八幡×リーファ。 パティスリーファシナシヨン (京田辺市|洋菓子店

パティスリーファシナシヨン (京田辺市|洋菓子店

八幡×リーファ

において「 絶剣(ぜっけん)」と呼ばれ圧倒的な強さを誇るプレイヤーで、二刀を使わなかったとはいえを2度倒した唯一の人物。 ギルド「スリーピング・ナイツ」のリーダーを務めている。 種族はで、使用武器は黒曜石の刃を持つ極細の片手直剣。 その圧倒的強さから、らに生還者ではと疑問を持たれたほど。 自身が作ったOSSを賭けて辻デュエルをしていた際、キリトを破ったことに興味を持って対戦を挑んできたアスナと出会い、その強さを見込んでギルド1パーティのみによる新生アインクラッドの攻略という無謀なチャレンジへの助力を依頼する。 本編主要人物中唯一の経験者(第22巻現在)。 上記のボス攻略戦もスリーピング・ナイツの最後の思い出作りが目的である。 ボス攻略を果たした後、アスナに姉の面影を重ねていることに気付きALOから一旦姿を消した。 その後、病院を訪ねてきたに「学校に行きたい」という願いを吐露し、らが作った視聴覚双方向通信プローブを利用して明日奈と共に学校へと通う。 ALOに戻った後は新生アインクラッドのいくつかの層の攻略に貢献。 特に28層のフロアボスは、バーベキューパーティの二次会がてら サクヤやユージーンといったALOの有力者含む豪華メンバーによりノリと勢いでボッコボコにされてしまった。 統一デュエル・トーナメントでは決勝戦で再びキリトを破り優勝、勇名はALOの外にも響くこととなる。 他にもと遭遇したり、リアルではプローブを通じて明日奈たちと旅行を楽しんだりもした。 「ボク、頑張って生きた。 ここで、生きたよ」 2026年3月末、容体が急変。 それを聞き、駆けつけたアスナに最後の贈り物として自身が編み出した11連撃のOSS「 マザーズ・ロザリオ」を託したあと遂に力尽き、最期はスリーピング・ナイツや彼女と接した多くのプレイヤーに看守られながら、アスナの腕の中で静かに息を引き取った。 彼女が最後に駆け抜けた3ヶ月間はアスナだけでなく、生きる希望を半ば捨てていた「スリーピング・ナイツ」の面々にも大きな影響を与え、解散を撤回し新リーダーののもと存続している。 リアル リアルでは15歳の少女。 2011年5月23日生まれ、2026年3月29日没。 出生時に輸血用血液製剤からHIVに感染し、約15年間闘病を続けてきた。 両親と双子の姉の藍子(仮想空間内でのアバター名はラン)はによりすでに他界しており、天涯孤独の身。 小学生の頃は薬の服用を続けながら通学し、常にトップクラスの成績を維持し続けたが、HIVキャリアであることがリークされ転校を余儀なくされた。 その後AIDSの発症により入院、ナーヴギアを医療用に転用したメディキュボイドの最初の被験者になり、以来3年間のほとんどを仮想世界で過ごしてきた。 その後 原作では他の同様、当人が再登場することはない。 しかし、およびの重要局面にて「」発動の際に彼女の幻影がその姿を見せている。 それがただの演出であるのか、VR上で本当に現出していたのかは読者の想像におまかせと言ったところだろう。 ユウキのでの上級職の侍の衣装。 VRホスピス「セリーン・ガーデン」で出会ったメリダに誘われ、姉のランと共にゲームを始めることになった。 ユウキは初期職業から剣士を選択、レベルアップすることで上級職の侍になった。 また上級職の忍者であるメリダとの決闘時はこの姿だった。 ゲーム版 上記の通り「sister's prayer」にてメディキュボイドをめぐる姉とのやり取りが描かれ、 設定が矛盾スレスレの状況に陥っているが、これはアニメ第2期はゲーム時間軸でのユウキ初登場であるHF発売後に初放映されたため。 の使用目的や使用時期を考えれば決定的な齟齬は出ていないのでところだが、時点でも全く言及が入っていないあたりやはり相当厳しいのだろうか。 原作ではALOと(一応AE)の姿しかなかったため、オリジナル衣装の数は原作キャラクター最多。 pixivではGGOのものが多めである。 クリア後のとして登場。 原作一巻でキリトとアスナが最後の時を過ごした黄昏の空で、全盛期のキリトと夢の対決が行われる。 勝利すると2周目から仲間として使用可能になるが所謂おまけ要素のため、ストーリー上はいない扱いとなっている。 そのため容姿は原作のALOのままとなっている。 本作より本格参戦。 アスナとの力試しの後、キリト一行に合流することとなる。 マザーズ・ロザリオのイベントも大幅に繰り上げられ、以後キリトたちと共に数々の冒険、そして時にはゲームであっても遊びではない戦いを繰り広げていく。 