アルジェ #メノア。 アルジェリア(首都:アルジェ)の治安・テロ最新危険情報

アルジェ(ALje)|ホットペッパービューティー

アルジェ #メノア

クチコミ 0件• 382,144アクセス• アルジェリア独立戦争を描いた映画のラストシーンで、白い Haik(ハイク)と呼ばれるベールを身に纏った女性達の勝利の雄叫びがアルジェの Casbah(又は Kasbah:カスバ)中に響き渡るのが印象的だった。 1954年11月、首都 Algiers(又は Alger:アルジェ)のカスバで FLN(Front de Liberation Nationale:アルジェリア民族解放戦線)が蜂起して始まったアルジェリア人民の抵抗運動の火は瞬く間にアルジェリア全土に広がった。 フランス軍は外人部隊を投入し、これを鎮圧しようとしたが、7年半に渡る FLNの執拗な抵抗により 1962年7月5日、ついにアルジェリアの独立を認めるに至った。 私がそのアルジェのカスバに初めて足を踏み入れたのは 1974年 1月のことであった。 以来カスバに魅かれて 10回以上訪れることになる。 アルジェのカスバはオスマン帝国時代の 16世紀に、アルジェの標高差 118mの丘を埋め尽くすように築かれた城塞のことである。 広さは 45ヘクタールもあり、起伏のある迷路のような路地が張り巡らされている。 一度迷路に迷い込むと2度と出られないとさえ言われていた。 細く曲りくねった階段では老人達が何をするでもなく屯し、階段を下りた小さい広場には共同の水汲み場があった。 家々の木製のドアにはフランス軍により銃撃を受けたという弾痕の跡がそのまま残っていた。 その木戸を開けて中に入ってみると、泉のある四角い中庭に面して民家が並んでいた。 フランス軍による FLNメンバー捜査が行われた際、メンバーを匿った当時の秘密の小部屋など戦争の傷跡がまだまだ生々しく残っていた。 カスバに住む子供達の遊び場は細く曲りくねった階段だ。 子供達の憧れの的は Enter the Dragon(燃えよドラゴン)の映画で世界的に有名になった Bruce Lee(ブルース・リー)とサッカー選手だ。 階段に面した民家の壁にはそのブルース・リーが描かれていた。 アルジェのカスバというと忘れられない歌がある。 「ここは地の果てアルジェリア、どうせカスバの夜に咲く、酒場の女のうす情け」哀愁を帯びたメロデーが浮かんで来る。 歌詞から想像されるように「カスバの女」は、花の都パリからアルジェのカスバに流れて来たフランス人踊り子と外人部隊の傭兵との実らぬ恋を唄ったものである。 華やかだった若い時代のパリでの生活を懐かしみながら、結ばれぬ傭兵との恋に泣く女の歌である。 関心のある方は以下で参照可能。

次の

2020年 アルジェで絶対泊まりたいホテル!10選 【トリップアドバイザー】

アルジェ #メノア

再生すると音が出るのでご注意ください。 アルジェの相方リーダーまとめ(文字) ここからはテキストによる解説! こちらに掲載しているテキストは「動画の内容を文字起こししたもの」になります。 テキストで読みたい方はこちらをご参考下さい。 そして補助効果に「2コンボ加算」と「固定100万ダメージ」が付きます。 コンボ加算はデカいですね。 これが付くことで難関ダンジョンでの「コンボ吸収」が突破しやすくなりますし、パズル面では「L字消し7コンボ」の安定感が増します。 アルジェの弱点をばっちりと補ってくれるリーダーです。 攻撃倍率に関しては、相方候補の中では控えめになるかもしれません。 ただ…自身のアタッカー性能が高いことと、アルジェと同じ木属性ということもあって「瞬間火力」は出しやすいです。 耐久面は問題ありませんね。 軽減の条件が同じところもよくて、耐久時は「L字消し1コンボ」だけで済むという快適性の高さも魅力的です。 あと、これはスキル効果になりますが、メノアのスキルは厄介な「ルーレットギミック」への対策として使えます。 ここが他との大きな差別化になりますね。 現状、実用的な全ドロップロックは「メノア」か「ディーナ」くらいしか存在しません。 代用が効きにくいですし、組み合わせても変な縛りが入らないので、そういった意味でも個人的には一番のおすすめ候補になります。 