トレイ クローバー。 ツイステ攻略:トレイ・クローバー

アクリルスタンド トレイ・クローバー 寮服ver.

トレイ クローバー

全カード共通のセリフ集• エピソードLvアップ「お前と一緒にいると楽しいよ。 え、嘘っぽいって?どう言えば信じてもらえるかな」• 魔法Lvアップ「前よりも魔法の力が強くなってる。 一緒に特訓してきた成果かもな」• 限界突破「こんなの柄じゃないってわかってるんだが、自分がどこまでやれるか試してみたくなったんだ。 付き合ってくれるか?」• グルーヴィー「俺にもまだまだ伸びしろはあるってことか。 嬉しいね」• 授業中居眠りしても起こしてやらないぞ?」• 授業開始「よし、集中してやろうな」• 授業終了「お疲れさん。 次もこの調子でな」• バトル開始「あまり手荒なことはしたくないんだけどな」• バトル終了「熱くなるのは得意じゃないんだ」 R(制服)セリフ集• 召喚獲得演出「早く学園に馴染むには協調性が大切だ。 副寮長の言うことを聞いて損はないと思うぞ?」• グルーヴィー演出「お前を見てると自分が新入生だったときのことを思い出すよ」• ホーム設定「調子はどうだ?」• 今談話室に行けばまだ残ってるかもしれない」• いいじゃないか。 初々しくて可愛げがある」• ホーム遷移・ログイン直後「やあ。 今日の授業はもう終わったのか?やんちゃして先生たちに迷惑かけるなよ」• 寮長になったときなんて、そりゃあ大騒ぎになったっけ」• ほどほどが一番だ」• オススメの医院を紹介しようか?」• あいつは友達が多いからな」• 今ちょっと忙しいからまた後でな?」 R(運動着)セリフ集• 召喚獲得演出「まあ、何事もほどほどに、だ。 はりきり過ぎてもいいことはないぞ」• グルーヴィー演出「マジフトで勝負?ははっ、いいぞ。 ハンデはあげよう」• ホーム設定「準備運動は済んだか?」• ストレッチ中、リリアに思いっきり背中を押されて……お手柔らかにって言ったのに」• ホーム遷移・ログイン直後「運動はあんまり好きじゃないんだよなあ。 特別苦手なわけでもないんだが」• 「お菓子作りには体力が必要!」っていうのが親の持論だったんでね」• 手を抜いてるつもりはないんだけどな」• 心当たりないって言ってるのに、諦めの悪い奴だよ」• 召喚獲得演出「こういうのは得意な方なんだ。 まあ、そんなに不安がらず俺に任せてみろ」• グルーヴィー演出「コツコツ、慎重に。 実験も料理もそれが大切だ」• ホーム設定「何を作って欲しい?」• 気軽に触ったりするなよ?毒があると危ない」• ホーム遷移・ログイン直後「時間があるならサイエンス部の見学をしていかないか?ルークも喜ぶと思うぞ」• ホーム遷移・グルーヴィー「昨日、余った材料でキャラメルを作ったんだ。 たくさんあるしよかったらもらってくれないか?」• 魔法より手間はかかるけど、その分成果が出たときの喜びはひとしおだよ」• よくどこにやったかわからなくなるんだよ」• 部活でもお世話になってる」• あれも化学の一種みたいなものだろう?」• ホームタップ・グルーヴィー「お前たちを見てると弟と妹を思い出すよ。 いっつも騒がしくて手を焼いてた。 はははっ」 SR(式典服)セリフ集• 召喚獲得演出「首をはねられたくなきゃ、式典の間ぐらいは大人しくしていてくれよ?」• グルーヴィー演出「こらこら、こんなところにいていいのか?式典に遅刻したら大変だぞ」• ホーム設定「今日は何事もありませんようにっと」• ありがとう」• ホーム遷移・ログイン直後「さーて、今日はやることがたくさんある。 手伝いたくなったらいつでも言ってくれ」• ホーム遷移・グルーヴィー「式典服でオンボロ寮に立ってるとずいぶんその……雰囲気があるな」• ディアソムニアの副寮長も大変そうだよな」• ところでアップルパイとタルト・タタン、どっちが好きだ?」• あいつといると気を使わなくていいし楽だよ」• ホームタップ・グルーヴィー「リドルはしっかりしてるから俺が副寮長としてやることはあまりないんだ。 飾りみたいなもんだよ」 トレイのホームボイス以外のセリフも別記事にまとめています。 ツイステッドワンダーランド関連記事一覧 アイテム関連• ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど•

次の

アクリルスタンド トレイ・クローバー 寮服ver.