原作では固有名称がなかった彼女の直剣には「 マクアフィテル」の名が付けられた。 今作ではキリトの女性関係に釘を刺すなど、ハーレム的に一歩ひいた立ち位置を確保している。 目玉であるマザーズ・ロザリオのイベントではギルドの名を残す手段として、MMOトゥモローにおけるある高難易度の攻略成功者を記事にする企画へと挑戦。 キリトもボス討伐に加わり、クライン以外の仲間たちもオールスターで足止めを買って出るなど、原作よりも派手な展開となっている。 なお新生アインクラッド(黒鉄宮の碑文)はIF展開の影響で存在していない可能性もある。 そしてボス討伐の後に自身の余命が3ヶ月であることを明かし、キリトとの対話やアスナとの剣による語り合いを経て彼女にマザーズ・ロザリオを託したのだった。 …が、なんと彼女の病状はその後一転して快方へと向かい、未来へ 一筋の希望を残す結末となった。 彼女に本当のが訪れるのか、今はまだ不明である。 ゲーム上では何故か闇魔法使いとして大活躍 (ゲームクリア前は)闇属性最上位魔法アビス・ディメンジョンを修得する唯一の人材なのだが、これがラスボスの弱点の上に対人戦で凶悪な性能であったため、 エクスキャリバー乱獲にPvPのバランス破壊と猛威を振るった。 「絶剣」の名の通り、白兵戦も全く問題ないため、本作の最強候補の一人になっている。 やはり命を燃やすのか。 クリア後には最上級魔法を全て修得するセブンが加入するが、こちらは完全に後衛でキャラで、魔法強化スキルも別の属性のため、ユウキに軍配が上がる。 オリジナル衣装は用意されていないものの、彼女にとってはこそが最高の装備なのかも知れない。 GGO初参戦。 衣装はいつもの黒と紫に赤いキュロットを合わせたナウティーキュロット。 はしゃぎ過ぎかバトルのことばっかり考えており、突出しがちでアスナに注意されることも。 今回はキリトとたまにいい感じになったりならなかったりする。 武装は光剣「ムラマサF9」系と3点バーストのハンドガン「HGBST3」系を使用。 ヒーローバトルではバフ・デバフを駆使しつつ光剣で敵チームをキルするのが主体となるだろう。 HPはリーファに次ぐ低さ、防御力もかなり低めなので被弾には注意。 既にHRの時点で2026年に入っており、刻一刻と原作における あの春の日が近づいてきているが 果たしてこちらの世界線の彼女は生きて新学期を迎えることができるのだろうか…? サブイベントにてが通院していた病院に最近までメデュキュボイドを使用していた患者の話があり、ユウキも希望を抱いて生きようと決意する これが彼女なのか別の患者かは不明。 ARゲームのオーディナル・スケールでの衣装。 外見はALOのユウキそのもの。 ただしエルフ耳ではなく普通の人間の耳になっている。 衣装はアスナの物の色違い版でニーソのみオリジナルデザインになっている。 またユウキの使用する片手剣はファントム・ロザリオ。 新たなタイトルバックにて、HFの際には叶わなかったSAO衣装のユウキが確認できる。 外部出演 外部参戦作。 2015年12月17日発売の家庭用に期間限定ながら 無料配信される。 SAOとのコラボとして降臨クエストのボスキャラとして登場した。 また最初からではなくてコラボ期間途中からの登場であった(降臨前は、原作での圧倒的な強さから超究極で降臨するのではないかと言われていた。 が、このコラボの少し前で、がプレイヤーにトラウマを植え付けたからなのか、通常降臨となった)。 降臨キャラとしては優秀な性能を誇っており、"マインスイーパー"と"アンチダメージウォール"のWアビリティでなかなかのギミック対応力を持っている。 友情コンボは"次元斬"でそこそこの雑魚処理能力も備えている。 ストライクショットは原作同様の"マザーズロザリオ"で、自身のスピードアップ後に強力な攻撃を放つ仕様となっている。 ちなみにストライクショットは、電撃文庫25周年コラボで(このコラボに先んじて)登場したアスナ&キリトにも採用されている。 降臨クエストの内容は、"ダメージウォール"と"ヒーリングウォール"がメインギミックで、一部雑魚を倒すと"加速床"が発動する。 また回復アイテムであるハートは出現しない仕様となっている。 クエストの難易度自体はさほど難しいものではないが、ボスが初ターンに必ず割合ダメージで攻撃してきて、こちらのHPを強制的に4にしてくるので注意が必要である。 ボス戦ではボスのHPがある程度減ると作中でも印象的な曲である"courage"が流れるという原作ファン感涙の仕様となっている。 関連記事 親記事.

