イオンモバイル 解約。 イオンモバイルの解約は「店舗」と「電話」のみ。ネットからの申し込みはできません!

イオンモバイルの解約方法やSIM返却について徹底解説!注意点は4つ

イオンモバイル 解約

イオンモバイルのイオンスマホセキュリティとは? のサービス「イオンスマホセキュリティ」の内容をさっそく見ていきましょう。 イオンスマホセキュリティの3つの機能 イオンスマホセキュリティは、イオンモバイルの契約者だけが使えるセキュリティサービスです。 月額162円で次の3つのセキュリティ機能が使えます。 セキュリティチェック リアルタイムでウィルススキャン クリーナー 端末に蓄積された不要なファイルなどを消去 パケットチェッカー 当月のパケットの残容量を簡単に確認 ウィルス感染していないかのセキュリティチェックが、この低価格で可能になるのはうれしいですね。 また、 不要なファイルをいつまでも放置していると徐々に端末の動作が遅くなるので、クリーナー機能も利用したい便利機能です。 さらにこれに加えて新バージョン(バージョン4. 1)では新機能の 盗難対策やプライバシー管理も搭載され、セキュリティ対策がますます強化されています! 盗難対策の機能では、スマホを盗難されたり紛失してしまったときに、 遠隔操作で悪用されたり情報が流出する不安が解消できます。 遠隔操作でできること• 画面をロック• 警告音を鳴らす• データの削除• 位置確認• SIM交換時に通知 イオンスマホセキュリティの注意点 イオンスマホセキュリティの注意点も知っておきたいですね。 次の2点に要注意です。 イオンモバイルに契約していないと申し込めない• 端末によっては動作しない場合がある イオンモバイルでは端末だけの購入もできますが、このセキュリティオプションは SIM回線を契約していないと申し込めません。 さらに、イオンスマホセキュリティは 専用アプリを利用するためAndroid搭載端末専用となっており、 iPhoneは未対応となっています。 Androidの端末でも機種によって一部動作しない場合もあるようです。 3つのサービスをそれぞれ別々で利用すると全部で864円もしくは972円になるので、 約200円お得になりますね。 イオンスマホ安心パック対象機種一覧 メーカー 月額648円 月額756円 京セラ S301 - 富士通 ARROWSM01 arrowsM02 arrowsM03 arrowsM04 - HUAWEI P9lite nova nova lite P10lite nova lite 2 nova lite 3 P20lite MediaPad T2 7. NECのMR03LN AB、MR04LN AB、MR05LNはイオンスマホ安心パック対象外です。 イオンスマホ安心パックもイオンスマホ安心保証オプション同様、端末購入と同時に申し込むか、端末の出荷日から14日以内に申し込む必要があります。 端末購入時の申し込み 購入したイオン店舗もしくはイオンデジタルワールドにて申し込む 後日申し込み 端末の出荷日を含めた 14日以内に、イオンモバイルお客さまセンターから申し込む このイオンスマホ安心パックに含まれているイオンスマホ安心保証とイオン電話サポートのサービス内容も紹介しましょう。 イオンスマホ安心保証 イオンスマホ安心保証は、 端末の破損や故障時に安価な費用で新しい端末と交換してくれるサービスです。 毎日使うスマホは、落として割ってしまったり、水濡れで故障してしまったりするリスクは高いですが、そんなときでもイオンスマホ安心保証に加入していれば安心です。 2018年3月1日より 保証期間が永年になりました。 毎月の少しの支払いで永年保証がついてるのはメリットが大きいですね。 イオンスマホ電話サポート イオンスマホ電話サポートのオプションをつけると、さまざまなスマホ操作に関するサポートが受けられます。 単独だと月額300円の利用料です。 イオンスマホ電話サポートで受けられるサポート 操作サポート 初期設定などの 操作説明 遠隔サポート オペレーターが スマホ画面を遠隔で操作し操作方法を案内 出張サポート 電話では解決しない場合 出張して対応 スマホの知識に自信がない方や初心者の方にはとても心強いサポートですね。 