スクリャービン エチュード。 12のエチュード(練習曲) Op.8/12 Etudes Op.8

アレクサンドル・スクリャービン

スクリャービン エチュード

Alexander Scriabinアレクサンドル・スクリャービン 1872年1月6日~1915年4月27日 は、 ロシアの 作曲家兼 ピアニストです。 20代後半から ニーチェの哲学に心酔し、その後 神智学、ベルギーの 象徴主義絵画にも傾倒していきました。 ちょうどその時期から、書かれている作品には調性がなくなっていきます。 私自身、「神智学」と聞くと「スクリャービンがハマっていった思想」という認識しかありませんでしたが、ちょっと調べてみますと、 「全ての宗教、思想、哲学、科学、芸術などの根底にある一つの普遍的な真理を追求する思想。 」だそうです。 これでは作品理解には不十分なので、もう一歩。 一般的な神智学の思想は、次の三つを柱としている。 *全宇宙の根底には、一つの絶対的で人智を超えた至高の神霊や無限の霊力が存在しており、見えるものも見えないものも含めた万物の根源になっている、という思想 *普遍的な魂からの放射である人間は、その至高の神霊と同一の本質を共有しているがために初めから永遠で不滅である、という思想 *「神聖な仕事」を通じて神々の働きを実現すること ・・・・・・・・・・(Wikipediaより) なるほど。 これは作品にぐっと近づけますね。 さらに、 ベルギーの象徴主義絵画をご紹介。 19世紀後半に、 自然主義への運動と対抗してフランスとベルギーで起こった芸術&文学での運動です。 つまり自然主義とは相対する超自然主義の思想です。 フランスの近代の音楽の背景にも繋がってきます。 私自身、オカルト的なものへの興味は全くないのですが、 スクリャービンの音楽はちょっと狂ってきた?(失礼)頃からの作品の方が好きです。 でも、お客さんは喜ばなそう・・・と思い、敬遠してきましたが、また弾いてみたいです。 ロシアの作曲家兼ピアニスト、と言えば、 ラフマニノフと スクリャービンの二人が挙がり、よく比較されます。 が、調性音楽の枠内で深い抒情性のある作品を残したラフマニノフとは、作風は全く違いますね。 手が異常に大きかったラフマニノフですが、スクリャービンは10度が届かなかったらしいです。 その癖に、こんなエチュードを書いています。 きっと、スクリャービン自身が手を広げる練習の目的もあって書いたのでしょう。 因みに、好きで良く弾いたエチュードはOp. 8-10。 まだ調性があります。 見た目より弾きやすく、でもかなりのテクニシャンに見えるので、お得感ありますよ~ 笑 今年は、おっ!! 没後 100 年ですね。 ソナタ5番とか、エチュード、ポエム・・・また弾いてみようかな~ 興味が尽きなく、なが~~~いブログになってしまいました。 最後までお付き合い下さった方、有難うございました。 37度以上のお熱がありましたら、申し訳ございませんがレッスンはお休みとさせて下さい。 当日のon-lineへの変更も可能です。 直前のご連絡の可能性もございますのでご確認くださいませ。 ピアノのレッスンは生の音に拘りたいところですが、妥協すべきことは妥協し、今できる事を継続したいと思います。 対面レッスンは月に2回までとし、 3回以上の場合はon-lineでレッスンいたします。 ご新規の入会は、あと 1名 で一度〆切とさせて頂きます。 コロナの影響により様々な変化があり、空き状況も頻繁に変わります。 ご新規でお取りできる固定枠は 現時点で 【 金 18:30~, 日 18:00~ 】 で す。 不定期枠は、 臨時の空き時間のご案内となります。 on-lineレッスンとの併用で進めており、時間が変則的になっております。 対面レッスンは、暫くの間は一日に数名までとしております。 最新の状況はお問合せ下さい。 Categories•