次の

#2 SAO、ALOをクリアし日常へ...? 前編

八幡×リーファ

において「 絶剣(ぜっけん)」と呼ばれ圧倒的な強さを誇るプレイヤーで、二刀を使わなかったとはいえを2度倒した唯一の人物。 ギルド「スリーピング・ナイツ」のリーダーを務めている。 種族はで、使用武器は黒曜石の刃を持つ極細の片手直剣。 その圧倒的強さから、らに生還者ではと疑問を持たれたほど。 自身が作ったOSSを賭けて辻デュエルをしていた際、キリトを破ったことに興味を持って対戦を挑んできたアスナと出会い、その強さを見込んでギルド1パーティのみによる新生アインクラッドの攻略という無謀なチャレンジへの助力を依頼する。 本編主要人物中唯一の経験者(第22巻現在)。 上記のボス攻略戦もスリーピング・ナイツの最後の思い出作りが目的である。 ボス攻略を果たした後、アスナに姉の面影を重ねていることに気付きALOから一旦姿を消した。 その後、病院を訪ねてきたに「学校に行きたい」という願いを吐露し、らが作った視聴覚双方向通信プローブを利用して明日奈と共に学校へと通う。 ALOに戻った後は新生アインクラッドのいくつかの層の攻略に貢献。 特に28層のフロアボスは、バーベキューパーティの二次会がてら サクヤやユージーンといったALOの有力者含む豪華メンバーによりノリと勢いでボッコボコにされてしまった。 統一デュエル・トーナメントでは決勝戦で再びキリトを破り優勝、勇名はALOの外にも響くこととなる。 他にもと遭遇したり、リアルではプローブを通じて明日奈たちと旅行を楽しんだりもした。 「ボク、頑張って生きた。 ここで、生きたよ」 2026年3月末、容体が急変。 それを聞き、駆けつけたアスナに最後の贈り物として自身が編み出した11連撃のOSS「 マザーズ・ロザリオ」を託したあと遂に力尽き、最期はスリーピング・ナイツや彼女と接した多くのプレイヤーに看守られながら、アスナの腕の中で静かに息を引き取った。 彼女が最後に駆け抜けた3ヶ月間はアスナだけでなく、生きる希望を半ば捨てていた「スリーピング・ナイツ」の面々にも大きな影響を与え、解散を撤回し新リーダーののもと存続している。 リアル リアルでは15歳の少女。 2011年5月23日生まれ、2026年3月29日没。 出生時に輸血用血液製剤からHIVに感染し、約15年間闘病を続けてきた。 両親と双子の姉の藍子(仮想空間内でのアバター名はラン)はによりすでに他界しており、天涯孤独の身。 小学生の頃は薬の服用を続けながら通学し、常にトップクラスの成績を維持し続けたが、HIVキャリアであることがリークされ転校を余儀なくされた。 その後AIDSの発症により入院、ナーヴギアを医療用に転用したメディキュボイドの最初の被験者になり、以来3年間のほとんどを仮想世界で過ごしてきた。 その後 原作では他の同様、当人が再登場することはない。 しかし、およびの重要局面にて「」発動の際に彼女の幻影がその姿を見せている。 それがただの演出であるのか、VR上で本当に現出していたのかは読者の想像におまかせと言ったところだろう。 ユウキのでの上級職の侍の衣装。 VRホスピス「セリーン・ガーデン」で出会ったメリダに誘われ、姉のランと共にゲームを始めることになった。 ユウキは初期職業から剣士を選択、レベルアップすることで上級職の侍になった。 また上級職の忍者であるメリダとの決闘時はこの姿だった。 ゲーム版 上記の通り「sister's prayer」にてメディキュボイドをめぐる姉とのやり取りが描かれ、 設定が矛盾スレスレの状況に陥っているが、これはアニメ第2期はゲーム時間軸でのユウキ初登場であるHF発売後に初放映されたため。 の使用目的や使用時期を考えれば決定的な齟齬は出ていないのでところだが、時点でも全く言及が入っていないあたりやはり相当厳しいのだろうか。 原作ではALOと(一応AE)の姿しかなかったため、オリジナル衣装の数は原作キャラクター最多。 pixivではGGOのものが多めである。 クリア後のとして登場。 原作一巻でキリトとアスナが最後の時を過ごした黄昏の空で、全盛期のキリトと夢の対決が行われる。 勝利すると2周目から仲間として使用可能になるが所謂おまけ要素のため、ストーリー上はいない扱いとなっている。 そのため容姿は原作のALOのままとなっている。 本作より本格参戦。 アスナとの力試しの後、キリト一行に合流することとなる。 マザーズ・ロザリオのイベントも大幅に繰り上げられ、以後キリトたちと共に数々の冒険、そして時にはゲームであっても遊びではない戦いを繰り広げていく。 