こうしたサポートがついているので、イオンモバイルの格安スマホは初心者でも始めやすい格安SIMとなっています。 ただし、イオンモバイルのスマホに最初から入っている プリインストールアプリやイオン専用アプリ、またLINE以外はサポート対象外となるので、 あくまでイオンモバイル関連のトラブル時のサポートとして利用しましょう。 ネットで調べられたり、スマホの操作に不安のない人は、安心パックじゃなくてイオンスマホセキュリティやイオンスマホ安心保証を個別で申し込むほうがよさそうだね。 イオンスマホセキュリティの設定方法 イオンスマホセキュリティの実際の使い方や設定方法を確認しましょう。 イオンスマホセキュリティは専用アプリが用意されているので、「イオンスマホセキュリティアプリ」をインストールする必要があります。 イオンスマホセキュリティアプリのインストール方法 イオンモバイルでスマホを購入した場合は、イオンスマホセキュリティの専用アプリがプリインストールされているかもしれません。 そのアプリを消してしまった場合やはじめからアプリが入っていなかった場合は、次の手順でインストールしましょう。 設定画面から「セキュリティ」を開き、「提供元不明アプリ」のインストールを有効にする• aeon-smartphone. apk」入力して開く• 「この種類のファイルはお使いの端末に悪影響を与える可能性があります。 保存しますか?」という表示が出たら「OK」をタップする• 次の画面の表示が完了したら上から下へスワイプして別の画面を出す 出典:• 「kingsoft. apk」をタップする• 「同意する」をタップする• 「インストール」をタップする• 「完了」をタップする イオンスマホセキュリティの初期設定方法 イオンスマホセキュリティを使い始める前に、アプリを開いて初期設定を済ませましょう。 シリアル番号を入力することとバージョン更新がされているかを確認する必要があります。 初期設定の手順• 「イオンスマホセキュリティ」アプリをタップして開く• オプションサービスお申込完了通知書に記載されているシリアル番号を入力する• 「オンライン認証」をタップする• イオンスマホセキュリティのアプリ画面に戻り、右上にある歯車アイコンをタップする• 「バージョン更新」をタップする• 「OK」をタップし、画面の指示に従いインストールして更新する• イオンスマホセキュリティは安くて頼りになるセキュリティオプション! イオンスマホセキュリティに申し込めば、安価な月額料金で便利なセキュリティ対策ができますね。 イオンスマホセキュリティのサービスと関連したイオンモバイルのオプションについて見てきましたが、最後にもう一度復習してみましょう。 イオンスマホセキュリティは月額162円で安心 162円でできること• リアルタイムでの ウィルススキャン• 不要なファイルの 一括消去• 当月の パケット残高の確認• 盗難・紛失時の遠隔操作• プライバシー管理 これらのセキュリティ対策に加えて、次のようなサービスも追加することができます。 イオンスマホ安心保証 端末の破損・故障時に新しい端末と交換できる イオンスマホ電話サポート イオンスマホの操作に関する遠隔サポートや出張サポートが受けられる イオンスマホセキュリティがあればスマホのセキュリティ対策はバッチリですね。 スマホ版のウイルスバスターなどの月額金額よりも安く、 クリーナーや盗難対策までしっかり頼れるセキュリティアプリです。 申し込みはイオンモバイルお客様センターから簡単に申し込めます。 イオンモバイルは、初心者や年配者でも安心できるサポート体制が整っていますので、安心してお得にスマホを始められるでしょう。 イオンモバイルでは随時お得なキャンペーンが開催されていますので、公式ホームページからぜひ最新情報をゲットしてみてください。 より複雑化してきているMVNOだからこそ、自分のニーズにあうSIMを簡単に見つけてくれる診断チェックを活用しましょう。 無料ですぐに診断できるので、ぜひお試しください。