トレイ クローバー

人間には色々な面がある。 例えば、あの厳格なリドルに年齢と不相応な子供の面があったように、いつも嫌なことからのらりくらりと逃げる自分が友人の為なら危険の中に飛び込めたように、人には色んな面があるし、それは分かっている。 いや、分かっているけども ケイト・ダイヤモンドはそこまで考えながら、目の前の光景を見て、ほんの少し固まった。 「あ、先輩」 目の前に広がるプチ衝撃的光景の一つである後輩が、こっちを見て微笑んだ。 肩まで伸ばしてある柔らかそうな亜麻色の髪と華奢な体つきで、学校内で密かに「実は女なんじゃないか」と囁かれている監督生は、穏やかな声で続ける。 「何か御用ですか?」 「いや、用はあるんだけど…監督生ちゃんじゃなくて」 「あ、トレイ先輩ですね」 「そうそう」 物分かりのいい後輩にケイトが頷くと、監督生も頷き返し、その膝に頭を乗せて眠っているトレイを軽く揺すった。 「先輩、トレイ先輩」 ケイトは、優しい声で揺すられている友人を見る。 その光景は先程も思った通り、少しばかり衝撃的だった。 トレイとは入学当初からの付き合いだが、彼がこんな風に人に甘えているのを初めて見た。 「すいません、最近先輩眠りが深くって」 「中々起きないんです」と苦笑する監督生に「大丈夫だよ〜」とにっこり笑いかける。 実際、トレイへの用は緊急の案件ではなかった。 偶々時間が空いたからついでに用件を済ませてしまおうと探していただけだ。 それに、トレイが熟睡している姿というのも珍しい。 ケイトが知る限り、トレイは眠りの浅い性質だった。 リドルの癇癪に困った寮生が、彼に昼夜を問わず泣きつくものだから、そういう体質になってしまったらしい。 だからこうやって、リラックスして眠っている姿を見ると少し安心する。 「にしても、ベタ惚れだね」 「?」 「トレイ君だよ。 監督生ちゃんにベタ惚れ」 「そ、そうですかね?」 監督生がほんのりと頬を染める。 誰が見たってそうだが、どうやら本人に自覚はないようだ。 微笑ましいというか、何というか。 「…んん」 「先輩、目が覚めましたか?」 トレイが身動ぎし、目を擦った。 それを見て、監督生が優しく笑う。 「え」 呆気に取られたケイトを無視し、キスは進む。 段々と激しくなる水音に、思わずそっと目を逸らした。 次の瞬間、監督生の焦ったような声が耳に届く。 「あ、あの、先輩」 「2人っきりの時はトレイでいいって言っただろ」 「えっと、トレイさん」 「何だもう終わりか?いつもならもっと…」 「け、ケイト先輩が」 「ああ、ケイト…ん?ケイト?」 後輩の視線を追い、トレイがこちらを見た。 ケイトは、珍しく目を見開いている親友にひらりと手を振る。 「や、やっほー」 何で言えばいいか分からず、それだけ言う。 トレイは数瞬こちらを凝視し、深く息を吸った。 「…そうか、分かった」 「え、何が分かったの?」 トレイの目が座ってる。 正直怖い。 だが彼はケイトのことなど気にせず、続けた。 「ドゥードゥル」 「ちょ、待った待った!それ使うのナシ!」 勿論、全力で止めた。 * 「いやもう本当にさ、あんな所でユニーク魔法使おうとしないでよ…」 「いやあ、悪かった。 つい慌てて、な」 ケイトの文句に、トレイが少し気まずそうに笑った。 まあ結局使っていないので、今回は大丈夫だったが、いきなり使うのは本当にやめて欲しい。 「一つ気になったんだけど」 「ん?何だ?」 「仮にユニーク魔法を発動したとして、何を上書きしようとしてたの?」 トレイのユニーク魔法『ドゥードゥル・スート』は短時間のみ要素を上書き出来る能力だ。 トレイ本人曰く落書きのようなものらしいが、中々強力で汎用性の広い能力だと思う。 実際、リドルを止めることが出来たのも、彼がユニーク魔法を使ってくれたおかげだった。 「ちょっとケイトの記憶をな」 「は?記憶?」 「ああ。 キスをした場面だけでも別の記憶を上書きすれば、ケイトは少し混乱するだろう?そうしたら今見たのは夢だとか幻だとか誤魔化せないかって思ってな」 「…出来るの?そんなこと」 「条件は色々あるが、不可能じゃないな」 「うわー怖い」 だとしたらマジチートだ。 効果が短いとはいえ、便利過ぎる魔法だ。 「もうトレイ君を怒らせないようにしようっと」 「あの時だって別に怒ってなかったぞ。 慌ててただけで」 「慌ててるからって友達にユニーク魔法使おうとしないで…」 「悪かった悪かった。 少し照れ臭かったかもんでな」 その言葉を聞き、ケイトはトレイの顔をまじまじと見つめた。 見れば、その頬は薄らと赤い。 