原作では固有名称がなかった彼女の直剣には「 マクアフィテル」の名が付けられた。 今作ではキリトの女性関係に釘を刺すなど、ハーレム的に一歩ひいた立ち位置を確保している。 目玉であるマザーズ・ロザリオのイベントではギルドの名を残す手段として、MMOトゥモローにおけるある高難易度の攻略成功者を記事にする企画へと挑戦。 キリトもボス討伐に加わり、クライン以外の仲間たちもオールスターで足止めを買って出るなど、原作よりも派手な展開となっている。 なお新生アインクラッド(黒鉄宮の碑文)はIF展開の影響で存在していない可能性もある。 そしてボス討伐の後に自身の余命が3ヶ月であることを明かし、キリトとの対話やアスナとの剣による語り合いを経て彼女にマザーズ・ロザリオを託したのだった。 …が、なんと彼女の病状はその後一転して快方へと向かい、未来へ 一筋の希望を残す結末となった。 彼女に本当のが訪れるのか、今はまだ不明である。 ゲーム上では何故か闇魔法使いとして大活躍 (ゲームクリア前は)闇属性最上位魔法アビス・ディメンジョンを修得する唯一の人材なのだが、これがラスボスの弱点の上に対人戦で凶悪な性能であったため、 エクスキャリバー乱獲にPvPのバランス破壊と猛威を振るった。 「絶剣」の名の通り、白兵戦も全く問題ないため、本作の最強候補の一人になっている。 やはり命を燃やすのか。 クリア後には最上級魔法を全て修得するセブンが加入するが、こちらは完全に後衛でキャラで、魔法強化スキルも別の属性のため、ユウキに軍配が上がる。 オリジナル衣装は用意されていないものの、彼女にとってはこそが最高の装備なのかも知れない。 GGO初参戦。 衣装はいつもの黒と紫に赤いキュロットを合わせたナウティーキュロット。 はしゃぎ過ぎかバトルのことばっかり考えており、突出しがちでアスナに注意されることも。 今回はキリトとたまにいい感じになったりならなかったりする。 武装は光剣「ムラマサF9」系と3点バーストのハンドガン「HGBST3」系を使用。 ヒーローバトルではバフ・デバフを駆使しつつ光剣で敵チームをキルするのが主体となるだろう。 HPはリーファに次ぐ低さ、防御力もかなり低めなので被弾には注意。 既にHRの時点で2026年に入っており、刻一刻と原作における あの春の日が近づいてきているが 果たしてこちらの世界線の彼女は生きて新学期を迎えることができるのだろうか…? サブイベントにてが通院していた病院に最近までメデュキュボイドを使用していた患者の話があり、ユウキも希望を抱いて生きようと決意する これが彼女なのか別の患者かは不明。 ARゲームのオーディナル・スケールでの衣装。 外見はALOのユウキそのもの。 ただしエルフ耳ではなく普通の人間の耳になっている。 衣装はアスナの物の色違い版でニーソのみオリジナルデザインになっている。 またユウキの使用する片手剣はファントム・ロザリオ。 新たなタイトルバックにて、HFの際には叶わなかったSAO衣装のユウキが確認できる。 外部出演 外部参戦作。 2015年12月17日発売の家庭用に期間限定ながら 無料配信される。 SAOとのコラボとして降臨クエストのボスキャラとして登場した。 また最初からではなくてコラボ期間途中からの登場であった(降臨前は、原作での圧倒的な強さから超究極で降臨するのではないかと言われていた。 が、このコラボの少し前で、がプレイヤーにトラウマを植え付けたからなのか、通常降臨となった)。 降臨キャラとしては優秀な性能を誇っており、"マインスイーパー"と"アンチダメージウォール"のWアビリティでなかなかのギミック対応力を持っている。 友情コンボは"次元斬"でそこそこの雑魚処理能力も備えている。 ストライクショットは原作同様の"マザーズロザリオ"で、自身のスピードアップ後に強力な攻撃を放つ仕様となっている。 ちなみにストライクショットは、電撃文庫25周年コラボで(このコラボに先んじて)登場したアスナ&キリトにも採用されている。 降臨クエストの内容は、"ダメージウォール"と"ヒーリングウォール"がメインギミックで、一部雑魚を倒すと"加速床"が発動する。 また回復アイテムであるハートは出現しない仕様となっている。 クエストの難易度自体はさほど難しいものではないが、ボスが初ターンに必ず割合ダメージで攻撃してきて、こちらのHPを強制的に4にしてくるので注意が必要である。 ボス戦ではボスのHPがある程度減ると作中でも印象的な曲である"courage"が流れるという原作ファン感涙の仕様となっている。 関連記事 親記事.

