インスタグラム 退会。 インスタグラムのアカウント削除方法(退会)を解説/一時停止との違いも

インスタグラムのアカウント削除(退会)と一時停止の方法と違いについて解説

インスタグラム 退会

アカウントの削除 退会 と一時停止の違い インスタグラムには「 アカウント削除 退会 」と「 アカウントの一時停止」の2つが存在します。 この2つの明確な違いとは、アカウントの一時停止はいつでも復活させることはできますが、退会はアカウントを復活されることが出来ない点です。 アカウントを完全に削除すると、インスタグラム内についていたイイネやフォロー、フォロワー、コメント、ストーリーなど全てが削除されてしまうので、退会する際は注意しなければなりません。 一方でアカウントの一時停止では、あなたがつけたコメントやイイネ、自分の投稿、ストーリー、フォロー、フォロワーなどがデータ上としては残りますが、全て非表示状態になります。 つまり、 相手からはアカウントを削除したように思われますが、実際はアカウント自体は残っている状態となるのです。 ですので、もし今後ほとぼりが冷めるまでインスタグラムから離れたいと思っている方は、まずはアカウントの一時停止から始めてみることをおすすめします。 今回は例としてiPhoneからの操作となりますが、基本的にAndroidでもパソコンからでもやり方は変わりません。 インスタグラムではアプリからアカウントを削除することができません。 削除するにはウェブからログインして行う必要があります。 まずは、ウェブでインスタグラムにログインし、ヘルプセンターより、アカウント削除ページに飛びます。 ヘルプセンターでアカウント削除ページのリンクを確認できます。 「 アカウントを削除する理由」から理由を選択しパスワードを再入力します。 理由は当てはまるものがなければその他で良いでしょう。 アカウントを完全に削除するオプションは、メニューから理由を選択した後に表示されますので間違って押してしまうことは少ないです。 最後に、「 アカウントを完全に削除」をクリックまたはタップします。 以上でアカウントの削除は完了です。 アカウントを削除するとデータを戻すことはできないため、慎重に行いましょう。 インスタグラムをやめた後もう一度投稿等をしたくなった場合アカウントを作り直す事になります。 また、アカウントを完全削除した場合はインスタグラム上からデータが消えるため、他のユーザーに過去の投稿を見られることはアカウントを削除した段階でなくなります。 フォローやフォロワーも消えるため、人との繋がりが消えてしまうのが嫌な方は簡単に消さない方が良いでしょう。 なぜなら、 削除したアカウントに使用していたIDについては2度と使えなくなるからです。 ただ登録していたアドレスが別のIDならば使用する事が出来ます。 今回はiPhoneからの操作方法となります。 まずは、ウェブからインスタグラムにログインし、マイページのオプション(歯車マーク が左上にあるので押すとオプションページに移ります。 次に 1番上にある「 プロフィールを編集」を選択します。 下にスクロールし、右下にある「 アカウントを一時的に停止する」をタップまたはクリックします。 そして、「アカウントを停止する理由」から理由を選択しパスワードを再入力します。 理由は当てはまるものがなければその他で良いです。 アカウントを一時的に停止するためのオプションは、メニューから理由を選択しないと表示されません。 こちらも押し間違えは少ないと思います。 最後に、「 アカウントの一時的な停止」をタップまたはクリックして一時停止の完了です。 アカウントを一時停止から再開/復活させる方法 アカウントの一時停止は、インスタグラムのアカウントは削除せずサービスの利用を一時的に辞める人に使われます。 