難点について 弱点についても触れておくと、この組み合わせにはHP倍率が一切かかりません。 なので、難関ダンジョンでの運用には注意が必要です。 まず、L字のパズルミスはほぼゲームオーバーに繋がると思ったほうがよいでしょう。 他にも、L字が組めなくなるギミック…例えば「消せないドロップ」や「花火変換」とも相性が悪いです。 このあたりはスキルで対策して、パズルミスに関しては操作時間延長を長く積むことが対策になります。 最後に見直しの時間を入れるとリカバリーしやすくなります。 ミッキー&フレンズ ディズニーコラボガチャの当たり枠です。 そして補助効果には「2コンボ加算」と「固定100万ダメージ」「操作時間8秒固定」が付きます。 この組み合わせのメリットは、耐久のバランスが良いところと、コンボ加算の条件が優しいところ。 あとは自身の性能も強いですし、サブの自由度まで高いという相性抜群の組み合わせです。 メリット満載ですが、中でも特徴的なのは「操作時間減少に強い」ところ。 8秒固定のリーダーなのでミキフレには「操作時間減少ギミック」が効きません。 この操作時間は「覚醒無効状態」になっても変わりませんし、さらに言えば白鯨降臨のような「制限ダンジョン」でも8秒で操作できます。 指の対策が不要になるのは嬉しいですね。 特に最新の難関ダンジョンでは重宝します。 難点について ただ…8秒の操作時間は難点にもなるところで、例えば「パズルが苦手な方」や「落ち着いてゆっくりと組みたい方」には扱いにくいと思います。 アルジェと合わせた場合、L字消しを含めた4色以上が最大倍率の条件になりますし、できれば「コンボ強化」の補正まで入る「5コンボ」は組みたいところです。 この条件を毎回8秒でこなすには、ある程度のパズル力が必要になります。 特に「ルーレットギミック」が来ると難しくなりますね。 上手く扱える人にはおすすめですが、そうでない方には「操作時間」に余裕のあるリーダーのほうが使いやすいでしょう。 パーティ自体はめちゃくちゃ組みやすいです。 縛りが一切ありませんし、自身がスキブ4個持ちなのもあって「サブに編成するスキブの数」も少なくてすみます。 バレンタインイデアル バレンタインガチャの当たり枠です。 掛け合わせ時の倍率は…HPが2倍、攻撃力360倍、回復力2倍、軽減率62. 補助効果は「2コンボ加算」と「固定100万ダメージ」「落ちコンなし」が付きます。 スペックの高いリーダーで、特に耐久面は「全パラ2倍」「62. あとは自身の性能も高いですね。 火力とサポートの両方に強い性能ですし、スキルは回復力減少の上書きや、覚醒無効回復、欠損対策と幅広く使えます。 難点について リーダースペックの表記だけを見ると一番の強さかもしれませんが、ただアルジェには噛み合わない部分もあります。 というのも、全パラの補正条件が「ドラゴン」と「バランスタイプ」だけになるため、アルジェにはこの補正がかかりません。 アタッカー性能の高いモンスターなので、アルジェに全パラ…特に攻撃力に補正がのらないのは残念ですね。 当然、編成できるサブも「ドラゴン」と「バランスタイプ」に限られます。 ただ、イデアル自身が「火」と「水」の両属性持ちなので、全属性編成自体はめちゃくちゃ作り易いです。 まとめると…噛み合わない部分もありますが、タイプ縛りを満たせば耐久力の高いリーダーとして運用できるといった感じ。 平子真子 ブリーチコラボの当たり枠ですね。 掛け合わせ時の倍率はHPが1. 5倍、攻撃力390倍、回復力1. そして補助効果には「2コンボ加算」と「固定100万ダメージ」「指3秒延長」が付きます。 攻撃倍率の高さと補助効果の多さが魅力的ですね。 指に余裕があるため他のリーダーよりも余裕を持ってパズルができます。 自身が持つ役割も多くて、覚醒スキルにスキブ3個、超覚醒にお邪魔耐性+、スキル効果で覚醒無効回復と攻撃力減少の打消しが可能です。 ちなみに、悪魔タイプにかかるエンハンスは「アルジェ」にも適用されます。 5倍といっても、アルジェのアタッカー性能ならかなりのダメージ量が期待できるので最後まで腐りません。 難点について 難点は…これまでにご紹介したリーダーよりも「コンボ加算」の条件が厳しかったり、耐久性が若干落ちるところでしょうか。 あとは編成に「光属性縛り」が入るため、手持ちが充実していないと組みにくいと感じます。 