エブリイ バンライフ。 エブリイ 快適装備

軽バンで車中泊!実際に軽バンライフを送る私がおすすめする理由とカスタム方法を紹介!

エブリイ バンライフ

1999年に発売した、「バモス」以来、19年ぶりの新型軽バンです。 随所にホンダの独創的な技術が盛り込まれており、発売されて間も無く、軽バンの新時代の幕開けと評判になっています。 ホンダ新型N-VANの開発コンセプト 新型N-VANは、従来のホンダが培ってきたNシリーズが持つ「車内を広くする技術」を盛り込んだ、今までにない革新的な軽バンとして開発されています。 低床フロアやセンタータンクレイアウトを盛り込んだことによって実現した広々とした車内空間は、今までの軽自動車の常識を覆したと言われているほどです。 ホンダ新型N-VANの特長 ・センタータンクレイアウトを採用し、低床フロアを実現 ・助手席側ピラーレスを採用し、簡易な荷物の積み下ろしを実現 ・「」を採用し、衝突被害軽減ブレーキなどを装備。 1982年のマイナーチェンジにより「エブリイ」が誕生しました。 その後幾度のモデルチェンジを経て、2015年2月18日から現行の6代目モデルが販売されています。 日本の軽バンの代表車とも言える一台で配達車などでも見かけることができます。 スズキ エブリイの開発コンセプト スズキエブリイは、「広さ」「低燃費」「使いやすさ」を追求した軽バンというコンセプトのもと、開発されました。 低燃費性や、軽バンの中でもトップクラスの収納空間の利便性、広さを誇ります。 また、軽自動車にしてはロングながらも、最小回転半径4. 1mの優れた小回り性能を有しています。 どのグレードも一貫して、、仕事に趣味に「道具」として使いやすそうなシルエットです。 スズキ エブリイワゴン スズキ エブリイ スズキ エブリイ スズキ エブリイのエクステリアは、特徴的な長方形のヘッドライトに、安心感を与えるずっしり感が印象的です。 軽バンの代表格とも言えるエブリイですが、もちろん、その車内空間の広さは健在。 軽バンでありながらどことなく丸みを感じられるボディシルエットは、としても親しみが持てるデザインです。 収納たっぷりの快適空間!インテリア比較 ホンダ新型N-VAN 新型N-VAN 新型N-VAN 新型N-VAN 新型N-VANの内装の見所は、何と言っても「広々とした車内」にあります。 助手席ピラーレスを採用したことにより、脚立などの長い物でも一人で簡単に車内にしまうことが可能。 低床フロアによって、重いバイクも楽々と載せることができます。 スズキ エブリイ スズキ エブリイ スズキ エブリイ スズキ エブリイ スズキ エブリイの内装は、シフトノブの位置がステアリングに近く、運転しやすいインパネシフトを採用しています。 前席足元空間を広く確保することにより、ウォークスルーを実現しています。 また、高い車高をもつ広々とした車内空間も魅力。 シートを倒せば、自転車でも2台楽々と積むことができます。 小物の収納スペースも随所に装備されているので、利便性も抜群です。 N-VANとエブリイの差はいかに?ボディサイズ比較 新型N-VAN エブリイ 全長 3,395 3,395 全幅 1,475 1,475 全高 1,945〜1,960(ハイルーフ) 1,850〜1,865 ロールーフ) 1,800(標準ルーフ) 1,895(ハイルーフ) 2,520 2,430 車両重量 930〜1,020 840〜970 乗車定員 4 4 [単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ボディサイズの違い 新型N-VANの方が若干車高が高くなっており、車体剛性に力を注いでいることがわかります。 その分、N-VANには車体重量が1トンを超えるモデルもラインナップされています。 どちらも低下速域におけるトルクが強く、登坂性能も抜群です。 ホンダの新しいエンジン技術が注ぎ込まれている新型N-VANに、パワーの面では若干軍配が上がります。 また、ターボモデル同士の比較を行ってみると、は同じ数値となっています。 しかし、最大トルクで若干N-VANの方に軍配が上がります。