アカウントの一時停止はアカウントの削除と違い、再度ログインすることでまた利用可能になります。 一点注意点があるとすると、アカウントを復活させるにはアプリ版のインスタグラムからログインしなければなりません。 また、アカウントの一時停止からあまり時間を置いていない場合は、アカウントの停止処理が完了していないので再開することはできません。 復活する際は一日ほど時間を置いてからログインしたほうが良いでしょう。 ログインせずに写真や投稿だけを見たい場合 アカウントは削除したが、投稿などは見たいという方も中にはいるかもしれません。 インスタグラムではウェブ上でよければ投稿をアカウントがなくても見る事が出来ます。 ウェブで検索する際に、インスタグラム (調べたいもの)で検索すると見る事が出来ます。 アカウントを削除して投稿だけ見れれば良い方はこの方法が良いかもしれません。 ただ、ウェブでいちいち検索となると不便ですし、いち早く投稿を確認できなく、コメントやいいねもできません。 アカウントがあると良いのは、見たいユーザーの投稿を随時確認したい場合に、通知などをアプリから取得できる点やだと思います。 この方法はあくまで自分のタイミングで投稿を見る方や、コメントなどせず見るだけで良いという方向けになります。 それでも良い方はこの方法を試してみてください。 アカウント削除に関するよくある質問 【1】削除後の復活はできるのか? アカウントを完全に削除した場合はデータの復活は不可能です。 復活予定がある場合、データを保持する一時停止機能を利用しましょう。 【2】アカウント削除後同じユーザIDは使えますか? 同じユーザIDは二度と使うことができません。 成りすましを防ぐためにインスタグラムのサーバー上にユーザーIDは全て残ります。 そのため、再度同じユーザIDでアカウントを作ろうとしても拒否されます。 ですので、もしユーザIDの重複を防ぎたい場合は、退会時に適当なユーザIDにしてから退会しておくと良いでしょう。 【3】退会するとどうなる? インスタグラムを退会すると、あなたのアカウントで行われたアクションが全て消滅します。 自分の投稿、ストーリー、相手へのコメント、イイネが全て削除され、二度と復活することができません。 また、インスタグラムのURLを引用してブログやTwitter、Facebookに貼っていた場合、それらのURLは全て無効となります。 【4】アカウントの一時停止ができません アカウントの一時停止は1週間に1回だけ行うことができます。 アカウントの一時停止ができない方は、もしかすると1週間のうちに2回以上一時停止と復活を繰り返している可能性があります。 【5】一時停止の注意点はある? 利用を停止するだけではななく、インスタグラム上では一時停止中のアカウントを確認できません。 そのため離れている間アカウントを他の方に見られることはないので、非公開設定などにする必要がありません。 フォローやフォロワーについてですが、一時停止中は非表示状態になります。 そのため自分がフォローしているユーザーのフォロワーに自分のアカウントは表示されません。 また自分のフォロワーのフォローにも表示されません。 しかし、あくまでアカウントの一時停止なので、ログインし直した際に復活します。 一時停止中はアカウントを削除した人と同じ扱いになりますが、基本的にログインし直した時に利用していた時の状態に戻るので安心してください。 インスタグラムアカウント完全削除/まとめ 以上が、インスタグラムのアカウントを完全に削除する方法と、一時停止についての解説でした。 今後復帰の予定がある場合はアカウントの一時停止、完全にインスタグラムを辞めたい場合は今回ご紹介した削除方法を試してください。

