了解 いたし まし た 敬語。 「了解しました」の意味と正しい使い方、「承知しました」との違い

上司に「了解いたしました」は正しい?“敬語クイズ”に挑戦

了解 いたし まし た 敬語

了解しましたは敬語になるのでしょうか? 了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なのか、それとも失礼にあたる言葉なのでしょうか? ビジネスの場面での敬語(丁寧語、尊敬語、謙譲語)の正しい使い方にについて確認していきましょう。 よく、相手の要求に対して「了解しました」という言葉を使ってはいませんか? 特にビジネスの場面で、電話やメールでの返事で了解しましたという言葉を使う人は多いと思います。 しかし実は、了解しましたという言葉を間違って使っている人が結構多いのです! ここでは了解しましたという言葉について見ていきたいと思います。 了解しましたは敬語なの?• 了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なの?• 了解しましたは失礼にあたる?• まとめ• 丁寧語• 尊敬語• 謙譲語 の3つに分類されますよね。 了解しましたという言葉は、その中でも丁寧語に分類されます。 しかし、 丁寧な言葉だからと言って、目上の人や取引先のお客様などに使用すると失礼に当たると感じる人もいるので注意が必要です。 例えば、まだまだ人間関係ができていない年上の人や年齢が大きく離れている年上の人などが、年下の人から「了解しました」と言われると、違和感を感じてしまうという人もいます。 了解しましたは目上の人や先輩に使っていい言葉なの? 了解しましたという言葉、頻繁に使っている人もいるのではないでしょうか。 特に了解しましたという言葉は敬語に当たるため、ついつい目上の人や先輩などにも何か頼まれたときや、伝えられた時に「了解しました」という返答をしている人も多いと思います。 しかしこの敬語の使い方、注意が必要です! 相手によっては「了解しました!」という返事を使い分けた方がいいでしょう。 了解しましたという言葉は確かに敬語ではあります。 しかし• 「承知しました」• 「かしこまりました」 という言葉があります。 もしも了解しましたという言葉を今まで使用していたのであれば、こちらの「承知しました」「かしこまりました」という敬語に直すようにしましょう! 目上の人との関係や性格で臨機応変に 目上の人との関係や性格で臨機応変に対応するというのも方法の1つです。 目上の人でも親しい間柄の人の場合には、逆に承知しましたなどという言葉は堅苦しく感じてしまうので、了解しましたという言葉を利用してもいいでしょう。 了解しましたは失礼にあたる? 了解しましたという言葉は、相手の言葉の内容を理解したという意味合いがあります。 つまり、了解しましたという言葉の中には、• 相手を尊敬する• 相手を立てる という意味合いは含まれていません。 その為、たとえ敬語だとしても目上の人や上司、先輩に使用すると失礼と感じてしまう相手もいるので注意が必要です。 目上の人が目下の人へ丁寧な言い方をする言葉としてはOK! 目上の人が目下の人へ、または上司が部下に丁寧な言い方をする言葉としては了解しましたという言葉を使用しても大丈夫です。 さらに、気心の知れた先輩などへの返答の場合にも了解しましたという言葉でも問題はないでしょう。 ただ、もう少し丁寧に言いたいという場合には、 「了解いたしました」という言葉を使うともっといいと思いますよ。 まとめ ビジネスの場面や、普段の生活でついつい使ってしまいがちな「了解しました」という言葉。 もちろん気心の知れた相手に丁寧に言う言葉としては間違えではありませんが、会社での上司や先輩、取引先やお客様に対して使用するのは間違いです。 その理由は、了解という言葉には相手を敬う言葉が一切含まれていないからです。 敬語というのはただ単に丁寧に言えばいいというものではありません。 たとえ丁寧でも「了解しました」のように使う相手によっては失礼にあたると感じてしまう言葉もあるという事を忘れないでくださいね。 敬語をきちんと使い分けてこそ、常識のある社会人といえるのではないでしょうか。