次の

エブリイのタイヤ~低燃費/オフロード/扁平タイヤおすすめ16選

エブリイ バンライフ

出典:A Restless Transplant そんな彼の旅路が記録された「Home Is Where You Park It」という本も多くの人々に読まれ、世界中でバンライフのムーブメントが広がりつつあります。 実際に、日本でも筆者を含めた多くの人がバンライフを実践しており、雑誌やテレビにも取り上げられ、その認知度が徐々に高まりつつあります。 最近では 「バンライファー」という、バンライフを実践している人々を指す新しい言葉も生まれています。 車中泊と何が違うの? 車中泊とバンライフに明確な違いはありません。 あくまで筆者の捉え方になりますが、車中泊は『 旅先の宿泊手段として短期間、車で寝泊りをする』という印象が強いです。 それと比較して、バンライフ(VANLIFE)は『長期間車で寝泊りを続けながら、旅をしたり、仕事をしたり、発信をしたりと、車で寝泊りをする以外の 自身の活動や生活までも包括した、ライフスタイル』を指す言葉だと捉えています。 しかし、週末バンライフという言葉もあるため、必ずしも長期間である必要もなく、明確な定義は存在しません。 期間は問わず、自分の生活の中に 旅をして車で寝泊りをすることを楽しむ気持ちがあれば、それはバンライフなのかもしれません。 バンライフをする目的 そんなバンライフというライフスタイルですが、なぜわざわざ狭い車内で生活するのでしょうか? 旅が大好きだから車中泊をしながら生活したい、最低限の物で生活することで自身の生活を見直したい、車中泊生活を発信することで仕事を生み出したい、と目的は人によってそれぞれ異なります。 ただ、多くの方に共通するのが、「今までの自身の生き方を見直し、バンライフをきっかけに 自分らしい人生を切り開いていく」という点だと思います。 バンライフをしている様子は、一見、ただ楽しそうに旅をしているだけのように見えたり、人によっては車で生活するなんて理解できないと思う方もいるかもしれません しかし、バンライフをしている人には、その生活を選択したバックグランドがあり、それぞれが目標に向かって活動をしています。 バンライフの魅力とは? 人気となりつつあるバンライフですが、なぜそこまで多くの人を魅了しているのでしょうか? バンライフの魅力をそれぞれご紹介いたします。 好きな場所に移動して、好きな場所で寝ることができる まず一番最初にあげられるのが、 好きな場所に移動して、好きな場所で寝ることができる点です。 その日の気分で行きたいところに行き、そのまま寝ることだってできる。 そんな 自由度の高い旅をすることができるのが大きな魅力です。 家賃や光熱費がかからない バンで生活すると毎月自動的に発生していた家賃や光熱費を払う必要がなくなります。 もちろん、バンで生活することで増える出費もあるのですが(ガソリン代、入浴費用など)、家賃や光熱費と比較すると安く抑えることができます。 このような 固定費を削減することで、毎月の支払いに追われることがなくなるため、 働き方や時間の使い方にフレキシブルさを持たせることができるようになります。 絶景に巡り合える バンライフは基本的には旅をベースとしたライフスタイルです。 そのため、旅先の各地では 多くの絶景に出会うことができます。 海辺の綺麗な夕日や、夜の星空など思いがけないタイミングで絶景を見ることができた時は、バンライフをして良かったと思える瞬間です。 多くの出会いや、非日常的な経験をすることができる 旅先での出会いや、バンライファー同士の繋がりなど、バンライフを実践していると 多くの出会いに恵まれます。 また、一般的なライフスタイルと異なるため、少なからず注目される機会が増えます。 時には、雑誌やテレビの出演など、通常ではなかなかすることのない経験ができます。 バンライフの課題点 いくつもの魅力を秘めたバンライフですが、現状はまだまだ多くの課題点を抱えています。 バンライフが抱える問題をご紹介します。 車中泊場所の問題 一番大きな問題は 車中泊をできる場所が日本にはあまりないことです。 車中泊をする場所の候補としては、「道の駅」や「キャンプ場」「RVパーク」などがありますが、道の駅での車中泊は仮眠や休憩など短時間の利用が原則となっています。 また、一部のオーナーによる、夜間のアイドリングや、道の駅でのキャンプ行為などの 車中泊時のマナー違反も問題としてあげられます。 最近ではバンライファーに向けて、車中泊場所を提供するサービスも開始されたりと環境整備も進んできているので、一人一人がマナーを守り、よりバンライフが受け入れられる社会にしていきたいですね。 選べる仕事が限定される 旅をしながら生活をするライフスタイルのため、一般的な会社勤めは難しいのが現状です。 そのため、基本的には短期間での仕事や、場所を選ばないパソコンを使った仕事に限定されます。 バンライフをすると必然的に 職業選択の幅が狭くなってしまうというのが大きな課題です。 収入はどうやって手に入れるの? バンライフで移動しながら生活をしている人はどのように収入を得ているのでしょうか? 収入の得方も人によって異なり、それぞれが創意工夫を持って、自分にあった仕事に取り組んでいます。 今回はその中でも、実践者が多い例をご紹介いたします。 webライティング、プログラミングなどのPCを使ったリモートワーク バンライフをしながら収入を得る方法として多いのが、PCを使ったリモートワークです。 インターネット環境さえあれば、場所に縛られることなく仕事ができるため、バンライフに適している仕事と言えるでしょう。 最近では、そのような仕事を仲介してくれるサイトもあるため、比較的挑戦しやすい仕事です。 移動販売 移動販売で収入を得ることも可能です。 販売する商品によっては比較的簡単に始められるものもあります。 ワークショップ 旅先のコワーキングスペースやゲストハウスなどを利用して、ワークショップイベントを開催し、それによって収入を得る人もいます。 特別な技術や経験、影響力がある方にはおすすめの方法です。 ブログやyoutube バンライファーにはブログやyoutubeで生計を立てている人もいます。 中には、一般的な会社員よりも稼いでいる人がいるほどです。 バンライフは生活自体がコンテンツとなるため、このような稼ぎ方と相性が良いと考えられます。 日本でバンライフを送っている通称「バンライファー」をご紹介 死ぬまで新婚旅行「タビワライフ」 死ぬまで新婚旅行をしている夫婦。 2019年3月から九州でバンライフを経験し、6月からはヨーロッパでバンライフ、帰国後は四国でバンライフ、今後はオリジナルのバンの製作に取り掛かる予定。 YouTubeではバンライフの日常を発信しており、夫婦のやりとりを見ていると、ついつい笑顔になってしまう素敵なチャンネルです。 大工歴20年のバンライファー「鈴木大地」 メルセデス・ベンツのトランスポーターを、大工歴20年のプロの技術によって、おしゃれで機能性の高いバンを作り上げています。 彼のバンはInstagramで見ることができ、バンライフに憧れる人ならば誰もが羨むようなクオリティとなっています。 現在、BS日テレ「極上三つ星キャンプ」に出演しており、ファミリーカーをベースにキャンピングカーの制作を行っています。 生活冒険家「赤井成彰」 自作のモバイルハウスに住みながら全国各地を移動して生活する生活冒険家。 「暮らすとは何か」を探求し、移動先で出会った面白い人々の活動の情報を発信しています。 バンライフ北海道「赤松祐一郎」 1978年生のワーゲンバスで北海道内でバンライフをしています。 自然あふれる北海道の魅力や、バンライフの生活の様子を発信しています。 バンライフを楽しもう! 以上、今回は最近話題のバンライフについてご紹介いたしました。 ・仕事や生活が複雑化し、モノで溢れかえっている現代において、あえてしがらみを捨てて、最低限のモノで生活をすることで、自分にとっての幸せとは何かを見つめ直す。 ・現代社会に対するアンチテーゼを含みながらも、インターネットなどの技術を利用して生計を立てていく。 ・創意工夫によって、原点と最先端をバランスよく利用する生き方。 それがバンライフなのかもしれません。 バンライフで過ごした時間はかけがえのない経験となり、今後の人生をより豊かなものにしてくれるでしょう。 興味のある方は、彼らのライフスタイルを少し覗いてみるのはいかがでしょうか?• 関連記事一覧.