どうやら本当に照れているらしい。 「照れ臭いって…いつも結構あんな感じでしょ」 思わず呆れて言う。 確かにキスしだしたのは驚いたが、トレイと監督生はいつもあんな感じだ。 一緒にいればすぐ2人きりの世界になるし、何でもない日のお茶会に出てくるケーキより甘いことをいつも言い合っている。 それなのに恥ずかしいなんて、ケイトにしてみれば今更感が強い。 「いつも?そうか?」 「そうだよ。 トレイ君、あの子にベタ惚れじゃん。 付き合い始めた時だって、見せつけてたし」 「いや別に見せつけたつもりはなかったんだが…」 数ヶ月前、トレイが監督生と付き合い始めた直後、ちょっとした事件があった。 食堂で、中性的でどこか女性のように見える監督生を、下卑た言葉で揶揄う輩がいたのだ。 どれだけ名門校だったとしても、残念ながらそういう馬鹿で低俗な奴等は一定数いる。 監督生の性別なんて、親しい面々にとってはどうでもいいことだ。 そもそも学園長が認めた生徒なのだから、そんな言葉を聞く必要なんてない。 だが言われたことを多少気にしていたのか、監督生自身は顔を赤くして黙り込んでしまった。 その側にいるエースとデュースは違う意味で顔を赤くしていたけれど。 特に怒りの導線が短いエースは今にも相手をぶん殴りにそうだった。 気持ちは分かる。 厄介な事が嫌な自分でさえ、割って入ろうかと思ったぐらいだ。 だが、ケイトが割り込む前に割って入った奴がいた。 それがトレイだった。 トレイは監督生の手を握り、ただこう言った。 お前らには関係ないだろう、と。 『どっちだろうと、こいつは俺の大事な人だよ』 その台詞を聞き、食堂はまた別の意味で騒がしくなったことは、言うまでもない。 「まさか皆の前であっさり公言しちゃうなんてね」 「公言って…大袈裟だなぁ。 俺は思ったことを言っただけだよ。 場所がちょっと悪かっただけだ」 「大袈裟でもなんでもないでしょ。 しかも隙あれば一緒にいるし。 虫除けに余念がなさ過ぎ」 「恋人とずっと一緒にいるなんて、当たり前だろ?」 「ついでに周りを牽制するのは全っ前当たり前じゃないけどね」 恋人に甘い言葉を囁き、まるでどこぞの姫の如く扱いながら、周りを牽制し、一切邪魔をさせない。 それをしれっとこなすが、このトレイだ。 正直言ってちょっと怖い。 同時に、これだけ惚れている監督生と別れたらどうなっちゃうんだろう、という不穏な考えが浮かぶ。 いや、そもそも 「トレイ君はさ」 「ん?」 「監督生ちゃんが元の世界に帰ったら、どうするつもり?」 ピタっとトレイの動きが止まった。 それを気にせず、ケイトは続ける。 「あの子はこっちの世界の住人じゃないんだよ」 監督生はこの世界の住人じゃない。 異世界からの来訪者。 いつかは帰らなければならない人間だ。 どう考えたって、ずっと一緒に居ることは出来ない。 しかし、トレイはあっさりと答える。 「勿論話し合うさ…お互いが納得するまでな」 「それが無理だったら?」 「俺はあいつの意志を尊重するよ。 あいつに辛い思いをさせたくないんだ」 「そっか」 思ったより、まともな答えだった。 確かに、トレイならそうするだろう。 彼は本当に監督生を大切にしている。 しかしケイトがそう思った瞬間、トレイは微笑みながら口を開いた。 「だから、あいつの意志でここを選んでもらう」 「へ?」 まるで当然のことかのような口調だった。 彼はとびきり優しく笑いながら続ける。 「あいつが自分の意思でこちらを選ぶなら、何の問題もないだろ?」 「いや、確かにそうだけど」 トレイの言っていることは間違っていない。 間違ってはいない、けど。 「監禁しても逃げられたら終わりだし、無理矢理なのは趣味じゃないんだ」 「一度は監禁を視野に入れたんだ…」 「そんな顔するなよ、ケイト」 だってあいつを愛しているんだ、とトレイは一点の曇りもなく笑う。 「どうしようもないくらい、あいつが好きなんだよ」 「…ベタ惚れだもんね」 「ああ、だから」 邪魔しないでくれよ、と言って彼は目を細めた。 金色の目がこちらを真っ直ぐ射抜く。 穏やかで優しくて、どこか獰猛な瞳。 そういえば、金色の瞳は狼の目と呼ばれることもあるらしい。 今のトレイに嫌味なくらいぴったりだ。 「邪魔なんてしないよ」 そんな勇気も度胸もない。 それに、あの監督生がこちらに居てくれるのは嬉しい。 自分だって監督生のことを気に入っているのだ。 だが、少しばかり罪悪感が疼くので、これだけ付け加える。 「ほどほどにね」 「おいおいケイト」 トレイが呆れたように、苦笑した。 「徹底的にやらないと意味ないだろ」.