次の

【敬語の意味・違い】承知しました/了解しました/かしこまりました/了承しました

了解 いたし まし た 敬語

「了解しました」の敬語を知ろう 社会人として最低限必要になってくるのは敬語のマナーです。 いくらオフィスで毎日顔を合わせて居る相手であってもマナーは必須なのです。 特に会社は上下関係のしっかりした場ですから上司や目上の人への発言は十分気をつけなければなりません。 「了解しました」は敬語ではない 近頃の若いビジネスパーソンは、上司や取引先のお客様から指示や連絡を受けた時の返事として、「了解」という言葉を使用する人が増えています。 しかし、これは間違いで、上司や取引先の相手に「了解」という返事はふさわしくありません。 使用してしまうと失礼になる言葉です。 「了解」という言葉の意味を調べると「物事の事情や内容を理解し、承認すること」とあり、要約すると「理解した」という意味になります。 「了解」という言葉には尊敬の意味が一切入っていません。 そのため、 上司や取引先の相手にこの言葉は使用してはいけないのです。 取引先とのメールでの使用例 【宛先】A社の山田様 【件名】次回打ち合わせの件 【本文】山田様 いつもお世話になっております。 次回打ち合わせの日程の件ですが、こちらは変更可能でございます。 承知いたしました。 ではその時間に本社にてお待ちしております。 よろしくお願い致します。 同期や先輩と社内メールなどでやりとりする場合には「了解」を使用しても問題ありませんが、後ろに「致しました」をつけると敬語になり、「しました」をつけると丁寧になります。 先輩に連絡する時などは砕けた言い方より少し丁寧なほうが良いでしょう。 「了解しました」と同じ意味で使われる4つの敬語と使い分け 紹介してきたようにビジネスシーンで「分かりました」という意味合いで使われる言葉はいくつかあります。 どの場面でどの言葉を使ったらいいのか、迷ってしまいますよね。 そこで、「了解しました(致しました)」「承知しました」「了承しました」「かしこまりました」の4つの言葉の違いと使い分け方法を見ていきましょう。 1.了解しました 「了解しました」は同僚もしくは目下の人に対して使用する言葉です。 「了解」に「しました」をつけると丁寧な言い方になりますが、尊敬語ではないので、 上司やお客様に対して使用するのは失礼にあたります。 2.承知しました 「承知しました」には「目上の人の命令をうけたまわる」という意味があり、尊敬語になりますので、 上司やお客様など目上の人に使用するのに適切です。 ビジネスシーンでも使う頻度の多い言葉なので覚えておいたほうがいいです。 より丁寧にかしこまった感じで言いたい場合は「承知いたしました」と言うといいでしょう。 3.了承しました 「了承しました」は何かを承諾する時に使用する言葉です。 「それでいいですよ」という意味合いになるので、 目上の人が目下の人に使うのが正しい使い方なので、上司やお客様などの目上の人に対して使用するのは失礼になります。 承諾したという意味を伝えたい場合、 お客様には「承りました」、上司には「承知しました」を使いましょう。 4.かしこまりました 「かしこまりました」には「理解して受ける」という意味があり、 「承知しました」と同様に上司やお客様などの目上の人に使用できます。 上記二つの言葉はビジネスシーンでもとてもよく使用されますのでしっかりと覚えておきましょう。 「かしこまりました」と「承知しました」の使い方の例を確認 二つの言葉の使用例を確認しましょう。 「了解しました」の敬語は時と場合を考えて使おう 「了解しました」をメインに、間違いやすい敬語の使い方について紹介してきました。 最近だとアットホームな職場などでは「そこまで気にしない」「逆に堅すぎると壁を感じる」などといった声も聞かれるようです。 しかし、社会人として正しい敬語の使い方を知らないことはやはり恥ずかしいことです。 就活生や新社会人は気を付け過ぎるくらいで丁度良いでしょう。 会話だけに限らず、社内メール、社外メール、手紙など、文章のみでのやりとりの際も、敬語には気をつけましょう。 時と場合と相手との関係を鑑みて、正しい言葉遣いを心がけたいものですね。