手持ちに「正月リーチェ」や「ガウリィ」「ぬらり神」「超転生ラファエル」「ミニーマウス」あたりがいると運用しやすいです。 正月リーチェ お正月ガチャの当たり枠ですね。 掛け合わせ時の倍率はHPが2倍、攻撃力380倍、軽減率62. そして補助効果には「固定100万ダメージ」と「操作時間2秒延長」が付きます。 おすすめのポイントはHP2倍と高い軽減率による耐久力です。 耐久性能に関しては、今回ご紹介する候補の中では一番かもしれません。 HP2倍と62. 火力も「攻撃倍率の高さ」と「自身の火力」で確保しやすいですね。 スキルに関しては吸収対策の最上位に位置するような破格の性能です。 難点について ただ、難点も多くて…ひとつめは編成できるサブが「悪魔」と「バランスタイプ」に限られます。 ふたつめは回復力に補正がかからないこと。 殴り合いや毒ダメージの相殺を考えると「回復ドロップ強化」や「覚醒バッジ」を取り入れたいですね。 最後の難点はコンボ吸収ギミックに弱いところ。 これまでのリーダーと違って正月リーチェにはコンボ加算の補助効果がつきません。 指延長の効果で盤面内最大コンボは組みやすくなると思いますが、キツめのコンボ吸収がきた場合は「落ちコン頼み」になることもあります。 耐久性能自体は高いのでワンパンできる敵なら大丈夫でしょうが、殴り合いが必要な敵が相手だとキツいと思います。 一言でまとめると、快適性には欠けますが「死ににくい」といった感じです。 超転生ヴィーナス 入手難度の高いモンスターばかりになったので、こちらはレアガチャ産から選びました。 掛け合わせ時の倍率はHPが1. 5倍、攻撃力320倍、回復力1. 5倍、軽減率62. 補助効果はありませんが、HP・回復・軽減とバランスよく補正がかかるため耐久性があります。 ダメージ軽減の条件もアルジェと同じなので使いやすいですね。 あと、ヴィーナスのよいところは柔軟性が高いところです。 スキルターンが軽いのでアシストベースに使いやすいですし、潜在覚醒の枠も最大8枠まで拡張できます。 潜在キラーとの相性も、自身のアタッカー性能が高いこともあってバッチリです。 難点について 難点は光属性縛りが入ること。 それと、やはり補助効果が何もつかないところでしょうか。 コンボ加算がないのは辛いですね。 持っているなら、同じ属性縛りでも「平子真子」のほうが強いと思います。 特に噛み合うリーダーがいないときに使ってみて下さい。 キリト SAOコラボの当たりキャラですね。 掛け合わせ時の倍率は攻撃力が180倍、回復力4. 補助効果は「固定100万ダメージ」と「76盤面化」です。 注目すべき点は、なんといっても「76盤面化」でしょう。 盤面が広くなるとドロップの欠損や、コンボ吸収を含むギミック全般に強くなります。 条件の厳しい「超コンボ強化」の補正も乗せやすくなりますね。 他のメリットとしては「編成できるサブ」に縛りが入らないこと。 キリト自身が闇属性なので、全属性編成が組みやすいという利点もあります。 難点について 難点は攻撃倍率・耐久性が低いところ。 それと自身がスキブ1個持ちなので「スキブ重視編成」が作りにくいところでしょうか。 攻撃倍率自体は、76盤面での「平均コンボ数」と「消せるドロップの数」を考慮すると表記される数値ほど悪くはありりません。 …ただ、そうはいっても他のおすすめ候補に比べると控えめですし、ガッツリとコンボを組む必要があるので快適性は低いです。 このあたりが気になる方は、ボン太くんやリィやマッハなどの「リーダーチェンジスキル」を活用することで、リーダースペックを爆上げすることができます。 以上になります。 今回ご紹介したリーダーは「メノア」「ミッキー&フレンズ」「バレンタインイデアル」「平子真子」「正月リーチェ」「超転生ヴィーナス」「キリト」の7体でした。 ちなみに、今回取り上げたモンスター以外にも噛み合う相方はたくさんいます。 例えば「アンナ」や「コマさん」「クリボー」「ぬらり神」「ハオ」「ライトニング」「アスナ」と合わせても良いと思います。 アルジェは性質上、他の属性とも合わせやすいので色々なリーダーと合わせて使ってみて下さい。

次の

アルジェリア(首都:アルジェ)の治安・テロ最新危険情報

アルジェ #メノア