次の

#twst夢 #トレイ・クローバー クローバー

トレイ クローバー

全カード共通のセリフ集• エピソードLvアップ「お前と一緒にいると楽しいよ。 え、嘘っぽいって?どう言えば信じてもらえるかな」• 魔法Lvアップ「前よりも魔法の力が強くなってる。 一緒に特訓してきた成果かもな」• 限界突破「こんなの柄じゃないってわかってるんだが、自分がどこまでやれるか試してみたくなったんだ。 付き合ってくれるか?」• グルーヴィー「俺にもまだまだ伸びしろはあるってことか。 嬉しいね」• 授業中居眠りしても起こしてやらないぞ?」• 授業開始「よし、集中してやろうな」• 授業終了「お疲れさん。 次もこの調子でな」• バトル開始「あまり手荒なことはしたくないんだけどな」• バトル終了「熱くなるのは得意じゃないんだ」 R(制服)セリフ集• 召喚獲得演出「早く学園に馴染むには協調性が大切だ。 副寮長の言うことを聞いて損はないと思うぞ?」• グルーヴィー演出「お前を見てると自分が新入生だったときのことを思い出すよ」• ホーム設定「調子はどうだ?」• 今談話室に行けばまだ残ってるかもしれない」• いいじゃないか。 初々しくて可愛げがある」• ホーム遷移・ログイン直後「やあ。 今日の授業はもう終わったのか?やんちゃして先生たちに迷惑かけるなよ」• 寮長になったときなんて、そりゃあ大騒ぎになったっけ」• ほどほどが一番だ」• オススメの医院を紹介しようか?」• あいつは友達が多いからな」• 今ちょっと忙しいからまた後でな?」 R(運動着)セリフ集• 召喚獲得演出「まあ、何事もほどほどに、だ。 はりきり過ぎてもいいことはないぞ」• グルーヴィー演出「マジフトで勝負?ははっ、いいぞ。 ハンデはあげよう」• ホーム設定「準備運動は済んだか?」• ストレッチ中、リリアに思いっきり背中を押されて……お手柔らかにって言ったのに」• ホーム遷移・ログイン直後「運動はあんまり好きじゃないんだよなあ。 特別苦手なわけでもないんだが」• 「お菓子作りには体力が必要!」っていうのが親の持論だったんでね」• 手を抜いてるつもりはないんだけどな」• 心当たりないって言ってるのに、諦めの悪い奴だよ」• 召喚獲得演出「こういうのは得意な方なんだ。 まあ、そんなに不安がらず俺に任せてみろ」• グルーヴィー演出「コツコツ、慎重に。 実験も料理もそれが大切だ」• ホーム設定「何を作って欲しい?」• 気軽に触ったりするなよ?毒があると危ない」• ホーム遷移・ログイン直後「時間があるならサイエンス部の見学をしていかないか?ルークも喜ぶと思うぞ」• ホーム遷移・グルーヴィー「昨日、余った材料でキャラメルを作ったんだ。 たくさんあるしよかったらもらってくれないか?」• 魔法より手間はかかるけど、その分成果が出たときの喜びはひとしおだよ」• よくどこにやったかわからなくなるんだよ」• 部活でもお世話になってる」• あれも化学の一種みたいなものだろう?」• ホームタップ・グルーヴィー「お前たちを見てると弟と妹を思い出すよ。 いっつも騒がしくて手を焼いてた。 はははっ」 SR(式典服)セリフ集• 召喚獲得演出「首をはねられたくなきゃ、式典の間ぐらいは大人しくしていてくれよ?」• グルーヴィー演出「こらこら、こんなところにいていいのか?式典に遅刻したら大変だぞ」• ホーム設定「今日は何事もありませんようにっと」• ありがとう」• ホーム遷移・ログイン直後「さーて、今日はやることがたくさんある。 手伝いたくなったらいつでも言ってくれ」• ホーム遷移・グルーヴィー「式典服でオンボロ寮に立ってるとずいぶんその……雰囲気があるな」• ディアソムニアの副寮長も大変そうだよな」• ところでアップルパイとタルト・タタン、どっちが好きだ?」• あいつといると気を使わなくていいし楽だよ」• ホームタップ・グルーヴィー「リドルはしっかりしてるから俺が副寮長としてやることはあまりないんだ。 飾りみたいなもんだよ」 トレイのホームボイス以外のセリフも別記事にまとめています。 ツイステッドワンダーランド関連記事一覧 アイテム関連• ストーリー関連• カード・育成・バトル関連• 授業・試験関連• イベント関連• 世界観・キャラクターなど•

次の