次の

スクリャービンの楽曲一覧

スクリャービン エチュード

2015年は スクリャービン 没後100年にあたる。 ショパンを敬愛し 独自の詩的 幻想的情緒を作品に取り入れた。 神秘主義と言われるが それは ピアノソナタ第5番以降になる。 それまでは ロマン派を組む 国民音楽派の作風であった。 「左手のコサック」として知られ 様々なテクニックを駆使している。 その作品群が ピアノソナタ 練習曲 エチュード 前奏曲である。 練習曲は ショパンが有名だが リストは「ためいき」など 演奏会用練習曲がある。 練習曲嬰ハ短調作品42-5 は 嬰ニ短調 作品8-12 とともに 傑作の一つ。 素晴らしい作品。 左手の跳躍や右手の流麗な旋律の流れ。 難しさ故に 感情をこめて演奏したい曲。 2回目のテーマが出てくる。 この時の内声の表現が難しい。 半音階的で 決して強く弾かれない。 流れるように。 後半の左手の「強打のオクターブ 一番下の段の最低音は A1」。 こういう曲があっただろうか。 左手のオクターブが終わり次のステップが。 右手のピアニスティックで 憂愁を帯びた 流麗なメロディーライン。 一度目とは違って 繊細にしている。 上の段、2小節目。 右手の下声の親指や人差指の運指が大切になる。 左手も右手も嵐のごとく勢いを強めていくが 風はおさまる。 特に左手の跳躍が特徴で それを鐘のごとく響かせること。 ショパンの「木枯らしのエチュード」 スクリャービン風とも。 蓮池と蛙「瞑想の庭」高天山 Time ago via - -• 2020. 25(木)13:00「おきがるタイム」(インターネット放送) Time ago via - -• ショパン—200年の肖像 Time ago via - -• 「岩涌山」和泉山脈の高峰【新日本百名山】 Time ago via - -• 2020. 11(木)13:00「おきがるタイム」(インターネット放送) Time ago via - -• 史上初「治天の君」西園寺寧子【広義門院】 Time ago via - -• 「竜ヶ岳」1099m 鈴鹿山系 Time ago via - -• ブラームス「間奏曲」Op. 118-2 Time ago via - -• 第34回「ビバ・アコーディオン」2020. 14【中止】 Time ago via - - Follow on twitter. ライヴ・音楽情報•

