履歴書 塾 バイト。 【塾講師バイト】採用される志望動機ってどんなの?履歴書の書き方を例文で紹介!(バイトあれこれ)|t

採用される!バイト履歴書の書き方を徹底解説!

履歴書 塾 バイト

アルバイトの履歴書に「希望職種」の欄がある場合は何を書けばいいの?募集している求人には職種や仕事内容がすでに指定されているのが一般的です。 バイト履歴書の希望職種の書き方を解説します。 求人票に記載されている職種を書く アルバイトの張り紙や、求人サイトに掲載している求人には、募集職種が記載されているのが普通です。 履歴書に独立して希望職種の欄がある場合は、 求人票に記載されている職種を記入しましょう。 アルバイトの履歴書で記載する希望職種は、社員転職時と違って自分が将来希望する職種などを記載するのではなく、 現在募集されている職種の中から希望する職種を書くのが一般的です。 居酒屋などホールとキッチンの両方を募集している場合もありますが、その場合は自分の希望する職種を記入します。 欄が独立している場合は「ホール」と職種のみを書きましょう。 志望動機の欄などほかの項目と一緒になっている場合は「希望職種:ホール」と簡潔に書きましょう。 この際、 求人票で募集している表現で書きましょう。 募集していない職種に応募するのは、おかしいので求人票に書いている表記で記載します。 もし職種が記載していない場合は、仕事内容で職種とわかるものを記載しましょう。 「仕事内容:ホール、キッチン」と記載されている場合は「ホール、キッチン」と書きましょう。 複数職種を同時に募集している場合は書くと分かりやすい アルバイトの場合は、募集する職種はほとんどの場合、決まっていますので、なくてもいい項目になることが多いですが、履歴書の様式によっては項目が存在しています。 どんな場合に必要になるかというと、複数の職種を同時に応募している場合などでは、多くの応募があった場合など、この人はどの職種に応募した人なのかなというのが分かりやすくなります。 ですので、 複数同時募集している求人の場合は記載すると相手にとって分かりやすいです。 必ず記載しましょう。 書く欄が小さい場合や、ほかの項目と一緒になっている場合は、「ホール」など 職種を簡潔に書きます。 文章で書く必要はありません。 まれに項目が大きい様式がありますが、その場合はなぜその職種で働きたいのか動機も文章で書くといいでしょう。 希望がない場合は空欄や「特になし」でもいい? バイトの履歴書でよくある様式では、希望職種は本人希望欄や、志望動機の欄と一緒になっているものが多いですが、その場合は、志望動機を記載して、希望職種については記載しなくても問題ありません。 履歴書では志望動機、自己PRの方が重視されますので、ほかの項目と一緒になっている場合は書かなくてもOKです。 複数職種を同時募集している場合は記載した方が、相手にとっては分かりやすくなりますので書きましょう。 希望職種の欄が独立してある履歴書の場合は、 「特になし」や空欄にするよりは記載する方が良いです。 「特になし」や空欄は、本人は「何でもやります」という意思表示をしているつもりでも、採用担当者は「意欲なし」と受け取られることもあります。 履歴書は空欄を残さないのが基本ですので、 希望職種の欄が独立してある様式の場合は、「特になし」や空欄にはせずに応募する職種を明記することをおすすめします。 併せてこちらの記事もCheck!