次の

イオンモバイルの解約方法|SIM返却や日割り計算など

イオンモバイル 解約

多くの会社から登場している格安SIMですが、中でも、比較的知名度があるのがイオンモバイルです。 しかし、イオンモバイルをなんらかの理由により解約したい、という方もいることでしょう。 今回は、イオンモバイルの解約方法と注意点について説明します。 イオンモバイルの解約手続き方法は? イオンモバイルお客様センターに電話 自身の自宅などから手続きをする場合は、「イオンモバイルお客様センター」に電話をする方法があります。 電話番号は0120-025-260、受付時間は10:30-19:30で年中無休です。 忙しい方であっても、少し空いた時間さえあれば無理なく手続きが可能になっています。 ご契約即日お渡し店舗で手続き 店舗での手続きの場合、契約したその日のうちに端末を受け取ることのできる「ご契約即日お渡し店舗」にて対応して貰えます。 実際に自分が住んでいる地域では、どの辺にあるかがイオンモバイルの店舗情報から検索可能です。 特に何も調べることなく、なんとなくイオンの店舗に行ってから困ることのないよう、事前に調べておいてください。 解約にあたって手数料や違約金はかかる? 解約だけなら費用はかからない 基本的に、解約だけなら特に出費が発生することはありません。 また、月の途中で解約する場合も同様に手数料や違約金等はかかりませんが、基本料金は日割り計算ではないので注意が必要です。 音声通話を含む全てのプランに共通しており、最低利用期間等の決まりもありません。 mnpの場合には転出手数料がかかる 他社のプランに乗り換える場合に必要なこともあるのが、MNPの転出です。 MNPを行う場合は、契約から180日以内であれば8,000円、181日以上であれば3,000円となっています。 つまり、半年使うか否かで差が出てきます。 あまり余計な出費を増やしたくないという場合は、できるだけ半年以上利用することでここでの出費を抑えられるのです。 そもそもMNPは「他社に乗り換えても電話番号を変えずに使うための鍵」のようなものです。 「電話番号なら変わっても構わない」という方ならMNPは不要なので、上記の費用はかかりません。 端末残債は引き続き支払いが必要 イオンモバイルは違約金が発生しない点が魅力ですが、端末の残債が発生すれば他社と同様に支払いが必要です。 例えば、残り20,000円の支払いを月2,000円で行っていましたが、2カ月目で解約して他社に乗り換えたとします。 そうすると、残債の14,000円を引き続き支払いながらも、乗り換え先のサービスの料金を毎月支払うことになります。 そのため、「今の段階で解約すると、今後どんな負担をどれくらい負うことになるか」をしっかり見据えておくことが必要です。 イオンモバイル解約時の注意点 月末は解約できない ご契約即日お渡し店舗、およびイオンモバイルお客さまセンターは、毎月の最終日の解約申込みを受け付けていません。 例えば、4月であれば30日、5月であれば31日ということです。 そのため、月の最終日の前日が解約申込みの最終日、ということを覚えておくようにしてください。 手続き後即時解約となる 解約の手続きを済ませると、その場で解約が成立してサービスが利用できなくなります。 音声通話のみは手続き後しばらくの間利用できる場合がある、と公式サイトで書かれていますが、利用すればその分の通話料が発生してしまいます。 また、仕事が忙しい時期に入っている方は、すぐにサービスが利用できなくなるのは不便となり得るため、乗り換え先と契約しやすいように、事前にプラン等を調べておくことがおすすめです。 解約月の料金の日割りはなし 先ほども少し触れましたが、解約月の料金は日割り計算というシステムにはなっていません。 月2,000円が利用料だった場合、月のどのタイミングで解約しても利用料を支払う必要があります。 そのため、月初めの解約にはご注意ください。 解約時には本人確認が必要 解約をする際は、本人確認が必要となります。 電話であれば口頭での確認となり、店頭であれば本人確認書類の提出による確認です。 どんな書類が必要かについては、公式サイトには明記されていません。 しかし、大抵の場合は運転免許証やパスポートなどの「生年月日」「氏名」「顔写真」の3つがそろったものであれば大丈夫だと言えます。 健康保険証といった顔写真がないものでは、手続きができない可能性があるためご注意ください。 sim返却は不要 会社によってsimカードは返却が必要な場合もありますが、イオンモバイルは不要です。 保管しておいても大丈夫ですが、小さなチップ状なので無くしやすく、さらに、その後契約した方のsimと混同する可能性もあります。 そのため、特に理由がない限りは処分することをおすすめします。 まとめ イオンモバイルは解約に関してはさほど厳しくなく、解約だけであれば費用もかかりません。 しかし、解約後はすぐに使えなくなってしまうことや、月の最終日は解約できないことなど、いくつかの注意点をよく確認しておくことが大切です。 こちらの記事もぜひご覧ください。