次の

【iPhone】Instagramを退会してアカウントを完全に削除する方法

インスタグラム 退会

トラブルやユーザー同士の付き合いなど、様々な理由からSNS疲れを感じている方が多い昨今。 Instagram(インスタグラム)をやめたいと思ったけど、「アプリにアカウント削除の項目がなくてできない」と困っている方もいるのではないでしょうか。 本記事では Instagramアカウントを削除するやり方を、画像付きでわかりやすく解説します。 インスタのアプリをアンインストールしたり、ログアウトしたりするだけでは、データが完全に消えることはありません。 正しい手順で、しっかりと削除することが大切です。 また、 復帰の可能性もある方向けに「一時停止」についてもご紹介。 アカウント削除と同様の状態にでき、再開も可能という機能です。 違いを理解して、インスタを利用しましょう。 「一時停止」の特徴 ・ログインするだけで復帰できる ・データはサーバー上に残り、復帰したら今まで通り見られる ・同じユーザー名で復帰できる 大きな違いは 復帰できるかどうかです。 「アカウント削除」の場合はInstagram上のデータはすべて削除され、ユーザー名も二度と登録できず、復帰できません。 一方「一時停止」は、他ユーザーからはアカウント削除と同じ状態に見えますが、Instagram内にデータは残っています。 復帰したくなったら、ログインするだけで一時停止前と同じ状態で再び利用可能です。 「アカウント削除」はとても強力な対処なので、復帰の可能性があるかどうかをしっかり考えてから手続きを行いましょう。 Instagramアカウントを削除(退会)する方法 アカウントの削除方法は、スマホ(iPhone・Android)もパソコンも流れはほぼ同じです。 instagramのアカウント削除ページへブラウザでアクセス 少々面倒ですが、Instagramアプリ内からは削除できません。 まずは専用のアカウント削除ページへChromeやSafariなどのWebブラウザでアクセスし、ログインしてください。 削除はこちらから 注意! アカウントを削除すると復帰できない アカウントを削除するとInstagram上のデータ(投稿した画像・動画、いいね、DMなど)はすべて失われ、復帰できません。 もし少しでも復帰の可能性があるなら、以下に紹介する「一時停止」を使いましょう。 復帰の可能性があるなら「一時停止」を Instagramには投稿した写真や動画、いいね、コメントなどを非表示にする 「一時停止」機能があります。 ユーザー名で検索されても出てくることはなく、フォロワーなど他ユーザーから見ると退会したときと同じ状態です。 アカウント削除の場合はInstagram上からデータが完全に失われて復旧できず、ユーザーネームも再利用できません。 一方「一時停止」の場合は、 再ログインするだけで停止前と同じ状態に戻すことができます。 もし復帰する可能性があれば、「一時停止」を利用してください。 「アカウント削除」と「一時停止」の違いをしっかり理解しておきましょう。 「一時停止」の利用手順 こちらも手順は、スマホ(iPhone・Android)・パソコンどちらもほぼ同じ流れです。 なお、一時停止は アプリ版からはできません。 Webブラウザで手続きを行ってください。 ブラウザ版Instagramで自分のプロフィールページへ まずはにアクセス。 自分のプロフィールページを開きます。 「プロフィールを編集」をタップ 「アカウントを停止する理由」を選択して、パスワードを再入力。 「アカウントの一時的な停止」と書かれたボタンをタップすれば、アカウントを停止完了です。 他のユーザーからはアカウントが存在しないかのように見えます。 「一時停止」をやめる・復活する方法 難しい手順は一切なく、一時停止したアカウントでログインするだけでOKです。 ただしこちらはブラウザ版ではなく、アプリの方でログインする必要があります。 停止して間もない場合は復活できないので注意してください。 復旧には停止してから数時間は必要なようです。 やめる前に写真・動画・ストーリーを一括保存する方法 やめるのはいいけど、今までにシェアした画像などがなくなってしまうのは少々さみしいと思う方もいるでしょう。 Instagramには、自分がこれまでシェアしてきた写真・動画・ストーリーやダイレクトメッセージ(DM)などの情報を、まとめて保存する機能があります。