次の

バイトの履歴書の『本人希望欄』に書く内容とは?正しい書き方と例文

履歴書 塾 バイト

「アルバイトの経験しかない」「新卒入社した会社を退職後、アルバイトをしていたけれどまた正社員として働きたい」といった場合、履歴書の職歴欄や職務経歴書にアルバイトの職歴は書くべきなのでしょうか? また、どう書けばよいのでしょうか? そこで、人事の経験があり、多数の転職相談や履歴書・職務経歴書の書き方指導で実績のあるキャリアアドバイザーの谷所健一郎さんに、アルバイト経験の書き方や、アピール方法などを伺いました。 「アルバイト経験しかない場合」「離職期間中にアルバイトをしていた場合」など、ケース別の書き方や例文もあるので、自分にあてはまる内容を参考にしてみてくださいね! <INDEX>• アルバイト経験しかない場合、履歴書に書いてもいい? アルバイトも職務経歴の一つ。 応募企業で生かせる経験ならアピールになる アルバイト経験しかなく、「履歴書や職務経歴書に書くことがない」と悩んでいる方がいますが、 アルバイト経験も立派な職務経歴であり、むしろ 応募企業で生かせる経験ならば、接極的にアピールすべきです。 多くの企業は学歴や前職の企業名、雇用形態ではなく、「自社で求めている人材とマッチしているか」をチェックしています。 ですから雇用形態がアルバイトであっても、求められている人材と関連する経験やスキルをアピールできていれば、採用担当者に評価されるのです。 履歴書・職務経歴書を書く前に、これまでのアルバイト経験について箇条書きで書き出してみてください。 例えば「コンビニエンスストアでアルバイトをしていました」という一行だけではアピールになりませんが、レジ対応、商品陳列、接客、売上管理、新人アルバイトの指導などの経験があれば、十分アピール材料になります。 正社員ではなくアルバイトをしていた理由を説明しよう(例あり) 採用担当者の中には、「なぜ正社員ではなくアルバイト経験しかないのか」と疑問を持つ人もいますが、 きちんと説明すれば問題ありません。 新卒時の就職活動がうまくいかずアルバイトをしている既卒者は、正直に正社員として就職できなかったことを話し、就きたい職種で生かせるスキルを高めるためにアルバイトをしている、または自己啓発していると説明してもいいでしょう。 アルバイトであれば、与えられた業務を忠実に行えば良い仕事もありますが、正社員は自ら積極的に問題改善に取り組むなど、アルバイトと違った姿勢が求められます。 アルバイトと正社員の違いについて認識したうえで、 正社員として取り組みたいという姿勢や意志を志望動機などに記入しましょう。 正社員ではなくアルバイトをしてきた理由の説明(例)• 応募企業で生かせるアルバイト経験を、積極的にアピールしてください。 離職期間中のアルバイト経験は履歴書・職務経歴書に書くべき? 3カ月以上のアルバイト経験であれば記入すべき 離職期間中のアルバイト経験について、 短期間(通常1~2カ月程度)であれば、特に履歴書・職務経歴書に記入する必要はありませんが、記入していても転職の採否に影響することはないでしょう。 しかし3カ月以上のアルバイト経験がある場合、記入せずに履歴書・職務経歴書を提出してしまうと、「離職期間(ブランク、空白期間)が長い」と採用担当者に良くない印象を与える可能性があるため、原則として記入すべきです。 応募企業で生かせる経験であれば、アルバイトであっても通常の職務経歴と同様に、職務経歴書で詳細について記入しましょう。 応募企業で生かせる経験ではない場合は、詳細を記入せず前職の職務内容欄末尾に【退職後について】という見出しをつけて簡潔に記入すれば問題ありません。 なぜアルバイトをしていたか補足しておくのも良いでしょう。 しかし記入していないと、面接で離職期間(ブランク、空白期間)について問われることがあります。 離職期間にアルバイト経験があるからといって採否に大きな影響を及ぼすわけではありません。 質問をされなければアルバイトの職務経歴について特に申告する必要はありませんが、嘘の回答をしてしまうと、後々問題になることがあります。 特に、アルバイトでも社会保険に加入していた場合は、入社時の雇用保険手続き時に前の勤務先名が分かってしまいます。 事前に聞いていた内容と異なれば、経歴詐称ととらえられることもあるので注意しましょう。 そうでなくても、嘘を付いたことが分かると自身の信用にかかわります。 内定をもらった段階で「アルバイト経験のことを伝えていない」と不安になる人もいますが、後で悩むくらいならば履歴書・職務経歴書に記入、あるいは面接時に申告すべきです。 そのほか面接では、「なぜ正社員ではなくアルバイトで働いていたのか」と質問をされる可能性もあるので、「あらかじめ期間を決めて資格取得の勉強をしていた」など、アルバイトをしていた理由を説明してください。 アピールにつながるアルバイト経験の書き方・職務経歴書の記入例 求められている職務経験やスキルに関連する経験を強調してアピールする 繰り返しになりますが、採用担当者は前職の企業名や雇用形態で採否を判断するのではなく、応募者の職務経歴から「自社で求めている人材とマッチしているか」、つまり 「自社の仕事で生かせる経験やスキルがあるか」を見極めています。 