次の

格安SIM「イオンモバイル」を解約する方法

イオンモバイル 解約

イオンモバイルの最低利用期間と解約金詳細 ではさっそく、イオンモバイルの最低利用期間と解約金について詳しく見ていきましょう。 最低利用期間は一切ない イオンモバイル公式サイトを確認したところ、 最低利用期間は一切ないようです。 キャリアをはじめ、多くの格安SIMでは、 ある程度の縛りをつけることでユーザーがすぐに解約するのを防いでいます。 ここで少し、他の格安SIMの最低利用期間を見ていきましょう。 格安SIM 最低利用期間 音声通話SIM データSIM なし なし 12ヵ月~36ヵ月 (契約期間に準ずる) なし なし なし 24ヵ月 なし 12ヵ月 2ヵ月 12ヵ月 1ヵ月 上記のとおり、データ通信専用の「データSIM」は最低利用期間がないところが多いですね。 ただし、電話もできる「音声通話SIM」には 1・2年の最低利用期間が設定されています。 「格安SIM=最低利用期間がない」というイメージが先行しがちですが、実は、ほとんどの格安SIMでは ある程度の最低利用期間が設定されているんです。 そのため、音声通話SIMにもデータSIMにも最低利用期間がないのは かなりレアだと言えるでしょう。 実際、上記の中でイオンモバイルと同条件なのはのみとなっています。 解約金も本当に0円 最低利用期間がないということは、 もちろん違約金もかかりません。 ちなみに、キャリアやその他格安SIMの場合は大抵1万円近くの違約金が発生します。 ではなぜ、イオンモバイルでは 「最低利用期間なし・違約金0円」を掲げているのでしょうか? これは、イオンモバイルの基本理念 「お客様第一」に通ずるものがあります。 通信を申し込んで解約するということは、サービスに満足いただけなかったということ。 そこで代金を頂戴するという考え方はイオンにはない。 返品する時に返品手数料を取るのと同じ。 むしろご満足いただけなくて申し訳ございませんと謝る立場だ。 「最低利用期間なし・違約金0円」は、イオンモバイルの基本理念に基づいたアイデアなんですね! MNP転出時の手数料には要注意 イオンモバイルの 「最低利用期間なし・違約金0円」は事実でしたが、ここで一点気を付けなければならないことがあります。 それは、 MNP転出をする際の手数料です。 MNP(Mobile Number Portability)とは、電話番号はそのままで他社に乗り換えること。 要は、イオンモバイルからキャリアもしくは他の格安SIMに乗り換えるときは 手数料が必要ということなんです。 では、どのくらいの手数料が必要なのか、イオンモバイル公式サイトの記載を見てみましょう。 出典: 上記の備考欄に記載されているとおり、電話番号を変えずに他社に乗り換える場合、 3,000円の手数料がかかります。 イオンモバイルに限らず、ほとんどの格安SIMのMNP手数料は3,000円に設定されています。 ただし、これで終わりではありません。 イオンモバイルでは、契約日から90日以内に乗り換える場合、契約日に応じて 8,000円もしくは15,000円の手数料がかかるのです。 契約日 90日以内にMNP転出した場合 2018年7月1日以降に契約した方 15,000円 2018年6月30日までに契約した方 8,000円 「最低利用期間なし・違約金なし」は事実ですが、 MNP転出する方は最低でも90日以上利用した方がいいでしょう。 もし、ほんのお試し程度でイオンモバイルを利用したいなら、MNP転出が必要ないデータSIMを契約するのが賢明です。 