されませと。 心得顔におとのふを。 太田の下女が、うつかりと。 はいはいさうでござんすか。 あすこにお出でなされますると。 お園が住居の裏口を、教ゆるままに、しめたりと、跡を、ぴつしやり、さし覗く。 障子の影に、お園が一人、もの思ひやら、うつむいた、外には誰も居ぬ様子。 ちやうどよかつた、はいこれは、お久し振りでと入来る。 顔を見るより、ぎよつとして、逃げむとするを、どつこいと、走り上がつて、袂を捉え『これお園さん、どうしたもの。 この吉蔵を、いつまでも、悪玉とのみ思ふて居るのか。 先づ落着いて聞くがよい。 生命に拘はる一条でも、この己れからは、聞かぬ気かと。 嘘と思へぬ血色に。 お園も、もしや奥様の、お身の上ではあるまいかと。 心ならずも坐に就くに。 さこそと吉蔵微笑みて『甘くやつたぜ、お園さん。 とうとう正直正銘の、お妾さんと成済ました、お前に位が付いたやら。 何だか遠慮な気がする』と。 そこら一順見廻はして『かう見たところが、見越の松に、黒板塀は、外搆え。 中はがらりと、明き屋の隅に、小さうなつて、屈んでゐるは、旦那に合はせて、お麁末千万。 お前もあまり気が利かぬ。 これで生命を亡くしたら、冥途でたんと、釣銭が取れ、鬼めに、 纒頭 ( てんとう )が、はづまれよ』と。 空嘯 ( そらうそぶ )いて、冷笑ふ。 顔を憎しと腹立ち声『何の御用か知りませぬが、用だけいふて貰ひましよ。 お妾なぞと聞こえては、私の迷惑、旦那の外聞。 ちとたしなんで下さんせ』と。 いふに、ふふつと吹出して『その外聞なら、とうから、たんと、汚れてゐるのでおあいにく。 この近所での噂は知らぬが、お邸の界隈では、専らの大評判。 旦那の顔が汚れた代はり、お前は器量を上げてゐる。 お園さんは 腕者 ( たつしや )だと、行く先々の評判が、廻り廻つて、奥様の、耳へは、大きく聞こえてゐる。 やれ孕んだの、辷つたと、どこから、噂が這入るやら。 何でもそこらで、見たものが、あるとの手蔓を、手繰り寄せ。 己れさへ知らぬ事までも、いつか知つての大腹立ち。 己れは一度も供せぬと、いふても聞かぬ気の奥様。 今日この頃では、全くの、 気狂 ( きちが )ひを見るやうに、そつちも、ぐるじやと、大不興。 知らぬが定なら、これから行つて、どこなりと探し当て、お園をこれで殺してと。 まあさ、そんなに、真青な顔をせぬがよい。 何の己れがその様な、無暗な事をするものか。 生命が二ツあつたら格別、一ツしかない身体では、そこまでは乗込まぬ。 小使銭に困つた時、ちよつくら、御機嫌とつたのが、今で思へばこの身の仇。 飛んだ事まで頼まれて、迷惑は己れ一人。 否といふたら、自分の手で、探し出しても、殺してみせると、いはぬばかりの見幕を、知つてはお前が気遣はしさ。 まづはいはいと請合つたも、お前の了簡聞いた上、二度と邸へ帰らぬつもり。 まづその事は 擱 ( さしを )いて、奥様が頼んだ証拠これ見や』と。 懐探つて取出すは、かねて見知りし、鹿子が懐刀。 お園を 威赫 ( おど )かす 材料 ( たね )にと、鹿子を欺き、助三に、与へるものと偽つて、取出したるものぞとは、神ならぬ身の、お園は知らず。 よもやと思へど、その事の、ないには限らぬ奥様の、気質はかねて知る上に。 動かぬ証拠、もしひよつと。 ても恐ろしの奥様と、身顫ひする顔。 よいつけ目ぞと吉蔵が『何と違ひはなからふが。 