履歴書や職務経歴書を書く前に、これまで携わった職務について箇条書きで書き出して、職務経験の棚卸しをしてみてください。 しかし、その経験すべてを履歴書や職務経歴書に書けば良いわけではありません。 棚卸しをした職務経験と、応募企業が求める人材との関連性からアピールすべきポイントを見いだすのです。 具体的には、書き出した 自身の職務経験の中から、求人情報に書かれている仕事内容や応募条件とマッチする経験やスキルをピックアップし、それらを 強調して職務経歴書に記入していきます。 反対に、必要とされていない経験やスキルをいくら羅列しても、採用担当者は興味を持たないため記入する必要はありません。 しかし、コミュニケーション能力、接客力、営業力、PCスキルなどは多くの企業で応用できるものです。 応募企業と直接関連しない職務であっても、応用できそうなものがあれば、応募先の仕事をイメージしながら記入しましょう。 更に、職務経験だけでなく他者からの評価を記入すると良いでしょう。 【評価されたこと】など見出しを付けて、50字から100字位でまとめると、信ぴょう性のある職務経歴になります。 このように、職務経歴書を書く時は 単に経験を羅列するのではなく、求められている経験やスキルを理解したうえで、応募企業に関連し、生かせる経験を強調して記入してください。 洋菓子の販売• 売上管理• 新人アルバイトの指導 【要約】 店長不在の際、店長補佐として本部へ提出する売上報告書、日報の作成を行いました。 販売業務では、お客さまのご要望を親身にお聞きし、適切な商品をおすすめすることで、食品販売フロア20店舗の中で、前年対比伸び率でトップの成績を収めました。 また新人アルバイトの接客指導なども行いました。 【実績】• 売上目標を10カ月達成• 食品フロア20店舗中、前年対比伸び率でトップ(130%) 【評価されたこと】 明るく気持ちがいい接客だとお客さまから何度かお褒めの言葉をいただきました。 チームワークを大切にしながら、お客さまに期待以上のサービスを提供したいという姿勢が実を結んだと感じています。 【退職理由】 契約社員のお話をいただきましたが、今後は正社員として事務職に就きたいと考え退職を決断しました。 (アルバイト期間中に、簿記2級の資格を取得しました) 自己PRや志望動機でアルバイト経験をアピールする方法 採用担当者は応募者がこれまでやってきたことを通じて、これから自社で何ができるかを職務経歴書から知りたいと考えています。 この点を踏まえれば、応募企業に関連しない経歴やスキルが記入されていても採用担当者は興味を持たないことが分かるのではないでしょうか。 もし、 応募先で生かせる経験がないのであれば、職務経歴書では経歴としてのみ記入し、自己PRや志望動機を充実させてください。 職業訓練校で学んだことや自己啓発してきたことが応募企業で生かせるならば、自己PRとして記入しましょう。 また学校卒業後3年程度であり、学んだことがアピール材料になるならば、自己PRとして記入しても構いません。 例えば、「目標達成能力があります」と記入するだけでなくその下に「前職のアルバイトで売上目標を常に達成しました」と書き添えることで、より信ぴょう性のあるアピールになります。 自己PR例文 私は、目標に向かい貪欲に取り組みます。 本部と店舗スタッフで改善策を考え、チラシの配布、会員カードキャンペーン、おすすめ商品のお声掛けなどを行うことで、売り上げを伸ばすことができました。 このことから、簡単に諦めず問題改善に向けて一丸となって取り組むことが良い結果につながることを実感しました。 また【貴社で生かせる能力】という見出しを付けて、アルバイト経験だけでなく、自己啓発したことや学校で学んだことを含めて、応募企業でできることを箇条書きで記入する方法もあります。 生かせる能力のアピール例文(販売のアルバイトから営業事務に応募) イタリアンレストランで1年間アルバイトをしながら、語学力を高めたいと考え勉強をしてきました。 TOEICのスコアで650点を取ることができ、英語のほか、イタリア語も簡単な日常会話でしたら可能です。 今後は、接客スキルと語学力を生かして正社員としてホテルで仕事をしたいと考えていましたところ、貴社の求人を拝見しました。 海外からの観光客が多く、質の高いサービスを常に提供されている貴社のホテルで、これまでの接客経験を生かして長く戦力になりたいと考え志望させていただきました。 まとめ アルバイト経験も立派な職務経歴でありアピールになります。 これまでの経験の棚卸しを行い、応募企業で生かせる職務経験やスキルを積極的に打ち出してください。 採用担当者は学歴や前職の企業名、雇用形態ではなく、「自社が求めている人材とマッチしているか」を重点的に見極めています。 求人情報から企業が求めている人材を想定したうえで、発揮できる能力や、自己啓発していることを含めてきちんと伝えることが何よりも大切です。 アルバイト経験についての履歴書・職務経歴書の書き方を参考にして、自信を持って取り組んでください! あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