次の

インスタグラムの垢消しまとめ!退会・削除できないときの対処法

インスタグラム 退会

今人気のInstagram(インスタグラム)。 アカウントを作ってみたものの友人関係の悪化や、プライバシーの問題などで退会や消去したいと思う方は少なくありません。 しかし、Instagramアプリの削除や、一時停止するだけでは完全削除はできないって知っていましたか? 退会するにはInstagramのアカウントを完全削除すること方法を紹介します。 Instagramの一時停止と完全削除の違い 繰り返しますが、Instagramからログアウトしたりアプリを削除するだけでは退会できません。 写真やプロフィールなどのデータはInstagram上に残り続け、他のユーザーからはこれまで通り、あなたの投稿した写真や動画、プロフィールなどを見ることが可能です。 Instagramを利用を停止する方法として、「一時停止」と「完全削除」の2つがあります。 もし自分のデータをInstagramに残すことに抵抗があるのであれば、完全削除を選びましょう。 ただし完全削除した場合は、Instagramからデータが全て消去されるので、後々、アカウントを復元することはできません。 完全な削除では、これまでのプロフィールや写真、動画、コメント、いいね! 、フォロワーがInstagram上からすべて削除され、二度と見られなくなります。 また、再び同じユーザーネーム(半角英数字のID)で登録したり、アカウントを復活させることはできません。 一方、アカウントの一時停止の場合、アカウントや写真、動画、コメント、いいね! 、フォロワーは再びログインしてアカウントを有効にするまで非表示になりますが、データ自体は削除はされません。 いつか復活させる可能性が少しでもあるなら、アカウントの完全削除は避けましょう。 アカウントを完全に削除して退会する手順(2016年10月現在) アカウント削除ページにアクセス InstagramのアプリからはiPhone・Androidともにアカウントを完全に削除することができません。 そこで、スマホの場合もChromeやSafariなどのブラウザでウェブ版Instagramのアカウント削除ページにアクセスし、アカウント削除操作をおこないます。 ・ *アカウント削除ページにはInstagramヘルプセンターからもアクセスすることができます。 Instagramにログイン 上記専用ページにアクセスしたら、まずユーザーネームとパスワードを入力してログインしましょう。 削除の理由を選択 ログインすると「アカウントを削除」という画面に遷移します。 下部のフォームからアカウント削除の理由を選択します。 退会したい理由が当てはまらない場合は、「その他」を選びましょう。 完全削除を選択 理由を選ぶと、下部にパスワードを再入力するフォームが表示されます。 ここに、もう一度パスワードを入力した上で 「アカウントを完全に削除」のボタンをタップします。 「アカウントを削除しますか?」という最終確認メッセージが表示されますので、本当にアカウントを完全削除して問題なければ、 「OK」をタップ。 これでInstagramからの退会が完了します。 一時停止によりアカウントを無効化させる手順(2016年10月現在) Instagramにアクセス アカウントを一時停止させたい時もInstagramのアプリからはiPhone・Androidともにアカウントを完全に削除することができません。 まずはスマホのChromeやSafariなどのブラウザでウェブ版Instagramにアクセスします。 ・ Instagramにログイン Instagramにアクセスしたら、まずユーザーネームとパスワードを入力してログインしましょう。 プロフィール編集画面に移動 右上にある自分のユーザーネームもしくは人型のアイコンをクリックし、「プロフィールを編集」を選択します。 アカウントを一時的に停止するを選択 プロフィール編集画面に移ったら下方にある「アカウントを一時的に停止する」をクリックします。 *アカウントを停止できるのは一週間に一回までです。 アカウントを停止する理由を選択 クリックすると「アカウントの利用を一時的に停止」という画面に遷移します。 下部のフォームからアカウント一時停止の理由を選択します。 退会したい理由が当てはまらない場合は、「その他」を選びましょう。 アカウントの一時的な停止を選択 理由を選ぶと、下部にパスワードを再入力するフォームが表示されます。 ここに、もう一度パスワードを入力した上で 「アカウントの一時的な停止」のボタンをタップします。 最終確認メッセージが表示されるので問題がなければ「OK」をタップ。 このボタンをクリックすると、アカウントの一時的な停止は完了です。 もう一度ログインしてアカウントを再開するまで、アカウントの写真やコメント、いいね!が表示されなくなります。 なお、 アカウントを一時停止してから間もないうちにアカウントを再開することはできなくなっています。 一時停止自体がきちんと完了できていないのが原因です。 数時間はログインできないので注意が必要です。 一時停止からの復活(2016年10月現在) 一時停止したアカウントを復活させるには、再びログインするだけで停止前の状態で再開することができます。 ただし、ウェブ版ではなくInstagramアプリからログインする必要があります。 Instagramアプリを開く Instagramアプリを開き、ユーザー名とパスワードを入力。 これで一時停止は解除でき、今までの写真や動画、プロフィール、いいね!などのデータが自分にも他人にも閲覧できるようになります。 いかがでしたか? SNSにちょっとお疲れ気味の方は、アカウントの完全削除ももちろんですが、一時停止を上手に使ってスマートにネットライフを愉しんでくださいね! 停止を上手に使ってスマートにネットライフを楽しんで下さいね! おすすめの関連記事.

次の