オセロニアデッキ。 【PR】逆転オセロニア【攻略】: 混合デッキと単色デッキはどちらが強い? それぞれの組み方と戦い方を徹底解説

【オセロニア】回復耐久デッキのレシピと使い方|ゲームエイト

オセロニアデッキ

はHPが5,000以下だと、手軽に4,000もの特殊ダメージを出せるため、終盤での攻防を決定づけるアタッカーだ。 クラスマッチで、神駒が10枚以上のデッキで100勝する「コントロールマスターの証」の報酬として入手できる。 最近では、クラスマッチの上位プレイヤーのほとんどが、デッキに入れていると思っていいほど強力な駒だ。 は、スキルの発動させやすさと高威力で、混合デッキではおなじみのキャラクターとなっている。 また、コンボスキルは、蘭陵王やムーニアなどの神属性をリーダーにしたデッキに対して強力なため、混合デッキ同士での対戦でも重宝する。 決戦イベントでのみ入手できるので、イベントが復刻しているタイミングで必ず確保しておきたい。 有利な盤面を作りやすい駒 攻撃的なキャラクターがそろっていても、相手が同じような混合デッキだと打ち方1つで戦況も変わってくる。 そんなときにがいると、相手が火力の高い駒ばかりを出してきてもダメージを抑えられる。 また、コンボスキルで強力な特殊ダメージも狙えるため、盤面に配置しておくだけでも、相手にプレッシャーをかけられるだろう。 など、相手のコンボスキルを無効化できる駒を持っているなら、早いタイミングでハーピストエンジェルやアズリエルなどを置かれた場合の対策として、合わせて使っていこう。 単色デッキを組む上でのポイント 1つの属性に特化したデッキを扱うなら、各属性の特徴を活かした形に編成したい。 たとえば、神属性の場合、特殊ダメージをメインとした攻撃型デッキをはじめ、回復デッキやデバフデッキなど、同じ属性でも、さまざまな攻め方が存在する。 そのため、自分の手持ちの駒やプレイスタイルに合った編成を探してみよう。 神属性の場合.

次の

【オセロニア】ロスカ呪いデッキ(呪いパ)の戦い方とテンプレ

オセロニアデッキ

竜統一速攻デッキ 戦い方とデッキコンセプト 呪いデッキはいかに相手の手駒を呪い、相手の出す駒を迷わせて翻弄するかがカギとなります。 なので、「ただ呪えば勝てる」という簡単なものではないのです。 自分のHPを上手く管理しながらこちらのコンボスキルを繋げて相手を倒せる高いプレイングスキルも要求されます。 呪いデッキはダメージが一定なのでダメージ計算が他のデッキより必要とないため、駒投げのイメージがあります。 しかし、逆に呪えないと相手にダメージを全然与えられないまま押し切られる場面も多々あるので、デッキ編成もとても重要になってくるので、ぜひ参考にしてみてください。 おすすめデッキサンプル 呪いデッキのコスト200の場合、S駒が4枚でも5枚でもあまり差はないので、自分に合った編成を探してみてください。 コスト200 S4編成 バランス重視のS4編成です。 レアリティ キャラ S駒 【リーダー】[闘化]ロスカ/[闘化]ブライダル・トルトゥーラ/[闘化]ベルゼブブ/[進化]ルクスリア/ A駒 カリシャ/アルバ/ユエファ/セリーヌ/[魔闘化]心核の守護者/ハロウィン・アルカード/ルーティル/レクソーブ/[闘化]ブランジェッタ/[闘化]リッチ/テラーナイト/[進化]ルキア コスト200 S5B2編成 一気に呪いをかけて相手を倒すデッキです。 そのため出来るだけ呪えるよう、スキル・コンボスキル両方呪い 怨念 の駒を編成することは大きな強みです。 攻撃スピードを上げるため、怨念であるとより良いでしょう。 代表的な駒をピックアップしました。 S駒 [闘化]ベルゼブブ スキル呪い、コンボ怨念 、[闘化]夜行 スキルコンボ共に怨念 、トゥナトゥナ スキルコンボ共に呪い 、ラァナ スキルコンボ共に呪い 、ヴォルート スキルコンボ共に呪い A駒 セリーヌ スキル怨念、コンボ呪い 、[闘化]お京 スキル呪い、コンボ怨念 、奏庵 スキルコンボ共に呪い 、ルーティル スキルコンボ共に呪い 、アルバ スキルコンボ共に呪い 【その3】手駒ロックのタイミングを上手く使う [冥府の苦労人] オルプネー 何度も書いていますが、 呪いデッキはHP管理がとても大事になってきます。 方法は様々ですが、 吸収がとても強力かつ、扱いやすいのでおすすめします。 代表的な駒をピックアップしました。