ところでお前はどうするつもり。 さつぱり旦那と手を切らずば、ここで己れが見遁しても。 どこぞで探し当てられて、執念深い奥様に、殺されるのは知れた事。 それよりは、今の間に、逃げて助かる分別なら、及ばずながら、この己れが、引請けて世話しやう。 憚りながら、かう見えても、仲間で兄いと立てられる、男一匹、何人前。 梶棒とつては、気が利ねど、 偶 ( てう )と半との、賽の目の、運が向いたら、一夜の隙に、お 絹布 ( かいこ )着せて、奥様に、劣らぬ 生活 ( くらし )させてみる。 えお園さん、どうしたもの。 沈黙 ( だま )つてゐるは死にたいか。 それとも己れに 依頼 ( たよ )つてみるか。 了簡聞かふ』と詰掛くるに。 さてはさうした下心。 弱味を見せるところでないと。 早速の思案、さりげなく『それはそれは、いつもながら、御深切は嬉しう受けておきまする。 したが吉蔵さん、私がかうして、旦那のお世話になりますも、 事情 ( わけ )があつてといふではない。 誓文奇麗な中なれど。 かうしてここに居る限りは、疑はれても、詮方がない。 この身に覚えのない事で、殺されるのは私の不運。 覚悟は極めてゐまするほどに、いつなと殺して下さんせ。 少しもお前は怨みませぬ。 忠義を立てたが、よござんせう。 よしない私をかばいだて、お前の身体を 失策 ( しくじ )らせ、私は不義の名に墜ちる。 それが何の互ひの利得。 世には神様、仏様、それこそは、よう御存じ。 どこぞで見ても下されやう。 無理に死にともない代はり、生きたふも思ひませぬ。 生命は、お前と奥様に、確かに預けておくほどに、御入用なら、いつなりと、受取りに来て下さんせ』と。 動かぬ魂、坐つたまま、びくともせぬに、口あんぐり。 どこまでしぶとい女子か知れぬ。 さうと知りつつ、出て来たは、こつちの未練、馬鹿を見た。 よしこの上は、そのつもりと、いふ顔色を顕はさず。 わざと心を許さする、追従笑ひ、にやにやと『なるほどそれはよい覚悟、男の己も恥入つた。 がお園さん、短気は損気といふ事を、お前も知つてゐやうから、ゆつくり思案するがよい。 ここしばらくは、奥様に、 在所 ( ありか )が知れぬといふておく。 確かに己れが預つて、滅多な事はささぬから、思案を仕替えて見るがよい。 惚れた弱味は、いつの日に、頼みまするといはれても、その事ならば否とはいはぬ。 殺す役目は真平御免。 いつかのお前の 台辞 ( せりふ )じやないが、外を尋ねて下さんせか。 あい……、いやこれはお邪魔をした。 いづれその内聞きに来る。 色よい返事を頼んだ』と。 始めの威勢に引替えて、手持不沙汰に帰りゆく。 跡見送つて、張詰めし、心のゆるみ、当惑を、誰に語らむよしもない、疑ひ受けるも無理ならねど。 それにしても、あんまりな。 この間から旦那のお越を、心で拝んでゐながらも、ここが大事な人の道。 踏み違えてはなるまいと、わざとつれなう待遇して、お帰し申すは誰の為。 旦那のお為は、奥様の、為ともなつてゐるものを。 それ御存じはないにせよ。 殺せとは何の事。 無慈悲にも程がある。 それを、おとりに、吉蔵が、またしても、いやらしい。 憎いは憎いが、奥様が、なほの事で怨めしい。 とてもの事なら、この後は、嘘を真実にした上で、あくまでものを思はせて、死んだら私も本望か。 いやそれが、何の本望、本望が、外にあるので邪魔になる。