履歴書不要のバイトってなぜ不要なの?嘘!?面接時には必要な場合も

履歴書 塾 バイト

私は、自己PRでアルバイト経験を話すことが採用担当者に1番有効にアピールできると思います。 この理由は、アルバイトを通して学んだことや成長したことが、将来の仕事に直結すると感じることが多いからです。 私が実際にアピールできる経験は、塾のアルバイトをしていたことです。 塾では、私が考えた勉強がしやすくなるアイディアなどを活かし、生徒の満足度を高めることができました。 この生徒のために自分ができることを探すことは、仕事に置き換えると、お客様は何を求めているのか、どんな商品を必要としているのか考えることと同じです。 このように、会社に入ってできることに繋げることができます。 就活生が塾講師の経験を活かせると感じる場面は会話やスケジュール管理 キャリアパーク会員の就活生を対象に「塾講師の仕事で学んだことは就活でどう活かせると思いますか?」というアンケートを実施しました。 まずは回答の一部をご覧ください。 論理的思考で面接がうまい• 相手目線に立つことができる• 育成力、集中力、知識• 人を説得させる• 就活生の中には、バイトなどで塾講師の仕事を経験したことのある人もいるでしょう。 そういった人が塾講師の経験を就活で活かすためには、どうすれば良いのでしょうか。 そこで本記事では、就活で活かせる塾講師で学んだ能力と、アピールするための例文をご紹介しますので、参考にしてください。 穴埋めでサクッと自己PRを作成しよう あなたは、自信をもって自己PRができますか? 自己PRは、面接でも書類選考でも、自分を売り込む上で重要な要素です。 でも、言いたいことを上手く伝えられず、悩んでいるのではないでしょうか。 そんな時はを活用してみましょう。 自己PRジェネレーターを使えば、 穴埋め形式の簡単な質問に答えるだけで、人事を唸らせる自己PRをサクッと作成できます。 自己PRジェネレーターを活用して、理想的な自己PRを作成し、選考を突破しましょう。 ほとんどの企業が就職の際に重視しているコミュニケーション能力。 さまざまな個性の生徒に勉強を教えていく経験を重ねる塾講師は、自然とコミュニケーション能力が鍛えられており、就職活動の自己PRでも大きな武器となります。 そのため、塾講師で学んだことは大きいでしょう。 就職活動の説明会や就活の面接時に、要点が分かりやすくコンパクトにまとまった発言は、就職活動でもより良い評価を得られます。 そのため、塾講師の経験で鍛えたこの力は、就職活動でに非常に役立つのです。 さらに、答える際も、重要なポイントをおさえて回答することが可能です。 面接時もテキパキと無駄なく的確に質問に答えられます。 就職活動の面接は時間が限られているので、この塾講師で学んだことが就活の面接で大いに役立つのです。 コミュニケーションというのは、音声のみで行われるものではなく、その際の表情や仕草も重要ですよね。 中でも就職活動中に、「目を見ること」は基本中の基本と言われています。 就職活動中の面接など、緊張するシーンではできなくなる人が多いので、クセとして身に付けられれば就職活動でも心強いですね。 自己PR作成マニュアルも活用して塾講師の仕事経験をアピールしよう 塾講師の仕事を通して学んだことは、就職活動や面接で強力な武器になります。 キャリアパークが 無料で配布しているも活用して、塾講師の仕事を通して学んだことを企業側に伝えましょう。 「 自分の強みを活かした自己PRを作りたい」「 短期集中型で終わらせたい」と考える就活生のみなさんは、必見です。 0円で入手できる下記の資料で早いうちから対策して、志望企業の内定を勝ち取りましょう! 就職活動の自己PRでは「自分で考え行動した」経験を語ると好感を得られます。 就職活動では、実際に企業で働いたときに自主性や問題解決能力などを駆使し活躍してくれる事を願っているからです。 それを踏まえて、就活ではどのように塾講師の経験を自己PRすればいいのか、例文をみていきましょう。 塾講師は子供相手の仕事です。 ですが、生徒一人ひとりに自分の意志・考えが存在します。 や子供だからという甘い考えで接しては、かえって子供達に失礼だ実感しました。 また、一人一人に個性や理解のスピードというものがあり、各々に合う接し方・教え方というのを学べる貴重な場でもありました。 それに加え、子供達の後ろには保護者の方がいらっしゃいます。 私よりも当然、年上で社会人として経験も積んでこられた保護者の方と、子供達の学力の伸びや学習姿勢、進路について真剣に話す機会が多い事は、親世代の人達がどのような考えや意識をもっていらっしゃるのか、塾講師だからこそ直に経験できてたことも貴重でした。 その中学生は成績が芳しくありません。 そこで私はなぜ勉強がきらいなのかを知るところからはじめました。 学校の先生の話、クラスの仲間の話、クラブの話など、その中学生と話をした結果、勉強に興味を持てなくなった理由が学校の授業のスピードにあるとわかりました。 自分が理解できていないのに授業は先に進んでしまっていたのです。 そこで私はその中学生の表情に注意しながら教える事を心がけました。 少しでもわかりにくい表現をすると表情は変わるものです。 この事から私はただ単に解き方だけを教えるのではなく、まずは勉強に集中できる環境を作るのが大切であり、自分自身の価値観を押し付けた方法ではなく、対話の中から相手にとってベストな状況を作り出す大切さを学びました。 塾講師の経験から、社会に出て必須となる能力を身に付けることができたと思います。

次の