・ 最大の都市 アルジェ 政府 総計 () 水面積率 極僅か 総計() 人() 16. 東に、と、南東にと、南西に、と、西に、とを接し、北はに面する。 地中海を隔てて北に旧宗主国のが存在する。 首都は。 ととの一員であり、とととに加盟している。 2011年の独立によりが分割され領土が縮小したことで、スーダンを超えてにおいて最も領土が広い国となった。 世界全体でも第10位の領土面積である 目次• 日本語表記は、 アルジェリア民主人民共和国。 通称、。 は、 阿爾及利亜または 阿爾及。 アラビア語名のジャザーイルは、首都のアラビア語名と同じで、「アルジェを都とする国」といったような意味合いである。 英語名など欧米諸言語や日本語の国名アルジェリアは、ジャザーイルに定冠詞のアルがついたアル=ジャザーイルが転訛した Alger に地名語尾の -ia を付して作られた。 ジャザーイルの原義はジャジーラ(「島」、のテレビ局「」と同じ語)の複数形で、「島々」を意味する。 歴史 [ ] 詳細は「」を参照 古代アルジェリア [ ] の住人は、遺跡を遺した。 紀元前には内陸部にが存在した。 沿岸部にはの植民都市が存在したが、を経てカルタゴは滅亡し、ベルベル人のもやを経て、最終的にの征服によってのとなった。 その後の征服、の征服を受けた。 イスラーム帝国期 [ ] 8世紀になど勢力が侵入し、イスラーム化した。 アルジェリアには内陸部にが栄え、イスラーム化と共に住民のアラブ化も進み、11世紀のの侵入によって農村部でのアラブ化が決定的になった。 イスラーム化した後もある程度の自治は保ち続けた。 西から進出した、の支配を経た後に、 1229年にが成立し、1236年にを都としたが成立した。 オスマン帝国領アルジェリア期 [ ] 詳細は「」を参照 にが進出し、。 フランスによる征服に対してが激しく抵抗したが、にフランスは全アルジェリアを支配した。 アルジェリア北岸にはアルジェ県、オラン県、コンスタンティーヌ県が置かれ、これら三県はフランス本土と同等の扱いを受け、多くのヨーロッパ人がフランス領アルジェリアに入植した。 にの貴族が、トゥアレグ族居住地域内ので蜂起した()。 フランス軍が鎮圧したものの、が終わると独立運動が激化し始めた。 中の1942年の以降は反の拠点となり、を首班とするもアルジェで結成された。 第二次世界大戦が終結すると独立運動が再び激化し始めた。 には現地人(アンディジェーヌ)と入植者(コロン)の対立に火が付きが勃発、100万人に及ぶ死者を出した。 アルジェリア戦争中の1960年代にはサハラ砂漠でのが行われた。 も参照。 独立 [ ] にアルジェリア民主人民共和国として独立を達成し、に誕生した初代の大統領は政策を採り、後のと共に運動と世界革命路線を推進した。 一方、独立によって居住地は、マリ共和国・ アルジェリア・に分割されていたが、域内のとから産出する冷戦下で重要性が高まっていたを巡って、 ()(1962年-1964年)が勃発した。 産出するウランの一部は日本に出荷されている。 10月、国境(、)をめぐる ()でと交戦。 に ()が軍事クーデターでベン・ベラ政権を打倒し、ベン・ベラを幽閉した。 ブーメディエンは、現実的な国造りを進め、社会主義政策に基づいて経済成長を達成した。 1月、の ()でと交戦( ())し、 ()( - )に(2月独立)側で参戦した。 1978年にブーメディエンが死去した後、1980年代に入ると FLN のによるアラブ人主導の国造りに対して、からの反発が高まった。 進行していた経済危機の影響もあってに憲法が改正され、が認められた。 1980年代後半から ()政権でのFLNによる一党制や経済政策の失敗に不満を持った若年層を中心にへの支持が進み、の選挙で政党の () FIS が圧勝したが、直後のに世俗主義を標榜した軍部主導のクーデターとによって、選挙結果は事実上無効になった。 このクーデターにより国内情勢は不安定化し、軍とイスラム原理主義過激派の GIA との内戦(、 - )により10万人以上の犠牲者が出た。 内戦末期の1998年9月にはGIAから「説教と戦闘の為のサラフィー主義者集団」(GSPC、2007年以降は)が誕生した。 