次の

樋口一葉 にごりえ

こんな 事 も あろ うかと

雙語例句• 我將永遠銘記老師的教誨。 私は永遠に先生の教えを心に刻みつけるで あろう.• 這日子還有什麼過頭兒! こんな暮らしに何の生きがいが あろうか!• 任憑你是誰,都不應該違反制度。 誰で あろうと,制度に違反すべきではない.• 何足為奇 どうして驚くほどのことが あろうか,何も珍しくはない.• 這麼做,怕是不成吧! このようにすると,恐らくはだめで あろう!• 你懂不懂「豈有此理」這個話? 君は「あにこの理あらんや(そんなばかなことが あろうか)」という言葉がわかるか?• 有何難哉? 何の難しいことが あろうか!• 大會將於日內舉行。 大會は近いうちに行なわれるで あろう.• 他們的偉績將載入史冊。 彼らの偉大な功績はいずれ歴史に記載されるで あろう.• 其可再乎? 二度と あろうか.• 無所…不用其極 成語 (悪事を働くのに)いかにあくどい手段で あろうと用いないものはない.• 誰跟他也套不了近乎。 誰で あろうと彼にうまく取り入ることは不可能だ.• 我自己是個債戶,哪兒有錢借給人。 私自身が借り手であるのに,どうして人に貸す金が あろうか.• 光輝業績將永垂史冊。 輝かしい功績は永遠に歴史の記録に名を殘すで あろう.• 事情不急,何必打電報呢? 急ぎの用でないのに,どうして電報を打つ必要が あろうか.• 我希望幫到了你。 あなたの力になれたで あろうことを願います。 在前一情形下,可能浪費 CPU資源。 前者の場合、CPUリソースが無駄になるで あろう。 什麼星期天不星期天,有課就得準備。 日曜で あろうとなかろうと,授業があれば準備しなくてはならない.• 他星期五會來吧。 彼は金曜日に來るで あろう。 知識將會大幅度增值。 知識は大幅に価値が上がるで あろう.• 工作這麼緊張,他竟敢曠工。 仕事がこんなに忙しいのに,ことも あろうに彼が仕事をサボるとは.• 這本書怎麼一剎那就不見了? この本はどうして一瞬の間になくなったので あろうか?• 到底是為了什麼而存在的呢。 一體何のために存在するので あろうか。 他做事常常想當然。 彼は仕事をする時,常におおかたそうで あろうと決めてかかる.• 後天晚上將要發生月全食。 あさっての夜,皆既月食になるで あろう.• 要不是我,能夠辦得那麼熨帖? 私でなければ,そんなにうまく運ぶことができたで あろうか?• 這將帶來 HARQ行程 run-trip 時間的另外延遲。 これによって、HARQ往復時間に追加の遅延が生じで あろう。 正如我們所看到的 私たちが見るで あろうに……• 這樣處理,恐怕不妥。 このように処理するのは,恐らく妥當を欠くで あろう.• 這到底是為了什麼而存在的呢。 これは一體何のために存在するので あろうか。 愛看熱鬧的,是不問喜慶與喪吊的。 にぎわい見物が好きな人は,おめでたで あろうとお悔やみで あろうと構わない.• 事實上,勞動時間將逐漸縮短。 事実上,労働時間は次第に縮小するで あろう.• 如果說那是為什麼的話是因為我沒孩子。 それはなぜなら私には子供がいないからで あろう。 他們還沒走呢。 彼らはまだ出かけていないよ(そのうちに出かけるで あろうが).• 他一個勁地哼哼,可能是魘着了。 彼はしきりにうーうーとうなっているが,たぶんうなされたので あろう.• 他居然否定了這個客觀規律。 ことも あろうに彼はこの客観法則を否定した.• 無論是演戲唱歌兒,無論是游泳打球,他樣樣都不錯。 芝居や歌で あろうが,水泳や球技で あろうが,彼は何でもうまい.• 可以在以下日期開電話會議麼? 下記の日に電話會議をおこなうことは可能で あろうか?• 他好像對那個手續費產生了誤會。 彼はその手數料について誤解をするで あろう。 差不多是該關注協議事項第一項的時候了。 そろそろ協議事項の最初の項目に注目する時間で あろう。 沒想到會這麼順利。 こんなに順調で あろうとは思いもかけなかった.• 這一次,優勝一定會屬於我們。 この度は,優勝は必ず我々のものになるで あろう.• 他會誤會那個吧。 彼はそれについて誤解をするで あろう。

次の

両親はこんな事をするものなんでしょうか? 両親について悩んでいます

こんな 事 も あろ うかと

特に耳の横のカールした毛が自分でもおしゃれな感じでお気 に入りなの。 これでも 2004年度大阪地区)日本ペットモデル協会所属のモデルなのよ。 好きなものはヨーグ ルトとささみ・おやつ・お野菜。 お気に入りのおもちゃは小さなおこじょのぬいぐるみ。 運動神経にもちょっと自 信あり。 でも調子にのってソファーや階段にのぼってはママにしかられちゃっています。 だから、「くま」って名付けられたの。 そ れなのに変わった名前ですねぇとか、ちょっとその名前はかわいそうなんて言われちゃって。 体重が3キロな のは名前のせいですなんて動物病院の先生にも言われるし。 ほっといてよ、この名前気に入っているんだか ら。 チャームポイントは黒くて大きな目、そして豊かな表情(自分で言うのもなんですが)。 ママがパグみたい な目って言うんだけれど、似てる?好きなことはもちろん食べること。 お気に入りのおもちゃは私の3倍もあろ うかというカメのぬいぐるみ。 これを思いっきり振り回すことが大好き。 こんな女らしい私をどうぞよろしくね。 言い忘れるところだったけれど私もいちおうモデルです。 ダイエットにも励まなくっちゃ。 ママは半分あきらめ ムードだけどね。 顔が可愛いくて身体の構成がいいかもということで、ママが今後に期待して残してくれ ることに決めました。 ドッグショーにもチャレンジさせようかなぁなんて言っています。 ママの期待にこたえられ るかどうかわかりませんが、頑張ります。 早速、トイレトレーニングの開始らしいです。 僕にはよくわからない けれど、マナーの勉強もあるらしいです。 それって、何?僕はそんなわけのわからないことはどうでもいいか ら、可愛がってもらって毎日を楽しく過ごしたいです。 一体、どういう意味?ママは、チビ兄ちゃんも、 リトル兄ちゃんも、チャチャ兄ちゃんもみんなお家に残したかったそうです。 新しいお家が見つからなかったら みんな引き取るって言ってメソメソしています。 だから、僕はこのキャラをふるにつかって、おもしろい事をい っぱいして、家族みんなが笑顔でいられるように頑張らないといけないと思っています。 今日はバレンタイン デーだったので、ブラックチョコみたいな僕をおいてくれて有難う。 きっと家の中を明るくしてみせるからね。 い たずらもいっぱいするよ。 覚悟しておいてね! 生年月日 2005・1・1 うちに来た日 2005・1・1 犬名 STAR CROWN JP BLACK KING.

次の