次の

分かりましたの敬語を上司へ了解しましたは間違い?メールの場合

了解 いたし まし た 敬語

「了解しました」の意味・敬語 「了解しました」の意味は「理解しました」 「了解しました」の意味は 「理解しました」です。 「了」という漢字には 「はっきりわかること」という意味があり、「解」という漢字には、 「問題をとく・わかる・わからせる」という意味があります。 「了解」は「わかる・理解する」という意味の言葉が二つ使われた言葉で、 「物事の意味内容、事情などを理解すること」ということです。 簡単に表現すると、「理解した」という意味になります。 また、「了解した上で承認すること」という意味があります。 つまり、「了解しました」は、「理解しました」という意味です。 「了解しました」は丁寧語 「了解しました」は、「了解」という言葉に「しました」を付けた 丁寧語です。 「了解しました」は、 同僚などの立場が同じ人や、部下に使用する言葉とされています。 「了解しました」の使い方 「了解しました」一般的な使い方 「了解しました」は、上記で説明したように、 「丁寧語」です。 同僚や目下の人に、言われた事を「理解して、受け入れました」ということを 「わかりました」というカジュアルな敬語で使用する場合に使用します。 例えば、「13時までに書類の提出をお願い致します」と部下に言われた時に、そのことを理解できたのであれば、「了解しました」と返事として使用します。 「了解しました」を用いた例文 「会議の日程変更の件、了解しました」 「詳しい事情を聞き、すぐに了解しました」 「了解しましたとだけ簡単に返事をされた」 「了解しました」はビジネスシーンで目上の人には使わない方がいい 「了解しました」は、丁寧語である為、 ビジネスシーンで目上の人の使用することは避けたほうがよいとされています。 目上の人と会話をする場合、話し手が自分にある時は、 相手に敬意を示す為にへりくだった表現をする必要があります。 相手に敬意を示す表現をする場合は、「丁寧語」ではなく 「謙譲語」を使用することが基本となる為、「了解しました」は、ビジネスシーンで、目上の人に使用することはふさわしくないとされています。 「了解しました」の類語・言い換え かしこまりました 「かしこまりました」は、 「命令・依頼などを受け入れる意を表す丁寧な言い方」です。 「かしこまる」という言葉には、 身分の高い人の前で、謹みを表すという意味合いがあります。 「かしこまりました」は、目上の人など、相手が言ったことに対して「かしこまって、承知する」という場合に使用します。 「かしこまりました」を用いた例文 「かしこまりました、ではそのように対応させていただきます」 「かしこまりました、検討させていただきます」 「かしこまりました、後ほど連絡させていただきます」 了承しました 「了承しました」は 「事情を理解して承知しました」という意味です。 「了解しました」と同様に、「了承しました」は丁寧語である為、基本的には 同僚や、部下など目下の相手に対して使用する言葉です。 「了承しました」を用いた例文 「次回の会議についてのお話、承知しました」 「承知しました、次回までに準備いたします」 「値段の変更につきましても承知しました」 わかりました 「わかりました」は、 「物事を理解しました」という意味です。 「わかる」の丁寧語が、「わかりました」になります。 「わかりました」は、敬意が足りないを感じる人も多いので、 目上の人に対して使用ことは避けたほうがよいでしょう。 「わかりました」を用いた例文 「午後に伺えばいいのですね、わかりました」 「思っていたほどの重労働ではないことがわかりました」 「開催時間の記載に間違いがあることがわかりました」 承りました 「承りました」は、 「引き受けました」という意味です。 「引き受ける」の謙譲語が「承る」になります。 また、「聞く」の謙譲語でもあり、「質問があれば承ります」というような使い方をすることもできます。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の