1995年に大統領に就任した ()大統領は2000年の任期を待たずに辞任したため、1999年4月に行われた大統領選挙で大統領が選出された。 一時、国情が沈静化しつつあったものの、北部や東部ではによるテロが頻発し、犠牲者が多数出ており、その後も国家非常事態宣言は発令されたままの状況が続いた。 、に加わった。 大統領選挙が行われ、ブーテフリカ大統領が90. 任期は5年。 投票率は70. が発生したこともあり、発令より19年が経過した2011年2月24日になってようやく国家非常事態宣言が解除された。 、にある天然ガス関連施設でが起こった。 2019年、5回目の再選を目指す大統領に対する大規模抗議運動()が起き、ブーテフリカは続投を断念した。 政治 [ ] 詳細は「 ()」を参照 基本政策は、連帯であり、1960年代から1970年代まではやと共に諸国の中心的存在だったが、1979年のシャドリ政権以降は現実主義・全方位外交を基調としている。 近年はG8諸国を中心にとの外交活動を積極的に推進している。 これはここ数年のアルジェリアはテロのイメージが強く、それを払拭するためである。 この努力の結果、アルジェリアへのイメージも改善されてきている。 アフリカ諸国、アラブ諸国の中心的存在にある国の一つであり、、、に加盟している。 2005年にはの議長国を務め、のにもたびたび選出されている。 マグリブ諸国との関係においては、独立以来の相違や、領土問題、への取り組み、アルジェリアによる独立運動の支援など様々な要因により、アルジェリアはモロッコとの対立を繰り広げてきた。 1994年以来、モロッコとの国境は封鎖されている。 モロッコが大部分を実効支配するの独立を訴えるとを一貫して支持し続け、アルジェリア領内には西サハラ難民の難民キャンプが存在する。 日本で2019年に開催された第7回でサハラ・アラブ民主共和国代表団はアルジェリアが発給した旅券で日本に入国し、日本政府が黙認する形で参加が実現した。 日本との関係 [ ]• 在留日本人数 - 135名(2018年12月)• 在日アルジェリア人数 - 225人(2017年12月) との関係においては、独立戦争を や、らが支援したことをきっかけに、独立後も友好的な関係が築かれた。 アルジェリアは日本企業に多くの開発事業を発注し、1978年には日本人在留者()が3,234人に達するなど 、日本にとって最も関わりの深いアラブの国となったが、1990年代の内戦勃発以後日本人在留者の数は急速に減少した。 2011年において8億3510万円(世界6位)の義援金を日本に贈る。 地方行政区分 [ ] 詳細は「」を参照 アルジェリアは58の(県)、547の ()(郡)と1,541の ()(基礎自治体)に分けられている。 各県の県名は、最大都市の名前からとられている。 58 人工衛星から見たアルジェリア 国土の大部分をが占め、乾燥した平原地帯となっている。 地中海の対岸には、が存在する。 一見して日本より相当南の緯度にあると思われがちだが、首都のアルジェは南部や中部、北部や北部や北部や北部や北部とほぼ同じ緯度である。 との境に位置するため、国である。 アトラス山脈はアルジェリア北西部でをはさんで北部のと南部のの2つに分かれている。 アトラス高原にはやそれが枯渇した盆地が多数ある。 また、アトラス山脈から北にが流れる。 サハラアトラス山脈の南にはわずかな地帯があり、それ以外は全てになる。 内陸部の砂漠地帯は標高1000 m以下の平原が多いが、ニジェールとリビアの国境に近いアルジェリア南東部は山がちで、や、、などがある。 ホガール山地は火山性で、アルジェリア最高峰の山 2,918m を有する。 気候 [ ] アルジェリア財務省 のアルジェリアのは約2060億ドルであり 、とほぼ同じ経済規模である。 同年の一人当たりのGDPは5,437ドルであり、アフリカ諸国の中では上位に位置する。 膨大な対外があるが、やを産出し、近年の上昇で貿易黒字が増大している。 それ以外にもやなどを産する。 国内産業は農業が主で、小麦、オレンジなどを産する。 貿易相手は欧米が中心。 フランスに存在する100万人以上の出稼ぎアルジェリア人労働者からの送金も大きな外貨収入源となっている。 アルジェリアの鉱業を支えているのは、(3213千兆ジュール、世界シェア5位、2003年時点)である。 (4560万トン)、石炭(2万4000トン)にも恵まれる。 アルジェリア産の石油は非常に軽いことで知られる。 金属資源としては、300トン(世界シェア同率3位)に達する水銀の採掘が特筆に値する。 、の埋蔵量も多いが開発は進んでいない。 ジュベル・オングのリン鉱床は2100平方kmに渡って広がり、埋蔵量は世界最大級とされるものの、採掘量は28万トンに過ぎない。 これは1991年時点の109万トンと比較しても低調である。 鉄鉱石も234万4000トン(1991年)から70万トン(2003年)に減少している。 これは社会主義政策による国営企業を民営化する計画が1995年から始まったことにもよる。 アルジェリアの国土の約9割はサハラ砂漠の一部である。 しかしながら、アトラス山脈と地中海に挟まれた帯状の地域は年降水量が600 mm以上に達し、農耕が可能である。 国土面積のうち3. 主要穀物では、乾燥に強い(260万トン、以下2002年時点の統計)のほか、も栽培されている。 特徴的な作物としては地中海性気候に適した(45万トン)がある。 生産量は世界シェア7位に達する。 (17万トン)やの生産も盛んだ。 アルジェリアの貿易はフランスの植民地時代において非常に発展した。 現在総輸出額が495億9000万ドル、輸入額が225億3000万ドルとなっており、主な輸出国はアメリカ(22. また、貧困率はアフリカ諸国の中では低いが、地域間の経済格差は依然としてまだ残っている。 政府は積極的に経済改革を推進し、諸外国からの投資を誘致したり、国営企業を売却する(民営化)などしているが、経済の多角化は進んでおらず、石油や天然ガスに頼ったままである。 はGDPのうちの多くを占めるが大半は自国向けである。 の副次国でもある。 観光 [ ]。 保存状態の良さで知られる。 1990年代のイスラム原理主義過激派によるテロにより観光者は激減、アルジェリア観光は壊滅的な被害を受けた。 しかし、2000年代に入るとテロが沈静化し、それに伴い徐々に再び観光客は増加しているが、それでも全盛期までには至っておらず、日本の外務省海外安全情報でも未だにアルジェリア全土の危険を喚起している。 観光地としては、アルジェ(特になど)、、、など古代ローマの遺跡観光、のなどが有名である。 ブーテフリカ政権時代に中国企業によって建設された ()は2019年の完成時点で世界で最も高いとの二聖モスク(と)に次ぐ巨大なである。 交通 [ ] は、旧態依然の状態であったが、に入りモロッコ国境からチュニジア国境まで国土を横断する当時世界最大 のの1つとされた計画を中国企業と日本企業が受注し、日本企業としても過去最大級 の海外でのインフラ工事であることから国内外から注目を浴び、完成すれば国内のが画期的に向上することから経済対策の切り札として期待されていた。 中国企業が担当した二つの区間は2010年10月と2012年4月にそれぞれ完成している。 しかし、7月に代金の支払いをめぐって工事を打ち切った日本企業の担当した区間も中国企業に建設させると11月にアルジェリア政府は発表した。 また、アルジェリアを縦断する南北高速道路も中国企業によって建設され、4月に一部開通した。 国民 [ ] 詳細は「 ()」および「 ()」を参照 主要言語はとであり、公用語もこの二つである。 口語として話されるのはアラビア語アルジェリア方言 であるが、公用語は文語である正則アラビア語 としている。 アルジェリア方言はオスマン帝国の軍人がもたらしたの影響を受けており、スペイン支配を受けていた西部のなどではの影響を受けている。 1962年の独立以来植民地時代の教育への反動として急速なアラビア語化が進んだが、このことはアラブへの同化を拒否するベルベル語話者の反発を招き、1980年代にはベルベル問題を引き起こした。 このため、2002年の憲法改正によって(タマジグト)が国民語としての地位を認められ、2016年2月7日には公用語となった。 フランス語は公式な公用語には指定されていないが、教育、政府、メディア、ビジネスなどで広く用いられるなど事実上の公用語となっており、大多数の国民はフランス語を話す。 の調査では、アルジェリア国民の3人に1人がフランス語を日常的に使用し、読み書きしているという状況であった(も参照)。 