次の

三重県四日市市 中古コンテナ40ftハイキューブ×2本設置

八幡×リーファ

SS読み過ぎてアスナの旦那は八幡なんじゃないだろうかと思い始めた凡夫です。 この記事ではソードアートオンラインのおすすめSS・二次小説を紹介していきます。 八幡とSAOって似合いすぎてやばい。 後はアクセルワールド。 理性の化け物になった八幡が戦場を駆けるとかありだと思います。 戦い方も頭脳派だから異能力バトルにも対応できるし、あれ? こいつ実はバトルもの主人公の方が向いているんじゃないだろうか。 4部になら登場できそうな気がする。 というか誰かジョジョ4部と俺ガイルをクロスオーバーしてくださいお願いします。 俺ガイルのクロスオーバーを読みあさっていたらなんかすごいことになってきました。 1つの記事に全部ぶちこんでいたのですが、1万文字を余裕で越えてきたのでそろそろ分割しようと思います。 ・・・・・・SAOも人気のジャンルなので俺ガイルと同じような状況になりそうですがとにかくこの記事に書けるだけ書いていきます。 Contents• SAOクロスオーバーSS・二次小説 原作短編集でSAOとAWはコラボしていましたね。 ・・・・・・この表紙を見るとやはり顔面格差問題って深刻ですね。 ハルユキは痩せよう。 痩せたらキャラ弱くなるけど。 ・・・・・・痩せたハルユキってどうなるんだろうな。 キリト化しないよね? ・・・・・・あれ? キリトっぽくなるんじゃないか? なんつうかこう穏やかというか坊ちゃんぽいキリトみたいな。 探してみたらありました。 ごめん。 凡夫の妄想が間違っていました。 なんだろう、というか誰だこいつ。 なんか腹たつな。 そして笑顔がうさんくさいなおい。 こいつ黒幕だろ。 何かしらの黒幕だろ。 ハムスターにスパイスとかつけてそう。 全身が光に包まれ、右目の視界、そして意識が白一色に染まり、再び冥府へ旅立つ浮遊感に身を任せる。 しかし、意識が戻った青年を待っていたのは、全く別の場所…別の世界だった。 うちはイタチがキリトに転生したらというクロスオーバー作品です。 キリトさんの強さに秘密を考察するとニンジャだったんだよ!という説が凡夫の中で最有力になりました。 黒一色の出で立ち、あの変態駆動。 黒の剣士と死の恐怖 ソードアートオンラインが. hackの後日談だったら…………というお話。 あの事件から数年後。 彼はまた、ネットワーク事件に巻き込まれる。 オンラインゲームを扱った作品と言えば、SAOでもログホラでもなく. hackな凡夫です。 hackは面白かったな。 最初はオンラインゲームだと勘違いしていたけど。 白アリから黒アリになっていく曲構成がたまりません。 未完 兄と妹が起こす新たなる伝説。 「 」の新たなる神話を今、ここに... おもしろい作品なのですが4月から更新が止まっています。 どうも作者は受験勉強中らしいです。 ・・・・・・え? これ高校生が書いているのか? マジでか。 文章力すげーなおい。 どちらも主人公TUEEE!! 系なので違和感がないです。 マジで。 その苦しい戦いを勝ち抜いて聖杯に触れた私は役目を終え、眠るはずだった。 それなのに。 ガールズラブ要素があります、ご注意ください。 ソードアート・オンライン 原作再構成 原作再構成ものの作品を紹介していきます。 ソードアート・キリトライン 完結 茅場晶彦のデスゲーム宣言に激怒したキリトが空中に浮かぶ巨大アバターに斬りかかった。 アバター撃破の報酬なのか、気づけば見知らぬスキルが出現していることに頭を抱えるキリト。 そんなIfから始まる物語。 SAOの二次作品は読み応えのある作品がたくさんあるのですが、完結している作品が少ないというか未完結のまま放置の作品が多い気がします。 人気ジャンルの二次小説ならよくあることではあるのですが、続きが気になるほどおもしろい作品が多いので残念です。 その点、この作品は堂々の完結を迎えているのでおすすめです。

次の