次の

【オセロニア】疾風迅雷!竜統一速攻デッキ(竜パ)の戦い方・おすすめレシピ

オセロニアデッキ

Tier4 コンセプトデッキ デッキ名 属性 評価点 順位変動 神 8. 0点 DOWN 魔 8. 0点 - 魔 7. 5点 - 神 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 魔 7. 5点 - 竜 7. スキルがバフ系の竜駒とコンボで追加特殊ダメージを与える駒を組み合わせて大きなダメージを狙う戦い方となります。 デッキのバランスが良く組みやすいのが特徴で、初心者の方にもおすすめです。 デバフで「神単デッキ」や「暗黒デッキ」を抑えつつ、「魔フェリヤ」の強力な毒を中心に相手のHPを削っていきます。 「魔フェリヤ」の毒で安定してダメージを与えていけるので事故が少なく、 どんな補正でも勝率が高いデッキです。 神駒も多めに編成することでHPを高く保ち、毒や呪いでライフアドバンテージを取っていく戦い方となります。 特に 無補正やHPダウンで活躍できる強力なデッキと言えるでしょう。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした攻撃型の神単デッキです。 バフと囁きでATKを上げ、大きな特殊ダメージを与えていきます。 HPも高いので使いやすく、特に 神アップやHPダウンの補正で活躍してくれるデッキとなります。 神駒を増やし続け、中盤以降から強力な特殊ダメージを与えていくことができます。 特に 神HPアップの補正で活躍できるデッキです。 デバフで相手の高火力攻撃を抑えつつ、毒や吸収で攻撃していくのが基本的な戦い方となります。 ATK依存の攻撃をしてくるデッキに対して有利に立ち回れるデッキです。 発動条件が緩い罠を編成することで、相手に大ダメージを与えられます。 高火力アタッカーが多く編成された「」相手に有利に戦えるのが特徴です。 手駒竜鱗の登場によって安定感が増し、多くのデッキに対して優位に立てるデッキとなっています。 ただし、捕食・竜鱗・暗黒のスキルを持つキャラを揃えなければならないため、編成難易度は高くなっています。 4倍のリーダーバフオーラスキルを持つ「」をリーダーとした竜単デッキです。 高火力の竜駒をX打ちし、短いターンで攻め切るデッキとなります。 竜のHPやATKが上昇する竜アップの補正やコロシアム等で活躍できるデッキです。 獄炎スキルの登場により「火炎デッキ」が苦手とする 短期戦向けのデッキにも対応することができます。 終盤はアタッカー駒でバフコンボと繋げて大ダメージを叩き出せるデッキです。 雷撃ダメージは罠や防御に妨害されないため、 中盤以降に安定したダメージを出すことができます。 固定特殊やライフバーストのキャラも共に編成しておくことで、より安定感が増すデッキです。 「ヨシノ」でライフアドバンテージを取り、毒・呪い・吸収といった強力な魔駒で攻めていきます。 また、 神駒を編成できることもメリットで、通常の魔単よりも高HPで戦うことができます。 HPを大きく削られても、高い吸収量で回復しつつダメージを与えることができます。 吸収効果がアップしているウィークリーコロシアムでは無類の強さを発揮するデッキとなります。 罠スキルや、デバフなどを駆使しながら バフで殴っていく特殊な立ち回りが可能です。 「」や「」といった高火力バフアタッカーが必須になるので編成難易度は少し高いです。 「」「」がコレクション限定なので編成難易度は高めですが、 HPアップの補正の時は無類の強さを発揮します。 相手のキャラ駒数に応じて火力が上昇するので 定石とは違った立ち回りが必要となる玄人向けのデッキです。 「」や「」といった全体火炎スキルを持つ駒がキーとなり1ターンで大幅にHPを削ることができます。 オセロで盤面を制圧し相手とのHP差で勝利します。 相手のデッキによって勝率が左右するデッキとなっている上、充分なオセロ力も必要とされるのが特徴です。 「」「」等の強力な呪い駒を多数採用し、相手の手駒を呪い続ける戦い方となります。 耐久デッキにも強くHPアップや魔補正で活躍できるデッキです。 そのため、「ベルゼブブ」などので「」と非常に相性がよく、強力な魔駒を生かしやすいデッキです。 先攻の際は「」をすることで「夜行」を最大限生かすことができます。 バフと囁きでATKを上げ、大きな物理ダメージを与えていきます。 HPが高いので使いやすいですが、Tier2で紹介した神単デッキと比べるとデッキパワーが落ちてしまいます。 デッキパワーでは、「ヨシノデッキ」や「魔フェリヤデッキ」に劣りますがキャラが揃っていると非常に面白い立ち回りができます。 竜鱗や捕食スキルも編成して長期戦に持ち込み、大量の呪いを移す戦い方になります。 関連リンク シーズンマッチ関連記事 シーズンマッチ関連記事 デッキ一覧に戻る 最強デッキランキング.

次の