宗教 [ ] 詳細は「」および「」を参照 古代には、で『黄金のろば』を著したや、『』を著したキリスト教の教父などが活躍した。 19世紀末頃からアルジェリア育ちのヨーロッパ人は自らを「アルジェリア人」と規定し、フランス語でアルジェリアニスム運動を主導した。 こうした作家にはやなどが挙げられる。 20世紀のを代表するフランス語作家の一人であるはアルジェリアで生まれ育ち、カミュの『』はアルジェリアを舞台としているが、カミュはこうした潮流を継ぐ存在であった。 一方、アルジェリアの原住民(アンディジェーヌ)、つまりによるフランス語小説としてはの『貧者の息子』(1950年)が最古のものである。 代表的な現代アルジェリアの作家としては、、、、、、などが挙げられる。 哲学 [ ] 古代において、最大の教父と呼ばれ、思想やに大きな影響を与えたは現アルジェリアの生まれだった。 中世においてはアルジェリア生まれではないが、生まれでイスラーム世界最大の学者と呼ばれるは『』を ()(現)で著した。 また、20世紀後半においてというを初めて唱えたもアルジェリア生まれのユダヤ人だった。 の先駆者となった生まれのもまたアルジェリアで書いた。 音楽 [ ] 詳細は「 ()」を参照 アルジェリアの音楽は、によってから追放されたムーア人のの音楽に起源を持つ。 1980年代に世界に広まった音楽のは、アルジェリアの音楽である。 ライ歌手の ()は、に(GIA)に暗殺された。 中の同時期に多くの音楽家(、など)が暗殺され、アルジェリアの音楽家の多くがに活動拠点を移している。 フランスに渡ったアルジェリア人や、その子孫のの中には活動の拠点をフランスに移しているアルジェリア人の音楽家もいる。 代表的な存在としては、国民的作家の息子 ()がで結成したバンド、ライを含む幅広いジャンルを演奏するがなどが挙げられる。 ライ歌手の ()(出身)は、と共演した『』()などで世界的にその名を知られている。 また、南部の黒人の音楽として ()(「」に由来する)が挙げられ、、、等は、グナワ音楽家とコラボレートした作品を発表している。 映画 [ ]• ロイター. 2011年2月25日. 2011年2月25日閲覧。 時事ドットコム. 2019年3月12日. 2019年3月12日閲覧。 2019年4月2日. 2019年4月3日閲覧。 BBC News. 2019年4月3日. 2019年4月4日閲覧。 GlobalSecurity. org 2016年1月14日. 2018年7月20日閲覧。 2019年8月30日. 2019年8月30日閲覧。 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』pp. 254-256• 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p. 257• 2014年2月12日. 2014年2月12日閲覧。 2010年10月8日時点のよりアーカイブ。 2010年11月9日閲覧。 2018年7月25日閲覧。 中信建設. 2018年7月25日閲覧。 2018年7月25日閲覧。 2018年7月25日閲覧。 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p. 2016年2月7日. 2019年6月15日閲覧。 2009年4月2日閲覧• 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p. 355• 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』p. 72 参考文献 [ ]• 『マグレブ紀行』〈中公新書246〉、、1971年1月。 私市正年編『アルジェリアを知るための62章』〈エリア・スタディーズ〉、、2009年4月。 編『アフリカI』〈世界地理9〉、、2002年9月。 『アフリカ現代史V』〈世界現代史17〉、、2000年4月第2版。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 アルジェリアに関連する および があります。 ウィキニュースに関連記事があります。

次の