次の

【ホンダ新型N

エブリイ バンライフ

ブリヂストンのECOPIA NH100 C(エコピア エヌエッチヒャク シー)は、軽自動車・コンパクトカー専用低燃費タイヤ。 優れた低燃費性能やライフ性能などを実現するほか、エブリイワゴンのような小回りが効く車で起こりやすい据え切りによる偏摩耗にも対応しています。 全サイズで転がり抵抗性能「AA」の高い低燃費性能を実現するほか、通常の摩耗やエブリイワゴンのカーブの際に起こりやすい偏摩耗を抑えることで、トータルライフ性能を高めています。 しっかり感のある走りでふらつきを抑えて、排水性の向上により雨の日の安全性を向上。 さらに、パターンノイズや車外通過音などの騒音を抑えます。 エブリイバンで重視される耐摩耗性能を高めるとともに、ウェットグリップ性能を確保。 新採用のスクエアショルダーによって偏摩耗も抑制されます。 低燃費性能の確保はもちろんのこと、エブリイバンの雨の日の安全性もしっかり両立しています。 オンロードでの優れたハンドリング性能に加えて、浅雪性能も確保。 もちろん、レイズドホワイトレターがエブリイワゴンの足元をおしゃれにドレスアップします。 パワフルな走りを実現する進化したオフロード性能にロングライフ性能を備えるほか、一般道での静粛性にも配慮しています。 ブリヂストンのPOTENZAやヨコハマのADVANなどのスポーツテイストのタイヤや、ダンロップのコンフォートタイヤなどが揃っています。 優れたドライグリップと操縦安定性はもちろんのこと、低燃費性能やコンフォート性能にも配慮しています。 エブリイワゴンで市街地を走行する際に転がり抵抗を抑えることで、燃料消費量やCO2 排出量を削減。 特定のピッチ配列を採用することで、車内空間の静粛性に配慮しています。 エブリイワゴンとエブリイバンのタイヤの違い エブリイワゴンとエブリイバンは用途が異なることから、装着するタイヤにも違いがあります。 小型乗用自動車(5・7ナンバー)のエブリイワゴンは乗用車用タイヤ、小型貨物自動車(4・6ナンバー)のエブリイバンはバン・小型トラック用タイヤを装着。 性能面では、快適性や安全性が求められる乗用車用タイヤは、乗り心地や操縦安定性などに配慮されているのに対して、バン・小型トラック用タイヤは耐久性が高く、摩耗に強いのが特徴です。 乗用車用タイヤは種類が多く、モデルチェンジのサイクルが短いため、高性能のタイヤが多く揃っています。

次の