新型 コロナ ウイルス 愛知 県。 半田市/愛知県・半田市新型コロナウイルス感染症対策協力金について

蒲郡市の新型コロナウイルス感染者情報

新型 コロナ ウイルス 愛知 県

更新日:2020年6月9日 愛知県・安城市新型コロナウイルス感染症対策協力金(休業協力金)について 安城市は、愛知県の休業要請に応じて、緊急事態措置期間中、全面的に協力いただける中小企業者、個人事業主、NPO法人等に対し、50万円の協力金が交付される事業について、愛知県と連携して取り組んでいきます。 休業(営業時間短縮)要請期間 休業要請期間「4月17日(金)~5月6日(水)」の全日において、休業又は営業時間短縮したこと。 ただし、4月17日(金)は準備・調整等の必要性を踏まえ営業実績があっても可とします。 支給額 50万円(1事業者あたり。 対象事業所・店舗が複数あっても1回のみの申請になります。 ) 申請期間 令和2年5月7日(木)~ 6月30日(火)まで ・郵送は随時受け付けます。 (6月30日消印有効) ・申請書受付は5月7日(木)から開始します。 ・申請書受付窓口は5月11日(月)から設置します。 申請方法 〇郵送、持参又は受付窓口(土・日の受付は行っていません。 ) 3密(密閉、密集、密接)を避けるため、原則郵送での申請をお願いします。 〇持参 安城市役所北庁舎1階ロビーに設置した専用ボックスに投函することで提出できます。 (詳しくは、下記「添付書類確認用チェックリスト」をご確認ください。 〇安城市に事業所があっても、県内他市町村に本店(確定申告書に記載の住所)のある法人(個人事業主)は、そちらの市町村への申請になります。 〇また、本店所在地又は納税地が愛知県外の場合は、愛知県への申請になります。 愛知県公式ウェブサイト「愛知県・市町村新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請受付について」をご確認ください。 ご注意 〇申請書、添付書類等に不備がありますと、協力金の振り込みに日数がかかる場合があります。 支給申請マニュアル、チェックリスト等を活用して不備がないかどうかご確認いただき、円滑な協力金交付にご協力いただきますようお願いします。 (交付決定されると、休業要請の協力事業者として愛知県公式ウェブサイトに掲載される予定です。

次の

愛知県・一宮市新型コロナウイルス感染症対策協力金の申請について(6月11日更新)|一宮市

新型 コロナ ウイルス 愛知 県

愛知県では、新型コロナウイルス感染症による影響の拡大・長期化に伴い、一段と業況が悪化する中小・小規模事業者の資金繰り支援を強化するため、国の新たなスキームを活用した実質無利子、無担保、保証料ゼロの新たな融資制度「愛知県新型コロナウイルス感染症対応資金」について、国の補正予算成立が前提となりますが、2020年5月1日(金曜日)から取扱いを開始することとなりましたのでお知らせします。 なお「セーフティネット保証5号」の認定を受けた事業者は、県制度融資「愛知県新型コロナウイルス感染症対応資金」及び「愛知県融資制度経済環境適応資金サポート資金【セーフティネット】」を利用することができます。 以下「適正化法」という。 )第2条第1項第1号から第3号までに規定するものについては、主として食事の提供を行うものに限る。 また、適正化法第2条第1項第4号(マージャンクラブを除く。 )及び第5号(ゲームセンター(スロットマシン場を除く。 )を除く。 )並びに同法第2条第5項に規定する営業は除かれる。 使途・限度額 設備資金・運転資金 3,000万円 融資期間 ・利率 3年超5年以内 年1.2% 5年超7年以内 年1.3% 7年超10年以内 年1.4% (利子補給) ・補助の対象は、融資実行日から当初3年間の利子 ・補助率 融資対象者 1 及び 3 ・・・ 全額 (融資対象者 2 は補助対象外) 信用保証料 年0. 85%(経営者保証免除対応確認書の提出により経営者保証を 不要とする場合は年1. 据置期間 5年以内 担保 原則不要 保証人 代表者以外の連帯保証は要しない。 代表者についても、一定の要件を満たせば不要とすることも可能。 この場合、経営者保証免除対応確認書の提出が必要。 責任共有制度 一部対象 申込先 取扱金融機関の県内各店舗 問い合わせ先 愛知県経済産業局中小企業部中小企業金融課 融資・貸金業グループ TEL:052-954-6333 愛知県信用保証協会 新型コロナウイルスに関する経営相談窓口 TEL:0120-454-754(信用保証について) (セーフティネット保証4号、5号、危機関連保証の認定については、事業所の住所地を管轄する各市町村の商工担当課にお問い合わせください。

次の

蒲郡市の新型コロナウイルス感染者情報

新型 コロナ ウイルス 愛知 県

新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、政府が打ち出した小中高校や特別支援学校などの臨時休校が2日から始まる。 愛知県の大村秀章知事は1日、2日から小学校に「自主登校教室」を設けるよう、県内の市町村長などに要請したことを明らかにした。 共働きの家庭など、主に保護者の対応が難しい小学生の居場所を確保するためだ。 「自主登校教室」は通常の登校時間内に小学校内に設置。 小学校は保護者からのメールや電話で希望者を事前に把握するが、連絡がなくても柔軟に対応するよう呼びかけている。 手洗いなどの感染防止策をとった上で教室などを利用する。 教員が監督する中で、児童が自主学習を行うことを想定。 各校は日課表を作成し、児童は日課表を基本に各自で学習する。 昼食は持参する。 県立の特別支援学校については、2日から「自主登校教室」を設ける考えだ。 スクールバスや給食も早ければ3日から通常通りの実施をめざすという。 大村氏は「自主登校教室という形で事実上、学校を開けたい」と話した。 一方、安倍晋三首相による一律….

次の