禍 災 違い。 口は禍の門?口は災いの元?どっちが正しいの?

「コロナ禍」は何て読むの?正しい読み方・意味・使い方とは

禍 災 違い

最近ずっと気になっていたことがあります。 いろんなニュースやブログで「コロナ禍」というのを目にしませんでしたか? コロナ禍? これなんて読むの?って思ったのって わたしだけ???• 読めそうで読めない「コロナ禍」 最初はネットのニュースでその名を見ました。 そこから、ブログのタイトルや文章でもちょいちょい見かけて… 何と読むのだろうと思っていたのです。 たぶん災いのことだよねとは思いました。 でも… 「コロナわざわい?」 「コロナ…う、うず?」 読めそうで読めない。 一応、漢字は大好きなので訓読みなら 禍々しい(まがまがしい) とは読めます。 災と禍は違う? まがまがしいので災いであることには違いない… でも今回調べてわかったのは 「災」とは違いがあるそうなのです。 「災」は天災的な災いで、地震や台風など。 「禍」は人為的な災難で、火事、洪水など。 ならコロナ禍はピッタリな言葉かもしれません。 本当に人工的なウィルスならですが。 結局正解は コロナ禍(コロナか) と読むそうです。 バリエーションが広がっている これは一体どこから始まった言葉なんでしょう? 誰が言い始めたのでしょう? そしてTwitterやブログで先んじて書いていらした方は 何を見て書き始めたのでしょうか? 「コロナ禍」以外にも「コロナ鍋」「コロナ渦」 と書いている人もいて バリエーションが広がっています。 言葉って時代と共に変化するところもあるけど これはどうなんでしょう。 まだこれからわかるのでしょうか。 どちらかというと何にでも遅れている 「時代遅れな女」だと思っているので こういうのってすごく疎いです。 読み方がわかって、まずは良かったといことで。 今日もお読みいただきありがとうございました。

次の

コロナ禍の読み方や語源は?禍の成り立ちのしめすへんや咼の意味も調査!

禍 災 違い

コロナ禍ってなんて読む? ネットで「コロナ禍」の読み方というのが話題になっていました。 コロナ鍋、と書いている人がいて、まぁ似てますけどちょっと違いますね。 コロナ禍の禍というのは「か」と読みます。 つまり「ころなか」が正解です。 禍、というのは辞書で調べると 「 よろこばしくない事柄。 不幸をひきおこす原因。 」 とあります。 ちなみに「まがまがしい」という言葉はみなさんもどこかで耳にするかと思いますが、漢字では「禍々しい」と書きます。 ことわざである「災い転じて福となす」とありますが、あれは実は 禍を転じて福と為す が正解のようです。 これは自分も知りませんでした。 例えば東日本大震災のような出来事は、禍より「災」のほうを使いますよね。 「禍」と「災」にはどういった使い分けをするのでしょうか? 少し調べてみると、こういった話がありました。 「災」 は自然発生的に生まれた災害のことを、その一方で 「禍」 は人為的な災害のことを指す言葉、という使い分けです。 地震などは「災」ですが、今回のコロナウイルスは人から人へ伝染するということで、人為的という意味です。 (人為的なウイルスという意味ではないです) うーん、なるほど。 「コロナ渦」は誤記か新語か その一方で、現在は「コロナ渦」と表記する人もいるそうです。 渦と禍は似ていますけど、これも「渦中」という言葉もありますので、「ころなか」と読むことができますね。 大手新聞社も使っている言葉で「コロナが渦巻いている世の中」ということで、これが誤記なのか、新語なのか、なんともよくわからないですが。 しかし新しい日本語の使い方はたびたび登場するものなので、 「コロナ禍」「コロナ渦」は同じように市民権を得る言葉になるかもしれません。

次の

『コロナ禍』の正しい読み方や意味とは?『渦』や『鍋』との違い

禍 災 違い

と、思ったら、すぐに誰かが分かりやすく調べて説明してくれているページにたどりついてありがたい。 読みは「か」、意味は「わざわい」とか「不幸なこと」 なので「コロナ禍」は「ころなか」と読むのが正しいらしい。 また、言葉としての「わざわい」は、ワザ(隠された神意)+ハヒ(這うように広がる)が語源だそう。 さらに「禍」の部首、しめすへん(示礻)は、神様に捧げものをおいた台が字源とのこと。 となると、「禍(わざわい)」のほうが、「災(わざわい)」よりも、神様の意思がからんだような「わざわい」要素が濃い感じがします。 「禍」という文字でピンとくるのは、「禍福はあざなえる縄の如し」の「禍」です。 そういえば、「福」も、しめすへん(示礻)なので、意味は幸運とか幸せという意味ですが、神様に感謝するような要素があるのですね。 語源や字源を調べると、古典の時代からの人々の生活が見えてくるような気がします。 大昔から様々な「禍」が、日本の地にもあったことでしょう。 そうやって生き延びて残った言葉を今も使っている。 そう思うと「コロナ禍」という新しい言葉の意味も、受け止められる気がします(自分が使うかは別として)。 こんな状況は想像もしていなかったけれど、長い歴史を見れば、まあ、ありえてしまうことか・・・と。 あざなえる縄の如しならば、この状況の何に感謝したら良いのかな。 この先にどんな福があるのか、そしてその福もまた禍とあざなえる縄の如しなのだろうか。 大切な人と連絡がとることができて、無事を願う。 知らない人のことも、どうか助かって欲しいと願う。 どうしたって、福の中にもいるのだなと思う。

次の