解約する際に注意点すべき5つのこと Web上での解約はできない イオンモバイルでは、残念ながら Web上での解約手続きはできません。 対面や電話ではさりげなく引き留められる可能性もあるため、解約するなら強い意志を持って臨みましょう。 月途中の解約でも基本料金の日割り計算はされない イオンモバイルの締め日は毎月末日なのですが、月途中に解約したとしても 基本料金の日割り計算はされません。 例えば、基本料金が3,000円の方が1月15日に解約した場合、 15日分の1,500円ではなく1ヵ月分の3,000円請求されるということです。 1月であれば31日、2月であれば28日の解約ができないということです。 そのため、どう頑張っても 1日分は損をしてしまうので注意しましょう。 解約手続き完了後すぐSIMカードが使えなくなる 解約手続きが完了した後、当然ですがイオンモバイルのSIMカードはすぐに使えなくなってしまいます。 もし、新規申し込み先を決めずに解約してしまうと、 一定期間スマホを使えない期間が発生するということです。 ちなみに、MNPの場合は他社へ乗り換えた後にイオンモバイルの解約手続きが完了するため、スマホを使えない期間は発生しません。 解約申し込み後のキャンセルはできない イオンモバイルでは、一度解約申し込みをしたらキャンセルすることができません。 解約申し込みをした後でやっぱりイオンモバイルで良かったな…となった場合は、 再度新規申し込みの手続きが必要になります。 その際、SIMカード発行手数料3,000円がかかります。 端末代は解約後も分割で請求される イオンモバイルの端末を分割でセット購入した場合、イオンモバイルを解約しても端末代金は残りますよね。 キャリアでは、残債の支払い方法を一括か分割で選ぶことができますが、イオンモバイルでは 分割一択です。 一括で支払える金額であっても分割で請求されるため、残債が残った状態での解約には注意しましょう。 イオンモバイルを解約するには? 最後に、イオンモバイルを解約する方法をそれぞれお伝えしていきたいと思います。 イオンモバイルお客さまセンターへ電話する まずは、解約手続きに必要なものを準備しておきましょう。 ・本人確認情報 (名前・生年月日・住所・電話番号) ・解約対象のIICID IICIDとは、SIMカードの裏面またはSIMカードが取り付けられていた台紙に記載されている認識番号のことです。 準備ができたら、 イオンモバイルお客さまセンター(0120-025-260)に電話をします。 ご契約即日お渡し店舗で解約する 電話での解約はちょっと不安…という方は、店舗で解約することもできます。 必要なものは以下のとおり。 ・本人確認情報 (名前・生年月日・住所・電話番号) ・本人確認書類(音声通話SIMのみ) ・解約対象のIICID 音声通話SIMを契約している方のみ「本人確認書類」が必要です。 本人確認書類は、 運転免許証・パスポート・マイナンバーカード・住民基本台帳カードのうち1点用意すれば問題ありません。 ただし、店舗の場合は待ち時間が発生する場合があるため、時間に余裕を持って出向きましょう。 イオンモバイルは比較的自由度が高い格安SIM 今回は、イオンモバイルの解約手数料や最低利用期間、注意点などをお伝えしていきました。 90日以内でMNP転出する場合は高額な手数料がかかりますが、それ以降は解約金もなく 比較的自由度が高い格安SIMと言えます。 最後に、解約する際の注意点をザっとまとめておきましょう。

次の