次の

【楽曲解説-その5】 スクリャービン エチュード 作品42-5

スクリャービン エチュード

分野別一覧 [ ] 管弦楽曲・協奏曲 [ ]• ピアノ曲 [ ] ピアノソナタ [ ]• ソナタ形式による作品 [ ]• アレグロ・アパッショナート 変ホ短調 作品4• 演奏会用アレグロ 作品18• 変ロ短調 作品21• 悲劇的詩曲 変ロ長調 作品34• 悪魔的詩曲 ハ長調 作品36• 小品集 [ ]• ワルツ ヘ短調 作品1• 3つの小品 作品2• 10の 作品3• 2つの 作品5• 2つのマズルカ風即興曲 作品7• 左手のための2つの小品 作品9• 2つの 作品10• 24の 作品11• 2つの 作品12• 6つの前奏曲 作品13• 2つの 作品14• 5つの前奏曲 作品15• 5つの前奏曲 作品16• 7つの前奏曲 作品17• 4つの前奏曲 作品22• 9つのマズルカ 作品25• 2つの前奏曲 作品27• 4つの前奏曲 作品31• 作品32• 4つの前奏曲 作品33• 3つの前奏曲 作品35• 4つの前奏曲 作品37• 変イ長調 作品38• 4つの前奏曲 作品39• 2つのマズルカ 作品40• 詩曲 変ニ長調 作品41• 2つの詩曲 作品44• 3つの小品 作品45• スケルツォ 作品46• ワルツ風に ヘ長調 作品47• 4つの前奏曲 作品48• 3つの小品 作品49• 4つの小品 作品51• 3つの小品 作品52• 4つの小品 作品56• 2つの小品 作品57• アルバムの一葉 作品58• 2つの小品 作品59• 2つの詩曲 作品63• 2つの前奏曲 作品67• 2つの詩曲 作品69• 2つの詩曲 作品71• 詩曲『』作品72• 5つの前奏曲 作品74 作品番号のない作品・生前未発表の作品 [ ] 歌劇・オラトリオ・カンタータ [ ]• ()(Mysterium) 未完 (「神聖劇序夜」とも)ネムティンの完成版は3時間 管弦楽曲 [ ]• 交響的詩曲(交響的アレグロ) 作品番号なし 室内楽曲 [ ]• ホルンとピアノのためのロマンス 作品番号なし• ロシアの主題による変奏曲 など、他の作曲家たちとの弦楽四重奏のための合作。 第2変奏を担当 ピアノ曲 [ ]• 2台ピアノのための幻想曲 イ短調 作品番号なし• 作品番号なし• 作品番号なし• カノン ニ短調 作品番号なし• 夜想曲 変イ長調 作品番号なし• マズルカ ロ短調 作品番号なし• ワルツ 変ニ長調 作品番号なし• ワルツ 嬰ト短調 作品番号なし• エゴロワ変奏曲 作品番号なし• マズルカ ヘ長調 作品番号なし• マズルカ ロ短調 作品番号なし• フーガ ホ短調 作品番号なし• 前奏曲 嬰ヘ短調 作品番号なし• モニゲッティのアルバムの一葉(作品番号なし)• アルバムの一葉 嬰ヘ長調(作品番号なし) なお、これら以外にもピアノソナタ、二台のピアノのためのフーガなどの習作がに出版されている。 歌曲 [ ]• ロマンス「美しい人を夢見たかった」(作曲者自身の詩による)• 二重唱 ニ短調 WoO 10 作品番号・作曲年代別一覧 [ ] 作品番号 作曲年 作品名 編成 備考 - 1883 カノン ニ短調 pf - 1884 夜想曲 変イ長調 pf - 1884 マズルカ pf - 1886 マズルカ pf 011 1886 ワルツ ヘ短調 pf - 1886 ワルツ 変ニ長調 pf - 1886 ワルツ 嬰ト短調 pf - 1886 幻想ソナタ 嬰ト短調 pf - 1887 エゴロワ変奏曲 pf 022 1889 3つの小品 pf 練習曲・前奏曲・マズルカ風即興曲 033 1889 10のマズルカ pf - 1889 2台ピアノのための幻想曲 イ短調 2pf - 1889 マズルカ ヘ長調 pf - 1889 マズルカ ロ短調 pf - 1889 アルバムの一葉 嬰ヘ長調 pf - 1889 モニゲッティのアルバムの一葉 変イ長調 pf 1947年出版 - 1889 ピアノソナタ 変ホ短調 pf 未完。 ()とリヒャルト・メッツラーの補筆により1986年出版 055 1890 2つの夜想曲 pf - 1890 ホルンとピアノのためのロマンス hrn, pf 044 1892 アレグロ・アパッショナート 変ホ短調 pf ピアノソナタ変ホ短調の第1楽章を改作 066 1892 pf 077 1892 2つのマズルカ風即興曲 pf - 1892 フーガ ホ短調 pf 088 1894 12の練習曲 pf が有名 099 1894 左手のための2つの小品 pf 左手 前奏曲・夜想曲 10 1894 2つの即興曲 pf - 1894 ロマンス「美しい人を夢見たかった」 独唱, pf 作曲者自身の詩による 12 1895 2つの即興曲 pf 13 1895 6つの前奏曲 pf 14 1895 2つの即興曲 pf 16 1895 5つの前奏曲 pf 11 1888-96 24の前奏曲 pf 15 1896 5つの前奏曲 pf 17 1896 7つの前奏曲 pf 18 1896 演奏会用アレグロ pf 22 1896 4つの前奏曲 pf - 1896 交響的詩曲(交響的アレグロ) ニ短調 Orch 原曲は二台ピアノ曲(24) 19 1897 pf 20 1897 pf, Orch 21 1897 ポロネーズ 変ロ短調 pf 23 1898 pf 24 1898 前奏曲「夢」 Orch 25 1899 9つのマズルカ pf - 1899 ロシアの主題による変奏曲 SQ 合作。

次の